アサヒビール 年収。 アサヒビール株式会社の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)|エン ライトハウス (7961)

アサヒビールの年収水準は高い?低い?【社員から聞きました】

アサヒビール 年収

そもそもアサヒグループとは? 出典: アサヒグループは、 アサヒグループホールディングスを親会社に連結子会社142社・関連会社24社が所属している企業群です。 大きく分けて、• 酒類事業• 飲料事業• 食品事業• 国際事業 4つの事業を展開しています。 例えば、『アサヒスーパードライ』や『ブラックニッカ』などの酒類を扱っているのは、アサヒビールを中心とした複数の企業群。 『三ツ矢サイダー』や『カルピス』『十六茶』などの清涼飲料水を扱っているのはアサヒ飲料を中心とした企業群です。 現在、 有価証券報告書を公開しているのはアサヒグループを統括するアサヒグループホールディングスだけなので、この記事ではアサヒグループホールディングスのデータを扱います。 アサヒグループ企業の年収が知りたい方も、この記事のデータを参考にしていただければと思います。 アサヒグループホールディングスの平均年収 アサヒグループホールディングスの平均年収の推移 アサヒグループホールディングスの最新の有価証券報告書を見ると、平均年収は1,000万円代前後を推移しています。 平均年収の変動は非常に安定しています。 今後とも微増していくと思われます。 ちなみに、従業員のほとんどがアサヒグループ会社からの出向者で占められています。 年度 平均年収 平均年齢 平均勤続年数 従業員数 2018年 1,093万円 43. 3 13. 3 287 2017年 1,001万円 42. 9 13. 1 274 2016年 996万円 42. 2 13. 7 285 2015年 1,025万円 42. 9 10. 4 273 2014年 1,008万円 42. 6 10. 4 273 2013年 1,016万円 42. 0 11. 6 274 出典: アサヒグループホールディングスの平均年収は何位?(2017年度) アサヒグループホールディングスの 平均年収ランキングは75位でした。 上場している日本企業の中で、トップ10に入る高年収企業です。 ちなみに、平均年収ランキングトップ100には、• 投資会社• 放送会社のホールディングス• 金融系企業 などの業界に属する会社が連ねています。 順位 社名 平均年収 平均年齢 前年比 1 2,478 31. 3 -516. 7 2 2,110 35. 8 22. 2 3 2,063 37. 9 504. 3 4 1,738 36. 2 298. 0 5 1,636 39. 8 105. 4 6 1,607 42. 5 66. 8 7 1,586 51. 0 -46. 2 8 1,539 36. 2 -237. 3 9 1,520 41. 7 59. 9 10 1,501 41. 7 132. 5 順位 社名 平均年収 平均年齢 前年比 11 1,460 48. 4 -116. 3 12 1,430 42. 2 10. 1 13 1,429 46. 9 37. 7 14 1,413 35. 1 94. 2 15 1,411 47. 6 19. 5 16 1,398 38. 5 113. 9 17 1,389 42. 6 85. 5 18 1,389 41. 9 67. 2 19 1,387 42. 7 10. 7 20 1,384 43. 8 -71. 2 21 1,372 48. 8 -89. 0 22 1,364 40. 8 17. 0 23 1,363 53. 3 21. 9 24 1,359 42. 5 341. 1 25 1,338 43. 5 -51. 7 26 1,309 51. 2 -6. 1 27 1,303 50. 1 -74. 9 28 1,281 50. 5 969. 1 29 1,272 44. 3 195. 2 30 1,263 40. 7 150. 9 31 1,253 41. 5 95. 3 32 1,251 50. 2 -227. 8 33 1,247 41. 2 18. 7 34 1,243 43. 8 448. 9 35 1,241 47. 3 89. 8 36 1,230 49. 3 -17. 3 37 1,221 40. 3 55. 7 38 1,205 57. 8 -0. 8 39 1,204 43. 2 -7. 7 40 1,198 43. 3 3. 2 41 1,179 40. 7 -92. 7 42 1,167 42. 0 -655. 0 〃 1,167 46. 5 49. 9 〃 1,167 36. 8 17. 7 45 1,165 49. 5 -59. 1 46 1,161 43. 8 -84. 2 47 1,158 44. 8 53. 7 48 1,155 39. 3 -32. 7 49 1,153 46. 3 112. 1 50 1,152 43. 4 -20. 8 51 1,150 34. 3 90. 9 52 1,140 40. 9 32. 8 53 1,139 41. 9 36. 0 54 1,138 44. 2 36. 0 55 1,137 42. 7 24. 6 56 1,117 51. 0 36. 6 57 1,113 44. 1 -80. 8 58 1,108 48. 3 — 59 1,101 47. 3 66. 7 60 1,099 45. 2 54. 5 61 1,098 46. 2 — 62 1,097 43. 0 -6. 0 〃 1,097 41. 9 45. 2 64 1,094 41. 5 55. 2 65 1,093 43. 3 92. 5 66 1,090 44. 2 148. 4 67 1,083 46. 6 -134. 2 68 1,080 47. 4 3. 6 69 1,078 54. 2 250. 1 70 1,076 48. 9 -118. 4 71 1,071 48. 0 -21. 8 72 1,067 43. 5 -7. 7 73 1,067 42. 1 5. 6 〃 1,064 42. 6 -33. 2 75 1,061 43. 4 -23. 7 76 1,061 40. 2 -24. 2 〃 1,056 41. 9 11. 8 78 1,055 44. 0 -21. 3 〃 1,054 59. 8 275. 8 80 1,053 39. 1 -50. 6 〃 1,053 47. 5 -47. 2 82 1,052 42. 5 6. 5 83 1,051 41. 4 32. 6 〃 1,051 43. 0 63. 9 〃 1,051 42. 4 37. 3 86 1,049 52. 3 -129. 8 87 1,046 43. 1 15. 0 88 1,044 53. 1 1. 5 89 1,038 46. 8 19. 0 〃 1,029 47. 0 -85. 6 91 1,025 44. 4 64. 9 92 1,023 45. 1 9. 4 93 1,022 39. 2 8. 7 94 1,020 43. 4 128. 0 95 1,019 44. 7 26. 7 96 1,010 35. 1 42. 8 〃 1,010 41. 6 -119. 2 98 1,006 42. 3 10. 7 99 997 42. 6 198. 3 〃 997 39. 6 26. 3 出典:PRESIDENT Online アサヒグループホールディングスの役員の報酬 有価証券報告書によると、2018年度に アサヒグループホールディングスが社内取締役7名に支払った役員報酬の総額は7億3,700万円でした。 また、有価証券報告書では、報酬が1億円を超えている役員の氏名と報酬額を公表しています。 アサヒグループホールディングスの場合は下記の通りです。 (役職は2018年度当時のものです)• 泉谷直木氏(取締役会長 ):2億300万円• 小路明善氏(代表取締役社長兼CEO):2億900万円 飲料メーカーの平均年収ランキング 2019年に公表された有価証券報告書をもとに飲料メーカーの平均年収ランキングを作成いたしました。 アサヒグループホールディングスの平均年収は3位に位置しています。 その他、気になる数値をまとめています。 一人当たりの役員報酬で見ると、アサヒグループホールディングスは断トツで1位です。 しかし、平均年収では、アサヒ、キリン、サントリー の3社で大きな差はありません。 企業名 平均年収 売上高 一人あたりの役員報酬 転職人気ランキング キリンホールディングス 1,158万円 1兆9,305億円 約8,940万円 87位 サントリーホールディングス 1,146万円 2兆7,341億円 非公表 13位 アサヒグループホールディングス 1,093万円 1兆8,903億円 約1億500万円 83位 (アサヒビール) サッポロホールディングス 856万円 5,105億円 約2,700万円 100位圏外 出典: アサヒグループ企業の平均年収 アサヒグループは、アサヒグループホールディングスを中心に連結子会社142社により構成されています。 その中でも、中核企業4社の平均年収を解説します。 1.アサヒグループホールディングス アサヒグループホールディングスの 平均年収は1,093万円です。 アサヒグループホールディングスは、アサヒグループを統括する純粋持株会社です。 アサヒグループ全体の経営戦略の策定・実行支援や、経営管理などを担っています。 2.アサヒビール アサヒビールの 平均年収は約630万円です。 アサヒビールは、日本を代表する酒類メーカーのひとつです。 『アサヒスーパードライ』などのビールや、発泡酒、焼酎、チューハイ、洋酒、ワインなどの製造・販売を行なっています。 同じアサヒグループのニッカウヰスキー社が製造したウイスキーやブランデーなどの販売も行なっています。 3.アサヒ飲料 アサヒ飲料の 平均年収は約520万円です。 アサヒ飲料は、日本を代表する清涼飲料水メーカーのひとつです。 『三ツ矢サイダー』などの炭酸飲料や『ワンダ』などの缶コーヒー、『カルピス』、『十六茶』などの製造・販売を行なっています。 4.アサヒグループ食品 アサヒグループ食品の 平均年収は約500万円です。 アサヒグループ食品は、アサヒグループの食品メーカーです。 「菓子・食品」、「健康食品」、「ベビーフード」、「フリーズドライ」、「サプリメント」などの製造・販売を行なっています。 そのため、ここではアサヒグループの中核企業であるアサヒビールについて解説します。 アサヒビールの転職難易度は高いです。 「社会人が選ぶ転職人気企業ランキング」でも常に上位にランクインしており、アサヒビールを志望している方は、事前準備が重要になります。 アサヒビールに転職するために知っておくべきこと アサヒビールに転職するために知っておくべきことは、3つあります。 アサヒビールの中途採用は「MIIDAS」経由• 中途採用は即戦力のみ• 転職エージェントを利用する 1.アサヒビールの中途採用は「MIIDAS」経由 アサヒビールは、公式ホームページで採用活動を行なっていません。 パーソルキャリアが運営する『』という転職サイト(アプリ)経由を中心に採用活動を行なっています。 ミイダスとは、下記2点の特徴がある転職サイトです。 自身の市場価値がわかる• 待ちの転職サイト ミイダスに自身のキャリアを登録することで、300万人の転職データから自身の推定年収を算出できます。 この機能を最大の売りにして、急拡大している転職サイトです。 ミイダスでは 求職者側から求人を探して応募することができません。 自身のキャリアを登録すると、企業側がマッチする人材を探します。 そして、適合する人のみに企業側からオファーメールを送り、そこで初めて求人に応募することが可能になります。 つまり、ミイダスとは企業からのオファーを待つ、「待ちの転職サイト」なのです。 したがって、求職者側からアサヒビールの求人を探し、募集要項を見て応募することはできません。 自身が登録したキャリアに合うポジションがある場合のみ、アサヒビールからオファーメールが届きます。 2.中途採用は即戦力のみ アサヒビールの中途採用は即戦力のみを求めています。 第二新卒やポテンシャル採用は行なっていません。 ビジネスレベルの英語力に加え、何らかの専門的な経験・スキルが必要です。 そのため、「MIIDAS」に登録する際には、自身の語学力と専門的な経験・スキルを詳細に記載しましょう。 3.転職エージェントを利用する 転職エージェントとは、求人紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、面接後の条件交渉などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれる無料サービスです。 アサヒビールの場合、転職難易度が非常に高いので、万全な準備が求められます。 転職エージェントでは、 アサヒビールの求人紹介はもちろん、アサヒビールから内定を貰うための面接対策を行ってもらえるため、転職エージェントを利用した方が内定確度は高まるでしょう。 また、アサヒビールは転職エージェントに 「非公開求人」を掲載している可能性が高いです。 アサヒビールのような人気企業が求人を出すと応募者が殺到しやすいため、一般には公開しない「非公開求人」を転職エージェントに掲載しています。 実際に、アサヒビールは非公開求人サービスである「MIIDAS」を利用しています。 そのため、同グループが運営しているパソナキャリアにも非公開求人を掲載している可能性が非常に高いです。 その他、大手転職エージェントであるリクルートエージェントや、ハイクラス向けのJACリクルートメントをおすすめします。

次の

アサヒ飲料の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

アサヒビール 年収

アサヒビール(アサヒグループHD)の年収と売上高の推移 アサヒビール(アサヒグループHD)の年収と、アサヒグループ単独の売上高の推移は以下の通りです。 (参考:アサヒグループHD|) これはアサヒビール以外のグループ会社も含んだ年収推移ですが、 年収は増加傾向にあります。 アサヒビール単独の売上高は、長梅雨や韓国との関係悪化による不買運動により、2019年12月期はやや下がりました。 しかし、食品事業が好調だったため グループ全体の年収としては減少せず、むしろ2018年よりも200万円増えています。 また、新型コロナウィルスによる飲食店でのビールの売上が減少しているため、アサヒビール単独の売上高は減少の可能性があります。 ちなみに、 アサヒビール(アサヒグループHD)の平均年齢と従業員数は以下のように推移しています。 年 平均年収 平均年齢 従業員数 2015年 1,025万円 42. 9歳 3.アサヒビールの年齢別平均年収 日本最大級の口コミサイト「転職会議」によると、アサヒビール社員の年代別年収は以下の通りです。 この金額は契約社員も含む年収のため、正社員のみの金額はもっと大きくなります。 40代で管理職になる年代になると900万円以上稼ぐ人も出てきます。 50代になると平均年収は1,100万円になり、全国平均(50代:525万円)の約2倍近くになります。 4.アサヒビールの職種別年収 口コミサイト「転職会議」のデータを参考にすると、職種別の年収は以下の通りです。 職種 年収 (職種平均) 残業時間 (職種平均) 営業 618万円 (420) 39. 9時間 (33. 3) マーケティング・企画 846万円 (490) 100時間 (33. 3) 経営管理 958万円 (480) 26. 7時間 26. 5 (引用:) 営業職は618万円で、全国の職種平均より約200万高くなっています。 なお、求人検索エンジン「」によると、ルート営業の平均月給は22. 7万円で、全国平均とほぼ同じです。 マーケティング・企画は年収846万円で高額ですが、 残業時間が100時間なのでかなり忙しくなることが予想されます。 経営管理は残業時間が3職種の中で最も短いですが、専門知識が求められるため、年収は958万円で一番高いです。• アサヒビールに転職を考えている方は「」をご覧ください。 アサヒビールの特色や、採用時のポイントなどを抑えることが可能です。 6.アサヒビールの転職にはビズリーチを利用しよう アサヒビールへの転職をお考えならば、転職エージェントの「」の利用がおすすめです。 ビズリーチはハイキャリア・高年収領域の転職支援に特化した、スカウト型の転職エージェント。 あなたの情報を登録しておけば、ヘッドハンターや企業がそれを見て直接スカウトしてくれます。 会員になれば詳しい求人情報を見ることができるので、興味のある求人に直接応募することも可能です。 利用は一部有料ですが、会員登録だけなら無料で行えるので、ぜひ気軽に登録してみてください。 アプリ(iPhone版、Android版)も用意されているので、ダウンロードしておくと、より転職活動がスムーズに進められます。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 \ スマホで簡単! 3分以内で無料登録!/.

次の

アサヒビールの平均年収はいくら?【アサヒグループについても徹底解説】

アサヒビール 年収

この記事の目次• アサヒビールの平均年収・平均年齢・平均勤続年数 まずは会社全体の年収を見ていきます(数字は2016年の有価証券報告書より)。 平均年収:1025万円• 平均年齢:42. 平均勤続年数:10. たとえば「2016年=2015年度実績」となります。 ホールディングス会社は一般的に、大卒・総合職がほとんどを占めます。 したがって大卒の平均年収に近いのですが念のため、それぞれの年齢・役職ごとに目安年収をまとめます。 あとは残業代の多い、少ないで年収が決まる。 大卒であれば全員昇格。 大卒であれば全員昇格。 同期でも出世に差がでる。 最速35歳〜であるが、通常であれば40歳前後が目安。 昇格できない総合職もいる。 部下のいる課長職。 ここまで出世できる人は少ない。 通常は40歳~45歳くらい。 同期でも出世に差が出るが、普通にやっていれば問題なく昇格できる。 昇格できない総合職もいる。 ペイペイ管理職のままでは、何歳になっても年収1000万円には到達しない。 通常は45歳前後。 ただし昇格は難しい。 通常は50歳前後。 ただし昇格は難しい。 業績が悪くなれば平均して年収50万円は普通に下がる。 このうち影響大きいのが会社業績、次に個人の査定。 会社の業績が伸びなければボーナスも伸びない。 管理職以降のボーナスは別の方法で計算、より個人や部課の成果が反映されやすい年収となる。 差がつくのはそれ以降。 ただしサービス残業多し(ほとんどが飲み会のせい)。 よくある大手メーカーの年収体系です。 アサヒビールの 給与制度の特徴と福利厚生• 独身寮|事業所による、なければ借り上げ社宅• 社宅|事業所による、なければ借り上げ社宅。 世帯手当|調査中• 住宅補助| ・社宅や独身寮がない事業所のみ借り上げ社宅になる制度。 具体的な金額は調査中だが、手厚いことは確か。 ・ただし自己都合(会社の人と同じ空間で過ごすのが嫌だ、など)で社宅や寮を出る場合、ほとんど自己負担しなければならない。 残業代| ・主任クラスまでは残業代がでる。 ・管理職以降は残業代ゼロ。 その他の福利厚生|通勤手当、出張手当、外勤手当など• その他の注意事項| まとめるとアサヒビールの福利厚生は手厚い、と思われます(詳細は調査中)。 アサヒビールだけでなく食品・飲料業界は総じて、福利厚生の手厚い企業が多いです。 若いうちは年収が低いですが、住宅にかかる費用が少なくて済むため、結果としてまとまったお金を貯めることができます。 アサヒビールの福利厚生こみ年収(残業月30時間とした) 上述したようにアサヒビールの給与には、残業および各種手当がつきます。 手当込みの年収にしておいたほうが他企業と比較し易いかと思われますので、目安としてまとめておきます。 大企業の平均的な残業時間・月30時間にて計算しております。 実際には残業代の多い、少ない、勤務地(首都圏は物価が高いため手当て厚い)、世帯の構成(扶養家族持ちは手当てが厚い)で上下しますので、ご留意ください。 ただし福利厚生が手厚いので実際には年収が低くても、問題なく生活できるでしょう。 また、管理職よりも主任クラスで残業代を稼ぐほうが年収高くなります(苦笑)。 食品・飲料メーカーの中でどのくらい? アサヒビールの年収は食品・飲料メーカーの中では 「トップクラス」です。 またビールメーカー業界の中でも 「トップクラス」。 キリンビール、サントリーと並ぶくらいの年収です。 近年は業績がよいため若手のうちはアサヒビールの方が年収高く、管理職以上はキリンビールの方が上だと思われます。 と言っても、食品業界の中だけでは比較対象が少なすぎますね… そこでメーカー全体に広げてみると、アサヒビールの年収は 「上の下~トップクラス」。 ある程度まとまったら年収ランキングを作ります(準備中)。 アサヒビールに転職・就職するあなたへ ビール業界の今後 まずビールメーカー業界の流れと今後の動向をざっくりと解説します。 これまでの流れと今後の動向を、ざっくりと図式化して説明しますね。 先進国はマーケット頭打ち~減少。 業界再編後の収穫期に入るか? とにかくここ10年くらいで勢力図がガラッと変わったビール業界。 ここでミスると痛手を負うことになります。 《アサヒビールは2016年、英SABミラーが保有するビールブランド「ペローニ」「グロールシュ」「ミーンタイム」の買収に合意した》 >>参考| ビールメーカーへの就職・転職には何が必要か? 私が就活していた時代には、ビールメーカーは体育会系の学生を多く採用する傾向にありました。 アメフト部、野球部、ラグビー部…。 といった「ザ・体育会系」の部活に所属していれば、サッポロ、アサヒ、キリンへ就職のチャンスが多かったです(私の部活の先輩も就職しました)。 おっさん世代に体育会系が多くいるのですが、基本は高学歴であるため単純な筋肉バカではなく「インテリ体育会系」です(どんなジャンルだ?)。 ただ現在は各社、グローバル展開に力を入れているため単純に体育会系であればいい、という採用戦略ではなくなっているかと思われます。 ビール好きであることは重要で、次に来るのは途上国でも生きていけるタフネス、外人と喧嘩できるメンタリティー、などなどが必要です(語学はどうでもよい)。 ということですので、文化系であってもビールメーカーへ就職・転職して何も問題ありません。 「コメント欄」にてご教示いただければ幸いです。 転職者・就活生の役に立つようなコメントでしたら何でも構いません。 事実に基づく批判もウェルカムです。 またデータには万全を期しておりますが、2017年公開時点での情報ですのでご了承ください。

次の