イエスタデイ 歌詞。 【歌詞カタカナ】Yesterday

<歌詞和訳>Yesterday Once More

イエスタデイ 歌詞

注 そそぐ 太陽浴 たいようあびて 楽 たのしげに はしゃぐ 人 ひとの 顔 かおを 睨 にらみながらに 横切 よこぎっていく 徹夜明 てつやあけの 朝 あさで 腹 はらが 立 たって 憮然 ぶぜんな 私 わたしの 目 めを 避 さけた 人 ひとの 先 さきに 「おはよう」って 言 いって 伸 のびをする 寝癖立 ねぐせたってる あいつが 立 たってた 気 きがついたら 目 めが 合 あう 様 ような 淡 あわい 恋 こいだなんて 興味 きょうみも 湧 わかないな だけど なんでだろう 顔 かおをみれない 「 関係 かんけいないよ、だって・・・あぁ、 腹 はらが 立 たつ! 」 見 みつけた 太陽 たいよう 睨 にらみつけて 高鳴 たかなった 胸 むねに 蓋 ふたしたって この 感情抑 かんじょうおさえられないな 気持 きもち 悪 わるくって なんだろう 変 へんな 気持 きもちだ wow wow wow 態度 たいどが 顔 かおに 出 でちゃって 謎 なぞに 緊張 きんちょうしちゃって 声 こえが 裏返 うらがえった 「この 状況 じょうきょうもう 解 わかんないよ! 頭 あたまにくる! 」って なんだか 馬鹿 ばかな 私 わたしだ 教室 きょうしつは 今日 きょうも 平凡 へいぼんでアクビが 出 でる 二人 ふたりきりの 窓辺 まどべ 気 きにしちゃうんだよ 暇 ひまな 態度 たいどで ラジオを 流 ながしても 立 たち 上 あがった 私 わたしは 油断 ゆだんしていて 露骨 ろこつにバレてしまう 聴 きいたフリしていた ヘッドフォンが ずっと 何処 どこにも 繋 つながってない 事 こと 「 時 ときが 経 たてば 忘 わすれる 様 ような そんなもんでしょ」って どこかで 強情 ごうじょうで だけど なんでかな 口 くちに 出 だせない 腹立 はらたっていたって、 言葉 ことばも 出 でない 慎重 しんちょうに「 態度 たいどで 伝 つたえよう」って 言葉 ことばを 封 ふうじこんで 今日 きょうも 空回 からまわった 「この 感 かんじ、 続 つづくのなら 悪 わるくもない? 」って なんだか 随分弱気 ずいぶんよわきね wow wow wow 「なんかご 機嫌 きげんだね」って 「 腹立 はらたってるの 解 わかんないの? 」って 頬 ほほをつねった 鈍感 どんかんなその 態度 たいど 気 きに 食 くわないんだ どうしよう 今日 きょうがもう 終 おわっちゃう もう 一回 いっかい 太陽睨 たいようにらみつけて 「 沈 しずむのちょっと 待 まってよ」って 息吸 いきすい 込 こんだ 高鳴 たかなった 胸 むねが 苦 くるしくって なんだか 突飛 とっぴな 気持 きもちだ 「 伝 つたえたいよ」って 走 はしり 出 だした この 感情 かんじょうもう 解 わからないよ 爆発 ばくはつしそうだ 太陽 たいようが 沈 しずむ 前 まえに なんとか 伝 つたえたいから どうにかしてよ 神様 かみさま 注 soso ぐ gu 太陽浴 taiyoua びて bite 楽 tano しげに shigeni はしゃぐ hasyagu 人 hito の no 顔 kao を wo 睨 nira みながらに minagarani 横切 yokogi っていく tteiku 徹夜明 tetsuyaa けの keno 朝 asa で de 腹 hara が ga 立 ta って tte 憮然 buzen な na 私 watashi の no 目 me を wo 避 sa けた keta 人 hito の no 先 saki に ni 「 おはよう ohayou」 って tte 言 i って tte 伸 no びをする biwosuru 寝癖立 neguseta ってる tteru あいつが aitsuga 立 ta ってた tteta 気 ki がついたら gatsuitara 目 me が ga 合 a う u 様 you な na 淡 awa い i 恋 koi だなんて danante 興味 kyoumi も mo 湧 wa かないな kanaina だけど dakedo なんでだろう nandedarou 顔 kao をみれない womirenai 「 関係 kankei ないよ naiyo、 だって datte・・・ あぁ aa、 腹 hara が ga 立 ta つ tsu! 」 見 mi つけた tsuketa 太陽 taiyou 睨 nira みつけて mitsukete 高鳴 takana った tta 胸 mune に ni 蓋 futa したって shitatte この kono 感情抑 kanjouosa えられないな erarenaina 気持 kimo ち chi 悪 waru くって kutte なんだろう nandarou 変 hen な na 気持 kimo ちだ chida wow wow wow 態度 taido が ga 顔 kao に ni 出 de ちゃって chatte 謎 nazo に ni 緊張 kinchou しちゃって shichatte 声 koe が ga 裏返 uragae った tta 「 この kono 状況 joukyou もう mou 解 waka んないよ nnaiyo! 頭 atama にくる nikuru! 」 って tte なんだか nandaka 馬鹿 baka な na 私 watashi だ da 教室 kyoushitsu は ha 今日 kyou も mo 平凡 heibon で de アクビ akubi が ga 出 de る ru 二人 futari きりの kirino 窓辺 madobe 気 ki にしちゃうんだよ nishichaundayo 暇 hima な na 態度 taido で de ラジオ rajio を wo 流 naga しても shitemo 立 ta ち chi 上 a がった gatta 私 watashi は ha 油断 yudan していて shiteite 露骨 rokotsu に ni バレ bare てしまう teshimau 聴 ki いた ita フリ furi していた shiteita ヘッドフォン heddofon が ga ずっと zutto 何処 doko にも nimo 繋 tsuna がってない gattenai 事 koto 「 時 toki が ga 経 ta てば teba 忘 wasu れる reru 様 you な na そんなもんでしょ sonnamondesyo」 って tte どこかで dokokade 強情 goujou で de だけど dakedo なんでかな nandekana 口 kuchi に ni 出 da せない senai 腹立 harata っていたって tteitatte、 言葉 kotoba も mo 出 de ない nai 慎重 shinchou に ni「 態度 taido で de 伝 tsuta えよう eyou」 って tte 言葉 kotoba を wo 封 fuu じこんで jikonde 今日 kyou も mo 空回 karamawa った tta 「 この kono 感 kan じ ji、 続 tsudu くのなら kunonara 悪 waru くもない kumonai? 」 って tte なんだか nandaka 随分弱気 zuibunyowaki ね ne wow wow wow 「 なんかご nankago 機嫌 kigen だね dane」 って tte 「 腹立 harata ってるの tteruno 解 waka んないの nnaino? 」 って tte 頬 hoho をつねった wotsunetta 鈍感 donkan なその nasono 態度 taido 気 ki に ni 食 ku わないんだ wanainda どうしよう doushiyou 今日 kyou がもう gamou 終 o わっちゃう watchau もう mou 一回 ikkai 太陽睨 taiyounira みつけて mitsukete 「 沈 shizu むのちょっと munochotto 待 ma ってよ tteyo」 って tte 息吸 ikisu い i 込 ko んだ nda 高鳴 takana った tta 胸 mune が ga 苦 kuru しくって shikutte なんだか nandaka 突飛 toppi な na 気持 kimo ちだ chida 「 伝 tsuta えたいよ etaiyo」 って tte 走 hashi り ri 出 da した shita この kono 感情 kanjou もう mou 解 waka らないよ ranaiyo 爆発 bakuhatsu しそうだ shisouda 太陽 taiyou が ga 沈 shizu む mu 前 mae に ni なんとか nantoka 伝 tsuta えたいから etaikara どうにかしてよ dounikashiteyo 神様 kamisama.

次の

The Beatles

イエスタデイ 歌詞

 ザ・ビートルズの5thアルバム「 Help! 」に収録されている曲です。 1965年にシングルとしてリリースされました。 作詞作曲はポール・マッカートニーで、ギターの弾き語りもポールによるものです。 ロックバンドが弦楽器 弦楽四重奏 を導入するのは、当時としては新しい試みだったそうです。 ビートルズの中でも特に有名な曲の一つで、「世界で最も多くカバーされた曲」としてギネスに認定されています。 ポール曰く、この曲は「14歳の時に死別した母親への想い」を書いたものだそうです。 ちなみに、名曲『 』も、ポールの母親がインスピレーションになって書かれた曲といわれています。 Help! (邦題: 4人はアイドル 1965年) カテゴリー•

次の

イエスタデイ・ワンス・モア 歌詞とか(I’d listen to the radio‥)

イエスタデイ 歌詞

Table of Contents• イエスタデイ・ワンス・モア、斉藤安弘(アンコー)さんのコメント で、1曲目は王道中の王道の中から カーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」を選曲されています。 アンコーさんの解説では、この曲は、すぎさった過去を思う、 日本人の感性にとてもマッチした歌だと。 そして、 恋人を偲ぶ曲である人と、そうではないという人とで、議論を呼び、1冊の本が書かれているんだとか。 「イエスタデイ・ワンス・モア」 (Yesterday Once More) カーペンターズが1973年に発表したシングル。 リチャード・カーペンターとジョン・ベティスの作。 昔ラジオで聴いていたオールディーズを懐かしむという内容の歌。 アルバム『ナウ・アンド・ゼン』ではB面1曲目に収録され、オールディーズのカヴァー・メドレーがそれに続き、アルバムの最後は「イエスタデイ・ワンス・モア」の リプライズで締めくくられるという演出がなされています。 若かりし頃、ラジオを聞いて、お気に入りの曲がかかるのを待ったものだわ というような意味だと思うのですが、なぜ would がくるのかよくわかりません。 たとえば、used toなどがくればしっくり納得なのですが。 ・used to は過去の習慣または状態を表す。 ・would は過去の反復的動作だけを表す。

次の