ゴーストダイブ ダイウォール。 【剣盾S6最終327位(レート2018)】エレザード入り前のめり蜻蛉ルチェン

ポケモン剣盾 S5使用 リザードン解説

ゴーストダイブ ダイウォール

ミミッキュの種族値 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 合計 55 90 80 50 105 96 476 ゴーストダイブミミッキュの型サンプル 特性 ばけのかわ 性格 ようき 持ち物 いのちのたま 努力値 A252,S252,H4 技 ゴーストダイブ かげうち じゃれつく つるぎのまい 基本的には、これまでシャドークローが入っていた枠にシャドーダイブが入ります。 ゴーストダイブミミッキュが増えている2つの理由 ゴーストダイブ搭載ミミッキュが増えてきている理由は主に下記の2つです。 例1)対面でミミッキュの素早さが相手より早い場合 ターン経過 敵の行動 ミミッキュの行動 1 ・ダイマックスする ・ダイマックス技で攻撃 ・ゴーストダイブで潜る ・ゴーストダイブで無効化 2 ・ダイマックス技で攻撃 ・ゴーストダイブで攻撃 ・ばけのかわで耐える 3 ・ダイマックス技で攻撃 ・ダイマックス終了 ・ゴーストダイブで潜る ・ゴーストダイブで無効化 4 ・通常技で攻撃or交換 ・ゴーストダイブで攻撃 ・ 攻撃を受ける このように、難なく3ターン以上稼ぐことができます。 また、3ターン目にミミッキュをダイマックスさせて「ダイウォール」を使えば、 その後はダイマックスの切れた相手ポケモンに対して、安全に切り返して行くこともできます。 例2)対面でミミッキュの素早さが相手より遅い場合 ターン経過 敵の行動 ミミッキュの行動 1 ・ダイマックスする ・ダイマックス技で攻撃 ・ばけのかわで耐える ・ゴーストダイブで潜る 2 ・ダイマックス技を攻撃 ・ゴーストダイブで無効化 ・ゴーストダイブで攻撃 3 ・ダイマックス技で攻撃 ・ダイマックス終了 ・かげうちで削る ・ 攻撃を受ける こちらのパターンでも最低3ターン稼ぐことができます。 3ターン目は、ミミッキュをダイマックスさせて「ダイウォール」から切り返したり、「かげうち」で削って裏のダイマックエースを死に出しするのもいいでしょう。 このように、ミミッキュ一匹で相手のダイマックスターンを枯らすことができるため、 その後はこちらのダイマックスを一方的に通すことができるようになります。 ダイホロウの威力が高い シャドークローよりも威力の高いゴーストダイブは、ミミッキュ自身のダイマックス時には完全な上位互換技となります。 元になる技(威力) ダイホロウの威力 ゴーストダイブ 90 130 シャドークロー 70 120 これにより、 シャドークローを元にした威力120のダイホロウを想定している敵に対して、手痛いダメージを与えることができます。 ゴーストダイブミミッキュまとめ 今作はダイマックスが強力なため、それに対するメタとなる「ゴーストダイブ」や「とびはねる」のような技の評価はどんどん高まっていくでしょう。 特に、.

次の

【ポケモン剣盾】ダイマックスの仕様や技の威力・効果を徹底解説!

ゴーストダイブ ダイウォール

はじめまして、さばcanといいます。 剣盾ではずっとトリルパを使用していたのですが、s6に面白い構築が完成したため、この構築を投稿しようと思いました。 そちらをレンタルしたい方はTwitter Ebiflyyyyyyyyyy のDMで連絡いただければレンタルパをお出しします。 質問や感想、アドバイス等がございましたら気軽にコメントしてください!• 一般的な略称を使用しています。 わからない場合はコメントしていただければ補足をしようと思います。 高耐久であり、トリルエースとしての性能だけでなく、対面性能も高くどんな役割でもこなしてくれました。 また、珠を持たせることでアッキは確1、DMH252を高乱数で倒すことができ、非常に環境に刺さっていたと思います。 と違い特殊技だけで飛行技、炎技、草技を打てる点を買い、採用した。 とんぼ返りは意識での搭載なうえにそもそもあまり選出しなかったので見栄えだけでA0にしてます。 広い技範囲と高耐久を活かして、初手で相手を大きく削ることができます。 また特性のおかげで、出し負けたとしてもにダメージを入れずに交代できたり、自身は生き残りながら後続のタスキをつぶさずにトリル展開のサポートができ、トリル下で倒しきれなかった敵にとどめをさせたりと非常に構築とかみ合っていると思いました。 後続に砂ダメージなどのスリップダメージが入る点だけ注意が必要。 パーティーコンセプト まず、第8世代の環境はトリルに対して逆風です。 というのも、ダイマックスを枯らすための身代わりや2ターン技 ゴーストダイブ等 、ダイウォールでトリルターンを消費させられてしまうためです。 その影響をできるだけ受けないために、この構築は基本的にトリルを貼る前に相手のポケモン1匹を倒し、DM権を使わせた後、トリルを展開してドサイドンが無双するというコンセプトになってます。 運用 基本パターンを3つ挙げていきます。 がDMしても不利なポケモンがいる場合 が不利なポケモンに有利なポケモンを持っていき、 1で相手のポケモン1匹を倒し、DM権を使わせた後、トリル下でを無双させます。

次の

【ポケモン剣盾】ダイマックスの仕様や技の威力・効果を徹底解説!

ゴーストダイブ ダイウォール

この記事はのみの個体解説となってます。 Aは振り切ることでックスHへのダメージ乱数が変わるため252。 後述の対面で安定感を出したい場合はAを124までなら落として耐久に回すのもありだと思います。 A124の理由は後述ので Sはミラー対策。 Hは奇数にするとが入っても半分以下にならないため、たとえHP1になったとしても腹太鼓が可能になる。 筆者はHP1の状態でキョックスして全抜きしたことがある ラムの実を持たせることで環境に蔓延る欠伸厚い脂肪を逆に利用して腹太鼓を積み、全抜きを狙う。 や、欠伸を使うや、も起点にできる 確かにオボンの実を持たせることで耐久を確保できるが、腹太鼓を積んだとしてもそのタイミングで欠伸や電磁波を入れられて止められてしまう。 一般的にを見たら誰しもが特殊型を一番に想定するため、特防の高く、厚い脂肪で炎技を半減できて尚且つ欠伸で切り替えせるはの受けとして完璧である。 環境でが入っていない構築の方が少ないとまで感じるほどが多く、こちらのを見てを出さない理由がほとんど無い。 「はに勝てない」 その思考を逆手にとってする腹太鼓が決まらない方が少ないのは当然のこと。 に対して積むタイミングとしては大きく2つ。 1つ目はの攻撃タイミングに合わせて出てくるに合わせて積む。 2つ目はが欠伸を打ってくるタイミングに合わせて積む。 ほとんどの使用者がよほどを信頼していたのか、ドラパルトやがと対面した際、すぐにに引くというプレイングをされることが多かった。 ラムの実を持たせることでの切り返しの要である欠伸を帳消しにし、逆に切り返すことができる。 簡単に言うなと思うかもしれないが、今期この型を使い始めて全約600戦中300戦近くこの戦法を行い、うち200戦近く全抜き又はサイクル崩壊を可能としたのだから異論は認めない。 もちろんこの約300戦の中にはだけでなく等の欠伸も含まれているが、ほとんどが。 基本的にや、の場合は自然な形 ラムの実持ち腹太鼓だとバレないように初手や欠伸ループ中など で対面を作り、腹太鼓を積む。 やには一般的な特殊型のなら対面が出来上がっても不思議ではないので積極的に合わせにいっていい。 や、等の起点作成が初手に来やすいため、これらのを見たら初手にを投げて全抜きしていた。 使っていていいところをあげるのは大きくこれくらいで、悪いところももちろん沢山あった。 一番使いづらさを感じたのはやはり素の火力の無さ。 キョダイゴクエンによるスリップダメージがあるが、やはりA84如きのパワーではあまりにも儚い。 ックスしたドラパルトやなどの殴り合いに勝てる訳もなく、これが原因で簡単に負けてしまう試合が本当に多かった。 他には腹太鼓を積んだ時に起点に攻撃されてが倒されてしまったり、火や天然ピクシー、といった積んだとしても相性的に倒せないで止められてしまったりすることも多かった。 積むタイミングは使っていかないとどうしても分からないので、練習あるのみ。 負けは恥じゃない。 相手のックス時のダメージは大体これらの半分程度だと考えてくれれば大丈夫です。 耐久や耐性があるに対してのダメージ計算を主に載せました。 基本的に腹太鼓を積んでおけば半減でも耐久無振りは1発で落とせます。 5倍になるので、が入ったックスH火は腹太鼓猛火キョダイゴクエンで落とせます。 だが等に守る等でックスを1ターン余計に枯らされると、残り1ターン時にに剣の舞から影打ちをされたり、ックスしてダイウォールしてきたりと非常に面倒。 このように相手と自分の耐久ラインを理解し、の技を上手く使うのが重要。 キョダイゴクエンによるスリップダメージや空を飛ぶによる時間差攻撃、ダイアースやダイジェットによる能力上昇を駆使することで相手のックスターンを枯らしたり、猛火圏内に入れたりして戦いを有利にすることが出来る。 もちろん腹太鼓を積むのは強く、ロマンもあり印象的だが、腹太鼓を積まなくともこれらの技やラムの実を有効に活用することで、腹太鼓を積めない時でも充分に戦えるスペックはある。 現に腹太鼓が状況的に、相手の構築的に積めなくともキョックスで戦って勝った試合は多い。 スペックが低いとか環境で勝てないとかそんなのを勝手に決めつけて好きなで戦うというのを簡単に諦めないで欲しい。 確かに沢山負けた。 でも負けは自分の経験になり、次に繋がる力になる。 戦えないのならどう使えばいいかを考えればいい。 使うも使わないもあんたの自由だ。 この記事をここまで読んでくださって本当にありがとうございます。 とても長くなってしまいましたが、これが私の語れるの"全て"です。 この記事を読んで少しでもを、"好きな"を使う方が増えてくださったら嬉しい限りでございます。 良かったら感想質問等リプライでよろしくお願いします。 ご精読ありがとうございました。

次の