体重 計 体 脂肪 率 仕組み。 体組成計の測定の仕組みとは?測定方法と精度の高い測定結果を得るための注意点も解説。

【体組成計】 体脂肪率・皮下脂肪率、内臓脂肪レベルとは?

体重 計 体 脂肪 率 仕組み

体脂肪率 体重のうち、「体脂肪の重さ」が占める割合のこと。 体脂肪は、体のどこについているかによって、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」などに分けられます。 体脂肪というと、何となく悪者のイメージがありますが、エネルギーを貯蔵したり、内臓を保護したりと、さまざまな役目を果たしているので、多すぎるのはもちろんですが、少なすぎるのもよくありません。 男性と女性では体脂肪のつき方が違うため、判定基準も異なります。 体脂肪率判定の目安 判定 男性 女性 低い 5. 0%~9. 9% 5. 0%~19. 9% 標準 10. 0%~19. 9% 20. 0%~29. 9% やや高い 20. 0%~24. 9% 30. 0%~34. 9% 高い 25. 0%~ 35. 内臓脂肪レベル 体脂肪のうち、内臓のまわりについている脂肪が「内臓脂肪」です。 内臓脂肪は、血中に脂肪を増やして脂質異常症を生じさせたり、インスリンの働きを邪魔して糖尿病の原因になるなど、生活習慣病と関係が深いことがわかっています。 「内臓脂肪レベル」は、その 内臓脂肪の面積の大小を、自社データに基づいてレベル化したもので、当社独自の推定式により算出しています。 5~9. 5) やや高い 10~14(10. 0~14. 5) 高い 15~30(15. 0~30. 括弧内は、0. 5レベル単位での表示の場合(表示単位は製品によって異なります)。 医学的診断については、医師にご相談ください。 基礎代謝 体温維持や呼吸など、 生命維持に必要なエネルギー消費のこと。 つまり、24時間じっとしていても、この基礎代謝に相当するエネルギーを消費します。 1日の総エネルギー消費のうち6~7割を占めるのが基礎代謝であるため、基礎代謝が増えると太りにくい体になります。 基礎代謝は、10代後半をピークに年々減っていきます。 年をとるとともに体の機能が低下していくためと考えられていますが、なかでも筋肉(骨格筋)の減少は大きな原因のひとつです。 筋肉は、体を動かしていないときも、1日中エネルギーを消費して熱を作り出しています。 つまり、筋肉量が減れば1日のエネルギー消費量も少なくなるのです。 基礎代謝が低下してからも、若いときと同様の食生活を続けていると、いわゆる中年太りになってしまいます。 骨格筋率 体重のうち「骨格筋の重さ」が占める割合のこと。 筋肉には、体を動かすための「骨格筋」、内臓を作っている「平滑筋」、心臓を作っている「心筋」があります。 このうち、運動などによって増やすことができるのは「骨格筋」だけ。 つまり、骨格筋は運動やダイエットの成果が出ているかどうかを判断する指標になります。 骨格筋を増やして基礎代謝がアップすれば、エネルギーを消費しやすい体質、つまり太りにくい体質になり、筋力も高まって活動的な生活を送ることができます。 骨格筋率判定の目安 判定 男性 女性 低い 5. 0%~32. 8% 5. 0%~25. 8% 標準 32. 9%~35. 7% 25. 9%~27. 9% やや高い 35. 8%~37. 3% 28. 0%~29. 0% 高い 37. 4%~60. 0% 29. 1%~60. BMI 「Body Mass Index(=体格指数)」の頭文字「B・M・I」をとったもので、体重と身長のバランスをチェックして肥満度を判定する国際的な基準です。 以下の計算式から求められます。 5未満 普通 18. もっとも理想的なBMIは「22」とされています。 つまり、BMIが「22」のときの体重が、肥満・やせを原因とする病気にかかりにくい理想体重というわけです。 BMIチェックはこちら.

次の

体重計で測る体脂肪率はあてにならないは本当!?

体重 計 体 脂肪 率 仕組み

>>体脂肪率が上がると電気抵抗は上がるの?下がるの? 体脂肪率が上がると電気抵抗は上がる 体脂肪計の表面に金属の箇所が有りますよね、その金属部分より、右足から左足(どっちがどっちかしりませんが)に電流を通し、その電気抵抗を計って脂肪率を測定してるのです。 さらに詳しく言うと、筋肉は脂肪よりも水分をはるかに多く含んでいるので筋肉量が多いほど電気が流れやすいという性質を利用しています。 そこで電気抵抗ということは距離が短い方が抵抗が少ないし、太さも大きい方が抵抗が少なくなります。 電気抵抗を測定するためには距離、太さが必要になります。 測定する前に身長や体重を入力しましたはずです。 それが距離と太さです。 一般的な体脂肪計は正確な体脂肪計であらかじめ測定した体脂肪率と、その人のインピーダンス、身長、性別、体重等が対になったデータを大量に保持していて、その中から、測定値、入力値をもとに体脂肪率を検索するという方法をとっています。 ということは、あまり正確ではないということになります。 一般的な体型であれば誤差の範囲内って事になるのでしょうか。 例えば、足で計らずに手で計ったら全然違う数値が出るはずです。 筋肉の多い男性の方が女性よりも体脂肪率が低いのは当たり前といえば当たり前なのです。 逆に言えば、身長の高いもやしの様な男性は意外と体脂肪率が高いのです。 (距離が長い、筋肉が無い、抵抗が多くなる).

次の

自分にとって理想的な体重や体脂肪率を知る方法

体重 計 体 脂肪 率 仕組み

体脂肪率の計算方法は? 体脂肪率とは、体重に対する体脂肪の割合で算出しています。 したがって、基本的には計算方法は以下になります。 本当に正確に測るなら、『水中体重秤量法』『空気置換法』などの、専門家が使うような専門的な測り方でなければ算出できません。 最も手軽に体脂肪率を計れるのは、市販で売っている 体組成計(体脂肪率も測れる体重計)ですが、その体組成計も実は正確とは言えないのです。 体組成計の体脂肪率の仕組み 体組成計の体脂肪率は、 『生体電気インピーダンス法』という方法を使って、体脂肪率を計っています。 生体電気インピーダンス法というのは、微量の電気を体に流して、体脂肪の抵抗値を計って、体脂肪率を導き出す方法です。 体脂肪というのは、電気を通さないので、• 抵抗値が高い・・・体脂肪が多い(筋肉量が少ない)• 抵抗値が低い・・・体脂肪が少ない(筋肉量が多い) というのがわかります。 一見、正確に測れそうな気がしますが、この測り方は体内の水分量等によってはかなり変わってきます。 例えば、トイレに行く前と後でも数値は変わりますし、お風呂に入る前と後でも数値が全く変わってくるのです。 つまり、体組成計で測る時間帯や自分の体調によっても、数値がかなりブレてくるんですね。 特に、安い体組成計だとかなりブレブレになって、僕もかなりイライラした経験があります(笑) 同じ日に測ったとしても、普通に体脂肪率が1%~2%くらいブレてきますからね。 体脂肪率を正確に測るには? ですので、体組成計を使って体脂肪率を正確に測るには、 必ず同じ時間帯に体脂肪率を計るようにしましょう。 そうすれば、だいたい体内の水分量や体調は同じくらいになりますので、毎日の変化がわかるようになります。 特に、毎朝排尿した後に測るのがおすすめ! 毎朝何も食べずに、尿を出した後であれば条件が毎日同じなので、体組成計では最も正確に体脂肪率の変化を把握することができます。 しかし、それでもどうしてもブレが出てきます。 そんな時におすすめなのが、 『キャリパー法』という体脂肪を計る方法です。 つまり、体脂肪率を計るというよりは、体脂肪の厚さを計る方法です。 以下のキャリパーの説明書のように、お腹の横当たりをつまんで厚さを計ります。 体脂肪の厚さは、水分量などはあまり関係ないので、キャリパー法であれば正確に測ることができます。 キャリパー法は、ボディビルダーの人などがよく使う方法で、実はボディビルダーは体脂肪率はあまり計っていません。 体組成計の体脂肪率が低くても、見た目の脂肪が絞れていないと意味がないので、しっかりと体脂肪を把握できるキャリパー法と使っているという感じですね。 もし体脂肪率の数値に振り回されたくないのであれば、キャリパー法もおすすめです。 ちなみに、体脂肪の厚さから、一応体脂肪率のだいたいの数値もわかります。 ただ・・・僕もキャリパー法を試しましたが、やっぱり数値の比較が欲しくなってしまうんですよね(笑) そこで、僕が試した中でおすすめの体組成計を紹介します。 おすすめの体組成計は? 僕が試した中で、最もおすすめな体組成計はタニタの『RD-907 インナースキャンデュアル』です。 他にも安い体組成計はありますが、そのほとんどが海外製でかなり数値がブレますし、イマイチ信用できないできないんですよね…。 4,000円くらいの体組成計を使っていた時は、体重が下がっているのに体脂肪率だけ上がるという謎の現象が起こり、かなりイライラしました(笑) そんな中、タニタは数少ない国内製の体組成計で、最も正確で使いやすかったです。 タニタの良いところは、以下のようにBluetoothでスマホにデータを簡単に遅れて、スマホで管理できること。 こんな感じで、グラフにもできるので、一目で自分の体重や体脂肪率を見ることができます。 タニタであっても、多少のブレはありますが、次の日に測ると適正であろう数値に戻ります。 もっと正確に測りたいならInbodyで測ろう さらに正確に測りたいのであれば、ジムなどにある 『Inbody』という機械で計るようにしましょう。 大きいフィットネスジムであれば、Inbodyが置いてあるので、スタッフにお願いして計ることができます。 フィットネスジムでなくても、スポーツ施設や病院などにも置いてありますよ。 僕が住んでる千葉では、そごう千葉店の『カラダステーション』にもInbodyが置いてありました。 体脂肪率は敏感になりすぎないようにしよう ダイエットをしていると、体脂肪率はモチベーションの1つになりますし、気になる気持ちは凄くわかります。 ですが、気にしすぎると逆にモチベーションが落ちるので、気にしすぎも良くありません。

次の