ニワトリ スター 映画。 LiLiCoが乳首出しヌードでセックス『ニワトリ★スター』無料で動画をフル視聴する方法と配信情報

映画『ニワトリ☆スター』フル動画の無料視聴まとめ|井浦新/成田凌/紗羅マリー/阿部亮平/LiLiCo/津田寛治|映画自由館

ニワトリ スター 映画

同作の物語は、大麻の密売で生計を立てながら共同生活をしている草太と楽人の2人を軸に展開。 目標もなく生きてきた2人が巻き込まれていく「あいつら」の恐怖や、街の不良を操るヤクザの八田、DVの恐怖に怯える未婚の母の姿などが描かれる。 これまでに主人公である大麻の売人・草太役を井浦新が演じることが明らかになっていた。 監督は同作が初監督作となるかなた狼。 今回出演が発表されたのは、全身タトゥーに赤髪のモヒカン姿で過剰な性欲を抱えた楽人役を演じる成田凌、DVを受ける薬物中毒のシングルマザー役を演じる紗羅マリー。 さらにヤクザの組長役に津田寛治、草太の父親役に奥田瑛二、草太と楽人が暮らすアパートの管理人役にLiLiCoがキャスティングされている。 井浦は撮影を振り返り「かなた狼監督からの『今まで見せてきた井浦新を、1ミリでも見せたら許さんぞ』と言う言葉から始まりました」と明かしているほか、「自分にとっての大切なものってなんだろうなって、この映画を観た後にそう感じてもらえる、そんな映画になったのかなって思います」とコメント。 また成田は「体、時間、人間関係、感情、欲、全てをこの作品に持っていかれてしまいたい、捧げたいと思い、必要のないものは排除し、必要なものは求め、染み込ませ、受け入れ、生活にし、大阪という街に、人に、生かされた、2016年の夏でした」と語っているほか、ヒロイン役で映画初出演を果たした紗羅マリーは「私のファンでいて下さってる方々に、見たこともない私を、姿をみてもらえると思います」とのコメントを寄せている。 同作は2018年春に東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開。 また5月17日に開幕する『第70回カンヌ国際映画祭』のマーケットでプレミア上映される。 井浦新のコメント かなた狼監督からの「今まで見せてきた井浦新を、1ミリでも見せたら許さんぞ」と言う言葉から始まりました。 相手の演技を受けている時のちょっとした表情や、自分がついしてしまう生理的な芝居をとにかく捨てていくということ。 自分のやりやすいことをいかに出さないか、ということがずっと意識の裏側にあって。 そこへとても気を張っていました。 そもそも、あれもこれもと言うのは、正直、通用しない監督だろうというのがありました。 雨屋草太を演じるにあたっては、一点突破でいこうと。 草太は、監督である「かなた狼」、かなた狼である「田中雄一郎」(監督の本名)という一人の男が投影された役なので、ずっと自分の中には田中雄一郎という存在があって。 最初はそれをなぞっていく、拾っていく。 田中雄一郎という人間を自分なりに解釈していきながら、最終的にはなぞるという領域を飛び越えて自由になっていくということしか考えていませんでした。 その上では、自分がどうかと言う事よりも、田中雄一郎という人間をとにかく食っていこう。 食っていって食っていって、全部喰い散らかした後に、残りカスが出て来る。 その残りカスが出てきた頃に、自由になるんだと。 そうしていく内に、芝居をしているけれど、どんどんドキュメントになっていくという感覚が出てきて。 そういう意味でこの映画へのモチベーションは、監督である「田中雄一郎」と言う一人の男をとにかく喰らい尽くしてやろうという挑戦でもありました。 監督がやりたいことや撮りたい画、欲しい芝居を、つなぎたいようにつないで。 こんなに無茶苦茶に監督のやりたいことをやりきっている映画は、それに参加して完成した映画を観た自分でさえも、感想の整理がつきません。 ただただ、監督が本当にやりたいように作った映画という、物凄い熱量だけをすごく感じている。 何かを見失ってしまう日もあれば嬉しい日があって…、一日の内でもいろんなことが起きるけど、人生で本当に大切なことって、すごくシンプルなことだと思う。 これだけの映画を見せ付けられても、観た人にとって、本当にシンプルで大切なたった一つのことが見えてくるような、そのきっかけになるような映画になったらいいな、というのをすごく感じました。 自分にとっての大切なものってなんだろうなって、この映画を観た後にそう感じてもらえる、そんな映画になったのかなって思います。 正直、この映画は「こんな映画です!」ってまぁ言えないだろうな、って思います(笑)監督が原作である小説を書いている時から知っている者としたら、「あぁ、映画になったんだな」「遂に映画になっちゃったな」と言う感想です。 成田凌のコメント 体、時間、人間関係、感情、欲、全てをこの作品に持っていかれてしまいたい、捧げたいと思い、必要のないものは排除し、必要なものは求め、染み込ませ、受け入れ、生活にし、大阪という街に、人に、生かされた、2016年の夏でした。 未来のお孫さんに、自分は劇場で観たと、自慢してやってください。 紗羅マリーのコメント 何もかも、台本というものを開いた事も、自分以外の人間の名前を名乗る、ということも全てが初めての挑戦でした。 私のファンでいて下さってる方々に、見たこともない私を、姿をみてもらえると思います。 お話をいただき、やりたいです!と言った日から、決定もしていないのにダイエットを始めました(笑)。 撮影が始まってからは、全く何が正解なのかわからず、自分との戦いでしたが、監督も、俳優さんも、スタッフのみなさんもみーーーんな一緒に戦ってくれたので輝くことが出来たと思います。 愛というものは、自由自在に変化するものだと思います。 なので、私は愛と言う言葉があまり得意ではありません。 でも、この世の中で、変わらない愛がちゃんとあるんだという事。 生を受けてから死ぬまでの中に、必ず変わらない愛をプレゼントしてくれる人がいるから、見失わないように。 この映画をみて、いろんな愛を感じてください。 LiLiCoのコメント やるならとことんやる。 当たり前のことなのにそんな人が少なくなってる気がします。 でもそんな方がこの作品に集まりました。 それは監督の萌ぇ~に刺激されたのもあると思います。 監督には、衣装合わせで始めてお会いしましたが、「太もも見せられますか?お尻の線は?」と恐る恐る聞いてきたのが面白かった。 セックスシーンなのに、太ももやお尻の線を見せないでどう描く?と思いましたが、監督の可愛さにノックアウトされ、しばらく質問を聞いていました。 その瞬間にこの監督の言うことは全て聞いてみようと。 だってわたし、フルタイムで女優やってないのに、この役でわたしに声を掛けるということはそれなりにやってくれると信じているからですよね?それを叶えるのがプロの仕事だと思います。 井浦新さんに撮影中にちょっとしたドッキリを仕掛けたりというのも監督のアイデア。 指示しているなか、めっちゃわくわくしていたのも可愛かった。 成田くんとのシーンでカメラワークを確認している所でわたしはわかりやすく体勢の形を作りましたが、監督が勝手に成田くんの役をやって、カメラアングルを決めた瞬間にわたしのお尻を叩きました。 監督、あれはなんだったの?(笑) 個性的過ぎる役者が揃うと、ここまで熱くなります!映像もカッコいい。 映画で成田凌くんの童貞を奪えたのは一生の自慢!たまに成田くんがいまでも夢に出てきますよ(笑)。 津田寛治のコメント 骨太な作品で僕が挑んだ役は、爬虫類のようにガリガリに痩せたKICHIGAYヤクザ。 13kg減量して現場に臨んだのですが、監督の優しく熱い男気にかなり助けられました。 男達の契り、そして家族の絆が炸裂するニワトリスター!是非観てください! かなた狼監督のコメント 自身で書き上げた小説を監督し映像化するという事。 それを具現化させていく過程の全てが挑戦でした。 文字の世界観で思い描いていたキャラクターと、実在の役者が演じるキャラクター。 想定内外をも楽しみながら世界観を構築する事や、役者や制作スタッフとの可能な限り意思疎通や稽古。 製作GUM株式会社としての新たなる映画製作の模索。 実在する道草アパートメントという建物をセットとして扱い、身近なる才能を活用することなど、すべてが自分たちなりの試みでした。 手法がどうのではなく、感覚的に新たなる時代の邦画を作ってみたいとの思いでした。 強烈な違和感を感じながらも、ご鑑賞後に何か人間の想いやエネルギーのようなものを胸に残させて頂ければと思います。

次の

映画『ニワトリ☆スター』フル動画の無料視聴まとめ|井浦新/成田凌/紗羅マリー/阿部亮平/LiLiCo/津田寛治|映画自由館

ニワトリ スター 映画

映画データ 本作は2018年3月17日(土)公開で、全国2館での公開です。 今後順次公開されて、最終的には46館での公開となるようです。 東京では3月17日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷、4月20日(土)からイオンシネマ板橋、イオンシネマむさし村山での公開なんですが、よく行くヒューマントラストシネマ渋谷でも予告編は見たこと無く、ヤフー映画の公開カレンダーを眺めてて気になったので鑑賞してきました。 監督は かなた狼さん 2005年の玉木宏さん主演映画『殴者 NAGURIMONO』の原作と2008年の『ハブと拳骨』の原案を担当してます。 電子書籍サイト「文力ノベルス」に詳しいプロフィールがありました。 主演に 成田凌さん 近作は『(声の出演)』『』『』を観てます。 共演に 津田寛治さん 近作は『』『』『』『』『』を観てます。 他に共演と配役は以下の通りです。 アパート1階にあるバーでのアルバイトの傍ら。 草太の秘密。 それは大麻の半端な末端売人である事。 天真爛漫で自由気ままで破天荒な楽人。 これといった人生の目標もなく、大都会東京の底辺でだらだらと日々を過ごす二人。 それなりに楽しくも、互いの知らない心の葛藤や変化。 いつかは終わる日々。 そして様々な登場人物が織りなす群像。 シングルマザーとして幼き子ティダを育てる月海は覚せい剤の依存に苦しむ。 ギザギザアパートの奇妙な住人達。 本質的にはレズビアンの中年ホモカップルの菊と熊。 2人が経営するスナック菊熊にて色情愛憎劇に翻弄されるボーイの政。 虚言癖を持つ自称ラスタマンのタイ人ムッキーはヒモ生活。 アパートの管理人女性は淫乱で。 草太達がバイトするバーのオーナーはロックンロールをモットーに。 奇妙な世界がギザギザアパートに。 そして物語は破滅と再生へ。 街の不良を影で操り暴力団の新たなる形態を司る爬虫類型ヤクザ・八田と爬部井。 草太に大麻を卸す不良ラッパーJが禁断の扉を開けた…。 不穏な影が草太と楽人の運命を捻じ曲げる。 物語は宇宙ロケット旅行から裏社会。 下町のお好み焼屋からラブロマンス。 セクシャルの定義や血の繋がらない家族や兄弟という価値観。 エトセトラ。 人間の混沌が混ざりに混ざり。 絶望と希望。 (より引用) ネタバレ感想 作品の感じはウェブ限定の7分間のトレーラーがあるので、それを見た方が掴めると思います。 あらすじは、草太に大麻を卸してた半グレ不良ラッパーのJAYが、ヤクザの八田の名前を威光を武器にして調子に乗っていたため、サディストである八田を満足させる意味もあって、八田や八田の舎弟の爬部井たちに殺されると、JAYから大麻を買っていた草太たちが目を付けられます。 ヤクザの下働きをさせられそうなことにビビった草太は楽人との同居を解消し、お好み焼き屋をやっている実家の大阪に戻ります。 帰る当てのない楽人は同郷で沖縄時代の恋人の月海と、偶然、東京で再会し、シングルマザーでありながらヤクに溺れている月海を立ち直らせると、キャバ嬢をしてる月海の家に身を寄せます。 楽人は月海と月海の一人息子ティダを支えるため就職活動に励みますが、赤毛とタトゥーがネックになって就職できません。 赤毛をやめて黒髪に戻したものの職が見つからない楽人は、仕事を紹介してもらおうと八田の元を訪れます。 カタギの仕事を紹介してもらおうと思った楽人ですが、バイト的な感覚で合法ドラッグの仕事をやるよう説得され、八田の部下の川下の元で働き始めます。 川下の元で働き始めると、すぐに八田から寮といって高級マンションがあてがわれ、月海とティダと快適な暮らしを始めますが、それは長くは続きませんでした。 楽人は、川下との仕事が次第に深夜に及ぶようになると、ティダの面倒を見るため昼間に仕事がしたいと言います。 すると川下から、今の仕事を早く辞められるように、手っ取り早く稼げる副業をもちかけられ、そちらにも手を染めます。 川下から楽人の様子を聞きサディスト心に火が着いた八田が、爬部井と川下と共に楽人のマンションに向かうと新たな事実が分かります。 月海は爬部井の元情婦で、爬部井にヤク漬けにさせられていたのでした。 川下は日曜日で仕事が休みの楽人を、お茶をしようと言ってマンションの前に呼び出します。 楽人が月海とティダを部屋に残してマンションの下に降りると、目の前で惨劇が繰り広げられていました。 同じマンションに住む、神と名乗る男が日本刀で八田と爬部井を殺していました。 楽人は月海とティダを連れて沖縄に逃げます。 沖縄で暮らし始めた楽人でしたが、すぐに余命幾ばくもない病気が見つかると、入院生活を経て亡くなってしまいます。 楽人は生前、草太に誕生日プレゼントすると約束して、おもちゃのプラネタリウムを購入してましたが、神の男事件でバタバタして送れずにいました。 月海とティダが楽人の思いを胸に大阪に行き、草太と会いプレゼントを渡します。 プレゼントには楽人からの手紙が添えられていて、それを読んだ草太が涙して映画は終わります。 エンドロール後、大人になったティダはサッカー日本代表になっていてW杯で活躍、草太は楽人と語った夢を果たし宇宙飛行をして映画は終わります。 序盤はギザギザアパートのヘンな住人たちをダラダラと映します。 草太たちは滞納している家賃を管理人から迫られるんですが、楽人がSEXで篭絡し事なきを得ます。 LiLiCo姉さん演じる管理人と楽人とのファックシーンが描かれるんですが、ヌードへの敷居が低いLiLiCo姉さんがガンガン脱いでます(笑) その後も草太が睡眠中に見る夢を、独特のタッチで描いたアニメで見せるなど、いろんな分野の才能が集結して作ってるんだなぁと思います。 JAYが八田たちに殺されるのも、よく分からない理由なんですが、「耳を削いでそれを食らわすか」とか「体を徐々に切り刻んでそれを食らわして殺すか」みたいなことを八田が言うので、どれだけ酷いことをするのかな?と楽しみにしてたら、薬を大量に飲ませて寝袋に閉じ込めて「害虫駆除」とか言って殺すので、拍子抜けしちゃいました。 そしてJAYが殺されて、草太たちが八田と関わるようになると、物語のテンションが一気に普通になり、前半に登場したアニメ描写も無くなります。 なんか、この辺までのプロットは1984年の川島透監督の映画『チ・ン・ピ・ラ』に似てるかなぁと思ったんですよね。 本作は何の伏線も無く、いきなり鳥肌実先生が現れて殺戮を繰り広げるっていう(笑) 完全に楽人は、他力本願で助かるっていう雑な展開です。 楽人が草太への思いを語るシーン(あれ、ビデオメッセージみたいになってましたけど、手紙を書くより前で、ギザギザアパートにいる頃なので、いつ何故撮ったのかは謎です)など、全般的に成田凌さんの演技はよかったと思いますけど、2人の結びつきが何故あんなに強いのかはあんまり理解出来ませんでしたね。 2人で屋上で話してるシーンの脚本とか、よそよそしいじゃないですか(笑) 製作した人たちの熱い思いが詰まってるのは分かるんですが、学生映画のノリの域を出ない(それも大事なんですが)作品で、主演のお二人と要所要所に配される脇役(津田寛治さんと奥田瑛二さん)が有名だから何とかなってる気もします。 ただ自主製作で、最終的には全国50館弱での公開規模まで漕ぎ着けるエネルギーは凄いなと思います。 やりたいことを形にしたいっていう人には魅力的なんじゃないかと思います。 鑑賞データ ヒューマントラストシネマ渋谷 TCGメンバーズ ハッピーフライデー 1000円 2018年 50作品目 累計40800円 1作品単価816円 40代・男性・東京在住 高校生の頃からよく映画を見始め高校時代はテレビ・レンタルビデオ・映画館で合わせて1000本弱。 90年代はぴあシネマクラブを愛読してました。 評価点数、基本甘め。 何でも面白いと思うタイプです。 ここ数年、作品の質に関係なく、ヒットする作品とそうでない作品の差が開く一方だなと思うのと、洋画の興収10億円超えが減ってきてるのが気になってます。 Twitter でフォロー 最近のコメント• に eigamanzai より• に うど より• に 太郎 より• に ツインパワー より• に BMI... 減らしたい より 参考にしてる映画関連のサイト•

次の

ニワトリ★スター : 作品情報

ニワトリ スター 映画

アパート1階にあるバーでのアルバイトの傍ら、クスリを売ってる草太。 そして自由気ままに破天荒な楽人。 2人は、ダラダラとした生活を楽しんでいました。 そんな2人の周りには個性的すぎる人たちばかり。 ロックンロールなバーのオーナー。 シングルマザーとしてティダを育てる月海。 レズビアンと中年ホモの菊と熊。 2人が経営するスナック菊熊で働くボーイの政。 ヒモ生活を送るタイ人のムッキー。 不良ラッパーJ。 アパートの管理人。 気ままな生活を送っていた草太と楽人は突然、予測不能な事態に巻き込まれていきます。 裏社会の混沌とした中にある恐怖と絶望。 それなりに知っていたつもりでも、実際には知らなかった衝撃の事実。 2人の運命はどうなっていくのか…! といったようなストーリー内容になっているようですね。 映画「ニワトリスター」の見どころは2つ! 裏社会の人たちに目をつけられてしまった草太と楽人の結末と、楽人と月海の結末です~! ただでは済まないと思われますが、どうなってしまうのか、、、気になっちゃいますね。 じゃなきゃ、この作品をここまで応援してなかったかもしれない。 読まずに映画を観たら号泣で大変な事になる予感。 — Yukiko Yukikon82856110 原作で気に入ってた草太の揺れ動く感情の部分がしっかり映像化されてて、というよりそれ以上に新さんの演技でより人間らしく肉付けされてて良かったです。 成田くんも本当にこの経験が俳優にとって人間成田凌にとっても糧になったんだなと伝わってきました。 素敵な作品をありがとう。 地元ではニワトリスターの公開予定が 今のところ無いので凄く残念… 出典:Twitter このことから、 原作本には映画では描かれていなかった詳細な部分が描写されているようです! そして最初に原作本を読んでから映画を見る方が、より深く内容を理解できるのかなと感じられました。 映画を見る前に内容を知りたくない方は、あとから原作本を読んでみるのも良いかもしれませんね。 映画は原作本の内容をギュッとまとめた感じになっているのかな~と。

次の