ロック ウール アスベスト。 吹付けロックウール(乾式、半乾式)

Q & A

ロック ウール アスベスト

ビニールに包まれたロックウール 吹き付け用(湿式施工)と成型品(乾式施工)がある。 また成型品には施工を容易にするために、ビニール袋に包んだ製品も多い。 700度まで形状を維持できるだけの耐熱性能があり、400度までのよりも性能が良いが、ビニール袋やバインダーとして使用される接着剤のために火炎によって黒煙を発生する点はグラスウールと同様である。 水に対してはグラスウールよりも非常に良好で撥水性があり吸湿性が低い。 グラスウールには無いアルカリに対する耐薬品性がある。 価格はグラスウールよりわずかに高価となる。 吸音材としては、より低いまでよく吸音し、特に400Hz以上では大きな吸音性がある。 養液栽培培地用 [ ] 用に形成されたロックウール• : 無視できるほど低い• : ない。 : 7. 0前後 - これは、栽培に適するようpHの調整を行ったためであり、元のロックウールのpHは栽培に適さないほど高い。 pHの調整を行った後のロックウールは、pH7前後を長く維持する。 成形と粒状の2通りの形状がある。 製造 [ ] 原料のスラグや岩石を1500 - 1600度の電気炉で溶解し、溶融物を遠心力で吹き飛ばして空気中で固化させて製造する。 要はの製法と同じである。 形成する場合はバインダー・撥水剤としてを添加して形を整えて出荷される。 日本では主にを原料としたスラグウール slag wool が生産されているが、繊維性を向上させるために原料に天然岩石も添加されるのが普通である。 安全性 [ ] ロックウールおよびロックウール製品は、人造鉱物繊維であるので、第57条の2(文書等の発行いわゆるMSDS()の発行)の対象物質である。 ホルムアルデヒド [ ] ロックウールはと同様に、製造時に重量の最大4. したがって175度以上に加熱すると、フェノール樹脂等の熱分解生成物が発生する。 ロックウール工業会で390度の条件下で実験を行なった結果、、、N,N-ジメチルホルムアミド等が微量発生することが報告されている。 火災時や高温部分での使用には注意が必要とされている。 ただし常温の製品から遊離されるホルムアルデヒドは微量であり建築基準を満たすものとなっている。 発癌性 [ ] IARC は2001年にロックウールを「発ガン性を分類できない(innocent:グループ3)」に分類した。 これによって日本やアメリカでも「発癌性なし」という取り扱いになった。 一方、以下のような見解もある。 国際化学物質安全計画 の作成した ICSC には「長期または反復暴露の場合、人で発ガン性を示す可能性あり」と表記されている。 では「確率的に発ガン性の可能性あり probable 」とされている。 ただし発癌性が認められたのは、実験動物の腹腔内への投与(1988年)であり人体で発癌性が確認された訳ではない。 またドイツでは生体内で溶解しない耐久性断熱材繊維 bio persistent fiber を危険物に指定し、建材として生産したり流通させることを禁止する法令を制定(2000年)する一方 で、自然系断熱材を使用した家を補助金を支給して奨励している若干特殊な事情 がある。 石綿との関係 [ ]• 天然鉱物繊維である(アスベスト)と外観が似ているが、全くの別物である。 1988年以前に製造されたロックウールは石綿製品のラインを流用したプラントで製造された製品が多く、ライン内に残留した石綿が若干ながら混入している事がある。 また、かつては耐火被覆材の吹き付けにロックウールを用いられた際、品質を高めるために繋ぎ剤として石綿が混ぜられていたこともあった。 ロックウールはに漬けると接着剤が溶けてばらばらになるが、石綿は酢酸に漬けても変化しないので鑑別できる。 また指で揉むとロックウールは粉末状になるが、石綿は細かくなるものの繊維の形状を保つのが特徴である。 工業的には、によって完璧に鑑別できる。 鉱物性繊維は、その成分には関係なく、 1 繊維が細いこと、 2 肺胞内マクロファージの貪食作用に耐える、という2点に合致することで発癌性が発揮される。 発癌性の低さはあくまで「 石綿と比較して繊維が非常に太い」ことによるためであり、石綿と違う成分であることに由来するものではない。 廃棄 [ ] 廃棄物として発生したロックウールは、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく「ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず」に該当し、産業廃棄物として適切に処理することが必要で、埋め立て等によって処分される。 脚注 [ ]• かつてはIARCもグループ2B(グループ2Bとは、コーヒーや漬物、ウレタン、スチレンモノマー、ガソリンと同等の発癌性)に分類していた• 自然系断熱材を使用すると1立方メートル当たり40ユーロが還付される• ロックウール工業会FAQより引用• 荻原,「脱アスベストに見る代替材料の落とし穴」,『日経ニューマテリアル』,1992年3月9日号,pp. 12-23• 3,No. 3,2002年• 中央労働災害防止協会労働衛生調査分析センター,『平成15年度 石綿代替品の有害性に係る文献調査報告書』,2004年 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

「断熱材の種類」ロックウールとグラスウールの違いと特徴

ロック ウール アスベスト

ロックウール全般 ロックウール• Q1:• Q2:• Q3:• Q4: ロックウールとアスベスト• Q5:• Q6:• Q7:• Q8: アスベスト含有吹付けロックウール関連• Q8-2:• Q8-3:• Q8-4:• Q8-5:• Q8-6:• Q8-7:• Q8-8: アスベスト含有ロックウール吸音天井板関連• Q8-9:• Q8-10:• Q8-11:• Q8-12:• Q8-13: ロックウールの健康影響• Q9:• Q10:• Q11:• Q11-2: 労働衛生規制• Q12:• Q13:• Q14:• Q15:• Q16:• Q16-2:• Q16-3:• Q16-4:• Q17: 労働衛生対策• Q18:• Q19:• Q21:• Q22:• Q23:• Q25:• Q26:• Q27:• Q28: 環境問題他• Q29:• Q30:• Q31:• Q32:• Q33:• けい酸塩鉱物繊維で、6種類をアスベストといっている。 代表的なものにクリソタイル、アモサイト、クロシドライトがある。 この他にトレモライト、アンソフィライト、アクチノライトがある。 クリソタイルの場合は、主に酸化ケイ素と酸化マグネシウムで、アモサイト・クロシドライトの場合は、酸化ケイ素と酸化鉄で構成されている。 見分け方 ロックウール アスベスト 石綿 指触による 見分け方 掌にロックウールを載せて、指で擦ると粉々に砕け、肉眼で見ても繊維状に見えない。 掌にアスベストを載せて、指で擦っても砕けず、肉眼で見ても繊維状のままである。 酸による 見分け方 酢酸 市販の酢 に溶ける。 完全に溶けるわけではない 酢酸に溶けない。 膨潤状態になる 顕微鏡による 見分け方 顕微鏡で見ると棒状であり、しかも繊維は束ではなく繊維径も太い。 顕微鏡で見ると、繊維が束になっている様子がわかり、しかも単繊維径が細い。 X線回折法による 見分け方 非晶質なので、X線の回折ピークは現れない。 結晶質なので、X線の回折ピークが現れる。 8:ロックウールの製品にはアスベスト 石綿 は混じっていますか?• 現在市販されているロックウール製品にアスベスト 石綿 は混じっておりません。 なお、過去にアスベストが混じっていた製品は、工業会認定指定製品の吹付けロックウールとロックウール吸音天井板です。 吹付けロックウール 乾式 は昭和55年以前 一部のカラー製品は昭和62年まで使用 に、個別認定品である吹付けロックウール 湿式 は平成元年以前に、またロックウール吸音天井板は昭和63年以前に施工されているものにはアスベスト 石綿 が混じっている場合がありますのでご確認ください。 なお、詳細はをご参照ください。 アスベスト含有吹付けロックウール関連 8-2:ロックウールの吹付け施工にアスベストを使用していた期間があると聞きますが、なぜアスベストを入れる必要があったのですか?• 鉄骨の耐火被覆構造は、昭和39年にアスベストの吹付け施工で指定されましたが、アスベストが国内に産出せず、全量を輸入に頼っていたことから、少しでも価格の安いロックウールを代替品として開発が行なわれるようになりました。 開発当初のロックウールは鉄骨に対する接着強度が弱く、施工後に脱落するため、つなぎ材として、アスベストを入れざるを得なかったのです。 その後、吹付け工法の開発が進んだことと、ロックウール繊維自体の技術開発により、アスベスト無しのロックウールが問題なく施工できるようになったことで、現在の吹付けロックウールにはアスベストの添加は必要なくなりました。 9:ロックウールは人体に有害ですか?• ロックウールに限らず、どのようなもの 物質 でも呼吸器系に取り込まれることは好ましいものでありません。 通常、肺内に異物が入ってきた場合は、マクロファージ 大喰細胞 がでてきて異物を食べて、その細胞が死にます。 その死骸がタンとなって体外に排出されます。 このように人間の体は異物に対し防御反応があると共に、呼吸に伴って吸入したものも排出されることになります。 しかし、呼吸器系に大量の異物が入ってきますと、その機能が働かなくなり、肺に対して影響を与えることになります。 ロックウールの場合も同様です。 従って、呼吸器系に大量のロックウールが吸入されなければ特に問題はありません。 この目安として、日本では呼吸器系に入る粉じん量を3. 10:ロックウールは発がん性があるのですか?• 現時点で、我が国において、ロックウールを取扱った人から 肺がんが発生したという報告はありません。 そこで、ヨーロッパメーカーは従来のロックウール、グラスウールの化学組成を変更し、EU指令の適用除外要件を満たす溶解性繊維 カテゴリー0:発がん性なし を開発し、製造販売を行なっています。 その後、2001年10月に、IARC 国際がん研究機関 では、従来製造のロックウール、グラスウールに関し、従来のグループ2B 発がん性があるかもしれない から、各種証拠に基づき、 グループ3 発がん性の分類ができない に変更になりましたが、ヨーロッパの溶解性ロックウールに関しては、データ不足との観点で評価を行なっていません。 従って、現在、日本国内で製造しているロックウールはIARCの分類から判断して発がん性はない方にシフトしているといえます。 なお、国内製造のロックウールがヨーロッパの溶解性ロックウールと同程度かを判断するために、北里大学医学部に委託して、EU指令の適用除外要件試験方法に類似した方法で行なった結果によると、日本国内で製造しているロックウールは、 ヨーロッパの溶解性ロックウールに匹敵するとの結果になりました。 16:ロックウールおよびロックウール製品は、労働安全衛生法第57条の2 文書等の発行いわゆるMSDS 製品安全データシート の発行 の対象物質ですか?• 労働安全衛生法第57条の2の対象物質は633物質 許可物質も含めると640物質になります となっており、この物質の中に人造鉱物繊維がはいっています。 厚生労働省の通達によると、人造鉱物繊維はガラス長繊維を除いたものとなっており、当然人造鉱物繊維の一つであるロックウールは対象となります。 なお、ロックウール製品を製造・販売する者は、ロックウール製品を提供・譲渡する場合にMSDSを提供する義務が法的にあります。 お手元に、このMSDSがない場合は購入先にご確認ください。 17:ロックウールおよびロックウール製品はPRTR法 略称 化学物質管理促進法 の該当物質ですか?• PRTR法では第一種指定化学物質が462物質、第二種指定化学物質が100物質指定されていますが、ロックウールはこの法律の指定化学物質とはなっていません。 また、ロックウール製品には、バインダーとしてフェノール樹脂 およびその変性物 を4. ロックウール製品は、0. 労働衛生対策 18:ロックウール製品の取扱い作業で着用する防じんマスクは、どのようなものが適当ですか?• 作業環境中の吸入性粉じん濃度が3. 着用対象となるロックウール製品の取扱い作業としては、工業会の測定データから判断して、 1 ロックウール製品製造・加工場、 2 吹付けロックウール作業、 3 解体作業と考えられます。 着用すべき防じんマスクには、国家検定の取替え式 フィルター交換型 と使い捨て式の二種類があります。 上記の作業に該当する場合は、取替え式防じんマスクを着用してください。 上記以外の作業については、取替え式又は使い捨て防じんマスクを着用することが望ましい。 ちなみに防じんマスクの主な入手先 メーカー は、次の通りです。 01未満 0. 005未満 0. 01未満 0. 15 0. 02 0. 005未満 0. 01未満 0. 02 0. 3以下 0. 3以下 0. 3以下 1. 5以下 0. 005以下 1 中間処理業者に依頼する場合 産業廃棄物の扱い品目として「ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず」の許可を持っている業者 企業 に依頼することが必要です。 廃棄物の輸送についても産業廃棄物収集運搬業者 産業廃棄物の扱い品目として「ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず」の許可を持っている専門業者 に依頼することが必要です。 更に、搬出・搬入対象のそれぞれの行政から、収集運搬業の許可を受けた専門業者を使う必要があります。 処理 処分と輸送 に関する委託契約を取り交わすことが必要です。 廃材を輸送する際、マニフェスト伝票を発行する必要があります。 処理業者の工場所在地 廃材搬入場所 が県外であった場合、搬入場所を管轄する行政に対して廃棄物搬入についての事前届出又は事前協議を行なう必要があります。 2 広域認定を受けている企業に依頼する場合 認定を受けている企業と処理に関する契約 基本契約 を結ぶ必要があります。 原則としてリサイクルを依頼する企業の製造した製品しか扱えません。 このシステムでは、会員各社の再生利用工場に搬入された廃棄物は、原料として再生利用 マテリアルリサイクル することが義務付けられており、良好なリサイクル作業を推進するためには、作業現場において、リサイクルできる物とできない物に分別することが重要なポイントとなります。 外被の付着している製品は原則としてはがし、ロックウールと分別することが必要です。 分別された外被は、それぞれの該当廃棄物区分にしたがって適切に処分することになります。 下記にその一例を示しますのでご参照ください。 28:吹付けロックウールは建築基準法によるシックハウスの規制対象になりますか?• シックハウスの規制対象にはなりません。 その理由は次の通りです。 規制の対象となる要件は、1. 建築物であること、2. 居室であること、3. 使用部位が壁、床、天井、または天井裏等であること、4. 規制対象建築材料であることのすべて満たした場合のみ該当することになります。 吹付けロックウールは鉄骨の耐火被覆用として使用されますので、上記適用要件の1. および2. に該当しますが、上記3. には、鉄骨耐火被覆むき出しで使用される場合を除き該当しませんから、シックハウス対策のための規制対象外となります。 また、鉄骨耐火被覆むき出しで使用される場合でも、上記4. の要件に該当しませんので、シックハウス対策のための規制対象外となります。 この上記4. の要件に該当しない理由は、吹付けロックウールはロックウール粒状綿 ウール とセメント、水から構成されているからです。 またもうひとつの構成要素であるセメントも国土交通大臣の指定するホルムアルデヒド発散建築材料には該当いたしません。 環境問題他 33:住宅用断熱マット、吹付けロックウール、吸音天井板の使用時の発じんはありますか?• 住宅用断熱マットはポリエチレンの袋に包まれており、かつ壁、天井等で遮断されていますので、極度の気流がない限りロックウールの発じんはないと考えています。 耐火被覆として使用されている吹付けロックールは、通常天井に囲まれており、かつ極度の気流がない限りロックウールの発じんはありません。 しかし、空調ラインに吹付けロックウールが施工されている場合、空調ライン内の気流が著しく強い時、発じんの可能性が否定できません。 天井に使用されている吸音天井板は、スターチ でん粉 等で固められており、かつ使用室内の気流はほとんどありませんので、発じんはないと考えられます。

次の

住宅建材に多く使われるロックウールとアスベストの違い

ロック ウール アスベスト

建物の解体を検討していますが、アスベストが含まれていると解体費用に大きな影響が出ると聞きました。 解体業者に検査してもらう前に自分でアスベストの有無を調べておきたいのですが、建物が建てられた時期などでアスベストの有無は判断できますか?もしアスベストが使われているとしたら、どんな箇所に使用されているのでしょうか。 断定はできませんが、有無の可能性を判断することはできます。 可能性がある場合には、見積り時に念入りに見てもらうと良いでしょう。 しかし、築年数と建物の材質によって、ある程度の可能性は判断することはできます。 この法律が改正されれば、全ての石綿(以下、アスベスト)含有建材への規制対象がレベル3建材にも拡大され、都道府県等への事前調査結果報告の義務付けや罰則規定が設けられることになります。 アスベスト規制の歴史 アスベストは年を追うごとに規制が強まってきました。 まずは、その歴史を紹介します。 1975年(昭和50年)特定化学物質等障害予防規則の改正 石綿含有率が重量の5%を超える場合、吹き付け作業は禁止されました。 5%未満であれば、吹き付け作業は許容されていました。 1986年(昭和61年)ILO石綿条約の採択 クリソタイル(白石綿)は管理使用の対象とし、クロシドライト(青石綿)の使用と吹き付け作業の禁止を指導されました。 しかし、日本では依然として使用及び製造がなされていました。 1995年(平成7年)労働安全衛生法施行令改正、特定化学物質等障害予防規則改正 アモサイト(茶石綿)、クロシドライト(青石綿)の製造、輸入、譲渡、提供、使用が全面禁止されました。 更に、石綿含有量が1%を越えるものの吹き付け作業が禁止されました。 1%以下の吹き付け作業やクリソタイル(白石綿)の使用は認可されています。 2004年(平成16年)労働安全衛生法施行令改正 代替が困難なものを除くすべての石綿製品の製造、輸入、譲渡、提供、使用が禁止されました。 しかし、重量の1%以下を含有するクリソタイル(白石綿)は認められています。 2006(平成18年)労働安全衛生法施行令改正 石綿の含有量が重量の0. 1%を越えるものの製造、輸入、譲渡、提供、使用が禁止されました。 2006年以前の建物なら要注意 2006年に石綿の含有基準が引き上げられたことにより、アスベストが含まれているかという判断が非常に厳しくなっています。 解体をする建物というのは、ほとんどが2006年以前に建てられていることと思いますが、まずはアスベストが含まれていないか疑って掛かることが大切です。 注意すべき箇所 利用されている可能性のある箇所は、建物の築年数によって様々ですが、代表的なものをご紹介します。 屋根 住宅のスレート瓦や工場の波板には、高い確率でアスベストが含まれていると思われます。 外壁 住宅のサイディング外壁や工場の波板には、屋根と同様に高い確率でアスベストが含まれています。 内装材 内装のケイ酸カルシウム板やパーライト板にも、アスベストが含まれている可能性があります。 配管の断熱材 工場の配管やダクトに巻かれた断熱材には、アスベストが含まれている可能性があります。 内壁の吹き付け材 工場や立体駐車場等に耐火材として利用された吹き付け材にも、高い確率でアスベストが含まれています。 担当者に念入りな確認を アスベストによる割高な工事は避けたいところですが、最も気をつけなくてはいけないのが工事が始まってからアスベストが見つかり、追加費用が発生するというケースです。 解体の見積り時には上記のような点を踏まえて、担当者に念入りに現地確認を依頼し正確な見積りを取得しましょう。 なお、建物にリフォームをしている場合には、リフォームの概要も伝えておくことをお勧めします。 マージンカット お客様と解体工事会社(解体屋・解体業者)が直接契約する事で、多重下請け構造により発生する複数の中間マージンをカットし、コストダウンを実現します。 相見積もりによる価格競争 相見積もりにより適正価格内で価格競争が起き、解体工事会社(解体屋・解体業者)から出来る限り安価な金額で見積もりが提出されます。 「くらそうね」は他にどの解体工事会社(解体屋・解体業者)が見積もりを提出しているかを開示しないため、談合を防ぎます。 予想金額から希望の解体工事会社(解体屋・解体業者)を選定 過去の見積もりデータよりAIが算出した解体工事会社(解体屋・解体業者)の予想金額を見て、お客様ご自身で費用が合う解体工事会社(解体屋・解体業者)を選定出来ます。 2かんたん 会社情報から比較検討 ご自身で調べずとも「くらそうね」で、5つの評価軸や口コミ、アピールポイントを基に最大10社から解体工事会社(解体屋・解体業者)を選定出来ます。 見積もりフォーマットによる簡単比較 統一フォーマットの見積もりが提出されるため、解体工事会社(解体屋・解体業者)によって記載項目に差異はありません。 項目表記の違いが無いため初めての方も手軽に安心して見積もり比較が可能です。 見積もり~契約まで一括管理 解体工事会社(解体屋・解体業者)とのやり取りは「くらそうね」の専用メッセージ内で行うため、営業電話はありません。 解体工事会社(解体屋・解体業者)を決めた後、お断り連絡から正式契約まで「くらそうね」の専用ページで完結します。 3あんしん 提携基準 許可の保有チェックや第三者機関による反社会的勢力のチェックを実施しています。 全国数万社の中で800社以上の優良な解体工事会社(解体屋・解体業者)のみ提携しています。 疑問や不安をサポート お困りごとが発生した際はコンサルタントや弁護士によるサポートが受けられます。 経験豊富なコンサルタントが解体工事に関する疑問や不安にお答えします。 些細な事でも気軽にお問合せください。 くらそうね 0120-479-033 プライバシーマーク(Pマーク)、ISMSを取得 9期の実績があるクラッソーネが「くらそうね」を運営しています。 プライバシーマーク(Pマーク)やISMSの取得しており、個人情報保護の体制や運用が適切です。 木造住宅の解体工事スケジュール 一般的に、木造住宅の解体工事は1週間前には自治体に届け出を行い、約2週間以内に工事を終える段取りになっています。 そのため、工事会社を選ぶには3か月前からの準備をおすすめしています。 お客様の声.

次の