場所 類語。 場所(ばしょ)の類語・言い換え

場所(ばしょ)の類語・言い換え

場所 類語

INDEX• 「神出鬼没」とは?|意味と定義を解説! 「神出鬼没」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの周りでは使われることが多いはずです。 だからこそ、「神出鬼没」と検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、神出鬼没の意味・ニュアンスや内容は状況や個人の使い方によって異なります。 そのため、もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 神出鬼没の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 神出鬼没とは何か?|読み方・意味・辞書の定義を簡単にわかりやすく! 神出鬼没(しんしゅつきぼつ)とは「行動が自由自在で、居所などの予測がつかないこと」という意味です。 神出鬼没の例文と使い方 神出鬼没の策略 行動が自由自在で、居所などの予測がつかないようにする戦略のこと。 パズドラのスキル名でもある。 例:神出鬼没の戦略をつくってからは鬼ごっこは無敗だった。 神出鬼没な人 人間の感覚では測れないようなタイミングや方法で現れたり隠れたりする人。 例:あの人は神出鬼没だよね。 神出鬼没の戦法 行動が自由自在で、居所などの予測がつかないようにする戦法のこと。 例:真田幸村は呪法と影武者によって人心を撹乱し、ひるんで同士討ちを始めたスキにゲリラ兵をくり出して殲滅させるという神出鬼没の戦法を用いていた。 神出鬼没の語源・由来 神のごとく現われて鬼(幽霊)のごとく姿を消すことからきています。 鬼という字は角の生えた鬼ではなく死者の霊のことを指します。 (神出鬼没の怪盗でどこで網を張って待ったものか困り果てている. ) 神出鬼没の類語・言い換え語 出没自在(しゅつぼつじざい) 何の兆しもなく、突然現れたり隠れたりすること。 または、自在に出没するために、所在がわからないこと。 鬼出電入(きしゅつでんにゅう) 現れたり消えたりがすばやく、目にとまらないこと。 あちこちに顔を出す いろんな場所に姿を現すこと。 いたるところに出没する いろんな場所に姿を現すこと。 あちこちに現れる いろんな場所に姿を現すこと。 いたるところに出現する いろんな場所に姿を現すこと。 神出鬼没の対義語・反対語 反対の意味を持つ言葉はありません。 神出鬼没の意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、神出鬼没の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。

次の

場所(ばしょ)の類語・言い換え

場所 類語

「掃き溜めに鶴」とは 「掃き溜めに鶴」とはどういう意味なのでしょう。 まずはその意味から紹介します。 「掃き溜めに鶴」は「つまらない場所に優れたものがあること」の例え 「掃き溜めに鶴」の「掃き溜め」とは、ごみをまとめ置く場所のこと、「鶴」は、美しいもの(人)や優れたもの(人)の例えです。 つまり、「掃き溜めに鶴」は、「ごみ溜めのようなつまらない場所に、優れたものがある」という意味の表現になります。 「掃き溜めに鶴」という表現のほかに、「ごみ溜めに鶴」「掃き溜めへ鶴が降りる」という言い方もあります。 いずれも、「いろいろなものが寄せ集められた場所に、周囲とは不釣り合いなほど素晴らしいものが混ざっている」という意味の表現です。 また、見た目の美しさだけでなく、高い志を持つ人を意味することもあります。 「掃き溜めに鶴」の使い方 「掃き溜めに鶴」はどういったシーンで使われる表現なのでしょう。 使用例を紹介します。 「掃き溜めに鶴」は褒め言葉として使われる 「掃き溜めに鶴」は、素晴らしい人やものに言及する際に用いる表現です。 たとえば、• 彼は学生時代、「掃き溜めに鶴」と言われるほど優秀だった• 「掃き溜めに鶴」と言えるだけの才能が彼女にはある という風な使い方をします。 「この場所にはふさわしくないほど素晴らしい」と褒める場面で使うのが特徴です。 「掃き溜め」と呼ばれる側への配慮も必要 「掃き溜めに鶴」は、「鶴」とされる側、つまり褒められる側の人にとっては問題のない表現ですが、一方「掃き溜め」と例えられる側には配慮が必要です。 たとえば、• 彼女は、うちの会社では「掃き溜めに鶴」のような存在だ というと、「社内では他に見ないくらい美しい」「うちの会社には不釣り合いなほど優秀だ」といった意味になりますが、「掃き溜め」に例えられた社内の人間が聞くとあまり気分がよい表現ではありません。 特定の人を褒める一方で、その他をおとしめるようなニュアンスを持つからです。 自分が属する集団以外に使う場合には、配慮をおすすめします。 「掃き溜めに鶴」の類語 「掃き溜めに鶴」をほかの言葉にするとどうなるのでしょう。 「掃き溜めに鶴」と似た意味の表現や類語を紹介します。 「鶴」を使った例えでは「鶏群の一鶴」が類語 「掃き溜めに鶴」と同様に、「鶴」を使った表現では「鶏群の一鶴」ということわざが類語として挙げられます。 「鶏群の一鶴(けいぐんのいっかく)」とは、「平凡な人の中に、ただ一人だけ優れた人が混じっていること」という意味です。 平凡な人を「鶏」に、優れた人を「鶴」に例えた表現です。 他にも「泥中の蓮」ということわざもあります。 「泥中の蓮(でいちゅうのはす)」とは、泥の中のように汚れた環境にあっても、自らは汚れることなく清く正しく生きる様を表すことわざです。 「紅一点」も「掃き溜めの鶴」の類語のひとつ 「掃き溜めに鶴」に似た表現として、「紅一点」が挙げられることもあります。 「紅一点」は、男性の中に混じった唯一の女性を指して使われることが多いですが、「数あるものの中で、ただ一つだけ異彩を放つもの」という意味も持つ表現です。 「掃き溜めに鶴」もまた、「男性ばかりのむさくるしい場所にいる美しい女性」を指して使われることがあり、「紅一点」と類語の関係にあるといえるでしょう。 「鶴の一声」は「掃き溜めに鶴」の類語ではない 「鶴」を使った慣用表現では、「鶴の一声」がよく知られていますが、「鶴の一声」は「掃き溜めに鶴」の類語ではありません。 「鶴の一声(つるのひとこえ)」は、「周囲の議論や意見をおさえつけるような権力者・有力者の一言」という意味のことわざです。 有無を言わさず従わせるような発言に対して使います。 同じ「鶴」を使った表現でも、まったく異なる意味ですので混同しないようにしましょう。 「掃き溜めに鶴」の対義語(反対語) 「掃き溜めに鶴」と反対の意味の言葉にはどういったものがあるのでしょう。 対義語を紹介します。 「鶴」を使った対義語は「千石見晴らしの田でないと鶴は下りぬ」 「掃き溜めに鶴」の対義語には、「千石見晴らしの田でないと鶴は下りぬ」という慣用表現が挙げられます。 端的に言うと、「優れたもの(人)がそれ相応の場所にある」という意味の表現です。 「千石見晴らしの田」とは、「見晴らしの良い広々とした田」という意味で、大きく美しい鶴が広々とした場所を選ぶことから、「優れた人物はふさわしい場所にいる」という意味で使用されます。 「鳳は藪の中にはいない」も対義語のひとつ 「鶴」以外にも、「鳳」をつかった表現、「鳳は藪の中にはいない」という表現もあります。 「鳳」とは想像上の鳥「鳳凰(ほうおう)」のことです。 「鳳凰」は中国神話に登場するなど、古くから崇められた背景があり、「鳳凰(のようなありがたい鳥)が藪の中にいるはずがない」、つまり「優れたものは相応の場所にある」「優れた人は場所を選ぶ」という意味で使用されます。 「掃き溜めに鶴」の英語は? 最後に、「掃き溜めの鶴」の英訳を紹介します。 英語では「鶴」ではなく「宝石」と表現 英語で「掃き溜めに鶴」という場合は、「a jewel in a dunghill」という表現を使います。 直訳すると、「糞の山の中に宝石」という意味で、「ふさわしくない場所(糞の山)」に「素晴らしい物(宝石)」があるという意味で使用されています。 日本語で使う場合も「掃き溜め」と呼ばれる側の人に配慮が必要ということは先述しましたが、英訳もまた使用シーンには注意が必要と言えそうです。 まとめ 「掃き溜めに鶴」は、「つまらない場所に優れたものがある」という意味で使われる表現で、「こんな場所には不釣り合いなほど素晴らしい(美しい)」と称賛する場合に用いられます。 「鶴」に例えられる側は褒め言葉として受け取ることができますが、一方で「掃き溜め」と呼ばれる側に属する人にとってはあまりうれしい表現とは言えません。 使う場合には、場面や相手への配慮が求められる表現です。

次の

「出し抜く」の意味と使い方は?語源や類語・例文を調査!

場所 類語

1 「場所」は、行動とのかかわりにおいていわれることが多い。 「ここはいい場所だ」のようにいった場合、駅から近くて便利だとか、商売をするのに適しているなど、行動とのかかわりを含んでいる。 2 「場所」には、「このステレオは場所をとる」「新しく来たお客のために場所をあける」のように、いる所、ある所の意味がある。 3 「箇所」は、比較的小規模な場合について用いられる。 「個所」とも書く。 4 「箇所」には、所の数を示す接尾辞としての用法がある。 この場合は「ケ所」「か所」とも書くが、現在は後者が一般的。 「店舗が二か所にある」「数か所間違っている」 5 「所」には、「所と名を聞く」のような住所の意のほか、場合・折などの意でも広く使われる。 6 「地点」は、土地に関する場合にのみ用いられる。 空間内での点あるいは範囲 の意• エンターテインメントのための会社 の意• 何かが存在する場所またはやり方の空間的特性 の意• 空間的関係• 抽象的な精神の所在 の意• 特別な目的のために取ってある区域 の意• 何かの正確な位置; 空間的に限られた位置 の意• ある物質によって占められている空間的な部分 の意• 在場所 何かがある(予定の)土地の区画 の意• 敷き地• ある地域の表面の特徴に関して見つけられたポイント の意• 空間内での点あるいは範囲 の意• エンターテインメントのための会社 の意• 何かが存在する場所またはやり方の空間的特性 の意• 空間的関係• 個人や組織が所在し、連絡をとれる場所 の意• ある物質によって占められている空間的な部分 の意• 在場所 ある地域の表面の特徴に関して見つけられたポイント の意• 目に見えるものとして扱った状況 の意• 空間内での点あるいは範囲 の意• エンターテインメントのための会社 の意• か所 何かの正確な位置; 空間的に限られた位置 の意• ある地域の表面の特徴に関して見つけられたポイント の意• 尖んがり• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の