頭 が 痛い とき。 左の頭が痛いのは理由がある!頭痛の種類を見極めて適切な対応を。

大便をするとき、気張ると頭がドクドクと痛くなりますよね?...

頭 が 痛い とき

咳をすると頭が痛む原因と対処法は? まずは 咳が出るメカニズムと 咳によって頭が痛くなる原因について見ていきましょう!そして簡単な対処法についてもご紹介します。 (1)咳がおこるしくみ 咳は、体の中に入ったもの (ウイルスや細菌、汚れた空気など)を異物ととらえ、気管支や肺にはいるのを防ごうとして起きる現象です。 体に入ってきたものを、咳をすることによって一気に外に出そうとします。 ほこりや花粉、煙などのアレルギーによる喘息発作として起こる咳や風邪などの感染症や肺炎などを起こした時に起こる痰が絡んだような咳があります。 また、 咳の中にはストレスによる心因性のものもあります。 咳は、自分の体を守ろうとして起こる現象と言えるんです。 (2)咳をすると頭が痛くなる原因 良性咳嗽性頭痛によるものが多く、咳をすることで誘発され、すぐ落ち着くものが多いようです。 私たちは力んで咳をしますが、この時に 頭蓋内圧が高まります。 力を入れる時には 脳内の血流を増やそうと血管が拡張するため、頭痛が起きると考えられているんです。 血管が拡張する頭痛としては、片頭痛によるものがあげられます。 咳は副交感神経が働いて起こるもので気管支が狭くなっています。 副交感神経が強く働いている時には血管も拡張していますので、咳をした時には頭痛を起こしやすいとも考えられます。 また、うがいや水分補給でのどを潤すようにしましょう。 はちみついりの紅茶など温かい飲み物もおすすめです。 また、市販薬の咳止めを服用するか、病院から処方されている治療薬があればそれを服用しましょう。 風邪やインフルエンザに感染してしまった場合の咳には、治療薬の服用とともに、湿度の調整(60%)と、栄養のある食事を摂取とともに安静にして早く治すように心がけて下さい。 また、そのようなアレルギー反応を起こしてしまう場所に行かないようにするのも効果的です。 ズキンズキンと脈打つ痛みの時は片頭痛によるものが強いと考えられますので、静かなやや暗い場所でゆっくり休んでください。 また、 アイスノンや氷で頭部を冷やすのも効果があります。 痛みが落ち着かない時には 鎮痛薬(インドメタシン)が効きますので、我慢せずに服用しましょう。 咳によって左側の頭が痛むのはなぜ? 咳をしたとき、左側だけが痛む頭痛のタイプとして片頭痛があげられます。 片頭痛は両側がズキズキ痛むことが分かっていますが、場合によっては左側が痛む時もあります。 片頭痛が原因だと思われる場合には、頭部を冷却シートや氷などで冷やしましょう。 また、この場合は鎮痛薬を服用したほうが良い時もあります。 他には、風邪やインフルエンザなどウイルスに感染することで 髄膜炎や脳炎を引き起こし、咳と共に左側だけに頭痛が出る時もあります。 髄膜炎や脳炎にまで重症化したら命の危険も考えられますので特に注意が必要です。 頭痛と共に首が硬くて前に倒せない、意識障害が見られるなどの症状がある場合は、すぐに病院へ行きましょう。 【関連記事】 咳による頭痛以外の症状は? 良性咳嗽性頭痛は、咳以外に くしゃみ、かがんだ姿勢をとる(排便時)、笑うなど、力む動作でも起こります。 また、咳以外の症状で考えられるものとしては、呼吸器感染の時(風邪やインフルエンザ)に起こる症状で、 発熱や 関節痛、鼻水などがあります。 この時にはインフルエンザの治療薬をしっかり服用するとともに、栄養と休養が大事です。 咳とは直接結びつかない病気ではありますが、 脳血管疾患(脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など)を引き起こす可能性もあります。 高血圧で普段から治療を受けている人や、 脳腫瘍などの怖い病気があった場合など、たまたま咳をした時に頭痛がして発見されるケースもありますので注意が必要です。 【関連記事】 脳疾患の場合には、頭痛以外に嘔吐や意識に異常が起こりますので、異変を感じたらすぐに病院へ駆けつけましょう。 気管支喘息によって起こる咳は、放っておくと 呼吸困難を引き起こしてしまいます。 咳と共に、ゼーゼーした呼吸が見られるようになったら、常備している吸入器を使用するか、呼吸が苦しくなるようなら病院へ行きましょう。 私は喘息持ちで今までは苦しくなっても時間の経過と共に楽になっていたので、病院にも行かずにいつも放置していました。 完全に喘息を舐めていたんですよね。 ある日、喘息の発作が始まり、咳のし過ぎで頭も痛く、ゼーゼーという呼吸もいつもよりも辛い…。 これはおかしいと救急車を呼んだ経験がありました。 お医者さんからは 喘息を舐めていると命を落とすよと怒られちゃいました。 そういう経験もあったのでいつもより体の調子がおかしいと思ったときは速やかに病院に行った方がいいと思います。 無理をしても何の得にもならないので辛かったらすぐに病院に行くというのを頭に入れておいてください。 まとめ 咳が続くのって本当に辛い事だと思います。 それだけでかなりのストレスを感じ疲れてしまいますよね。 さらに頭痛まで起こるのでは、体が参ってしまいます。 そんな時は休養が第一だと思いますよ。 まずは咳が出ないように予防することが大事だと思います。 私は気管支喘息を持っているので、自分がどんな状況になったら咳が出るのかを大体把握していて、外出時にはマスクを常備しています。 咳は自分も辛いですが、周りにも迷惑をかけてしまいますので、エチケットを守るようにしましょう。 そして、咳と共に起こる頭痛のしくみを理解しその都度、対処できるようにしましょうね。

次の

左の頭が痛いのは理由がある!頭痛の種類を見極めて適切な対応を。

頭 が 痛い とき

頭痛の原因と種類を見分けることは大切! ストレスや疲労で、時々起こる頭痛に悩まされている方は多いかもしれません。 しかし、「頭が痛い」と言っても、いろいろな痛み方があり、痛くなる頻度や伴う症状も色々あります。 実は頭痛は、その原因によっていくつかの種類があります。 首や肩や頭の筋肉が緊張することによって起きる緊張性頭痛、頭の中の血管の拡張によって起こる片頭痛、目に後ろにある動脈が拡張して起こる群発性頭痛などがあるようです。 また、頭痛の中にも命の危険伴うものと、そうでないものがあります。 この記事では、いろいろな頭痛の症状を理解して頭痛の種類を見分け、頭痛を解消する方法をご紹介します。 頭が痛くなる原因とは? 1. 睡眠不足 頭痛は、睡眠時間や睡眠の質と深い関係があると言われています。 例えば片頭痛は、睡眠不足によっても、睡眠のとりすぎによっても起こるようです。 また、緊張型頭痛も、睡眠不足で頭痛の症状を悪化させると言われています。 群発頭痛では、頭痛の発作によって睡眠を妨げるようです。 また、睡眠時無呼吸性頭痛やいびきのある人は、睡眠時に無呼吸状態が起こり、酸素不足によって起床時に頭痛を起こすと言われています。 ですから、頭痛の原因が睡眠障害から来ているということは、よくあるようです。 見出し「<日常生活の注意点>」より参照 2. 気候の変化 気温や気圧、湿度の変化によって起こる病気のことを「気象病」や「お天気病」と言います。 実は、頭痛を気象病としてとらえるドクターもいるようです。 気圧や気温・湿度の変化は、自律神経や血管血流に影響を与え片頭痛を誘発したり、梅雨や台風の時期には、筋肉の疲労物資の蓄積を増やし肩こりや頭痛を誘発すると言われています。 確かに、冬の寒い日や、雨の降る前に頭が痛くなる、という人は多いようですね。 見出し「片頭痛」より参照 3. 生理痛 女性の生理周期に関係した頭痛もあるようです。 生理周期は、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの増減によって周期が繰り返されますが、生理直前のエストロゲンの量が急激に低下する時期に頭が痛くなると言われています。 エストロゲンの低下はセロトニンという脳内物質の低下と関連して頭痛を起こすようです。 しかし、ある統計では、5割以上の女性が生理周期と頭痛の関連に気が付いていないということが明らかになったようです。 たまに頭痛があるという女性の方は、一度意識して確認してみてください。 見出し「生理周期と頭痛の関係」より参照 4. 二日酔い お酒を飲みすぎた翌朝、頭が痛い! これはまさに二日酔いでしょう。 二日酔いで頭痛が起きるのは、アルコールの過剰摂取によって血流が促進され、その結果体温調節のために体の水分量が失われることで、脳の細胞にも脱水症状が起きるからだと言われています。 二日酔いのときにみそ汁や梅干しが効くと言われるのは、塩分摂取が脱水症状の改善を促してくれるからのようです。 見出し「二日酔いの頭痛 」より参照 5. ストレス ストレスは、頭痛の原因のなかでも大きな位置を占めるようです。 脳がストレスを感じると、セロトニンという脳内の神経伝達物質が増加し、脳の血管を収縮させてしまうと言われています。 脳の血管が収縮すると、それが拡張するとき頭痛が生じ、これが片頭痛と言われるようです。 また、ストレスで頭の筋肉が硬くなることで、血行不良が起こり、緊張性頭痛が起こると言われています。 ですからストレスは、慢性的な頭痛を生み出すと言ってもいいでしょう。 見出し「つらい頭痛・・・」「その原因は・・・」より参照 頭が痛いときはやっぱり風邪? 頭が痛いとき=風邪とは限らない! 頭痛=風邪、と考える方は意外に多いかもしれません。 しかし、頭痛の9割が片頭痛か緊張型頭痛と言われているそうです。 また、風邪の場合はウイルスの気道感染ですから、頭痛に加えて必ず熱や鼻やのどの症状が伴うと言われています。 症状が頭痛だけの場合風邪と考えるよりも、他の病気を疑ったほうがいいでしょう。 頭痛に風邪様症状が伴う場合に気を付けることは、副鼻腔炎や髄膜炎との区別が必要なことです。 副鼻腔炎や髄膜炎は風邪薬では治すことができず、治療が遅れると慢性化したり重症化する病気と言われています。 頭の痛みが強い場合には、早めに医療機関を受診したほうがいいでしょう。 見出し「2. 心配な頭痛」より参照 妊娠中の風邪が原因の頭痛は要注意! 妊娠中に風邪で頭痛があるとき、風邪薬の服用には注意が必要です。 妊娠中期以降には、風邪薬に含まれる解熱鎮痛成分のアスピリンやイブプロフェンの服用は胎児死亡の可能性があり、禁忌となっているようです。 また、妊娠初期から中期に起こりやすい緊張性頭痛でも頭痛薬の服用にも注意が必要です。 頭痛薬よりもストレッチやマッサージなどで頭痛を緩和する方法をすすめるドクターは多いようです。 また、妊娠後期の頭痛は、高血圧症や脳血管障害など胎児や妊婦の生命にかかわる場合があるので、早めに医療機関を受診したほうがいいでしょう。 見出し「妊娠していますが、かぜ薬を飲んでも大丈夫ですか?」より参照 子供が頭が痛いと言い出した時 「髄膜炎」や「脳炎」の初期症状は、風邪によく似ていると言われています。 ですから、子供が頭痛を訴え、かつ風邪症状がある場合には、髄膜炎や脳炎との識別が肝心です。 髄膜炎は、ウイルスや細菌が原因で脳のクモ膜と硬膜の間に、脳炎は脳実質に炎症が起こる病気です。 ですから、重症化すると命に関わったり後遺症が残ったりするので、ママが早めに気が付いてあげることが大切です。 また、子供も片頭痛を起こすようです。 子供の片頭痛の特徴は、2時間ほどの短い頭痛発作の場合もあること、頭の片方だけでなく両側を痛がるケースが多いこと、吐き気や食欲不振を伴うケースが多いことと言われています。 見出し「頭部を痛がっている場合」より参照 おすすめの風邪薬は? おすすめの風邪薬は、解熱鎮痛剤の配合された風邪薬です。 アセトアミノフェンやイブプロフェン、サリチルアミドなどの解熱鎮痛薬は頭痛にも効果があります。 また、無水カフェインは眠気を覚ましたり。 側頭部とも言います。 この場所には、側頭骨、側頭筋、側頭神経、側頭動脈があります。 側頭筋は後頭部の方向に広がっている比較的大きな筋肉なので、この筋肉が緊張すると、頭痛が起きると言われています。 また、側頭動脈炎という病気では、こめかみの片側もしくは両側の浅側頭動脈という血管に炎症が起こり、頭が痛くなると言われています。 見出し「側頭動脈炎のポイント」より参照 左こめかみが痛いときの病気 こめかみの右か左の片方どちらかが痛くなる場合には、片頭痛や群発性頭痛が考えられると言われています。 緊急に対応が必要な病気として、脳梗塞や脳腫瘍があげられますが、これらの病気では、頭の特定の場所に痛みが起きるという言い方はできないようです。 ですから、激しい頭痛や、長期に続く頭痛の場合には、早めに医療機関を受診するといいでしょう。 脳の血管の拡張が原因で起こる。 目の充血、鼻づまり、鼻水、発汗など の自律神経症状が伴う。 原因は、目の奥の内頸動脈という太い血管が拡張して起こると考えられている。 20-30代の男性に多い病気。 脳梗塞では頭痛よりも、めまい、手足が動かない、痺れる、うまくしゃべれないなどの症状多い。 頭痛がある場合は、緊急性が高い。 朝起きると頭が痛いのが特徴。 見出し「頭痛外来」より参照 右こめかみが痛いときの病気 片側のこめかみだけに痛みが起こるというのは、緊張性頭痛ではあまり起こらないようです。 緊張性頭痛 では、頭全体の締め付け感、圧迫感や頭重感があると言われています。 しかし、解離性動脈瘤という病気の場合、片側だけの首の後ろから後頭部にかけて、頭痛が起こるという特徴があるようです。 解離性動脈瘤と言う病気は、動脈血管の膜に亀裂が入り縦に裂けることで起こり、くも膜下出血や脳梗塞の原因となると言われている怖い病気と言われています。 急激に首をひねる動作(スポーツやカイロプラクティックなど)で発症し、めまいが伴うと言われています。 見出し「日常的な頭痛のタイプ」より参照 【後頭部編】頭が痛いとき — 筋緊張型頭痛に多い症状 後頭部の痛みとは? 後頭部はどのようになっているのでしょうか。 後頭部は後頭骨によって覆われています。 また後頭部には、首から椎骨動脈や脳底動脈という太い血管が伸びています。 また、後頭神経が後頭部から頭のてっぺんに向かって走っています。 また、首の後ろ側から後頭部にかけて、後頭下筋群と言われる大後頭直筋や小後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋などの筋肉があり、肩の筋肉(僧帽筋)と接触しています。 後頭部に痛みがある場合は、これらの骨、血管、神経、筋肉に何らかのトラブルが起きているということが考えられるようです。 見出し「椎骨脳底動脈系梗塞とは」より参照 後頭部が痛いときの症状は? 後頭部が重苦しく痛い時には、めまいが起こることがあるようです。 めまいは、その種類によって症状が違うと言われています。 例えば、目がぐるぐる回ると言われる回転性のめまいは内耳の三半規管の異常が原因で起こると言われています。 後頭部痛に回転性のめまいが伴う場合には、小脳出血や脳梗塞、椎骨脳底動脈循環不全などの病気が考えられるようです。 また、動揺性のめまいと言ってふわふわするような、吸い込まれるような、と表現されるめまいが起こることがあります。 この動揺性のめまいは、首周囲の筋肉の緊張による血流障害がによって起こると言われています。 後頭部痛とこのようなふわふわしためまいがある場合には、緊張性頭痛が関係していて、吐き気を伴うこともあるようです。 見出し「5. 肩こり頭痛はストレッチと運動で予防」より参照 後頭部が痛いときの病気 後頭部が痛い場合には、前述したように緊張型頭痛が考えられますが、他にも考えられる病気があります。 後頭神経痛や副鼻腔炎は緊急性は無いようですが、くも膜下出血の場合は、すぐに医療機関を受診することが必要でしょう。 自然に治る場合があるが、痛みが強く、長く続く場合には、鎮痛剤を使用する。 副鼻腔炎を起こすと、近くにある三叉神経を刺激するので、前頭部痛や後頭部痛が起こる。 発症してすぐは、手足の麻痺は起きない。 嘔吐や意識障害を伴い、緊急に対処しなければ、命の危険がある。 頭部CTや髄液検査で診断をする。 見出し「副鼻腔炎と頭痛」より参照 頭が痛くなると吐き気を伴う原因 片頭痛 吐き気が起こる原因 片頭痛では、頭が痛いというだけではなく、吐き気や嘔吐も起こることがあると言われています。 ですから、ドクターの中には、片頭痛の発作時にはトリプタン系という血管の収縮を押さえて痛みを止める薬と同時に吐き気止めの薬(ナウゼリンやプリンペランなど)の服用をすすめる場合があるようです。 これは、せっかく服用した片頭痛の薬を吐いてしまうことを防ぐためと言われています。 見出し「片頭痛の発作には、一般の頭痛薬は効果がないことが多く、ひろがった動脈を元に戻す薬が特効薬として使用される。 」「吐き気止めの薬で片頭痛の痛みが止まることもある 飲んだ薬を吐いてしまえば薬の効果は期待出来ない」より参照 吐き気と一緒に起こる症状は? 片頭痛の発作では、寒気やめまい、腹痛、下痢、だるさなどが起こることがあります。 これは、前述したように嘔吐中枢という神経が刺激されることにより、迷走神経が反応し、腹筋の収縮、冷や汗や血圧低下、めまい、顔色が青くなる、頻脈、徐脈などの症状が起きるからだと言われています。 また、片頭痛に伴う症状として、光や音、匂い、気圧や温度の変化に過敏、風が顔に当たると痛い、頭皮が痛くてブラッシングできない、ピリピリしてメガネをかけているのがイヤ、手がしびれる、ベルトがつらい、などが起きるようです。 これは、アロディニア(異痛症)と言って、片頭痛で脳血管が拡張することにより三叉神経を刺激することで起こる過敏症状と言われています。 見出し 冒頭「嘔吐は何らかの原因により」より参照 吐き気は熱中症で起こる? 熱中症が原因で、頭痛や吐き気などの症状が起きることがあります。 熱中症では、喉が渇いたという自覚症状が無くても、症状が進行していることがあると言われています。 熱中症では、頭痛や吐き気の他にも立ちくらみ、めまい、疲労感、発汗、筋肉痛、体温の上昇、意識障害などの症状が現れるようです。 夏の時期の頭痛には、注意が必要だと言えるでしょう。 見出し「熱中症とは?」より参照 妊娠している場合は? 妊娠の初期から中期にはつわりの症状として、頭痛と吐き気が起きることがあります。 このつわりに伴う頭痛は、緊張性頭痛と妊娠によるホルモンの変化が関係していると言われています。 しかし、妊娠中は女性ホルモンの量の安定により片頭痛の発作は、少なくなると言われています。 嘔気と頭痛の症状が強い場合、妊娠と気が付かずくも膜下出血と間違われることがあるようです。 こうした場合に、CTなどの放射線検査を受けてしまうと後で胎児への影響が心配になったりすることがあります。 ですから、女性の場合は、頭痛と吐き気がある時には、まず妊娠の可能性を念頭に置いておくといいかもしれません。 見出し「頭痛」より参照 頭が痛い時に気持ち悪さを伴う原因 緊張性頭痛 気持ち悪くなるのは何で? 頭痛があると気持ち悪くなることがあります。 緊張性頭痛では、強い吐き気や嘔吐とは違い、気持ち悪さ(むかつき)が伴うことがあると言われています。 これは、緊張性頭痛が、ストレスに起因した自律神経の乱れと関係しているからかもしれません。 ストレスが起こると頭の筋肉が収縮し、ブラジキニンという痛みに関係した物質が分泌され、神経を刺激して頭痛が起きると言われています。 また、慢性的なストレス受けると、交感神経が活発になり自律神経の働きに影響を与えるようです。 自律神経が乱れると、機能性胃腸症という状態になることがあると言います。 機能性胃腸症では胃の働きが低下したり胃液の分泌が減少したり、胃の知覚過敏、胃の拡張能の低下が起こり、胃もたれや不快感を起こすと言われています。 ストレスは早めに対処しないと、頭痛だけでなく胃にも影響を与えてしまうということでしょう。 見出し「どんな症状?」より参照 気持ち悪さと共に起こる症状は? 緊張型頭痛は、肩のこり・首のこりの症状が非常に強い場合があるようです。 そのため緊張型頭痛 では、首筋や頭部の締め付け感、重い感じ、鈍痛が強いと言われています。 またこりがひどい場合には、後頭神経痛と言って、後頭部の神経が敏感になり、髪の毛を触っただけでもビリビリすることがあるようです。 また緊張型頭痛は、眼の奥の痛みや目の疲れ、重い感じを伴うことがあるようです。 これらの症状は目の周りの筋肉のこりから来ていて、眼精疲労の症状と似ているようです。 眼精疲労とは、ただの目の疲れではなく、眼の奥の痛みやかすみ、眼のけいれん、食欲不振や倦怠感、頭痛、頭重感、肩こり、不眠など全身に症状が起こる病気と言われています。 眼精疲労は目の酷使だけではなく、精神的なストレスが関係して起こると言われ、緊張型頭痛と関連性が深いようです。 見出し「2)肩こり頭痛とは 」より参照 頭が痛い時の対策法・治療法 ツボを押す ~緊張性頭痛に適しています~ 緊張性頭痛の場合には、ツボ指圧で頭皮や首や肩の筋肉をほぐすと、頭の痛みを取る効果があると言われています。 毎日セルフケアできるおすすめの指圧方法をご紹介します。 側頭筋をほぐします。 眼の周囲の筋肉をほぐします。 またこのツボは群発性頭痛の目の充血を改善するのにも効果があるそうです。 首や肩の筋肉をほぐします。 頭の血行を良くします。 見出し「偏頭痛をやわらげるツボ」より参照 痛いところを冷やす ~片頭痛に適しています~ 片頭痛では血管が拡張することで痛みが出るわけですから、「冷やすこと」で血管を収縮させ、頭痛を和らげることができると言われています。 入浴やマッサージで血行を良くすることは、逆効果なのでNGのようです。 冷やす方法としては、冷やした濡れタオルやアイスノンを薄いハンカチで包み、痛みのある場所に直接当てます。 安静にできる環境で行ったほうが効果が上がるようです。 見出し「片頭痛の対処法」より参照 ストレッチで体を動かす ~緊張性頭痛に適しています~ 緊張型頭痛では、長時間同じ姿勢をとったことで首や肩の筋肉の血行が悪くなり硬くなることで、痛みが増すと言われているので、筋肉をほぐして温めるストレッチは効果があると言われています。 職場でも簡単にできるセルフストレッチの方法です。 頭や肩が疲れた時に、ぜひやってみてください。 (5回) 見出し「緊張型頭痛の予防法」より参照 十分な睡眠をとる ~どんな頭痛にも効果的~ 睡眠をしっかりとることは、頭痛を起こさないため、頭痛を緩和するための基本と言えるようです。 しかし片頭痛では、「寝すぎ」はNGと言われているので、注意が必要です。 しっかりと睡眠をとるためのポイントを5つまとめてみました。 静かな音楽、アロマ、読書、ストレッチ、温浴など。 毎日同じ時間に同じことをする。 起床時間、就寝時間、食事、運動など。 どうしても寝つきが悪い人は、医師に相談して睡眠薬を服用する。 見出し「偏頭痛 生活上の注意」より参照 肩や首を温める ~緊張性頭痛に適しています~ 緊張性頭痛では、首や肩の筋肉をほぐして「こり」をとることが、痛みを和らげると言われています。 筋肉を温める温熱療法としておすすめの方法を5つピックアップしてみました。 見出し「温泉でリラックス」より参照 マッサージをする ~緊張性頭痛に適しています~ 自分で頭部をマッサージすることで、緊張によって硬くなった頭の筋肉をほぐし、緊張性頭痛の痛みを和らげることができます。 ぜひお試し下さい。 方法:指の腹の部分を使ってマッサージします。 5本指を立てるようにして、直接頭皮に当て、前後に動かしながら揉みこみます。 少しずつ指の位置を移動させて、頭全体をマッサージします。 頭皮の血流を促し、首や肩をリラックスさせる効果があるようです。 見出し「頭痛セルフケア法」より参照 バンダナなどで圧迫する ~片頭痛に適しています~ 片頭痛が起こるメカニズムには、頭の骨の外側にある動脈の拡張が関係しているようですから、この動脈の拍動を少なくして血流を少なくすることが、痛みを和らげるコツと言われています。 方法としては、痛い側のこめかみ(浅側頭動脈があるところ)を指の腹で押さえるといいいようです。 また、バンダナやタオルなどを少しきつめに縛っておいても効果があるようです。 見出し「3対策」より参照 カフェインを薄くして摂取する ~片頭痛に適しています~ カフェインは、血管を収縮させる効果があると言われていて、片頭痛の痛みを和らげるのに効果があるようです。 しかし、カフェインをとり過ぎると、カフェイン禁断性頭痛と言われ、カフェイン中毒のような状態となり、カフェインが切れた時に頭が痛くなると言われています。 ですから、「薄めのカフェイン」というわけです。 カフェインは、コーヒーや緑茶、紅茶、コーラなどに多く含まれています。 カフェインの摂取量が一日100mgを超えると、カフェイン禁断性頭痛が起こりやすいようです。 片頭痛の時には、飲む量を適度に調整して、カフェインをとりましょう。 見出し「カフェインで軽快する一方で…」より参照 まとめ 最後まで読んでくださり、お疲れさまでした。 頭痛と言っても色々な原因や症状があり、軽いものから命にかかわるものまで、様々です。 すぐに病院に行ったほうがいい頭痛とそうでない頭痛の症状を見分けるコツをぜひお役に立ててください。 また、片頭痛や緊張性頭痛で悩む人は多いようです。 頭痛に悩まされている人は、自分がどの頭痛なのか、チェックしてみてくださいね。 頭痛の原因の大半がストレスや緊張など身近なところにあることも分かりました。 頭痛が起きた時には、ストレッチやツボ押し、睡眠をとるなどのセルフケアを試してみてください。 また、頭痛が続く時には我慢しないで、早めに医療機関を受診しましょう。

次の

【頭が痛い時(頭痛)の5つの原因】吐き気や気持ち悪いときは要注意?後頭部やこめかみなど部位別チェック!

頭 が 痛い とき

咳をすると頭が痛む原因と対処法は? まずは 咳が出るメカニズムと 咳によって頭が痛くなる原因について見ていきましょう!そして簡単な対処法についてもご紹介します。 (1)咳がおこるしくみ 咳は、体の中に入ったもの (ウイルスや細菌、汚れた空気など)を異物ととらえ、気管支や肺にはいるのを防ごうとして起きる現象です。 体に入ってきたものを、咳をすることによって一気に外に出そうとします。 ほこりや花粉、煙などのアレルギーによる喘息発作として起こる咳や風邪などの感染症や肺炎などを起こした時に起こる痰が絡んだような咳があります。 また、 咳の中にはストレスによる心因性のものもあります。 咳は、自分の体を守ろうとして起こる現象と言えるんです。 (2)咳をすると頭が痛くなる原因 良性咳嗽性頭痛によるものが多く、咳をすることで誘発され、すぐ落ち着くものが多いようです。 私たちは力んで咳をしますが、この時に 頭蓋内圧が高まります。 力を入れる時には 脳内の血流を増やそうと血管が拡張するため、頭痛が起きると考えられているんです。 血管が拡張する頭痛としては、片頭痛によるものがあげられます。 咳は副交感神経が働いて起こるもので気管支が狭くなっています。 副交感神経が強く働いている時には血管も拡張していますので、咳をした時には頭痛を起こしやすいとも考えられます。 また、うがいや水分補給でのどを潤すようにしましょう。 はちみついりの紅茶など温かい飲み物もおすすめです。 また、市販薬の咳止めを服用するか、病院から処方されている治療薬があればそれを服用しましょう。 風邪やインフルエンザに感染してしまった場合の咳には、治療薬の服用とともに、湿度の調整(60%)と、栄養のある食事を摂取とともに安静にして早く治すように心がけて下さい。 また、そのようなアレルギー反応を起こしてしまう場所に行かないようにするのも効果的です。 ズキンズキンと脈打つ痛みの時は片頭痛によるものが強いと考えられますので、静かなやや暗い場所でゆっくり休んでください。 また、 アイスノンや氷で頭部を冷やすのも効果があります。 痛みが落ち着かない時には 鎮痛薬(インドメタシン)が効きますので、我慢せずに服用しましょう。 咳によって左側の頭が痛むのはなぜ? 咳をしたとき、左側だけが痛む頭痛のタイプとして片頭痛があげられます。 片頭痛は両側がズキズキ痛むことが分かっていますが、場合によっては左側が痛む時もあります。 片頭痛が原因だと思われる場合には、頭部を冷却シートや氷などで冷やしましょう。 また、この場合は鎮痛薬を服用したほうが良い時もあります。 他には、風邪やインフルエンザなどウイルスに感染することで 髄膜炎や脳炎を引き起こし、咳と共に左側だけに頭痛が出る時もあります。 髄膜炎や脳炎にまで重症化したら命の危険も考えられますので特に注意が必要です。 頭痛と共に首が硬くて前に倒せない、意識障害が見られるなどの症状がある場合は、すぐに病院へ行きましょう。 【関連記事】 咳による頭痛以外の症状は? 良性咳嗽性頭痛は、咳以外に くしゃみ、かがんだ姿勢をとる(排便時)、笑うなど、力む動作でも起こります。 また、咳以外の症状で考えられるものとしては、呼吸器感染の時(風邪やインフルエンザ)に起こる症状で、 発熱や 関節痛、鼻水などがあります。 この時にはインフルエンザの治療薬をしっかり服用するとともに、栄養と休養が大事です。 咳とは直接結びつかない病気ではありますが、 脳血管疾患(脳梗塞や脳出血、くも膜下出血など)を引き起こす可能性もあります。 高血圧で普段から治療を受けている人や、 脳腫瘍などの怖い病気があった場合など、たまたま咳をした時に頭痛がして発見されるケースもありますので注意が必要です。 【関連記事】 脳疾患の場合には、頭痛以外に嘔吐や意識に異常が起こりますので、異変を感じたらすぐに病院へ駆けつけましょう。 気管支喘息によって起こる咳は、放っておくと 呼吸困難を引き起こしてしまいます。 咳と共に、ゼーゼーした呼吸が見られるようになったら、常備している吸入器を使用するか、呼吸が苦しくなるようなら病院へ行きましょう。 私は喘息持ちで今までは苦しくなっても時間の経過と共に楽になっていたので、病院にも行かずにいつも放置していました。 完全に喘息を舐めていたんですよね。 ある日、喘息の発作が始まり、咳のし過ぎで頭も痛く、ゼーゼーという呼吸もいつもよりも辛い…。 これはおかしいと救急車を呼んだ経験がありました。 お医者さんからは 喘息を舐めていると命を落とすよと怒られちゃいました。 そういう経験もあったのでいつもより体の調子がおかしいと思ったときは速やかに病院に行った方がいいと思います。 無理をしても何の得にもならないので辛かったらすぐに病院に行くというのを頭に入れておいてください。 まとめ 咳が続くのって本当に辛い事だと思います。 それだけでかなりのストレスを感じ疲れてしまいますよね。 さらに頭痛まで起こるのでは、体が参ってしまいます。 そんな時は休養が第一だと思いますよ。 まずは咳が出ないように予防することが大事だと思います。 私は気管支喘息を持っているので、自分がどんな状況になったら咳が出るのかを大体把握していて、外出時にはマスクを常備しています。 咳は自分も辛いですが、周りにも迷惑をかけてしまいますので、エチケットを守るようにしましょう。 そして、咳と共に起こる頭痛のしくみを理解しその都度、対処できるようにしましょうね。

次の