玉ねぎ スープ の 作り方。 玉ねぎスープダイエットのやり方!人気レシピはコレ!

血糖値を下げて糖尿病を改善!玉ねぎスープの作り方

玉ねぎ スープ の 作り方

我が家では、5年ほど前から、ほとんど毎日、タマネギを食べています。 そのきっかけは、夫の糖尿病が悪化したことでした。 夫は約30年前、40代のときに糖尿病を発症しました。 もともと糖尿病家系なのに加え、食事療法もうまくいかず、薬を飲んでいても、血糖値は高い状態が続いていました。 20年前には糖尿病で併発した脳梗塞を起こしています。 幸い、それは軽くてすみましたが、5年前の検査では、ヘモグロビンA1cが、9・1%という高い値が出たのです。 ヘモグロビンA1cは、過去2〜3ヵ月の血糖値を反映する検査値で、正常値は4・6〜6・4%です。 9・1%というと、糖尿病の合併症として起こる腎機能の低下が進み、遠くない将来、人工透析を受けることになってもおかしくない数字です。 私の父も晩年に人工透析を受けていて、とても大変そうでした。 「夫がそうならないように、なんとかしなくては」と思っていた矢先、ちょうどテレビで「タマネギが血糖値の改善に役立つ」と紹介されているのを見ました。 「これだ!」と思い、早速タマネギを買い込んで、スープを作ることにしました。 最初の1週間は、タマネギだけでスープを作りましたが、早くも夫は飽きて、「肉か何か入れてよ」と言い始めました。 じつは私も「肉食人間」で、普段から、野菜はなくてもいいけれど、肉は必須です。 肉をとらないと、パワーも出ないし、美肌も保てません。 そこで、2週目からは、豚肉、牛肉、鶏肉、ベーコンなど、肉類を組み合わせ、かつ、さまざまな味でスープを作ることにしました。 また、スープ以外のタマネギ料理も作りました。 飽きさせないように工夫しながら、毎日、タマネギを夫に食べてもらいました。 すると、2ヵ月後の検査では、ヘモグロビンA1cがなんと7・0%と劇的に下がっていたのです。 スープ以外でいちばんのお勧めは、電子レンジでできるシンプルなタマネギ料理です。 作り方は、スライスしたタマネギを耐熱容器に入れ、塩コショウとオリーブオイルをかけ、ラップをして10分(新タマネギは4〜5分)加熱するだけ。 とても簡単ですが、タマネギの味が引き出された絶品のおいしさです。 ほかに、タマネギとナスと牛肉を炒め、甘辛みそとニンニクで味をつけた炒めものや、タマネギとリンゴのすりおろしを使う豚肉のショウガ焼きなども作ります。 ショウガ焼きの作り方は、まずタマネギ1個とリンゴ2分の1個をすりおろします。 豚肉とタマネギのざく切りを、すりおろしたタマネギとリンゴ、ニンニク、ショウガ、みりん(各好みの量)で味をつけ、10〜15分漬け込んでおきます。 漬け終えたらフライパンで漬け汁ごと炒めます。 とてもおいしいのでお勧めです。 海外出張のときなどは無理ですが、日本にいるときは作りおきもしながら、できるだけタマネギ料理を欠かしませんでした。 夫も頑張ってくれて、昼も職場から自宅に戻り、朝・昼・晩とタマネギ料理を食べてきました。 そのかいがあって、血糖値はどんどん下がり、ここ1年くらいは60〜80mg/dlで安定しています。 高くなっても100mg/dlを超えることはありません(正常値は110mg/dl未満)。 ヘモグロビンA1cも、6・8%くらいと正常値に近づきつつあります。 糖尿病の改善には、運動も欠かせないということで、自宅の地下にウオーキングマシンを備えて、夫は16年程前から、できるときは運動も心がけてきました。 それでも、血糖値は思うように下がらず、高いときは100mg/dl近くもあったのです。 それが、毎日のタマネギで見事に下がって安定したのですから、改めてその効果に驚きます。 夫は血糖値が高くなると、血流が悪くなるせいか、首・肩・腕に激痛が走ると訴えることもありました。 しかし、最近は、そんなこともなくなりました。 私も、一緒にタマネギを食べてきたおかげで、苦手だった野菜が好きになりました。 それに、タマネギを常食していると、血流がよくなり、体が軽くなったのが実感できます。 皮膚の血流もよくなったせいか、肌の透明感も増したように思います。

次の

新玉ねぎの丸ごとスープのレシピ・作り方【レンジで時短!】

玉ねぎ スープ の 作り方

もくじ• 玉ねぎの豆乳スープの材料(6皿分)• 玉ねぎ 2個• 無調整豆乳 400ml• 水 100ml• 塩 小さじ1• 沸騰すると分離してしまうので、沸騰する前に火を止めて下さい。 そうだ!最後にブラックペッパーかパセリをかけようと思ってたんだけど、すっかり忘れちゃった。 スープが優しい味だから、ブラックペッパーでパンチを効かせるといいかも! のぞみん まとめ 豆乳は一度開封すると、使い切るのが結構大変ですよね。 そんな時は豆乳スープや豆乳シチューがオススメです。 水を入れずに豆乳100%で作ると、濃厚な豆乳スープやシチューができるので、お好みで分量を変えてみてくださいね。 玉ねぎは蒸し時間が長いほどトロトロの甘い玉ねぎになります。 豆乳のまろやかさと相性抜群の優しいスープが完成します。 体調が優れない時やあまり食欲がない時にもオススメです。 「食べたものでカラダは作られる。 毎日の食事から健康になって欲しい。 」との想いでこのサイトを作りました。 たくさんの人に届きますように。

次の

夫の糖尿病対策に作る食事【玉ねぎスープ】の 作り方(中島香里さん=素肌美研究家)|ケンカツ!

玉ねぎ スープ の 作り方

あめ色玉ねぎを作るだけ!簡単に作る方法を紹介 オニオンスープの作り方はとってもシンプル!玉ねぎを炒めてグツグツ煮込むだけ。 シンプルゆえに作り方で味が左右されますが、ここではあめ色玉ねぎを作るところから始めます。 材料(スープ5杯分)• 玉ねぎ:2個• バター:25g• 気持ち少しだけトロミを出します)• コンソメ:1かけ• 仕上がりに酸味が加わります)• 水:500ml• 塩、コショウ• チーズ:お好みのチーズを使ってください。 おすすめはカットされたグリュイエールチーズ。 チーズフォンデュとしても使える上、深みが増して本格的な味に仕上がります。 ・火加減は中弱火をひたすら保つこと。 ・ぐちゃぐちゃ混ぜ続ける必要はなく、基本は放置!玉ねぎの色が変わるまでは10分に1回混ぜるだけ。 色が変わりだしてからは5分に1回混ぜるだけ。 ひたすら玉ねぎを混ぜても作れますが、疲れますよね。 時短テクなど色々ありますが、あめ色玉ねぎってほぼ放置でも作れるので別のことをやりながらいつも作ってます。 これなら煩わしさも減っておすすめですよ。 玉ねぎを放置させた方が混ぜるより熱をしっかり通すことができるので理にかなった方法なんです。 焦げ付かないか時々見て混ぜる感じ。 特に、玉ねぎを炒めだした最初の方は玉ねぎの水分が豊富なので10分放置させてもOKです。 後半は玉ねぎの水分が抜け、油断すると焦げつくので5分に1回ぐらい混ぜて仕上げます。 放置開始。 これでまた放置。 計20分経過。 これでまた放置。 計30分経過。 水分がかなり抜けてきました。 これでまた放置しますが、ここからは5分毎にチェックします。 計35分経過。 玉ねぎの触感もスープに残したいのでこれで火を止めます。 これであめ色玉ねぎを作る工程は完了です。 2 グツグツ煮込む 再度、火をかけ弱火にし、お好みで小麦粉を加えて混ぜます。 小麦粉の量を増やすと仕上がりにトロミが出ますが、私は小麦粉なしで進めます。 白ワインを加え、火を中火~強火にして沸騰させてアルコールを抜きます。 白ワインを加えると仕上がりにちょっと酸味が加わります。 これもお好みでアリナシ選んでください。 次に、水を加えて中火~強火を保ちます。 沸騰したらブイヨン・コンソメを加えます。 おすすめはコンソメや水の代わりに、ポトフを作った時のスープを使うことです。 野菜と肉の旨味がたっぷり詰まって味に深みが増します。 みんな大好きチキンコンソメも良いけど、野菜のみで仕上げるために野菜ブイヨンを使ってみてください。

次の