地震 速報 新潟。 新潟地震

新潟県の地震(津波)災害

地震 速報 新潟

概要 発生日 1964(昭和39)年6月16日 発生時刻 13時01分40. 7秒 震央 38゜22. 2'N 139゜12. 7'E 深さ 34km 震央地名 新潟県下越沖 規模 M7. 5,震度:5 津波 あり、震後15分~日本海沿岸に襲来 波高:4. 死者:26人、傷者:447人• 全壊:1,960棟、半壊6,640棟• 新潟市では、石油タンクの火災、鉄筋コンクリート、建物の液状化被害が発生した。 新潟地震強震波形 揺れによる被害 陸上競技場内の液状化被害 場 所 : 新潟県新潟市中央区 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月17日 バス会社車庫の浸水被害 場 所 : 新潟県新潟市下所島 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月17日17時30分 昭和大橋の落橋被害 場 所 : 新潟県新潟市中央区 昭和大橋 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月17日13時 場 所 : 新潟県新潟市中央区 昭和大橋 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日13時頃 昭和大橋の取り付け部分の被害 場 所 : 新潟県新潟市中央区 昭和大橋 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日 昭和大橋の取り付け部分の現況 場 所 : 新潟県新潟市中央区 昭和大橋 撮 影 : 防災科学技術研究所 撮影日 :2011年9月15日 昭和大橋の路面の地割れ 場 所 : 新潟県新潟市中央区 昭和大橋 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日 白山駅周辺の線路の陥没 場 所 : 新潟県新潟市 白山駅付近 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日 昭和石油K. K 石油タンクの火災 右側の煙の中の白い点は火災の炎 場 所 : 新潟県新潟市 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月17日13時ごろ 信濃川の両岸津波と沈下による浸水 万代橋たもとの付近 場 所 : 新潟県新潟市 万代橋 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月17日18時 液状化現象 新潟地震は、液状化現象による被害が特徴的でした。 当時は、噴砂水(宇佐美他,2013)や流砂現象、クイックサンド(水谷,2014)などの表現が使われていました。 ここでは、新潟地震の液状化被害の代表例として紹介されることの多い県営アパート(新潟市川岸町)の液状化被害の様子を写した空中写真、スナップ写真を紹介します。 新潟市川岸町付近のオルソ画像 ピンク枠が県営アパートの敷地です。 枠の中央の建物が傾斜し、建物の側面が見えています。 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年7月21日 液状化による鉄筋コンクリート建造物の転倒 場 所 : 新潟県新潟市川岸町 県営アパート 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日12時頃 建物の底部を見ると、地盤に深く打ち込んだ杭が存在せず、壁式鉄筋コンクリート造の布基礎であることが分かります。 アパートの窓から荷物を運び出す様子 場 所 : 新潟県新潟市川岸町 県営アパート 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日12時頃 液状化現象による被害は、容積が大きな建築物や構造物が影響を受けやすいと言われます(防災科学技術研究所,2014)。 新潟地震においても鉄筋コンクリート造の建物が液状化現象による被害を受けました。 川岸町 県営アパートの傾動 場 所 : 新潟県新潟市川岸町 県営アパート 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日12時頃 なお、新潟市で液状化現象の被害を受けた鉄筋コンクリートの建物のうち、3分の2 が上部構造(建物そのもの)については被害が見られませんでした(宇佐美他,2013)。 つまり、主たる被害は建物の立地する地盤の液状化による、建物の傾動です。 参考文献• 相田勇・梶浦欣二郎・羽鳥徳太郎・桃井高夫(1964):,東京大学地震研究所研究速報,8,58-62.• 土木学会新潟震災調査委員会(1966):「昭和39年新潟地震震害調査報告」,土木学会,p13.• 気象庁(2014):(最終閲覧日:2014. 4).• 1964年新潟地震液状化災害ビデオ・写真集編集委員会(2004):「1964年新潟地震液状化災害ビデオ・写真集 CD-ROM 」,地盤工学会.• 宇佐美龍夫・石井寿・今村隆正・武村雅之・松浦律子(2013):「日本被害地震総覧 599-2012」,東京大学出版会,394-400..

次の

新潟県で震度6強・山形県で震度6弱を記録する地震発生

地震 速報 新潟

概要 発生日 1964(昭和39)年6月16日 発生時刻 13時01分40. 7秒 震央 38゜22. 2'N 139゜12. 7'E 深さ 34km 震央地名 新潟県下越沖 規模 M7. 5,震度:5 津波 あり、震後15分~日本海沿岸に襲来 波高:4. 死者:26人、傷者:447人• 全壊:1,960棟、半壊6,640棟• 新潟市では、石油タンクの火災、鉄筋コンクリート、建物の液状化被害が発生した。 新潟地震強震波形 揺れによる被害 陸上競技場内の液状化被害 場 所 : 新潟県新潟市中央区 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月17日 バス会社車庫の浸水被害 場 所 : 新潟県新潟市下所島 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月17日17時30分 昭和大橋の落橋被害 場 所 : 新潟県新潟市中央区 昭和大橋 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月17日13時 場 所 : 新潟県新潟市中央区 昭和大橋 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日13時頃 昭和大橋の取り付け部分の被害 場 所 : 新潟県新潟市中央区 昭和大橋 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日 昭和大橋の取り付け部分の現況 場 所 : 新潟県新潟市中央区 昭和大橋 撮 影 : 防災科学技術研究所 撮影日 :2011年9月15日 昭和大橋の路面の地割れ 場 所 : 新潟県新潟市中央区 昭和大橋 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日 白山駅周辺の線路の陥没 場 所 : 新潟県新潟市 白山駅付近 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日 昭和石油K. K 石油タンクの火災 右側の煙の中の白い点は火災の炎 場 所 : 新潟県新潟市 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月17日13時ごろ 信濃川の両岸津波と沈下による浸水 万代橋たもとの付近 場 所 : 新潟県新潟市 万代橋 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月17日18時 液状化現象 新潟地震は、液状化現象による被害が特徴的でした。 当時は、噴砂水(宇佐美他,2013)や流砂現象、クイックサンド(水谷,2014)などの表現が使われていました。 ここでは、新潟地震の液状化被害の代表例として紹介されることの多い県営アパート(新潟市川岸町)の液状化被害の様子を写した空中写真、スナップ写真を紹介します。 新潟市川岸町付近のオルソ画像 ピンク枠が県営アパートの敷地です。 枠の中央の建物が傾斜し、建物の側面が見えています。 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年7月21日 液状化による鉄筋コンクリート建造物の転倒 場 所 : 新潟県新潟市川岸町 県営アパート 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日12時頃 建物の底部を見ると、地盤に深く打ち込んだ杭が存在せず、壁式鉄筋コンクリート造の布基礎であることが分かります。 アパートの窓から荷物を運び出す様子 場 所 : 新潟県新潟市川岸町 県営アパート 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日12時頃 液状化現象による被害は、容積が大きな建築物や構造物が影響を受けやすいと言われます(防災科学技術研究所,2014)。 新潟地震においても鉄筋コンクリート造の建物が液状化現象による被害を受けました。 川岸町 県営アパートの傾動 場 所 : 新潟県新潟市川岸町 県営アパート 撮 影 : 国立防災科学技術センター 撮影日 :1964年6月18日12時頃 なお、新潟市で液状化現象の被害を受けた鉄筋コンクリートの建物のうち、3分の2 が上部構造(建物そのもの)については被害が見られませんでした(宇佐美他,2013)。 つまり、主たる被害は建物の立地する地盤の液状化による、建物の傾動です。 参考文献• 相田勇・梶浦欣二郎・羽鳥徳太郎・桃井高夫(1964):,東京大学地震研究所研究速報,8,58-62.• 土木学会新潟震災調査委員会(1966):「昭和39年新潟地震震害調査報告」,土木学会,p13.• 気象庁(2014):(最終閲覧日:2014. 4).• 1964年新潟地震液状化災害ビデオ・写真集編集委員会(2004):「1964年新潟地震液状化災害ビデオ・写真集 CD-ROM 」,地盤工学会.• 宇佐美龍夫・石井寿・今村隆正・武村雅之・松浦律子(2013):「日本被害地震総覧 599-2012」,東京大学出版会,394-400..

次の

新潟県で震度6強・山形県で震度6弱を記録する地震発生

地震 速報 新潟

緊急速報メール(エリアメール)とは? 緊急速報メール(エリアメール)とは、災害などの緊急時において各携帯電話事業者のネットワークを介して、新潟市内の基地局エリアに存在する対応携帯電話に一斉にメール配信するサービスです。 新潟市にお住まいの方はもちろん、一時的にエリア内にいる市外からの通勤者・旅行者などへも情報提供されます。 新潟市全域または各区ごと(北区・東区・中央区・江南区・秋葉区・南区・西区・西蒲区)に配信することが可能です。 土砂災害などの局所的に発生する災害に関する情報は対象地域を限定してメール配信します。 従来のメールとは異なり、配信エリア内の全ての対応携帯電話へ一斉同報配信します。 なお、各区の境目周辺では隣接区の緊急速報メールを受信することがありますので、ご注意ください。 受信する上での注意点 緊急速報メール(エリアメール)を受信する上で、以下の注意点をご確認ください。 緊急速報メール(エリアメール)の受信にかかる通信料、情報料は無料です。 通信中、電源が入っていない場合、電波の届かない場所では受信できません。 緊急速報メール(エリアメール)非対応の携帯電話やサービス未実施事業者の携帯電話では利用できません。 (注意)• 緊急速報メール(エリアメール)で配信する情報は「にいがた防災メール」でも配信を行いますので、当課ホームページよりご登録のうえでご利用ください。 通信料は利用者負担となります。 (注意)対応機種及び受信設定方法などの詳細は、関連リンクよりNTTドコモ、KDDI、SoftBankの各社ホームページをご確認ください。 また、「AndroidTM 8. 1」向けの共通受信仕様が策定されたことにより、今後は、Androidを搭載するSIMフリー端末でもエリアメール・緊急速報メールの受信が順次可能となります。 詳しくは、関連リンクより「MVNO事業者が扱うAndroid端末における緊急速報メールの受信」をご確認ください。

次の