朝起きると背中が痛い 肩甲骨。 寝て背中が痛くなる理由と解決法

寝起きに肩甲骨の内側が痛くなる4大原因と寝る前に行うべき2つの改善法

朝起きると背中が痛い 肩甲骨

この記事の目次• 朝起きると背中が痛い 私の概要です。 共通点ある方は本記事がお役にたてると思います。 44歳男性、妻子あり。 お酒は2、3日にビール1缶程度、喫煙なし。 運動はここ数ヶ月はあまり無し。 仕事はIT系、ほぼデスクワーク。 帰宅後もPCで作業することも。 フリーランスとしては17年目。 ここ1ヶ月間くらい、朝、起きると背中が痛い・・・、そんな状況が続いていました。 まあ、デスクワークが多く仕事もちょっとたてこんでいましたので、肩こりの延長線くらいにしか考えておらず。 たださすがに、プロジェクト終了後も続くので、これはマズイかもと急に不安に。 それで、プロジェクトも一段落し、都合つけやすい状況でしたので、急遽病院に行くことにしました。 で、そのきっかけは以下の記事。 >> 調べますと、ようは内臓疾患の可能性もあるとのこと。 うぉ、これはマズイじゃん!と思い、あわてて病院にいったというのが実情です。 内科に行き、背中が痛いと先生に訴える さて、どこに行こうかと思いましたが、心配するべきは内蔵というわけなので、内科にいきました。 ちょうど近くの総合病院で外来がやっている日でしたので、これよしとばかりに。 そして、内科の先生に実情をつたえ、「お酒はそれほど飲んでないんだねえ」「はい」などなど、問診をしていただき、血液検査。 さて、結果としては、血液検査は10日後くらいの結果待ち。 あとMRIの予約をしてくださいました。 MRIなんてひさしぶりというか、初めてでしょうか。 いずれにせよ、何もなければそれで良いわけで、資本である体はいたわらないとです。 また、結果でましたらレポートいたしますね。 みなさん、ぜんぜん心配いらないですので、どうぞご安心のほどを。 ビジネスコンティニュイティ (事業継続性)とは 仕事で大切なことは、私は事業継続性と考えています。 利益を考えたら囲い込み戦略が重要になるわけですが、それはユーザーのためかというと、そうでないことも多いと思うのですよね。 まして、私の場合、フリーランスで体が資本です。 万が一にも事故などで、事業が継続できなくなれば、それこそ責任が果たせません。 囲い込みを意識しつつも、事業継続性をしっかり担保し、お客様に安心も提供しなければならないと思います。 ビジネスコンティニュイティで重要なことは次の3つだと思います。 ・技術をオープンにすること ・代替手段を確保していること ・それらを担保できる余裕があること >>人気の「血液検査: 検査薬」最新一覧はこちら。 とくに3番めが難しいんですよね。 余裕がないとバックアップをとったり、自分の代わりとなる人を探したりと、そういう時間がなくなります。 しかし、余裕があるというのは直接的な利益を生むわけではないですから、自社のビジネスも回らなくなるかもしれない。 そのバランスがほんと難しいんですよね。 とはいえ、バックアップのない作業はプロとは言えないと、私は思っていますのでその点はこだわっています。 リスクは常にありますし、絶対、というものはこの世にはありえないのですから。 このあたりは人それぞれでしょうけども、私はそういう質ではあります。 体が資本。 すごく当たり前のことですが、大事なことだと思いましたのでエントリーしました。 結果でましたらまたレポートしますね。 追記 2014年10月22日 その後のレポートはこちら。 >> >> ・プライバシーについて 当ブログではGoogleアナリティクスとcookieを用い、個人を特定しない範囲でアクセス状況を記録しています。 Google側ではその情報をGoogleアカウントと紐付けパーソナライズ広告に利用しています。 その情報は取り扱いに注意しつつ、内容充実や企画立案など、皆様のお役に立てるよう活用しています。 パーソナライズド設定をオフにするには、Google公式ページを御覧ください。 ・広告について 当ブログでは運営のために、Amazonアソシエイト・プログラム、及び、バリューコマース、リンクシェアジャパン、アクセストレード、A8. net の運営するアフィリエイトプログラムに参加しています。 それらのリンクからユーザー様が該当サイトにて購入されたとき、サイトが紹介料を獲得します。 TwitterやInstagramなどSNSで公開された投稿については、本文の説明上必要と思われます著作権法で認められています「引用」としての利用として、ASPの埋め込み引用機能(エンベッド)を用い掲載をしています。 ・免責事項について 当ブログの記事の内容や感想については、あくまでも個人的な見解となります。 また、記事執筆当時の情報で、実際の状況や環境によって掲載内容と異なる場合がございます。 万一トラブルや問題、損害が発生しましても、一切の責任を負えません。 あらかじめご了承ください。 Please enable JavaScript.

次の

背中の痛み治し方‐真ん中・息苦しい・肩甲骨痛みストレッチ【TV検証】

朝起きると背中が痛い 肩甲骨

朝起きると背中が痛くなる原因はこの3つ! 転んだり怪我以外で、朝に背中が痛く なるのは主に4つの原因が考えられま す。 筋肉疲労によるもの 一番多いのは、 運動不足やハードワークによる筋肉 疲労によるものです。 肩こりや首こり、背中のこりもここに 含まれますが、筋肉が上手く使われな い事で、血行が悪くなり筋肉が固まっ てしまっているのが原因です。 長時間同じ姿勢で仕事をしている スマホやパソコン操作が多い 運動習慣がない 姿勢が悪い このような人は、腕だけを使って 操作をするために肩甲骨の稼働粋 が狭く、背中を使えていません。 肩甲骨は腕全体を動かすと、いっし ょについて動くのですがキーボード を打ったり、スマホ操作など 肘から下を中心に動かすことで腕が しっかりと働かないために、背中が 硬直したままになっています。 このような状態を長く続けていれば、 当然ですが筋肉は衰え固まって動かな くなってしまいます。 肩甲骨が動けば自然に肩や腕も動くの ですが、ここが稼働しないために背中 が鉄板を入れたような状態になり、 こりを通リ越して痛みとなってあら われてしまいます。 また姿勢が悪い、猫背に人は肩こりだけ でなく背中もこりやすくなるので朝に 背中が痛くなりやすいのです。 筋肉を使わなければ、血行もどんどん 悪くなるので、痛みとなってあらわれ やすくなります。 寝具に問題がある 一番の問題は、枕や布団が自分に合って いないことです。 本来であれば就寝中は、体の力は抜けて いるはずですから、一日に疲れを修復す るはずです。 ところが、枕が自分に合っていなかった り、布団が柔らかすぎてしまい体が沈ん でしまうことで、寝ている間も体が緊張 して休むことができないと 翌朝には背中は当然痛くなってしまうの です。 人間の体の8割は水分でできています。 寝ている間も、血液は流れているわけで すからそれを円滑に循環させなくては 筋肉は休まりませんし、細胞の再生も うまく働くことがありません。 それをうまく働かせることができるのは、 睡眠であり、その睡眠が深くなくては意味 がないのです。 睡眠中は、血圧も下がり血液の流れも起き ている時よりゆるやかにあなっています。 それを阻害するような寝具は、背中の痛み だけでなく健康にもよくありません。 食事時間が遅い 忙しい人は食事時間が遅く、就寝 時間も遅くなる傾向があります。 食べてすぐに休んでしまうような人 は、就寝中に消化活動がされてしま うので筋肉の修復や骨の生成が上手 く働きません。 そうなれば当然ですが、全身の疲労を 回復することができなくなってしまい ますので、朝起きると背中が痛く感じ るのです。 消化ができないと、深い睡眠に入るこ とができずどんどん背中のコリが酷く なりますので朝に背中が痛くなるのです。 内臓疾患 疲労や食べ過ぎが続くと、胃腸はもちろ んですが内臓の働きが落ちてしまいます ので体も疲れさすくなり、内臓はどうも ないのに 関連痛が起きるようになってい きます。 左の背中が痛くなる人は肺や腎臓、胆の うの機能が低下していますし、右の方は 心臓や肝臓機能の低下があると覚えてお きましょう。 内臓の疲れは、背中に出やすいので気を つけたいですね。 スポンサーリンク 症状が一時的ならセルフケアで改善していきましょう 背中の痛みが、コリや筋肉疲労の場合には 毎日ではなく 「疲れた」「調子が悪い」時 に起こっていると思います。 ストレスや疲労が蓄積されていると、姿勢 も悪くなりますし猫背になってしまいます。 そうするとより筋肉は固まってしまい血行 がより悪くなっていくのです。 簡単な寝起きストレッチ 朝起きていきなり 体を動かしても、より背中が痛くなってし まうこともあります。 まずは背伸びをして全身をしっかり伸ばし てみましょう。 それからゆっくりと体をおこして少し動 いてみましょう。 まずは深呼吸 大きく深呼吸して全身を寝覚めさせ ます。 腕も大きく伸ばして背中にも呼吸が 届くようにすると背中もしっかり伸 びます。 腕を肩と90度にしてみます。 そこから 後ろに、腕を押しましょう。 これを10回程度、今度は下に下ろして 90度にし後ろに押していきます。 これを左右行ったら肩の力を抜いて リラックス。 今度は両手をまっすぐ上にあげていき ましょう。 息を大きく吸って腕を上げたら、ての 平を外に向けるようにして肩までおろ します。 これは20回程度くりかえし ます。 これでなにができるかというと、肩 の力を抜くことと肩甲骨を動かして 背中の筋肉を動かしています。 これを行うことで、肩甲骨周りが動く ようになるので、血液の循環が働き 内臓の働きも活発になっていきます。 背中を丸めて伸ばす運動 椅子にすわり 、足は軽く開きます。 背筋を伸ばして息をすいながらゆっ くり頭を足の間にいれるように背 中を丸くします。 背骨がしっかると丸くなっていく のを感じましょう。 息は吐きながら頭を持ち上げていき ます。 この時にお腹を引き上げるような イメージをもつと、背中をしっか り伸ばせますのでやってみましょう。 応用として床に四つん這いになって やってみます。 息を吸いながらゆっくりと背中を丸く していきます。 お腹を引き上げるように頭をお腹に 近づけてみましょう。 ネコが体を丸めるように柔軟に丸くな ります。 最初はうまくできなくても何回か繰り 返すことでどんどんせきるようになり ます。 息を吸って吐きながら丸くなり、吸い ながら今度は背中を伸ばします。 5回から10回でつかれたら無理はしな いこと。 これだけでも背中が軽くなり、スッキリ します。 甲骨のストレッチ 座って両腕を後ろに伸ばし胸を突き 出すようにしていきます。 背中の肩甲骨が内側に入るので、 これをもっと動くようにしていき ましょう。 肩の力を抜いたら、肩甲骨で腕を 回すように後ろに10回、前に10回 回しましょう。 肩甲骨がしっかり動いているのを 感じながらやってみましょう。 肋骨を伸ばして背中を伸ばす運動 片腕をまっすぐに上に伸ばしたら、 反対の手で手首をもって肋骨が伸 びるのを感じましょう。 左右5回程度で、背中から肩までが 軽くなるのがわかります。 スポンサーリンク まとめ 筋肉のこりや血行はストレッチで 解消することができますが、日 ごろから軽い運動習慣をつけて 全身の血行が良くなるような 状態にしておくことも大切です。 全身の血行を良くしておくこと や、姿勢の改善とストレッチを 習慣つけておけば朝起きて背中 が痛くなることはなくなってい きます。 これでも改善されない場合は、 整体などで筋肉をほぐすなど も良い方法です。 それでも改善されない、痛みが 朝以外にも起きるようであれば、 内臓に問題があることも考えら れますので診察を受けてみまし ょう。 健康診断で特に問題ない人は、 日ごろの生活習慣や運動不足が 大きな原因です。 自分でできることをコツコツや ることで、背中の痛みも消えて いきますので焦らずにしっかり とやっていきましょう。 20ビュー カテゴリ: ,• 20ビュー カテゴリ: ,• 15ビュー カテゴリ: ,• 11ビュー カテゴリ: ,• 11ビュー カテゴリ: ,• 11ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: , ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: , , ,• 9ビュー カテゴリ: , ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,.

次の

寝起き背中・肩甲骨が痛い・治し方

朝起きると背中が痛い 肩甲骨

こんにちは。 整体CURAです。 「あ〜。 パソコンのやりすぎかなぁ。 最近、肩甲骨が痛いんだよね。 」 「朝起きたら肩甲骨が痛くなっちゃった。 寝違えかな?」 と、あなたもこんな風に肩甲骨が痛いと感じたことはありませんか? 今回は、肩甲骨が痛いときはどんな体のサイン?というテーマでお伝えしていきます。 当院に来院される方の中でも比較的多いこの肩甲骨の痛み。 なぜ、肩甲骨が痛くなるんでしょうか? 肩甲骨の痛みは、体から発せられる色々なサインだったりします。 その中には、放置していると危険なものもありますので一つ一つチェックしてみてくださいね。 痛みの場所で原因が違う!? 肩甲骨に限らず、 痛みには直接的な原因と根本的な本当の原因の2種類があります。 まず、肩甲骨が痛い時の直接的な原因についてお伝えしていきます。 直接的な原因のほとんどは 「筋肉」が原因になります。 この筋肉がどうなると痛みが出てきてしまうのかというと、 それは 筋肉が「硬く緊張」することで痛みが出てきます。 このメカニズムを話すと長くなるので割愛しますが、 HPやブログでも登場していますので探してみてくださいね。 筋肉が硬くて緊張した状態は、痛みが出やすい状態です。 肩甲骨が痛い場合は、 肩甲骨周辺はもちろん肩や腕、 背中や腰など広い範囲の筋肉が緊張していることが考えられます。 これが直接的な原因です。 これを踏まえて、 筋肉が硬くなってしまうもっと深い原因について考えていきましょう。 1、 首の問題(頚椎ヘルニア、頚椎症など) これは首の骨である頚椎でヘルニアが起こって 肩甲骨周りの筋肉を緊張させてしまうことで起こります。 首と肩甲骨ってちょっと離れてるけど関係あるの? と思われる方もいるかもしれませんが、 肩甲骨周りの筋肉の多くは首から肩甲骨にかけてそうこうしている筋肉が多いです。 そのため、首に問題があると首に直接に症状が出ずに 肩甲骨に症状が出てくることも珍しくありません。 2、 胸椎、肋骨の問題 胸椎や肋骨に問題がある場合も、 肩甲骨が痛くなったりします。 これは、デスクワークやずっと同じ姿勢をとってる人に多くなります。 理由として、筋肉が硬くなるのは血流が不足することが 主な原因になりますが筋肉を動かさずにいると血液の循環が悪くなります。 そのため、デスクワークや同じ姿勢で仕事をすることが 多い人は筋肉を動かす時間が少ないので痛みが出やすいというわけです。 3、 内臓の問題 今回、肩甲骨が痛いときの体のサインで 特にお伝えしたいと思ったのがこの内臓の問題です。 どこの内臓に問題があるときに肩甲骨が痛くなりやすいのか? いくつかお伝えします。 当院に肩甲骨が痛いですとこられる方の中に、 そこって背中だよね?と感じる方が結構います。 意外と肩甲骨の位置というか範囲がわからないということはあると思います。 ですので、厳密に肩甲骨に限局するのではなく その周辺で考えられる内臓の問題についてお伝えします。 肝炎や肝臓がん、胆石などによって左の肩甲骨周辺に痛みが出ることがあります。 胃炎や膵炎、心筋梗塞などによって左の肩甲骨周辺に痛みが出ることがあります。 問題がなければ、 血流不足によって起こる筋肉の緊張が主な原因だと考えられます。 では、肩甲骨が痛い原因がわかったところで どうすれば解消することができるのか?は気になるところですよね。 次に肩甲骨の痛みを解消する方法を具体的にお伝えしていきます。 肩甲骨の痛みを増幅させる方法 さて、大きな病気の可能性がない肩甲骨の痛みは何が原因か理解できましたか? そうですね、 血流不足で筋肉が緊張するということです。 では早速その筋肉の緊張を緩める方法をお伝えしていきたいと思いますが、 普通通りにお伝えしても、なかなか実践していただけないと思いますので 今回は趣向を変えてあえて逆効果になってしまうものをお伝えします。 どういうことかというと、 これをやると筋肉がさらに硬くなって 肩甲骨の痛みが増してしまう方法をお伝えしていきます。 「は?なんで? 今日は肩甲骨の痛みを改善する方法を教えてくれるんじゃないの?嘘つき!」 と言われてしまうかもしれませんが、 実は今回お伝えする方法をやめるだけで改善する方が大勢いると思っているからです。 「いやいや、わざわざ痛みが増してしまう方法をやってるわけないじゃん!!」 と思われる方もいると思いますが、 実は当院に来院されている方にこんなことやってませんか? と質問すると かなりの確率(90%以上)でやっていることが判明しました。 それほどまでに一般的な方法なのですが 実はこれが今まであなたの痛みが改善しなかった原因 だということを知っている人はほとんどいません。 具体的にお伝えしていきましょう。 あなたもついついやっていませんか? 「普通にやってるし・・・」 「これって良くないの?」 という方は、しっかり読んでみてください。 あなたも筋肉が硬いところ(いわゆるコリ)をギューと押して見たことはありませんか? 他にも、家族などに肩を押してもらったりした経験はありませんか? これ、筋肉を硬くしてしまう1つ目の方法です。 これはいわゆるマッサージですね。 鈍痛があるときに叩くという行為をしてる人はかなり多いのではないでしょうか? 肩たたきと呼ばれるものがありますが あれも叩くということで筋肉を硬くしてしまう方法の1つです。 これはいわゆるストレッチと呼ばれるものです。 これも筋肉が硬いときに柔らかくするためにやる方が多いのではないでしょうか? でも、実は筋肉が硬いときに 無理やりストレッチを行ってしまうと逆に筋肉を硬くしてしまうってご存知でしたか? この4つの方法を痛みがあるときに やったことがある方はどれだけいらっしゃるでしょうか? あなたもやったことがありませんか? この4つの方法をやめるだけで肩の痛みが軽減することもあります。 では、今日はこの辺でと言いたいところですが 具体的に何をやったら筋肉を緩めることができるのかを お伝えしていませんでしたので最後に2つ効果的な方法をお伝えしますね。 さすっただけで筋肉が柔らかくなれば苦労しないよ! と思われるかもしれませんが。 あなたはけがをしたとき、どのような行為をしますか? 例えば、タンスの角に小指をぶつけたと想像してみてください。 痛いですよね~>< その時って、無意識でぶつけたところをさすったりしませんか? 昔から、「手当て」という言葉がありますが 人間は痛みを回避するときに自然と痛いところに手を当ててさすったりします。 これは防衛本能です。 「手当て+さする」という行為は、 人間が持ってる本能的なものです。 このさするという行為は、 血液の循環を促して筋肉の緊張を緩和してくれる効果があります。 温めることは筋肉の緊張を緩めることは一般的に知られていますが、 もっと効果的に緩める方法がこの温冷シャワーです。 やり方 1)冷たいシャワーを痛みがあるところを中心に1分当てる 2)その後、熱め(41~44度)のシャワーを痛みがあるところを中心に1分当てる 3)冷たいシャワーと熱めのシャワーを交互に3回合計6分間ほど続ける これだけです。 肩甲骨の痛みを改善するためにこの2つの方法を試してみてくださいね。 まとめ 今回はボリュームが多くなっていますので まとめますね。 まず肩甲骨が痛い時( 特に激痛、息苦しい)は、 大きな病気がないかどうか不安な方は病院で検査してもらいましょう。 問題ない場合は、 今回お伝えした筋肉が緊張して痛みが出てくることが考えられます。 肩甲骨の痛みは血流を良くして 筋肉を柔らかくすれば解消することがほとんどです。 肩甲骨の痛みを自分で解消する具体的な方法についてお伝えしていきました。 解消する具体的な方法の前に、 肩甲骨の痛みの原因である筋肉を緊張させてしまう4つの方法もお伝えしました。 今までやってしまっていた方はできるだけやめてみてください。 そして、今回お伝えした2つの方法をぜひ試してみてくださいね。 それでも、なかなか解消しないという方は 当院に一度ご相談ください。 施術のお試しもやっているので お気軽に受けていただけると思います。 それでは、 また次回もお役に立てる情報をお伝えしていきます。 それでは! 追伸: もっと早く肩甲骨の痛みを改善したいという方は 根本的に体を健康にしたいとお考えの方は.

次の