藤浪 イップス。 阪神・藤浪は復活できるか イップス経験者、専門家の考え|NEWSポストセブン

プロ野球にもイップスの影! 阪神・藤浪、巨人・澤村に疑いの指摘: J

藤浪 イップス

藤浪晋太郎が無期限で2軍へ 一回の遅刻で無期限の2軍いきは厳しい処分と思いましたが、実は一度きりではないみたいですね。 阪神・藤浪晋太郎投手(26)が29日、前日28日の練習に遅刻したため2軍に降格した。 矢野監督が「練習に遅刻してきたんで、昨日。 新たにみんな頑張ろうという中で練習に遅れてくるというのはこっちとしてもすごく残念やし、全体の信頼を失うようなことだった。 ここ(1軍)にいてみんな同じ気持ちでやっていくのが難しいという判断。 人なんでミスもあるけど、これが初めてじゃないので」と明かした。 開幕ローテ入りは絶望となった。 3月26日に球界初の新型コロナウイルス感染が判明した右腕は約1か月の入院と自宅待機生活を経て4月24日に2軍の自主練習に合流。 5月19日に甲子園練習に参加すると、同24日のシート打撃では打者5人から4つの三振を奪う快投を見せた。 67日ぶりの実戦マウンドでアピールに成功し、矢野監督も「躍動感ある投球だった」などと高く評価していた。 昨季7年目で初の未勝利に終わり、雪辱に燃えていた今季。 6月19日からの開幕に向けて2日からは練習試合が始まる見込みだが、今後は2軍施設の鳴尾浜で再出発となる。 感染から復帰し「(迷惑をかけた分は)野球のプレーで取り返すしかない」と話していた藤浪だったが、痛恨の事態に陥った。 yahoo.

次の

【阪神】藤浪晋太郎のイップスの原因に挙げられる様々な憶測… │ 暮らしにまつわるエトセトラ

藤浪 イップス

中条あやみ まずは、中条あやみさんです。 中条あやみさんとは、実は交際していたという事実は無いようなんですね。 それを見ていた藤浪晋太郎さんは大喜び! 「勝手にファンになってくれてると勘違いして大喜びした」と、出演していた番組内で藤浪晋太郎さんが話しています。 勘違いではありましたが、これがきっかけとなって 藤浪晋太郎さんは中条あやみさんのファンになったんだとか! 逆に意識してしまったんかww ウサKICHI ということで、藤浪晋太郎さんが中条あやみさんのファンというだけで、交際していたということではなさそうですね。 交際していたことがないので、結婚相手になる可能性は低そうです。 山本彩 続いては、元NMB48・AKB48のメンバーで、現在はソロでシンガーソングライターとして活躍している山本彩さんです。 山本彩さんが交際相手と言われるようになったのは、どういうことが理由なのでしょうか? 山本彩さんは、藤浪晋太郎さんが出場している試合を観に行ったことをブログに投稿したり、藤浪晋太郎さんが完封勝利をした時には涙を流して喜んでいたそうですね。 その他にも、山本彩さんと藤浪晋太郎さんが対談をした時、山本彩さんは自身の好きなタイプを「スポーツマン」と答えていたそうなんです。 このようないくつもの理由が重なって、2人は付き合っているんじゃないか!?と言われていたんですが、どうやら実際には全くそのような関係ではなかったようですね。 元々山本彩さんは大の阪神タイガースファンということもあり、中でも特に藤浪晋太郎さんに注目していたため、誤解を招くようになってしまったのだと思われます。 内田嶺衣奈アナウンサー 次に噂になったのは、フジテレビの内田嶺衣奈アナウンサーですね。 2015年6月頃、 内田嶺衣奈アナウンサーと会食していたところをフライデーにスクープされました。 藤浪晋太郎さんは 「友達とご飯を食べていただけ」と交際は否定。 内田嶺衣奈アナウンサーには、藤浪晋太郎さん以外に本命がいるという噂もあるようです。 確かに一緒に食事はしていたようですが、他にも何人か参加していたようなので、交際していたのかどうかははっきり分かっていません。 ヒロド歩美アナウンサー 最後は、朝日放送のヒロド歩美アナウンサーです。 日本人とオーストラリア人のハーフであるヒロド歩美アナウンサーは、大学3年生の時に「ミス・ユニバースジャパン」の千葉大会でベストパーソナリティ賞を獲得したこともある美人。 そんなヒロド歩美アナウンサーと藤浪晋太郎さんが交際しているという報道が出たのは、2016年秋頃のことでした。 藤浪晋太郎さんがシーズンオフ中に知人を介して接近、その後交際へと発展したと言われていますね。 大阪市内でデートをしているところも目撃されているようですが、藤浪晋太郎さんもヒロド歩美アナウンサーも交際は否定しています。 藤浪晋太郎さんは 「事実無根です。 相手に迷惑がかかるのでやめてあげて欲しい。 事実ではないと言うしかない。 」と、ここまで強く否定していました。 ここまで言うくらいですから、ヒロド歩美アナウンサーとの交際も何かの間違いなのかもしれませんね。 山本彩さんやヒロド歩美アナウンサーなど、色々な方と噂になっていた藤浪晋太郎さんですが、現在交際している彼女はいないという情報もありますね。 交際中の方がいないということは、今はまだ結婚する予定は無いと思われます。 今後熱愛報道が出てくる可能性もあるので、その時はまたチェックしていきたいですね! 合コン報道もあったしな、独身を謳歌しとるんやないか? ウサKICHI 藤浪晋太郎はイップスが原因で死球続き? 応援したいならRT! 憧れてるならファボ! — プロ野球応援BOT 野球マニア集まれ! prachaer ここ最近、不調すぎるということで 「藤浪晋太郎さんはイップスなのでは・・?」と言われているようです。 あまりにもコントロールが悪く、打者の頭部の方へボールが飛んでいくということは何度もあったそう・・。 藤浪晋太郎さんは、いったいどうしてしまったのでしょうか? そもそもイップスとは? イップスというのはどういうものなのか、ということから見ていきたいと思います。 イップスは、元々できていたはずの動きが、何かの要因でうまくできなくなってしまうというものです。 精神的なものが原因になっていて、イップスになる人は意外と多いんだそうですね。 イップスの原因は元広島の黒田? 藤浪晋太郎さんがイップスになってしまった原因は、元広島東洋カープの黒田博樹さんではないかと言われています。 2015年4月に行われた広島東洋カープとの試合で、 黒田博樹さんに対して2球連続で危険な投球。 この時黒田博樹さんはかなり激怒し、乱闘になるのでは!?という状況だったそうです。 大きな声を出し、藤浪晋太郎さんに詰め寄る黒田博樹さん・・ すぐさま帽子を取って謝罪した藤浪晋太郎さんですが、震えが止まらず、顔色もかなり悪かったそうです。 これが原因となって、その後も思い切って投げることができない状態に陥ってしまったのではないか・・と言われていますね。 専門家は技術的な問題が大きいと分析 藤浪晋太郎さんがイップスになってしまったのは、精神的なものが原因ではなく、技術的な問題が大きいのではないかとも言われています。 桑田真澄さんは、 「投球フォームをしっかり固定していくことがコントロール改善の鍵になる」と話していますね。 リリースの位置を意識し、下半身をしっかりと使った投球ができるようにすることが大切だと言っていて、藤浪晋太郎さんに関してはメンタルが弱いということはなく、今後技術面を改善していけば、今の状況を乗り越えることができると語っています。 死球を繰り返し、本来の投球フォームを失ってしまった藤浪晋太郎さんは、これを改善するために何度も投球フォームを改造したようですね。 これを繰り返していくうちに、余計にうまくいかなくなってしまい、負の連鎖となってしまったとも言われています。 負の連鎖はどんな世界でも起こるんやなぁ ウサKICHI 残された道はトレード?引退? たくさんの方たちからアドバイスを受け、努力をしているであろう藤浪晋太郎さんですが、今はまだ不調から抜け出せていません。 この状況から抜け出すには、環境を変えるためにトレードを・・という可能性も出てくるかもしれませんね。 それでもどうしようもないということになれば、その後は引退へ・・ということも考えられます。 今のところその可能性は低いと思われますが、今後どうなってしまうのかが気になりますね。 藤浪晋太郎のプロフィール 藤浪晋太郎の終わりなき旅。 藤浪、復活へ本拠地で勝負曲使う「自分の一番好きな曲にしました」。 名前:藤浪晋太郎(ふじなみしんたろう)• 生年月日:1994年4月12日• 年齢:25歳(2020年3月時点)• 身長:197㎝• 体重:100㎏• 血液型:A型.

次の

阪神藤浪晋太郎の現在は病気?イップス?コロナ陽性後は引退?結婚は?|消えた有名人今現在の画像管理システム

藤浪 イップス

こんにちはカズヤです。 今回は藤浪投手のスランプについて。 藤浪投手は2013年にに入団し、 ルーキーイヤーに 10勝、 その後14年に 11勝、 15年には 14勝と 着実に成績を残し、のローテーションを担う活躍をしてきました。 しかし、2016年、金本新監督が就任し優勝に期待もかかった年でしたが 開幕から調子が振るわず。 軒並みストライクが入らなくなったり、暴投が目立つようになりました。 ファンの中では、彼のスランプを象徴する「懲罰続投」の161球があったのもこの年でした。 結局この年は7勝で終わり、初めての二桁勝利にも届かない年に。 翌年、そして今季も復活することはなく、 17年に3勝、18年の今年は5勝に終わりました。 マスコミやファンからはここ2,3年、 「藤浪のスランプ」の原因としていろんな意見が飛び交うようになります。 大きく飛び交う意見は、二つ。 金本監督に厳しくされすぎて精神的な「」になったのではないのか? という説と、 そもそも単なる「技術不足」で、ストライクが入らないのではないか? という説です。 まず二つの意見についてですが、 確かにどちらもそうだとは思います。 「」については、本人も否定していますが、 前監督の和田監督に比べて、 金本監督になってからは扱いがものすごく厳しくなったのは確かです。 そこは彼も気にしてはいなかったと思いますが、 一番いけなかったのは金本監督に便乗してファンやマスコミまでもが、 厳しく彼を見るようになりました。 「今まで穏やかに見てやったけれど、今年からは厳しく見るぞ」 という雰囲気がファンとしても、ものすごくあの年は感じました。 実際に藤浪選手も冗談交じりに「仙台(ビジター)はヤジがなくて投げやすかった」 と言っています。 少なからず「やりにくさ」を感じていたのは確かだと思います。 ただ、本人も言っている通り「」になるほどの大きな原因ではないでしょう。 よく言われることですが、 ア時代にあれだけの活躍をした選手が、 そんなことで急にストライクが入らなくなるようなことにはなるのはやはり考えづらい。 そんな状況でまず野球なんてできないでしょう。 単なるファンやマスコミの妄想です。 そしてもう一つの説ですが、「技術不足」という説について。 これも確かにあると思います。 藤浪投手は一年目を終えた14年、フォーム改造に踏み切りました。 左足を三塁側に向け、軸足とクロスするように投げる 「クロスステップ」の投球フォームを修正しました。 体が開いて「抜け球」や「制球難」を治すためです。 しかしこのフォーム修正後、 クロスステップで投げていたルーキーイヤーよりが増えていました。 そしてこのスランプに入るようになって軒並み、 フォーム修正に対応できない「技術不足」が原因ではないかという声が 広がるようになった。 これは本人も認めていますし、確かにそうだと私も思います。 元々コンも良くない投手ですから。 結果としてが増えているのは、技術不足でしょう。 ただ見てほしいのは、フォーム修正後の14年、15年は成績を上げている。 15年に関しては、キャリアハイの14勝をしているわけです。 不振になった16年に大きくフォームを変えたのならまだ分かりますが 16年に関しては特に変えていません。 それから17年、18年とフォームを修正してはいますが、 16年に始まった不振を考えれば、そこに関してはあまりスランプと関係はない。 だとしたら、藤浪の本当の不振の原因とはなんなのか? 藤浪の不振の原因は、単なる「投げすぎ」 これは から引用した14~17年の、投球数のランキング。 2014年 1(神)3544球(1登板114. 3球 1回17. 01球) 2(De)2987球(1登板106. 7球 1回16. 75球) 3(広)2866球(1登板106. 1球 1回15. 33球) 4(神)2844球(1登板113. 8球 1回17. 45球) 5(中)2804球(1登板101. 2球 1回16. 15球) 2015年 1(神)3374球(1登板120. 5球 1回16. 95球) 2(神)3255球(1登板112. 2球 1回16. 81球) 3(中)3250球(1登板116. 1球 1回15. 68球) 4(広)3189球(1登板110球 1回15. 46球) 5ジョンソン(広)3174球(1登板113. 4球 1回16. 33球) 2016年 1(神)3218球(1登板114. 9球 1回17. 36球) 2(神)2948球(1登板113. 4球 1回17. 44球) 3ジョンソン(広)2895球(1登板111. 3球 1回16. 05球) 4(巨)2863球(1登板110. 1球 1回15. 62球) 5田口麗斗(巨)2636球(1登板101. 4球 1回16. 27球) お分かりいただけただろうか? ルーキーイヤーの13年は「100球制限」が首脳陣の中であったため、 18位の2252球にとどまっているのだが、 その後の14年、15年、そして不振の16年と、 投球数ランキングではに並び、藤浪投手はトップ5の常連。 ほぼ3000球近く、毎年投げている。 これは日本人投手としては、あるまじきことなのだ。 特に15年のトップ5は全員が3000球以上投げ、 それを押しのけ藤浪選手はトップ1位になっている。 ただ、この年 投球数ランキングに入っている投手は 投手を除いて、 怪我をしている。 代表的な選手を上げると、 投手や大手。 前田投手は、翌年メジャー移籍をする際、怪我が明るみになり異例となる 入念なメディカル審査などを経てのへの入団となった。 大手も怪我をきっかけに翌年からは不調。 今だ復調の兆しはない。 それに比べ、毎年3000球以上投げ、 活躍し続けている投手は どれだけ異次元の体の強さがあるのかも分かるが、 普通はそうはいかない。 さらに思い出してほしいのは、藤浪投手が3000球以上投げた15年のオフ。 この年プレミア12の代表にも選ばれたが、 「シーズン中から肩の違和感がある」として代表を辞退した。 藤浪投手も、前田選手、大野選手のように 怪我をシーズン中にすでに抱えていたんですね。 しかもチームの優勝争いもあったということもあって、 怪我を抱えながら無理をしてでも投げていた。 そして開幕した2016年。 シーズン序盤からファンから見ても異変があったのにも関わらず、 金本監督は藤浪を使い続けた。 そして重なるあの「161球の懲罰続投」。 16年の投球ランキングを見ても2948球と、 結局15年に続き3000球近く投げています。 そして17年、18年のあの成績です。 私は別に和田監督や金本監督の酷使を批判する気はありません。 15年は当然優勝争いをするのに必要な戦力でしたし、 16年も若手育成を掲げる中、彼が投げなければ他に計算できる投手はいなかった。 でも彼が大きく崩れた原因として、 ルーキーの年からずっと「投げすぎた」、 「使いすぎた」という紛れもない事実があったということ。 ここをファンの方には知っていてほしいなと思い、今回この記事を書きました。 18年の後半は復活の兆しが見える投球をしていました。 仮に19年に活躍した際、 「やっぱり金本と相性が悪かったんだ」と思うファンが現れる前に 「そもそも藤浪は投げすぎて怪我までしていた。 」 という事実は伝えておきたいなと思います。 19年彼がまた楽しそうに野球をやっている姿を見たいですね。 あったかく応援しましょう!! 藤浪選手、の試合チェックはでしています。 新規無料トライアル期間もあるようなので、 とりあえずお試ししてダメなら期間内に解約するのもアリかと。 今年は巨人の主催試合も全試合見られるのでかなりおすすめです。 kazuyabaseball1625.

次の