ガンダーラ 真鶴。 「ガンダーラ真鶴」(足柄下郡真鶴町

【絶景海のキャンプ場・ガンダーラ真鶴】伊豆のサグラダファミリアなキャンプ地開発中

ガンダーラ 真鶴

真鶴半島はとても小さな半島です。 そこにはいくつかのシュノーケリングポイントがありますが、そんな中でも シュノーケリング上級者に特にお勧めのポイント、それが真鶴の琴ヶ浜です。 琴ヶ浜はシュノーケリングポイントとしてはかなり広く、そして深いです。 みれる魚もかなり豊富です。 そしてダイビングショップもあり、シュノーケリングをしにいけば多くのダイバーと会う事になるでしょう。 ダイバーが多いということはシュノーケリングエリアとしてもいい場所であるのは経験から間違いありません。 ただこのエリアは総じて波が強いことが多く、西伊豆などに比べるとコンディションのいい日は多くありません。 でもこの場所は岩場は起伏に富んでおり、 50センチを超える大物もときどきみる、本当に面白いエリアです。 筆者も関東・伊豆の多くのポイントを潜りましたがベスト5に入るのではないでしょうか?それだけシュノーケリング上級者にはたまらに場所です。 しかし 一方で初心者にはあまりおすすめしません。 それは波や深さからいっても気軽な場所ではないからです。 本日は真鶴の琴ヶ浜を紹介いたします。 真鶴の琴ヶ浜はどこにあるのですか? 真鶴半島は神奈川西部にある半島です。 上のオレンジの四角が琴ヶ浜です。 下のオレンジの二重線が真鶴駅です。 真鶴駅はJR東海道線です。 都心からは結構離れており、小田原より先にあります。 真鶴半島の写真 真鶴の琴ヶ浜の行き方 車の方 現地には駐車場も多数あります。 現地まではカーナビに琴ヶ浜をセットしていけば迷うこともありません。 電車の方 駅からだいたい3キロくらいのところです。 駅からはバスかタクシーで行きましょう。 タクシーの場合はちょうど1000円です。 バスの方は3番線でまちます。 二番の奥のバスが三番です。 下記写真をクリックすれば大きくなります。 バスは一時間に二本しかありませんが、だいたい電車の時間とのバランスはとれているようです。 ケープ真鶴行きにのります。 降りる場所は二か所あります。 「里地」 「山下浜」 の二か所で降りると琴ヶ浜につきます。 どちらで降りてもいいのですが、琴ヶ浜には二か所潜る場所があり、 海を正面に右手のポイントなら「里地」で、左手なら「山下浜」で降りたほうが便利です。 あとで説明しますが、シュノーケリング上級者がおりるバス停は「山下浜」です。 その理由は、絶好のポイントがあるからです。 ただしそこまで行くのはかなり深い場所をとおり、沖70メートル先です。 シュノーケリング初級者は「里地」で降りたほうがいいかもしれません。 とはいえどちらも近く、あるいて3分くらいで両方の場所に行くことができるのでそこは心配いりません。 このブログのタイトルが「上級者」となっていますが、琴ヶ浜には初心者に最高のポイントの「バス停山下浜近くのテトラポット内」のポイントがあります。 そういった方も「山下浜」で降りてくださいね。 写真は下記のポイントです。 下記写真では上が右のポイント、下の四角が左のポイントになります。 先ほど説明したバス停も右だと 「里地」が近く、左だと「山下浜」が近くなります。 右のポイント 岩場が激しいです。 最初は浅いのですが5メートルも沖に行くとすぐに深くなります。 この日は波穏やかといえど場所がら少しは波があります。 シュノーケリング初心者だと怖いと思います。 浅いエリアにはソラスズメダイなどの熱帯魚がいっぱいいます。 シマハギやクロモンツキ。 オヤビッチャも ここで見る大きい魚はだいたいアイゴです。 アイゴがとにかくたくさんいます。 アイゴの背びれには毒があります。 臆病な魚で手に触れることもないと思いますが、触らないようにしましょう。 カワハギもたくさんいます。 ゴンズイの群れです。 成魚のゴンズイの群れなので迫力がありました。 岩場の間にはオヤビッチャ ダツです。 オキサヨリですね。 写真ではわかりにくいですが結構大きいサイズでした。 ダツは浅いところに結構います。 琴ヶ浜は右のポイントも左のポイントもそんなに見れる魚に差がありません。 どちらも深いです。 写真は右のポイントですがすでにここで5メートルはあります。 琴ヶ浜自体が初めてシュノーケリングするような人に向いている場所とは思えません。 自信のない人はここで潜らない方がいいでしょう。 左のポイント 筆者は琴ヶ浜では一度しか潜っていませんが、どうやらダイバーやシュノケラーに人気なのは左のポイントのようです。 バスでも山下浜で降りているシュノケラーが多数いました。 それには秘密がありました。 左のポイントから 沖から70メートルくらいにブイがありますがシュノケラーやダイバーはみんなここを目指して泳いでいます。 岸からは望遠でみてもこのポイントに何があるのかわかりまえせんが、筆者もとにかく行ってみることにしました。 とはいえ深いところが苦手な筆者。 ここまで沖に行くのは相当勇気がいりましたが、がんばりました。 何故かシュノケラーやダイバーが集まる沖のブイ このようなダイバーを多くみかけるのが左のポイントです。 泳ぐこと3分から5分。 やっとブイの近くにシュノケラーが集まる理由がわかりました。 実は岩場がいきなり隆起しているポイントなのです。 ここまでは何もなく5メートルから7メートルくらいの深さをずーと泳いできます。 そうするといきなり下記の写真のような岩場が出現します。 岩場にはソラスズメダイなどの熱帯魚がいっぱいいます。 まさにシュノーケリングポイントです! ベテランと思われるシュノケラーがたくさん泳いでいます。 そしてこの岩場の反対側! ふかーーーーーーーーい!深すぎて底がまったく見えない!まるでドロップオフです。 魚がめちゃくちゃ群れで泳いでます。 正直筆者はここが怖かったです。 このように左のポイントからはこの人気の岩場に行くことができます。 シュノーケリング歴4年の筆者でも怖いと思いました。 またここにくるためにはずいぶん深いエリアを泳がないとたどり着けません。 他のシュノケラーをみているとインストラクター付きでグループできていたり、見るからに装備がカッコいい人ばかりでした。 繰り返しますが楽しそうだからと言ってシュノーケリング初心者やはじめての人が来るような場所ではありません。 ただ上級者にはたまらない場所ということは写真で伝わったと思います。 3つ目のポイントはバス停山下浜近くの初心者におススメのポイント この項目は2019年4月29日に追記 先ほども追記事項で紹介しましたが、下記のポイントです。 二番目のポイントより、ずっと先のポイントです。 ここなら、テトラポットと岩場で囲まれているために波の影響が少なく、 シュノーケリング初心者でも安心して潜ることができます。 反対の場所にあるため、琴ヶ浜で波が強い日は、番場浦海岸は波が弱いことが多いのです。 どっちも。 番場浦海岸については下記の記事をご覧ください。 ただし、番場浦海岸はそれこそ上級者が行くべきシュノーケリングポイントなので、琴ヶ浜より危険は多いので、自信のない方はやめておきましょう。 釣りはできますか? 釣り人もたくさんいました。 私は50センチ近くのブダイを目撃しました。 大物が狙えそうです。 トイレはありますか? はい綺麗なトイレが設置されております。 安心ですね。 お店はありますか? 食事する店やアルコールやジュースなど買える店が複数あります。 最後に いかがでしたか?この場所は私たちベテランシュノケラーには垂涎の場所であり関東に住んでいるものであれば一度は訪れたい場所です。 また深いです。 スキンダイビングや素潜りをやられている方にはおすすです。 シュノーケリングブログ読者の情報によると、サンゴがありそこにはクマノミがいるそうなのですが、筆者には場所がわかりませんでした。 もしあなたがシュノーケリングベテランでしたら、波のコンディションのいい時は是非きてみてください。 最高の場所であることは筆者が保障します。

次の

'20年初のキャンプは海近くのキャンプ場(ガンダーラ真鶴)

ガンダーラ 真鶴

年末からの風邪がやっと治ったので、今年初のソロキャンプに行った。 装備が貧弱なので、冬キャンプに不安がある。 多少暖かい海のキャンプ場にしようと探していたら、 思わず添削したくなる怪しい感じのHPを発見。 何を伝えたいのか…「泊まりたければ予約して」と書いているような… 早速予約してみたが、返答が無い… 仕方なく電話をしてみたら「空いてますよ」とのこと、電話の応対は気さくな感じで好印象。 ここを降りるの?崖を降りるとガンダーラ真鶴キャンプ場。 名前が違うが、ここがガンダーラ真鶴の入り口 写真では解り辛いが、かなりの急勾配。 足場パイプの手すりに掴まらないと危ない! 手すりの右に見えるのがモノラックのレール 車のナビを頼りに自宅を出て1時間半。 現場近くに到着したが目当ての「ガンダーラ真鶴」キャンプ場が見当たらない。 「真鶴シーサイドキャンプ場」の看板はあるが…?? 電話をしてみる! 「真鶴シーサイドキャンプ場がうちです」なんだ…!っか看板なんとかしたほうが…! そこから重い荷物を担いで崖を下る。 コンクリートブロックと建築用の足場のパイプで簡単に組まれた急な階段を下りる。 危険!雨でぬかるんだら…無理だな! 階段を恐る恐る降りていったら、ありました「ガンダーラ真鶴」。 狭く30張り程度が限界なんじゃ…と思うくらいコンパクトなキャンプ場。 この日の客は、9名のグループ(テント6張)とソロが1人。 海岸際の一等席は先客の9名のグループに押さえられていたので、少し内側に設営。 年末に買ったタープを初めて張ってみた。 なかなかキャンパーらしくなったな〜。 キャンプ初心者にして、上等なんじゃ? ここの特徴は薪の販売が無い!っか売店も無い! 適当にそこらの流木を拾って燃やしてくれとのこと。 雨の日はどうすんだろ??濡れた流木で焚火? でも安上がり!時間もあるので、せっせと流木拾い。 事前に「ノコギリがあるといいよ」と聞いていたので、持ってきたノコギリで流木を適当なサイズに切る。 こんだけ有れば一晩持つかな?! 正面は海。 江の島が遠くに見える。 ロケーションは抜群。 夏は子供連れで賑わうらしいのでソロにはちょっと厳しいかもしれないが… 山ほど寒くないのでお勧め。 こじんまりしたキャンプ場です ガンダーラ真鶴からの海から上がる満月に感動 薪は流木、ノコギリがあるとうれしい 流木だから無料 この写真じゃ半分も伝わらないが、海に映る満月の光は本当にキレイでした 遠慮なく燃やします。 タープが燃えないか…ちょっと心配 少し暗くなったので、拾ってきた大量の流木に点火! 前日の雨で多少湿気っていたが…よく燃える。 薪の心配をしなくていいのもいい。 無くなれば海岸に降りればいくらでも有る。 火に癒されていたら水平線に赤い光。 何だろ?海ほたる?かな? なんだろうと見ていたら段々大きくなって、海から満月が上がる。 凄い!いい日に来た! 海を照らす月明かり、近くの岩場で夜釣りをする人の明かりを眺めながら焼酎を飲む。 ソロキャンプを堪能。 キレイだな〜。 来てよかった。 9名のグループが騒がしいかと心配したが、そんなことはなく。 …にしてもご飯をなんとかしたい。 炊飯は固形燃料でバッチリ! 肉を網に乗せてガスで焼いてみたが、上手くできない。 半生だったり、コゲコゲだったり… 明かりが無いから、状態がわからん!それ用の明かりがいるな! 次はフライパンでやってみるかな… 翌朝は近くを観光 しめ縄で結ばれた夫婦岩 冬キャンプしといて言えないが…冬の夜釣りって寒くないの?グレ(メジナ)釣りのメッカらしい 真鶴半島の先端まで来たのだから観光コースを回ってみた。 夫婦岩があって早朝から観光客が多い。 グレ釣りのポイントらしく釣り客もいっぱい。 家からそう遠くない真鶴にこんな隠れ家があったとは。 また来よう。 PS 体力に自信がなければモノラックで上の道とキャンプ場で荷物の上げ下ろしをお願いできる(片道500円)。 キャンプに来て初めて筋肉痛になった。 キャンプサイト情報 ガンダーラ真鶴 名称:ガンダーラ真鶴 住所:神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1176-2 予約:要(上記サイトの「予約の仕方」から「ここをクリックして下さい」をクリックする) 地面:土(ペグを打ち易い) 概要:狭い(30張りでいっぱいになりそう)、駐車場は近くの公園を利用、道からサイトまでは急な階段を50mほど(有料のモノラックで上げ下ろし可能).

次の

ガンダーラ真鶴でBBQしました!!

ガンダーラ 真鶴

真鶴半島はとても小さな半島です。 そこにはいくつかのシュノーケリングポイントがありますが、そんな中でも シュノーケリング上級者に特にお勧めのポイント、それが真鶴の琴ヶ浜です。 琴ヶ浜はシュノーケリングポイントとしてはかなり広く、そして深いです。 みれる魚もかなり豊富です。 そしてダイビングショップもあり、シュノーケリングをしにいけば多くのダイバーと会う事になるでしょう。 ダイバーが多いということはシュノーケリングエリアとしてもいい場所であるのは経験から間違いありません。 ただこのエリアは総じて波が強いことが多く、西伊豆などに比べるとコンディションのいい日は多くありません。 でもこの場所は岩場は起伏に富んでおり、 50センチを超える大物もときどきみる、本当に面白いエリアです。 筆者も関東・伊豆の多くのポイントを潜りましたがベスト5に入るのではないでしょうか?それだけシュノーケリング上級者にはたまらに場所です。 しかし 一方で初心者にはあまりおすすめしません。 それは波や深さからいっても気軽な場所ではないからです。 本日は真鶴の琴ヶ浜を紹介いたします。 真鶴の琴ヶ浜はどこにあるのですか? 真鶴半島は神奈川西部にある半島です。 上のオレンジの四角が琴ヶ浜です。 下のオレンジの二重線が真鶴駅です。 真鶴駅はJR東海道線です。 都心からは結構離れており、小田原より先にあります。 真鶴半島の写真 真鶴の琴ヶ浜の行き方 車の方 現地には駐車場も多数あります。 現地まではカーナビに琴ヶ浜をセットしていけば迷うこともありません。 電車の方 駅からだいたい3キロくらいのところです。 駅からはバスかタクシーで行きましょう。 タクシーの場合はちょうど1000円です。 バスの方は3番線でまちます。 二番の奥のバスが三番です。 下記写真をクリックすれば大きくなります。 バスは一時間に二本しかありませんが、だいたい電車の時間とのバランスはとれているようです。 ケープ真鶴行きにのります。 降りる場所は二か所あります。 「里地」 「山下浜」 の二か所で降りると琴ヶ浜につきます。 どちらで降りてもいいのですが、琴ヶ浜には二か所潜る場所があり、 海を正面に右手のポイントなら「里地」で、左手なら「山下浜」で降りたほうが便利です。 あとで説明しますが、シュノーケリング上級者がおりるバス停は「山下浜」です。 その理由は、絶好のポイントがあるからです。 ただしそこまで行くのはかなり深い場所をとおり、沖70メートル先です。 シュノーケリング初級者は「里地」で降りたほうがいいかもしれません。 とはいえどちらも近く、あるいて3分くらいで両方の場所に行くことができるのでそこは心配いりません。 このブログのタイトルが「上級者」となっていますが、琴ヶ浜には初心者に最高のポイントの「バス停山下浜近くのテトラポット内」のポイントがあります。 そういった方も「山下浜」で降りてくださいね。 写真は下記のポイントです。 下記写真では上が右のポイント、下の四角が左のポイントになります。 先ほど説明したバス停も右だと 「里地」が近く、左だと「山下浜」が近くなります。 右のポイント 岩場が激しいです。 最初は浅いのですが5メートルも沖に行くとすぐに深くなります。 この日は波穏やかといえど場所がら少しは波があります。 シュノーケリング初心者だと怖いと思います。 浅いエリアにはソラスズメダイなどの熱帯魚がいっぱいいます。 シマハギやクロモンツキ。 オヤビッチャも ここで見る大きい魚はだいたいアイゴです。 アイゴがとにかくたくさんいます。 アイゴの背びれには毒があります。 臆病な魚で手に触れることもないと思いますが、触らないようにしましょう。 カワハギもたくさんいます。 ゴンズイの群れです。 成魚のゴンズイの群れなので迫力がありました。 岩場の間にはオヤビッチャ ダツです。 オキサヨリですね。 写真ではわかりにくいですが結構大きいサイズでした。 ダツは浅いところに結構います。 琴ヶ浜は右のポイントも左のポイントもそんなに見れる魚に差がありません。 どちらも深いです。 写真は右のポイントですがすでにここで5メートルはあります。 琴ヶ浜自体が初めてシュノーケリングするような人に向いている場所とは思えません。 自信のない人はここで潜らない方がいいでしょう。 左のポイント 筆者は琴ヶ浜では一度しか潜っていませんが、どうやらダイバーやシュノケラーに人気なのは左のポイントのようです。 バスでも山下浜で降りているシュノケラーが多数いました。 それには秘密がありました。 左のポイントから 沖から70メートルくらいにブイがありますがシュノケラーやダイバーはみんなここを目指して泳いでいます。 岸からは望遠でみてもこのポイントに何があるのかわかりまえせんが、筆者もとにかく行ってみることにしました。 とはいえ深いところが苦手な筆者。 ここまで沖に行くのは相当勇気がいりましたが、がんばりました。 何故かシュノケラーやダイバーが集まる沖のブイ このようなダイバーを多くみかけるのが左のポイントです。 泳ぐこと3分から5分。 やっとブイの近くにシュノケラーが集まる理由がわかりました。 実は岩場がいきなり隆起しているポイントなのです。 ここまでは何もなく5メートルから7メートルくらいの深さをずーと泳いできます。 そうするといきなり下記の写真のような岩場が出現します。 岩場にはソラスズメダイなどの熱帯魚がいっぱいいます。 まさにシュノーケリングポイントです! ベテランと思われるシュノケラーがたくさん泳いでいます。 そしてこの岩場の反対側! ふかーーーーーーーーい!深すぎて底がまったく見えない!まるでドロップオフです。 魚がめちゃくちゃ群れで泳いでます。 正直筆者はここが怖かったです。 このように左のポイントからはこの人気の岩場に行くことができます。 シュノーケリング歴4年の筆者でも怖いと思いました。 またここにくるためにはずいぶん深いエリアを泳がないとたどり着けません。 他のシュノケラーをみているとインストラクター付きでグループできていたり、見るからに装備がカッコいい人ばかりでした。 繰り返しますが楽しそうだからと言ってシュノーケリング初心者やはじめての人が来るような場所ではありません。 ただ上級者にはたまらない場所ということは写真で伝わったと思います。 3つ目のポイントはバス停山下浜近くの初心者におススメのポイント この項目は2019年4月29日に追記 先ほども追記事項で紹介しましたが、下記のポイントです。 二番目のポイントより、ずっと先のポイントです。 ここなら、テトラポットと岩場で囲まれているために波の影響が少なく、 シュノーケリング初心者でも安心して潜ることができます。 反対の場所にあるため、琴ヶ浜で波が強い日は、番場浦海岸は波が弱いことが多いのです。 どっちも。 番場浦海岸については下記の記事をご覧ください。 ただし、番場浦海岸はそれこそ上級者が行くべきシュノーケリングポイントなので、琴ヶ浜より危険は多いので、自信のない方はやめておきましょう。 釣りはできますか? 釣り人もたくさんいました。 私は50センチ近くのブダイを目撃しました。 大物が狙えそうです。 トイレはありますか? はい綺麗なトイレが設置されております。 安心ですね。 お店はありますか? 食事する店やアルコールやジュースなど買える店が複数あります。 最後に いかがでしたか?この場所は私たちベテランシュノケラーには垂涎の場所であり関東に住んでいるものであれば一度は訪れたい場所です。 また深いです。 スキンダイビングや素潜りをやられている方にはおすすです。 シュノーケリングブログ読者の情報によると、サンゴがありそこにはクマノミがいるそうなのですが、筆者には場所がわかりませんでした。 もしあなたがシュノーケリングベテランでしたら、波のコンディションのいい時は是非きてみてください。 最高の場所であることは筆者が保障します。

次の