巨人 ドラフト 1 位 拒否。 消えた天才

小林秀一の現在の職業は?結婚している?巨人を拒否した理由って?

巨人 ドラフト 1 位 拒否

小林秀一は巨人ドラフト一位! 小林秀一さんは熊本県天草郡矢野町出身。 小学生の頃から野球を始めて投手として 活躍しており、その後1967年に 八代第一高等学校へ入学。 八代第一高等学校は 現在の秀岳館高等学校の事で、野球やサッカー になぎなた弓道などスポーツの名門校としても 有名です。 先輩・後輩にも多くのプロ野球選手 がいてますね。 高校時代も投手として活躍しており、オーバー スローからアンダースローに投げ方を変更。 甲子園にこそ出場はしていないがその活躍が 大学野球のスカウトの目に留まり愛知学院大学へ 野球進学します。 日米大学野球選手権大会日本代表も経験し 即戦力の右投げアンダースローとして プロ入りを切望されていました。 1973年のプロ野球ドラフト会議にて 読売ジャイアンツから一位指名を受けるも これを辞退します。 確かにアンダースローって珍しいですよね。 いわゆる下から浮き上がるように見える 投げ方の為、打ちずらいのですが投げる事 自体むずかしく、あまり投げる人がいない 投げ方でもありますよね。 花の巨人軍のドラフト一位を蹴るのは 一体どういう理由だったのか? 小林秀一が巨人ドラフト一位を辞退した理由とは? 小林秀一さんは、当時、社会人として働くか プロ野球選手として活躍するか迷っていた そうです。 巨人との入団交渉の時に当時監督だった 川上監督に『熊谷組は本業の仕事があり その次に野球だが、うち(巨人)では 野球で君を欲しいと思っている』と伝えられました。 このセリフ、逆に巨人に入りたくなるセリフ ですよね。 しかし小林さんは違いました。 なんとこの話を聞いた時に巨人のドラフトを 断る決心が付いたんだそうです。 熊谷組とは東京に本社のある建設会社で 社会人野球チームを持ってましたが 1993年に廃部になっています。 巨人を選ばずに熊谷組を選んだ理由のひとつが 『野球を職業にしたわけではない』という事。 なかなかドラフト一位の口から出る言葉 ではない感じですがカッコいいですよね。 そしてもう一つ決定的な背景があったそうです。 小林秀一と柳川事件。 プロ野球とアマチュア野球の壁とは?ドラフト一位拒否の真相 もう一つの大きな理由がプロ野球とアマチュア野球 にある大きな壁でした。 憶測ではありますが、プロ後の生き方を考え 小林さんは指導者としての道も考えていた のではないかと思われます。 そうなると、プロ野球を経験すると、当時は 大きな問題があったのです。 いわゆる【柳川事件】 これはプロ野球界とアマチュア野球界の 仁義なき戦い(笑) 簡単に説明すると、プロ野球とアマチュア野球 間の契約の方法や取り決めがあるのですが それに関する問題。 具体的にはアマチュア野球のシーズン中は スカウトダメって事だったり、逆にプロ引退後 のアマチュア野球登録に関する事柄だったり したのです。 こういった協定は毎年更新しており 1960年に決まった協定では• プロ退団後は資格審査合格後の翌年秋の産業対抗大会終了後まで社会人野球チームに参加不可• 一チームあたり3人まで元プロを参加できる という内容の物だったそうです。 つまり、プロ退団後、結構長い時間 プータローになる可能性が高いのです。 これは選手の身分保障が十分に行われないと 判断したプロ球団側は退団翌年の夏の 都市対抗野球から登録可能になるように打診。 しかしこれを拒否したため、プロ野球側との 軋轢が生まれてしまいます。 こうした状況の中で、事件の名前になった 柳川福三外野手と中日ドラゴンズが契約。 これは先の協定にある産業対抗大会中の スカウトにあたります。 さらに、直後に高校野球界からも選手に 接触した事で、社会人野球界以外にも 学生野球協会とも仲が悪くなり、 結果としてプロ関係者がアマチュア野球の 指導者になる事が出来なくなってしまった のです。 この一連の事件の結果、小林さんは プロへ行く事を拒否。 現在はこの規定が 緩和されているのでもし現代の条件だったら 巨人へ行っていたともコメントしています。 小林秀一の現在は? プロへは進まず社会人野球の熊谷組へと 進んだ小林さんはその後8年にわたる 社会人野球での活躍の後に愛知大学にて 野球部監督として指導者として就任。 しかし脳梗塞で一度倒れてしまい、命に別状は なかったものの監督業は辞任。 愛知大学の准教授 として教壇にたっているそうです。

次の

もしあの選手がドラフト指名を拒否しなかったら

巨人 ドラフト 1 位 拒否

年 度 分 離 順 位 / 巡目 選手名 守備 位置 出身 試 合 打 数 安 打 打 率 登 板 投 球 回 防 御 率 引退年・移籍経過など 2019 1 堀田 賢慎 投手 青森山田高 2019 2 太田 龍 投手 JR東日本 2019 3 菊田 拡和 内野手 常総学院高 2019 4 井上 温大 投手 前橋商業高 2019 5 山瀬 慎之助 捕手 星稜高 2019 6 伊藤 海斗 外野手 酒田南高 2018 1 1高橋 優貴 投手 八戸学院大 2018 2 1増田 陸 内野手 明秀学園日立高 2018 3 1直江 大輔 投手 松商学園高 2018 4 1横川 凱 投手 大阪桐蔭高 2018 5 1松井 義弥 内野手 折尾愛真高 2018 6 1戸郷 翔征 投手 聖心ウルスラ学園高 2017 1 1鍬原 拓也 投手 中央大 2017 2 1岸田 行倫 捕手 大阪ガス 2017 3 1大城 卓三 捕手 NTT西日本 2017 4 1北村 拓己 内野手 亜細亜大 2017 5 1田中 俊太 内野手 日立製作所 2017 6 1若林 晃弘 内野手 JX-ENEOS 2017 7 1村上 海斗 外野手 奈良学園大 2017 8 1湯浅 大 内野手 健大高崎高 2016 1 1吉川 尚輝 内野手 中京学院大 2016 2 1畠 世周 投手 近畿大 2016 3 1谷岡 竜平 投手 東芝 2016 4 2池田 駿 投手 ヤマハ 62 0 0 62 63 3. 079 67 308 3. 000 1 3. 2 9. 190 2018 2012 4 2 投手 大阪ガス 15 0 0 15 14. 2 3. 308 2017[育成登録・2016-2017] 2011 1 投手 英明高 0 2015 2011 2 1今村 信貴 投手 太成学院大高 2011 3 2 投手 沖データコンピュータ教育学院 13 0 0 13 15. 1 4. 250 34 59. 1 4. 10 2017 2011 7 1田原 誠次 投手 三菱自動車倉敷オーシャンズ 2010 1 1澤村 拓一 投手 中央大 2010 2 1宮國 椋丞 投手 糸満高 2010 3 投手 大分工業高 0 [育成登録・2015-2016] 2010 4 投手 天理大 55 48 3. 063 55 213. 1 2. 286 2009 2 捕手 近畿大工業高専 2 1 0. 000 2017 2009 3 投手 JR東海 4 0 0 4 3. 2 7. 36 2012[育成登録・2012] 2009 4 捕手 鷺宮製作所 9 9 0. 200 23 59 4. 100 80 116 4. 50 2012[育成登録・2012] 2007 US 4 外野手 東海大 109 119 25. 210 2014 2007 H 1 内野手 熊本工業高 294 689 156. 226 2017 2007 H 3 2 外野手 宇治山田商業高 345 661 161. 085 81 227. 1 4. 2 0. 00 2011 2006 US 4 内野手 青山学院大 21 21 3. 143 2012[育成登録・2012] 2006 US 5 投手 四国IL・香川 0 2008 2006 US 6 内野手 JR東日本 670 818 178. 218 2018 2006 US 7 投手 中京大 1 0 0 1. 1 54. 00 2008 2006 H 1 1坂本 勇人 内野手 光星学院高 2006 H 3 内野手 東海大相模高 31 52 7. 135 2012 2006 H 4 捕手 鹿児島実業高 0 2012[育成登録・2010-2012] 2005 US 1SP希 望枠 投手 東北福祉大 151 46 3. 065 151 286 4. 15 2015 2005 US 3 投手 新日本石油 25 4 0. 000 25 35. 2 5. 125 240 242 3. 05 2014 2005 US 5 内野手 NTT西日本 636 1606 398. 1 8. 03 2010 2005 US 7 投手 中央大 37 1 1 1. 000 37 40. 2 2. 88 2009 2005 US 8 外野手 創価大 0 2008 2005 H 1 投手 大阪桐蔭高 0 2013 2005 H 3 投手 北照高 0 2008 2005 H 4 福井 優也 投手 済美高 2004 1SP自 由枠 投手 シダックス 114 29 3. 103 111 232. 1 4. 57 2015[育成登録・2014] 2004 1SP自 由枠 投手 八戸大 8 0 0 8 5. 2 11. 12 2008[育成登録・2008] 2004 4 1亀井 義行 外野手 中央大 2004 5 投手 一関一高 25 2 1. 500 25 29. 1 3. 38 2011[育成登録・2011] 2004 6 捕手 東北学院大 18 13 2. 087 115 531 3. 101 324 1969 3. 100 470 752. 1 3. 12 2018 2003 4 投手 徳島商業高 7 1 0. 000 7 12 4. 50 2006[育成登録・2006] 2003 5 内野手 東洋大 59 72 14. 00 2006 2002 1SP自 由枠 投手 亜細亜大 118 170 10. 059 114 564 3. 073 418 674. 1 3. 029 91 184. 2 4. 1 6. 00 2003 2001 5 投手 池田高 6 0 0 6 6. 1 4. 26 2006 *2004年から野手登録。 出場なし 2001 6 内野手 東北福祉大 18 7 2. 125 208 351. 2 3. 00 2004 2000 3 投手 東洋大 104 70 14. 200 52 60. 2 3. 105 245 1289 3. 000 2 1. 2 37. 067 55 89. 1 5. 111 111 125. 2 4. 58 2005 1999 6 内野手 大阪商業大 48 33 5. 152 2007 1999 7 内野手 法政大卒 55 46 12. 158 312 1583. 2 3. 216 2016 1998 4 投手 中央学院高 1 0 0 1 1 9. 00 2002 1998 5 投手 矢上高 38 2 1. 500 38 55 6. 244 2007 1997 3 投手 上宮高 53 74 14. 000 56 74. 2 4. 087 173 579. 1 3. 048 36 93. 2 5. 154 172 307 3. 200 2006 1995 1 捕手 東海大相模高 68 85 19. 1995 5 外野手 九州共立大 18 22 4. 126 174 435 4. 2 4. 57 1999 *1996-1997年は捕手登録・1軍登録なし 1994 3 投手 智弁学園高 168 185 40. 149 384 587. 1 3. 2 19. 304 2002 (2003-2012年MLB) 1992 2 投手 日本大 44 10 1. 100 44 82. 2 3. 38 1999 1992 3 投手 NTT四国 209 50 3. 060 207 354. 1 4. 11 2003 1992 4 投手 青山学院大 172 9 1. 111 172 186 4. 21 2004 1992 5 捕手 佐世保実業高 302 620 132. 213 2008 1991 1 投手 天理高 3 0 0 3 4 9. 100 47 77 6. 262 2005 1990 2 捕手 川崎製鉄水島 236 366 78. 043 45 114 4. 071 39 84 4. 133 134 187. 2 3. 263 2005 1987 3 投手 宮崎南高 0 1990 1987 4 内野手 三菱自動車水島 1 1 0. 000 1994 1987 5 投手 愛知学院大 7 0 0 5 5 3. 60 1991 1987 6 捕手 沼津学園高 272 523 110. 210 2000 1986 1 投手 日大明誠高 279 237 40. 169 263 877. 2 3. 263 1998 1985 1 投手 PL学園高 478 890 192. 216 442 2761. 2 3. 55 2006 (2007年MLB) 1985 2 投手 NTT中国 160 38 1. 026 156 273 2. 201 1999 1985 6 外野手 愛工大名電高 0 1991 1984 1 内野手 慶應義塾大 203 302 61. 202 1993 1984 2 内野手 三田学園高 4 5 1. 162 287 1198 3. 60 1997 1984 4 捕手 電電東北 97 118 30. 254 1994 1984 5 外野手 熊本工業高 289 443 112. 253 1998 1984 6 内野手 東海大相模高 48 27 3. 111 1993 1983 1 投手 池田高 277 145 26. 179 265 660 3. 10 1996 1983 2 投手 佐世保工業高 193 164 23. 140 166 645. 2 3. 000 10 18 5. 165 426 2375. 2 2. 77 2001 1982 2 投手 松下電器 46 7 1. 143 46 66 3. 38 1983年オフ入団 1987 1982 6 内野手 明徳高 1 1 0. 000 1989 1981 1 投手 大府高 497 812 87. 107 463 2485 3. 19 2001 1981 2 捕手 名古屋電気高 43 68 16. 235 1991 1981 3 内野手 PL学園高 1349 3253 964. 296 1998 1981 4 投手 富士重工 58 23 4. 174 58 128 4. 234 2001 1981 6 投手 早稲田大 224 164 34. 279 1995 1980 2 投手 桜井商業高 1188 3549 1027. 260 1996 1979 4 内野手 箕島高 0 1981 1978 不参加 1977 1 捕手 早稲田大 1262 3608 832. 231 1990 1977 2 投手 田辺高 0 1981 1977 3 曽田 康二 投手 日本通運 1977 4 投手 名古屋電気高 13 11 4. 118 74 214. 1 4. 000 4 7 3. 86 1983 1976 3 投手 三菱重工三原 517 118 20. 169 517 691 2. 278 1987 1976 6 捕手 電電北陸 83 100 21. 304 1994 1975 2 捕手 中京高 0 1980 1975 3 内野手 駒澤大 1248 4458 1294. 290 1989 1975 4 外野手 天理高 0 1978 1975 5 内野手 本田技研鈴鹿 746 1156 299. 149 215 872 3. 83 1985 1974 2 投手 大昭和製紙 北海道 22 2 0. 000 22 26. 1 5. 19 1978 1974 3 捕手 東京農業大 0 1978 1974 4 投手 協和醗酵防府 9 0 0 9 13 4. 211 1984*野手登録 1972 2 投手 伊香高 0 1975 1972 3 内野手 熊谷組 231 132 27. 205 1978 1972 4 外野手 三菱自動車川崎 342 322 74. 230 1981 1972 5 捕手 新日鉄光 122 176 41. 152 172 372. 1 3. 70 1977 (1981-1983・広島に復帰) 1972 8 樋江井 忠臣 投手 三協精機 1972 9 斎藤 啓治 投手 焼津水産高 1972 10 山本 昌樹 投手 松下電器 1971 1 投手 立教大 65 65 8. 123 65 240. 1 4. 131 206 873 3. 071 43 156. 2 3. 087 46 114 4. 223 1976 1969 3 外野手 中央大 272 314 65. 251 1986 1969 7 楠城 徹 捕手 小倉高 1969 8 柴崎 孝夫 投手 取手一高 1969 9 今久留主 邦明 捕手 博多工業高 1969 10 投手 長崎商業高 5 1 0. 000 5 7. 1 5. 14 1979 1969 11 鎌野 裕 投手 関東学院大 1969 12 今東 一 捕手 拓殖大一高 1969 13 捕手 市川高 0 1980 1969 14 百田 慎太郎 投手 有田工業高 1968 1 投手 武相高 24 13 1. 077 24 57. 1 5. 150 55 110. 1 2. 000 5 12. 1 5. 25 1972 1968 5 投手 熊本工業高 0 1974 1968 6 捕手 銚子商業高 58 70 17. 243 1982 1968 7 内野手 別府鶴見ヶ丘高 0 1970 1968 8 池島 和彦 投手 明治大 1968 9 内野手 日本新薬 10 1 0. 273 1980 1967 2 投手 三菱重工三原 92 49 7. 143 92 215 3. 077 147 567 2. 172 560 3045 3. 27 1983 1965 2 外野手 鎌倉学園高 23 22 6. 273 1969 1965 3 内野手 慶應義塾大 17 26 3. 000 3 10. 1 4. 50 1970 1965 7 西山 敏明 外野手 津山商業高 1965 8 深津 修司 内野手 中京高.

次の

小林秀一の現在の職業は?結婚している?巨人を拒否した理由って?

巨人 ドラフト 1 位 拒否

・福留孝介 PL学園で左の強打者としてプロの注目を集める。 95年ドラフトでは「巨人、中日以外は社会人野球にいく」と公言していた。 近鉄、巨人、中日、ヤクルト、日本ハム、ロッテ、オリックスが1位指名。 高校生の選手に7球団が1位指名で重複したのは初で高校の先輩・清原和博の6球団競合を上回った。 抽選で近鉄が交渉権を獲得したが、入団拒否して日本生命へ。 アトランタ五輪に出場して銀メダル獲得に貢献し、98年ドラフトで中日を逆指名して入団した。 ・新垣渚 沖縄水産で当時高校生最速の151キロを計測。 98年ドラフトでは「ホークス以外は進学」を表明していた。 オリックスとダイエーが1位指名で競合し、抽選でオリックスが交渉権を獲得したが、入団拒否して九州共立大に進学。 02年ドラフトでダイエーに自由獲得枠指名を受けて入団した。 ・内海哲也 敦賀気比で左腕エースとして活躍。 00年ドラフトでは複数球団の1位指名が予想されたが、祖父の内海五十雄が巨人の野手でプレーしていた影響で、ドラフト直前に巨人以外からの指名は拒否することを表明。 オリックスが1位指名したが入団拒否し、東京ガスへ入社。 03年ドラフトで巨人に自由獲得枠で入団した。 ・菅野智之 東海大で首都リーグ通算37勝をマーク。 11年ドラフトでは伯父の原辰徳が監督を務める巨人の単独指名が濃厚と噂されていたが、日本ハムも1位指名。 巨人と競合の末に抽選で日本ハムが交渉権を獲得したが入団拒否した。 東海大で野球浪人の道を選択し、翌12年ドラフトで巨人の単独1位指名を受けて入団した。

次の