おかべ ろ jo1。 JO1の“大黒柱”川尻蓮、グループを引っ張るハイレベルなダンスパフォーマンス メンバーを包み込む温かい人柄も

【2020年最新】JO1メンバー総まとめ!人気順・身長順・カラーも|New Day, New Life

おかべ ろ jo1

Contents• オーディション番組出身の11名のメンバー JO1は、元々は韓国の番組であったProduce101の日本版である「Produce101Japan」(通称日プ)という番組から生まれたグループです。 すなわちJO1は6000人から選ばれた「11人」で結成されたグループという事ですね。 個性豊かな面々で、全員が全く違うタイプのイケメンと話題! JO1って モデル系が好きな人には景瑚 Kポ系が好きなら蓮くん 爽やか系が好きなら純喜 THEイケメンが好きなら瑠姫、鶴房、拓実 塩顔が好きならスカイ 美少年が好きなら木全 キュートが好きなら豆、祥生 セクシーが好きなら與那城オッパ で殴れば大体沼落ちするので実質最強です。 無料ですので是非ご覧ください!!! 汗と涙と青春の感動の人間ドラマであり、エンターテイメントです。 JO1 2020年3月4日デビュー! 2019年12月11日のオーディションのファイナルで選ばれた11人は、その後韓国での厳しい合宿にてダンス、歌を猛特訓。 デビュー曲のレコーディングやMVの撮影などを終え、2020年の3月4日にデビューシングルを携えて鮮烈デビューしました! オリコンデイリー1位 21万枚! PROTOSTAR(プロトスター)は2020年3月3日付オリコンデイリーでは初日売上枚数が215,409枚を記録し1位となり、週間ランキングでも初動売上枚数が327,187枚を記録し1位となりました。 JO1メンバー11人のプロフィール JO1の11人は現役高校生、大学生、会社員、バックダンサー、元アイドルなど多様な経歴の持ち主!ダンスや歌の経験があるメンバーも、そうでないメンバーもいます。 各メンバーの詳しいプロフィールは名前をクリックすると御覧になれます。 () JO1 メンバー一覧 順位はデビュー時の得票数で決まりました。 1位でデビューした豆ちゃんは、1位特典としてデビュー曲でのセンターを務めます! (colorはメンバーカラーです。 ) 1位: 通称「 豆ちゃん」 「豆」岡山の現役高校生時に日プに参加。 国民の初恋と呼ばれる純情誠実青年。 color:赤 2位: 通称「 蓮くん」 「蓮ちゃん」バックダンサーだった経歴を持ち、ダンスでは右に出るものなし。 JO1のカリスマ的存在。 color:青 3位: 通称「 たくみ」「 たっくん」ダンス・歌未経験ながらデビューまでこぎつけた抜群のセンスの持ち主。 color:ピンク 4位: 通称「 しょせ」天然ながら持ち前のド根性でデビュー。 ぽわぽわした笑顔が武器。 color:黄色 5位: 通称「 つる」「 つるぼー」「 しおん」不器用で真っ直ぐな性格から「永遠の反抗期」と言われるが、実は情に厚く涙もろい。 color:グレー 6位: 通称「 るき」「 るきくん」白岩プロと呼ばれるアイドルの中のアイドル。 王子、プリンスと呼ばれる端正な外見とは裏腹に中身はボケ倒すおしゃべり。 color:白 7位: 通称「 けいご」「 K5」「 さけい」「ジラ」(と呼ばれたいらしい)JO1のおしゃれ番長。 ハイブランドを着こなすファッショニスタ。 color:キャメル 8位: 通称「 きまた」四次元を地で行く不思議キャラ。 しかし根はやさしく真面目。 ステージでは豹変。 color:ライトパープル 9位: 通称「 じゅんき」 「ずんき」JO1の太陽、皆を明るく照らす「テンションあげ係」。 color:水色 10位: 通称「 すかい」武士のようなストイックさにポーカーフェイスが特徴。 しかし実は愛嬌抜群。 color:黒 11位: 通称:「 よな」「 しょうくん」JO1のお母さん。 皆を温かく見守るJO1の頼れるリーダー。 唯一無二の優しい歌声を持つ。 グループ最年長。 color:緑 JO1のS4とは? 、、、の4人は同じ2000年生まれで、名前の頭文字が全員「S」である事から、S4と呼ばれています! JO1は韓国人?日本人? JO1は韓国人なの?韓国のグループなの?という疑問の声をよく見かけますが、 JO1は全員日本人のグループです。 ただ、Produce 101 Japanでは韓国人の練習生もいて、投票の結果次第では「日韓混合のグループ」になる可能性もありました。 また、もともとProduce101が韓国の番組という事もあり、スタッフにも韓国人の方がたくさんいるので、韓国とは切っても切れない関係のグループですね。 実際メンバーたちも「ヒョン」(お兄ちゃんの意味)や「〇〇ペン」(〇〇ファンの意味)、ファンも「オッパ」などのKpop用語をたくさん使いますし、韓国で合宿をやっていた影響からメンバーから韓国語が飛び出すことも珍しくありません。 グループ名の由来 グループ名には「『PRODUCE 101 JAPAN』で一緒に夢を目指した練習生たちが1つになって、世界の頂点を目指していく」という意味が込められています。 でもって O1=令1 という意味もあるそうです。 特徴まとめ• 日本のアイドルを変える!!を目標に作られたグループ。 吉本興業が新たに立ち上げた芸能事務所 「LAPONE」に全員所属し、今後は日本を中心に「世界を目指す」予定。 個性豊かな面々で、全員が 全く違うタイプのイケメンと話題!• JO1としてアイドルになる前は、現役高校生、大学生、会社員、バックダンサーと、メンバーの経歴がばらばら。 ボケが多く、 ツッコミ担当が少なめ(今のところ)• デビュー前からすでに大きな広告契約がいくつも決まり、期待の大型新人。 (ソフトバンク、ナイキなど)• ZIPで 「2020年のネクストブレイクアイドル」2位に選ばれた。 デビューシングルがオリコンチャート1位獲得!!(21万枚)• デビューシングルがオリコンウィークリーチャート1位獲得!(34万枚) ファンネーム 公式ファンネームは \JAM/ (ジャム) ジャム!覚えやすくてなかなか好評のファンダム名です! JAMはファンの公募から候補を決め、最終的にはJO1のメンバーが話し合って決めた名前。 「JO1はKポップなのかJポップなのか」という論争はよくあります。 実際JAM(JO1のファン)の間でも、その論争は絶えませんでした。 全員日本人で事務所も日本。 活動の拠点も日本ですが、韓国のCJ ENMと協力関係であることから、楽曲やダンスの振り付け、MVなどほぼ韓国で制作されているJO1です。 曲調も歌い方もKpopそのままなので、日本人が歌うからと言ってそれをJpopと言っていいのか??確かに迷うところです。 が! デビューシングルが3月4日に発表され、そちらをPCに取り込んだファンから以下のような内容の投稿が相次ぎました。 つい先日も日プファイナルで歌った練習生として歌った 「さよなら青春」を、デビューしたJO1も歌っていくという話が出たばかり!「さよなら青春」はいきものがかりの水野良樹さんが作詞作曲された、卒業シーズンにぴったりのJpopソングです。 ちなみにメンバーも雑誌インタビューで以下のように語っています。 JO1の事務所は? JO1のメンバーは全員 LAPONE(ラポネ)エンタテインメントに所属しています。 Produce101Japanは元々 吉本興業と、韓国のCJ ENMが合同で制作した番組で、そこから生まれたJO1は最初から、この二つの企業の合弁会社であるLAPONEに所属することが決まっていました。 韓国版プデュと違って、どこの事務所にも所属していないことが応募の条件だったのはそのためですね。 アルバム制作やデビューまでの合宿も全て韓国で行っており、JO1は日本人だけのグループですが、どこまでもKpopの影響を受けて生まれたグループとなっています。

次の

JO1スペシャルプレゼントキャンペーン

おかべ ろ jo1

オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』から生まれた、日本の男性アイドルグループ「JO1」が、お隣・韓国でもちょっとした話題になっていた。 政治や経済面で日韓関係が冷え込んでいる今、個人的にはスポーツやエンターテインメントの分野での交流の一環にもなって良いと思っていたが、韓国で話題になっているのはあまり良い意味ではなさそうだ。 この『PRODUCE 101 JAPAN』とJO1には若干の説明が必要かもしれない。 そもそもオーディション番組『PRODUCE』シリーズは、韓国のCJ ENMが生み出したオーディション番組だ。 シーズンごとに多くのアイドル練習生が出演し、視聴者の人気投票によって最終的にデビューするアイドルが選ばれるといった内容となっている。 (参考記事:) そんな『PRODUCE』シリーズの日本版『PRODUCE 101 JAPAN』は、本家の投票操作疑惑が浮上する前の2019年4月に制作されることが発表され、本家が疑惑の真っ只中にある2019年9月に放送開始。 CJ ENMと吉本興業、MCIPホールディングスが共同制作し、お笑いコンビのナインティナインが司会を務めた。 その日本版『PRODUCE』から誕生したグループがJO1ということだ。 来る3月に日本でデビューし、活動する予定となっている。 JO1には、101人の練習生から視聴者の人気投票で選ばれた11人が所属している。 その全員が日本人だ。 そして最近、デビューMVが公開されたわけだが、その姿がまるでK-POPアイドルのようであったため、韓国の音楽ファンの一部から「韓国のパクリではないか」という声が上がっているというわけだ。 「日本人が日本語で歌ってもK-POP?」 冒頭で引用した『topstarnews』は、「ティーザー映像から既存の日本アイドルには見られなかったK-POPスタイルで、デビュー曲とダンスも韓国人専門家が担ったとされている」と報じた。 つまるところ、日本のアイドルが韓国の良いところを模倣しているようにしか韓国のメディアやファンには映らないというのだ。 ただ、そもそもは韓国で『PRODUCE 101』が放送された2016年当時は、「AKB48選抜総選挙」のパクリ疑惑が持ち上がるなど、批判の声が多かった。 また、『PRODUCE』シリーズが日本で展開されると発表された2019年4月には、「韓流コンテンツ・フォーマットの輸出時代」だと誇らしげに歓迎するメディアも多かった。 にもかかわらず、今になって「完全にK-POPじゃないか」と批判するのは理不尽なような気がするが、JO1に所属するメンバーを選抜する過程で韓国から参加していた練習生が3人も辞退したことも、韓国メディアがJO1に厳しい目を向けることと関係しているのかもしれない。 辞退の理由は「一身上の都合」「本人たちの意向」といったもので、あまり明確ではなかったため、さまざまな憶測を呼んだりもした。 ちなみにJO1に限らず、現在は「Nizi Project」というオーディションが始まっており、こちらはTWICEなどが所属するJYPエンターテインメントと、日本のソニーミュージックによるプロジェクトだ。 JYPの代表パク・ジニョンは同プロジェクトについて「日本人メンバー中心で構成されたTWICEと思えばいい」と話したりしていた。 日韓両国の反応にも注目してみたい。

次の

賛否に包まれるJO1……“日本アイドルのK

おかべ ろ jo1

オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』から生まれた、日本の男性アイドルグループ「JO1」が、お隣・韓国でもちょっとした話題になっていた。 政治や経済面で日韓関係が冷え込んでいる今、個人的にはスポーツやエンターテインメントの分野での交流の一環にもなって良いと思っていたが、韓国で話題になっているのはあまり良い意味ではなさそうだ。 この『PRODUCE 101 JAPAN』とJO1には若干の説明が必要かもしれない。 そもそもオーディション番組『PRODUCE』シリーズは、韓国のCJ ENMが生み出したオーディション番組だ。 シーズンごとに多くのアイドル練習生が出演し、視聴者の人気投票によって最終的にデビューするアイドルが選ばれるといった内容となっている。 (参考記事:) そんな『PRODUCE』シリーズの日本版『PRODUCE 101 JAPAN』は、本家の投票操作疑惑が浮上する前の2019年4月に制作されることが発表され、本家が疑惑の真っ只中にある2019年9月に放送開始。 CJ ENMと吉本興業、MCIPホールディングスが共同制作し、お笑いコンビのナインティナインが司会を務めた。 その日本版『PRODUCE』から誕生したグループがJO1ということだ。 来る3月に日本でデビューし、活動する予定となっている。 JO1には、101人の練習生から視聴者の人気投票で選ばれた11人が所属している。 その全員が日本人だ。 そして最近、デビューMVが公開されたわけだが、その姿がまるでK-POPアイドルのようであったため、韓国の音楽ファンの一部から「韓国のパクリではないか」という声が上がっているというわけだ。 「日本人が日本語で歌ってもK-POP?」 冒頭で引用した『topstarnews』は、「ティーザー映像から既存の日本アイドルには見られなかったK-POPスタイルで、デビュー曲とダンスも韓国人専門家が担ったとされている」と報じた。 つまるところ、日本のアイドルが韓国の良いところを模倣しているようにしか韓国のメディアやファンには映らないというのだ。 ただ、そもそもは韓国で『PRODUCE 101』が放送された2016年当時は、「AKB48選抜総選挙」のパクリ疑惑が持ち上がるなど、批判の声が多かった。 また、『PRODUCE』シリーズが日本で展開されると発表された2019年4月には、「韓流コンテンツ・フォーマットの輸出時代」だと誇らしげに歓迎するメディアも多かった。 にもかかわらず、今になって「完全にK-POPじゃないか」と批判するのは理不尽なような気がするが、JO1に所属するメンバーを選抜する過程で韓国から参加していた練習生が3人も辞退したことも、韓国メディアがJO1に厳しい目を向けることと関係しているのかもしれない。 辞退の理由は「一身上の都合」「本人たちの意向」といったもので、あまり明確ではなかったため、さまざまな憶測を呼んだりもした。 ちなみにJO1に限らず、現在は「Nizi Project」というオーディションが始まっており、こちらはTWICEなどが所属するJYPエンターテインメントと、日本のソニーミュージックによるプロジェクトだ。 JYPの代表パク・ジニョンは同プロジェクトについて「日本人メンバー中心で構成されたTWICEと思えばいい」と話したりしていた。 日韓両国の反応にも注目してみたい。

次の