スティーズ air。 スティーズAIR TWをおかっぱりバサーが率直にインプレ

KTFフィネススプール 「KAHEN」 スティーズAIR TW用レッド| ベイト&タックル キャリル

スティーズ air

1 デビュー ハンドルノブS交換可 淡水専用 次世代ベイトフィネス フィネスを極めた超小口径AIRスプール搭載 フラッグシップ「STEEZ」、遂にベイトフィネス専用機が登場。 異次元の超小口径スプールは、今までのベイトフィネス機よりも軽いルアーへの対応力を増し、フィネスの概念を覆す。 超高速に回転するスプール性能を最大限に生かすTWSシステム、コンパクトボディによる自重のメリットはまさに新次元のベイトフィネス機としての歴史を変えるだろう。 ベイトフィネスの限界を突破。 突き抜ける競技仕様=AIR。 19STEEZ CT SVの登場は衝撃的だった。 よりソフトなパーミング を可能にして軽快な操作性を可能にしたばかりか、立ち上がりが軽く 早い高回転を実現するスプールは重量級ルアーは無論、超軽量まで 遠近自在の飛距離を実現。 もはやベイトフィネスと呼ぶカテゴリーは、 CT SVの名の下に収束した感もあったのは事実だ。 しかし、DAIWAはそこでベイトフィネス機の進化を止めることは なかった。 むしろCT SVはさらなる加速への序章に過ぎなかったこと が今明らかになる。 偉大なるDAIWAベイト フィネス機の系譜、レッドゾーンを振り切るエンジン回転数を象徴した カラーリングを継承。 フレームには超軽量かつ高剛性を誇る金属素材・ マグネシウムを採用して、厳しいDAIWA強度基準を軽々とクリアした 自重は実に135g。 レーシングスペックの極みがそこに。 ベイトフィネス 新時代の扉が、いざ開かれようとしている。 「2gが、いや極端な話をすれば1gでもキャストに何ら問題はない」 関東・霞ヶ浦の名手、赤羽修弥はシビアな現代フィールドを打開 する新たな武器として、AIR TWに大いなる期待を寄せる。 素材は強度を維持しながら圧倒的な 軽量感となる信頼のG1ジュラルミン素材。 その圧倒的な低慣性は、 大開口部を備えたTWSとのシナジーでアクセルを踏み込ませ、スムーズ なライン放出を約束する。 赤羽が刮目するのは、より小型軽量なルアーを自在に扱えるばかり ではなく、「よりロングアプローチとソフトな着水」が可能となること。 タフを極める現場でもう1尾を逃さず仕留める強力な武器となること に異論の余地はない。 「もはや8lb. ラインの出番は少ない。 今後は5~6lb. が主力となって いく。 もはやスピニングの領域」 名機T3AIRの使い手として、全国トレイルで数々の見せ場を作って きたJBトップ50コンペティター・川口直人。 AIR TWへとコンバート した瞬間、ベイトフィネス機のライン基準値となる8lb. はもはや オーバースペックであることを感じたという。 食いつきのない滑らかな滑り出しの独自ドラグ機構・UTDの搭載は、 もはやクラッチOFFでの指ドラグを要さない。 ライン強度で安全マー ジンを稼ぎスプール自重を増すのであれば、より繊細なラインを適正 に巻くことでさらなる釣りの精度を高めるべき。 そこが川口の本音だ。 極限マシンの突き抜けた性能に追い付くには、セッティングの妙も欠か せない。 ポテンシャルを最大限に活かすドライビングスキルも磨かれていく。 「真のフィネスはベイトリールでこそ完遂できる。 新たな釣り、PEベイト フィネスの可能性を感じる」 川口と同じく、国内最高峰シリーズを舞台に戦う新星・藤田京弥。 DAIWAリールとのタッグは今季で2年目と日は浅いが、颯爽と日本一の タイトルを勝ち獲ったことは、早くもその手に馴染んだ何よりの証拠となる。 藤田が得意とする釣りのひとつがサイトフィッシング。 従来は繊細な ルアーを自在に扱うべくスピニングを軸に組み込んできたが、その アキュラシー精度に難を示していたのも事実。 人差し指に頼るフェザーリングは如何に巧みな操作と言えど、時に制御不能の事態を招く。 着水点を、狙ったスポットを射抜くには親指を駆使したサミングが 圧倒的に有利。 空間のコントロールはベイトが優位性を持つことは 明らかで、PEラインを活用したベイトフィネスに勝機を見出している。 言うまでもなく巻き上げパワーにおいても、ベイトが同じく優位だ。 また「ハイギア派」を自称する藤田は、AIR TWのギアラインナップ に頬をほころばせる。 1:1はハンドル1回転で80cm。 およそ1年 使い込んだSV TW1012SV-XHLの8. 1:1と使用感に何ら差はない。 掛けた瞬間にスラックを回収してカバーから引き剥がし、難なく手中 に収めることを可能にする。 もう一方の6. 8:1は、ライトプラグの巻きで 順応することになるのだろう。 圧倒的コンパクトボディに秘められた超小口径スプールが魅せる 底知れぬハイポテンシャル。 新次元のベイトフィネスはDAIWAが、 STEEZ AIR TWが歴史を刻んでいく。 軽量インダクトローター構造と軽量スプールとの組み合わせでスプールユニットとしての回転レスポンスを大幅に向上。 同時にオン&オフがハッキリした効きの良いマグブレーキとの相乗効果を狙ったセッティングでフルキャスト時にはしっかりブレーキが効くが、ピッチング等の低回転時にはインダクトローターが飛び出さず低弾道で撃ち込める。 つまり、小さい力でもスプールがスパッと立ち上がり、力まなくても驚くほどルアーがよく飛び、逆に力みにより発生するバックラッシュゾーンに対してはきっちりブレーキを掛ける。 結果、同ブレーキ設定で、ピッチングとキャスティングが高レベルで両立する快適さをもたらした。 STEEZ ユニバース、攻守に盤石。 2016年に2ndジェネレーションを迎えた現行STEEZ。 攻守を盤石にすべくエクステンデッドで全4モデルは、いずれも左右ハンドルに各種のギア比を揃えた。 全24アイテムのトータルラインナップは、いよいよSTEEZユニバースが完成したと言っても過言ではない。 DAIWA WORKSプロアングラーはこの豊富なSTEEZを如何に使いこなすのか。 代表的な例として、参考にしたい。 「すべてのラインナップが適材適所。 美しく並び上げられた」 赤羽修弥、艇の釣りを主軸とする手練の場合。 14lb. +5gルアーを標準とする釣りにはSV TW。 季節によって登板機会の増える5g以下の軽いルアーにはCT、さらに攻め込めばAIRへ。 その一方でヘビーカバーを撃つべく20lb. を超える太糸の使用時、またディープクランクなどパワーを求める釣りにはAを選ぶ。 巻きには低めのギア比かつ安定の右ハンドル、撃ちには持ち変えることなく瞬時にフッキングに持ち込める高ギア比の左ハンドル。 持ち込めるタックル数を制限されないボートでは、各釣法に特化したセレクトが可能だ。 「タックルが限られる条件下において求められるのはバーサタイル性能」 一方で、陸を主軸とするグランドマスター、川村光大郎の場合。 必然的にSV TWの登板頻度は高く、ギア比は7. 1がメイン。 もっともバーサタイルなオリジンモデルを選び、巻きと撃ち、複数の釣りをカバーすべく低速と高速のどちらにも自身で対応るセンターのギア比が肝要となる。 ただし、巻き物の場合はスピナベサイトなど手返しを重視する場合を除き6. 3が、カバー撃ちや羽根モノなどパワーフィッシングにはAが出番となる。 ハンドルは「巻きで特化の場合のみ右」となるが、左が主軸となる。 艇と陸、主な使い分け用途は件の通りだが、特例も存在する。 それが藤田京弥の場合だ。 SVTW1012XHLのギア比8. 1をメインに撃ちにも巻きにも応じ「何より速い回収能力」を求める。 新たな武器のひとつに加わるAIR TWは500XXHLのギア比9. 1を選択したのも頷ける。 多岐に渡るSTEEZの使い分けはMatch The Timing。 乗りこなせ、極限アビリティ。 8 135 3. 8 135 3. 1 135 3. 1 135 3. いずれのラインも45m以上巻かずに、ご使用されることを推奨します。 付属品 ・クロロプレン製リールケース ・シリアルナンバー.

次の

スティーズ AIR TW

スティーズ air

2018年に新たにローギアモデルと超ハイギアモデルが加わって、ラインナップがグンと充実したダイワ スティーズA TW。 メインとなるのはノーマルギアの6. 3 昔はコレがハイギア 、ハイギアである7. 1になるかもしれませんが、これにギア比5. 3のCC、クレイジークランカーと言うクランキングスペシャルモデル、8. 1と言うエキストラハイギアが加わったのは嬉しい限りですよね^^ 僕としてはハイギアに利点を感じる事が多いので、余程抵抗の大きいルアーをゴリ巻きしない限り、エキストラハイギアが最有力ですが。 けれどやはり使い方はユーザーそれぞれですので、ラインナップが増えるのは良い事です。 で、スティーズA TW、発売されたのは2017年で既に発売から1年以上経っていて既に多くのアングラーが使っていますので、インプレも結構出揃っています。 評判は・・・、良いですね。 僕としては特にソルトウォーターなど幅広い使い方をするアングラーに評判が良いかなと言う印象です。 もちろんバスアングラーにも評判はいいベイトリールではあるのですが、今回はスティーズA TWのインプレをまとめると共に、 何がそんなに良いのか、何が魅力的なのか、そしてタイトルにもある様に何が残念なのか、という事をお伝えしていきたいと思います。 通常のスティーズと何が違う? 出典:ダイワ スティーズA TWはご存知の通り、これまでのスティーズがモデルチェンジした訳ではありません。 これまでのスティーズはSV TWとして現在もちゃんとラインナップされています。 スティーズSV TWにしても高精度エアメタルハウジング マグネシウム合金 を採用しており、剛性感としては使用上十分と言えるものではありました。 その説明を聞いただけじゃ正直、「そこまで変わるの?」と言う印象を持った方が大半なんじゃないかと思います。 ですが実際に蓋を開けてみれば コレが大きな違いだったんですね。 アルミニウムによるフルメタル化によってもたらされた高剛性ボディは、引き抵抗の大きいディープクランクやスピナーベイトであっても ブレの無いリーリングが可能となり、それが絶大な巻き感度、気持ちの良いキャストフィールを生み出します。 フルメタルボディのベイトリールと言えば、 カルカッタコンクエストやリョウガと言った丸型ベイトリールをイメージして頂ければ良いんじゃないかと思います。 この辺りの高剛性丸形ベイトリールのインプレで当然の様に聞く言葉が、 「高剛性、ブレの無い巻き心地、絶大な巻き感度」、これらのフレーズは当たり前の様に誰もが言う言葉です。 実際にアメリカで日々過酷な戦いを繰り広げている清水盛蔵プロが、スティーズSVTWより、 サイズは大きくなるが剛性の高いジリオンSV TWを選んだと言うのは有名な話ではありますし、僕としても衝撃的な話ではありました。 最高峰のベイトリールより、高剛性のベイトリールを選ぶ。 高剛性ロープロベイトリールと言えば・・・• 実際のところ、僕のイメージとしてはスティーズと言えば超軽量ベイトリールの代名詞的な存在であり、もう10年以上前になりますが登場した時は衝撃的でした。 リミテッドモデルよりは重いとはいえ、160グラムでも十二分に驚異的な軽さと言ます。 確かに、 「軽量であること」、これだけでもメリットは大きいです。 しかし、スティーズA TWもフルメタルボディで重量が増したとは言え、アンダー200グラムはキープして 190グラムです。 昨今の巷に溢れかえっている軽量ベイトリールと比べても、十分に軽量な部類に入るベイトリールです。 恐らく「190グラムのベイトリール」と言われただけなら、「重い」と言う印象を持つことは無いでしょう。 しかし、この重さが逆に 「安定感を生む」と言うインプレッションも結構あるんですね。 ・程よい重さでタックルバランスが狂いにくい ・重心が手元に来てティップが上向くので逆にやりやすい ・重くはなったけどしっかりと握り込めるので力が入りやすい、リーリングしやすい こんな意見がチラホラ見られました。 バンタムMGLのインプレッションでもお伝えしましたが、重量のあるモノが手の中にすっぽり収まるというのは、グッと力が入りますし大きな安定感を生み出します。 ソフトボールと野球ボール、どちらがしっかりと握り込めるかと言ったら、間違いなく野球ボールでしょう。 スティーズと言えば軽量化やキャスティング性能の前に忘れてはいけないのが、 コンパクトボディが生み出すパーミング性があります。 ダイワのフラッグシップモデル言えるスティーズのパーミング性は、間違いなく世にあるベイトリールの一、二を争うと言っても過言ではありません。 世にあるキャスティングベイトリール随一のコンパクトボディを持ちながら、 トップクラスの剛性感がある訳です。 何が言いたいかと言いますと、 「大きくて強い」とはワケが違う、という事です。 確かにダイワZやリョウガの様な大きくて剛性感があるベイトリールは存在します。 「30グラム重くなった」と言うビハインドは、 もはやアドバンテージと言っても良いと思います。 「欠点どころか強みと言っても過言では無い」という事です。 30グラムの差をどう捉えるかは人それぞれではありますけど、 僕なら間違いなくメリットと捉えます。 まあ、僕が現在、「軽量化より高剛性」と言うスタンスなので余計なのですが^^• コチラはスティーズA TWのスペック表、 出典:ダイワ で、コチラがスティーズSVTWのスペック表 出典:ダイワ 見て貰えれば分かるのですが、ボールベアリング数がスティーズSV TWが 12個、そして何故かスティーズA TWが 8個と少ないのです。 入っていない箇所は ハンドルノブ2ヶ所に2個づつの計4個です。 ハッキリ言って「何故?」としか思えません。 スティーズってダイワのフラッグシップモデルで、ダイワのみならず10年以上も日本のベイトリールを牽引してきたモデルです。 スティーズが欲しい人って、間違いなく 「最高峰のベイトリール」を求めている人達だと思います。 性能だけでなく、 「最高峰を持っている、使用したい」、という所有欲もあるハズです。 価格を押さえたいのであるなら、ジリオンと言う安くてコンパクトで高い剛性を持ったモデルがある訳ですから。 ですから、 「こんなところで価格を押さえて欲しくなかった」、と思うのは僕だけでしょうか。 軽さだけを求めるのではなく、剛性感を追求した上での軽さ、そこの部分をフラッグシップと言えるベイトリールで追及してくれたのは、大それたことを言ってしまえば今後のベイトリールの在り方にも影響してきそうな、そんな気さえします。 リールの剛性が上がってくらいで何なの?別にサカナに壊されるわけじゃないでしょ? そんな声も聞こえて来そうですが、剛性が必要なのは必ずしも「対サカナ」というだけではありません。 剛性が上がればキャスティング、リーリングのフィーリングもかなり変わってきます。 剛性が上がりスプールのブレもなくなれば少なからず飛距離にも影響しますが、例え飛距離が変わらなくても、 「いつもよりキャスト精度が上がった、いつもより気持ちよく投げる事が出来た、いつもより気持ちよく巻く事が出来た」、これだけでも 「サカナがいるところへのキャスト回数」が間違いなく増加します。 ガッチリと固められたフレームで安定したリーリングが出来れば、それだけでもこれまで取れなかったアタリや情報を得る事も出来ます。

次の

まだあった! DAIWA2020新作ベイトリール光速スクープ!! 次世代ベイトフィネス機『アルファス AIR TW』降臨!!!【ソルトもOK】

スティーズ air

スティーズAIR TW ベイトフィネスの限界を突破。 突き抜ける競技仕様=AIR。 19STEEZ CT SVの登場は衝撃的だった。 よりソフトなパーミング を可能にして軽快な操作性を可能にしたばかりか、立ち上がりが軽く 早い高回転を実現するスプールは重量級ルアーは無論、超軽量まで 遠近自在の飛距離を実現。 もはやベイトフィネスと呼ぶカテゴリーは、 CT SVの名の下に収束した感もあったのは事実だ。 しかし、DAIWAはそこでベイトフィネス機の進化を止めることは なかった。 むしろCT SVはさらなる加速への序章に過ぎなかったこと が今明らかになる。 偉大なるDAIWAベイト フィネス機の系譜、レッドゾーンを振り切るエンジン回転数を象徴した カラーリングを継承。 フレームには超軽量かつ高剛性を誇る金属素材・ マグネシウムを採用して、厳しいDAIWA強度基準を軽々とクリアした 自重は実に135g。 レーシングスペックの極みがそこに。 ベイトフィネス 新時代の扉が、いざ開かれようとしている。 「2gが、いや極端な話をすれば1gでもキャストに何ら問題はない」 関東・霞ヶ浦の名手、赤羽修弥はシビアな現代フィールドを打開 する新たな武器として、AIR TWに大いなる期待を寄せる。 素材は強度を維持しながら圧倒的な 軽量感となる信頼のG1ジュラルミン素材。 その圧倒的な低慣性は、 大開口部を備えたTWSとのシナジーでアクセルを踏み込ませ、スムーズ なライン放出を約束する。 赤羽が刮目するのは、より小型軽量なルアーを自在に扱えるばかり ではなく、「よりロングアプローチとソフトな着水」が可能となること。 タフを極める現場でもう1尾を逃さず仕留める強力な武器となること に異論の余地はない。 「もはや8lb. ラインの出番は少ない。 今後は5~6lb. が主力となって いく。 もはやスピニングの領域」 名機T3AIRの使い手として、全国トレイルで数々の見せ場を作って きたJBトップ50コンペティター・川口直人。 AIR TWへとコンバート した瞬間、ベイトフィネス機のライン基準値となる8lb. はもはや オーバースペックであることを感じたという。 食いつきのない滑らかな滑り出しの独自ドラグ機構・UTDの搭載は、 もはやクラッチOFFでの指ドラグを要さない。 ライン強度で安全マー ジンを稼ぎスプール自重を増すのであれば、より繊細なラインを適正 に巻くことでさらなる釣りの精度を高めるべき。 そこが川口の本音だ。 極限マシンの突き抜けた性能に追い付くには、セッティングの妙も欠か せない。 ポテンシャルを最大限に活かすドライビングスキルも磨かれていく。 出典 ダイワHP とまぁダイワさんのHPにはこう記載されています! 期待しちゃいますね! スポンサーリンク ・開封 さっそく箱から出したいと思います! 第一印象は小さいなという感じでした。 他のBFSリールと比較すると実際はほんの少しだけ小さいかな?ってくらいで明らかに小さいわけではないですがそう感じました! 上から見てみると軽量化の肉抜きにより剛性感をあまり感じないデザインですね! 機能美といえばそうなんでしょうが。 サイドからみてみると非常に パーミングしやすそうな形状です。 ダイワのロゴが安っぽくみえてしまうのが 残念です! フロントからTウィングをみるとシマノのようなシャープ感はないですがこれはこれで私は好きです! 一番気になるスプールを見ていきます! 小さいのですが単独ではよくわかりませんね! SS AIRのスプールに並んでもらいました! 想像以上に小さいです! ますます期待してしまいます!! タックルデータ ロッド スティーズ スカイレイ リール スティーズAIR TW 9. リールのメカニカルブレーキはゼロ(スティーズAIRはゼロ使用がメーカー指定です)• マグネットブレーキダイヤルは7です。 あえて風の影響を受けやすいスモラバでテストします。 (自重はトレーラ含みの重さです。 狙った箇所に落とせないような飛距離のみが目的のキャスティングはせず、あくまで実釣を意識したキャスティングです。 4g あたりまえですが全く問題ありません! ピッチングで気持ちよく低弾道で飛んでいきます! ハンドルの巻き取り回数で25回転くらい。 フルキャストだと30回転以上です。 飛距離のみのキャスティングなら35m分ラインを出し切ることも可能そうです。 しかし他のBFSリールとの差はあまり感じない。 6g 他のBFSリールでは気を使うウェイトですね! これもピッチングでしっかり低弾道で飛んでいきます! 巻き取り回数で20回転くらいでした! 飛距離を重視したキャスティングなら20メートルくらい狙っていけます。 飛距離もさることながら従来のBFSリールでは低弾道で決まりにくくなるウェイトである2. 6gがしっかりとしたキャストフィーリングで低弾道で決まるのはさすがです! 1. 3g 1gも使えるというのが宣伝文句なのでトレーラーなしスモラバ1. 3gも投げてみました。 投げられないこともないですがスプールのラインが浮き上がり、弾道も低弾道ではなくなります。 巻き取り回数で13回転でしたが低弾道ではなくピンポイントキャストでもないという点では実釣向けのウェイトではないです。 しかしながら実釣必要レベルは越えています! 番外編 ハードルアー 私はハードルアーで使用することを想定していないのですがテストなので一応、試投しました。 ベビーシャッド40(2. 7g)でテストします。 普段はスピニングタックルで使用しているルアーです。 ベビーシャッド40はサイドキャストで投げ、巻き取り数では22回転でした。 なかなかの飛距離です。 飛距離のみ意識のサイドフルキャストでは28回転分まで飛距離を伸ばせました。 テストの結果はこんな感じになりました! 空気抵抗の少ないリグを扱っているときは2g台前半のリグもかなり使いやすいです! ラインを細くしてスプーンのようなルアーなら1g台も余裕なのではないでしょうか!? バス釣りに使うと考えた場合は正直な話、1g台を 『イケる』とは表現したくないですね! 『できる』くらいの表現に留めておきたいです。 スポンサーリンク ・ダイヤルセッティング 従来のベイトリールならばメカニカルブレーキと合わせてセッティングしますがスティーズAIR TWにはゼロアジャスターという機能がありセッティングはマグネットブレーキのダイヤルのみで行います。 私はベイトリールはすべてメカニカルゼロなのであまりメリットには感じません。 メカニカルブレーキをゼロ 少しスプールがガタつくくらい。 にセットしてマグネットブレーキダイヤルで調整します。 ダイヤルは20まであります。 6gのスモラバで実際に20からひとつづつ下げていきましたが10以上はブレーキが強すぎて必要性を感じませんでした(サイド、オーバーキャストの場合は10以上も必要。 )6まで下げたところでサミングが シビアになったので7で落ち着きました。 ルアーやライン、風向きによってはさらに下げることも可能ですがその都度セッティングを変えるのが好きではないので7か8で使用していきます! ・サミング問題 いろいろとテストしていて気になったのが サミングの フィーリングです。 なんて表現したらいいのか難しいのですがスプールエッジが 遠いんです! スプールが28ミリなので当たり前ですが、28ミリスプール用にボディが作られています。 画像のようにスプールエッジまわりが 肉厚なんです。 SS AIRのスプールエッジのアップなんですがそんな肉厚な段差はないんです。 画像のようにアルデバランには段差があるんですがスプールが小さくないのでSS AIRとアルデバランを同時使用していても違和感を感じません。 しかしスティーズAIR TWはスプールが小さいので微妙な差ですが違和感を感じるのだと思います! 私はシマノのベイトリールが多いので少しの違和感くらいですがダイワのベイトリールオンリーの方はサミングがしにくいと思います。

次の