スカンジナビア。 スカンジナビアとは

喫煙・分煙ブース|クリーンエア・スカンジナビア|オフィスコム株式会社

スカンジナビア

[] スウェーデン 北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島にある国家。 長年にわたる社会民主労働党政権の下で構築された社会保障制度が整い、税金制度や高齢者福祉など、社会政策が各国の注目を浴びている。 スウェーデンは、「社会科学の実験国家」だとも言われており、低所得者層、高齢者、障害者、失業者等、社会的弱者もあるレベル以上の生活をすることが保障されている。 スウェーデンの女性労働率をグラフに表すと、日本で見られるM字曲線ではなく、逆U字曲線を描いている。 つまり、どの年齢層でも労働市場参加率が高く、どこかの年齢グループで大きなへこみがないことを意味している。 また、義務教育が修了する年齢である16歳から年金受給開始年齢(65歳)までの約82%が働いているということは、「原則として、すべての女性が 労働市場に参加することを前提に構築された社会システム」であることを意味する。 [] デンマーク バルト海と北海に挟まれたユトランド半島と、その周辺の多くの島々からなる、北欧諸国のひとつである。 首都はシェラン島にあるコペンハーゲン。 近代に至りプロイセン王国との戦争により南部のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州などを失い、またナポレオン戦争においても、フランスと同盟を結んでいたため、敗北。 北海油田による石油・天然ガスの供給があり、輸出も行われているなどエネルギー資源には恵まれている。 このほか、風力発電が盛んであり、1980年代より組合が設立され個人の共同所有方式により多数が建設された。 デンマークの文化や政治のあり方に大きな影響を及ぼした教育者、ニコライ・グルントヴィが提唱して普及した教育制度にフォルケホイスコーレがあり、世界のフリースクール運動に大きな影響を及ぼしている。 また、デンマークでは再生可能エネルギーの普及においてNGOの占める役割が大きい。 フォルクセンターは研究開発を行なうNGOであり、 他のNGO の活動を助けたり、機器メーカーや消費者に情報を提供して市場を作りだす仕事をしている。 政府は大規模なシステムに目がいきがちなので、中小規模のエネルギー生産を担う個人・小グループに対する支援(技術面など)は重要だ。 具体的な活動としては、(1)機器設計や資材の開発・提供、(2)電力会社・政府などとの交渉、(3)消費者の普及、(4)国際協力活動、などを行なっている。 (1)基礎的な研究を行なうのではなく、たとえば町工場で風力で電気を製造できるよう、図面を整理したり資材調達を手伝うといった活動である。 最近は、発展途上国などで使うような小規模な風車の開発を手掛けている。 またバイオガスプラントを製造するとともに、購入者に運転面でのアドバイスも行なっている。 (2)系統接続や売買に関する交渉、制度に関する政府との交渉などである。 (3)情報誌の発行のほか、テストステーションを建設して機器のテストを行なっている。 これにより消費者は、風車・太陽電池・太陽熱温水器・バイオガスヒートポンプ・麦わら燃焼装置などの性能を知ることができる。 なかでも風車は目立つので、デモンストレーション効果が大きい。 (4)東ヨーロッパでの広報活動や、デンマークの経験に関する情報の翻訳・出版、スタッフ養成プログラムにより、東ヨーロッパを中心とする各国の研修スタッフが、フォルクセンターには十数人程度働いている。

次の

スカンジナビアとは

スカンジナビア

「 北欧」という言い方や認識は日本でかなり浸透しているが、「 スカンジナビア」という名前はあまり知られていないように感じます。 地理上、北欧には「 スカンジナビア半島」という場所があります。 しかし、「スカンジナビア半島」と「スカンジナビア」とは全く同じなのでしょうか? 狭義的に言うと、「スカンジナビア」はスウェーデン、ノールウェーとデンマークの3ヶ国を指します。 広義的な「スカンジナビア諸国」でいうと、とアイスランドも入り、全部で5ヶ国を指すことになります。 ちなみに、「スカンジ」は本来現在スウェーデン南部の地名で、「ナビア」はラテン語で「島」を意味しています。 南から北へ向かって遷移する人類にとってスカンジナビアは「スカンジ島」だったのですね。 確か最北端行かないと半島ってわからないですもんね。 歴史的な繋がりが深いスカンジナビア3ヶ国 地中海周辺の文明に比べ、北欧・スカンジナビアの発展はヨーロッパの中で比較的に遅い地域です。 最初に人間が定住したのは青銅器時代に北ゲルマン人系の人間が現在のデンマーク、スウェーデン南部及びノールウェー南部海岸に移り住んだ時です。 その後、バイキング時代及びデンマークが主導権を握ったカルマル連合などに経てスカンジナビア3ヶ国は歴史的に深い関係が結ばれました。 そのため、実際にスカンジナビア半島にある国はスウェーデンとノールウェーですが、スカンジナビア半島にないデンマークもスカンジナビアに入るわけです。 隣のフィンランドは地理的にスカンジナビア半島から少し離れ、歴史的に主にスウェーデンの属地であり、且つロシアに百年間統治された背景もあったため、「スカンジナビア」には少し距離があります。 アイスランドは歴史的にも地理的にもフィンランドよりもスカンジナビアから遠い感じがありますね。 スカンジナビアデザインと北欧デザイン 基本的に「 スカンジナビアデザイン」は「 北欧デザイン」と 同じスタイルのデザインを指しています。 鮮やかな色を使い、シンプルな曲線や模様、アースカラーという大自然にある色を多く使用し、機能性を重視するなどの特徴があります。 現在北欧諸国であるスウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノールウェー、アイスランドのデザインスタイルは多少異なるものの、世界的に見ると同じスタイルに属し、スカンジナビアデザインや北欧デザインと呼ばれています。 北欧デザインに関しては、下記の記事にて様々な特徴及び側面から紹介しています。 是非北欧デザインをより深く知りませんか? 参考記事: 参考記事: 参考記事: 参考記事: スカンジナビア諸国での旅行:ビザ、通貨、言語 旅行者にとって、スカンジナビア諸国はヨーロッパの中で少しややこしいエリアです。 EUに入っているか?ユーロを使うか?ビザ要るか?言葉はどうなのか?などなど色々とチンプンカンプンですよね。 特に北欧をまとめて回るときにそれぞれ調べないといけないのは少し面倒です。 観光旅行であればどの国もビザ申請要らない スカンジナビア諸国はどの国( フィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノールウェー、アイスランド)もシェンゲン協定に入っているため、 日本からの観光客はビザなしで3ヶ月まで滞在することができます。 ちなみに、バルト三小国のエストニア、ラトビアとリトアニアも同じくビザなしで入国できます。 下記の記事でわかりやすく紹介しています! 参考記事: パスポートの有効期限は最低3ヶ月残っていないとシェンゲンエリアに入国できないので気を付けてください!できれば6ヶ月以上の有効期限があることを事前に確認しておいてください! 筆者の友人は実際にパスポートの有効期限がギリギリ足りず、フィンランドに入国できず、ヘルシンキヴァンター空港で日本から乗ってきた同じ飛行機で日本へ帰ったことが起きました。 通貨はそれぞれ異なる! スカンジナビア諸国の通貨はそれぞれ異なります。 ユーロに加入したのはフィンランドだけです。 スウェーデンはスウェーデンクローナ、ノールウェーはノールウェークローネ、デンマークはデンマーククローネを使っています。 スカンジナビア諸国を周遊する際にはできるだけクレジットカードやデビットカード(VISAとMASTER)を利用し、携行する現金は少額だけにしましょう! ちなみに、JCBカードは基本的に使えません。 ほとんどのショップ、レストラン、ホテルなどの商業施設でクレジットカードが使えます。 一般的にICチップ付きのカードが使用され、決済に4桁の暗証番号の入力が必要ですので、日本出国の前にカードの暗証番号を再確認しておいてくださいね! 少額の現金は屋台や有料トイレなどに使います。 バルト三小国(エストニア、ラトビアとリトアニア)ではユーロを使います。 コミュニケーションは英語でOK! スウェーデンはスウェーデン語、ノールウェーはノールウェー語など、スカンジナビア諸国ではそれぞれ異なる言葉を使います。 しかし、どの国も英語のレベルが高く、英語で旅行するには全く問題がありません。 もちろん、日本語は通じません。 スウェーデン語、ノールウェー語とデンマーク語は同じ北ゲルマン語系なので類似性が高いですが、だけは独自の語系であるため、全く異なるシステムとなります。 スカンジナビア雑学の色々! よく知られていない話ですが、「北欧」は文字の通り「Northern Europe」であまり言われていなく、「スカンジナビア」ともあまり言われません。 一般的に北欧諸国を北欧で「 Nordic Countries」と言われます。 「Nordic」の意味も英語の「North」に近く、「 北の国々」という意味です。 また、北欧諸国の航空会社について、大手は主に3社: フィンエアー、SASとNorwegianです。 フィンエアーはフィンランドをベースとする大手航空会社で、SASはスウェーデン、デンマーク、ノールウェーをベースとする大手航空会社で、サービスの質が高く、値段も高めです。 Norwegianはノールウェー発のLCC航空会社で、現在はノールウェー発着便だけではなく、ヨーロッパ内でよく使われる人気の高いLCC航空会社です。 また、フィンランド国民は自由に北欧諸国とEU諸国に居住、就学、就業でき、ビザの申請が要りません。 EU内でもそうですが、人、お金、モノの移動は基本的に障害がなく自由に行き来できます。 1.フィンランド 北欧というと? フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。 ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。 良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。 そのため、キートスショップは 「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。 2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい 「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。 フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。 また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。 「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。 3.運営に「誠実」と「感謝」 「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは 感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。 いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。 遅くても24時間以内にご返答致します。 、メール:ken kiitos. shop 4.キートスショップの名前 「 Kiitos」はフィンランド語で「 ありがとう」を意味する言葉。 『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。 キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。 キートスショップスタッフ一同より().

次の

スカンジナビアとは

スカンジナビア

ホームページリニューアルのお知らせ 弊社ホームページがリニューアルになります。 新しいホームページは下記よりご参照ください。 今後、内容も更新していく予定です。 脱毛機(脱毛器)パワーライトは累計1000台以上活躍中 スカンジナビアサービス社は、日本とスウェーデンで研究された技術をもとに製品を開発し、1998年より日本国内で初めて業務用フラッシュ脱毛機を製造・販売開始しました。 パワーライト脱毛は、国内で数多くサロン様から効果と安全性で高い評価を頂いている業務用脱毛機のパイオニアです。 パワーライトシリーズは効果と安全性を両立した業務用脱毛機として、エステティックサロン様に永く愛用されています。 中でもパワーライト脱毛やパワーライトフェイシャルは、高く評価いただいております。 弊社は脱毛機器メーカーとして、開発・製造・販売・保守など一貫したサービスを提供してきました。 業務用脱毛機の中では、国内外問わず多くの特許を所有し、その中でも定電流マルチパルス方式は効果と安全性を兼ね備えた最新技術として、自負するところでもあります。 また、一般社団法人日本エステティック工業会・理事として、業務用脱毛機業界の安全基準「適合審査制度」構築など、10年近く基準作りに貢献して参りました。 今後も業界発展のために尽力する所存です。 業務用脱毛器 本来のニーズに応えます 1.顧客を囲込みたい 業務用脱毛機で高リピート率を確保できるのは、抜群の効果を誇るパワーライトシリーズだけ。 導入コストやランニングコストを重視しても、効果が低い脱毛機やフェイシャル機器では、かえってサロンのお客様の信用を失い、失客に繋がる恐れがあります。 2.業務用脱毛機を買い替えたい 「最新の業務用脱毛機を導入したのに効果が低いし、お客様から評判が悪くて、、、」もちろん、現在ご使用中の脱毛機は高価下取りいたします。 また、リース・分割を含め、サロン様のニーズに合わせたお支払いプランをご提供いたします。 パワーライトシリーズなら、安全性と信頼性が高く頻繁な故障もありません。 万が一 トラブルが発生しても365日対応できる体制をととのえています。 3.顧客単価をUPさせたい 他店と効果で差別化し、脱毛サービスの客単価をアップできる脱毛機はパワーライトだけです。 比較的簡単な脱毛とフェイシャルなら、異業種でも既存メニューに組み込めます。 しかし、業務用の脱毛機は確実な施術効果がないと、組込みメニューの導入が失客の要因にもなりかねません。 実績と経験を持つ弊社が、ご相談に応じて成功するメニューをご提案いたします。 4.新規開業を検討したい サロン様の永続的な成功が、私たちの成功に繋がる、まさに運命共同体です。 脱毛機導入時には、メニュー設計と集客マーケティングのアドバイス、ツールやドキュメント類の提供、そして実技スクールを開講いたします。 また、サロンビジネスを永続させる店舗運営支援で、サロン様の新規開業を強力にサポートいたします。 お気軽にお問い合わせください。

次の