片隅 三浦 大 知。 ダンサーが分析!三浦大知のダンスはなぜすごい?

三浦大知の新曲「片隅」がヤバい?作曲者はあのKōki!!特設サイトって?

片隅 三浦 大 知

12月4日と11日の2夜に渡って放送された『2019 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)。 年末の風物詩として人気を博す同番組の第1夜終盤、登場した三浦大知のステージがあまりにパワフルで思わず息を呑んだ。 ダンサーとの一糸乱れぬモーションに、水を得た魚のように溌剌と猛威を振るうボーカル。 それらが絶妙な呼応によって緊張感を生み出し、3分足らずのショーを究極なまでにクールな時間へと押し上げていた。 案の定、直後のSNSには大知のパフォーマンスを絶賛する声が続出。 だが筆者が思うに、多くの視聴者が衝撃に震えたのは、肝心の歌唱曲が得体の知れない強烈さを放っていたからに他ならない。 テレビ初披露となった最新曲、名前は「COLORLESS」。 国民的音楽番組にはおよそミスマッチな先鋭すぎるクオリティは、あの日、三浦大知の一挙手一投足をも間違いなく支配していた。 三浦大知「COLORLESS」 2020年半ばまで続く長規模ツアー『DAICHI MIURA LIVE TOUR 2019-2020 COLORLESS』のタイトルに堂々起用され、その初日からファンの前で披露されてきた「COLORLESS」。 12月4日に待望の配信リリースを迎えたばかりだが、三浦大知の新たなマイルストーンになりそうな風格が早くも漂っている。 トロピカルハウスからの影響が見て取れるリバーブの効いたシンセで、同曲はスタート。 もっとも、トロピカルハウス特有の透明感や能天気な要素はゼロに等しく、妙に閉塞感を帯びた幕開け。 それもそのはず。 Aメロに入るやいなや、静かなる低音ボイスが張り詰めた空気を一気に呼び寄せ、我々はこの楽曲が、いかにシリアスな志向であるかをつくづく思い知るのだ。 続くBメロでは、歌唱のタッチが力強さ重視へと劇的にシフトし、押韻旺盛な歌詞を一段とグルーヴィーに盛り上げていく。 『FNS歌謡祭』のステージでも感じたことだが、このパートでの開放感抜群の歌いっぷりがとにかく素晴らしい。 過剰なまでのエコーが施されたボーカルしかり、渾身とも言える叫びの表現がみずみずしく強調されている。 その勢いを提げたまま、ついに訪れるサビ。 「COLORLESS」はここに来て、3連のリズムを多用した怒涛の変革タイムへと突入する。 風を切るジェット機のごとくファルセットが俊敏にテンポを刻み、かと思えば〈I am colorless〉と訴える鋭いボーカルが軽妙にスイッチング。 まるで左右に頭を振られているかのようなサイケデリックこの上ない感覚が、他のダンストラックにはない深い快感をもたらしてくれる。 おそらく初めてこの楽曲を耳にしたリスナーが、もっとも刺激的に感じるポイントでもあるだろう。 2コーラス目のサビに至っては、大知によるフェイクが縦横無尽に炸裂することで、スピード感、スリルともに最高品質のレベルに達している。 三浦大知「COLORLESS」 勘のいい人ならすでにお気付きだろうが、今回「COLORLESS」のサウンドプロデュースを手がけているのは、BTS、DEAN FUJIOKA、三代目 J SOUL BROTHERSの登坂広臣といったトップアーティストを手がけるUTAその人である。

次の

三浦大知(Daichi Miura) / 飛行船 from DAICHI MIURA LIVE TOUR ONE END in 大阪城ホール

片隅 三浦 大 知

1984年8月24日生まれ、沖縄県出身のダンサー、歌手、エンターテイナー。 1997年、9歳で「Folder」の一員としてデビュー。 12歳ごろには変声期を理由に活動を停止するも2005年、17歳で「三浦大知」としてソロ活動を開始。 歌唱力とダンスについて「天才」「和製マイケルジャクソン」などと評され、アッシャー、ビヨンセのコレオグラファー、ロック・ステディ・クルー、などクリエイターやダンサーからも高い評価を受けている。 2008年からは作詞、作曲、構成、演出までも手掛けるようになり、こちらも同様に高い評価を得ている。 彼のアカペラとダンサーによるダンスも見物でしたが、終盤の「無音ダンス」には度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか。 さらに多くの人に知れ渡るきっかけになったであろう「めちゃイケ」の人気企画「岡村オファーシリーズ」ではナインティナインの岡村さんとダンスでコラボレーションしました。 岡村さんといえば、芸能界でもトップクラスの卓越した身体能力を持ち、ブレイクダンスの高いスキルを持っていることでも知られています。 そんな岡村さんでもダンスの練習では苦戦が続くほどの難易度の振付を三浦大知さんは常に踊っているということで、よりそのすごさが知れ渡りました。 三浦大知さんのダンスのすごさをリハーサル動画から分析 とにかくダンスがすごいことはなんとなくわかってもらえているかと思いますが、でも具体的にどこがどうすごいのかはなかなかわかりづらいもの。 そこでここでは「Right Now」のリハーサル動画を参照しながら、そのすごさをお伝えしたいと思います! なぜリハーサル動画かというと、動画としての演出が一切ない、純粋なダンスのすごさに注目できるからです。 リハーサル動画はこちら。 そんなダンサーたちと対等に踊っているだけで十分にすごさは伝わると思いますが、まずは動きの中でも一瞬ピタッと止まるところに注目しましょう。 この静と動の「静」の部分は本人もこだわっているところらしく、どこの振りであっても非常に正確に止まっています。 どこで停止してもその立ち姿がかっこいいと思えるのではないでしょうか?ピタッと止まるところではしっかりとポーズを決めているためもちろんかっこいいのですが、そうではない動きの途中のところであっても一切かっこ悪いところがないんです。 前述した止まりの部分と動きのキレが組み合わさることによって、ダンスをやっていない方でも誰がみても、視覚的に「すごい」と感じさせてくれるのでしょう。 このキレを出すには身体全体の筋肉の制御やそれを支える体幹の強さ、さらには身体全体のバランス感覚、それら全てがハイクオリティであることが求められます。 キレッキレの振り付けがわかるPV 三浦大知さんのすごさがここまででより伝わったと思います。 この曲は穏やかなところもあれば激しいところもあるのですが、その曲の雰囲気そのままに振り付けも柔らかな動きから激しい動きまで非常にふり幅が広くなっており、一言で「緩急」といってもそのつけ方は非常に多彩です!またフォーメーションも複雑で、全員の息がぴったり揃って初めて見栄えがする作りになっていると言えます。 RE PLAY このPVに出演しているダンサーのジャンルが非常に幅広いんです!三浦大知さん自身は普段はヒップホップがメインですが、この曲ではポップ、ロック、ブレイクという全く異なる種類のトップダンサーと共に踊っています!特に各ジャンルのダンサーとダンスセッションをしているところは必見です!どんなダンスでも踊りこなせるというすごさがよく伝わるPVです。 曲のかなりの部分で出てくる「バシッ」という音をとる動きがいくつかありますが、特に1:00あたりの肩で音を表現している部分がシンプルながらもとてもかっこいいです。 ストップという、動き自体はベーシックなものなのですが、それだけで魅せられるのは精度が十分に高くないと難しく、三浦大知さんの実力の高さがわかる部分です。 またこのPVではアップで映る箇所が多いですが、色気を感じた方も多いのではないでしょうか?首回りは非常に色気を表現しやすい部分だと思うのですが、そこをどのように動かせば魅力的に表現できるかをミリ単位で身体で理解しているからこそできる表現です! 目指せ三浦大知!ダンスレッスン動画 こんなかっこいいダンスを見ていたら、自分も真似したくなってきませんか?ここではそのためのレッスン動画を紹介します! 三浦大知本人によるレッスン! この動画は、本人ではありませんが RE PLAYのコーラスパートの振り付けを教えてくれています! 初心者にもわかりやすいように丁寧に解説してくださっていて、さらに語り口が軽妙なので楽しく進んでいくことができます!! まとめ いかがでしたでしょうか?三浦大知さんのすごさについて、少しでも理解を深めていただけたなら幸いです。 三浦大知さんは本当にハイスキルな方なので、ダンス知識が増えれば増えるほどどんどん彼のすごさがわかっていきます。 最後にレッスン動画も紹介しましたが、実際に踊ってみると、「こんな難しい振りを簡単そうに踊っていたのか!」となること間違いなしです。 興味が湧いた方はぜひとも一度挑戦してみてください!.

次の

【動画】三浦大知『片隅』MV解禁!Koki,作曲でメイキングも!

片隅 三浦 大 知

— 2019年 6月月10日午前5時21分PDT こちらの「片隅」は、4月から始まったドラマ「白衣の戦士!」(日本テレビ系水曜日22:00~)の挿入歌になっています。 そんなこともあって、作曲者が発表されたときはとても話題になりました。 「Cry&Fight」や、「EXCITE」、「 RE PLAY」など、最近の三浦大知作品の多くを手掛けている。 ほかに提供しているアーティストは、BTS、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、JUJU、山下智久、SKY-HIなど。 手がけた作品のうち3曲がレコード大賞優秀作品賞を3回受賞している敏腕音楽プロデューサー。 UTAさん、「片隅」の発売日にこんなツイートをしてださいましたよ。 大知くんの片隅、そしてCorner、たくさんの方から嬉しいお言葉頂いて本当に嬉しい。 すごく楽しんで作っちゃいました。 KOKIさんも本当に素晴らしいです。 そして毎回大多さん、D. さんとゆう素晴らしいスタッさんとエンジニアさんに支えられています。 いつもありがとうございます! — UTA utatvp なんか、大知くんの周りにいる人ってみんないい人なん? いつも本当に大知くんと楽しそうに曲作りしてらっしゃるようでこちらもうれしくなっちゃいます。 あと、大知くんとはゲーム仲間っていうのが微笑ましすぎる。 大知くんはめちゃめちゃゲーマーです。 ) 「片隅」とカップリングの「Corner」がすごすぎる!! 「片隅」、CDは6月12日発売ですが、ドラマが始まるときに先行配信されていました。 もちろん、配信されたと同時にダウンロードした私。 ワイヤレスイヤホンで聞いていたので、最初のブレス音で失神しそうになりました でも、その音源とCDはまた別なんだそうです。 大知くんとアレンジを担当されたUTAさんが発売直前まで「もっといい曲にしよう」と試行錯誤されたんですね。 そして、カップリングの「Corner」。 そうなんです。 「片隅」と同じメロディーを使っているんです。 まあ、タイトルが「片隅」と「Corner」なんで、なんとなくそんな想像はしていたんですが、これが本当に曲の感じが違う。 「Corner」はとてもFunkyな感じがする とにかく聴いてみてっていうしかないです。 特設サイトってどんなん?!と思いましたが、これがすごかった。 この曲、シングル発表前からYouTubeではショートバージョンのMVが公開されていたんです。 ディレクターはKonelのシミズ ヒロタカさん。 特設サイトではこのMVがまた違った視点で見られます。 特設サイトのプロデュースは同じくKonelの出村光世さん。 昨日ついにローンチ! 今回プロデュースで参画しておりますが、かなり楽しんでいただけてるのが純粋に嬉しいです。 クレジットはこちら。 スマホの向きによって、土と草しか見えなかったり、空から大知くんの頭頂部を見てたり…と思えば隣にいきなり大知くんが現れたり。 VRなのか何なのか、どんな最先端の技術が使われてるのか私にはさっぱりわかりませんが、大知くんと一緒に歩いてる気がするというか、映像世界に自分もいるような気がします。 特設サイトでは歌詞も見ることができますよ。 DAICHI MIURA LIVE TOUR ONE END in 大阪城ホールの収録内容は? DVDには、なんと2日分のライブが収録されています!! 1枚目は 3月13日に行われた大阪城ホールでのライブの模様。 センターステージで大知とDMダンサーが踊りまくります。 昨年、発売されたベストアルバム「BEST」(タイトルそのままやん)のために作られた、私も大好きな「DIVE! 」が入ってるのがうれしい。 2枚目は、 東京国際フォーラムで行われたライブの模様。 収録曲が少し違いますし、舞台もセンターステージじゃないので、雰囲気が変わります。 こちらは2018年を中心に大知くんがいろいろなアーティストとコラボしまくった曲のメドレーが入ってます。 どの曲もいいけど、私はレキシさんとのコラボ「GOEMON」が大好き さらにさらにすごいことにこの 大阪城のライブ音源のCDまでついてきます。 ライブのCDなんて、歌唱力が安定してないと出せないですよね。 大知くんと同じ事務所のDA PUMPも先日ライブDVDを発売して、それにもライブ音源のCDがついているんです。 ファンだからということもありますが、大知くんやISSAぐらいの安定した歌唱力なら、ライブの映像がなくてただ聴くだけでもすごく楽しめると思います。 私はさっそく、車に入れて通勤中に聴き倒しますよ。 「片隅」も「ONE END」もすごい!!三浦大知、これからも応援し続けます 発売されたシングル「片隅」のような落ち着いた曲調のものから、みなさんが思い描く「EXCITE」や「Cry&Fight」みたいに踊りまくる曲まで、どんな時も楽しませてくれて、本当にエンターテイナーだと思います。 と思っていたら、ツアーの案内が。 最近、テレビ出演もないしなぁ、と心配していたファンにとってサプライズのような発表。 本当にあまのじゃくなんだから。 だからこそ、目が離せないんですけど。 大知くんの関連記事はこちら。

次の