海洋文明とは。 海洋文明学科|海洋学部|東海大学

プレスリリース:CSHOR発足、ウィンウィンの海洋文明研究が始動(共同通信PRワイヤー)

海洋文明とは

アジアにおける世界的水準の研究拠点の構築を目指した 「東アジア 海文明 かいぶんめいの歴史と環境」 (日本側コーディネーター:鶴間和幸学習院大学文学部教授 2005年9月~2010年3月) のホームページです。 2日間で総勢29名の日中韓の研究者にそれぞれの専門分野からご報告いただきます。 プログラム等詳細につきましてはをご参照ください。 2009. 5 の情報を追加 2009. 5 の情報を追加 2008. 5 の情報を追加 2008. 9 の情報を追加 日本・中国大陸・朝鮮半島・台湾に囲まれた海域はそれぞれの国の立場から日本海や東シナ海、東海など様々な呼び名があります。 それは歴史的な経過の中で各々の国家によって設定されたものです。 しかし、中国の黄河や長江から発生した文明は、両大河の下流域の平原を経て、沿海部から海を伝って朝鮮半島さらには日本へと伝わりました。 さらに、その文明は相互の交流を通じて「東アジア海文明」とも言うべき高度な文明を築きあげたと言えるでしょう。 当研究交流課題ではヨーロッパ世界の地中海や北米大陸の五大湖にあたるような内海とも言える海域を「東アジア海」として設定し、そこで形成された「東アジア海文明」の特質と自然環境とのかかわりを考えたいと思います。 現在、東アジアは政治的に様々な問題を抱えてはいますが、それとは反対に経済的には一体化しようという東アジア共同体の動きもあります。 本研究交流は、各国の研究者が相互に往来し、過去の東アジア社会の追求から未来の共存のありかたを「共通の場」で考えてゆくという意味において国際的に重要かつ不可欠なプログラムと言えるでしょう。 まさに、これは未来の「東アジア海文明」を創造してゆく作業にほかなりません。

次の

東アジア海文明の歴史と環境 [トップページ]

海洋文明とは

アジアにおける世界的水準の研究拠点の構築を目指した 「東アジア 海文明 かいぶんめいの歴史と環境」 (日本側コーディネーター:鶴間和幸学習院大学文学部教授 2005年9月~2010年3月) のホームページです。 2日間で総勢29名の日中韓の研究者にそれぞれの専門分野からご報告いただきます。 プログラム等詳細につきましてはをご参照ください。 2009. 5 の情報を追加 2009. 5 の情報を追加 2008. 5 の情報を追加 2008. 9 の情報を追加 日本・中国大陸・朝鮮半島・台湾に囲まれた海域はそれぞれの国の立場から日本海や東シナ海、東海など様々な呼び名があります。 それは歴史的な経過の中で各々の国家によって設定されたものです。 しかし、中国の黄河や長江から発生した文明は、両大河の下流域の平原を経て、沿海部から海を伝って朝鮮半島さらには日本へと伝わりました。 さらに、その文明は相互の交流を通じて「東アジア海文明」とも言うべき高度な文明を築きあげたと言えるでしょう。 当研究交流課題ではヨーロッパ世界の地中海や北米大陸の五大湖にあたるような内海とも言える海域を「東アジア海」として設定し、そこで形成された「東アジア海文明」の特質と自然環境とのかかわりを考えたいと思います。 現在、東アジアは政治的に様々な問題を抱えてはいますが、それとは反対に経済的には一体化しようという東アジア共同体の動きもあります。 本研究交流は、各国の研究者が相互に往来し、過去の東アジア社会の追求から未来の共存のありかたを「共通の場」で考えてゆくという意味において国際的に重要かつ不可欠なプログラムと言えるでしょう。 まさに、これは未来の「東アジア海文明」を創造してゆく作業にほかなりません。

次の

東海大学海洋学部の情報(偏差値・口コミなど)

海洋文明とは

スポンサーリンク クレタ文明のエヴァンズによる発見とアカイア人の征服による滅亡 そうすると、まず、はじめに挙げた クレタ文明または ミノア文明と呼ばれる文明は エーゲ海の南部に位置する 地中海最大の島である クレタ島を中心に栄えた 海洋文明であり、 紀元前2000年頃~紀元前1400年頃にかけて全盛期を迎えていくことになり、 考古学の歴史においては、こうした クレタ文明と呼ばれる文明は、 イギリスの考古学者であった アーサー・エヴァンズによって 1900 年に発見されることになり、 エヴァンズによって発掘された クノッソス宮殿は、 ギリシア神話における クレタの伝説の王である ミノス王が 牛頭人身の怪物であった ミノタウロスを閉じ込めるために築かせたと語り伝えられていた 巨大な迷宮であったと考えられています。 そして、 こうした クレタ文明あるいは ミノア文明と呼ばれる海洋文明は、 地中海交易を通じて大きく発展していくことになり、 フレスコ画や 漆器や陶磁器などの 工芸品などの生産が行われたほか、 線文字Aや クレタ聖刻文字と呼ばれる 文字の使用も行われていくことになります。 そして、その後、クレタ文明は、 紀元前 1400 年頃になると、 ギリシアの ペロポネソス半島を中心に興隆した ミケーネ文明の担い手であった ギリシア人の一派である アカイア人たちによって征服されることによって滅亡してしまうことになるのです。 スポンサーリンク ミケーネ文明のシュリーマンによる発見とドーリア人の侵入による滅亡 それに対して、その次に挙げた ミケーネ 文明と呼ばれる文明は ギリシア本土において栄えていくことになった アカイア人と呼ばれる ギリシア人を担い手とする 最初の文明であったと考えられ、 紀元前 1600 年頃~紀元前1200年頃にかけて全盛期を迎えていくことになり、 考古学の歴史においては、こうした ミケーネ文明と呼ばれる文明は、 ドイツの考古学者であった ハインリヒ・シュリーマンによって 1876 年に発見されることになります。 そして、 こうした ミケーネ 文明と呼ばれる ギリシア本土における アカイア人たちによって築かれた文明においては、 ペロポネソス半島を中心に ミケーネや ティリンスといった 数多くの都市国家が建設されていくことになり、 エーゲ海における 先進文明であった ミノア文明との 海上貿易などを通じて 工芸技術や 芸術などの面でも大きく発展していくことになります。 具体的には、 ミケーネの町を守る城塞の門であったとされる 獅子の門や、トロイア戦争においてギリシア側の総大将をつとめた ギリシア神話の英雄である アガメムノンのものであるともかつては考えられていた 葬儀用の仮面である 黄金のマスクなどが残されているほか、 ミケーネ文明においては、前述した線文字Aと呼ばれる文字が簡略化され、文字体系が法則的に整備された 線文字Bと呼ばれる文字が 新たに開発されることによって、 古代ギリシア世界全体へと 文字文化が定着していくことになります。 そして、その後、ミケーネ文明は、 紀元前 1200 年頃になると、地中海に突如として現れた 民族系統不明の集団である 海の民による 都市の襲撃と破壊や、ギリシア北方の山岳地帯からギリシア本土へと移動してきた 別のギリシア人の一派である ドーリア人の侵入を相次いで受けることによって滅亡の時を迎えてしまうことになるのです。 トロイア文明のシュリーマンによる発見とトロイア戦争による滅亡 そして、最後に挙げた トロイア 文明と呼ばれる文明は 現在のトルコが位置する アナトリア北西部の エーゲ海沿岸に築かれた 古代都市トロイアを中心に栄えた文明であったと考えられ、 紀元前 2600 年頃~紀元前1200年頃にかけて断続的に栄えていくことになり、 考古学の歴史においては、こうした トロイア 文明と呼ばれる文明は、 ドイツの考古学者であった ハインリヒ・シュリーマンによって 1871 年に発見されることになります。 そして、 こうした トロイア 文明と呼ばれる 文明の中心地となった 古代都市トロイアは、黒海とエーゲ海を結ぶ ダーダネルス海峡を中心とする 海上交易を通じて 商業都市として大きく栄えていくことになり、 エーゲ海の島々や ギリシア本土とも交流を持つと同時に、 アナトリア半島において興隆した 古代帝国にあたる ヒッタイト帝国などの オリエントの文化からの影響も受けることによって、 強大な王権による 東方的な専制政治に基づく都市国家の統治を進めていくことになります。 そして、その後、トロイア文明は、 紀元前1200年頃になると、 トロイア戦争と呼ばれる ギリシア軍と トロイア軍との間で行われた戦いに敗れたことなどによって大きく衰退していくことになり、滅亡の時を迎えてしまうことになるのです。 ・・・ 次回記事: 前回記事: 「」のカテゴリーへ カテゴリー• 844• 641• 118• 184• 550• 152• 204• 333• 278• 593• 338• 153• 143• 310• 240• 125•

次の