アウディ a7 カスタム。 A7スポーツバック(アウディ)の中古車

A7スポーツバック(アウディ)の中古車

アウディ a7 カスタム

Audi A7 Sportback 美しさと品格を併せ持つプレステージ4ドアクーペ Audiの最新のデザイン言語を纏う美しき4ドアクーペ、Audi A7 Sportback。 Audiが創造したSportbackという独自の車型は、スポーティネスとエレガンス、そして哲学を秘めて、Audiのデザイン言語を体現しています。 クラフトマンシップと美意識に貫かれた室内には、ボタンやスイッチを減らし、スクリーンにナビゲーション、車両のセッティング、インフォテインメントを集約した、デジタル時代にふさわしいユーザーインターフェイスを採用。 さらに、卓越した効率性のクリーンディーゼルエンジンTDIモデルも新たにラインアップしました。 圧倒的なパフォーマンスを存分に引き出せる、高度なドライバーアシスタンス機能も搭載しています。 日本仕様とは異なります。 あらかじめご了承ください。 詳しくはAudi正規ディーラーまでお問い合わせください。 VHost www. audi. jp Version 99. 0 Build 20200608051310 Frontend 99. 0 Rendertime 20200612063722 StaticVersion 20200608051310 Activated Scopes Context Scopes VHost www. audi. jp Version 99. 0 Build 20200608051310 Frontend 99. 0 Rendertime 20200612165710 StaticVersion 20200608051310 Activated Scopes Context Scopes• 販売店は販売価格を独自に定めていますのでお問い合わせください。 リサイクル料金が別途必要になります。 車両本体価格、オプション価格は変わる場合があります。 詳しい内容は、Audi正規ディーラーまでお問い合わせください。 またオプション装備を含むものもあります。 一部お取扱いのないディーラーもございますので、ご了承下さい。

次の

カタログ > Audi A7 Sportback > アウディジャパン

アウディ a7 カスタム

AUDI A5をカスタムして愉しむ大人たち。 上品に仕上げるアウディストを目指せ! 2018年04月2日• ノーマル状態でも充分に愉しむことができるAUDI A5をあえてカスタムしていくことで、自分色のA5へと変化させていく喜び。 これは一種の狂喜ともいえる感覚だろう。 という自動車メーカーが時間を掛けて造り出した作品は、美しく洗練された造形美・機能美・性能美である。 既に個体としてでき上がっているAUDI A5を自分好みに味付けしていくのだ。 この行為は快感ともいえるだろう。 今回はAUDI A5の中でも「3. 2FSI クワトロ」のカスタムについて見ていこう。 AUDI A5 3. 2FSI クアトロとは A5自体は既に新車販売は終了している絶版モデルとなったが、当時582〜784万円で販売されていた(右ハンドル 2ドアクーペ 6速オートマチックトランスミッション 4人乗車)コンフォートクーペだ。 現在手に入れようと思えば100万円前後からの取り引きがされている。 しかし、3. 2FSI クアトロは別格だ。 中古車市場でも200万円前後の取り引きとなる上、状態は極上のものが多い。 各部劣化は確かにあるが、これまでの歴史を鑑みることができる。 カスタムカーのベース車両としてはうってつけである。 高性能であり無理な走らせ方をされていないスポーツカー。 足回りを固めるだけでもそれなりにサーキット走行が可能だ。 しかし、それ以上を求めるのであればこれから紹介することを忘れてはならないだろう。 上品なカスタムが似合うのがアウディカスタム AUDIというブランドは伊達ではない。 たとえ中古車であっても安心と安全というキーワードがよく似合う自動車だ。 しっかりとしたホールド感が運転のしやすさを際立たせている。 若干ステアリングホイールの大きさが気になるところだが、パワーステアリングを活かすのであれば2サイズ程度小径化がオススメだ。 18インチのホイールサイズもベストサイズといえるだろう。 スポーツ走行をするのであれば車高調は外せないポイントだ。 エアロを組むよりもアンダーカバーや前後ディヒューザーなどで下部整流を重視したカスタムで他との差を図るのが大人の嗜みといったところではないだろうか。 ブレーキ容量アップによる確実なブレーキングは、「安全」を手に入れるために忘れてはならないカスタムポイントだ。 正に日本人のわびさびの世界観。 見えないところのオシャレを愉しむ自動車だ。 カーパレスタローズ 大人な雰囲気を醸し出すのが上手いAUDI専門店 質の良いAUDI A5を手に入れたのであれば「」へ足を向けるのが良いだろう。 AUDI専門店とはいうものの、ポルシェやVW、メルセデス・ベンツなどの欧州車も在庫している。 基本形態は中古車販売店だ。 通常の中古車販売店では、AUDI・VWの専用テスターを完備している信頼できる販売店は多くはないだろう。 購入後1年間の走行距離無制限での安心保証の付帯も、中古車購入の際に強い味方となってくれる。 ホームページ上で常に在庫状況を確認することができ、LINEでのやりとりができるのも先進的だ。 デモカーとして登場したAUDI A5 3. 2FSI クアトロは、パッと見ただけではノーマルなのではないかと感じるほど自然なものだ。 しかし、ツライチにされたタイヤハウスから車高調が組まれていることが分かる。 よく見ると心なしかサイドウォールも低いように感じる。 更に、フロントグリルにはS5グリルを配するという、とても静かでありながら確実な主張をするカスタムを得意としている。 専門店ならではのカスタムポイントをおさえたショップなのである。

次の

アウディをカスタムして乗る!!初代A7スポーツバック用パーツ特集

アウディ a7 カスタム

車種の特徴 2011年5月に日本デビューを飾った「A7スポーツバック」は、クーペの優雅さやワゴンの実用性を併せ持った高級5ドアハッチバックモデルで、アウディから販売されています。 この自動車は、「エネルギーリカバリーシステム」と呼ばれるシステムを搭載しており、走行中の過剰なエネルギーを充電し、加速時にそれを利用することでエンジンにかかる負担を軽減します。 プラットフォームには、MLBプラットフォームを採用し、同社の「A6」のC7系と共通のスチールモノコック構造の車体となっていますが、外板の大部分はアルミ製です。 なお、この車両には、FF車とクワトロシステムが採用された四輪駆動車が設定されていますが、日本市場においては、右ハンドルの四輪駆動車のみのラインナップとなっています。 2018年9月発売モデルのグレードについては、「55TFSIクワトロ Sライン」「55TFSIクワトロ デビューパッケージ」がラインナップされている他、ハイグレードな装備を搭載する2種類の特別仕様車「55TFSIクワトロ 1stエディション」「55TFSIクワトロ Sライン 1stエディション」も用意されています。 このモデルは、LEDライトが標準装備されており、オプションとしてアウディレーザーライト付HDマトリクスLED、HDマトリクスLEDヘッドライトの設定が可能です。 ボディカラーについては、「ミトスブラックメタリック」「グレイシアホワイトメタリック」などのバリエーションがあります。 グレードからA7スポーツバックの中古車を探す A7スポーツバック(アウディ)のクルマ情報(中古車両)をグレードから簡単に車両検索できます。 グレード名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 798〜 878万円 - - - - - - - 149〜 498万円 942万円 12. 9〜 598万円 - - - - - - - 238〜 480万円 732万円 13. 9〜 748万円 1058万円 12. 型式名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 149〜 498万円 914万円 11. 2〜 598万円 942万円 12.

次の