あじさい 挿し木。 紫陽花(アジサイ)の挿し木の簡単な方法

アジサイの挿し木の仕方と増やし方!失敗しない時期とコツは!

あじさい 挿し木

スポンサーリンク アジサイの挿し木の方法と時期と必要なものは! アジサイの挿し木が一番しやすい時期は、5月から7月下旬にかけての3ヶ月間になります。 この時期は花が咲き始めてから花の見頃が終わる時期で、ちょうど梅雨を迎える時期でもあります。 乾燥に弱いアジサイはこの梅雨時が根の活着が一番よいです。 挿し木にする枝を「挿し穂」と呼びます。 アジサイの挿し穂には、アジサイの葉が一対で出ているその上1センチ上でカットし、次の葉が一対出ている上1センチでカットしたものを使います。 この時に注意するのがアジサイの葉を3分の1ぐらい残してカットして下さい。 アジサイの葉が大きい分だけ水分の蒸散が多いのでそれを防ぐためです。 これを「一節挿し」と呼び、この方法が一番多くアジサイの挿し穂が多くとれ、挿し木が初めての方にはこの方法をおすすめします。 この方法は、幾つか挿し木がうまくいかなくても、多く挿したぶん成功した挿し穂が多くとれるので一番のオススメです。 さらにこの挿し木の失敗を防ぐために使うのが活根剤です。 私が常に使用しているのが「ルートン」と「メネデール」です。 根を早く活着する早技にはこの2つの発根促進剤は必需品です。 あらゆる挿し木に使えますから、お持ちになって損はないですね。 普段はルートンであらゆる挿し木は使いますが、経験上アジサイの場合はさらにメネデールを使うとアジサイの挿し木の成功率は上がります。 挿し床にアジサイの太さと同じくらいの穴を開け、そこにアジサイの挿し穂入れ軽くまわりを固めて終わり。 残ったメネデール液を挿し床に水まきします。 上の写真が我が家で使っているルートンとメネデールです。 こんなに容器が小さくてもかなりに利用できます。 この二つがあると挿し木にはとても便利です。 私は基本ルートンを使い、難しそうな挿し木にはメネデールを利用しています アジサイの挿し木のさし床は何が良いか? アジサイの挿し穂を育てる容器に挿し木の用土入れたものを「さし床」と呼びます。 この挿し床の容器は専用の浅く広い挿し床もありますが、余っているプラ鉢やイチゴパックの容器やペットボトルなどの器など、水が抜けるようにしてあれば何でも使えます。 挿し床の培養土は、通気性が良くて排水性の良い土を使います。 一般的な培養土だと、鹿沼土、赤玉土、川砂、パーライトこのあたりの用土が使いやすいです。 よく使われているのが鹿沼土です。 この土は乾燥すると土の表面が白くなるので管理しやすいですね。 挿し床を置く場所は直射日光が当たらない半日陰の場所を選びます。 直射日光に当てないというのは、水分の蒸散を防ぐためです。 竹や支柱を使いビニールで覆って水分の蒸散を抑える方法もありますが、 この方法はなれないとムレて挿し穂をダメにする事があります。 置く場所も注意する必要があるし、 細かな穴を開けても、ムレ具合を常に観察する必要があるので、私はこの方法での挿木はおすすめしません。 前述しましたが、鹿沼土を使用すると管理しやすいです。 土の表面がが乾いてくると白くなる鹿沼土は、霧吹きや水を上げる目安になり、とても管理がしやすいのでおすすめです。 手を加えなくてもアジサイは形が自然に丸みをおびて大きくなります。 あまり大きくしたくない場会は花が終わったあとに、花の下の対になった2節目の下あたりでカットします。 また花つきが悪くなったなと感じたら、思い切って下からバッサリとカットしてアジサイ全体に風通しを良くし、新しく元気な枝と新旧交代させます。 この時注意するのは全部の枝をバッサリとカットするのでは無く、ある程度に間引いてカットします。 そうすることによって来年の花は確実に見ることができます。 全体にキレイに丸みをおびた紫陽花の株にするには、思い切って地際からカットします。 その時は花がまだキレイな状態の時にカットします。 少しもったいない気がしますが、早くカットして地際から早めに新梢を出させて、花芽がつく秋ぐらいまでに枝を成長させましょう。 アジサイの花下の一節、葉が一対になった位置で切ります。 鉢にアジサイの枝が幾つかある時は、同じ高さで合わせてカットします。 来年の花はカットした次の下の葉の脇から枝が伸び、そこに花芽が付きます。 カットする時期は花が終わったあとすぐにしましょう。 9月過ぎてのカットは来年に花を見られない可能性があります。 そうする事によって来年に花が揃って見られます。 また株の大きさが一定になりますから、一サイズ大きくせずにすみます。 もちろんアジサイを大きくするには剪定をせずに、一回り大きな鉢に植え替えする必要があります。 まとめ アジサイは挿し木で簡単に増やすことできます。 ここで紹介した方法で挿し木を行って下さい。 アジサイはもともと日本に自生している植物なので、日本の環境にベストマッチします。 身近で季節感を感じるアジサイは貴重な植物で、うっとうしい梅雨の一時を和ませてくれます。 ガーデニングを始めるならアジサイが育てやすく一番のおすすめです。 今年出た新芽というのは、花が咲かなかった枝でしょうか。 そうであれば剪定はしないほうが来年咲く確率は高くなります。 新芽の状態と切る位置、時期によって花が付かなくなる場合もあります。 また、株元から出た新芽であれば尚の事、剪定はなさらないほうがよろしいと思います。 もし鉢植えで全体のバランスが悪く、どうしても剪定するということでしたら 同じような新芽の半分を剪定し、半分は残すようにしたら良いと思いますよ。 また剪定する見極めポイントとして、葉の出ている脇に必ず芽があることを確認してからその上で剪定することです。 それと花を咲かせるには植え替えも重要です。 昨年に植え替えをしてない状況でしたら、今の時期に一回り大きな鉢に植え替えをしましょう。 とりあえず、花が咲かなかった新芽には剪定はしないほうが、花は咲きやすくなるのでそのままが良いですよ。 by noribou 2018年6月17日 10:20 PM 人気記事• 母の日のプレゼントにアジサイの鉢は人気がありますが、花後の植え替えや移植のタイミングで悩む方は多いです。 203,081ビュー• 梅酢の作り方は意外と簡単にできます。 梅とお酢に砂糖があれば誰にでもできますが、さらにまろやかで香り高くしたりフ... 197,588ビュー• 人気のオリーブの鉢植え、植え替えする際の土はオリーブの土専用がありますが、代用して使用できる 土もあります。 190,547ビュー• オリーブをバルコニーで15年以上育て、毎年実を付けています。 品種の組み合わせで、実が付きやすくなったり... 172,916ビュー• 卒業式に贈る花束のプレゼント。 花束を送った経験がない人は、 1本の値段がわからないですよね。 157,737ビュー• アジサイは季節感が感じられる育てやすいお花です。 初心者でも挿し木で簡単に増やす事ができ、ガーデ... 150,570ビュー• 手や足の指先のしもやけ、非常にかゆいですよね。 毎年この時期になると恒例のしもやけ。 139,279ビュー• 魚の目の治療を会社近くの皮膚科で受診したところ、 そこのクリニックでは靴の選び方と歩き方を指南され、 魚の... 121,473ビュー• ハイビスカスの花はトロピカルをイメージさせ そばにあると南国のリゾート気分になります。 一番の... 116,505ビュー• ユリの花粉が付いたからといって、クリーニングに出したり染み抜きを頼まなくても、ほとんどの花粉はお落とせます。 104,366ビュー.

次の

アジサイの挿し木の仕方と増やし方!失敗しない時期とコツは!

あじさい 挿し木

もくじ• アジサイの挿し木 アジサイの剪定は花後すぐに行うと、剪定が遅れて次の年の花芽を切ってしまったなんて失敗をしなくて済みます。 そこで毎年アジサイの花が少し色褪せ始め、まだ切るのは惜しいかなと思うぐらいの時に、早めに剪定しています。 さらに、お気に入りの アジサイの剪定枝で挿し木すれば、剪定と挿し木が同じ時期にできて、一石二鳥です。 【アジサイの挿し木方法】 1、 挿し木用土を準備する 用土には、無菌状態で栄養分のない土がいいので、 赤玉土や バーミキュライト、 パーライト、 鹿沼土などを使います。 100円ショップなどでは挿し芽挿し木用土も販売されています。 小さい鉢やプランターに土を入れ、タップリと水をかけておきます。 必ず葉が付いた状態になるように、2節ぐらい付いた状態にして、ハサミで切り分けます。 残した葉っぱも、 2分の一程に切り詰める。 葉っぱを切ることで発根を促します。 こうすることで 細胞を崩さず、切断面をきれいにすることができます。 太い茎の場合は、一方向だけでなく、反対方向からもう一度切って切断面を広くします。 発根促進剤は使わなくても挿し木できますが、成功率を上げたいときや、ちょっと不安な時には、使ってみるのも良いかも。 挿し穂を力任せで無理に押し込むと、キレイにした切断面が台無しになるので、ここは細心の注意を払います。 4、 挿し木したアジサイを半日陰で管理する 半日陰の場所に置いて、土の表面が乾きかけたら、水やりをします。 発根しているかどうか確認したくなりますが、水やりだけしたら、後は自然任せです。 絶対触らないように、ガマンしましょう。 アジサイの鉢上げ 1ヶ月〜1ヶ月半ぐらい経つと、挿し木苗の新芽が出てきます。 鉢底からは、根が出ているかもしれません。 そっと茎を持ち引っ張った時に抵抗感があれば、根が張っている証拠。 鉢上げの準備をしましょう。 1、 好みの鉢を用意 いきなり大きな鉢にはせず、小さめの鉢(3号鉢ぐらい)に一本づつ植えていきます。 鉢の素材は色々ですが、夏場の水切れを起こしやすいアジサイは、ある程度湿度を保つ鉢が管理しやすい気がします。 アジサイは鉢で育てますか? それとも庭植えにする予定ですか。 私は、庭植えを予定してるので、管理が楽なようにプランターにまとめて植えました。 2、 土の用意 市販の培養土を使うと簡単です。 まだ根が未熟なので、肥料分は控えめに。 4、 鉢上げ後の管理 植えつけた苗は、しばらく 半日陰に置いて管理します。 夏が終わる頃には、日向に移動。 夏の間は特に水切れさせないように気をつけましょう。 今まで苗が根付いて、少しづつ大きくなって来ると、挿し木して半年も経たないうちに、すぐに地植えにしていました。 「なぜだろう?」 焦って早く地植えにすると、周りの植物に負けたのか、まだ根が未熟で上手く育たなかったのかもしれません。 地植えにした植物は、水やりをしないので、夏場の水不足も考えられますが…。 そこで今回は、プランターのまま途中で肥料を入れながら、じっくりと育てました。 挿し木した翌春。 アジサイが芽吹く前は植え替えができます。 この時に地植えにしようか迷いました。 ですが最近夏の暑さが厳しすぎて、アジサイが根付く前に夏の暑さで枯れてしまう危険性が頭をよぎります。 ここはぐっと我慢して、夏の間は再び半日陰にプランターを移動させ、 7月には 切り戻し剪定をもしました。 アジサイを地植えに そして、 挿し木から1年半後の12月。 アジサイの葉は黄色くなり、休眠期が近づいてきました。 これからの落葉期は、アジサイに負担をかけずに植え付けができる、待ちに待った 植え替えの時期です。 挿し木苗を掘ってみると、 根もしっかり張っています。 「さあ、植え替えましょう」 【植え付け場所】 植え付けるのは、2箇所。 午前中日が当たり午後からは日陰になり、 夏には柿の葉が茂り木陰を作ってくれる 花壇と 北側の斜面です。 その時 アジサイの周りの土を少し高くしておく(根元に水が溜まりやすいように)。 <冬枯れの花壇に植えたアジサイ> アジサイは、 土の酸性度によって 色が変わるものがあるようですが、私は気にならないので、特に酸度調整はしていません。 そして地植えにしたアジサイは、もう水やりはしません。 梅雨になるまでの半年で、水分を求めてアジサイの根もさらに張ってくれるのではないでしょうか。 <北側斜面に植えつけたアジサイ> 花が咲き、順調に育ってくれることを期待しています。 アジサイまとめ アジサイの挿し木は、梅雨の時期に剪定枝で手軽に挑戦することができます。 自分が挿し木したものが、発根して新たな命が芽生えた時は、とても嬉しいものです。 勿論花も咲かせたい! ですが、私は植え付けを焦ったばかりに、上手く育たないことがありました。 挿し木したアジサイを地植えにするためには、 植え替え時期と アジサイ苗の成長具合が大切なんだと思います。

次の

脇芽のないアジサイの挿し木。アジサイの花が終わった頃に挿し...

あじさい 挿し木

夏の水やり カシワバアジサイは乾燥に弱いため、水やりには注意が必要です。 カシワバアジサイの地植えの場合、夏は湿気を含む土に植えて入れば頻繁に水やりをする必要はありませんが、鉢植えの場合は、表面が乾いて来たらたっぷりと水を与えるようにしましょう。 カシワバアジサイは水が不足してくると葉が枯れ始めるので、乾燥の速い夏場は特に注意して水やりをしましょう。 ただし、よく目にするホンアジサイと比較すると、水不足に多少強い性質があるため、あまり気にしなくても大丈夫です。 冬の水やり カシワバアジサイは冬に向かって、徐々に葉を落とし基本的には枝だけになります。 それにともなって休眠状態に入りますので、冬の間は水を与える必要はありません。 ただし、鉢植えの場合、土が完全に乾燥しているとそのまま枯れてしまうこともあるので、土が完全に乾燥しないように気をつける必要があります。 また、春先に葉が出てきて成長が始まりますが、冬の間に健康な状態になっていないと花が咲かなかったり、病気になるリスクは少なからずありますのでこの点は注意が必要です。 カシワバアジサイの肥料・追肥 挿し木 カシワバアジサイの挿し木は、湿度が高く、日照時間も長い5月から7月頃の梅雨の時期が適しています。 手順としては花芽のついていない新しい芽を用意します。 穂先と1節目の葉を残して余分な芽や葉を取り除きます。 そして、コップ等に貯め水に茎を指し水揚げをして切り口に傷がつかないように、用土に予め開けておいた穴に挿して行きます。 あとは明るい日陰に置き、3週間から1ヶ月程度し発芽していたら成功となります。 挿し木を成功させるコツは発根させる断面をきれいにしておく事、芽の水分が蒸発しすぎないように1節目の葉を半分程度にカットしておくことです。 そのほか、発根を促す発根誘発剤等を用いるのも良いかもしれません。 カシワバアジサイの手入れ・剪定 カシワバアジサイは手入れを怠ると一本の枝だけが大きくなってしまいやすいため、若木のうちにきちんと剪定しておくと良いでしょう。 地面から15〜20cm程度の高さのところで枝を切り落とします。 若木のうちは、思い切り剪定しておく方が良いです。 また、花が終わったあとすぐにも、枝の先端(3枚目の葉あたり)を剪定しておくと、翌年もきれいに花を咲かせます。 また、風通しを良くするためにも、冬の時期に窮屈な箇所の枝は切り落としておきましょう。 ただし、すでに新芽をつけ始めている枝は剪定しないよう気をつけてください。 カシワバアジサイの育て方で注意すべき病気・害虫 つきやすい虫 アジサイの仲間は、いずれの品種もハダニ、コナジラミ等がつきやすいという性質があります。 春先から秋頃までを通じて見られますので茎等を定期的にチェックするようにしましょう。 これらの害虫は茎から養分を吸って枯れる原因となることもあるため薬剤を用いて早めに駆除するようにしましょう。 かかりやすい病気 また、病気では、うどんこ病や褐斑病等がありますが基本的には異常のある枝を少し多めに切り取り、風通しを良くするなどして対処します。 そのほか、湿度の高い場所で育てているとカビ等によって葉に異常が出ることもありますので適宜症状に合わせて対処しましょう。 カシワバアジサイの毒 アジサイは季節を代表する花であるため、懐石料理等の飾りに用いられることがあります。 しかし、アジサイの仲間は非常に強い毒性があるとされており、少量でも食べると30分から1時間程度で嘔吐、めまい、顔面紅潮等の症状が現れることがあります。 また、毒性については解明されていない部分も多く、間違っても食用にすることはやめておきましょう。 カシワバアジサイの管理温度 カシワバアジサイの花は白く、ほかのアジサイと比較すると少し変わった花のつき方をします。 通常のアジサイが丸いシルエットで花をつけるのに対してカシワバアジサイは細長いシルエットで花をつけます。 また、花穂の長さは大きいものだと50センチほどにもなり印象的です。 ただし、カシワバアジサイは幹のサイズに対して全体的な花の数は少なめとなっており、品種改良によって整えられたものとは違い、野性的な印象となっています。 カシワバアジサイの風水 カシワバアジサイに限らずアジサイ全般は家族の団欒や、愛情等の意味を持っていますが、風水学的には未婚の女性には向かない花だといわれています。 水を好むアジサイが未婚の女性の水々しさを吸い取ってしまい、恋愛に関する運気が下がってしまうのでは?というような考え方から来ているようです。 また、いつごろからかアジサイはあまり縁起の良い花ではないと言われることもあるようで、あまり良く思わない方も一部にはいるそうですが、過去の資料等にもそのような事を示唆する物はなく、あくまでも都市伝説の一つと言うような内容のようです。 カシワバアジサイの花言葉.

次の