とうもろこし 茹で 方 レンジ。 簡単美味しい!とうもろこし茹で方!人気はレンジ?水からお湯から?

とうもろこしのゆで方(ガッテン流)

とうもろこし 茹で 方 レンジ

朝一もぎたての新鮮なとうもろこしって、生で食べても甘くて美味しいですよね!そんなとうもろこしの茹で方ですが、みなさんはどのように調理していますか? 人気のある茹で方 調理法 の中には、水から茹でる、お湯から茹でる、レンジでチンするなどがありますが、実は茹で方ひとつで、味も仕上がりも全く違うんです。 さらに、とうもろこしの茹で方は簡単なだけに、ほんの一手間加えるだけで、断然美味しくなったりもするんですよね! と言うことで今回は、とうもろこしを水から茹でる場合と、お湯から茹でる場合、とうもろこしを電子レンジで調理する場合の3通りで、出来上がりの違いの比較も交えながら、お伝えしていきます。 もちろんそれぞれの工程で、一手間を加えた人気の茹で方でお伝えします。 【茹で方】• 鍋にたっぷり水を入れ沸騰させる• とうもろこしを鍋に入れ3〜5分茹でる• 熱い状態の2を素早く冷水 塩水 につける• まず鍋には、茹でるとうもろこしがしっかり浸かるくらいの水を入れ火にかけます とうもろこしは一旦鍋から出しておきます。 そして、沸騰したらとうもろこしを鍋に入れるのですが、この時とうもろこしの皮は全部剥いてしまわず、 最後のうす皮1枚とヒゲは残しておきます。 このうす皮が付いた状態のとうもろこしを鍋に入れ、 3〜5分茹でます。 品種によって若干茹でる時間は異なりますが、長くても5分以上は茹でないようにしましょう。 長い時間茹で過ぎると、味が落ちてしまうんですね。 とうもろこしが茹で上がったら鍋から上げ、 そのまま素早く濃度3%程度の塩水につけて、熱を取ります。 鍋に水ととうもろこしを入れる• 火にかけ沸騰してから3〜5分茹でる• 熱い状態の2を素早く冷水 塩水 につける• とうもろこしの皮は全部剥いてしまわず、 最後のうす皮1枚とヒゲを残した状態にしておきます。 次に、鍋にたっぷりの水と先ほど下処理をしておいた、うす皮付きのとうもろこしを入れ、火にかけていきます。 そして、 鍋の湯が沸騰してから3〜 5分茹でて火を止めます。 品種によって若干茹でる時間は異なりますが、鍋が沸騰してからは、長くても5分以上茹でないようにしましょう。 この後の工程は『とうもろこしをお湯から茹でる』時と同じになりますが、とうもろこしを鍋から上げ、 そのまま素早く濃度3%程度の塩水につけて、熱を取ります。 とうもろこしのうす皮1枚を残して皮をむく• 水にくぐらせ塩をふる• ラップで包み600Wで5分加熱• 美味しさアップの重要ポイントもあります。 まず、とうもろこしを下処理します。 下処理は鍋でゆでる時と同様に、とうもろこしの皮を全部剥いてしまわず、 最後のうす皮1枚とヒゲを残した状態にします。 このうす皮1枚のとうもろこしをさっと水にくぐらせて、塩をまんべんなくふりかけ、両手で擦るように塩をなじませます。 この時、少し多めの塩を使うのがポイントですが、うす皮の上からなので、とうもろこしが塩辛くなったり、塩味がついてしまうということはありません。 これを ラップで包み、600Wで5分加熱します。 加熱後はラップのまま数分蒸らしておきます。 ある程度熱が取れたらラップから出して、うす皮とヒゲを取って出来上がり! この、とうもろこしを電子レンジで加熱調理する方法だと、 仕上がりは、とにかく甘みが強くて、そしてとうもろこしの味自体もかなり濃厚な感じになりますよ! ・ とうもろこしをお湯から茹でる シャキシャキした食感。 みずみずしい。 ・ とうもろこしを水から茹でる 柔らかくしっとりふっくら。 ジューシー。 ・ とうもろこしをレンジで加熱調理する 甘みが強い。 とうもろこしの味が濃厚。 どの方法も仕上がりの特徴がはっきり出て、好みに合った方法で調理すれば、とうもろこしを美味しくいただくことができると思います。 ちなみに 私 個人的には、断然レンジで調理したものが甘くて濃厚で美味しかったです! 実はこのレンジでの調理法ですが、穫れたてを直販しているとうもろこし農家さんから教えて頂きました。 なんといっても手軽で簡単美味しい、そして甘くて濃厚なため、 レンジ調理法を推奨する農家さんが増えているんだそうです。 私も以前は、とうもろこしのシャキシャキの食感が好きで、お湯から茹でることも多かったのですが、レンジ調理法を知ってからは、脇目も振らずチンしてます! 知らないと損する甘くて美味しいとうもろこしの見分け方 まず知っておきたいのが、とうもろこしは収穫した後、 鮮度が落ちるのがとても速いということなんですね。 それと同時に甘みもどんどん損なわれていきますので、 入手したらすぐに茹でるなど調理して、ラップに包んでおくようにします。 こうすることで甘いままのとうもろこしを保存でき、冷蔵庫に入れておけば、3日は美味しくいただくことができます。 また、とうもろこしの皮を剥くとさらに、甘みや鮮度が低下していくので、 調理する直前まで皮は剥かないようにします。 そして、とうもろこしを選ぶ際は以下の点に注意して選ぶようにしましょう。 皮の色が濃い緑色で艶がある• ヒゲの先が褐色でふさふさしている• 茎が太くて切り口が白いもの• ずっしり重いもの 畑で太陽の光をいっぱい浴びて甘くて新鮮なとうもろこしは、皮が濃い緑色で青々としていますが、収穫して時間が経つにつれて、薄く黄色掛かった色に変色していきます。 茎の切り口も、鮮度が良いと白くしっとりとしていますが、時間の経過とともに黒っぽくなり乾燥していくので、見分けるポイントとなります。 またとうもろこしのヒゲの本数は、とうもろこしの実の数と等しいので、ヒゲが多くふさふさしているものは、実がいっぱいつまっているといえます。 ヒゲは褐色で、しなやかなものを選ぶようにするのもポイントの1つです。 逆に、ヒゲが真っ黒になったものは、熟しすぎている可能性があります。 とうもろこしは熟し過ぎると甘みが弱くなっていくので、その一歩手前のものが、最も甘くて美味しいと言われています。 まとめ 今回、とうもろこしをお湯から茹でる方法、水から茹でる方法、レンジで調理する方法の3つをご紹介しました。 正直この方法ならどれで茹でても、普段とは一味違う甘くて美味しいとうもろこしが出来上がると思います。 後は仕上がりの部分で、それぞれ好みが分かれるといったところでしょうか。 鮮度の良い美味しそうなとうもろこしが手に入った時は、是非こちらの方法で調理して、簡単で美味しい甘くて濃厚なとうもろこしをお召し上がりくださいね!.

次の

とうもろこしの美味しい茹で方!レンジ&鍋の方法・茹で時間解説

とうもろこし 茹で 方 レンジ

ホットプレートを使うと、温度を一定にしやすく焦げつきにくいのできれいに焼くことができます。 中華風コーンポタージュスープ 材料• とうもろこし:1本• 水:2カップ• かに缶(130g):1缶• 中華スープのもと(顆粒):大さじ1• 卵:1個• 塩、こしょう:少々• ごま油:少々• 水溶き片栗粉:大さじ2 作り方• 茹でたとうもろこしは軸から外し、ミキサーにかけクリーム状にする。 鍋に水、中華スープのもと、とうもろこしを入れて温め、かに缶をほぐしながら入れる。 ひと煮立ちしたら、溶いた卵を流し入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。 塩・こしょうで味を調え、器に移してごま油をたらす。 お花シュウマイ 材料• 豚挽肉:50g• 酒:大さじ1• 片栗粉:大さじ1• こしょう:少々• グリンピース:少々• ブロッコリー:適宜 作り方• とうもろこしは茹でて軸から外す。 豚挽肉、ねぎのみじん切り、酒、しょうゆ、片栗粉、こしょうをよく練り合わせ、一口大に丸める。 「2」の外側に、とうもろこしをまんべんなく貼り付け、中央にグリンピースを飾る。 耐熱の容器に「3」を間隔をあけて並べ、その間にブロッコリーを置き、ふんわりとラップして電子レンジで7~8分ほど加熱する。 ホタテとコーンのかき揚げ 材料• ホタテの貝柱:3個(直径4cmくらい)• 枝豆:15g• 塩:少々• カレー粉:小さじ1• 小麦粉:適宜 作り方• とうもろこしは茹でて軸から外す。 枝豆は茹でてさやから豆を出し水気を切っておく。 ボウルに塩、カレー粉、小麦粉を合わせ、4つに切ったホタテの貝柱と「1」を混ぜて冷蔵庫で冷やす。

次の

とうもろこしは「電子レンジでチン」がおすすめ!茹でるよりも美味しさがアップする秘密とは?

とうもろこし 茹で 方 レンジ

シャキッとした食感と甘さがたまらない「とうもろこし」。 素材の良さを存分に味わいたいけど、一番おいしく食べるにはどう茹でるのがいいの? 塩加減はどのくらいがベスト? そんな疑問をお持ちの方も多いはず。 今回は、とうもろこしの 「おいしい茹で方」と「塩加減」がテーマ。 ちょっとした茹で方や保存方法を変えるだけで、見た目や味が劇的に変わるんです。 知っていると知らないとでは全然違う! お好みに合わせて選べる3種類の方法を解説を交えてご紹介します。 皮とひげは残して茹でるのがおすすめ! 一般的に、とうもろこしを茹でる時は「皮とヒゲを取った状態で茹でる」人が多いですよね。 今回も簡単に実践できるよう、皮もヒゲもあらかじめ取ったもので調理していきますが…… ここで豆知識をひとつ! 実は、一番内側の薄皮を残したまま茹でるのがもっともおいしく仕上げるコツ。 また、色素が入っているヒゲを残すことで茹であがりの色も鮮やかに。 「茹であがったアツアツの状態で皮やヒゲを取り除くくらい、全然手間じゃない!」という方はぜひ試してみてください。 おすすめの茹で方と茹で時間 さて、とうもろこしの茹で方は、大きく分けてこの3パターン。 すべて試してみて、好みの茹で方を選ぶといいですね! それでは、それぞれのコツを解説していきましょう。 3つの方法のうち一番水に浸かっている時間が長いため、水分を多く含んだみずみずしい茹であがりに! まず、深めのフライパンor鍋に水をたっぷりと入れ、とうもろこしを沈めてから強火にかけます。 とうもろこしを菜箸などで 転がしながら茹でると、熱がまんべんなく通りムラなく茹で上がります。 転がしながら茹でるのが面倒な時は、とうもろこしが浮いてしまわないように落し蓋をするか、お皿を裏返しにして乗せておきましょう。 茹で時間は、 沸騰してから3~4分ほどが目安です。 粒の一つ一つがプックリと膨れ上がってきたら、茹で上がりの合図。 先ほど同様、深めのフライパンor鍋にたっぷりと水を入れたら強火にかけ、沸騰させます。 グツグツと煮立ったら、とうもろこしを鍋に投入。 とうもろこしを転がして茹でるか、とうもろこしが浮かないよう落し蓋をして 3~4分ほど茹でます。 こちらも粒が膨れ上がってきたら取り出してOK。 粒の弾力や食感を楽しみたい時は、この方法がおすすめ! 【茹で方3】電子レンジで加熱する方法 最後に紹介するのは、もっとも手軽な電子レンジで加熱する方法。 味や色の鮮やかさはこれまでの2つの方法に比べるとやや劣りますが、その分手間はかかりません。 「とにかく素早く&簡単に!」という場合はこの方法でも十分おいしく食べられます。 まず、とうもろこし全体に軽く水をかけます。 ラップでとうもろこしをピッチリと包んだら、電子レンジに入れて温めます。 この時、ラップととうもろこしの間に隙間ができないよう要注意。 加熱時間は 600Wで3分間が目安です。 加熱後は高温になっているので、レンジから取り出すときは十分気を付けましょう。 (とうもろこしを皮ごと電子レンジで加熱する場合は、皮がラップ代わりになってくれるので、ラップは不要です) 味付けのタイミングと保存方法 さて、最後は茹でてからのポイントです。 塩で味付けするタイミングや、茹で上がったとうもろこしをおいしく保存する方法をご紹介します。 【味付けのコツ】茹であがってから味付けをするのがおすすめ! あらかじめ塩を入れたお湯(もしくは水)でとうもろこしを茹でる人もいますが、浸透圧によってとうもろこしから水分が抜けてしまうことも。 身を縮めることがなく、保存も出来ますよ。 はっきりとした塩味が、とうもろこしの甘さをより一層引き出してくれます。 全体に一つまみふりかければOK! 【保存のコツ】茹でた後に「塩水」にさらす すぐに食べずに保存しておきたい場合は、茹であがったとうもろこしを 塩水に10秒ほどさらしておくと、水分が蒸発するのを防いでくれるため粒がシワシワになりません(茹で終えたお湯に塩を混ぜてさらしてもOK)。 濃度は、水1. とうもろこしの味を引き立たせるぐらいの、ちょうどいい塩加減になりますよ。 塩水から引き上げたら、とうもろこしが温かいうちにラップでしっかり包みましょう。 水分を逃がさないようにするのが、おいしさを長持ちさせるコツ。 旬の初夏が一番おいしいとうろこし。 茹で方や味付けをちょっと工夫するだけで、とうもろこしは劇的においしくなります。 読者の皆様にご迷惑をおかけいたしましたことを、謹んでお詫び申し上げます。 各種イベントでケータリング提供活動を行う2人組フードドリンクユニット。 思わず笑顔になっちゃうおいしい時間を届けます。 公式Facebook:.

次の