進 研 模試 結果 見方。 第6回 模試受験後の取り組みと復習 : Z

模試判定基準|C、D、Eだと志望校を変えるべき?

進 研 模試 結果 見方

進研模試 「進研ゼミでやったとこだ!」でおなじみのベネッセが作っている模試です。 この模試は日本で1番受験生が多い模試で、学校で受けるという人も多い模試です。 他の模試には真似できない圧倒的母数によって裏付けられる情報というのはかなり信頼できるものになってきますね。 ですがこの圧倒的母数というのはメリットだけではありません。 この母数ゆえのデメリットもあるんですよね。 進研模試は学校で受けるという人も多い模試です。 なので言い方は悪くなりますが、 大学受験をしないレベルの低い人も受験するんですよね。 なので難関大や国公立を目指している人にとっては正確な判定が出ない可能性が大きいです。 ですが進研模試は1年生の頃からずっと学校で受験してきたりとするので、自分の成績の推移が目で分かって志望校選びのときの基準にもなります。 申し込み方法 申し込み方法はインターネットのみです。 ですが3年生に上がってすぐに受験する学校も多いので、個人で受験する必要はないのかなと。 全国統一模試(河合模試) 名前にもある通り河合塾は主催している模試です。 「全統模試」とか言ったりもしますね。 進研模試に次ぐ母数の大きさで、志望校の合格率の数字にもリアリティが出てきます。 大学受験しない人も受けることが多い進研模試とは違い、この全統模試は大学受験する人しか受験しません。 なので模試の結果は進研模試よりも信頼できます。 しかし問題の難易度は進研模試よりも難しく設定されているので進研模試で偏差値70を取った人が全統模試を受けたら偏差値が55しかなくて落ち込んだみたいな話もあります。 ですが難易度的には標準レベルなので大学受験をする人で、まだ受けたい模試を決めていないならとりあえず受けても良い模試と言えます。 申し込み方法 申し込みはインターネット限定です。 しかし通っている予備校などで受けさせられることも多い模試です。 ですがもしも予備校に行ってない人はぜひ1度受けてみて欲しい模試ですね。 駿台模試 この駿台模試はかなり 難易度の高い模試になっています。 なので難関私大や、国公立や東大、京大を受験する人は受けた方がいい模試ですね。 そんな難関大を目指す人が受ける模試なので、 問題内容はかなり難しく設定されています。 なので中途半端なレベルで受けてしまうと正確な学力が図れないので注意が必要です。 ですが 問題のレベルも高いですが、 問題の質も高いです。 難しいけれど、良問に挑戦できるのでまさに 力試しに適切という模試ですね。 この模試で出題された問題をきっちり復習することでかなりの学力向上になります。 申し込み方法 申し込みはインターネットからです。 学校から受験することはほとんどないので個人で申し込むことが多い模試になりますね。 東進模試 「学力を測るだけでなく学力を伸ばす模試」がキャッチフレーズです。 このフレーズの通りあなたの成績を徹底的に分析した成績表が特徴です。 この 成績表は最大20ページにも及びます。 これだけ分厚い成績表はこの東進模試だけで、この成績表がもらえるというだけで東進模試を受験する価値があります。 志望校の合否判定は入試本番を想定した総合評価を実施しています。 なので 志望校の判定はかなり正確です。 ですがこの正確さは、ある意味 残酷です。 成績表というのは早くても2週間くらいかかるのが普通なんですが、この東進模試の成績表は 最短で5日で返却されます。 20ページにも及ぶ濃厚な成績表がたったの5日で返ってくるというのはかなり嬉しいですよね。 まとめ 今回は進研模試、全国統一模試、駿台模試、東進模試という4つの模試をご紹介しました。 この4つが大手の模試なのでほとんどの人がどれかの模試を受けるんじゃないかなと思います。 模試というのは受けるのも大切ですが、さらに大事なのは受けた後です。 返ってきた成績表をもとに復習や、今後の勉強計画など見直すべき所はどんどん見直して合格をつかみ取りましょう。 それでは! ========== P. S 大学2年生の冬、世間はクリスマスムードで 浮かれていたような時期です。 900万円の借金を背負い進学した僕は 無気力に毎日を送っていました。 そんな時に出会ったのがネットビジネスの世界。 そこからネットビジネスにドハマりした 僕はこれまで100万円以上の自己投資をしてきました。 そんな僕がネットビジネスについて語ったり、 これまでの後悔をおおっぴろげにしてみたり、 僕のメルマガではこんな話をしていきます。 ネットビジネスに少しでも 興味が湧いたという人はぜひ登録してみてください。

次の

結果を見て終わりではない!模試を受けたらすべきこと!

進 研 模試 結果 見方

厚かましく、またアホな質問で恥ずかしいのですが、 とても気になる事なんです。 うち子供の通う高校は進研模試の結果により 奨学金が受けれるかどうか決まります。 現在も特待生ですが、授業料の一部免除になっています。 今年は少し成績も上がっているようで 厚かましく、全額免除にならないものかと 個表を眺めてしまうのですが、 総合順位の出し方がなんでこうなるのかわかりません。 どうやって算出するのでしょうか??? 11月模試の結果ですが・・・。 ()偏差値です。 国 1位(97. 7)、数B 92位(37. 8)、英 4位(81. 9)で 三教科総合 4位(74. 9) 数B 92位なのに??? ちなみに数Bは上位コースのみ受験させているのか 半分以下の受験者数になっています。 担任にも厚かまし過ぎて聞くに聞けません。 是非教えて下さい。 偏差値からの推測ですが、 国語の偏差値97.9は尋常ではない数字です。 校内偏差値でしょうか? 全国偏差値では、まず出ない値です。 この1位は、ひょっとして満点に近いものではありませんか? その場合、平均点が低い(だけでなく、上位者が極端に少ない)状況での満点に近い得点となっているかと思われます。 英語の81.9も同じような状況でないと出ない値です。 総合順位は合計点で決まります。 総合の偏差値74.9は、これがもし全国偏差値ならば、旧帝大クラスは望めますよという値、80は東大・京大へどうぞ、という値です。 あなたの学校のレベルを知りませんが、あなたの学校を全国に例えるとあなたのお子さんは旧帝大レベルってことですね。 4位は妥当かと。 なお、進研模試の数学の違いは、出題範囲の違いです。 学校模試であることで、同じ実力の生徒が受験した場合、同じ点をとれるように難易調整している建前の模試ですので、あなたのお子さんが数学Aを取られたとしても得点は大差がないとされています。 (なので、レベルの高い子が多く受ける方の平均点が高いはずです) もし、この点を気にされているとしたら、それはあまり関係しないと考えられると思われます。 (ただし、同じ授業を受けているなら、範囲が広い=得点しにくい、ともいえますが) ちょっとややこしく書きましたので、分かりにくい点がありましたら、ご質問ください。 分かる範囲で回答してみますので。 Q 進研模試の平均点は、どうしてあんなに低いのですか? どういう人が下げているのですか? 誰にも解けない難問など殆どなく、出題傾向も安定しています。 ということは、平均点を下げている人たちは、最初から半分も解けないことを知って受けるわけですよね? はなから半分も正解する気がないテストを受ける意味はあるのでしょうか。 殆ど記述の数学はともかく、記号問題の多い英語で3割未満と言ったら、記号問題を勘と雰囲気と確率の問題で当てたレベルの気がします。 実際、私も何一つ解らないテストは難易度にかかわらず、取り敢えず空欄を埋めますがだいたい30点台です。 そして、そんなテストを受けても満点と自分の間にレベルの差がありすぎて、見直したところで時間ばかりかかって効率も悪く、殆ど力になりません。 運と勘でもぎ取った30点の結果叩き出された合格判定などさらに無意味です。 半分も解く気がないのに、学校単位で、模試を受ける意味が解りません。 それなのにどうして、受けるんでしょうか。 3000円近くするんですよ? 進研模試の平均点を下げている人たちは、何者で、何を思って模試を受け、受けさせられているのですか? 進研模試の平均点は、どうしてあんなに低いのですか? どういう人が下げているのですか? 誰にも解けない難問など殆どなく、出題傾向も安定しています。 ということは、平均点を下げている人たちは、最初から半分も解けないことを知って受けるわけですよね? はなから半分も正解する気がないテストを受ける意味はあるのでしょうか。 殆ど記述の数学はともかく、記号問題の多い英語で3割未満と言ったら、記号問題を勘と雰囲気と確率... A ベストアンサー ベネッセは元は福武書店と言います。 福武書店は岡山県で創業されました。 高度成長期に全国に大学が増え進学希望者も増え始めた時期のことです。 岡山県の新設校が名門校と学力比較をしたいと希望したことから、福武書店と岡山の高校教師が共同で模擬試験を行った関西模試というものが実施されました。 問題は高校教師が作成しました。 この関西模試を全国的に展開していったものが進研模試です。 つまり、元々高校との結びつきが強い模試ということです。 学校単位で進研模試を受ける経緯は上記の通りです。 高校生とは勉強するために学校に通っています。 大学受験を希望するかどうかは関係ありません。 難関校だろうが非進学校だろうが高校生は高校生です。 高校生が自身の達成度を知りたいと思うのは(本人が実際にどう思っているかはさておいて)、決して不可思議なことではありません。 ましてや高校教師にしてみれば自分の教育の是非を知る直接的機会と言っても良いでしょうし、カイゼンのきっかけにもなるでしょう。 確かに難関校の生徒にとっては低偏差値校生徒との比較は意義を感じないでしょう。 ですが、経緯からもお判りのように進研模試の主役はどちらかといえば低偏差値校生徒です。 質問者さんの質問内容はそっくりそのまま真逆の立場からも言えることだということです。 ベネッセは元は福武書店と言います。 福武書店は岡山県で創業されました。 高度成長期に全国に大学が増え進学希望者も増え始めた時期のことです。 岡山県の新設校が名門校と学力比較をしたいと希望したことから、福武書店と岡山の高校教師が共同で模擬試験を行った関西模試というものが実施されました。 問題は高校教師が作成しました。 この関西模試を全国的に展開していったものが進研模試です。 つまり、元々高校との結びつきが強い模試ということです。 学校単位で進研模試を受ける経緯は上記の通りです。 A ベストアンサー 私の頃は代ゼミが9割5分でトップ5、河合が15~20位くらいだったとも思います。 駿台は9割でもトップ5に入れました。 記述であれば9割程度でも50位程度であれば十分入ることが出来ますよ。 偏差値は河合だとトップが80~84、駿台や代々木は75~78程度にとどまります。 一般模試は特別難しい問題は出ないので、普通に勉強してさえいれば上位にはいるのは特別困難なことではありません。 かといって東大・京大模試は8割とればトップになる 7割でも上位10位以内にはいることが出来ます のであまり参考になりませんが。 実際のセンターは古文最終問題を見落としてしまって-43点? 漢文の最後の問題が順不同なため 、結果的に93%前後でした。 上位常連に知り合いは何人かいましたが、91~96%で結構ばらつきはありました。 結論を言いますと、上位30であっても95%が余裕かと問われればそうでもないです。 90%であれば余裕と答えまいたが 受験生当時 A ベストアンサー 駿台は、受験者層としてはそこそこ良さそうですが、さて出題傾向がどうなのか。 3年になったら切って良いと思います。 河合の記述とマークが軸でしょう。 東工大に比べれば、河合記述は易しいですがね。 で、進研で偏差値60超えてこないというのは、教科書レベルの基礎が身についてない、という意味です。 しっかりやり直し、最低でも二年の終わりには、習った範囲のことを入試標準レベルまできちんと身に付けて下さい。 おそらく相当キツイと思います。 現代文は、古~~~いセンター試験の過去問を解いてみてください。 現代文だけで良いです。 これで安定して8割超えてこないようなら、基礎学力は0という意味です。 その場合は、出口の好きになる現代文などで、文章の読み方や解法をしっかり身につけてください。 古漢は、学校の予復習をきちんとやれば、センターレベルのことは身につくはずです。 下手すればおつりが来すぎるでしょう。 念のため。 模試によって受験者層が大きく違います。 偏差値50というのは、平均、という意味です。 受験者層が違うのだから、平均の意味も変わります。 偏差値という、平均からどれだけ離れているか、という指標も、勿論意味が変わります。 河合で偏差値65なのと、進研で偏差値65なのとでは、大きく意味が変わります。 必ず自分が受けた模試のランク表を見るようにして下さい。 進研は、あなたの現状学力に対しては、良い模試だろうと思います。 基礎的な良問が揃っています。 簡単だ簡単だスラスラ解ける、となって下さい。 河合は、入試標準レベルかやや上のオーソドックスな問題が多いでしょう。 でも東工大の理数の出題難易度には届きません。 駿台は、高一高二模試がどうかは知りませんが、基本的に東大を目指す予備校で、東大っぽい出題傾向の問題が多いように思いました。 過去形 難しい方の記述模試の話 出題難易度自体は、英語以外は東工大に近いのでは、と思います。 やや易しいか。 センター系の模試で定評があるのは河合でしょう。 おそらく進研も悪くないのでしょう。 ただ、どこも傾向を正確に掴んでませんので、出題傾向や感触ををそれらで掴むのは危険だとは言えます。 駿台は、受験者層としてはそこそこ良さそうですが、さて出題傾向がどうなのか。 3年になったら切って良いと思います。 河合の記述とマークが軸でしょう。 東工大に比べれば、河合記述は易しいですがね。 で、進研で偏差値60超えてこないというのは、教科書レベルの基礎が身についてない、という意味です。 しっかりやり直し、最低でも二年の終わりには、習った範囲のことを入試標準レベルまできちんと身に付けて下さい。 おそらく相当キツイと思います。 現代文は、古~~~いセンター試験の過去問を解いてみてく... A ベストアンサー 模試の対策をする必要はありません。 普段の勉強の成果を確認するための物ですから。 対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。 適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。 しかし模試は模試。 最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。 書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。 それも判らなければ、基礎的な薄い物をやってみて、その感触で量るのが良いでしょう。 また、色々な教材を良く眺めてみるいうのも良い勉強です。 根性決めて書店に「通って」ください。 進研の模試もそうですが、教材には相性やレベルがあります。 進研の問題は確かに基礎的な良問であるような気はしますが、だからと言って、あなたがそれで勉強できるかどうかは判りません。 もっと基礎が抜けているのかも知れないし、そんな問題では簡単すぎるのかも知れません。 それはどの教材であってもそうです。 基礎ができていないのなら基礎、入試標準レベルのところでつっかえているのならそれ、と今自分が何をすべきか、で決めて、それをさっさと終えてください。 最後までそれだけでやり通そうとするから基礎から応用まで、なんて事を言うんです。 そもそも化物に至っては、教科書をきちんと読んでいるのか。 理解できるよう読んでいるのか。 なんて事が第一です。 その上で参考書、です。 物理は、一読しただけではさっぱり判らなくて当然です。 何度も教科書や参考書を読み、基礎問題を解き、解らなくなってまた教科書参考書に戻る、の繰り返しです。 しつこくしつこく。 天才を除けば根負けするかどうかの科目だと思っています。 単語帳は相性次第です。 前書きからしっかり立ち読みし、相性が良さそうな物を選んでください。 当面センターレベルで良いので、さっさと終わらせることです。 現代文は、出口、田村、板野、河合の入試現代文へのアクセス、辺りを。 これも前書きからしっかり読んで、やり方を把握したり指示に従ったりしましょう。 古典は知りません。 理系なら、二次私大でで国語を使うのかどうかでどこまでやるかが変わると思います。 あなたなら、伊藤さんの「ビジュアル英文解釈」ができると思います。 最初は易しいですが、最後までやり通したり、その後の「英文解釈教室」まで行けば大した物だと思います。 模試の対策をする必要はありません。 普段の勉強の成果を確認するための物ですから。 対策の結果、実力以上の点が出てしまえば、かえって実力が見えなくなります。 適切なレベルの物で勉強したい、というのは伝わります。 しかし模試は模試。 最適な教材になるとは思えませんし、なるようなら進研がとっくに発売していますし、進研ゼミなどとっくにやめているでしょう。 書店に行っても教材が多すぎると言いますが、自分の学力が把握できればおそらくそれでかなり絞れるはずです。 それも判らなければ... A ベストアンサー 初回答です。 この質問に回答には答えられそうなので登録させていただきました。 すこしもめているようですね・・・ 確かにこの質問だけですと分かりにくいですね・・・ しかし補足をよんでわかりました。 35 よって今回でいえば232点取れば偏差値75をとることができるというわけです。 逆に計算すると、300満点をとると偏差値90いくことになります。 驚 ちなみに数学、国語、英語の今年1月の基準偏差はそれぞれ、19. 8、14. 0、17. 3で数英、国英、の基準偏差は、34. 0、28. 6ですので同様にして求められます。 wikipedia. この質問に回答には答えられそうなので登録させていただきました。 すこしもめているようですね・・・ 確かにこの質問だけですと分かりにくいですね・・・ しかし補足をよんでわかりました。 A ベストアンサー 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。 日本史Aは、単位数が2単位など。 単位の少ない時間で取り扱う科目です。 教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。 日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。 また、日本史Bでは、古代史からスタートするので日本史Aの教科書より内容的に若干難しい内容も取り扱います。 したがって、単位数の違いにより、日本史Aと日本史Bの教科書を使い分けていることです。 主に、日本史Aは、職業科の学校で使われています。 農業高校・商業高校・工業高校など普通科以外の学校で日本史Aの教科書を採択しているケースが多いです。 普通科の高校でも日本史Aで近現代をやって、日本史Bで古代から江戸まで勉強して、受験するときは日本史Bで受験するというケースも見られます。 つまり、日本史Aでは、教科書の構成上、近現代史がメインになりますが、日本史Bでは、古代史からスタートして現代史まで扱うという幅広内容になるということになります。 そういうことから、日本史Aで勉強したいようで、勉強していないところ古代史~江戸時代の内容に関しては自力で勉強することが求められます。 リクルートの進学サイトのURLを載せておくので受験科目の選択に参考にして見てください。 shingakunet. cgi 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。 日本史Aは、単位数が2単位など。 単位の少ない時間で取り扱う科目です。 教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。 日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。 また、日本史Bでは、古... 理学部はひとくくりにできませんよ。 物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。 2で示した集計表のとおりです。 細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。 ここまでいろいろ書きましたが、どちらかというと、momomoredさんには 2の集計表とにらめっこしてほしくありません。 u-tokyo. html や、 2の進学振り分けの資料の中の各学部の紹介とか、あるいは、各学部のホームページ(学部ごとにホームページをもっています)を見て、できれば研究室のホームページまでチェックして、具体的に何がやりたいか、そしてそれをやるためには東京大学のあの研究室で学びたいんだ、ということをしっかりと意識することのほうが大切だと思います(それがなかなかできないわけですが…ハイ)。 あくまで 2の集計表とかは参考までにね。 2で書いたように、入ってから行きたくても行けない学部・学科なんてものはほとんどないですから(文転もありですよ)。 目標高く勉強のほうがんばってください。 理学部はひとくくりにできませんよ。 物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。 2で示した集計表のとおりです。 細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。 大まかなことを言えば、 2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、 理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部 理科二類 農学部・理学部・薬学部・... Q 中3の受験生で今年この高校を志望しているものです。 この高校は岡山県立5校 朝日,操山,大安寺,芳泉,一宮 の中ではここ数年圧倒的な合格実績を誇っています。 その反面『岡山県下の各中学校から優秀な生徒が集まり、ハイスピードの授業に必死に喰らい付く。 その結果、高3までにかなりの脱落者が出て、国公立大学に進学できるのは半分未満』と聞き、大変不安を抱いています。 もちろん学校に問い合わせてみても 実際は軽くほのめかした程度 『まじめにやれば大丈夫』としか答えてくれません。 実際のところはどうなんでしょうか? 経験談、こういう人は向かない等、少しでも意見をもらえたら幸いです。 また、自分はある事情により内申が低いです。 岡山県立5校を受験するのは失礼なくらい低いです^^; そして、朝日高校を受験する生徒は県下の中学校で 上位数名だというのも周知の事実です。 さらに、朝日高校を受験する生徒は理科や社会をカモ(合格者平均が85点超)としています。 こちらも当然、満点を狙うつもりで臨みますが、 理科と社会の点数が均衡状態になった時、 当然差が開くのは独自入試科目である英・数・国です。 独自入試でハイレベルな内容であるため、ツボにはまればスラスラ解け、戸惑ってしまえば一向に解けなくなり・・撃沈。 合格出来るか否かについて、かなりギャンブル的な要素が強いと思うのですが・・・ そんな中、内申の低い自分が勝負して果たして勝ち目はあるのでしょうか? 長文,駄文で申し訳ありませんが、どうか宜しくお願いします。 中3の受験生で今年この高校を志望しているものです。 この高校は岡山県立5校 朝日,操山,大安寺,芳泉,一宮 の中ではここ数年圧倒的な合格実績を誇っています。 その反面『岡山県下の各中学校から優秀な生徒が集まり、ハイスピードの授業に必死に喰らい付く。 その結果、高3までにかなりの脱落者が出て、国公立大学に進学できるのは半分未満』と聞き、大変不安を抱いています。 もちろん学校に問い合わせてみても 実際は軽くほのめかした程度 『まじめにやれば大丈夫』としか答えてくれません。 実際の... makuyama. html 岡山はそんなに人口が多くありません。 交通機関も今一つで遠距離通学の便が良いとは思えないのですが如何でしょう? 仮に高校を偏差値順に並べて、生徒を偏差値順に割り振ったとすると 実際それに近い 、人口が少ないほど一つの高校内の生徒の実力差は大きくなります。 もし岡山市内に100校あれば、上から1%ずつ入っていきますが、10校しかなければ10%ずつ入ります。 校内の上位と下位の差が人口によって変わるのです。 偏差値表を見ても、偏差値60ってのは低過ぎなんです。 おそらく、60~68 ひょっとすると70超 の生徒が入ってきているという意味で、やはり上位と下位との実力差は相当ありそうです。 これで、もし全員同じようなハイペースの授業を受けたら、当然下位グループは脱落するでしょうね。 偏差値60にハイペース授業は無理がありますから。 更に、そもそもハイペースの授業は脱落する物です。 ただし、入試までに時間があるので復習できるんです。 例えば2年終了時に高校の全課程を終えるような場合、これは、高校内で一浪しているのと同じなんです。 それで合格率を上げているんです。 復習ってのは偉大なんです。 内申点がいくら見込めるのか判らないし。 内申点と本番の点の合計点のボーダーラインが判りませんかね? ボーダーラインからあなたの内申点を引いたのが本番で取るべき点でしょう。 もし、ハイレベルな独自入試でなければ、トップ公立ならこの時点で本番で満点以上取らなければならない事態 つまり計算上は不合格 は十分に考えられます。 幸か不幸かハイレベルでボーダーが下がるのでどうなのか。 ま、とにかくまずは点数計算です。 それと、本番一発勝負というのなら、当然実力テストや模擬試験や、特にハイレベル用の模擬試験で良い成績を取っていなくてはならないでしょう。 また、どういう問題が出るのか知りませんが、自分で対策を取っていたり、必要なら塾に行くなりしなくてはなりませんが、その辺りはどうなのでしょうか? なお、本番一発で受かりそうな実力がある 偏差値70超とか なら、ハイペース授業も実力的には恐るるに足らず、だと思います。 基本的に田舎の公立入試にギャンブル性はないでしょう。 朝日の上が大きく空いているのにすぐ下に城東操山と続くのは、60近辺の者は通常ギャンブルを避けていることを意味すると思います。 都会で5~6%なのか6%~7%なのかという試験ならギャンブル生が高いですが、岡山ならおそらく0~5%なのか5~10%なのか、という事になりますので、無茶をしなければ落ちることはないという試験になっているはずです。 仮にそれでもギャンブルに走る場合、滑り止めはどうするのか、という問題があります。 適当な滑り止めがあり、基本的にはそこに行くことにするのならギャンブルもありかと思いますが、さて。 大雑把に言えば、大阪大学より上の私立はありません。 ですから、通常なら大阪大学には行ける、というような進学校なら国立の比率が高いかも知れません。 阪大の次にそろそろ早慶が挙がってきますので、三流国立より一流私立、四流国立より二流私立、となっておかしくはありません。 それに阪大なら受かったはずだが東大を受けて滑って早稲田に行ったという人もいるでしょうから、まぁ順当な結果だと思います。 それに、繰り返しますが校内レベル差が大きそうです。 中学で偏差値60なら、順当なら良い国立は無理で、田舎の国立か、中堅~下位私立でしょう。 中学の偏差値以上に本人の努力次第ですけどね。 もっと言うと、国立大学進学率を上げるには、早慶に行ける奴をもっと易しい岡山大学に送り込めば良いわけです。 阪大なら滑るかも知れない奴を広大に送り込めば良いのです。 ナンセンスなデータなのですよ。 内申は無理だけど、と言っている人の気にするデータではないのです。 makuyama. html 岡山はそんなに人口が多くありません。 交通機関も今一つで遠距離通学の便が良いとは思えないのですが如何でしょう? 仮に高校を偏差値順に並べて、生徒を偏差値順に割り振ったとすると 実際それに近い 、人口が少ないほど一つの高校内の生徒の実力差は大きくなります。 もし岡山市内に100校あれば、上から1%ずつ入っていきますが、10校しかなければ10%ずつ入ります。 校内の上位と下位の差が人口によって変わるのです。 偏差値表を見ても、偏差値60ってのは...

次の

偏差値(名進研、日能研)と志望校判定の見方 愛知、岐阜、三重県の中学受験情報

進 研 模試 結果 見方

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験生の時はその結果に喜ぶか、落ち込むかしかなかったのですが、 予備校講師として長い間指導を続けたからこそ「模試の判定をどう受け止めるべきか」「模試の判定の信憑性はどれくらいあるのか」が分かるようになりました。 これからお伝えする内容は受験生のみなさんにとってとても大切です。 滑り止めとして設定することも可能。 いわゆる実力相応校で、志望校として設定するライン。 やや実力的には劣っているが、合格の可能性は十分にある。 私立大学であれば複数の学部を受験して、合格率を上げたい。 かなり厳しい状況。 チャレンジ校として設定する位置。 今の時点では合格できると言える要素が見えない状態。 「記念受験」と呼ばれてしまうライン。 河合塾や駿台、代ゼミ、東進など模試によって判定の基準は少し変わります。 とはいえ上記の表が大まかな基準となりますし、こんな感じだと考えてもらってOKです。 には 河合塾では「合格者」と「不合格者」の前年受験した模試を調査し、「偏差値2. 5ごと」に区切って、それぞれが何人いるかを調査しています。 例えば偏差値「62. 5~64. 9」の成績のうち、合格者が何人で不合格者が何人か…次の「65. 0~67. 4」ではそれぞれ何人か…というように、合格者・不合格者のそれぞれを「偏差値2. 5ごと」に検証するわけです。 と記載されています。 つまり前年度の河合塾模試の受験生のデータをもとに、 偏差値がどれくらいの人が各大学・学部にどれくらいの確率で合格できたかを算出しているということです。 偏差値でしか算出することはできませんが、偏差値と合格率はやはり比例しますし、これまでの長い歴史で膨大な受験生のデータを集計している予備校が出す数字ですから、信憑性は高いといえるでしょう。 模試の結果はとても貴重 模試の結果は「参考程度にする」と考えている受験生も、結構多いと思います。 しかし模試の結果は現時点での自分の実力を客観的に見れる、とても貴重なデータです。 「試験本番と問題が違う」、「これから伸びるから関係ない」と考える人もいるかもしれませんが、条件は全ての受験生が同じ。 誰もが試験本番と違う問題を解き、これからも成績が伸びる可能性を秘めています。 自分の想定よりも成績が悪ければ、その結果をきちんと受け止めて、対策を考えていかなければいけません。 E判定でもなんとかなると聞いたんですが、けっこう厳しいんですね・・・。 模試でE判定やD判定でも、志望校に合格できるなんて言う話もありますが、その可能性は低いです。 E判定で合格している受験生なんて、本当に一握り。 「模試でE判定やD判定でも関係ない」という言葉は、判定が良くなかった受験生に、何とか希望を持ってもらおうとする、なぐさめの言葉にすぎません。 模試の偏差値と国公立医学部の合格率の関係性 2010年度から2016年度まで、医学部受験ブログで公開されている全統マーク模試(センタープレ含む)の偏差値(5-7理系)と医学部合否のデータを集計し、偏差値帯ごとに国公立大学医学部の合格率を算出した。 引用元「 」 2020,05,12 このデータは国公立医学部の合格率と、模試の偏差値のデータを合わせたものです。 偏差値が高ければ高いほど、合格率が高くなっていることが分かるでしょう。 模試の判定というのは、基本的に偏差値で決まるので、模試の判定が良いほど合格率が上がるということも、間違いなさそうですね。 偏差値60~62. 4の間でみると、10人が不合格、1人が合格となっています。 おそらく国公立医学部を目指すとなると、この偏差値ではE判定かD判定でしょう。 たしかに「D判定やE判定でも、合格している受験生はいる」と言えます。 しかし合格率で言えば、ものすごく低いですよね。 こうしたごく一部の受験生が、D判定やE判定で合格しているからと言って、あなたがその判定で合格できるという事ではありません。 あくまで 悪い判定を取ってしまっても、合格率がゼロでないだけであって、合格できる可能性はとても低いんです。 ですから「D判定やE判定でも合格する人もいるから、大丈夫だー」なんていうのは、気休めに過ぎないんです。 私も現役の受験生の時は、の判定がE、日東駒専がたまにD判定という状況でした。 それでも「E判定でも現役生だし、後で伸びるでしょ!」と信じ込んでいました。 しかし結果はや日東駒専、12回の受験で全落ち。 現実はそんなに甘いものではないんです。 その現実を受け止めて気合を入れて、これまでの勉強法をイチから見直して本気で勉強に取り組みました。 必死にA判定との差を埋め続け、最終的には早稲田大学で連続でA判定を取れるまでに成長。 その結果、最終的に早稲田大学に合格することができました! A判定でも楽ちんで合格できるわけではなく、最後の最後まで過去問演習や弱点の補強を繰り返して、合格できたという形です。 A判定でも簡単に合格できるわけではないのですから、E判定やD判定では状況がかなり苦しいのは事実です。 ですから実力を伸ばして模試で良い判定を取れるようにしていくことを、真剣に考えるようにしてください。 そうすれば志望校に合格できる確率も、グッと上がりますよ。 >> 模試でE・D判定なら志望校を変えた方が良い? E判定やD判定しか取れないんですが、もう志望校を変えた方が良いでしょうか・・・。 模試の判定が悪いと、志望校を変えた方が良いと親や先生から言われることもあるでしょう。 私立大学と国公立大学では受験する科目数も対策も大きく変わるので、ここの決断は早くしておかなければいけません。 国公立大学は教科数が多く、勉強する範囲も広く、私大の対策とは異なりますからね。 国公立大学を志望しているのに、判定が悪くて数多くの教科を対策している余裕が無ければ、私立大学にシフトするのも1つの手です。 志望校を変えなくて良いケース 一方で 私立にするか国公立にするかはもう確定しているという場合は、志望校を変える必要は無いと思います。 というのも志望校を落としたからといって、勉強の進め方はほとんど変わらないからです。 例えば早稲田大学志望している受験生が、明治大学に志望校を落としても、勉強の進め方は同じです。 むしろ志望校を下げることによって、モチベーションも落ちてしまい、成績が伸び悩んでしまう可能性もあります。 私立と国公立の軸さえ決まっているのであれば、後は出願の締め切りが近づくまで必死に勉強してください。 出願の締め切りが近くなったら初めて、自分の実力を客観的に見て、どういった戦略で受験するかを考えましょう。 例えば思うように成績が伸びていない場合は、少し滑り止めのランクを下げ、偏差値が高い大学・学部の受験の回数を減らすと良いですね。 チャレンジ校として受験するだけでも、合格できる可能性はゼロではありません。 そして何より 「受けずに後悔する」と一生引きずってしまうこともあるので、志望校は受験することをおススメします。 >> 滑り止めで考えている大学もE・D判定の場合 滑り止めとする大学は、最低でもB判定は必要です。 絶対に浪人ができない状況であれば、A判定の大学を滑り止めとして受けなければいけません。 ですから滑り止めと考えている大学もE判定、D判定の場合は、まずはそこをA判定にすることを考えて勉強を進めていきましょう。 志望校ばかりを見て勉強を進めてしまいがちですが、基礎から一歩ずつ進んでいかないと、なかなか成績は上がりません。 私も現役の時は背伸びをしてMARCHの対策ばかりをして、結果は日東駒専に落ちて浪人という形になりました。 そこから基礎固めを徹底したからこそ、偏差値が70を超えるようになり、早稲田大学にも合格できたんです。 少しでも成績を伸ばそうと考えると背伸びをしてしまいがちですが、基礎から固めていくことを何よりも大切に考えて、勉強に取り組んでください。 >> 模試を受ける意味をもう一度、確認しよう 模試の判定もなかなか上がらないし、模試を受ける意味が分からなくなってきました。 受けなくても良いんでしょうか。 模試の偏差値や判定が上がらないと、模試を受けるのがしんどくなってしまうこともありますよね。 そこでもう一度「なぜ模試を受けるべきなのか」を確認しておきましょう。 模試を受ける目的は、大きく2つあります。 1つは 高いモチベーションを保ち続けるため。 もう1つは 過去問演習までのつなぎ役として活用するため。 ですがもし受験が1か月前まで迫ってきたら、必死に勉強しますよね。 模試を1~2ヶ月おきに受験することで、常に受験が迫ってきている感覚を持ちましょう。 「模試まであと1ヶ月だ、次の模試ではA判定を取るために頑張ろう!」と危機感を持てれば、モチベーションを保ち続けられます。 次の模試でA判定を取ってやろうと思うと、そのために全力で準備をするでしょう。 忘れかけている知識を復習したり、新しい知識を追加したり、問題演習をしたり。 この時に自分の成績が上がって、志望校合格に一歩近づくんです。 高いモチベーションで自分の成績を上げようと必死になれるというのが、模試を受ける大きな意味の1つ。 模試を入試本番だと思って、本気で準備して取り組まない限り、模試を受ける意味はないでしょう。 本番と同じ形式の問題を演習するので、 赤本の結果の方が模試の判定よりもはるかに正確に、自分の合格率が分かります。 そして本番と同じ形式の問題に慣れ、弱点を補強するといった、受験において最も大切な勉強の1つです。 赤本よりも先に模試で演習 しかし実力がついていないうちに志望校の過去問を解いても、ほとんど問題が解けないはずです。 そして力がつく前に過去問を解くと、受験の直前で解く際に答えを覚えてしまっていて、正しく過去問演習ができなくなってしまいます。 これは取り返しのつかない、 致命的な落とし穴になる可能性があります。 ですから問題に慣れて自分の実力を知り、弱点を補強するという作業を、最初は模試で進めてください。 模試は夏までは問題が易しく作られているため、全く歯が立たないという事はないでしょう。 模試でA判定を取ることを最初の目標にして、徐々に過去問演習へと移っていってください。 筆者 復習をする際にミスした問題は 「なぜミスをしてしまったか」をしっかりと分析して、ノートにまとめてください。 ミスした問題を解きなおすだけでなく、これまでの勉強法のどこに問題があったかまで、考えることが大切です。 ミスをしてしまったということは、これまでの勉強に修正を加えて、新たな勉強の取り組み方が必要かもしれません。 例えば英単語のど忘れが原因で、ミスをしてしまった場合。 該当の英単語を覚えなおすだけでなく、「これまで暗記した英単語がうろ覚えになっていないか、もう一度復習する」ことが大切です。 ミスそのものを修正するだけでなく、これまでの勉強の進め方を見直すことが、A判定に近づく大きな力になります。 関連記事 >> 模試でA判定を取りたければ、英語長文を攻略しよう 模試を一度でも受けたことがある受験生は体感したと思いますが、模試の英語の偏差値は英語長文の出来に大きく左右されます。 英語長文はできる受験生は8割以上を得点して、できない受験生は2割以下になってしまう事もあります。 なぜなら英語長文が読めなければ、それに関連する設問はほとんど解けないので、下手すると全てミスしてしまう事もあるからです。 ですから 模試でA判定を取りたければ、英語長文で得点を稼いで他の受験生と大きく差をつけるのがカギ。 今まで以上に英語長文の勉強に力を入れて、明日から勉強してみてくださいね。 私が偏差値40から70に伸ばすまでに実践した、英語長文のトレーニング方法を知りたい方は、下のリンクをご覧ください。 >> 模試でA・B判定が取れるようになったら 僕にとっては少し先の話になりますが、模試でA判定やB判定が取れるようになったら、そこからどうすれば良いでしょうか? 模試の偏差値や判定が良ければ、その結果は喜んで良いですし、自信にしてください。 私も浪人の時はA判定の模試の結果を机において、モチベーションをあげていました笑 しかし どんなに模試の判定が良くても、過去問で合格点を取れないと、本番で合格できる確率は低いです。 基礎が固まった状態で易しめの模試を受けて、A判定が出たとします。 しかし早慶や難関国公立大学の難しい問題を解くと、歯が立たないというケースも珍しくありません。 模試で良い判定が出たら過去問に挑戦して、「何が必要か」を明確にし、もう1ランクステップアップしてください。 ・模試でA判定だったのに落ちました。 判定ってあてにならないんですね!!(怒) ・息子の判定がAだったのに落ちました。 信じられないのですが、何かあったのでしょうか。 ・早大プレでA判定、ランキングにも載ったけど落ちてしまった。 上記のような声は、インターネットで検索すれば山のように出てきます。 A判定で落ちるという状況は珍しくないんです。 A判定が取れるようになったら次は「志望校の過去問で安定的に合格点を取る」という目標へとシフトしてください。 これが大学受験において最強の状態であり、模試のA判定よりもずっと信頼度が高い指標になります。 私もA判定の時に過去問で合格点が取れなかった 私も模試でA判定が出た時に早稲田大学の過去問に挑戦しましたが、その時点ではまだ半分ほどの得点率。 少しずつ得点率が上がっていき、入試の1ヶ月ほど前には安定して合格点が取れるようになりました。 そのままの調子で早稲田大学に合格できたので、模試の判定だけを見ずに、過去問演習にも取り組んでいきましょう。 >> 過去問と戦えるようになったら 過去問と戦えるレベルまで達したら、過去問を模試と同じように復習してください。 問題を解いて弱点を知り、その弱点を補強してまた過去問にチャレンジします。 過去問を解く日を入試本番だと思って、本気で準備して取り組みましょう。 過去問は入試や模試と同じように時間を測り、1年分を通しで解いてください。 先ほどもお伝えした通り、過去問の方が模試よりもずっと本番に近い問題形式になります。 過去問と戦えるようになったら、模試は必ずしも受ける必要はありません。 この問題が解けたからと言って、早慶や東大京大といった、難関大学の問題が解けるかというとまた別の話。 こういった時に「A判定でも落ちる」という状況になりやすいです。 可能な限り志望校に特化した模試を受けるようにすると、模試の判定の信頼度も上がります。 というのも各大学・学部では難問も多く出題されるので、「どう頑張っても正解できない」問題も一定数含まれています。 そのためどんなに日本史が得意だからと言って、周りを圧倒するような点数を取るというのは、かなり難しくなります。 入試は各教科のバランスがとても大切になるので、1教科だけが得意な場合や、1つでもニガテ教科がある場合は、バランスを整えるようにしましょう。 ニガテ科目を持った状態で入試に挑むと、どんなに模試の判定が良くても、かなりの確率で落ちてしまいます。 合格しやすいパターンの受験生 合格しにくいパターンの受験生 平均の偏差値はどちらも60ほどであっても、下のパターンの受験生は不合格となる可能性がかなり高いです。 結論:判定に悲観しすぎず、現実はきちんと見る 私がここまでお話しした中で、一番伝えたかったことは 「模試でE判定やD判定を取ったときに、その現実から逃げてほしくない」ということです。 E判定やD判定だから志望校をあきらめる必要はありませんが、これまでの勉強法を大きく変えるなど、何か対処法を打たなければいけません。 模試の判定が悪い原因としっかりと向き合って、解決していくことがとても大切です。 受験勉強は、壁にぶつかることの連続です。 模試で思うような結果が出ないだけでなく、過去問で合格点が取れなかったり、知識が全然覚えられなかったり。 何か壁にぶつかるたびに、その壁を乗り越えていった受験生にだけ、最高の結果が待っています。 誰もが壁にぶつかっている 難関大学に合格した受験生は、誰もがスムーズに受験を乗り切っていったように見えてしまうかもしれません。 でも本当は、そんなことはないんです。 誰もが苦しみ、それでも壁を乗り越えていったからこそ、難関大学に合格できたんです。 それは私も同じでした。 壁を乗り越えられずに、挫折してしまった受験生は数知れず。 あなたはその一人になってしまって良いのでしょうか? E判定やD判定を取ったら、「次はA判定を絶対取ってやるんだ」と思ってください。 絶対に言い訳をせず、この壁を乗り越えてください。 そうすればあなたにも、志望校合格という結果がやってきますよ。

次の