野菜炒め。 野菜炒めにもう一品!ボリュームUPできるおすすめの副菜レシピ24選をご紹介

簡単おいしい!肉野菜炒め 作り方・レシピ

野菜炒め

野菜炒めの野菜の切り方 おいしく仕上げるには、野菜の組み合わせと切り方も大切です。 今回の組み合わせは 『白菜、玉ねぎ、にんじん、豚バラ肉、生姜、にんにく』。 玉ねぎ、にんじん、豚バラ肉は割とベーシックな素材ですが、ここに白菜と香味野菜を加えるのがポイントです。 白菜はほのかな甘みとシャキシャキした食感が楽しめ、秋冬の時期には我が家では必須の素材!そこに風味をよくするための生姜、少しのにんにくを加えます。 他にも、青菜で食感のよい小松菜やきのこ類などを取り合わせても。 他の野菜は、玉ねぎは1㎝幅のくし切り、にんじんは白菜より少し小さめの短冊切り(厚みは薄めで)、豚バラ肉は2㎝幅に切ります。 生姜は皮をむいてせん切り、にんにくは皮をむいてみじん切りにします。 また、下味として豚肉に塩こしょうをふっておきます。 おいしい野菜炒めのコツ/作り方 塩や醤油の分量を考えながら野菜炒めを作ると、熱が通りすぎて美味しくなくなってしまうので、 慣れないうちは野菜を炒める前に調味料だけ量っておきましょう。 そこに生姜とにんにくを入れて中火にかけ、香りが出るまで油の中で火を入れます。 香りが出てきたら火を止め、肉を広げ入れます。 1枚ずつ丁寧に並べたほうが火通りが均一になるので、ここだけ火を止めて行いましょう。 ここはお好みで。 小さじ1以下の分量を量るときに便利なのでおすすめです。 豚肉を広げ入れ終わったら、中火〜強火の強めの火加減で炒めはじめます。 ここからは火加減をいじらずに一気に作ります。 まずフライパンを振って肉に軽く火を通し、火の通りにくい玉ねぎとにんじんを加えて炒めます。 玉ねぎに透明感が出てきたら、白菜の芯の部分を入れます。 白菜の芯の部分に軽く焼き色がついてきたら、葉を加えて炒め合わせます。

次の

野菜炒めの簡単な作り方・レシピ!美味しい味付け、火力のコツ [毎日のお助けレシピ] All About

野菜炒め

ニンジンやじゃがいもなどの固い野菜を炒める場合は、予めラップにくるんで電子レンジで軽く熱を加えてから炒めるようにすると火が通りやすくなります。 そうやって下ごしらえをしておけば、炒める時に多くの油を使わずにすみます。 野菜炒めを炒める際、どうしてもフライパンをあおってしまいますが、それをやるとフライパンの温度が下がってしまいます。 そのため、 火力が弱い家庭用のガスで野菜炒めを作る場合は、フライパンを前後にゆする程度にしましょう。 また、IHクッキングヒーターで野菜炒めを作る場合は、フライパンはIHの天板にのせたままにして、両手にそれぞれ木べらを持ち、2本の木べらでかき混ぜるようにして炒めます。 こうすることで、フライパンに山盛りだったら野菜も、火が通るにしたがってしんなりとなってカサが減ってきますから、最後に木べらで一気に全体を混ぜ合わせたら完成です。 野菜炒めの味付けに失敗したらどうする? 野菜炒めを初めて作る場合などは、塩こしょうやしょうゆなどを入れ過ぎて塩辛くなって失敗することもあると思います。 そんな場合でも、 失敗した野菜炒めは別の料理にリメイクできるので心配いりません。 塩を大量に入れすぎてしまった場合は、野菜炒めの油分や水気をキッチンペーパーで吸い取ります。 そこに戻した春雨を加えて春巻きにしたり、刻んだニラを加えてギョウザの具にしても美味しいですよ。 炒めてる途中で野菜に火が通りすぎてベチャッとなってしまった場合は、水溶き片栗粉をフライパンに回し入れてとろみを付けると美味しくなります。 ちなみに、野菜炒めの余分な水分を飛ばすために、そのまま炒め続ける人もいますが、それでは逆に野菜がクタクタになるだけです。 まとめ 今回は、野菜炒めの美味しい作り方の3つのコツを中心に、野菜炒めの味付けに失敗した場合などについてご紹介しました。 ちなみに、わたしが野菜炒めを作る場合は、冷蔵庫の残り野菜を使うことが多いですね。 その中でも、キャベツやニンジン、もやし、ピーマン、ゴーヤー、シメジ、きくらげ、竹輪などの具材を入れた野菜炒めをよく作ります。 特にピーマンともやしは好きなので、いつも大量に入れて作ってます。 野菜炒めの味付けもシンプルで、塩こしょうとしょうゆ、出汁の素、オイスターソースだけです。

次の

野菜がシャキッ!「プロ級の野菜炒め」を作るコツ5カ条【強火は厳禁】

野菜炒め

プロの技を伝授!材料を炒める順番や火加減などのコツが分かります 野菜炒めにありがちな失敗は、水っぽくなってしまったり、べたべたになってしまったり、肉が硬くなってしまったりすること。 でも、プロの野菜炒めはシャキシャキ食感で肉はやわらかく、味もしっかりついています。 プロのレシピからさまざまなテクニックを教えてもらいましょう。 こうすることで肉も固くなりません。 火が通りにくいにんじんは水を加えて炒めるなど、小さなポイントを丁寧におさえていくと美味しく作ることができます。 弱めの火でゆっくり炒め、最後に味つけをすることで野菜から水分が出るのを防ぎます。 卵は先に炒めて取り出しておき、肉と野菜を炒めた後に加えることでふんわり仕上がります。 味つけでこんなに変わる!野菜炒めの調味料バリエーション どんな調味料を使うかで大きく変わる野菜炒めの味つけ。 さっぱり味から濃厚な味まで、同じ材料でも全く違う味を楽しめます。 その秘密は醤油と同量のオイスターソースに加え、ゼラチンを使うことです。 スパイシーにしたい時は、最後にブラックペッパーとレッドペッパーを多めにふります。 中華風の味付けで作ったあんが八宝菜風の炒め物です。 冷蔵庫の半端に残った野菜で作りましょう。 具材もトマトやきゅうりでさっぱりと食べられます。 少し濃い味がお好みの方は鶏がらスープの素を入れても。

次の