ウーバーイーツ ブースト 出ない。 Uber Eats(ウーバーイーツ)台風の時は営業してる?臨時休業?

Uber Eats(ウーバーイーツ)台風の時は営業してる?臨時休業?

ウーバーイーツ ブースト 出ない

そんな感じ慣れてくれば、• 頑張る&運がいいと時給換算2000円• 5分以上遠い依頼は受けない• 自宅で待機する• 通勤時間はなし そう、稼げるポイントからは始めないのだ。 もちろん当初は、本気に稼ぎにいっていたが、途中からはジムとお散歩を兼ねていたので、自宅からのゆるーいスタートだ。 こんなゆるい生き方もできるのがUber Eatsの副業or本業の良いところだ。 Uber Eats ウーバーイーツ とは ウーバーイーツの注文の仕組みを図にしました。 アプリで注文をするとレストランに情報が行き、その後に配達する人がマッチングされます。 ITを駆使した効率的なシステムです。 1品から注文可能なので気軽だし、カード払いなら受け取りは一瞬です。 子育てで手が離せない方にもおすすめです。 売上の35%Uber Eats(ウーバーイーツ)へ支払うのみ。 配達パートナー:好きな時間にバックとスマホと自転車orバイクがあれば、いつでも連絡が来る。 ウーバーイーツの配達の仕組みはこんな感じです。 スマホでアプリをオンラインにして、通知が来たらレストランへ行き料理を受け取り、注文した方へ運びます。 これで1回の配達が完結。 僕の場合は1回20-40分が多いです。 慣れるとサクサクこなしていけると思います。 — ミナト jpnworker めちゃくちゃシンプルですよね。 お金のやり取りも、レシートもない。 非常に効率的で日本の信頼できるからこそのサービス。 正確にはアメリカの『Uber Technologies社』 ウーバー・テクノロジー社 が行う、フードデリバリーサービス。 レストラン受取料金265円• 受渡し料金125円 そこからUber手数料10%が引かれて翌週に振り込まれる。 ボーナスとして、2つ ブースト:基本料金を1. 0倍を時間とエリア限定で行うもの 例. 1倍 クエスト:期間内の配達件数に応じて、報酬あり 例. これをうまく使いこなせるかによって時給換算2000円or 時給換算900円になるか決まってくる。 ただし、エリアによって基本料金が異なってくるので注意が必要である。 僕は知らず、川崎で 『2倍ブースト』があるってだけで、行って後悔しました。 公式ページが非常にわかりやすかったので、こちらに貼っておきます。 時給換算2000円越えるための3つの方法 結論から言えば、 稼げる時間と場所で配達をすること 具体的には3つほどポイントを解説していこう。 稼げるクエストの活用• 呼ばれることが多い待機場所• ブーストの利用 まずは、クエストの活用だ。 これは、事前にUber Eatsのアプリよりお知らせがある。 僕はこれで条件がよさそうな日だけやることにしている。 江東区中心だがかなり役に立つはずだ。 Uber Eats ウーバーイーツ が稼げない理由 僕は好きだが、がっつり稼ぎUber Eats ウーバーイーツ で稼ごうと思っているならば、それは難しいだろう。 その理由を3つほど、解説していこう。 送迎だけで言えば、 時給換算1246円。 まあ通勤がないのはいいが、 高時給とはいいずらい。 【悲報】お店までは無給な報酬制 今いる位置から14分この移動は報酬はありません。 故に、有無を言わずに注文を受けていると、かなり時給的には悪くなりそう。 なんて日だ と叫びたくなるようなトラブルも多い 笑 過去にあった僕の事例の一部だ。 お店の料理ができていないで10分待ち• ナゲット揚げる油の温度が上がらず、待ってほしい• メモの追加オーダー忘れ クレーム• 百貨店の従業員専用ゲートが分かりづらい 基本的に大したことはないが、僕は効率ゲームをしているので、予想外なことが起こると「悔しい」となってしまう。 とは言え毎回ではないし、Uber Eats ウーバーイーツ 初心者のレストランは最近では少ない。 お互いに慣れてくるだろう。 配達の数にムラがあり、全く仕事にならないことがある これは極端な例ですが、人気のない、水曜日の昼過ぎから待機した結果。 これは完全歩合制の 恐ろしいところ。 僕はブログ書くor Netflixを見るので、そこまでショックは受けないですが。 「稼がないと生活が…」という人には少し辛いかもしれない。 しかも休憩はいつでもOK 嫌いな上司はいないし、無駄な報告や書類は一切不要• 朝寝坊し放題「あー明日仕事かー」と言わなくなる• 嫌いな人間関係は一切不要【陰キャラには最高】• 運動しながらお金をもらえる【ジム代わりに】 いかがでしょう。 僕、個人的には、日曜夕方に 「あー明日仕事かー」って言わなくなる。 最高にストレスフリーな生活に変わりました。 もし少しでも、興味があれば、まずは5分の登録だけ簡単なのでをやってみることをおすすめします。 さすがにいきなり脱サラはレベルが高いですが、週末サクっと2時間サイクリング程度に試しにやってみるのはいかがだったでしょうか。 僕は東京サイクリングとタワーマンション巡りが楽しすぎて、いつの間にか東京一周してました 笑 実はUber Eatsのライバルサービスが2020年に新たに2つ追加されました。 それが、、、 「Menu」と「Chompy」 配達エリアが限られてますが、こういう新興サービスは、配達員を増やすためにボーナス特典がたくさんあります。

次の

Uber Eats配達員が稼げない理由3選!効率よく稼ぐ方法まとめ│副業ノート

ウーバーイーツ ブースト 出ない

もくじ• Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐ上で知っておきたい知識:「クエスト」と「ブースト」 「ブースト」とは? まずは、クエストより身近な 「ブースト」から解説していきます。 ブーストとは、 配達エリアごとに与えられた配達の報酬基本料金にかかるインセンティブのこと。 3倍」といった形で、報酬が増えていきます。 このブーストは、 同日内でもずっと同じ倍率であり続けると言うわけではなく、時間帯によって倍率が変動しています。 もちろん、この倍率は注文が多い時間、つまり 「お昼のランチタイム」や 「ディナータイム」など注文が多く殺到する時間に高倍率がつくようになっています。 さらに、時間帯とは別に、 「注文が多いエリア」も高倍率になるように設定されていますし、逆にあまり注文がないエリアは低い倍率になっていますね。 なので、逆に低倍率のエリアに待機した方が稼げるパターンもあります。 そこらへんは、都市ごとにも違うので、自分で体験して、工夫していくと良いですよ! ちなみに、東京のクエストが低いのは、基本料金が高く設定されているためです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)が東京で始まった当初は、今よりももっと高いブースト率だったみたいですが、配達パートナーの増加とともに徐々にブーストの倍率も落ちていき、今は大体 「x1. 1」や「 x1. 2」くらいであることが多いようです。 僕が主に働いている京都だと、「x1. 6〜x2. 3」くらいのブースト率であることがほとんです。 (追記:徐々に下がってきています... ) これも、ピーク時間や曜日、エリアによって変わってきます。 6、中京区:x2. 3、下京区:x2. 1 なので、それぞれの都市でも同じように、注文の多いエリアは高倍率であり、注文があまりないエリアは低倍率になると思いますので、自分の都市の状況に合わせて考えてみてください。 ブーストがつく条件・期間は? ブーストは、登録した都市ではなくても、その都市で一回でも配達すれば、一週間以内にブーストがつきます。 なので、僕(京都登録)が隣の都市(大阪など)に行って、配達する場合は、一度でも大阪に行っておくと、ブーストが一週間以内につくようになるというわけです。 ちなみに、登録都市以外で一度配達してついたブーストは、 2週間くらい配達をしていないと消えます。 なので、以前、に、登録都市を「東京」に変更していたので、京都に帰ってきたあとは、京都の分のブーストは消えていました...。 京都は、ブーストありきの配達料なので、一回運んで250円みたいな感じだったときがありますね。 苦笑 いい思い出です。 新しく始めたときにブーストが無い?いつから付くの? 新しく配達を始めた際に「ブーストがついていない」ということがあります。 新しくウーバーイーツが始まった都市でも、開始何週間か前から登録していればサービス開始時のタイミングで、すでにブーストが付いていることもあります。 (僕が実際そうでした。 ) ですが、一旦サービスが始まった後、開始した人は登録してからバックをもらっていても、ブーストがついていないと言うことがあるようです。 なので、そういう場合は一度だけブーストなしで配達をしておいて、 「ブーストつくまで待つ」のが1番いいと思います。 もちろん、ブーストなしの状態でやってもいいですが、なかなかブーストなしの状態で稼げる都市と言うのは、おそらく「東京」以外にはないと思うので、あまり無理してやってしまっても稼げないので、無理しないことをオススメします。 メモ ちなみに、 パートナーセンターで質問した時に、「ブースト付くまで1週間以内」みたいな言われ方をしたのですが、「1週間以内は、具体的にどの日なのか」と言うのは、全部システムが決めているらしいのでパートナーセンターの人にもわからない、とのこと。 「クエスト」とは? クエストとは、 不定期で付与されるインセンティブのことです。 大抵は、 「雨の日」や 「雨が予想される時間帯」、そして、 「休日」にクエストが発生することが多いです。 このクエストを達成するかどうかで、その日の収入は格段に違ってきます。 クエストが達成できると、時給換算したり、その日の獲得金額を見たときに「結構稼いだな!」という風に思うことができますよ! クエストには、今のところ2パターンあります。 一つ目は、 1日のうちの決まった時間内(ランチタイム: 10:30〜15:00、ディナータイム: 17:30〜21:00)に 配達した件数に応じて追加でボーナスがもらえるというのもの。 例えば、京都の場合だと、上記の時間内に、 4件配達をすると400円 8件配達をすると800円 12件配達をすると1200円 のようにボーナスがもらえます。 もちろん、この数字は一例なので、これより多い時もありました。 (これより少ないのはみたことない) 二つ目は、 日をまたいで数日間での配達件数に応じて追加で報酬がもらえるというのも。 この場合は、3日間で何回配達件数をこなすとoo円もらえるという感じです。 このパターンのクエストでは、配達パートナーの実績によってもらえるインセンティブの金額が違うことがあります。 なので、より評価の良い・より実績のあるパートナーだと、かなり稼ぎやすくなると思いますね。 さらに、 都市によってもかなり金額が違ってきます。 やはり、東京・大阪あたりだと日またぎクエストの金額も多い傾向にありますね。 東京も、以前よりかはインセンティブの金額が下がったみたいですけどが、それでも京都より全然多い... といった状況です。 苦笑 クエストがつくための条件・期間は? クエストのインセンティブがつくのは、 登録都市のみです。 逆に言うと、 登録の都市を変更すればどこの都市でも大丈夫です。 なので、毎週末東京に用事があるなんて人は、東京に登録変更しておいてクエストの恩恵を受けるというのもアリだと思います。 メモ クエストは、全配達員に与えられるわけではなく、評価が低いなどの場合は、クエストが発生しないこともあるようです。 ただ、僕自身、今まで忙しく稼働が全然できなかった時でも、クエストは発生し続けたので、よっぽど評価が悪くなければ大丈夫なのではないか、と思っています。 クエストは、都市を一度変更してから、 「最大2週間」で発生します。 これもパートナーセンターで、「最大2週間というのは具体的にどういうことか」というのを聞いたのですが、こちらもブースト同様、『システムが判断している決めているので最大2週間としか言えない』そうです。 なので、早い人は次の日からクエストが発生するし、 遅い人だと2週間後に着くといった形ですね。 そこら辺は、まぁ運次第かもしれません。 まとめ 今回は、 「ブースト」と「クエスト」の二種類のインセンティブについて解説してきました。 まぁ、この2つのインセンティブに関しては、登録の際にパートナーセンターでも説明を受けると思いますが、 個人的には都市を越えて配達しようと思ったときに、「インセンティブはどうなるのだろう?」と思い、いろいろ質問した時に、今まで特別気にしてなかったことも知れることができたので、一応シェアしておこうと思ったのです! Uber Eatsは、バイトなどの雇用関係ではなく個人事業主なので、もし何かわからないことがあっても自分で解決しなければいけません(サポートセンターもありますが基本的には自分で対処する)。 その際に、今回紹介したような知識があると役立つ時が来るかもしれませんし、お金のことですから、しっかり覚えておいて損はありませんよ! \自由な働き方をいち早く体験しよう/ コメントありがとうございます。 配達お疲れさまです。 一応、この記事に書いてあるのは私がサポセンで聞いた内容を元にしていますので、私が質問した当時は「ブーストは1週間くらい、クエストは最大2週間」という言い方だっと思われます。 もしかしたら、今は少しシステム変更があったのかもしれませんが。 私は、大阪・東京に登録変更したことがありますが、どちらもブーストは一週間以内についたと思います。 ちなみに、東京だとブーストなしでも単価が他の都市より高いので、普通くらいには稼げますよ。 あと、付け加えると、もし東京稼働が単発で1日から数日だけなら、登録変更はしないほうがいいです。 (これはサポセンでも言われました) 理由は、クエストがつくまで「最大2週間」かかってしまうから。 ちょこちょこ登録都市を変更していると、ずっとクエストなしで稼働することになってしまうので、ご自身の東京での稼働のスケジュールとの兼ね合いで変更することをオススメします。 個人的には、まずは都市登録変更はせずに試しに東京で稼働されるのがいいのでは?と思います。 参考になれば幸いです。

次の

ウーバーイーツのバイトはもう稼げない?新しいデリバリーサービスmenu

ウーバーイーツ ブースト 出ない

昨今 Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを副業として実施する人が増えている。 もっとも、投資で数百万溶かし、ブログでも数万円しか稼げてない私には全く説得力はないが、、、 しかしながら、彼らが配達を続けるモチベーションは一体どこから湧いて出てくるのか気になってしまう。 今回は、 Eats(ウーバーイーツ) の仕組み(ビジネスモデル)を解き明かしながら、配達を続けるモチベーションを探ってみよう。 最後まで読んでいただいたあなたには、 初回注文が1,000円OFFになるキャンペーンコードをプレゼント!!• Eatsで注文してみよう! 仕組みの前にそもそも Eats(ウーバーイーツ)とは フードデリバリーサービス「 Eats」(読み:ウーバーイーツ)は、2015年12月に が開始した世界中で展開するデリバリーサービスです。 日本では2016年9月29日に東京でサービスを開始しました。 ユーザーとレストランパートナー、配達パートナーのを の革新的なテクで繋ぐことにより、最短時間で人気店の美味しい料理をお届けします。 引用元: Eats 配達パートナーバイド Eats(ウーバーイーツ)とは、一言で言えば 「出前サービス」である。 そして、出前サービスの配達パートナーを副業として実施しようという人が昨今増えてきている状態だ。 あなたが、注文者だとすると配達パートナーの仕事は以下の通りだ。 あなたは Eatsのアプリからーの配達を依頼するとしよう• の近くにいる配達パートナーへ通知が届く• 配達パートナーはへ注文した品物を取りに行く• 配達パートナーは品物をあなたへ届ける 配達パートナーは注文の多そうな場所で張っていて、 やっても良い配達依頼の通知が来たら配達を実施するというわけだ。 Eats(ウーバーイーツ)と注文者のビジネスモデル 注文者は Eats(ウーバーイーツ)から注文する時今までは一律380円の配送料がかかっていた。 現在は、受取場所やレストランの所在地による 変動手数料になったようだ。 配送手数料は都市ごとに異なる料金帯から、主に料理の受け取り場所やレストランの所在地によって決定いたします。 例えば、遠くにあるレストランより近くにあるレストランのほうが配送手数料が安くなる傾向にあります。 引用元: Eats ブログ HPでざっと配送手数料を見てみると、今までの 380円を平均値として260円や570円などと散らばっている印象を受けた。 混雑具合によっては、1000円オーバーになるパターンもあるようだ。 ポイントとしては、注文者から Eats(ウーバーイーツ)へは以下の通りの収益が入る。 注文者から Eatsへ380円前後の配送料が入る 今なら Eats(ウーバーイーツ)普及のために、 2回まで1,000円OFFなどとキャンペーンを盛んに実施している。 初期費用:無料• しかし、手数料が高い分 商品の元々の価格を上げれば良いのでそれほど痛手ではないだろう。 注文者にとっても、店舗に出向いて購入するより 配達の方が商品価格が高くなることは違和感はない。 ポイントとしては、加盟店から Eats(ウーバーイーツ)へは以下の通りの収益が入る。 引用元: Eats 配達パートナーバイド• 受取料金:レストランへ商品を取りに行くと発生• 受渡料金:注文者へ商品を渡すと発生• 距離料金:レストランから配達先までの距離に応じて発生 例えば、東京で注文者が2km先のレストランから配達を頼んだ場合、• ポイントとしては、配達パートナーから Eats(ウーバーイーツ)へは以下の通りの収益が入る。 1:ブースト 配送料の基本料金を、ご注文の多い時間や場所において、一定の倍率(1. 1倍、1. 4倍など)で増額する仕組みをブーストと呼びます。 引用元: Eats 配達パートナーバイド 注文の多い場所は収益を上乗せするシステムだ。 注文の多い地域にはたくさんの配達パートナーに配備してもらう必要がある、少し収益を多くしているのだろう。 2:クト 通常の配送料やブーストに加え、配送件数に応じて追加で報酬が支払われるをクトと呼びます。 例えば、「4回配達完了で400円を獲得、8回配達完了で1,000円を獲得、12回配達完了で1,600円」といったクトが存在します。 引用元: Eats 配達パートナーバイド こちらはランチのピークタイムや台風などの時に、 決められた時間内で達成した配送件数に応じてが支払われるものだ。 3:オンライン時間 オンライン時間は、指定された時間において、配送料とブーストを合わせた金額が一定額に満たなかった場合、その差額をお支払いするものです。 引用元: Eats 配達パートナーバイド こちらは閑散時間などに待機せども注文者からの注文が発生せず、 待ちぼうけになってしまった場合でも、収入保証として一定の金額をもらえるものである。 Eats(ウーバーイーツ)の収益 ここまで見てみると Eats(ウーバーイーツ)はである 「注文者」、「配達パートナー」、「加盟店」の全てから手数料を得ていることがわかる。 注文者から Eatsへ380円前後の配送料が入る• 注文者からの配送料:380円• 1000円の配送を行うだけで、 Eats(ウーバーイーツ)は360円もの収益を得ることができるのだ。 実によくできたシステムだ。 制が Eats(ウーバーイーツ)配達をむしばむ 胴元にこれだけの資金が入るということは、割を食うが存在するはずである。 配達パートナーだ。 購入者も通常より上増しされた商品の料金に加えて、配送料も払っており、金銭的負担は若干大きい。 しかし、家にいながらにして商品を受け取れるというのは大きなメリットであろう。 一方配達パートナーはというと、完全歩合制なので働いた 分だけ報酬がもらえるということだ。 が 「制は資本家がより搾取を強める方式だ」と謳っていたのが思い出される。 例えば、8時間働き日給8000円の時間労働制で、平均的な労働者は16件配達できるとしよう。 この時、「1件配達したら500円とする」というのが制で今の Eats(ウーバーイーツ)の仕組みである。 人並みに働けるのであれば、時間労働制でも制でも変わりはないだろう。 しかし、 人並み以上に働けない場合は、制の場合収入が下がってしまう。 時間労働制は中途半端な仕事でも決まった金額が入ってくるが、制はやった分しか収益は入ってこない。 企業の立場から見ると、 時間労働制は労働者の能力不足のリスクを企業が負っていたが、制は労働者自身に負ってもらうことができる。 この違い分が企業サイドを有利にするのだ。 この話を知らないあなたはのを読むと価値観がガラッと変わるかもしれない。 トップスピードで穴を踏んでしまい、衝撃でパンクしてチェーンが外れ、が吹っ飛ぶ。 渋谷の首都高のガード下、から方面の自転車通行帯。 自転車はル・サイクに預け、1km徒歩で届けた。 — 寝太郎🚴 mnetaro ジャスト8時間、サラリーマン。 特筆すべきこともないので、混じりっけなしの純白のもやし炒めでも… 18065円、8h、時給2258円。 — 寝太郎🚴 mnetaro 今週のウーバーイーツ福岡の稼ぎ オンライン時間33時間30分 配達件数99件 売り上げ49,113円 時給換算1,466円 福岡でもまぁまぁ状況はいいかも! けど東京と比べるとロングが衝撃の安さ!これは酷い…旅行から帰還したら東京に戻ることも視野。 のんびり配達すれば1000円を切ることもあるだろう。 おしなべると普通のバイトをするよりは、時給も高く周りとのしがらみもなく一人で仕事を完結できるので一見良さそうに見える。 しかしながら筆者は、 配達パートナー に高い時給を提供するのは今だけだと考える。 現在は Eats(ウーバーイーツ)を 日本で広く展開させるために配達パートナーを欲している。 たくさんの人に配達パートナーをやってもらうために、 を少し多く払うことで魅力的に見せているのだ。 また、 Eats(ウーバーイーツ)はだけでなく紹介制度にも力を入れているようだ。 例えば紹介した人が 50件の配達を完了すると8万円ももらえる紹介制度を打ち出したこともある。 高額な紹介報酬と魅力的なにより現在配達パートナーが瞬く間に増えている。 しかし、高額な報酬はずっとは続かないだろう。 配達パートナーを潤沢に獲得できたら、高額な収益を配達パートナーに還元させ続ける必要がないからだ。 配達パートナーを欲しているから収益を高くしているだけで、 配達パートナーが揃えば収益を配達パートナーに還元する必要はないのだ。 今後、 報酬体系の変更などを巧みに使い少しづつ配達パートナーの報酬を減らしていくことが容易に想像できる。 配達パートナーの報酬を下げれば、配達パートナーが辞めてしまうのでは、という意見もあるだろうが私はそうは考えない。 Eats(ウーバーイーツ)には 「配達パートナーは収益が下がっても配達をおそらく辞めないだろう」という目論見があるのだ。 Eats(ウーバーイーツ)はエンターテイメントの顔をした悪魔 鍵となるのが前述のである。 この制度は配達パートナーの心理を巧みに操っている。 労働をまるでゲームかのように錯覚させる効果を持っているのだ。 クトやブーストは聞いただけでも大人気ゲームである 「」や「ウォーク」を彷彿させる。 雨の日でも炎天下でも、未だに街のオブジェの周りに民がたむろしているのを見ると、上記 ゲームの中毒性が高いのは間違いない。 でタスクを達成してリワードを得るのに必死になるのように、 配達パートナーはウーバーイーツのクトを達成して成果報酬を得るのに必死になるのだ。 配達パートナーはゲームさながらの制度にモチベートされて、どんどんウーバーイーツの配達にのめり込んでいく。 働いている感覚などサラサラなくなってしまっている人も一定数出てくるだろう。 彼らにとっては をやりながらお金ももらえるくらいの感覚だろう。 収益が下がろうが彼らはゲームとしてこれからも配達を続けていくのだ。 Eats(ウーバーイーツ)はまさに エンターテイメントの顔した悪魔のようだ。 Eats(ウーバーイーツ)配達の想定しうるトラブル Eats(ウーバーイーツ)では以下のようなトラブルが今後発生するだろう。 今後は クト達成のために無理な運転をすることによる事故が増えるのが目に見える。 ニュースで社会問題として、取り沙汰されるのも時間の問題だろう。 かなりありえないんだけど、サポートに連絡したら、だから関与できない、勝手に警察に連絡しろの一点張り。 ありえない…。 上記件はニュースにも取り上げられ大きな話題にもなったようだ。 今では Eats(ウーバーイーツ)の関連キーワードとして、「ぐちゃぐちゃ」が出てきてしまうほどだ。。。 まとめ:ギグエコノミーモデルの労働 今回は Eats(ウーバーイーツ)のビジネスモデルを解き明かしてみた。 Eats(ウーバーイーツ)の配達が人気な裏には大きく2つのポイントがあると考察した。 現在は配達パートナー獲得フェーズのため収益設定が高め• ゲームをするかのように労働ができる しかしながら Eats(ウーバーイーツ)の配達に情熱を注いでいただいたところで、 特別なスキルは獲得できない。 今後も配達パートナーへの収益は下がっていくことが予想され、ジリ貧になっていくことだろう。 副業としての Eats(ウーバーイーツ)配達は果たして本当に魅力的な選択なのであろうか。 これからの時代は Eats(ウーバーイーツ)のような ギグエコノミーモデルの労働形態が増えていくだろう。 他人とのコミュニケーションが最低限で済み、比較的自由な労働ができるメリットもある一方で、貧困に拍車をかけるリスクもあり諸刃の剣だ。 目先の収益だけに囚われず、想定しうるリスク等も考慮しながらあなたらしい最適な働き方を選択できれば幸いだ。 お礼:キャンペーンコードをプレゼント 最後まで読んでいただいたあなたに、 Eats(ウーバーイーツ)の初回注文が無料になるキャンペーンコードをプレゼントする。

次の