スマホ 容量 減らす。 Android で空き容量を増やす方法|このアプリで誰でも簡単にできる!

Androidスマホの容量不足を解消|ストレージの空き容量を増やす方法

スマホ 容量 減らす

画面をスクロールして「LINE」アプリをチェックする。 筆者の場合は277MB 筆者の場合は277MBなので、動きがにぶくなるほどではないですが、500MB以上になっていたら、そろそろ容量削減を考えはじめるタイミングでしょう。 容量を減らす方法その1.メッセージを削除していく 容量を減らすには、メッセージやトークを削除していくのが有効です。 特に画像や動画のやり取りが多い「友だち」とのメッセージやトークは、要チェック。 逆に言えば、画像や動画を削っていけば、メッセージ自体を残しておいても良いかもしれません。 そんな残しておくべき優先順位を考えながら、次のステップに進みましょう。 メッセージの削除は簡単です。 容量を減らす方法その4.LINEのキャッシュを削除する 画像などのデータの再読み込みにかかる時間を短縮・高速化するために、保存された一時ファイルのことをいいます。 LINEを頻繁に使っていると、キャッシュがどんどんたまっていき、アプリの動きが悪くなってしまいます。 そのため定期的に削除してLINEを軽くすることをおすすめします。 LINEのキャッシュの削除方法については、記事「」をご覧ください。 削除する前に、大事なメッセージや画像は保存しておこう 「削除していこう! 」と気軽に言ったものの、そうそう気軽に捨てられるものばかりじゃありませんよね。 そんな捨てられないメッセージや画像、動画は、それぞれ残しておく方法も用意されているので安心してください。 例えば、「LINE」で用意されているクラウドサービスとも言える「Keep」機能を使うのも1つの方法。 まずはトーク画面内の動画を、スマートフォンの端末内に保存。 YouTubeの動画アプリから、アップロードしておけばいいだけです。 Googleアカウントさえもっていれば、スマートフォンの操作だけで、しかも無料で保存しておくことができます(通信料はかかるので、Wi-Fi環境でアップロードするのがベスト)。 以上、LINEアプリのメンテナンスを定期的に行うことで、快適にスマートフォンやLINEが使い続けられます。 いつかは捨てなければいけないのなら、切羽詰まってしまう前に、余裕を持って整理していきましょう。

次の

Androidのストレージの空き容量が足りない時の7つの対処!今すぐ空き容量を増やそう

スマホ 容量 減らす

Androidを快適に利用するための対策10選 スマホの「RAM」のことを俗に「メモリ」と言うことがあります。 ROMはアプリのプログラムファイルや音楽データ、写真データを保存する領域ですが、RAM(メモリ)はアプリの起動中など一時的に使われるものです。 アプリを終了させると一時的に領域を確保されていたメモリは解放されるといった仕組みです。 「ROMを節約する」「RAMを節約する」といった観点で、まとめて対策を例示していきます。 RAMの少ないスマホを利用している方はRAMに関する記述、ROMの少ないスマホを利用している方はROMに関する記述に目を通すと効果が大きいでしょう。 アプリを終了させる アプリを起動するとスマホのRAM容量が確保され、反対にアプリを終了すると確保されたRAMが解放されます。 その確保されたRAM容量がスマホのRAM容量を超える時に動作遅延が明確に起こります。 したがって、 使わないアプリを終了させるとスマホが軽くなる可能性があります。 アプリの終了はマルチタスク画面から行うのが簡単です。 機種によってすべてのアプリを終了するアイコンもあります。 これは画面に現れにくい裏側で動いているアプリを終了するのに役立ちます。 設定アプリの「アプリケーション」からもアプリの終了ができる アプリを選び「強制終了」をタップ 利用しているAndroidバージョンが4. 2以上であれば、メモリの管理はある程度Android側で上手に処理してくれるようになっています。 ただし、バージョンやアプリによってはメモリの解放に失敗する現象が起こる可能性もあります。 その場合、後述の「再起動する」を実行するといいでしょう。 また、Androidがスマホとして動くために確保しているRAMもあるので、アプリを落とすのはアイコンをタップして起動するタイプのものに限定すると安定しやすくなります。 不要なウィジェットを消す スケジュールや天気などを常にホーム画面で確認できる便利なウィジェット。 実はウィジェットは常に起動している「 常駐アプリ」です。 メモリを確保し続けることになりますので、 不要なウィジェットは削除しましょう。 アプリ自体を削除している訳ではないので、必要があれば簡単に再設定できます。 ウィジェットの削除は長押しして「削除」 3. アプリのキャッシュを消す キャッシュとは一時的に利用するデータの事を指しますが、これだけではよく分かりませんね。 たとえば「」といったページを見ていると、綺麗なお姉さんの画像データやこのページの文章やレイアウトを示すHTMLデータなどが、ブラウザーのキャッシュとして一時的にスマホのRAMに蓄積されます。 再びこのページを表示しようとアクセスしたとき、ブラウザーアプリが管理しているキャッシュデータから読み出して表示することになります。 このキャッシュはRAMの中で保存されることになるため、 「RAMが圧迫されているけれど、これ以上削除できるアプリが無い」といった場合にはキャッシュのクリアが有効です。 ライブ壁紙を使わない ダイナミックな背景を演出してくれるライブ壁紙ですが、これもメモリを使うものですし、壁紙を表示しているうちは処理速度に直接的に影響するCPUの資源も利用しています。 ライブ壁紙を止めることで動作が快適になるか、試してみてはいかがでしょうか。 壁紙では静止画を選択する 5. 不要なアプリを削除する 主にスマホの「ROM(ストレージ)」と呼ばれる数字も影響があり、 ROMの空き容量が少なくなるとスマホが遅くなる原因になります。 ROMの空き容量が少なくなる主な要因をこの記事でもいくつか紹介します。 まず 使っていないアプリそのままにしていませんか? アプリ、特にゲームなどは大きな容量を食ってしまい、沢山インストールすると使用可能なROM容量が大きく減ってしまい、動作が遅くなる原因になりがちです。 インストールしたアプリが多い場合はSDカードに移したりと対策方法はあります。 全く使っていないアプリは思い切って削除するようにしましょう。 アプリをSDカードに移動する方法については、をご覧ください。 写真・動画ファイルを削除する バックアップを取って写真・動画データを削除しましょう InstagramやTwitter、写真を投稿できるSNSが人気になりスマホで写真や動画を撮ることが増えたと思います。 その写真や動画のデータ、端末本体に溜めておくとROM(ストレージ)容量が圧迫されてしまいスマホの動作が遅くなってしまう可能性があります。 不要な写真・動画データがある場合は削除しましょう。 連射モードで撮影したものや、スクリーンショット、ミスショットなどそのままにしていませんか?一度、整理してみましょう。 消せる写真や動画データがない! といった人はクラウドストレージやSDカードにデータをバックアップして本体ストレージに溜めてある写真・動画データを削除しましょう。 おすすめのクラウドストレージは「Googleフォト」です。 使い方は以下の記事で詳しく解説しているのでぜひチェックしてみてください。 ウイルスに感染していないかチェック Androidスマホ使っている場合、セキュリティ上の脅威にはOS・ソフトウェアのアップデートで向上しているもののウイルス(マルウェア)に感染する可能性は0ではありません。 この記事で解説した、対策方法をしてもスマホの動作が遅い、なんかモッサリ重たいと感じた場合はセキュリティ対策アプリを使って感染していないかチェックしてみましょう。 ただ常駐するウイルス対策アプリを使う場合、RAM(メモリ)の容量を圧迫してしまう可能性があるので、メモリの容量も確認しておきましょう。 アプリをアップデートする Androidに限らず開発者がアプリをアップデートすることがあります。 アップデート内容には機能を追加するものもあれば、動作速度や軽快さを改善させるものもあります。 アップデートすることで、RAMの使用量やアプリ全体の軽快さが改善されるケースがあります。 アップデート内容を確認して処理の軽減に関する記述がある場合は、アプリのアップデートを検討しましょう。 OS、ソフトウェアをアップデートする 定期的にアップデートの通知がきたときに、そのまま放置していませんか? OSのアップデートは、端末の不具合を解消、最新のアプリに対応し、新しい便利機能が使えたり、セキュリティの向上にも繋がりアップデートをしないのはもったいないんです。 スマホの動作が遅い・重いと感じたときは、ソフトウェアのアップデートをすると改善する可能性があります。 アップデートの通知がきたらそのままにしておかないで、対応しましょう。 まとめ:機種変更も検討してみるべし 上記対策を実施しても改善しないなど、機種自体が故障している可能性がある場合はいっそ新機種への機種変更を検討してみると良いでしょう。 補償サービスに加入していない場合はなおさらです。 故障内容によっては同じ機種の新品交換だけでも、3万円近い修理料金が発生する場合があります。 スマホはどんどん新作が誕生してくるので、もし故障したスマホが長らく利用してきたスマホであればなおさら、これを機に機種変更をすべきです。 また、端末の購入なら公式のオンラインショップがおすすめです。 以下がオンラインショップで手続きするメリットです。 ・24時間いつでも時間に購入できる ・分割払い時の端末頭金不要 ・オンラインショップ限定のキャンペーンがある ・各種ポイントの利用ができる 機種変更に伴い、キャリア間ののりかえもキャンペーンでお得に行える可能性が高いので、あわせてチェックしてみてください。 販売サイトはこちら.

次の

Android で空き容量を増やす方法|このアプリで誰でも簡単にできる!

スマホ 容量 減らす

もくじ• 内部ストレージの容量を確認 とにかくいらないものを消そうという行動に出る前に、まずは状況を把握しましょう。 ストレージ関連の問題は、一度発生するとたびたび発生しやすいです。 何を調べればよいのかということですが、Androidの標準機能を使って次の容量を調べます。 内部ストレージの容量• アプリ・画像・動画などのデータ使用量 ストレージには、内部ストレージとSDカードの外部ストレージの2種類があります。 内部ストレージ• 外部ストレージ(SDカード) 基本的には内部ストレージを使用してAndroidが動作するので、内部ストレージが重要です。 内部ストレージが足りなくなると、正しく動作しなくなったり、極端に動作が遅くなったります。 最初に現状を理解しよう!• 内部ストレージの状態を把握しよう 内部ストレージの容量がどのような状態になっているかを次の手順で表示します。 「設定」アプリを起動• 「ストレージ」を選択• 「内部ストレージ」の容量を確認 Android 5. 0のストレージは「機器メモリー」という名前になっていました。 41GBの内部ストレージで、アプリがほぼすべての容量を使っています。 空き容量22. 63GBが自由に使える容量です。 「アプリ」や「画像、動画」をタップすると詳細が表示される• 各データの容量を確認すると、どこで容量を大量に消費しているかが分かる Android 5. 合計容量 「機器メモリー」の総容量です。 Android端末自体のストレージ容量を指します。 空き容量 Android端末のストレージ容量で未使用な容量です。 アプリ インストールしたアプリとアプリが使用しているデータの合計です。 画像、動画 カメラで撮影した写真や動画、の画像、保存した画像や動画も含みます。 サウンド 着信音、通知音などを含む音楽のデータです。 ダウンロード ウェブブラウザからダウンロードしたデータです。 キャッシュデータ アプリやシステムのキャッシュデータです。 その他 おそらくアプリが使用している設定ファイルの一部と分類できなかったデータです。 Android 8. 0では分類が細かくなっています。 また「空き容量の確保」を選択するとキャッシュや最近使っていないアプリ等から選択してデータの削除を行うことができます。 Android 8. システムは、Android自体が動作するために必要なデータ容量のことです。 ストレージの空き容量を増やす7つの方法 空き容量を増やすために、次の7つの方法はこちらです。 不要なアプリの削除• アプリ内不要データの削除• キャッシュの削除• 不要なデータの削除• SDカード(外部ストレージ)にデータを移動• SDカードを内部ストレージ化• クラウドをストレージとして使う どれも一長一短で、複合的に使用すると根本的な解決になりやすいです。 大きく分類すると次の2つの対処方法に分けられます。 不要なデータを見極めて削除• スマートフォンの内部ストレージ以外のストレージを利用(SDカード・クラウドサービス) 今後はますますクラウドサービスが便利になっていくと思われますので、少しずつクラウドを使ったデータの管理を行うようにすると良いですね。 不要なアプリの削除 使用していないアプリを削除します。 またアプリのデータ容量を確認して、大きなデータ容量のものを消しましょう。 データの削除• データを削除前に消しても良いデータであることを確認! アプリ情報から「データを削除」を実行しても良いですが、何のデータが削除されるのかが分かりません。 大切なデータが含まれて困るものが含まれるかもしれない場合は、アプリの開発元に確認しましょう。 特にゲームのデータ、画像、動画などでしょうか。 こちらのほうが不要なデータを直感的に削除できるため安全です。 以下の記事のように、アプリを使ってジャンクファイルを削除しても良いです。 キャッシュの削除 キャッシュの削除で、データ容量が確保できます。 一時的な容量の確保には向いていますが、頻繁にキャッシュを削除しなければならない状態は良い状況ではありません。 もしそうなった場合は、別の方法で空き容量を増やすことをおすすめします。 不要なデータの削除 カメラで撮影した写真や動画がデータ容量を大量に使っているケースが多いでしょう。 動画 これらの中から不要なデータを削除しましょう。 消すのは大変すぎる・・・という方は別の方法で対処してください。 以下の記事のように、アプリの提案で大きなサイズのファイルや重複するファイルの削除をおすすめします。 SDカードへデータ転送 6. SDカードを内部ストレージ化 こちらは、高度な設定になるため本記事では詳細は説明しません。 それでもやってみたいという方は、「SDカード 内部ストレージ化」または「Adoptable Storage」で検索してください。 簡単に説明します。 Android 6. 0からAdoptable Storageという機能が導入された• 外部ストレージのSDカードを内部ストレージのように扱える• アプリとアプリの個人データをストレージ間(内部ストレージ SDカード)で移動できる 内部ストレージ化したSDカードのデータを扱うのはその端末に限定されます。 もちろん、フォーマットすれば他の端末でも使えますよ。 クラウドをストレージとして使う データをスマートフォンに貯めこまないという対処法です。 PCにデータを移動させてもよいのですが、日常的に増える可能性のあるデータの場合は移動が大変ですね。 クラウドで利用するならば、選択することが多い有名なサービスを記載します。 Google Drive• OneDrive(Microsoft)• Amazon Drive• Dropbox• Box これらのなかでAndroidスマートフォンなので手間の少ないGoogle Driveを使用したGoogle フォトのクラウド利用について説明します。 Google フォト Google フォト 画像、動画のデータ容量が多い方におすすめです。 Google フォトに保存しておけば、スマートフォンが壊れても大丈夫です。 Googleのアカウントさえアクセスできればどこからでも見ることができますし、スマートフォンの機種変更があっても画像や動画の移行が不要です。 「高画質」または「元のサイズ」のどちらかでデータをクラウドに保存できる• 高画質:画像・動画を容量無制限で保存できる• 画像:16MP(1600万画素)を上回ると16MPまで縮小(61. 6cmまで高画質で印刷可能)• 動画:1080pを上回ると1080pまで調整• 元のサイズ:圧縮なしでGoogleのアカウントのストレージ上限(無料アカウント15GB)まで保存できる• Google フォトを起動• 「バックアップと同期」を有効にして「確認」を選択• 同期対象にするフォルダーを追加• 「空き容量を増やす」を実行 3. 「バックアップと同期」を有効にして「確認」 バックアップと同期の設定は、初期設定のままで問題ありません。 デフォルトの設定 説明 アップロードサイズ:高画質(無料、容量無制限) 画質を選択します。 高画質というのは、必要に応じてデータを圧縮するということです。 データは圧縮したくないという方は「元のサイズ」に変更してください。 Wi-Fi 接続時にのみアップロードする Wi-Fi 接続時にのみ通信を行ってクラウドにデータを保存します。 いつでもすぐに保存したい場合は、「モバイルデータ通信を使用する」設定に変更してください。

次の