えきねっと あずさ。 えきねっと(JR東日本)

「あずさ」「かいじ」に安く乗る方法|格安旅行研究所

えきねっと あずさ

我が故郷『信州松本』に帰郷するときにいつも利用しているのが『 スーパーあずさ』です。 便利だし、楽ちんだからね。 高速バスは老体には辛いし、 中央道を使って車で帰るのは疲れます。 休憩も入れると4時間位運転しないといけないから、神経使うんです。 スーパーあずさなら寝ているうちに松本に着きます。 時間は短くても2時間30分かかるけれど、ビール1缶飲んで眠ってしまえばすぐに時間もすぎます。 (夢の2時間は夢のまた夢って感じですね) 私のようにスーパーあずさを使って、信州に帰郷する人に少しでも安く利用してほしいから、えきねっとの利用の仕方を紹介します。 えきねっとを利用してスーパーあずさのチケットを予約する方法 まず、えきねっとに会員登録します。 その後、この画面の『きっぷ予約』をクリック。 さらに『きっぷ予約』をクリック スーパーあずさなので『 指定席』をクリック 右側にある新幹線以外の『 中央線特急』をクリック。 松本方面って書いてある• 乗車日• 発車時刻• 乗降駅・降車駅 を選択して『 空席を確認する』をクリック。 指定した時間以降のスーパーあずさと空席状況の一覧が表示されるので、乗りたい時間の列車の『普通か、グリーンか』を選びます。 出発日より前なので、 普通席だとトク35%割引も適用されます。 (トクだ値は、乗車券と特急券のセットになります。 ) 私は今回、『スーパーあずさ29号(全席禁煙)18時発の普通』を選択。 松本には20時42分着。 画面下の人数を入力して、次の画面へ。 細かく指定したいので、『 シートマップ(座席表)で指定する』をチェックして、『シートマップを表示する』をクリック。 すると、座席表がでてきます。 スーパーあずさは• 1号車• 2号車(トイレ)• 7号車• 8号車(トイレ)• 10号車(トイレ)• 11号車• 12号車(トイレ) が指定席なので、自分の好みの座席が空いているか、トイレの位置とかを考えながら決めるといいでしょう。 私は乗車する時間が夜なので景色見れないし、冬だから窓側だと寒いし、トイレに気軽に行けるように、通路側を選択しました。 因みに、新宿発で松本に下る時は、12号車が先頭車両になります。 2号車10番Bにしてみました。 トク35%割引になって片道合計4,480円になりました。 購入手続き完了画面には予約番号が表示されますので、メモしておきましょう。 メールとか届かないそうですよ。 帰りの切符も同時に申込できますが、今日は片道のみ。 このままUターン転職してしまおうか? トクだ値チケットの変更払戻の方法と注意点 トクだ値はお得な値段で買えるから便利ですが、旅行や出張のスケジュールも突然変更になったりします。 その時の変更や払戻の方法と注意点も事前に知っておきましょう。 変更・払戻について 「トクだ値」の変更は、きっぷの受取前に限り、インターネット上のみで可能です。 ( 受取後の変更は一切できません。 ) 払戻は発車前で未使用の場合に限りますし、手数料がかかります。 きっぷの受取前で、乗車日当日までだと1席につき310円 きっぷの受取後では、発売価格の割引率分の払戻手数料がかかります。 ただし1席につき最低550円(最低:乗車券220円・特急券等330円)) カテゴリー タグ, , , , , 投稿ナビゲーション.

次の

えきねっとトクだ値であずさに乗ろう!あずさの料金と予約の仕方!

えきねっと あずさ

特急あずさ・かいじチケットレスサービスはお得なのか? 特急あずさ・かいじチケットレスサービスは特急が停車する全区間で通常特急料金より片道100円割引です。 割引は100円と小さいですが、全区間で利用できることと、事前に券売機でチケットへ引きかえる手間が不要なので便利なサービスです。 (今なら次に記載のようにキャンペーン実施中です) スマートフォン・携帯電話の「えきねっと」のサイトから「チケットレス申込」メニューから購入します。 注意点はパソコンから「えきねっと」サイトを見てもチケットレスメニューに入ることができません。 パソコンではなくスマートフォンからチケットレス購入ができます。 2019年6月30日までの申し込み操作分までキャンペーンが適用されます。 この機会にえきねっとチケットレスサービスを利用してはいかがでしょうか。 複数人でもチケットレスを利用できるの? 複数人でも利用できます。 誰かひとりがえきねっとのユーザ登録しておけば最大14人分までチケットレス購入できます。 シートマップでの座席位置指定は、2列までに限られます。 つまりあずさ・かいじでは1列横並びで4名ですので最大8名までは希望の車両号車と座席位置を指定できます。 9名から14名までは希望座席を指定することができず、空いている座席が自動的に割り当てられます。 紙のきっぷがないと予約した座席番号をどうやって確認するの? 紙のきっぷがないと予約した座席番号をどうやって確認するのかと言いますと次の3つのいずれかの方法で確認できます。 購入時のスマホ画面のスクリーンショットを保存する• 登録メールアドレスに送付された購入明細を確認する• スマホのえきねっと「お申込内容の確認・変更・払戻」メニュー「きっぷ受取前/チケットレスの確認・変更・払戻」で購入情報を確認する チケットレスでの改札口通過は? チケットレスサービスは特急券のみ購入となりますので、乗車券は別途券売機で購入するかSuicaで乗車します。 複数人で利用する場合は1人ずつ乗車券またはSuicaを持って改札を通過します。 改札では特急券購入画面の提示は不要です。 Suicaは、あずさ・かいじが走行する千葉から松本まで利用できます。 チケットレスは駅で窓口や券売機に立ち寄らず特急に乗れることが売りですので、Suicaを持っていないとチケットレスの利便性が半減します。 指定した特急に乗り遅れたら もしチケットレスで予約していた特急に乗り遅れてしまったら特急券は無効になってしまいます。 後の特急に乗車することも出来ないのであらためて買い直しとなります。 そうなってしまうともったいないので時間に遅れそうならば出発時刻までに予約を別の特急に変更しましょう。 1回まで予約変更は無料です。 2回目の変更は出来なくて払い戻しすることになります。 払い戻しは手数料がかかります。 利用区間限定だとえきねっとトクだ値が安い 特急あずさ・かいじをチケットレスサービスよりもお得に乗るには次の2つの方法があります。 えきねっとトクだ値はチケットレスサービスではありません。 乗車券付特急券ですので事前に券売機等でチケットに引き換えする必要があります。 「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」で購入できない時には、チケットレスサービスを利用しましょう。 特急あずさ・かいじは全座席が指定席 特急あずさ・かいじはE353系車両を使用した12両編成です。 一部9両編成の場合もあります。 9号車がグリーン車、その他の11両が指定席で自由席はありません。 自由席に代わる仕組みとして、座席指定を受けなくても車内の空席が利用できる座席未指定券を発売しています。 座席上のランプで空いている座席がわかるというなんとも先進的な仕組みが導入されています。 赤いランプは空席• 黄色のランプはまもなく座席を指定した乗客が乗ってくる合図• 緑色が空いていない座席 写真のように赤いランプの座席は空席です。 (画像はE657系のものです) 指定席特急券と座席未指定券の価格は同じですので、事前に座席指定を済ませておいたほうがいいです。 座席指定していないと満席の場合立席になります。 同じ料金を払うなら座るほうがいいですよね。 車内で特急券を購入すると260円高くなりますので、乗車前に購入しておくことをおすすめします。 あずさ・かいじ全座席にコンセントが付いている あずさ・かいじに使用されるE353系普通車のシートは座面が黒、背もたれが青をベースとして、可動式ヘッドレストが付いています。 全シート前の座席下部にコンセントが付いているので、スマホの充電に便利です。 新しい中央線特急がデビュー 中央線特急は、あずさ・かいじの他に新しい特急がデビューしました。 平日のみ運転の「特急はちおうじ」「特急おうめ」と全日運転の「特急富士回遊」です。 「特急はちおうじ」「特急おうめ」は従来の「中央ライナー」「青梅ライナー」が特急化され、あずさ・かいじと同じE353系で運転されます。 特急はちおうじの停車駅は、東京・新宿・立川・八王子。 特急おうめの停車駅は、東京・新宿・立川・拝島・河辺・青梅。 「富士回遊」は新宿駅から富士急行線河口湖駅までを結ぶ特急です。 新宿から途中の大月まで「かいじ」9両と連結運転され、大月で「富士回遊」3両が分割されて河口湖へ向かいます。 E353系で運転されますが、土曜休日運転の臨時「富士回遊91・92号」はE257系5両編成での運転です。 はちおうじ・おうめ・富士回遊すべての特急で上記のあずさ・かいじと同じく、えきねっと予約によるチケットレス乗車が可能です。 下のSNSボタンでこの記事を拡散いただけるとブログ更新の励みになりますのでよろしくお願いします。

次の

スーパーあずさの格安チケットはえきねっとで予約が最安値

えきねっと あずさ

我が故郷『信州松本』に帰郷するときにいつも利用しているのが『 スーパーあずさ』です。 便利だし、楽ちんだからね。 高速バスは老体には辛いし、 中央道を使って車で帰るのは疲れます。 休憩も入れると4時間位運転しないといけないから、神経使うんです。 スーパーあずさなら寝ているうちに松本に着きます。 時間は短くても2時間30分かかるけれど、ビール1缶飲んで眠ってしまえばすぐに時間もすぎます。 (夢の2時間は夢のまた夢って感じですね) 私のようにスーパーあずさを使って、信州に帰郷する人に少しでも安く利用してほしいから、えきねっとの利用の仕方を紹介します。 えきねっとを利用してスーパーあずさのチケットを予約する方法 まず、えきねっとに会員登録します。 その後、この画面の『きっぷ予約』をクリック。 さらに『きっぷ予約』をクリック スーパーあずさなので『 指定席』をクリック 右側にある新幹線以外の『 中央線特急』をクリック。 松本方面って書いてある• 乗車日• 発車時刻• 乗降駅・降車駅 を選択して『 空席を確認する』をクリック。 指定した時間以降のスーパーあずさと空席状況の一覧が表示されるので、乗りたい時間の列車の『普通か、グリーンか』を選びます。 出発日より前なので、 普通席だとトク35%割引も適用されます。 (トクだ値は、乗車券と特急券のセットになります。 ) 私は今回、『スーパーあずさ29号(全席禁煙)18時発の普通』を選択。 松本には20時42分着。 画面下の人数を入力して、次の画面へ。 細かく指定したいので、『 シートマップ(座席表)で指定する』をチェックして、『シートマップを表示する』をクリック。 すると、座席表がでてきます。 スーパーあずさは• 1号車• 2号車(トイレ)• 7号車• 8号車(トイレ)• 10号車(トイレ)• 11号車• 12号車(トイレ) が指定席なので、自分の好みの座席が空いているか、トイレの位置とかを考えながら決めるといいでしょう。 私は乗車する時間が夜なので景色見れないし、冬だから窓側だと寒いし、トイレに気軽に行けるように、通路側を選択しました。 因みに、新宿発で松本に下る時は、12号車が先頭車両になります。 2号車10番Bにしてみました。 トク35%割引になって片道合計4,480円になりました。 購入手続き完了画面には予約番号が表示されますので、メモしておきましょう。 メールとか届かないそうですよ。 帰りの切符も同時に申込できますが、今日は片道のみ。 このままUターン転職してしまおうか? トクだ値チケットの変更払戻の方法と注意点 トクだ値はお得な値段で買えるから便利ですが、旅行や出張のスケジュールも突然変更になったりします。 その時の変更や払戻の方法と注意点も事前に知っておきましょう。 変更・払戻について 「トクだ値」の変更は、きっぷの受取前に限り、インターネット上のみで可能です。 ( 受取後の変更は一切できません。 ) 払戻は発車前で未使用の場合に限りますし、手数料がかかります。 きっぷの受取前で、乗車日当日までだと1席につき310円 きっぷの受取後では、発売価格の割引率分の払戻手数料がかかります。 ただし1席につき最低550円(最低:乗車券220円・特急券等330円)) カテゴリー タグ, , , , , 投稿ナビゲーション.

次の