今日恋をはじめます。 今日、恋をはじめます : 作品情報

今日、恋をはじめます : 作品情報

今日恋をはじめます

概要 [ ] 水波風南の5作目の連載作品である。 、『Sho-Comi』本誌6号付録にて化され、にはコミックス限定版として化された。 同年(2010年)小説化された。 小説は現在までに2冊出ている。 (2016年現在) 2012年5月時点で累計発行部数が800万部を突破 、そしてこの作品で水波の単行本累計発行部数が1000万部を突破した。 あらすじ [ ] 日比野つばきは、高校に入学したばかりの真面目が取り柄の女子高生。 真面目過ぎるつばきは、三つ編みに、服装もいわゆる「戦時中の女学生」の姿で、入学式から注目の的となってしまう。 そんな中、学校一のモテ男で名前の似ている・ 椿京汰と偶然隣の席になることに…。 その上、ある事件がきっかけで彼にファーストキスを奪われ、遊ばれていると分かっていても、次第に京汰に惹かれていくつばきだが…? 演の項は映画版でのキャスト。 生まれ。 高校1年生。 入学式の際、京汰と出会いファーストキスを奪われ、彼の勝手な賭けのターゲット(遊び)にされる。 当初は京汰を嫌っていた。 真面目なのに要領が悪く、成績はいつも京汰より下の2位止まり。 恋やお洒落にも興味はあるが、半ば諦め気味。 特技はヘアアレンジ。 高校入学当初は厳格な母親の意向で漠然と有名大学への進学を目指していたが、その後特技を生かし美容師を志す。 生まれ。 外見は派手だが、成績は学年首席で、入学式では新入生代表挨拶を務めた。 口が悪く軽薄な性格。 中学生の頃から賭け事で、地味な女の子を弄んでいた。 高校入学後、次のターゲットをつばきにするが、徐々に本気で惹かれていき、恋人となる。 宇宙に興味がある。 長谷川 西希(はせがわ にしき) 声 - (ムービーコミック版) 演 - 京汰の親友。 さくらのことが好きで、彼女に積極的なアプローチを仕掛けて後に恋人同士になる。 市倉 深歩(いちくら みほ) 声 - (OVA版) つばきのクラスメイトで、友人。 京汰とは中学からの知り合い。 生まれ。 毎朝、姉に髪をアレンジしてもらっている。 少々派手かつお洒落が大好き。 京汰に恋心を寄せていたが、やがて西希と付き合い始める。 つばきのことを心配している部分もあり、京汰に失恋した後はつばきの恋を応援している(本人曰くつばきと京汰がくっつくことがリベンジ)。 小説 [ ] 今日、恋をはじめます 初恋のプレリュード 2010年2月26日発売 刊 著: 今日、恋をはじめます 運命は君の手の中に 2011年2月25日発売 FCルルルnovels刊 著:高瀬ゆのか 今日、恋をはじめます(映画ノベライズ) 2012年11月6日発売 著:高瀬ゆのか OVA [ ] ANIME 今日、恋をはじめます 2010年6月23日発売の第9巻限定特装版に第1話、2010年10月23日発売の第10巻限定特装版に第2話を収録。 2011年2月25日に2話を1エピソードにまとめたOVAを発売。 OVAでは新作OP収録のほか、プレミアム・エディションには映像特典としてデジタルコミックを収録。 またのCD『』同梱DVDではデジタルコミックが収録。 アニメDVD第1巻:2010年6月23日発売。 アニメDVD第2巻:2010年10月23日発売。 OVA:2011年2月25日発売。 スタッフ [ ]• 原作 - 水波風南• 監督・絵コンテ・演出 -• キャラクターデザイン・作画監督 -• 美術監督 - 竹田悠介• 色彩設計 -• 撮影監督 - 沖田純美• 編集 -• 音楽 - 杉本優• プロデューサー - 山川恵一、根岸智也• アニメーション制作プロデューサー -• アニメーション制作 -• 制作 -• 「」「」が同時収録。 ムービーコミック [ ] 2011年10月31日より漫画に音声や特殊効果を加えたムービーコミックがにて配信された。 主題歌:『WAKE UP! ~オンナノコのチカラ~』 映画 [ ] 今日、恋をはじめます 監督 脚本 原作 出演者 音楽 撮影 編集 制作会社 製作会社 映画「今日、恋をはじめます」製作委員会 配給 公開 上映時間 121分 製作国 言語 興行収入 17. 7億円 公開。 主演は、。 テーマソングには、ら計12組のアーティストが参加する。 全国301スクリーンで公開され、2012年12月8・9日の初日2日間で興収2億2,532万3,000円、動員18万8,378人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった。 2013年5月24日にDVD・ブルーレイが発売され、2014年10月6日にはTBS系列にて 地上波で初めて放送された。 キャスト [ ] 主要人物については上述「」の節を参照。 菜奈:• 花野井:• 山内有砂:• 美咲:• 香奈:• クラス担任:• 神崎京香:• 日比野庄一郎:• 日比野節子:• 椿圭汰:• 市倉深歩: スタッフ [ ]• 原作:• 監督:• エグゼクティブプロデューサー:田代秀樹• プロデューサー:武田吉孝、幾野明子、渡邉義行• 脚本:• 企画プロデュース:、• 撮影:• 美術:丸尾知行• 美術:小林亜紀• 装飾:藤田徹• 録音:• 編集:張本征治• 音楽プロデューサー:溝口大悟• 助監督:菊地健雄• ラインプロデューサー:• 音楽:• 制作プロダクション:• 配給:• 「エクレア」• 「ぼくの」• 「ダイヤモンド」• 「きみに、なりたい」• 「初恋」• 「ながいまばたき」• 「弱虫さん」 受賞 [ ]• 新人俳優賞(武井咲、松坂桃李)• 第24回• 新人男優賞(青柳翔)• 新人女優賞(武井咲)• 編集賞(張本征治)• 第22回• 新人女優賞(武井咲)• 第38回• 新人賞(木村文乃) 脚注 [ ] []• (2012年4月16日閲覧)• (2011年11月19日閲覧)• (2010年7月5日閲覧)• (2010年11月22日閲覧)• (2010年11月22日閲覧)• 「今日、恋をはじめます」公式Twitter 2011年10月31日. 2016年3月28日閲覧。 2013年1月28日. 2013年1月28日閲覧。 リッスンジャパン 2012年8月7日. 2012年8月13日閲覧。 シネマトゥデイ 2012年12月11日• TBSテレビ 2014年10月14日閲覧 外部リンク [ ]• オフィシャルサイト終了• - (英語).

次の

back numberの新曲が映画『今日、恋をはじめます』のテーマソングに決定!!

今日恋をはじめます

山野美容芸術短期大学• 逗子市立池子小学校• 桜丘中学・高校• 文教大学付属中学・高校• 駒沢大学高校• 首都大学東京• 西武園ゆうえんち• 横浜県立循環器呼吸センター• ㈱ルクレ• 松村写真館• 足利市産業観光部• 東京ミッドタウンスケートリンク• shibuya publishing & booksellers. llc• ホテルイースト21• はまぎん こども宇宙科学館• 逗子フィルムコミッション• ビジネスパーク• ふちゅうロケーションサービス• 栃木県フィルムコミッション• 小柳不動産• シークリフヴィラ森• 下田市役所• 下田市田牛観光協会• 横浜フィルムコミッション• 下田ビューホテル• FLEX• 筑摩書房• 草思社• ㈱培風館• ニッシンドーム• 東京大学地文研究会天文部• グリー㈱• JTC吹奏楽団• ㈱ポニープラン• クラウンZEN• クラウンリオ• 大道芸人アスカ• 大東文化大学アメリカンフットボール部 ワイルドボアーズ• 東京外語大学アメリカンフットボール部 PHANTOMS• 串間市• 志布志湾大黒リゾートホテル• 志布志湾大黒イルカランド• 都井岬• 串間市観光協会• 都井岬牧組合• 古屋建設• ㈲大洋建設• 串間市青年団協議会• ㈲ほりぐちスーパー• くしま市民活動交流センターバナップ• NPO法人くしま商道芸人.

次の

映画「今日、恋をはじめます」テーマ曲【mysound】

今日恋をはじめます

12人の方が「参考になった」と投票しています。 微妙 ネタバレありのレビューです。 無料の33話まで読みました。 なんでこの漫画がレビュー高評価なのかわかりません。 つばきちゃん、地味でダサくて自分に自信が無いわりに髪の毛切ったりぶっ飛んだ行動する子で微妙。 京汰くんは自分に辛い過去があるからって平気で女の子を傷つける自己中最低男。 その辛い過去がずっと京汰くんにつきまとって壮大なトラウマになっていたはずなのにつばきちゃんに「前に進みたいからはっきり振ってほしい」と言われただけで「つばきなら信じられるかも」とかなんとか言ってあっさり両思いになっちゃってるし。 めちゃくちゃ簡単にトラウマから解放されてて、は?って思いました。 そこはもっとゆっくりじっくり京汰くんの心の中につばきちゃんが入ってって二人の絆を魅せるストーリーが欲しかった。 あっさり過ぎてそこまでトラウマじゃなかったんじゃないの?って思っしまいます。 あと、つばきちゃんが11月の遊園地デートで素足にミュールは引きました。 いくらオシャレに無関心でもそれはナイ。 ここまでくるとうざいです。 9人の方が「参考になった」と投票しています。 読破後心に刻まれるような愛 ネタバレありのレビューです。 高校入学したばかりの地味で真面目ながり勉主人公昭和漂うヒロインつばきが椿くんというイケメンで皆から人気者とのいさかいからクラスで孤立、しかも、椿君から思わせ振りなゲームを仕掛けられ、本気になったところをあっさり捨てられてしまいます。 それには理由があり、椿君を諦めたくないつばきは今までの自分とは考えられない行動にでて、椿君の心を掴んでいきます。 やがてお互いが、かけがえの無い存在にと、なるのは王道ストーリーなのですが、 そこに至るまでの出来事やアクシデント、絵のうまさや表現の細かさに作者の力量をガツンと感じます。 最後の方は距離を置くことになった二人に少し切ない展開になるのですが、再び取り戻していくことに、ためらいの無い信頼を観てとれ、感動しました。 邪道目線では、つばきと椿君はやれんのかやれないんのか? 椿君の試練はむくわれるのか?がもうひとつのサブテーマかなぁ?• 3人の方が「参考になった」と投票しています。 椿くんは一見、単なるオレ様でチャラ男かと思ったら、常に学年一の学力をキープしつつ、人を惹きつける魅力もあって、相手のことをしっかり理解してて実は思いやりが凄くあって大人っぽい。 一方つばきは、見た目も昭和であれば考え方もお固く古風。 そして箱入り娘のように今時のことはあまり知らなくて、人と接することがちょっと上手くなくて、でも真っ直ぐでピュア。 10代が一度は経験したことのある親や友達に関する悩み、彼氏彼女、勉強との両立、友情、思いやり、愛情、嫉妬、性、駆け引き、夢、将来、そういうのがギュッと詰まってて等身大で現実的なペースで進んでいきます。 凄くいい。

次の