進 研 ゼミ 赤 ペン 先生。 進研ゼミ チャレンジランド:進研ゼミ@赤ペン先生

教えてください!!進研ゼミなどの赤ペン先生になるのは難しいのでしょ...

進 研 ゼミ 赤 ペン 先生

進研ゼミの小学生講座では、3年生からの中学年になると、高学年の学習につながる概念や基本技能を、確実に身につけられるようにします。 そのひとつとして、筋道の通った文章を書くための作文指導がスタートします。 赤ペン先生のチェックポイントでその月の目標を確認することができ、また、目標を達成する文が書けたのかが、一目でわかります。 その月の目標がクリアできている場合には、「書く力バッチリ!」マークが記入されます。 文章を書く力に自信をもってもらうための工夫だそうです。 子供たちの表現に合わせた赤ペン先生のアドバイスで、どう書けばよかったのかを、自分自身で確認することができます。 論理的に表現する力をつけることをゴールに、3年生から6年生までの4年間、学年ごとの発達段階に合わせた「ゼミ」独自のカリキュラムで作文の書き方を学ぶことができます。 作文が苦手な子供が多い中、このようなシステムで、文章がきちんと書ける子供が増えると良いですよね! 進研ゼミの赤ペン先生って、どんな仕組みになっているのだろうと興味があったので調べてみました。 赤ペン先生にはグループ制があります。 ・答案の受け渡し…添削指導した答案を納品し、新しい答案を受け取る。 ・会社からの連絡事項の確認や情報共有をする。 赤ペン先生の募集も良く見られますが、模擬試験に合格しないと赤ペン先生になることはできないそうです。 在宅でやりがいのある仕事をしたいと思う人には最適の仕事ではないでしょうか。 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミ 赤ペン先生は在宅でできるやりがいのある仕事だと考えます。 昔、赤ペン先生に添削してもらっていた「赤ペン生徒歴」があるので、ぜひ赤ペン先生になってみたいと思い、資格に関して調べてみました。 それに加え、自宅に応募条件を満たすパソコンがあること。 パソコンのOSがWindowsで、かつ、バージョンがWindows2000,WindowsXP,WindowsVistaであることが条件だそうです。 自宅でインターネットに接続でき、通信環境が応募条件を満たしていること。 常時接続のインターネット回線が利用できる(光ファイバー、ADSL、CATVなど) パソコンを持っている人ということでは、このような条件は普通なので決して難しい条件ではないということがわかってよかったです。 この条件を満たしていることが前提で、試験、面接を受けるわけです。 字がきれいなことも選考には大事なポイントだということです。 進研ゼミ@赤ペン先生 ベネッセコーポレーションの通信教育教材、「 進研ゼミ」における、添削指導員のことを「 赤ペン先生」と呼びます。 「赤ペン先生」は登録商標です。 「進研ゼミ」では小学講座・中学講座・高校講座それぞれのテキストに、受講科目のペーパーテストが綴じ込まれており、それを解いて返送すると、赤ペン先生が丁寧に答案を採点し、答案の出来具合に合わせた勉強アドバイスなどを赤ペンで記入して送ってくれます。 「小学講座」の赤ペン先生だけは担任制を採っており、1年間は基本的にそれぞれひとりの先生が担当してくれます。 添削の内容だけでなく、自分が書いたコメントに赤ペン先生が返事をしてくれるフリーコメントも楽しみのひとつです。 先生をわざと困らせるコメントを考えるのが流行した時期もあったような気がします。 ちなみに同様の添削制度は「こどもちゃれんじ」にも存在し、「あったかおてがみ」に絵などを描いて送ると「あったかせんせい」から返事がもらえるそうです。 残念ながら、しまじろうあてにお手紙を出しても返事は来ないそうです(笑) 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミといえば、何といっても 赤ペン先生。 昔から「赤ペン先生」の名前で有名ですよね。 毎月子供たちが送る模擬テストを採点・指導して送り返してくれる先生なのです。 超難関の試験を突破した人だけがなれる、ベネッセの資産とも言える赤ペン先生は、その数18000人にものぼるそうです。 ベネッセ社員の9倍にも上ります。 毎回違う赤ペン先生がその都度対応するのではなく、生徒1人に対し1年間の担任制をとっています。 何人の生徒を担当しているかは赤ペン先生のトップシークレットだとか! ここで、ちょっとだけ採点を見せてもらうと…赤ペン先生専用の万年筆を使っていました。 字の美しさも、赤ペン先生の売りの一つなのだそうです。 的確なアドバイスは当たり前のことで、「もう一息だね!」などといった、最後に書き加える一言が重要なんだそうです。 赤ペン先生になるためには模擬試験もあり、応対が優しい人を採用しているということで、誰もがなれるものではなく、とても狭き門だそうですよね。 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミの中学講座・チャレンジネットは中学講座会員なら追加料金なしで誰でも利用できるサービスです。 インターネットから会員番号でログインするだけで、様々なサービスが受けられます。 自分オリジナルのページ:Myページからは毎週のスケジュールや最新アドバイスが表示されます。 自分の努力賞ポイントや次の添削問題の提出目標日なども確認できます。 また、赤ペン先生の添削指導の状況やネットからの返却答案もこのMyページから見ることができます。 その他にも、学習スケジュールを自動で作成することができたり、受験・進路サポートページでは入試に関する最新情報や志望高校の情報もチェックすることができます。 また、志望高校に通っている先輩のレポートも見ることができます。 投稿コーナーなどでは全国の進研ゼミの仲間との交流も図れるので嬉しいですよね!追加料金なしの無料なので、ぜひ利用したいシステムですよね! 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミ小学講座の教材は、子どもの成長に合わせて体系的に学習していくステップアップ・カリキュラムとして、6学年一貫した指導計画になっています。 子どもが「家庭で」「自分で」勉強する態度と方法を身につけながら、教科書を入り口に、学習単元ごとの「本質」をとらえ、中学、高校での学習へつなげられるよう系統立てて指導しています。 やる気をひきだし、学習習慣をつけることを目指しているのです! 毎日無理なく楽しく学習できる分量で構成されたメインテキスト「チャレンジ1〜6年生」は数百タイプの中から自分が使用している教科書にあわせたものが送られてきます。 添削課題「赤ペン先生の問題」では担任の赤ペン先生が一人ひとりの子どもに合わせた指導でやる気をひきだし、つまずきをなくしていくような指導をしてくれます。 加えて、添削課題にとりくむためのやる気を高める「努力賞」、やる気が低下している場合に、赤ペン先生がはげましのお手紙をお送りする「がんばれレター」などの制度があります。 子供は、褒められたり、励まされたりしながら、育っていくものですものね! 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミ(しんけんゼミ)中学講座はベネッセコーポレーションが行っている中学生向けの通信教育講座のことです。 毎月自宅に送られてくる教材の問題を解いて、それを郵送かファックス、パソコンのいずれかで送り返すと、その答案を赤ペン先生という添削指導員が採点、間違いに対するアドバイスなどを書いて送り返してくる添削式の学習方法です。 受講生は送り返されてきた赤ペン先生の丁寧なアドバイスを見て理解することで、自分がどこで、どう間違えたのか、を納得することが出来ます。 それによって自分の力で考えることが出来るようになり学力アップに繋がるのが進研ゼミ中学講座の良いところです。 チャレンジネットというパソコン上の、自分専用ページで自分専用のアドバイスや学習スケジュールがもらえるのも人気の秘密です。 一対一で指導を受けている感覚がいいのでしょうね。 チャレンジというメインの教材の他にも、勉強だけではなく部活などを含めた生活に役立つサポートや、色々なことを個別に質問できる質問カードによって自分専用のアドバイスが届くシステムも嬉しいですよね。 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミ中学講座とはベネッセコーポレーションが行っている中学生向けの添削式の通信教育です。 毎月自宅に教材が郵送されてくるのでその問題を解きいて返信用封筒に入れて返送するか、ファックスやパソコンで回答が送ります。 その返送された解答用紙を「赤ペン先生」という添削担当者が採点し、間違いに対するアドバイスを赤色のペンで記入して受講生に再度送り返してくれます。 自分がどういう間違いの傾向があるのかなどをそこで理解します。 この積み重ねによって一人で考える力が付き、成績がグングン上がっていくのが進研ゼミ中学講座の特徴です。 さらに チャレンジネットというコーナーがあり、会員はだれでも利用することができます。 チャレンジネットは、パソコン上に自分専用ページを持ち、自分だけの学習スケジュールを作ったり、アドバイスをもらえるというシステムになっていてとても便利です。 チャレンジというメインの教材の他にも中学生活全般に役立つサポートや、質問カードという個別のアドバイスがもらえるシステムも進研ゼミ中学講座の良いところです。 また努力賞制度というものがあって、課題を提出することで与えられるポイントに応じて賞品がもらえるシステムは、自発的な学習を促し成績アップに繋がるようなシステムになっていて、すばらしいと考えます。 進研ゼミ@赤ペン先生 進研ゼミ(しんけんゼミ)とは、ベネッセコーポレーションが行っている小学生・中学生・高校生向けの添削式の通信教育です。 1969年、高校生向けの通信教育講座「通信教育セミナ」が開講し、小学生向けに「進研ゼミ 小学講座」が生まれたのが1980年。 「チャレンジ」の愛称とともに全国の小学生のやる気をひきだす教材として親しまれていますよね。 2006年4月現在、国内はもちろん、海外も合わせて161万人の小学生が利用しているそうですよね!これは小学生の約5人にひとりの割合に相当するらしいです。 世間には多種多様な塾、個別指導、添削指導、公文式などの学習方法がありますが、5人にひとりの割合に相当するというのは、画期的な数字ですよね。 それだけ、評判がいい、ということにもつながると考えます。 塾に行くよりも、自宅での添削指導。 自宅での添削指導ということになると、毎日机に向かう時間ができるわけで、 机に向かうことを、習慣づけるのにはとてもいい勉強方法ですよね!進研ゼミというと、堅い印象を受けてしまいますが、赤ペン先生の愛称で親しまれているのも良いですよね!.

次の

教えてください!!進研ゼミなどの赤ペン先生になるのは難しいのでしょ...

進 研 ゼミ 赤 ペン 先生

小学生利用者数No. 1の「進研ゼミ小学講座」。 教科書別・個人別のわかりやすい教材で、子どもの学習意欲を引き出します。 また、従来の冊子型教材コースの他に、タブレットコースを選べます。 タブレットの導入は無料で、「赤ペン先生」も利用できます。 進研ゼミは長年、通信教材の最大手として、人気トップを維持してきました。 タブレット教材を始め、さまざまな通信教材が登場している今でも、その人気は不動のものとなっています。 なぜ現在でもトップクラスの利用者数・評判を得ているのかというと、進研ゼミならではの特徴は残しつつ、常に革新的なサービスを展開しているからです。 特に最近では、紙テキストで学ぶ「オリジナルコース」だけでなく、進研ゼミオリジナルのタブレット教材と紙で学習する「チャレンジタッチ」が高い人気を誇っています。 この記事では、 近年の進研ゼミの特徴、評判が良い点について詳しくご紹介します。 通信教材を探すときにはまず選択肢になるものなので、この記事で詳細を知ったうえで、使う教材・塾を判断してみてくださいね! この記事の目次• 進研ゼミ小学講座の特徴と評判 「進研ゼミ小学講座」は、小学生を対象とした添削式通信教育です。 実績は圧倒的 「進研ゼミ」は、ベネッセコーポレーションによって1973年に開講して以来、1980年に「進研ゼミ小学講座」を開講するなど対象を広げ続け、評判の高さもあって現在では通信教育業界での売上げ1位となっています。 「小学講座」単体で見ても、2016年度の売上高が554億もあり、これは同じ通信教育業界のZ会(増進会出版社)が190億円であるのを考えるととてつもない数字です。 小学講座は数ある通信教材でもトップクラスの利用者数 2016年4月時点の会員数115万人、同年の延べ在籍数1,276万人の進研ゼミ小学講座。 では、それほど多くの受講者を抱える理由は何なのでしょうか。 最大の特徴「自ら学び続ける力」を養う仕組み 進研ゼミは、子どもの学習意欲を向上しやる気を引き出すことに力を入れています。 勉強自体が楽しいものであると気づかせ、人として肝心な「自ら学び続ける力」を育む工夫をしています。 進研ゼミ小学講座は、あなただけにカスタマイズされた教材 学年ごとに共通する教材ではなく、所属する小学校や地域、受講者の理解度に合わせてて数千種類を超える教材から個人向けにカスタマイズされたものが届きます。 Z会・ポピーなど、人気教材との違い 同じ通信教育業界に「Z会」がありますが、こちらはすでにある程度は学力や自主学習の力が備わった子ども向きです。 中学受験を考慮に入れ、難しい問題を沢山解きたいという子どもには最適だと言えるでしょう。 対して「進研ゼミ小学講座」には解説が多く、その内容も小学生にわかりやすく工夫されており、一人でも十分に理解して進めていくことができます。 もしメイン教材だけでは簡単すぎて足りないという場合には、豊富に用意されたオプション教材を導入すれば事足ります。 また、イラストが多く使用され、他社の通信教育「ポピー」が文章主体であるのに対し、見た目も賑やかで興味を損なわない仕組みになっています。 塾に近い仕組み「赤ペン先生」 そして、それでもまだわからないことがあるというお子様のために、「赤ペン先生」というシステムがあります。 「赤ペン先生」という名は知名度が高く、ご存じの方も多いのではないでしょうか。 実際のところはどういうシステムなのか、今一度確認してみましょう。 進研ゼミ小学講座には毎月「テスト」が収録されており、これに解答して進研ゼミに送付(無料)すると、3日程度で採点されて返ってきます。 その際に赤ペンで手書きの採点・添削が入るのですが、これが赤ペン先生というシステムです。 単にマルやバツが付いた答案が返ってくるのではなく、「ここはこうしたほうがいいよ」というアドバイスや、具体的な指導が手書きで記入されています。 間違えた問題と似た問題を出題してくれたりもします。 もちろん、わからないことがあれば個別に質問すれば丁寧に答えてくれます。 進研ゼミ小学講座の赤ペン先生は担任制が評判 ちなみに赤ペン先生は個別担任制で、一年間同じ先生が採点してくれます。 毎回同じ先生がコメントをしてくれるため、親しみがわくのか「手紙のやりとりをしているみたい」と子どもからも評判です。 学びをより深める体験型教材 300倍ズーム可能な顕微鏡、月が20倍の大きさで見られる天体望遠鏡など、子どもの知的好奇心をくすぐる体験型教材があることも特長です。 他にも虫や植物を拡大して見るのに適したスコープがあり、これを通してそれらを見ることで、昆虫の脚が6本あることや、葉には葉脈があるということを確認します。 そのように見て・触れて体験することで、身近なものと単元のつながりを発見し、学習への興味や意欲が広がります。 進研ゼミは付録やおもちゃが多いからと言って嫌う方もいますが、実は最近の進研ゼミ小学講座の付録はかなり学習に関連しているものばかりです。 普段の勉強と日常の生活を結びつけることによって、学習意欲を高める効果があるので、非常に評判がよくなっています。 選べる3つの学習スタイル 進研ゼミ小学講座は、お子様の好みや目的に合わせ、学習スタイルを2種類から選択することができます。 スタイルを変更することはいつでも可能です。 オリジナルスタイル 従来の冊子型教材で勉強をする、今まで通りの学習スタイルです。 一人で学習する習慣がついている子どもにオススメのスタイルです。 子どもの学習を見守ったり、一緒に進めるのにも適しています。 大好評のタブレット「チャレンジタッチ」 2014年にスタートしたばかりの、タブレットを利用した学習スタイルです。 始まったばかりにも関わらず評判がよく、なんと2017年2月には延べ利用者数100万人突破しました。 まだ一人できちんと学習できるかが不安で、まずは学習に取り組む習慣をつけてほしいという場合にオススメです。 デジタル教材ならではの、学習意欲を向上させる仕組みが沢山組まれています。 そうでなくても今はやりの「デジタル学習」に興味があって、動画や音声での学習を経験させてあげたい場合にもオススメです。 また、保護者の方が受講状況を確認することができ、子どもの学習の様子をみる時間があまりないという方にも適しています。 内容も冊子型教材に引けを取りません。 ちゃんと教科書準拠かつ個別の理解度に対応したものとなっています。 さらにデジタル教材でありながら「赤ペン先生」を利用できるのも嬉しいところ。 タブレットは別料金なしで送付されますし、途中で退会してもタブレット代はかかりません。 同様のサービスである「スマイルゼミ」は入会時にタブレット代9,980円、6ヶ月未満で退会した場合27,000円かかるのを考えると良心的であると言えます。 詳細は下の記事で確認してみてくださいね! *冊子型教材とデジタル教材どちらも利用できる「ハイブリットコース」は、サービスを終了しているので注意してください(2018年5月現在) 進研ゼミ小学講座の受講費 進研ゼミ小学講座は、入会金が無いのが評判です。 全体的に学習塾や教室に通わせるよりも手頃な価格設定になっています。 また、毎月払いと一括払い 6か月分、12か月分 を選ぶことができ、一括払いはかなり割安になります。 しかも一括払い済みで途中退会した場合も、残金は返却されます。 以下、学習スタイルと学年ごとの受講費の一覧になります。 無料体験教材あり ホームページから無料体験教材と資料を申込むことができます。 小学生利用者数ナンバーワン教材の実力を試してみたいという方は、無料なので気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。 まとめ: 通信教育業界トップのベネッセが送る「進研ゼミ小学講座」。 今ならお子様の状況に合わせてタブレットを使った学習スタイルを選べます。 自主学習がある程度できるなら「オリジナルスタイル」。 できるようにさせたいなら「チャレンジタッチ」。 紙教材とタブレットを自由に選べる• すべてのコースで一人一人に合わせた「学校の教科書に合わせたテキスト」が使われる といった特徴は、進研ゼミならではのものです。 これらの特徴は他社教材にはない、進研ゼミ小学講座ならではのものです。 昔から人気の付録や子供の興味を引き付けるテキストだけでなく、革新的なサービスが豊富なのが現在の進研ゼミの特徴です。 無料体験教材で中身を確認してみよう 現在の進研ゼミは詳しい教材の中身や年間スケジュールを記載した無料体験教材を配布中です。 体験教材は公式サイトから無料で頼めるので、まずはそちらを確認してから判断することをお勧めします! 体験教材を実際に使ってみてを見てお子様が興味を示すかどうか、実際の教材の雰囲気を確認してみてくださいね! 忙しい親御さんは、スマイルゼミ の方が絶対に良い 進研ゼミも非常におすすめの通信教材ですが、遊び要素も強いため、ある程度「親御さんの監視力」が重要になって来ます。 逆に言うとお子様が一人で学べるような作りになっていないため、「お子様をある程度見ていられる」という余裕のある親御さんでない限り、不向きとなります。 本気で自発的に学習する習慣をつけたい• 忙しくてつきっきりで教える時間はない という方は、• 「自動で学習計画をたて、その日にやるべき内容を表示してくれる」• 「採点〜解説まで自動で行ってくれる」 という優れた特徴を持つスマイルゼミ の方が断然おすすめです。 スマイルゼミ 小学生コースは進研ゼミを含む全ての学習教材の中で、小学生向け教材No. 1の実績があり、最重要な教材です。 他社と違い、「学校での成績」「受験」「内申点」の3つにコミットした内容で、 使うかどうか別として、ご存知がない親御さんは絶対に知っておくべき教材です。 スマイルゼミ について詳しく知りたい方は、下記の記事で徹底的に解説していますので、チャレンジタッチを使う前に一度チェックしてみることをお勧めします! 通信教材や学習塾は、各ご家庭の忙しさと、性格などを考慮した上で選ばないと、「お金だけ払って全く意味がない」…という状況になりがちです。 どちらがあなたの時間、お子様の性格などと合っているかを考えた上で、最適な教材を選んでくださいね。 \ SNSでシェアしよう! / 教育Q|目標達成のための学習塾・教材選びのお役立ち情報の 注目記事を受け取ろう•

次の

進研ゼミ小学講座

進 研 ゼミ 赤 ペン 先生

知り合いがやってますよ。 けっこうというか、かなり大変そうです。 担当者的にきちんと生徒がつくので、抱えてる生徒には決まった曜日決まった時間に電話してわからないところに答えたり(このとき親が電話にでるので、色々大変らしい) 試験のほうはNo. 1の方がおっしゃってたようなものにプラス、この週一?の電話があるので、電話でのテストがあるみたいです。 文字の美しさや丁寧さ等もあって、かなり気を使うようです。 もちろんクレームがきたら、本部から指導もあるようですし、夏休みといえどものほほんとは休めないですしね。 家庭でする仕事ですから、家にFAXが必要であったり、電話代がいったりとかするのではないでしょうか?? FAXは壊れたら即日買わないと駄目といって買っていたので必要まちがいなし。 時給ではなく出来高だとおもいます。 内職といえば内職でしょうけど、それなりに大変みたいですよ。 一応、ちゃんと試験もあるし、なりたきゃなれる職ではなさそうです。 ちなみに知り合いは元教員でした。 A ベストアンサー 小学講座ではなく、高校講座の経験者です。 高校と言っても、1年生の答案と受験生向けの答案では難度もかなり違い、当然単価も異なってきます。 また、指導員(赤ペン先生のこと)には級があって、自分が何級かによって同じ答案でも単価が変わってきます。 もうずいぶん前なので記憶もあいまいなのですが、一番安い答案で@500円程、一番高い答案で@1000円は超えていたと思います。 ただ、安い答案は数をこなせます。 高い答案は1枚にかなり時間を取られます。 繁忙期(夏・冬休み)には答案が増えるので、自分の希望枚数にさらに上乗せして依頼されることも多々ありました。 納期は絶対厳守ですので、予定通りに仕事を進めなくてはいけません。 予定外の出来事があれば(例えばお子さんの病気とか)、納期前日まで徹夜することになると思います。 私は大学時代にやっていましたが、他のバイトとかけもちしていたこともあり、とても大変でした。 卒業時に辞めましたが、もう二度とやらない、と心に誓ったのを覚えています。 主婦の指導員の方も多かったように覚えていますが、わりとお年が上の方ばかりだったような・・・。 小学講座とはまた事情も違うかと思いますが、雰囲気だけでもお伝えできればと回答させていただきました。 あまり参考にならなくてすみません。 小学講座ではなく、高校講座の経験者です。 高校と言っても、1年生の答案と受験生向けの答案では難度もかなり違い、当然単価も異なってきます。 また、指導員(赤ペン先生のこと)には級があって、自分が何級かによって同じ答案でも単価が変わってきます。 もうずいぶん前なので記憶もあいまいなのですが、一番安い答案で@500円程、一番高い答案で@1000円は超えていたと思います。 ただ、安い答案は数をこなせます。 高い答案は1枚にかなり時間を取られます。 繁忙期(夏・冬休み)には答案...

次の