競艇 ポイントサイト。 競艇 登録したほうがいい? ポイントサイトについて

からつキャッシュバックポイントクラブ

競艇 ポイントサイト

全24場の ポイントクラブ(サイト)、 電話投票キャンペーン、 キャッシュレスカードについてまとめました。 ポイントクラブ(サイト)があるのは、 平和島・多摩川・津・丸亀・児島・徳山・芦屋・からつ・大村の9場。 電話投票キャンペーンはすべての場で(年間をとおしてか、特定のレースかは場による)。 キャッシュレスカード(ICカード)があるのは、 桐生・江戸川・浜名湖・蒲郡・鳴門・宮島・下関・若松・福岡の9場。 ポイントカードがあるのは、 三国・びわこ・住之江・尼崎の4場でした。 年会費1000円。 ボートレース平和島・ ボートレース平和島劇場(場外舟券売り場)・ BIGFUN平和島(ボートレース平和島の向かいにあるアミューズメント施設)でポイントが貯まるカード。 貯まったポイントは、共通施設利用券・選手サイン入りピースターぬいぐるみ・旅行券などと交換できる。 ポイントの有効期限は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間。 電話投票での舟券購入でポイントが貯まり、現金やグッズなどと交換可能。 景品の種類は多く、ボートレーサーグッズ、平和島と吉本興業のコラボグッズ、ニンテンドーDSなど。 ポイントの有効期限は、hey! ポ口座に反映された月から1年間。 「平和島deポイントクラブ」だけでなく、その他の電話投票ポイントサイト、 「マイルクラブ大村24」、 「まるがめポイントクラブ」、 「児島テレポイントクラブ」、 「からつキャッシュバックポイントクラブ」の全サイトにまとめて一括入会することもできる。 すでに一部のサービスに入会しいる人も、ここから他のサービスに一括入会が可能。 ボートレース児島、からつ、大村の3場共同で行っているキャンペーン。 参加者で払戻金額・的中金額を競い、その成績に応じて賞金がもらえる。 電話投票での舟券購入でポイント(コジポ)が貯まり、現金やグッズなどと交換可能。 選手のサイン入りグッズやオリジナルグッズだけでなく、お酒や食品、ギフトカタログの中から景品を選べるなど、景品の数と種類の多さは他場よりかなり充実。 ポイントの有効期限は、ポイント口座に反映された月から1年間。 「児島テレポイントクラブ」だけでなく、その他の電話投票ポイントサイト、 「平和島deポイントクラブ」、 「マイルクラブ大村24」、 「まるがめポイントクラブ」、 「からつキャッシュバックポイントクラブ」の全サイトにまとめて一括入会することもできる。 すでに一部のサービスに入会しいる人も、ここから他のサービスに一括入会が可能。 エントリーして、対象レースを一定額以上電話投票で購入した人は、購入金額に応じて抽選でキャッシュバック。 この変わったカード名の由来は公式サイトによると、 「e~ほっ!カード」は舟券が発行されないのでeco!その ecoの eと 下関地域の方言である「ほっ!」の2つを組み合わせて「e~ほっ!カード」となりました。 とのこと。 このカードで舟券を購入するとポイントが貯まり、カードにチャージバックされるか、グッズと交換可能。 下関のオリジナルグッズや、「ケブラー」という勝負服の裏地に使用している生地を使ったトートバッグやペンケースなど、ちょっと変わったものも。 ポイントの有効期限は、ポイント取得日から1年後の月末。 ボートレース児島、からつ、大村の3場共同で行っているキャンペーン。 参加者で払戻金額・的中金額を競い、その成績に応じて賞金がもらえる。 電話投票での舟券購入でポイント(マイル)が貯まり、現金やグッズなどと交換可能。 ボートレースグッズ、長崎・大村の特産品も充実。 マイルの有効期限は、マイル取得日から1年後の月末。 「マイルクラブ大村24」だけでなく、その他の電話投票ポイントサイト、 「平和島deポイントクラブ」、 「児島テレポイントクラブ」、 「まるがめポイントクラブ」、 「からつキャッシュバックポイントクラブ」の全サイトにまとめて一括入会することもできる。 すでに一部のサービスに入会しいる人も、ここから他のサービスに一括入会が可能。 全24場のポイント制度・電話投票キャンペーン・キャッシュレスカードについて調べてみた感想 全24場について調べてみると、それぞれの場でシステムが微妙に違っていて何がなんだかわかんなくなるから統一して! 笑 と思いつつも、「場の個性」が出ていておもしろいな~とも思いました。 三国・びわこ・住之江・尼崎と近くの場が連携するのはわかるとして、平和島・児島・まるがめ・からつ・大村が連携してるのはなんで?とか 戸田と常滑は電話投票キャンペーンだけで、ポイントクラブもキャッシュレスカードもないのか……とか 貯まったポイントが自動的にキャッシュバックされる親切なシステムなのは芦屋だけか……とか。 キャッシュレスカードに関しては、100%電話投票で舟券を買うわたしには関係ないかなと思ってたんですが、宮島は「MOMIJIカード」がないともみじ席が利用できなかったり、蒲郡では「eじゃんカード」がないと指定席の電話予約ができないなどのルールがあるので、これらは旅打ちの人も持っておいた方がいいカードかなと思います。 舟券で負けたぶんのお金はこれらのポイントクラブやキャンペーンで少しでも返してもらうべく、忘れずに入会・登録しておきましょう! 笑 またまたお邪魔します。 「こまだこま」さんの記事を読むとついコメントしたくなります、お許しください。 今回も力作ありがとうございます。 24場それぞれにいろいろな取り組みをされていますね、実は私は収集癖がありまして、ボートとは関係ないですが各地の地酒ワンカップの空きコップ、入湯した温泉施設のタオル、訪れた地域の交通系ICカード等々、妻に「ごみ集め!」と揶揄されながら2007年ころから少しづつ集めていますので、各レース場の「キャッシュレスカード」を24枚集めてみたいなと考えていました。 残高が有るか無いかは別にして(笑)。 この頃の我が家の家打ち状況も格段に進化しました、今まではPCで各場のライブ中継やYouTubeを見ながら投票していましたが、息子からTVに繋ぐライトニングケーブル(?)を教えてもらい、iPadとTVを接続してそこそこ大きい画面で楽しんでいます。 Wi-Fiの電波が弱くて画面が乱れたり固まったりしましたので、Wi-Fiの中継器も購入して私的には非常に満足しています。 事ぐらいです。 ついつい長々と失礼しました。 16、17の土日は昨日の徳山ドリーム戦「毒島&茅原」のワンツーでプラスの戦績(ほんの少し)、今日からは平和島のG3レディースカップで喜多須杏奈選手と上田紗奈選手を追いかけてみます。 脈絡のない長文、失礼しました。 >シゲヒロさん 「ついコメントしたくなる」だなんて……うれしすぎるコメントありがとうございます! ToT 地酒ワンカップの空きカップは集めたくなるのわかります 笑 かわいいデザインのものもけっこうあるし、ご当地物は持ち帰りたくなりますよね~。 YouTubeでいろいろ番組もやってくれてるし、これはこれで違う楽しさがありますね。 出走表、各場によってすごい字が小さくて見づらかったりするとこありますよね! 確かに書式統一してほしい~。 ポイントクラブやキャッシュレスカードなんかもそうですけど、各場で微妙にシステムが違うのって個性があっておもしろいけどめんどくさい部分も多々ありますよね。 公式サイトも場によって、新しくてきれいなところと、「これ令和の公式サイトか?」と思うようなデザインのままのところもあるし。 どことは言いませんが…… 笑 新しいスマホ投票アプリ、個人的には展示リプレイがすぐに見れるのがありがたいです。 まぁ見たって当たらないんですけどおおお。 的中通知、確かにないですねぇ? 設定も探してみたけど見つからないですね……。

次の

マイルクラブ大村24

競艇 ポイントサイト

普通は記事を目当てに雑誌を購入しているので、これら「広告」に対して意識をしたことは無いかもしれないが、この キャンペーンサイト ポイントサイト とは何か? 各競艇場ごとにある「 競艇場ポイントサイト」とはなんだろうか? 雑誌のQRコードを読み取り、サイトを見るでは広告の QRコードを読み取りサイトに飛んでみよう。 各サイトを見比べ、改めてこの「 競艇場ポイントサイト」を調べてみると 「各レース場」それぞれ別個に存在していることが分かった。 以下の2つのサイトを見ると分かるように、それぞれ 独自のネーミングで運営をしている。 これは テレボートが運営しているわけではなく、 それぞれの競艇場が運営しているという具合だ。 さて、競艇場ごとに運営しているポイントサイト(キャンペーンサイト)がある事は分かったが、その検証を行うには「テレボート」への登録が必要だ。 テレボートのサイトに行くには テレボートは会員制 無料会員 のサイトになっており、テレボートは会員になることで「舟券」をスマホやPCで買うことができるようになる。 以前はテレボート単体の公式サイトがあったが、現在は「 BOATRACE」に 統合されている。 「 」公式サイトの TELEBOAT テレボート という から、 に行くことができる。 テレボートの登録方法「TELEBOAT テレボート 」の登録には、競馬でいう「 」の様に 指定の銀行口座が必要だ。 1度に入金すればすぐに登録している 銀行口座からテレボートのサイトにお金が移動する。 そして銀行からテレボートに移した金で舟券を買うことができる。 …というシステムだ。 便利なテレボート「TELEBOAT テレボート 」を使えば、通勤電車の中でも、昼休みでもスマホさえあれば、いつどこにいても舟券を買うことができる。 競艇予想サイトで予想を見ることが多い人なら、 マストなツールと言える。 とても便利なツールなので、予想サイト使わない人でも競艇やるなら「TELEBOAT テレボート 」への登録はすると良いだろう。 競艇場ポイントサイトで何ができる? テレボートの会員が、各 キャンペーンページからログインして舟券を購入すると、基本的には購入した舟券の額に応じてポイントが付き、 ポイントを現金キャッシュバックできたり、 ボートレースグッズと交換できたりする。 基本的な仕組み (ポイントをためてキャッシュバックまたはグッズなどと交換)に関してはどの競艇場ポイントサイトも同じだが、受けられるサービス内容は各レース場のサイトによって異なっている。 中には現金キャッシュバックサービスのみを行っているサイトもあるし、キャッシュバックサービスに加えて グッズや食べ物などと交換できる交換サービスの両方を兼ね備えているサイトや、グッズが抽選当たる 抽選サービス、ポイントが多く付く ボーナスサービスなど、ユーザーにとってありがたいサービスをやっているサイトも結構あり、 全くまとまりは無く、各サイトごとにバラバラ。 サイトごとに「地元色」を出してるとこなど、かなりバリエーション豊かだ。 競艇場ポイントサイトの参考例 《例1》唐津競艇場 (からつキャッシュバックポイントクラブ)テレボートを通じての投票で100円につき1ポイントたまり、現金もしくはQUOカードと交換ができるサービス。 「からつ」では1ポイントのことを「 1からポ」と呼ばれている。 現金の場合1からポ=1円で、QUOカードの場合は1からポ=0. 5円となっている。 《例2》児島競艇場 (児島テレポイント倶楽部)テレボートを通じての投票で100円につき1ポイントたまり、様々な豪華景品と交換できるサービス。 児島では1ポイントのことを「 1コジポ」と呼ばれている。 現金・ボートレースグッズ・食品・セレクトギフトなどと交換できる。 サイトの無い競艇場でもキャンペーンをやっているまた、競艇場ポイント サイトがないレース場でも、各レース場のHPにて 何かしらのキャンペーンをやってたりする。 場内や、ボートピアでで買った舟券は対象外当たり前のことだが、 レース場内で買った舟券や ボートピアで買った舟券は ポイント対象外となるのでご注意を!• 直接、競艇場ポイントサイトに問い合わせる「競艇場ポイントサイト」に登録してみると色々と仕組みは分かったのだが、それでもまだ 疑問点がいくつか残っていたので、その疑問をいくつかのレース場のポイントサイトに実際問い合わせてみた。 基本的な質問は以下になる。 サイトのあるレース場と無いレース場の「理由」芦屋競艇場 芦屋サンライズメンバーズ と唐津競艇場 からつキャッシュバックポイントクラブ の 回答はソックリだ。 どうも回答のフォーマットがあるとようだ。 」ということに尽きる。 なるほど。 だから「 キャンペーンサイトのあるレース場と無いレース場」があるのか。 面倒だが「ポイント」は貯まるしかし、ユーザーにとっては それぞれのサイトでログインしないといけないので 面倒臭い。 テレボートは1つしかなく、普段から1つのサイト 本家テレボート にだけログインするということに慣れてしまっているため、余計に面倒に感じてしまう部分がある。 その面倒なのを毎回ログアウトしてログインして舟券買えば、 ポイント自体は テレボートから舟券を買えば貯まる仕組みだ。 貯めてるポイントの場所を覚える 芦屋競艇場 芦屋サンライズメンバーズ のように ポイントが一定額を超えれば 自動で銀行口座にキャッシュバックされるようなサイトであればいいのだが、 児島競艇場 児島テレポイント倶楽部 のようにポイントを様々なものと交換できるサイトに関しては、自分がログインして交換手続きを行わないといけないので、 かなり面倒臭い。 残ポイントの場所など忘れてしまう。 「競艇場ポイントサイト」を使った感想自分がよく買う競艇場があり、きちんと管理できる方であればオススメだが、ポイントにあまり興味なくて忘れそうな方は登録する必要も特にないのかな…と思った。 ログインID・パスは それぞれのサイトで決める必要があるので忘れないよう注意だ。 競艇ボートレースをやってるのはそこそこ年配も多く、こまめで女子力の高い主婦のような20代であれば「競艇場ポイントサイト」もかなり魅力的なサイトだと言えるが、それに該当する人物が果たして何%いるのか。 気付いたら どこからログインしてるかなんて忘れて、ポイントが貯まっていたっていう事になりそうだ。 こまめにサイトの管理やチェックができる方なら全部のサイトに今すぐ登録すればいいが、不得意なレース場だからあまり舟券を買わないかもという方でも、一応登録さえしておけば運が良ければ自動の抽選にだけ当たることはあるかもしれない。 サイトによりポイントのたまり方や交換内容が違うそれと思ったのは、「それぞれのサイト」で ポイントのたまり方や交換内容が違うので、 覚えるのが大変だ。 個人的には登録してみて「知識として面白い」ので月2回ぐらいチェックする日を決め、ある程度ポイントが貯まっていたら、忘れないうちにサイン入りのグッズとでも交換しようと思った。 ただ相対的にまとめると、 「管理が面倒くさい」というのが率直な感想だ。 個人的には、結局はポイントを貯めることが目的ではなく、お店のポイントカードのサービスがWEB上であるというだけの違いである。 テレボート会員である私は競艇場ポイントサイトにも検証を兼ねて自分の意志で入会してみたが、結果的に舟券の買い方を変える必要もないし、 今までと何も変わらない。 レースキャンペーン」の「 1万円以上ご投票頂いた会員対象」ように 課金しないと対象にならないキャンペーンが多い印象だ。 どの競艇のポイントサイトに限らず、ほぼすべてのキャンペーンに共通して言えることは、多く買う人ほど受けられるメリットは大きいということだ。 それとともに、各レース場はユーザーに沢山「舟券」を買ってもらおうという意図も見え見えで鼻息が荒すぎるので、頑張りすぎてて引かれるトコもありそうだ。 9倍 とコロガシ、 30万超の払戻し。 3週間も 無料情報の検証を続け 優良評価と太鼓判。 も競艇に詳しくないと 書けない内容で、その的中率はかなりのものだ。 1倍 と勝ち、 24万超の払戻しとなった。 5倍 と転がし、 29万 5750円の配当に。 低額コースにも があり、 地区ごとの調子・傾向も明確だ。 無料予想は 週5日もある。 6倍 のコロガシ成功となり、 19万 1260円の払戻しだ。 木〜日まで毎日提供される「 無料情報」でも 5日連続的中してたし、無料は 安定した勝率を続けてる。 6倍 とコロガシが成功し、 29万超えの払い戻し。 無料予想は4レースも提供され、メインコースは しか無い、 革命的な価格の最強予想サイト。 7倍 とコロガシ成功。 22万 500円の配当に。 最安の「初陣コース」は 90ptとで安く、 値段が手頃だ。 無料予想は 木〜日まで週4提供をしている。 4倍 とコロガシが成功して、 15万 9460円の配当。 ナイターに強いが 通常予想 昼間 も低額で出し、 無料予想は 週6日提供。 初回登録ポイントで 2回有料コースを試せる。

次の

競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)を使うならネットで舟券購入、競艇場公式ポイントサイトを使いこなすコツ

競艇 ポイントサイト

普通は記事を目当てに雑誌を購入しているので、これら「広告」に対して意識をしたことは無いかもしれないが、この キャンペーンサイト ポイントサイト とは何か? 各競艇場ごとにある「 競艇場ポイントサイト」とはなんだろうか? 雑誌のQRコードを読み取り、サイトを見るでは広告の QRコードを読み取りサイトに飛んでみよう。 各サイトを見比べ、改めてこの「 競艇場ポイントサイト」を調べてみると 「各レース場」それぞれ別個に存在していることが分かった。 以下の2つのサイトを見ると分かるように、それぞれ 独自のネーミングで運営をしている。 これは テレボートが運営しているわけではなく、 それぞれの競艇場が運営しているという具合だ。 さて、競艇場ごとに運営しているポイントサイト(キャンペーンサイト)がある事は分かったが、その検証を行うには「テレボート」への登録が必要だ。 テレボートのサイトに行くには テレボートは会員制 無料会員 のサイトになっており、テレボートは会員になることで「舟券」をスマホやPCで買うことができるようになる。 以前はテレボート単体の公式サイトがあったが、現在は「 BOATRACE」に 統合されている。 「 」公式サイトの TELEBOAT テレボート という から、 に行くことができる。 テレボートの登録方法「TELEBOAT テレボート 」の登録には、競馬でいう「 」の様に 指定の銀行口座が必要だ。 1度に入金すればすぐに登録している 銀行口座からテレボートのサイトにお金が移動する。 そして銀行からテレボートに移した金で舟券を買うことができる。 …というシステムだ。 便利なテレボート「TELEBOAT テレボート 」を使えば、通勤電車の中でも、昼休みでもスマホさえあれば、いつどこにいても舟券を買うことができる。 競艇予想サイトで予想を見ることが多い人なら、 マストなツールと言える。 とても便利なツールなので、予想サイト使わない人でも競艇やるなら「TELEBOAT テレボート 」への登録はすると良いだろう。 競艇場ポイントサイトで何ができる? テレボートの会員が、各 キャンペーンページからログインして舟券を購入すると、基本的には購入した舟券の額に応じてポイントが付き、 ポイントを現金キャッシュバックできたり、 ボートレースグッズと交換できたりする。 基本的な仕組み (ポイントをためてキャッシュバックまたはグッズなどと交換)に関してはどの競艇場ポイントサイトも同じだが、受けられるサービス内容は各レース場のサイトによって異なっている。 中には現金キャッシュバックサービスのみを行っているサイトもあるし、キャッシュバックサービスに加えて グッズや食べ物などと交換できる交換サービスの両方を兼ね備えているサイトや、グッズが抽選当たる 抽選サービス、ポイントが多く付く ボーナスサービスなど、ユーザーにとってありがたいサービスをやっているサイトも結構あり、 全くまとまりは無く、各サイトごとにバラバラ。 サイトごとに「地元色」を出してるとこなど、かなりバリエーション豊かだ。 競艇場ポイントサイトの参考例 《例1》唐津競艇場 (からつキャッシュバックポイントクラブ)テレボートを通じての投票で100円につき1ポイントたまり、現金もしくはQUOカードと交換ができるサービス。 「からつ」では1ポイントのことを「 1からポ」と呼ばれている。 現金の場合1からポ=1円で、QUOカードの場合は1からポ=0. 5円となっている。 《例2》児島競艇場 (児島テレポイント倶楽部)テレボートを通じての投票で100円につき1ポイントたまり、様々な豪華景品と交換できるサービス。 児島では1ポイントのことを「 1コジポ」と呼ばれている。 現金・ボートレースグッズ・食品・セレクトギフトなどと交換できる。 サイトの無い競艇場でもキャンペーンをやっているまた、競艇場ポイント サイトがないレース場でも、各レース場のHPにて 何かしらのキャンペーンをやってたりする。 場内や、ボートピアでで買った舟券は対象外当たり前のことだが、 レース場内で買った舟券や ボートピアで買った舟券は ポイント対象外となるのでご注意を!• 直接、競艇場ポイントサイトに問い合わせる「競艇場ポイントサイト」に登録してみると色々と仕組みは分かったのだが、それでもまだ 疑問点がいくつか残っていたので、その疑問をいくつかのレース場のポイントサイトに実際問い合わせてみた。 基本的な質問は以下になる。 サイトのあるレース場と無いレース場の「理由」芦屋競艇場 芦屋サンライズメンバーズ と唐津競艇場 からつキャッシュバックポイントクラブ の 回答はソックリだ。 どうも回答のフォーマットがあるとようだ。 」ということに尽きる。 なるほど。 だから「 キャンペーンサイトのあるレース場と無いレース場」があるのか。 面倒だが「ポイント」は貯まるしかし、ユーザーにとっては それぞれのサイトでログインしないといけないので 面倒臭い。 テレボートは1つしかなく、普段から1つのサイト 本家テレボート にだけログインするということに慣れてしまっているため、余計に面倒に感じてしまう部分がある。 その面倒なのを毎回ログアウトしてログインして舟券買えば、 ポイント自体は テレボートから舟券を買えば貯まる仕組みだ。 貯めてるポイントの場所を覚える 芦屋競艇場 芦屋サンライズメンバーズ のように ポイントが一定額を超えれば 自動で銀行口座にキャッシュバックされるようなサイトであればいいのだが、 児島競艇場 児島テレポイント倶楽部 のようにポイントを様々なものと交換できるサイトに関しては、自分がログインして交換手続きを行わないといけないので、 かなり面倒臭い。 残ポイントの場所など忘れてしまう。 「競艇場ポイントサイト」を使った感想自分がよく買う競艇場があり、きちんと管理できる方であればオススメだが、ポイントにあまり興味なくて忘れそうな方は登録する必要も特にないのかな…と思った。 ログインID・パスは それぞれのサイトで決める必要があるので忘れないよう注意だ。 競艇ボートレースをやってるのはそこそこ年配も多く、こまめで女子力の高い主婦のような20代であれば「競艇場ポイントサイト」もかなり魅力的なサイトだと言えるが、それに該当する人物が果たして何%いるのか。 気付いたら どこからログインしてるかなんて忘れて、ポイントが貯まっていたっていう事になりそうだ。 こまめにサイトの管理やチェックができる方なら全部のサイトに今すぐ登録すればいいが、不得意なレース場だからあまり舟券を買わないかもという方でも、一応登録さえしておけば運が良ければ自動の抽選にだけ当たることはあるかもしれない。 サイトによりポイントのたまり方や交換内容が違うそれと思ったのは、「それぞれのサイト」で ポイントのたまり方や交換内容が違うので、 覚えるのが大変だ。 個人的には登録してみて「知識として面白い」ので月2回ぐらいチェックする日を決め、ある程度ポイントが貯まっていたら、忘れないうちにサイン入りのグッズとでも交換しようと思った。 ただ相対的にまとめると、 「管理が面倒くさい」というのが率直な感想だ。 個人的には、結局はポイントを貯めることが目的ではなく、お店のポイントカードのサービスがWEB上であるというだけの違いである。 テレボート会員である私は競艇場ポイントサイトにも検証を兼ねて自分の意志で入会してみたが、結果的に舟券の買い方を変える必要もないし、 今までと何も変わらない。 レースキャンペーン」の「 1万円以上ご投票頂いた会員対象」ように 課金しないと対象にならないキャンペーンが多い印象だ。 どの競艇のポイントサイトに限らず、ほぼすべてのキャンペーンに共通して言えることは、多く買う人ほど受けられるメリットは大きいということだ。 それとともに、各レース場はユーザーに沢山「舟券」を買ってもらおうという意図も見え見えで鼻息が荒すぎるので、頑張りすぎてて引かれるトコもありそうだ。 9倍 とコロガシ、 30万超の払戻し。 3週間も 無料情報の検証を続け 優良評価と太鼓判。 も競艇に詳しくないと 書けない内容で、その的中率はかなりのものだ。 1倍 と勝ち、 24万超の払戻しとなった。 5倍 と転がし、 29万 5750円の配当に。 低額コースにも があり、 地区ごとの調子・傾向も明確だ。 無料予想は 週5日もある。 6倍 のコロガシ成功となり、 19万 1260円の払戻しだ。 木〜日まで毎日提供される「 無料情報」でも 5日連続的中してたし、無料は 安定した勝率を続けてる。 6倍 とコロガシが成功し、 29万超えの払い戻し。 無料予想は4レースも提供され、メインコースは しか無い、 革命的な価格の最強予想サイト。 7倍 とコロガシ成功。 22万 500円の配当に。 最安の「初陣コース」は 90ptとで安く、 値段が手頃だ。 無料予想は 木〜日まで週4提供をしている。 4倍 とコロガシが成功して、 15万 9460円の配当。 ナイターに強いが 通常予想 昼間 も低額で出し、 無料予想は 週6日提供。 初回登録ポイントで 2回有料コースを試せる。

次の