ナランチャ 最後。 ナランチャの名場面・名シーン集一覧(ジョジョ5部・黄金の風)

ナランチャ・ギルガとは (ナランチャギルガとは) [単語記事]

ナランチャ 最後

Contents• ナランチャギルガのキャラクター ナランチャ・ギルガはイタリアのギャング・パッショーネの一員で、 ブチャラティのチームに所属する17歳の青年です。 基本プロフィールは以下になります。 本名:ナランチャ・ギルガ 生年月日:1983年5月20日 血液型:AB型 身長: 164cm 星座:おうし座 好きな音楽:トゥー・バック、スヌープ・ドギー・ドッグ 好きな食べ物:ピッツァ マルガリータにキノコをトッピングしたもの 、オレンジジュース 嫌いなもの:辛い食べ物、液体関係の音 ピチャピチャ、ズルズル等 ヒーロー:ブローノ・ブチャラティ 性格は 無邪気で明るく、愛嬌があります。 なので 親しみやすく、作中でも他のキャラクターとも仲良くなっています。 おそらくナランチャとミスタがいなければ、 他のキャラクターの性格上、チームは殺伐とした雰囲気になっており、 読者もなかなか読みづらかったんじゃないかなと思います。 そういう意味でいえば ムードメーカーであり、いい味を出すキャラクターです。 人よりも 仲間思いの人物でもあります。 これは小さい頃に母を亡くしたこと、父に愛されなかったこと、 親友に裏切られた経験をした過去が関係していると思われます。 上述の両親の事情もあり、元々仲間との繋がりを大切にする性格でした。 しかし親友の裏切りを経たことで、 ブチャラティ達のような本当の仲間と出会えたからこそ、 人よりも仲間思いなのでしょう。 そのためか、 人から感じたり、思ったりすることがいい意味で敏感です。 ブチャラティからトリッシュの事情を知らされた時には、 トリッシュの痛みは自分の痛みと発言したり、 ギャングになろうとして、それをブチャラティが激怒して断った時には、 親よりも真剣に叱ってくれたと感じ取っていました。 また勉強はできませんが、 戦闘における頭の回転は速く、とても頭がキレます。 ちなみにナランチャはイタリア語でオレンジを意味するようです。 スタンドの能力とその強さは? ナランチャのスタンドは エアロスミスです。 名前はアメリカのロックバンドAerosmithが由来のようです。 エアロスミスは 遠隔操作型のスタンドで、小型のプロペラ戦闘機です。 またナランチャの片目にはその攻撃をフォローするための、 追従レーダーがついています。 基本攻撃は左右の主翼の下に装備された 機銃と、 本体の下に装備された 爆弾です。 これらは非常に威力があるうえ、作中では弾切れせずに連撃していることから、 エアロスミスやナランチャが損傷を受けない限り、無限に撃てるのではないかと考えられます。 ホルマジオ戦では機銃は自動車の車体を貫通したり、 爆弾は通り一部を火で覆うほどの威力があります。 またレーダーは、二酸化炭素を発する対象が点や丸状になって写し出されます。 これにより 敵の場所を探知し、攻撃を仕掛けることができます。 遠隔から奇襲して攻撃できるので、使い勝手のいいスタンドですね。 ただし、レーダーには点や丸しか写らないので、 人や動物などの呼吸する生き物が多い場所では、敵のみを探知できないのが難点です。 この点は作中ではナランチャが機転をきかせて、上手く敵を見つけ出しているので、 致命的な弱点というわけではありません。 どちらかといえば、人型でないので接近戦で攻撃を防ぐ方法がないことが危険度は高いと思います。 まとめると、 小型で機動力があり、銃や爆弾に威力があり、レーダーである程度の探索が可能、と優れたスタンドです。 弱点は機転で回避しているので、強い部類だと思います。 その最終決戦では、ポルナレフのスタンド能力が暴走したことで、 その場にいた人達の魂が入れ替わり、彼はジョルノの体で活動しました。 しかし最後は、 ブチャラティの体に入った魂が誰なのかに皆の意識が向いている時に、 ディアボロがキング・クリムゾンを発動し、 鉄柵に串刺しにしたことで亡くなりました。 通常であればこの死は、戦闘の結果による偶然の出来事のように考えられます。 ところが物語の最後に挿入される前日譚で、 近い将来死が訪れる人の顔を石に写すスタンド、ローリング・ストーンに、 ナランチャの顔がアバッキオとブチャラティと共に映っていました。 つまり ナランチャの死は偶然ではなく、最初から死ぬ運命が決まっていたことなのでした。 まとめ ・無邪気で明るく、仲間思いの人物 ・エアロスミスは小型の戦闘機のスタンドで、機動力と威力を備えたスタンドである ・ディアボロによって亡くなったが、近い将来死ぬことが決まっていた 最後まで読んでいただいてありがとうございました! 関連記事 護衛チーム 暗殺チーム パッショーネ.

次の

【ジョジョ】ナランチャの最後が謎すぎる?結局どうなったの?

ナランチャ 最後

スポンサーリンク ナランチャの最期!キング・クリムゾンを使った攻撃方法をおさらい ディアボロは通常、スタンド能力「キング・クリムゾン」を使ってどのように邪魔者を消してきたのか? おさらいしてみることにしましょう。 ブチャラティの場合は、わざわざ背後に回って手刀で攻撃。 自分の能力がバレているポルナレフには、わざわざ自分の血をかけて彼の視界を奪う。 キング・クリムゾンを発動している最中は、相手に干渉できません。 なので、この間に敵に致命傷を与えることは不可能。 自分の血を相手に浴びせることは出来るため… 一旦自分の手から離れたものを、飛び道具のように当てるのは可能なのでしょう。 手元にナイフがあれば、実行していた可能性はあります。 スタンド自身が直接殴って攻撃する場合は… 「能力が解除されるタイミングを見越して、死角から攻撃する」という、不意打ちが常套手段だと思われます。 ナランチャが死亡した状況がありえない?生まれた疑問 ポルナレフやブチャラティは、キング・クリムゾンの拳によって直接致命傷を受けました。 一方、ナランチャが死亡した原因には謎が。 多分、以下の疑問が生まれたことと思います。 ・キング・クリムゾン発動中は他の物体に干渉できない。 なので、攻撃できないはず? ・鉄格子のある高所に運ぶことも出来ないはず? ・ナランチャの直接の死因は何?やっぱり鉄格子なの? キング・クリムゾン発動中は、相手に触れられないはず…? DIOのスタンド「ザ・ワールド」の場合だと、時が止まった世界はDIO(か承太郎)だけのもの。 動かない花京院に突きを食らわすことも、飛び上がった猫に裏拳をかますのも自由。 一方、ディアボロが「キング・クリムゾン」を発動した場合は… 彼らに直接触れることは出来ず、透けるようにすり抜けてしまいます。 サルディニア島では、この方法でナランチャのエアロスミスが撃った弾丸をすり抜けることに成功。 なので、本来ナランチャを攻撃することも無理なはずなのです。 自分の能力が支配した時間なのに、この間にディアボロが敵を攻撃するのは不可能。 出来ることは、相手の動きを観察することくらい。 ディアボロは、ナランチャの体をどうやって運んだのか? 攻撃することすら無理なのに、ナランチャを発見したのは高所にある鉄格子の所でした。 すり抜けて持ち上げられないはずなのに、どうやって彼をそこまで運んだり投げたりしたのでしょう? 「キング・クリムゾンの発動中に、鉄格子のある位置に運んだ」 …というのが、多くのファンの見解のようです。 能力が解除された瞬間、鉄格子の餌食になったということでしょうか? しかし、ここで疑問が生まれるのです。 「そもそもディアボロは、ナランチャをどうやって高い位置にある鉄格子の位置に運んだのか?」 「キング・クリムゾンのパワーなら、男一人持ち上げたり投げるなんて簡単でしょ…」 確かに腕力だけを考えれば、何一つ問題は無さそうです。 しかし、何度も言いますが… キング・クリムゾンが発動している最中は、「他の物体に干渉すること」が不可能になっています。 つまり、相手に触れることが一切出来ません。 ナランチャの死因はキンクリの拳?鉄格子? キング・クリムゾンの能力が解除された後… 仲間が確認したときには、すでに息を引き取っていたナランチャ。 過程の時間が飛ばされていて、具体的にどう襲われたのかが描かれていません。 時間を飛ばしている間に息を引き取ったとしても… ほんの10秒以内の出来事…ということになるのですが。 先ほど説明した通り、能力を発動している時間は敵に触れることが出来ないので。 この間に直接殴って攻撃することは、無理だったと思われます。 能力が解除された瞬間、キングクリムゾンの手で一瞬にしてころされたのでしょうか? しかし、ナランチャの体に拳を受けた痕は確認できません。 ということは…数本の鉄格子によって? 鉄格子がナランチャを貫通したのは、どの瞬間? 仮にナランチャの死因が鉄格子だとして… それは、どういった形だったのでしょう? 考えられるのは、キングクリムゾン発動中に鉄格子のある位置へ運んだ説。 解除後に鉄格子がナランチャを襲った…というものです。 この場合「能力発動中は、鉄格子はそこにあるのか?無いのか?」という疑問も、さらに生まれるのです。 なぜなら、他の場面では以下のような相反する現象が起きていたから。 ジョルノ戦においては、周りの景色が崩れ落ちて消失する演出がありました。 一方ブチャラティ戦では、柱のある位置にスティッキーフィンガーがジッパーをつけていました。 そして、もう一つの説は… 鉄格子数本が折れている描写があるので、力ずくで無理やり押し込んだ可能性。 だとすれば、なおさらあの短い時間で実行するのは困難な気も。 ナランチャの死因に関する疑問。 ジョジョファンがたどり着いた答えとは? あまりにも謎の多い、ナランチャの死亡場面。 これに対してジョジョファンが出した答えは… 「ナランチャに触れてから能力を発動して、鉄格子へ投げた」というものでした。 以下の点をはっきりと説明できる場面がないため、確信を得られないのが残念なのですが。

次の

ナランチャ・ギルガの6の事実!計算できず、フーゴとフォークでバトル!?

ナランチャ 最後

【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 ナランチャ・ギルガの概略 ナランチャ・ギルガは17歳。 まともな教育を受けておらず、決して頭のいいキャラではありません。 算数をフーゴに教えてもらっていても、全然。 道もなかなか覚えられず。 育ちがあまり良くないせいか、怒ったりするとすぐにナイフを振り回します。 そんなナランチャですが、みんなから愛されているのでしょう。 フーゴにきれられても、ミスタにいじられても楽しく人生を生きている感があります。 愛すべきキャラ ナランチャ・ギルガ 実は、勉強を教えてもらっているフーゴより年上のナランチャ。 でも彼はそんなこと気にしません。 チョコレートを取られたと勘違いしたときも、自分の口に入っていると気づいたときには、この笑顔なんです。 音楽を愛し、周りなんて御構い無しに音楽をかけたり、急に踊り始めたり、彼は本当に愛すべきキャラなんです。 悲しい過去とギャングへの加入 愛していた母親を亡くし、父親には全く愛されずにいた幼少期のナランチャ。 無実の罪で、友人に告発されてしまい刑務所へ。 目の病気を発症し、出所したものの、死の恐怖に怯えて浮浪していました。 そんなとき、見ず知らずの男、フーゴとブチャラティが彼を助けてくれます。 ナランチャは、ギャングに入りたいというのですが、ブチャラティに怒られてしまい、そんなことは許されませんでした。 しかし、その後、ブチャラティに内緒で入団試験を受け、「パッショーネ」へと入っていくのでした。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 ナランチャ・ギルガの組織への裏切り ブチャラティは、組織を裏切ることに決めました。 その決意をチームのみんなに伝えるブチャラティ。 ナランチャは、ブチャラティに憧れ組織に入ったこともあり、決意がなかなか固まりません。 ブチャラティに命令されたいナランチャ。 このときにブチャラティに命令されたなら、彼はすぐにブチャラティについて行ったでしょう。 そんなときブチャラティが言います。 「自分の歩く道は自分で決めるんだ」「だが忠告はしよう」「来るなナランチャ」「お前には向いていない」この言葉とともにボートは発進してしまいます。 しかしその後、ナランチャは自分の意思で決めるのです。 彼についていくと。 ブチャラティのことを尊敬しているナランチャならではの名シーンでした。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 ナランチャ・ギルガの死 ボスであるディアボロとの最終決戦の最中、ボルナレフのスタンドに矢を指したことが原因となりレクイエムが発動。 肉体と精神が入れ替わってしまい、ナランチャはジョルノの体に入ってしまいます。 ジョルノ(ナランチャの身体)、ミスタとトリシュ(体と精神は交互に入れ替わっている)と団体行動をしますが、ミスタの体に一緒に実は入っていたディアボロに暗殺されてしまいます。 驚くべきは、あんなに組織のために、ブチャラティのために頑張ってきたナランチャの死ぬシーンが全くないのです。 いきなり死体として出てきます。 太陽に吠えろを少し見習えよと思ってしまう、ナランチャ最後のシーンでした。 (身体はジョルノですが、死というものは魂により決定されるようです。 )ちなみに、ナランチャは最後の先頭に行く前に、この戦いが終わったらという死亡フラグは立っていたために、ファンの中ではある程度予想された事態ではありました。 【ジョジョの奇妙な冒険】黄金の風 5部 ナランチャ・ギルガ まとめ みんなに愛されていた、ナランチャ。 バカにされつつもおちょくられつつも、戦闘になると本作では数少ない脳筋キャラの一人として頑張ってくれていました。 最後の死亡シーンは全く何もなく残念ではありましたが、それでも本作を彩る素晴らしいキャラの一人で、私のお気に入りの一人でもありました!今回もご愛読いただきました皆さん、まことにありがとうございました!.

次の