機動戦士ガンダムseed wiki。 機動戦士ガンダムNT

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

機動戦士ガンダムseed wiki

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 あらすじの書き方を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(ネタバレも含めて)、著作権をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2018年9月)(使い方) ジャンク屋のの元に、突如2体のMSが現れる。 ゲイルストライクには正体不明の人物、そしてロウの愛機と同じには、死亡したはずのロウの剣術の師匠であるが乗っていた。 彼らに命を狙われるロウの所に傭兵部隊のも駆けつけ、戦闘が始まる。 一方、宇宙ステーション「」で世界を見守るの元にも、死んだはずの弟が現れ、ミナは死亡した当時のまま世界支配の思想を抱くギナと戦うことを選択する。 そして地上にいたサーペントテールのの下にも、やはり死亡したはずの友人が現れ、戦いが始まった。 謎の組織「ライブラリアン」を名乗る彼らを統べるのは、最高書記官。 死亡した人を「カーボンヒューマン」として再現する技術力と、「」のデータを引継ぎ世界をコントロールできるほどの力を秘めた彼らの目的とは…。 登場人物 [編集 ] 詳細は「」を参照 主要人物 [編集 ]• ロウ・ギュール - ジャンク屋。 搭乗機はを装備した。 死亡したはずの剣術の師匠である蘊・奥と対峙する。 叢雲劾 - 傭兵部隊サーペントテール所属する凄腕の傭兵。 過去に葬ったギナと再び対決する。 搭乗機は。 イライジャ・キール - サーペントテール所属。 美形のコーディネイター。 容姿以外優れた点は無かったが、数々の激戦を経て「英雄殺しのイライジャ」と呼ばれるまでに成長した。 今作では、死んだはずの友人グゥドと再び戦うこととなる。 搭乗機は。 ロンド・ミナ・サハク - オーブ五大氏族の1人。 世界支配を目論見ロウや劾達と敵対していたが、後に考えを改め今に至る。 死んだはずの弟ギナと再会するが、考えの相違から敵対することに。 搭乗機は。 ライブラリアン [編集 ]• ND-HE(エヌディ・ヒィ) - フルフェイスの仮面で顔を覆ったカーボンヒューマン。 彼の正体を知るもの一部しかいない。 名前は「 No Data High Error」から。 搭乗機はストライクを強化した。 フィーニス・ソキウス - ナチュラルへの服従遺伝子が組み込まれたコーディネイター「ソキウス」の一人だが、彼のみ服従遺伝子を外されている。 他のソキウスよりも好戦的。 搭乗機はバスターを強化した。 ロンド・ギナ・サハク - かつて世界を影から操ろうと画策していた、オーブ五代氏族の1人。 思想が違えた姉、そして自身を殺した劾に戦いを挑む。 搭乗機は第5のアストレイ、。 蘊・奥(ウン・ノウ) - 『』に登場し、ロウに剣術を教えた人物。 病に犯され死亡したが、全盛期の姿でカーボンヒューマンとして復活。 搭乗機は日本刀を装備した。 プレア・レヴェリー - ライブラリアンの最高書記官の青年。 『』の主人公のプレアと同姓同名だが、幼くして死亡したはずの彼との関係性は不明。 搭乗機はプロヴィデンスを強化改修した。 グゥド・ヴェイア - かつて「英雄」と呼ばれたザフトのエースパイロット。 過去に叢雲劾との戦闘に敗れ死亡したが、カーボンヒューマンとして復活。 搭乗機はセイバーの強化発展機である。 カイト・マディガン - 『』で、主人公のジェスの護衛を担当したフリーのMSパイロット。 MSコレクターでもあり、デュエルの改造機を気に入り、ライブラリアンに加担している。 リリー・ザヴァリー - ブリッツの改造機で、瞬間移動能力を搭載したに搭乗する少女。 最高書記官の特殊部隊に所属。 登場機体 [編集 ] ジャンク屋組合• MBF-P02• MBF-P02KAI サーペントテール• MBF-P03R• ZGMF-1001 宇宙ステーション「アメノミハシラ」• MBF-P01-Re2 ライブラリアン• LG-GAT-X105• LH-GAT-X103• LN-GAT-X207• LN-ZGMF-X13A• LR-GAT-X102• LV-ZGMF-X23S• MBF-P05LM• MBF-P05LM2• MBF-P05LM3• MBF-P02 スタッフ [編集 ]• 原作 - 矢立 肇、富野由悠季• キャラクターデザイン - 平井久司• メカニックデザイン - 大河原邦男、山根公利 BEECRAFT 、藤岡建機• キャラクターデザイン - 植田洋一、川口理恵、ときた洸一、戸田泰成• メカニックデザイン - 阿久津潤一 BEECRAFT 、やまだ たかひろ• 設定・企画協力 - 森田繁(スタジオぬえ)• 設定・協力 - 吉野弘幸• マーク・デザイン - 神宮司訓之• 制作 - サンライズ• 小説・シナリオ - 千葉智宏(スタジオオルフェ)• 小説さし絵 - ときた洸一• 協力 - バンダイホビー事業部、電撃ホビーマガジン編集部 書籍 [編集 ] ムック• ISBN 978-4048685795• ISBN 978-4048702966 単行本• ISBN 978-4048708579 脚注 [編集 ]• ムック「VS ASTRAY Vol. 1」67ページに型式番号の記載あり。 外部リンク [編集 ]•

次の

機動戦士ガンダムオンライン超攻略 Wiki

機動戦士ガンダムseed wiki

コンテンツ [] 概要 複数の作家の手で複数の雑誌に展開されているが、その全てを統括するのは()であり、彼のシナリオに基づいて全てのストーリーが有機的に関連している。 『SEED』第30話で爆発に巻き込まれたがどのように生存したのかなど、TVシリーズとの繋がりを意識したエピソードも幾つか製作されている。 また、多少設定に変更があるものの『SEED ASTRAY』は模型店の店頭プロモーション用に映像化されている。 この項目では、続編である『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』、『機動戦士ガンダムSEED C. 登場人物についてはを参照のこと。 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 詳細はを参照 機動戦士ガンダムSEED ASTRAY( きどうせんしガンダムシード アストレイ)は、「」(漫画)、「」(漫画)、「」(ジオラマストーリー)、「」(小説)の4誌で展開された作品である。 それぞれの雑誌で別のストーリーが進行し、各雑誌版を独立した作品として読めるだけではなく、全てのストーリーを読むことで雑誌を越えた伏線が理解できるように考慮されており、より広い世界観を表現するものとなっている。 漫画版の主人公となるのは、ジャンク屋のと彼が乗る機体「」。 ジオラマストーリー版および小説版の主人公となるのは傭兵部隊「」のと彼が乗る機体「」である。 「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」 ガンダムエース連載版。 主人公はロウ・ギュールだが、叢雲劾も多く登場し、『ASTRAY R』と『ASTRAY B』の橋渡し的位置づけにある。 単行本は全3巻。 (限定版 )• 漫画「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R」 少年エース連載版。 豪快な絵柄が特徴。 単行本は全4巻。 ジオラマストーリー「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B」千葉智宏 著 電撃ホビーマガジン(以下DHM)連載版。 ムック本は全2巻、単行本は全1巻。 1』および『〃 Vol. 2』の中で、第1 - 6話と、第7 - 12話に分割した形でのみ存在し、残る13 - 26話(DHM 2003年11月 - 2004年10月号)は未収録のまま現在に至る(2011年5月付)。 副題については、連載(ムック)版が「 オペレーション01 - ファイナル(26)」となっており、単行本では時系列順に整理された「 TACTICS 00 - 26」となっている。 ムック1• ムック2• 単行本 「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」千葉智宏 著 ザ・スニーカー連載版。 単行本は全2巻。 イラスト:• OVA(店頭プロモーション用)「機動戦士ガンダムSEED MSV ASTRAY」 機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY 詳細はを参照 機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY(きどうせんしガンダムシード エックス アストレイ)は、「」に連載された漫画作品である。 漫画はが担当している。 ガンダムエース版『ASTRAY』の続編で、SEEDのアニメ本編「PHASE-46 - 47」における空白の2か月間に起こった出来事を描いている。 このストーリーでは新キャラクターであるととの対決をメインに描き、前作の主人公であるロウ・ギュールや叢雲劾はサブとして登場している。 「機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY」ときた洸一 ガンダムエースに引き続き連載。 単行本は全2巻。 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 詳細はを参照 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY(きどうせんしガンダムシード デスティニー アストレイ)は、『ASTRAY』の続編であり、同じく「月刊ガンダムエース」(漫画)、「電撃ホビーマガジン」(ジオラマストーリー)、「」(小説)の3誌で展開されていた。 『』のTVシリーズ放送中は『SEED』の最終話終了後から、続編である『SEED DESTINY』までの約2年間を主な舞台としていたが、TVシリーズの終了以降は『SEED DESTINY』の中で描かれなかった裏事情を描くエピソードに突入した。 主人公は、新たに戦争カメラマンのと、彼がロウ・ギュールから譲り受けたMS「」となった。 これまでに登場したサーペントテールやカナード・パルスなどのキャラクターも登場するが、あくまで脇役である。 漫画「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY」ときた洸一 ガンダムエースに引き続き連載。 単行本は全4巻。 2006年10月号には町田能彦による「天空を征く者」が掲載された。 ジオラマストーリー「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY」千葉智宏 著 電撃ホビーマガジン(以下DHM)連載版。 ムック本は全巻、単行本は全2巻。 ただし、引き続きの作例写真および担当者によるコメントなどは全てカットされ、フォトCGも大多数が白黒印刷でしかないが、巻末には『ASTRAY R』を描いた戸田泰成による書き下ろし漫画が収録されている。 副題については、連載(ムック)版が「 ショット:001 - ラストショット(018)」となっており、単行本では時系列順に整理された「 REAL SHOT 01 - 26」となっている。 単行本 上• 単行本 下 小説「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY」千葉智宏 著 ザ・スニーカー連載版。 単行本は全2巻。 イラスト:緒方剛志 のちに「天空の宣言」の一環としてでゴールドフレームに関する小説が掲載される予定だったが、トラブルから見送られて存在のみが千葉智宏の「ASTRAYなブログ」で確認されている。 機動戦士ガンダムSEED C. 「ガンダムエース」で連載された。 担当はときた洸一。 物語はロウたちが火星に行き、そして火星に住む人々=マーシャンの若者たちがとある任務のために地球圏に飛来したことから始まり、その後ユニウスセブンが地球に落下する事件以降から発表直後までが描かれた。 またあるエピソードの裏側を書いた「機動戦士ガンダムSEED C. 73 -STARGAZER- SPECIAL STAGE」が電撃ホビーマガジン(以下DHM)2006年12月号に掲載された。 後に後日談とも言える「機動戦士ガンダムSEED C. 73 STARGAZER PHANTOM PAIN REPORT」がDHM 2007年7 - 9月号にて連載された。 漫画「機動戦士ガンダムSEED C. 単行本は全2巻。 機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS 詳細はを参照 機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS(きどうせんしガンダムシード フレイム アストレイズ)は、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』シリーズの一編として描かれる物語である。 『電撃ホビーマガジン』で連載された。 担当はときた洸一。 これまで(スニーカー版『ASTRAY』や『ASTRAY B』を除き)主役としては登場しなかった、ブルーフレームのパイロット・叢雲劾とその仲間達…傭兵部隊を主役とし、『SEED DESTINY』時代の彼らの活躍を描く物語である。 新たなメカニックとして、「」「」、そして劾の新たな愛機「」が登場。 漫画「機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS」ときた洸一 電撃ホビーマガジンに連載。 機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY 詳細はを参照 機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY(きどうせんしガンダムシード ヴァーサス アストレイ)は、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』シリーズの一編として描かれる物語である。 『電撃ホビーマガジン』で連載された。 2009年10月号にはプロローグとしてショートフォトストーリーが掲載されている。 『SEED DESTINY』終盤を時代背景とし、、、オーブのどこにも属さない新たな勢力「」が主軸となる物語である。 セルDVD 『機動戦士ガンダムSEED C. 73 STARGAZER』 に収録。 ただしレンタル版は未収録。 関連項目• 外部リンク•

次の

機動戦士ガンダムSEED 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

機動戦士ガンダムseed wiki

メディア - 小説・模型• 文章 - 千葉智宏• 出版社 -• 掲載誌 -• 発表号 - 11月号 - 5月号• 巻数 - 全2巻• 話数 - 26話 テンプレート - ノート 『 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』(きどうせんしガンダムシード デスティニー アストレイ)は、アニメ『』の各種媒体で掲載された公式外伝である。 概要 [編集 ] 『』の第3作であり、『』と同様に、漫画と小説の複数の媒体で展開された。 漫画版は作のもの(以下漫画版)。 小説版は「ザ・スニーカー」で連載されたもの(以下スニーカー版)と、「電撃ホビーマガジン」で連載されジオラマを組み合わせたもの(以下電撃版)の2作品。 合計3作品が展開された。 アニメ『』放映時は『SEED』最終話後から『DESTINY』開始以前の空白の2年間を舞台としたエピソード(以下「前半」)が語られた。 『DESTINY』3クール目前後から、での開発と強奪、ブレイク・ザ・ワールド後辺りまでで、「」と呼ばれる組織と対峙するエピソード(以下「後半」)が語られている。 漫画版の「前半」では『』の登場人物がメインキャラとして登場している。 物語 [編集 ] フォト・ジャーナリストのはある出来事からを駆り「戦場をMSと同じ視点で取材する」様になった。 71年10月、ジェスはのを巡る事件でからMS「アストレイ アウトフレーム」を譲り受ける。 ジェスはフリーのMSパイロットのと共に「真実を撮る」為に世界を駆け巡る。 登場人物 [編集 ] 詳細は「」を参照 主な登場兵器 [編集 ]• ZGMF-X12• ZGMF-X12D• RGX-00(ZGMF-X12A)• ZGMF-X12A• RGX-04• MWF-JG71• ZGMF-1001• ZGMF-1001• MBF-P02 書籍 [編集 ] 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY• ISBN 978-4047137080• ISBN 978-4047137325• ISBN 978-4047137882• ISBN 978-4047138087 Re:Master Edition 新装版。 描き下ろしエピソードを追加 し、スニーカー文庫版で語られたエピソードについては、2巻でショートストーリーとして補足されている。 ISBN 978-4041209172• ISBN 978-4041209189• ISBN 978-4041209851• ISBN 978-4041209868 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY• ISBN 978-4044297039• ISBN 978-4044717025 ・小説 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY• 上 ISBN 978-4840234733• 下 ISBN 978-4840234986 スタッフ [編集 ]• 原作 - ・• SEED DESTINYキャラクターデザイン -• DESTINY ASTRAYキャラクター - 植田洋一• SEED DESTINYメカニックデザイン - ・山根公利・藤岡建機• DESTINY ASTRAYメカニック・デザイン - 阿久津潤一(ビークラフト)・町田能彦• 設定・企画協力 - 森田繁(スタジオぬえ)• 設定協力 - 吉野弘幸• マーク・デザイン - 神宮司訓之• 制作 - サンライズ• 小説・シナリオ - 千葉智宏(スタジオオルフェ)• コミック作画 - ときた洸一• 小説さし絵 - 緒方剛志• 協力 - 電撃ホビーマガジン編集部、ガンダムエース編集部、ザ・スニーカー編集部、バンダイホビー事業部、バンダイビデオゲーム事業部 関連作品 [編集 ]• 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R• 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY B 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター』発売に伴い、展開された新シリーズ。 『DESTINY ASTRAY R』ではが、『DESTINY ASTRAY B』ではとが新たなメインキャラクターとして登場している。 『DESTINY ASTRAY R』は『』と同時期で、視点でのストーリーで、『DESTINY ASTRAY B』は『DESTINY ASTRAY』の「南米独立戦争編」と「インパルス開発編」の間の時期で、視点でのストーリーとなっている。

次の