閉鎖 式 吸引 カテーテル。 気管吸引

閉鎖式吸引カテーテルの交換頻度について知りたい|ハテナース

閉鎖 式 吸引 カテーテル

吸引器セット(吸引瓶・専用チューブ) 閉鎖式気管吸引カテーテル 手袋 アルコール綿 カテーテル洗浄用注射器、洗浄水(滅菌蒸留水) 気管カニューレ、気管内挿管の場合にはカフ圧計 聴診器、パルスオキシメーター 事前準備 聴診で気管内分泌物の位置を確認。 パルスオキシメーターでSpO2測定。 気管内分泌物が少量でSpO2が普段を変化なければ、経過をみる。 主気管支より深い場所にある場合には、体位ドレナージなどの排痰ケアを行う。 自力での排痰が不可、気管切開や気管内挿管などの患者が吸引の適応。 意識レベルが低下、循環呼吸状態が不安定な患者の場合には医師の指示のもと、吸引を行う。 吸引カテーテルの太さを選択(痰の性状や量、気管チューブの太さによって変える) スポンサーリンク 気道内吸引の実施手順 開放式 患者へ吸引を行うことを説明。 拒否する患者もいるため、きちんと吸引の目的を伝え、必要最低限にとどめるようにする。 気管切開や気管内挿管の場合、カフ圧が正常かカフ圧計を使用して確認。 (カフ圧の正常値は15~22mmHg)専用シリンジでもOK。 パルスオキシメーターを装着し、SpO2の変化を観察できるようにする。 モニター装着時は不要。 アルコール綿と吸引後の洗浄水を準備しておく。 吸引カテーテルの接続部のみ袋をあけて、吸入器のチューブと接続する。 気管切開や気管内挿管の場合には利き手(吸引カテーテルを持つ方の手)に滅菌手袋を装着。 吸入器のチューブは利き手ではない方の手で持つ。 利き手はカテーテル以外には触れないように袋を外す。 吸入器のバルブを開き、圧を-20kPa(-150mmHg 未満に調整する。 吸入器が正常に作動しているか、水を少し吸って確かめるか、吸入カテーテルを閉塞させ、圧の目盛りが作動するかで確認する。 酸素マスク管理、人工呼吸器管理中の患者は状態によって酸素全開にするか、100%フラッシュをして、高酸素化を行う。 人工呼吸器の場合は、アラームカット状態にし、接続部を外す。 陰圧がかからないようにカテーテルを挿入。 必要な長さまで到達したら、カテーテルを回転させながら引き上げていく。 吸引時間は10~15秒以内とする。 (カテーテル先端の穴の位置により、回転が必要ないものもある) 人工呼吸器の場合には、すぐに接続を戻し、回路確認を行う。 カテーテルに付着した分泌物をアルコール綿で拭き取り、洗浄水を吸引。 (その後、鼻腔や口腔内の吸引をする際には同じカテーテルを使用してOK) 気管切開や気管内挿管の場合には、カフ部上部の吸引を行う。 吸引器のバルブを閉め、使用したカテーテルを包み込むような形で手袋を外し破棄する。 手指消毒をし、聴診やSpO2、カフ圧、全身状態の確認を行う。 閉鎖式 開放式の ~ までは同じ。 手袋(未滅菌のもの)を装着する。 閉鎖式吸引回路のコネクタを外し、吸引器チューブに接続する。 バルブを回転させてロックを解除。 状態によって100%フラッシュで高酸素化を行う。 気管チューブを片方の手で押さえ、吸気のタイミングと合わせながらスリーブ内のカテーテルを挿入していく。 スリーブが溜まらないように、スリーブを戻しながら行う。 吸引ボタンを押して痰が引ければ、さらに1~2㎝少し進めてから、カテーテルを引き上げていく。 (吸引時間は10~15秒以内) カテーテルスリーブ内の引き戻し位置の印が見えるまで、カテーテルを引き抜いていく。 カテーテル内の洗浄。 必ず吸引ボタンを押しながら吸引圧をかけて、専用の注射器と洗浄水で洗浄する。 (製造元によってバルブを回転させてロックするタイミングが違うので、注意!) カフ上部の吸引を行う。 バルブを回転させてロックし、コネクタにキャップをする。 手指消毒をし、聴診やSpO2、カフ圧、全身状態の確認を行う。

次の

ドレーンは、閉鎖式と開放式、どちらを使うのがいいの?

閉鎖 式 吸引 カテーテル

連続72時間使用できます。 人工呼吸器を中止しないで、気道内分泌物を吸引、洗浄して、低酸素血症(hypoxemia)を低減します。 先端コネクタは透明で、吸引カテーテル先端の赤いマーカー確認しやすいです。 吸引カテーテルの目盛りははっきり見えます。 90度回転ボタンの設計はカテーテルを徹底的に清潔できます。 接続時の痛みを減少するため、360度回転に設計で、患者さんに優しい。 カーラーシール付き、交換日を明確に表示できます。 カテーテル先端が丸くで、気道への刺激を減少します。 閉鎖式カバー付きので、院内感染の機会を減少します。 MDIの付き、なし二種類用意しました。 19x2. 78x2. 19x3. 68x4. 18x4. 72x5. 0x400mm.

次の

人工呼吸器装着患者の吸引(閉鎖式)【いまさら聞けない看護技術】

閉鎖 式 吸引 カテーテル

こんにちは。 集中治療室に勤務している看護師です。 ご質問に回答させていただきます。 閉鎖式吸引カテーテルは、患者さんがMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)等の感染症に罹患、緊急入院、緊急手術でスクリーニングが不可能といった場合に用います。 閉鎖式吸引カテーテルを使用すると、呼吸器回路を閉鎖したまま吸引操作を実施することが可能になります。 そのため、従来の開放式吸引カテーテルを使用するより、感染症への暴露リスクが軽減されます。 また、閉鎖式吸引カテーテルの場合は、呼吸状態が悪化しPEEP(呼気終末陽圧)の維持が必要な患者さん場合にも適しています。 吸引操作時でもPEEPが保たれることが分かっており、大変使い勝手がよいカテーテルと言えます。 どのように使い分け、交換しているのか見ていきましょう。 閉鎖式吸引カテーテルの種類を知る 閉鎖式吸引カテーテルには、気管挿管用と気管切開用の2種類があります。 気管挿管用は、カテーテル部分が長く作成されており、約52〜56cmの長さがあります。 逆に気管切開用は、カテーテルの部分が短く約26〜36cmであり、深く挿入する事で気管を痛めないようになっています。 その他に、気管切開用と気管挿管用でそれぞれ24時間交換用と72時間交換用があります。 また、24時間交換用よりも72時間交換用のほうがコストが高いことも理解しておきましょう。 閉鎖式吸引カテーテルの選択基準は? 病院によっては、RSTグループが、閉鎖式吸引カテーテルの選択方法をフローチャートでまとめているところもあると思います。 もし、あるようならば、その資料を基にしてください。 無い場合は、私が実践している選択方法を参照していただければ幸いです。 気管挿管患者の場合 術後、集中治療室で気管挿管を実施している患者さんの場合、多くの症例で術後翌日に抜管することが多いです。 その場合は、気管挿管用の24時間交換タイプを選択します。 理由は、長期に挿入する可能性が低いからです。 もちろん、主治医や麻酔科医に相談することは必須と言えます。 しかし、移植手術や長時間手術等で、抜管時期が未定の場合は72時間交換タイプを選択します。 手術による侵襲が強い可能性を考慮すると、呼吸状態を安定もしくは改善させるためには、吸引操作の短い時間であってもPEEPを下げることを回避したいからです。 特に、閉鎖式吸引カテーテルの交換は、慣れるまでは、時間がかかりやすいので注意が必要でしょう。 最初に24時間交換タイプを選択すると、全身状態が落ち着いていないであろう術後1日目で交換を要します。 これは、好ましい状況とは言えません。 しかし、72時間経過していれば、多くの場合で全身状態は安定してきているでしょう。 多少交換に時間を要しても、呼吸状態に変化は少ないと考えられます。 超急性期には、リスクを負わないことが重要です。 気管切開の場合 気管切開を実施した患者さんの場合は、近日中に人工呼吸器からの離脱があるか否かで決めています。 気管切開は長期人工呼吸器を装着する可能性があるため、最初から72時間交換タイプの製品を使用することが多いです。 しかし、意識レベルの改善がみられ、自発呼吸が出現し、人工呼吸器の離脱の可能性が出てきたのであれば、24時間交換タイプの製品を使用します。 このように、閉鎖式吸引カテーテルにはメーカーが推奨している交換時期があります。 それを遵守しなければ、思わぬ感染やカテーテルの閉塞、狭窄といった事故につながる可能性があります。 よって、基本的には、メーカーが推奨する方法に沿うことが重要です。 しかし、神経難病のように今後、在宅で家族が看ていくケースでは、上記が難しくなります。 既に書いたとおり、コストが問題となってくることが予想されるからです。 社会支援を利用しても、なかなかそこまでのお金が払えない可能性が出てきます。 その場合は、メーカーが推奨している交換時期を超えて使用しているケースも少なくありません。 もしかすると、家族がリスクを承知したうえで使用しているのかもしれません。 どれくらいの期間であれば使用できるのかを、入院中に確認して行っている可能性が高いので、一概に「だめ」とは言いづらいでしょう。 しかし、そうでないのであれば、基本的に、メーカーが推奨している期限で交換することが重要です。 おわりに.

次の