常磐 線 各駅 停車 遅延。 常磐緩行線

JR常磐線の常磐線各駅停車・常磐線快速・全線開通が話題

常磐 線 各駅 停車 遅延

電車の混雑率の目安 国土交通省では電車の混雑率について、以下を目安としています。 混雑率100%の目安 定員乗車。 座席に着くか、吊革やドア付近の手すりにつかまることができる• 混雑率150%の目安 広げて楽に新聞を読める• 混雑率180%の目安 折りたたむなど無理をすれば新聞を読める• 混雑率200%の目安 体が触れ合い、相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める• 錦糸町駅で総武線緩行(各駅停車)や、東京メトロ半蔵門線に乗り換える人が多いのか、その手前の区間が混雑するようです。 なお、川崎から品川へは一番早く着く路線です。 JR京浜東北線、京浜急行電鉄本線の利用も可能ですが、その2線に比べて5~6分ほど早く着く計算に。 朝は混雑を避けることよりも、早いことを優先したい人が多いのかもしれません。 終点である渋谷駅の手前で混雑率は頂点に達します。 荻窪駅ではJR以外にも東京メトロ丸ノ内線を、三鷹駅、中野駅ではJR以外にも東京メトロ東西線を利用できるものの、それ以西はJR中央線しか利用できない駅が多いためか、西から東に進むにつれ混雑は増す傾向にあり、新宿駅の手前からピークを迎えます。 開業前の予想利用者数を大きく上回る乗車率であったため、混雑緩和を目的に増発や新型車両開発を行っていますが、混雑率は高いまま。 JR山手線、JR京浜東北線、東京メトロ千代田線などに乗り換えが可能な西日暮里駅へ向かう人が多いようです。 6両編成という車両の少なさが混雑の理由とも言われているようです(JR中央線は10両編成、JR山手線は13両編成)。 JR横須賀線、東急東横線・目黒線への乗り換えができる武蔵小杉駅手前の区間で混雑率は190%目前まで上ります。 品川、東京方面へのアクセスの良さと街の再開発によってベッドタウンとして発展を遂げると共に、通勤ラッシュの混雑率でも上位にランクインしています。 武蔵小杉駅ではJR南武線、東急東横線・目黒線からの乗り換え客も合流するため、混雑率は190%を突破します。 井の頭線に乗り換えれば渋谷駅へのアクセスも可能と、便利な路線なだけに通勤客が多く混雑率も高い結果に。 2018年3月には複々線化による増発やダイヤ改正を行い、通勤ラッシュの混雑は緩和される見込みだそうですが、一方で小田急沿線の不動産開発も進んでいるそう。 今後、沿線人口が更に増えるとなると、混雑率の劇的な変化は難しいのかもしれません。 千葉県や東京都の東側からの乗客に加え、錦糸町駅で総武線快速と東京メトロ半蔵門線からの乗り換え客が押し寄せ、混雑率は200%一歩手前まで膨れ上がります。 門前仲町駅では都営地下鉄大江戸線への乗り換えができるため、この区間がピークとなるのでしょう。 時刻表上、ピーク時間帯は2~3分に一本のペースで電車が走っているにもかかわらずこの混雑率になることに、東京という街の規模の大きさを感じずにはいられません。 1位の東西線に比べれば30~40ポイント低いというデータが出ています。 都営地下鉄の混雑率は、130%~150%台 東京都内の地下鉄には、東京メトロと都営地下鉄があり、それぞれ運営会社が違います。 東京メトロは計9路線、都営地下鉄は計4路線。 都営地下鉄の混雑率は130%~150%台であり、東京メトロに比べれば混雑率は低めと言えるのかもしれません。 また、7位にランクインしたJR中央本線も、新宿駅の次である代々木駅から千駄ヶ谷駅区間の緩行(各駅停車)であれば、混雑率は93%(ピーク時間帯8:01~9:01)とデータでは大きな差が見られます。 東京はさまざまな駅や路線がひしめきあっているため、通勤経路が複数あることも。 そのため「乗車時間は少し長くなるが、混雑しにくい路線を使って通勤する」「会社や家の最寄駅とは違う路線や駅を使う」などの方法で通勤ラッシュの混雑を避けることができる場合もあります。 自分の通勤経路を調べ直してみても良いかもしれません。 JR東日本 各駅の乗車人員ランキング 続いて、混雑する駅についても見ていきましょう。 混雑率ランキングでは多くの路線がランクインしたJR。 JR東日本ウェブサイトで公開されている、1日平均の乗車人員が多い駅トップ10(2016年度調査)をご紹介します。 やはり、オフィスが集中する都心部へ向かう電車が混雑することが分かるランキングではないでしょうか。 4位横浜駅(神奈川県)と8位大宮駅(埼玉県)が東京都外でトップ10にランクインしています。 東京メトロ 各駅の乗降人員ランキング 東京メトロのウェブサイトにも同様に、一日平均の乗降人員数が多い駅ランキングが公開されています。 住みたい街でも働きたい街でも人気エリアの中目黒駅、スカイツリーが近い押上駅などが乗降人員で上位でした。 1年間のうち遅延証明を発行した日数を、平日20日間あたりの平均に換算しています。 ちなみに、どの時点で「遅延」扱いとなるかは鉄道会社によって規定が異なるようですが、どの鉄道会社も「おおむね5分以上」が基本となっています。 1日 2 東京メトロ 千代田線 18. 4日 2 JR東日本 宇都宮線・高崎線 (上野~那須塩原・神保原) 18. 4日 4 JR東日本 中央快速線・中央本線 (東京~甲府) 18. 3日 5 JR東日本 埼京線・川越線 (大崎~新宿~武蔵高萩) 17. 9日 5 小田急電鉄 小田急線 17. 9日 5 JR東日本 横須賀線・総武快速線 (大船~東京~稲毛) 17. 9日 8 JR東日本 東海道線 (東京~湯河原) 17. 4日 8 JR東日本 京浜東北線・根岸線 (大宮~大船) 17. 4日 10 JR東日本 常磐線各駅停車 (綾瀬~取手) 16. 平日20日間のうち、ほぼ毎日遅延していることに! その内訳は、10分以下の遅延は7. 8日、10分超から30分以下が9. 5日、30分超も1. 7日となっています。 混雑率ランキングでも、2位と10位にランクインする総武線。 東京都の西部から千葉県を横断する営業キロ数が長い路線で、乗降人員の多い新宿駅など主要駅にも停車するため、遅延が発生しやすいのかもしれません。 そのほか、混雑率3位の小田急電鉄小田原線や4位のJR横須賀線が遅延日数でも上位にランクインしています。 混雑する路線では遅延も発生しやすい傾向にあるのかもしれません。 ちなみに、混雑率で第1位の東西線(199%)は、遅延証明発行日数では第11位で16. 4日でした。 電車遅延対策、みんなどうしている? 電車遅延によって出社が遅れると、仕事のスケジュールに影響が出たり、取引先との約束に間に合わないなどの可能性があるのでなるべく避けたいもの。 自分でできる遅延対策や工夫はあるのでしょうか? 電車通勤をしている社会人に聞いてみました。 電車の遅延対策、何かしていることはある?• 遅延することを前提にして、早めに家を出ている• テレビのデータ放送や、路線情報サイトで運行状況をチェックしている• スマートフォンの乗換アプリで、遅延があれば通知する設定にしている• SNS検索でリアルな遅延情報を集めている• 自宅の最寄駅から乗れる路線ではなく、遅延しにくい路線を使っている ある程度の遅延があっても大丈夫なように、早めに家を出るという人や、テレビやWebサイト、スマートフォンアプリなどを使って遅延情報をリサーチするという人もいます。 また「遅延している最中に、SNSで路線名や駅名を検索するとリアルな運行状況が分かる。 遅延を回避するルートが見つかることも」と言う人もいました。 また、あらかじめ遅延しにくい路線を使うというのも一つの方法。 混雑を避ける路線を使えば、今より少しでも快適な通勤ができるようになるかもしれません。 いかがでしたか? 東京圏の通勤電車は混雑しやすいですが、路線や利用駅によって混雑具合は大きく変わります。 転職や引越し、転勤の際にも、ぜひ参考にしてみてくださいね! マイナビ転職 編集部 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

遅延証明書:JR東日本

常磐 線 各駅 停車 遅延

「役所やJRのお堅い書類に書かれて登録されている公式」な常磐線: 日暮里~岩沼。 「運転系統」としての常磐線: (書類上の区間通りに列車が走る訳はないので、実際の運転系統。 遅延時の案内にも使われる区別) ・・・ラインカラー青。 上野~仙台。 上野~取手間は快速線を使用。 全線通しで走る列車は無く、土浦や水戸、いわき、原ノ町で普通列車は分断されている。 上野~土浦間には特別快速も設定され、全区間で特急が走る。 上野~高萩間のE531系を使用する列車にはグリーン車が付く。 ・・・ラインカラー緑。 上野~取手。 複々線化された取手までの電車区間にて快速線を走る。 一部が成田線に直通し、成田まで行く。 上に書いたと全区間で同じ線路を使っていることから、こういった質問を生む常磐線特有の複雑さ、分かりにくさを生んでいる。 同じ線路を使って時刻表も同じ場所に書かれるが、基本的に上に書いたとは別の運転系統。 ・・・ラインカラー灰。 北千住~取手。 実際は綾瀬からJR管理だが書類上は北千住が起点だったように思う。 複々線化された取手までの電車区間にて各駅停車線を走る。 都内・千葉県内のちょこまかとした駅にはこいつしか停まらない。 東京メトロ千代田線と相互直通し、車両・ダイヤほか見事なまでに一体化している。 JR千代田線と呼んでも正解なレベル。 区間は上野〜取手。 停車駅は上野、日暮里、三河島、南千住、北千住、松戸、柏、我孫子、天王台、取手。 普通…上野始発のものは青いE531系の電車。 区間は上野から発車するものは高萩まで。 停車駅は取手まで快速と同じ、取手からは各駅停車。 取手以南では快速と表記することもある。 グリーン車が連結されている。 各停…いろんな種類の電車で運行。 区間は綾瀬〜取手。 綾瀬からほとんどの電車が千代田線に乗り入れる。 停車駅は各駅。 特別快速…E531により運転される電車、区間は上野〜土浦。 停車駅は上野、日暮里、松戸、柏、取手と取手からの各駅停車。 グリーン車付き。 ざっくりと表現します。 各駅停車 新松戸、綾瀬などに停まるやつ。 我孫子行きが多いが最長で取手まで行く。 綾瀬~取手までの全ての駅に構造上停まることが可能。 北千住は地下ホームに停まる。 取手方面からの綾瀬行きもたま~~にあるが、基本的に北千住地下ホームから千代田線と一体化しているためぼぼ代々木上原まで行く。 上野・日暮里・三河島・南千住・北千住地上ホームには「線路が無い」ため構造上停まれない。 取手より先も線路がないため行けない。 グリーン車は必ず無い。 必ず10両編成。 だから、「構造上停まれない駅」がそれぞれあります。 快速 上野~取手までを主に走る。 我孫子行きや我孫子で分岐して成田直通もあるけど。 簡単に言うと、常磐線内は上野・日暮里・三河島・南千住・北千住地上ホーム・松戸・柏・我孫子・天王台・取手以外には「ホームを設置していない」ため、構造上停まれない。 取手より先にも線路が続いてるが「車輌の構造上」走れない。 グリーン車が必ず無い。 ほぼ15両たまに10両。 普通 青いやつ。 土浦や水戸、最長高萩まで行ける。 青いやつは「車輌の構造」が取手以降にも対応しているため、取手より先にも行ける。 上野から取手までは、快速と同じ線路を走るため、構造上やはり新松戸などの駅には停まれない。 上野まで来るやつはグリーン車がある。 上野まで来るやつは基本15両たまに10両。 私鉄とちがい、各駅停車=普通ではありません。 高萩の先、いわきや久ノ浜まで常磐線ですが、上野からは特急以外は高萩とまりです。 そのあたりを走る「上野に直通しない普通」は、ローカル線運用なのでグリーン車無いし、10両どころか5両だったりもします。 久ノ浜より先は、大震災により崩壊してしまったため今は行けません….

次の

JR常磐線快速と常磐線各駅停車の違いについて質問です。区間は、快...

常磐 線 各駅 停車 遅延

ますは混雑の問題。 東京メトロでは東西線に次いで朝の通勤ラッシュ時の混雑率が高いのが千代田線。 人混みによってドアが閉まらない光景は毎朝のこと。 途中駅での停車時間の超過でダイヤが若干乱れることがよくある。 しかも2,3分間隔の過密ダイヤによって、少しの影響は後続列車にも影響を与える。 相互直通運転による影響もかなり大きい。 JR常磐緩行線、小田急線と相互乗り入れを行う。 どちらか一方でもダイヤの乱れが生じると千代田線にも遅延が出る。 出典:www. youtube. 北千住駅、町屋駅にて停車時間の超過が起きやすい >> まずは混雑による影響。 朝ラッシュの千代田線の遅れで最初に挙げられるのはこれ。 利用者数が多いということは、その分停車駅での乗降に長い時間がかかり、さらにドア挟まりなどが多発しやすい環境下にあることを意味する。 北千住駅での混雑 東京メトロ千代田線の朝ラッシュの混雑率は190~200%前後で毎年推移している。 首都圏では完全に首位。 特に綾瀬方面からやってくる電車にて超満員電車。 そして、中でも乗車人員が多い駅が北千住駅。 ここではJR常磐線快速、東武スカイツリーライン、つくばエクスプレスから千代田線へ乗り換える人が多い。 北千住~大手町間、北千住~霞ケ関間の所要時間が最も短いのは千代田線。 日比谷線や押上経由の半蔵門線よりも早く到着することから、千代田線に乗客が集中しやすい。 これにより、停車時間の超過につながりやすいのは北千住駅とその次の町屋駅。 いずれもホーム上にいる人々が電車に乗り切れずにドアが閉まらないことで停車時間の超過が起こる。 西日暮里駅ではJR山手線や京浜急行線への乗り換える人が降りていくため、若干は混雑が緩和される。 ただし、少なくとも大手町駅は満員電車の状態が続き、乗降時間の延長が起きやすい。 なお、代々木上原駅から北行の電車は朝ラッシュでも比較的混雑は緩やか。 小田急線からの直通列車でも代々木上原始発でも遅延が起こるほど深刻ではない。 相互直通運転による影響 東京メトロ千代田線は両端部である綾瀬駅と代々木上原駅にてすべての電車が折り返すわけではない。 綾瀬駅ではJR常磐緩行線(綾瀬~取手)、代々木上原駅では小田急線(代々木上原~本厚木・唐木田)とそれぞれ相互直通運転を実施。 相互直通運転によるダイヤの乱れはこれらの乗り入れ先でのトラブルが原因である場合も多い。 特に深刻なのは小田急線。 混雑、踏切関連の人身事故、緊急停止による安全確認等の影響を受ける。 人身事故• 緊急停止ボタン作動等による緊急停止と安全確認• 快速線の影響 JR常磐線では踏切がない分、基本的にダイヤの乱れにつながる要素は少ない。 人身事故、駅構内の列車緊急停止ボタン作動等によるものはあるが、混雑による停車時間の超過は千代田線単独よりは少ない。 ただし、常磐線区間は快速線の影響を受けることがある。 快速線にて設備故障が起こると、緩行線側も確認のために一時的に運転見合わせになることはある。 また、快速電車が運転見合わせになって緩行線が平常運転ができていても、乗客が快速から各駅停車に流れてくるため、今度は混雑によって常磐緩行線が遅れる。 この結果、直通先の千代田線にもダイヤの乱れが波及する。 さらに、常磐緩行線は強風の影響を受けやすい荒川鉄橋や利根川鉄橋がある。 このため風が強い日は運転見合わせになりやすい。 安全確認• 人身事故• 路線距離が長い• 混雑 まず、小田急線では安全確認の実施に時間が多くかけられている。 ドア挟まりなどの対応、線路内立ち入り、ホーム上の転落事故による列車緊急停止などは完全に遅延につながる。 加えて、車掌の発車時の安全確認にさえも動作に時間がかかることで電車の遅れにつながる。 これだけで5分程度遅れることが多い印象。 人身事故もまた起きやすい。 踏切が数多くあり、自動車や歩行者との接触・衝突が起きやすい。 路線距離が長い。 私鉄の中では長い方に分類し、小田原線の新宿~小田原は82. 5kmもある。 総延長が長い分、途中で何かの問題が生じるリスクはそうではない路線より高い。 小田原線に加え、多摩線、江ノ島線も同じ運転系統の下にあるのも無視できない。 そして混雑による影響。 小田急線は代々木上原~向ヶ丘遊園間にて複々線化が完了して輸送力が大幅に上がったものの、快速急行や通勤急行などの特定の優等列車に混雑が集中。 そのため、これらの列車種別が乗降時間の延長で遅れやすく、千代田線直通列車もその影響を受けることがよくある。 過密ダイヤ 東京メトロ千代田線の朝ラッシュの時間帯の7時台と8時台では1時間当たり25本の運転本数がある。 概ね2、3分間隔で電車が行き来する計算。 丸ノ内線等と比べると若干少ない本数である。 しかし、途中駅での停車時間があまりにも激しい混雑により長くなりやすく、定時運行が難しい構造になっている。 乗降客数が多い北千住駅は特に停車時間の超過により、後続列車が前の電車に追いついてしまって駅間で停車する光景が目立つ。 もちろん、運転本数は今の状態で限界であり、現状でさえ輸送力不足気味のため減らすこともできない。 まとめ 同じく東京メトロの路線で千代田線に次いで遅れやすい路線として半蔵門線がある。 半蔵門線の場合、遅延の原因は両端で接続する東急田園都市線と東武スカイツリーラインの影響と慢性的な混雑(渋谷側)が挙げられる。 千代田線についても、混雑する区間はある。 北千住駅から西日暮里駅にかけての区間は、半蔵門線でいえば渋谷駅から表参道駅にかけての部分とよく似ている。 ただ、直通先の遅延の多さには違いがある。 小田急線と東急田園都市線では、前者の方が多い傾向。 これは千代田線と半蔵門線の差にも影響する。 小田急に原因あり 相互直通運転を実施している小田急とJR常磐線は、ともに遅延が多い路線である。 小田急では、路線距離が長いということでしばしば電車が運転見合わせになる。 さらに、朝や夕方のラッシュの時間帯となると、他の私鉄と比べても激しく混雑する。 複々線化でデータ上の混雑率こそは下落したが、快速急行・通勤急行に限って言えば以前よりもさらに激化したとの声も多く聞かれる。 そして、小田急における遅れは千代田線へ乗り入れる電車にも影響を与えてしまい、結果的に無関係に思える東京メトロの区間でも電車が時刻表通りに駅に到着しないという形になってしまう。 JR常磐緩行線にも原因あり 一方、綾瀬駅から乗り入れるJR常磐線各駅停車についても、千代田線に遅れが生じる原因となることもある。 ほとんどの区間で地下を走る千代田線とは対照的に、JR常磐線はすべて地上を走る。 地下と比べて天候に左右されることがある。 さらに、常磐線は強風の影響を受けやすい荒川や利根川の橋を渡るが、ここが原因で運転見合わせや徐行運転を余儀なくされることがある。 風に弱いという性質上、風が強い日となると千代田線でも遅れが発生してしまうことがある。 このほかにも、人身事故や信号トラブルなどによって電車が遅れることがある。 さらに、小田急ほどではないが混雑によって電車が定刻よりも数分遅れることもある。 朝ラッシュの上りに多い。 その他、各路線の遅延事情について 鉄道事業者 路線名 JR東日本 、、、、、、、、、、、、、、、 東京メトロ 、、、、、、、、 都営地下鉄 、、、 京成電鉄 東武鉄道 、、 西武鉄道 、 京王電鉄 、 小田急電鉄 (小田原線・多摩線・江ノ島線) 東急電鉄 、、、、 京浜急行電鉄 相模鉄道 その他の私鉄 、、、、.

次の