鬼滅の刃 202。 【鬼滅の刃202話ネタバレ】「帰ろう」文字バレまとめ

【鬼滅の刃202話ネタバレ】「帰ろう」文字バレまとめ

鬼滅の刃 202

禰豆子登場、炭治郎への気持ちと説得 鬼化した炭治郎を前に焦る義勇、呆然と立ち尽くしている善逸、そして炭治郎に狙われている伊之助の3コマ。 そして長い髪が映りこみ、そこにいたのは禰豆子でした。 禰豆子は炭治郎に対し「ごめんね!お兄ちゃんごめんなさい!ずっと私何もわからなくなっていたから…。 お兄ちゃんだけに全部背負わせてしまっていたんだね。 どうしていつもお兄ちゃんばかりこんな目に…。 どうしていつもお兄ちゃんだけが苦しくなって…!!」と謝り続けます。 1話で鬼化した禰豆子に炭治郎が謝ってて、202話で鬼化した炭治郎に禰豆子が謝ってるのエモいしぴえんだわ、、、 — もりひろ。 「お兄ちゃん、帰ろう。 ね、うちに帰ろう。 」 仲間の説得、炭治郎の攻撃 禰豆子の呼びかけにも反応しない炭治郎を抑え込もうと、善逸や隠が助けに入ります。 そして伊之助は「お前何やってるんだよ炭治郎!禰豆子に怪我させるなよ!お前そんな奴じゃないだろう!!あんなに優しかったのに…元の炭治郎に戻れよ!!」とボロボロ泣きながら炭治郎を殴ります。 しかし、炭治郎は大きな咆哮とともに衝撃波を出して伊之助、善逸、隠を吹っ飛ばします。 さらに炭治郎は四つん這いの体勢になって背中から触手を出しました。 衝撃波ないし触手はかつての無惨そっくり。 炭治郎を止めるために必死でしがみつく禰豆子は、腕を噛まれるも「今のやったらダメ!!もう誰も傷つけないで!!」と炭治郎を叱ります。 義勇の考察 その様子を見ている義勇へ炭治郎が衝撃波を出します。 そこで禰豆子が「殺したらダメ!!」と叫ぶと、衝撃波じゃ義勇から逸れていきました。 義勇はこの状況を考察します。 禰豆子は血を流しているのになぜ殺さないのか、なぜさっきのエネルギー弾はなぜ逸れたのか。 炭治郎もまた自我を取り戻そうと戦っているのではないか、しかし、自我を取り戻すことなんて奇跡のようなことは起こりうるのか。 カナヲの決断、人間返りの薬のために失明を選択 炭治郎や仲間達の様子を見ていたカナヲ。 そして胸ポケットから、しのぶから預かっていた藤の花の薬を取り出します。 一方、兪史郎は建物の影から炭治郎が鬼になってしまったことに危機感を抱きます。 ゆしろーが読者の気持ちを代弁してくれたわ — ろくめ W6Pw9 カナヲの回想では、この薬は禰豆子を人間に戻すために作っていたもののストックで、何かあった時のためにしのぶがカナヲに預けていたものでした。 カナヲはこのことを思い出し、上弦の弐・童麿との戦いで残った片目、これを残してくれたのはこのためだったんだねと姉さん、と涙を流しながら胡蝶姉妹を頭に浮かべます。 鬼滅の刃202話「帰ろう」 やっっと禰豆子と炭治郎再会!! そして久々のカナヲ!!炭治郎の為に命を顧みない愛のパワーが届いて欲しいっね😭 — なぎ 0hg3m01478x0752 決意を決めたカナヲは、鬼になってすぐだから自身が片目でも炭治郎の攻撃をかいくぐって薬を与えられるはずと考え、「花の呼吸 終の型・彼岸朱眼」を発動。 そして見事に炭治郎が背中から出している触手をかいくぐり、炭治郎に薬を注入することに成功します。 しかし、カナヲは炭治郎の触手によって攻撃を受けて倒れこんでしまうのでした。 禰豆子ちゃんを泣かせないで。 鬼滅の刃 第202話「帰ろう」の感想・考察 感想 今回は鬼化した炭治郎を救うべく、ついに人間に戻って仲間たちと合流した禰豆子が炭治郎に問いかけ続けました。 さらに、カナヲが決意を固めて残された片目まで失う選択をします。 ん~、カナヲは炭治郎と結ばれそうな雰囲気があるので、失明を選ぶなんて読んでいて辛すぎます。 なにげに細かい話ですが、しのぶが珠世のことを「あの人」って人間扱いしてるのが感動しちゃいます。 あと、2020年10月16日から無限列車編の劇場公演が開始されることが決定しました。 これは鬼滅ファンからしたら待ちに待った作品。 その頃には原作が終了している可能性もありますが、臨場感あふれる劇場版で無限列車編を楽しみましょう。 考察 今回までの話の流れで、禰豆子は炭治郎への説得役なのかなぁと感じました。 前までは爆血で回復…とか思っていたんですが、完全に人間に戻ったことでそれは不可能だし、こうなってくると初めて禰豆子が鬼になった時の逆の展開になりそうですね。 炭治郎が自我を取り戻すパターン。 そして薬が効いてきて人間に戻る。 これだったら最高です。 では残されている伏線ですが、• 続編について• 青い彼岸花• 痣のデメリットの克服 この辺りでしょうか。 続編は私的にはないと思い始めています。 このまま炭治郎が逃げて禰豆子が鬼殺隊に入って…なんて意見も見ますが、鬼が炭治郎しか残っていない=敵が1人なのに数年先の未来まで物語を引っ張るのは無理があるように思うからです。 となると、あとは青い彼岸花や痣のデメリットの回収。 どちらも名前だけ匂わせて回収しない選択をとれないこともないので、意外にそのままスルーかもしれませんが。 せめて痣のデメリットについては回収してほしいとこと。 でないと、義勇や不死川は数年後に死んでしまうことになりますから。 残り数話の場合はあと1、2話くらいで炭治郎が自我を取り戻し、完結へ向かっていくと思われるので、伏線回収に注目しながら次話を楽しみたいと思います。 鬼滅の刃のアニメを無料で見る・漫画を無料で読む方法 動画配信サービスである「」なら、31日間の無料体験期間を使って鬼滅の刃のアニメ・漫画を無料で楽しむことができます。 U-NEXTの特徴は以下の通りです。 毎月1,200ポイント 1ポイント=1円 がもらえるので、そのポイントを使うことで 毎月2~3冊の漫画を実質無料で読んだり、最新の映画などを見ることもできます。

次の

【鬼滅の刃】第202話「帰ろう」のあらすじ・感想・今後の考察|禰豆子合流、カナヲ両目失明で炭治郎へ人間返り薬投与

鬼滅の刃 202

鬼滅の刃202話のネタバレ 炭治郎の形態が変化 の血を注がれてとなってしまった。 妹のが駆けつけ、「鬼になんてなっちゃだめ」と抱きしめながら声をかける。 しかし、今の炭治郎の耳には届かず、禰豆子の体を引っかきながら大声を上げる。 その様子を見てとも炭治郎を止めようとする。 しかし、善逸たちの言葉も届かず、炭治郎は無惨が放ったような衝撃波を放ち善逸たちを吹き飛ばす。 そして、炭治郎の背中から背骨のようなものが飛び出し、異形な姿へと変わっていく。 カナヲの覚悟 は禰豆子を噛んで血の味を覚えてしまった炭治郎を「人を殺す前に炭治郎を殺さなければ」と考えている。 しかし、炭治郎には日光も赫刀も通じず、殺す方法が思いつかないでいる。 炭治郎は口から衝撃波を放とうするが、禰豆子がなんとか炭治郎の攻撃を邪魔する。 冨岡は炭治郎が近くにいる禰豆子を殺さないことに疑問を抱いていた。 どうやら炭治郎も鬼にならないよう抗っているようで、「炭治郎の自我を取り戻すことができるのではないか??」と冨岡は考える。 も戦いの場にいるが、日光のせいで戦いに参加することはできていない。 太陽の下では血鬼術も消滅してしまうので、隊士に札を渡して協力することもできずにいた。 そこに現れたのが。 カナヲはから鬼を人間に戻す薬を受け取っていた。 カナヲはこの薬を炭治郎に打ち込んで炭治郎を人間に戻そうとする。 カナヲは残った左目で 終ノ型 彼岸朱眼を発動。 炭治郎の攻撃をかい潜り、薬を打ち込むことに成功する。 鬼滅の刃202話の感想 炭治郎が鬼になってしまい、「このまま第2部突入もあるか??」と思いましたが、今回の展開を見るにそれはなさそうですね。 カナヲの薬で炭治郎は人間に戻ることができるのでしょうか??と言うか人間に戻ってほしいw次回の展開に期待です。

次の

漫画『鬼滅の刃』201話「鬼の王」のネタバレと200話おさらい・202話以降の考察|イツキのアンテナ

鬼滅の刃 202

】 ーー鬼滅の刃201話【 鬼の王 おにのおう】はじまりーー 鬼の始祖、その子の間際……… 開幕は 無残 むざんの回想シーンから始まります。 私にはいつも死の影がぴたりと張りついていた 私の心臓は母親の腹の中で何度も止まり、生まれた時には 死産 しざんだと言われ 脈もなく呼吸もしていなかった 荼毘 だびに付されようという 際 きわに もがいてもがいて 私は産声を上げた 私は私が強く念じたことを必ず叶えてきた、実行してきた しかし1個体にできることは限界があった 産屋敷 うぶやしき、お前の言ったことは正しかったと認めざるを得ない 生き物は例外なく死ぬ 想いこそが永遠であり、不滅。 確かにそうだった 肉体は死ねば終わり だがどうだ、 想いは受け継がれ決して滅ばず この私すらも打ち負かしたのだ その後、場面は 炭治郎 たんじろう達との戦いで傷つき、 陽光に照らされて巨大化して 炭治郎 たんじろうを体内に取り込んだ時にまで遡ります。 私はその事実を目の当たりにし 感動して震えた 私の肉体は間もなく滅びるだろう 陽の光によって だが 私の想いもまた不滅なのだ、永遠なのだ 私はこの子供に想いの全てを託すことにする 呼吸も心臓も停止しているが細胞の全ては死滅しておらず生きている まだ間に合う 私の血も力も全て注ぎこもう もしも即死を免れ生きることができたなら 竈門炭治郎 かまどたんじろう、お前は陽の光をも克服し 最強の鬼の王となるだろう なぜならお前は 竈門禰豆子 かまどねずこと血を分けた兄であり あの化け物と同じ呼吸を使うことができた唯一の者 お前は死なない、私は信じる 私の夢を叶えてくれ 炭治郎 たんじろう、お前が お前が滅ぼせ 私の代わりに 鬼狩りを すると… 突然に 炭治郎 たんじろうが目を覚ましたのを見た周りの 隠 かくしの隊員と 冨岡義勇 とみおかぎゆうは「え?」と驚きますが 次の瞬間、欠損していた左腕が肩からまたギュルっと生えてきます! と同時にとなりにいた 隠 かくしの隊員を攻撃しようと手が伸び… 鬼化してしまった 炭治郎 たんじろうが襲うところを 冨岡義勇 とみおかぎゆうが危うく助けます! それを見ていた他の隠しは、「何…ええ?」と状況を把握できずにいます そして、「 炭治郎 たんじろう?」 「なんで?」と問いかけますが、 また 炭治郎 たんじろうの腕がその隠しをおそいそうになり、 冨岡義勇 とみおかぎゆうが「離れろーーーっ!! 」と走って駆けつけます。 その瞬間に陽の光にあたりジュウウっと皮膚が焼ける音がして 炭治郎 たんじろうは「ギャッ」と悲鳴をあげてもがき苦しみますが、 それを見た 冨岡義勇 とみおかぎゆうは大声で叫びます! 「動ける者ーーーっ!! 」 「武器を取って集まれーーーっ!! 」 これを聞いた者はどうしたんだ?と 愈史郎 ゆしろうも遠い物陰でびっくりし、 我妻善逸 あがつまぜんいつは 「何か騒いでる」と… 続けて、 冨岡義勇 とみおかぎゆうは 「 炭治郎 たんじろうが鬼にされた」 「太陽の下に固定して焼き殺す」と叫びます! 陽の光を嫌がる 炭治郎 たんじろうは急いで日陰を探し、物陰に隠れようとしますが、 冨岡義勇 とみおかぎゆうは 炭治郎 たんじろうの体に日輪刀を突き刺し、 炭治郎 たんじろうの行く手をはばみ… 「一瞬遅れてたら間違いなく 隠 かくしを殺していた」 「頼むこのまま、 炭治郎 たんじろうのまま、死んでくれ…!! 」 と 冨岡義勇 とみおかぎゆうも必死になんとかしようとします。 次の瞬間、 炭治郎 たんじろうの顔や体の皮膚を焦がしていた音がピタリととまします! 冨岡義勇 とみおかぎゆうは 「 陽光灼 ようこうやけが止まった!! 馬鹿な…」と驚きますが、 その瞬間に 炭治郎 たんじろうの拳が目の前まで迫ってきて、 冨岡義勇 とみおかぎゆうの 頬 ほほを殴ろうとします するとそこへ駆けつけた 嘴平伊之助 はしびらいのすけがかけつけて 冨岡義勇 とみおかぎゆうを助けます。 嘴平伊之助 はしびらいのすけが 「何してんだーーーっ!! 」と止めに入り、 「 半々羽織 はんはんばおりだぞ、仲間だぞ!! 」と叫びます! そこへ 我妻善逸 あがつまぜんいつもようやくかけつけ、ようやくその場の状況を 把握 はあくでき 「嘘だろ… 炭治郎 たんじろう」 「もうみんな戦えないよ、ボロボロで」 「こんなのあんまりだ」 「 禰豆子 ねずこちゃんどうするんだよ」 「 炭治郎 たんじろう」 と悲しみます。 嘴平伊之助 はしびらいのすけの声が聞こえないのか、わからないのか、 炭治郎 たんじろうは 嘴平伊之助 はしびらいのすけめがけて 攻撃をしかけ、 嘴平伊之助 はしびらいのすけも 炭治郎 たんじろうの攻撃をかわしていますが… ふと、以前3人で話していた出来事を想い出してしまいます。 伊之助 いのすけは飛びかかってくる 炭治郎 たんじろうを見て、以前共に修行した日に 「俺たちは仲間だからさ、兄弟みたいなものだからさ」 「だれかが道を踏み外しそうになったら止めような」 「どんなに苦しくても、つらくても、正しい道を歩こう」 という言葉を想い出しています。 】 まずいろいろとすごい展開になってきていて何からお話すれば…という感じですが、 あまり強調されていなかった点でとても気になった場面がありました。 その場面とは鬼化してしまった 炭治郎 たんじろうを見て、 冨岡義勇 とみおかぎゆうが言ったセリフです! 冨岡義勇 とみおかぎゆうが言っていたセリフとは、 炭治郎 たんじろうと相対していた時に 炭治郎 たんじろうに放った言葉で 「一瞬遅れてたら間違いなく 隠 かくしを殺していた」 「頼むこのまま、 炭治郎 たんじろうのまま、死んでくれ…!! 」 このセリフでした。 この 冨岡義勇 とみおかぎゆうの願いに今後の 炭治郎 たんじろうの展開が 隠されているような気がしてなりません! 他に今回の 鬼滅の刃 きめつのやいば201話を読んで思ったのは、 無残 むざんはいつも人間を鬼にするような感じで 炭治郎 たんじろうを鬼にしたのでしょうか!? 今回 炭治郎 たんじろうが鬼にされてしまいましたが、 無残 むざんはいつもとは違う感じで 炭治郎 たんじろうを 鬼化させたようなきがしてならないのです。 いつもなら 無残 むざんは人間を鬼化させる時に 自分の血を分け与えて鬼化させますが、 炭治郎 たんじろうには自分の細胞や力の全てを分け与えて 炭治郎 たんじろうを鬼化させたような気がしています。 禰豆子 ねずこが鬼化してしまった時は、傷口から 無残 むざんの血が入り込んでしまい鬼化していたようですが、 炭治郎 たんじろうもそれと同じようなものなのでしょうか!? それともう一つは、 毎回鬼であっても割と長めの回想シーンが登場するのですが、 今回の無残の回想シーンはあまりにも短過ぎはしませんか!? 理由は 禰豆子 ねずこがすでに実証しているように、 鬼化してしまっても人間を殺さない理性は保ち続けれると思いますし、 炭治郎 たんじろうの精神力はものすごく強いと思いますので、 もしかすると、人間にもどった 禰豆子 ねずこが 鬼の時にしていた 竹の筒を今度は 炭治郎 たんじろうが咥えつつ、 まだ完全に消し去っていない 無残 むざんの細胞を 死滅させるような展開が待っているのではないでしょうか!? もうひとつ可能性があるとすれば 栗花落 つゆりカナヲの存在もあるかもですが… きっと 禰豆子 ねずこも鬼であったころの記憶も いくらかは残っていると思いますので、 鬼化してしまった自分を必死にかばい、 守り続けてくれた時の記憶が残っていれば、• どうやれば人間を襲わずに鬼化を保てるのか!? もしかしたら、 愈史郎 ゆしろうの努力でまだ息があるが手足の欠損がある• 冨岡義勇 とみおかぎゆう、• 伊黒小芭内 いぐろおばない、• 甘露寺蜜璃 かんろじみつり あたりの体ももとに戻ったりはしませんかねぇ!? そして復活した柱達の• 不死川実弥 しなずがわさねみ• 冨岡義勇 とみおかぎゆう• 伊黒小芭内 いぐろおばない• 甘露寺蜜璃 かんろじみつり 以上の4人に加え新たに、 炭治郎 たんじろうと 炭治郎 たんじろうの同期である• 嘴平伊之助 はしびらいのすけ、• 我妻善逸 あがつまぜんいつ• 栗花落 つゆりカナヲ 以上の4人が新たに新柱に任命されて、 合計8人になりもうひとりは呼吸を開眼して 炎の呼吸を使えるようになった 煉獄杏寿郎 れんごくきょうじゅろうの弟の 煉獄千寿郎 れんごくせんじゅろうを合わせて 9人で復活した 無残 むざん戦第2章目の戦いを繰り広げる… と、こういった展開になってくれると 面白いのではないでしょうか!? 最後に、いつも思うのですが 伊黒小芭内 いぐろおばないと 甘露寺蜜璃 かんろじみつりは幸せになってほしいと願います… 今週話において、 実質上お互いの想いを伝え合って気持ちも通じ合いましたので、 もしも生きていればこの先は時間の問題だと思うのですが… なんとかそんな展開にしてもらえないでしょうか!? ワニ先生 笑 と、今回は考察というよりも私の願いみたいなものになってしまいましたが・・・ それでは今回もご視聴ありがとうございました! 読んで頂いた皆様からも「今後はこうなる!」 といった考察などありましたら、 コメント欄にてお待ちしていますので コメントして下さいねっ!! お待ちしています!!

次の