仮想通貨 投資。 【19ヶ月目】仮想通貨に積立で毎月25万円ずつ分散投資!3年間の運用実績をブログで完全公開!

大学生が仮想通貨投資(ビットコイン投資)をする際の注意点5つご紹介!|税金対策について知っておこう!

仮想通貨 投資

MEMO ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と呼びます。 「イーサリアム」や「リップル」が有名。 中でもリップルはとんでもない値上がりを見せ、 1年で200倍以上を記録しました。 まさしく「桁違い」ですね。 他の仮想通貨も、常識外れの成長を見せています。 Coincheck銘柄の2017年の価格変動 1月1日から12月12日現在まで をざっくり振り返ると… 20倍 60倍 20倍 65倍 40倍 150倍 60倍 60倍 アルトコインがどれだけ伸びたかがよくわかりますね。 来年はどうなることやら。 — RYO. うまくコインを売り買いして、50万円、100万円程度の資産から億に到達した「億り人」もいくらか誕生したようです。 ぶっちゃけると、仮想通貨投資は利回りという指標では測れません。 どのコインに投資するかで結果が大きく変わってきますし、投資を始めた時期によっても差が生まれます。 実際、同時期に始めた自分と友人でも、投資成績に大きな違いがありました。 それこそ倍レベルで。 投資するコインが全く違っていたからです。 どれくらい儲かるか、つまり利回りは自分の「実力」と「運」によって大きく変化すると言えるでしょう。 このように、利回りという既存の概念では評価できず、 非常に大きいリターンを期待できる投資先であるというのが、現在の仮想通貨市場の評価です。 ただ、ここまで爆発的な成長を見せたのはビットコインの歴史の中でも2017年のみ。 ゆえに、2017年は「 仮想通貨元年」と呼ばれたりもします。 仮想通貨取引所 ビットコインやアルトコインを売買できる場所。 自分も体験しましたが、もう価格は戻らないんじゃないか・・・と手放してしまう寸前でした。 上がると信じていますが・・・どうなるかは誰にもわかりません。 仮想通貨の価格がこれからも必ず伸びるという保証はどこにもありません。 万が一、大きな欠陥が見つかれば無価値同然になることも十分ありえます。 そういったリスクがあることを考えれば、余剰資金以上を投資することをいかに危険かはすぐにわかるでしょう。 簡単に儲かるという甘言に誘われて、全財産を投資するなんてことはないように注意しましょう。 「投資は余剰資金で」。 これは鉄則です。 投資に回せる金額をしっかり計算して、その中でやりくりするよう努めましょう。 他の投資商品との利回り・リスク比較 利子がもらえることを考えれば、銀行預金も投資の一種だと考えることができるよ 銀行預金の利子は 0. 正直、もらえないようなものですね。 その分、リスクは一番低いと言えます。 銀行が破綻しない限りは、資産が減ったり消滅したりすることはありません。 ただ、日本はインフレ状態にあるので、円の価値は年々減っています。 現在と1年後では同じ100円でも価値が違うということです。 缶ジュースの値段が年々上がっていることを考えれば、インフレをイメージしやすいかもしれません。 最近、投資に注目が集まっているのはそれが理由でもあります。 国債 投資先の中では一番低リスクかもしれないね。 その分期待できるリターンも抑えめだよ 国債に関しては、どの国の国債を購入するかでリスク、利回りが大きく変わってきます。 日本の国債は低リスクな投資先として人気ですが、10年の長期国債で利回りは 0. それに加えて、「株主優待」が受けられるのが大きな魅力です。 株を保有している会社のサービス割引券などがもらえたりする。 リスクはある程度自分で調整できます。 大手企業の株を中心に分散投資すれば、リスクを大幅に減らせるでしょう。 それでも、資産が減るリスクがあるのは間違いありません。 ロボアドバイザー 「安定」からはほど遠いんだけどね。 仮想通貨投資をするなら余剰資金で行うことをおすすめするよ 仮想通貨投資は余剰資金で 再度の説明になりますが、仮想通貨投資は必ず余剰資金で行うようにしましょう。 「大儲けできる」、「一発逆転できる」という言葉に惑わされて、大金を突っ込み、激しく上下する相場にボコボコにされて資産を失った人も多いようです。 投資先は仮想通貨だけに絞らず、他の投資商品にも分散することをおすすめしますよ。 ただ、仮想通貨投資は投資デビューにうってつけの環境であるのは間違いありません。 仮想通貨がここまで流行ったのは、「 投資経験がない素人でも簡単に始められる」というのが大きかったのでしょう。 ビットコインの購入手順はとても簡単で、Amazonを使えるくらいのネットリテラシーがあれば十分です。 (こんな感じで、買いたい金額を入力するだけでビットコインを買えます。 キャプチャでは3万円分のビットコインを購入しようとしていますね。 ) 実際、自分も投資経験ナシからの参入でしたが、仮想通貨投資において困ったことはほとんどありません。 (もちろん購入後、ある程度は勉強しましたが)。 なので、まずは少額ビットコインを買ってみて、「投資」の雰囲気を掴み、そこから手を広げていくというのも一つの方法です。 5万円からの投資術を以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 まとめ まとめるとこんな感じです。 仮想通貨投資の利回りは他の投資商品よりもはるかに高い• その分ハイリスクであることも忘れないように• 投資は余剰資金で行い、分散投資を心がけよう 投資をしてみたいけど、全然知識がなくて不安・・・という人には、「積立投資」をおすすめします。 積立投資とは、毎月決まった金額で定期的に買い増していく投資手法のこと。 このようにして投資資金をセーブすることで、資産の大半を投資に回すようなことは避けられますし、貯金のような感覚で投資をスタートできます。 毎月銀行にある程度預金していると思いますが、その一部を仮想通貨投資に回す、というイメージですね。 「Zaif(ザイフ)」という仮想通貨取引所の、「コイン積立」というサービスを利用すれば、 全自動での積立投資が可能です。 自分も利用しており、サービスのメリットやデメリットを解説しているので、ぜひ参考にどうぞ。 また、さっそく仮想通貨投資を始めたい!という人は、以下の記事を参考にしてビットコインをいくらか買ってみましょう。 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。 提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。 本サイトに掲載されているbitFlyer社の取引・利用状況・使用感想に関する根拠について ビットコイン取引量 国内 No. 2018年 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む) 仮想通貨サービス利用率 国内 No.

次の

仮想通貨は「投資」ではなく「投機」なのか?

仮想通貨 投資

仮想通貨投資はそもそも副業? 仮想通貨に投資するのは副業なのでしょうか?会社規定で副業禁止の方や、公務員の方でも投資できるのか見ていきましょう。 仮想通貨などの投資は副業にはあたらない 仮想通貨取引を副業とみなすケースも一部あるようですが、ほとんどの場合、副業とされないことが多いようです。 そもそも仮想通貨を含む投資は「働いてお金を得ている」という認識ではないため、本業の後のバイトや在宅ワークとは異なり、副業には当たりません。 副業禁止の公務員でもやってOK? 公務員の場合、副業禁止の規則を破ることは絶対に許されません。 公務員は市民からの税金を給与としているのですから、市民のために働く公務員という本業がおろそかになるような副業は絶対に認められないのです。 在宅ワーク、夜間のアルバイト、営利目的の私企業への就業、報酬のある公的機関の役員などを行うことはできません。 ただし投資に関しては、資産運用の一環として行うことができます。 あくまでも資産運用の一環ですから、FX取引などの過度な投資や就業中に取引を行うことは認められません。 就業中の取引以外にも、深夜まで取引を行うことにより、本業がおろそかになるほどのめりこんでしまう投資はやめましょう。 副業禁止の会社でもやってOK? 一方、会社員の副業はどうなのでしょうか?会社員は公務員と異なり、会社によって副業に関する規定が大きく異なります。 副業禁止と言いながらも全面禁止ではないこともありますし、全く副業を禁止しない会社もあります。 まずは会社の就業規定を確認しましょう。 会社規定で副業禁止と定めてあっても、投資まで禁止する会社はほとんどないでしょう。 これも公務員と同じく、投資は資産運用の一環だからです。 そしてこちらも同じく、副業禁止の会社においては本業がおろそかになるようなFX取引などはやめましょう。 バレずに行うには?副業禁止の会社で仮想通貨投資をする方法 副業にならない範囲での投資であっても、なるべく会社にはバレたくないという方も多いのではないでしょうか。 しかし、バレずに行う方法には必ずしもリスクが伴います。 こちらでは、会社にバレずに仮想通貨投資を行う方法とそのリスクについて紹介します。 バレない為の手順 会社にバレないためには、「確定申告をしない」範囲で投資を行うのが一番です。 会社員は給与以外に年間20万円以上の収入があると、確定申告をしなければいけません。 うまく20万円におさえられるようハンドリングできれば良いですが、うっかり超えてしまうこともあるでしょう。 仮に20万円以上の収入が出たにもかかわらず、確定申告を行わなければ脱税となります。 脱税は、5年以下の懲役、もしくは500万円以下の罰金です。 脱税による刑罰のリスクがあることは忘れてはいけません。 その他バレない方法としては、確定申告の際に住民税の徴収方法を「自分で納付」にしておくという方法もあります。 住民税には本業分も副業分も給与からまとめて天引きする「特別徴収」と、本業分は給与から、副業分は自分で支払う「普通徴収」があります。 この普通徴収を選択することで、自宅に住民税納付の通知が届き、会社には副業分の住民税が届かずバレない、という仕組みです。 しかし、こちらも間違って特別徴収にしてしまうと、副業分の収入が明らかになってしまいます。 どちらも確定申告の際に細心の注意を払っていなければ結局はバレてしまいます。 また、脱税などに発展してしまえば、せっかくの収入もマイナスに。 冒頭でご紹介した通り、仮想通貨は資産運用の一環です。 バレないようこそこそする方法はしない方が良いでしょう。 バレたらどうなる? 仮想通貨投資がもし会社にバレたとしても、それが理由で解雇になることはまずないでしょう。 仮想通貨投資は株式投資と同じく、資産運用のひとつとして考えられるからです。 しかし、会社の規定に投資禁止と書かれている場合には注意しましょう。 投資も禁止する会社は珍しいとは思いますが、念のためにチェックしておくと安心です。 もし会社から副業を疑われた場合でも、仮想通貨投資と正直に言わず少し濁して「投資している」とだけ伝えればいいでしょう。 正直に仮想通貨投資というと、仮想通貨になじみのない人には理解が難しく、質問攻めにあってしまう可能性があります。 投資と言っても不動産、株式、信託などさまざまな種類がありますから、それによって疑われることもありません。 仮想通貨の副業でかかる税金はいくら?節税するための確定申告方法 仮想通貨投資で本当に利益を得た場合、その税金はいくらになるのか気になります。 話によっては利益の半分と言われていたりしますが、節税の方法はないのでしょうか? 事業化した場合 基本的に仮想通貨による利益は雑所得となり、全額課税対象、損益通算もできません。 しかし事業化し事業所得となった場合には、損益通算が認められ、雑所得であるよりは節税できます。 ただし問題は、仮想通貨投資が事業として認められるかどうかです。 副業の範囲内の仮想通貨取引では、必ずと言っていいほど事業として認められません。 なぜなら、事業であることを証明するためにはそれが本業でなければいけないからです。 仮想通貨取引を本業として行っていることを証明するためには、仮想通貨投資によって継続的な利益がある、有名なブログを運営している、本を出版しているといったあきらかな実績が必要です。 会社員の副業でこの条件の中をクリアすることはできないでしょう。 そもそもこの条件は、副業禁止規則のある会社員の場合、クリアできません。 会社員が副業として仮想通貨投資をするときには、事業化による節税は難しいと覚えておきましょう。 趣味の場合 完全な趣味として行う場合には、20万円未満の収入なら納税の必要がありません。 確定申告もいりませんし、お小遣い程度の投資をするのなら年間20万円未満の収入にとどめておいたほうが良さそうです。 単に資産を増やしたいだけなら、利益確定せずにずっと保持しておくほうがいいでしょう。 仮想通貨は日本円に換えたり、買い物に利用したり、その他のコインの購入につかうと利益が確定され所得になってしまいます。 税金は払いたくないけれど、資産は増やしたいという方は、一度買ったコインはすぐに手放さずがっちりホールドしておくことをおすすめします。

次の

仮想通貨の投資・おすすめ銘柄ランキング

仮想通貨 投資

投資というジャンルでは、仮想通貨と株は共通しています。 しかし、仕組みや特徴など、投資方法もそれぞれ異なります。 メリットやデメリットなどもそれぞれ違いがあるため、理解したうえで投資をすることが大切だといえるでしょう。 自身が所有している資産や投資経験の有無も、投資を選択するうえで重要なファクターとなります。 特に、投資初心者は損失をださないためにも、まず知識を得ることが必要です。 この記事では、仮想通貨投資と株式投資の特徴や違いについて紹介します。 仮想通貨投資をする主なメリットとは? 仮想通貨は、24時間年中無休で利用することが可能です。 そのため、土日でも取引可能であることが、仮想通貨投資の魅力の1つだといえます。 また、仮想通貨の取引所には手軽に口座開設できるため、仮想通貨投資は比較的早く始められることもメリットです。 写真付きの本人確認書類などを用意しておくことで、比較的短い時間でアカウントを取得できます。 更に、仮想通貨には500円などの少額からでも投資ができるため、投資初心者でも参入しやすいといえるでしょう。 少額の投資でも、リターンが大きいケースもあることが仮想通貨投資の特徴です。 1億単位で利益が出たケースもあり、夢のある投資ともいえるでしょう。 仮想通貨は日々の価格の変動が大きく、誕生してからもまだ年数が浅いため、今後の伸びしろの大きさに期待して、長期保有をする人もいます。 三菱UFJ銀行などの大手の銀行も独自の仮想通貨に関するニュースをリリースしたりと、今後もますます仮想通貨の市場は拡大していくという見方もあります。 仮想通貨投資をする主なデメリットとは? 仮想通貨の市場は、いまのところ流入している資金が株などよりも少ないため、価格変動が大きいことはデメリットだと言うこともできます。 少額から投資ができるため、参入しやすい投資ではありますが、仮想通貨投資を始める前にリスクについてはきちんと認識しておく必要があるといえるでしょう。 また、仮想通貨投資の場合は、株式投資よりも税率が高いことが特徴です。 これは、仮想通貨投資で得られた利益が雑所得になるためです。 他にも、株式投資とは異なり、仮想通貨投資の場合には、株主優待などの制度はありません。 ただし、仮想通貨の種類によっては、配当のような機能がある仮想通貨もあります。 いざ仮想通貨投資を始める際には、仮想通貨の取引所へのログイン時のパスワードや、仮想通貨のウォレットなどの秘密鍵は厳重に保管し、紛失しないよう気を付けましょう。 万一ウォレットの秘密鍵を紛失してしまったり忘れてしまったりすると、せっかく利益が出ていたとしても、仮想通貨を日本円に交換できなくなります。 株式投資をする主なメリットとは? 株式投資は仮想通貨よりも価格変動が小さい場合が多いため、そこまで大きな価格変動を求めていないトレーダーにとっては、適した投資だといえます。 上場企業への株式投資であれば、有価証券報告書などのIR情報を確認することができますので、企業の財務情報などを把握してから投資ができるというメリットもあります。 また、株式投資で得た利益は雑所得扱いにならず、申告分離課税が適応されるため、仮想通貨投資より税制面においては有利だといえます。 そのため、株式投資は非常に大きな金額で投資をしたいトレーダーに選ばれる傾向にあります。 更に、株主優待があるため、株式投資をすることでさまざまなサービスを受けられる可能性があります。 株主優待を受けたいがために、自分の好きなサービスを提供している企業の株式を購入する人もいるようです。 株式投資をする主なデメリットとは? 株式投資のデメリットは、取引時間が基本的に平日の日中のみなどに限定されていることです。 また、株式投資は初期投資額が比較的高いため、少額から購入することができる「ミニ株」などを利用しないと、購入単位が大きくなりがちです。 こちらは株の最低購入単位というものが決められているためであり、多くの銘柄では10万円以上の投資額を用意するケースがほとんどです。 更に、株式投資は、仮想通貨ほどは短期間で大きく値上がりする可能性は低いといえます。 そのため、仮想通貨投資と比べると利益は少額になるケースが多く、短期間で大きく儲けることは難しい投資だとは言えるでしょう。 そもそも日本を含め先進国の成長率は鈍化しているため、今後成長する企業を見極める力なども、株式投資をするトレーダーには求められます。 他には、株価が下がることで損失が出てしまうため、損失を防ぐためには、投資先の企業の業績やニュースなどを定期的に確認しておく必要があります。 株価は政治や業界の動向にも左右されることがあったりしますので、投資初心者にとっては、株式投資はやや難易度の高い投資であるといえます。 株式投資と仮想通貨投資の違いは何がある? 株式投資の場合は、企業によっては配当があったり、株主優待券などの特典があります。 仮想通貨投資の場合は、それらの特典は基本的にはありません。 仮想通貨の中には配当のような機能を持つものもありますが、一部の仮想通貨のみとなっています。 最低投資額 最低投資額は、株式投資よりも仮想通貨投資のほうが小さいため、まずは少額から投資をしたい方には、仮想通貨投資の方が向いているでしょう。 取引時間 また、取引時間も株式投資よりも仮想通貨投資のほうが長いため、土日などに投資をしたい方には、仮想通貨投資の方が向いているでしょう。 ストップ高・ストップ安 株式投資にはストップ高やストップ安がありますが、仮想通貨投資にはありません。 ストップ高・ストップ安とは、過熱した市場を抑制するためのものであり、下落したときに値幅制限がかかるようになっています。 そのため、仮想通貨は価格が上昇した場合はどこまでも上昇する可能性がある一方で、下落した場合はどこまでも下落し続けてしまうリスクもあります。 従って、仮想通貨投資は、大きな利益が得られる可能性がある投資である反面、大きな損失が発生する可能性もある投資とはいえるでしょう。 ただし、株式投資に関しても、企業の経営状態によっても株価は値動きします。 そのため、投資した企業が倒産した場合は、株式の価値がほぼなくなってしまうことはあります。 従って、企業の経営状態を見極めることが難しい投資初心者は、株式投資に関しても慎重に投資先を検討する必要はあるでしょう。 仮想通貨投資と株式投資ならどちらが良いのか? 時間に縛られたくないトレーダーは、仮想通貨投資を選択すると良いでしょう。 少額から投資をしたい場合にも、仮想通貨投資は向いています。 他にも、ハイリターンを狙いたい場合は、株式投資よりも仮想通貨投資の方が可能性はあるかもしれませんが、その分ハイリスクでもあるということは、念頭に置いておく必要があるでしょう。 一方で、企業の分析をしたいトレーダーには、株式投資が向いています。 また、株主優待を得たい場合や、税金面での優遇を得たい場合などは、株式投資を選ぶ方が良いでしょう。 また、数億円単位などの非常に大きな金額を投資したいトレーダーは、配当金だけで利益を得られるケースもあるため、株式投資を選ぶ傾向にあります。 長い歴史がある株式投資に対して、仮想通貨はまだまだ発展途上です。 ですがその分、今後大きく市場が拡大する可能性も十分にあるでしょう。 仮想通貨投資と株式投資はスタイルが異なる! 仮想通貨投資と株式投資は、それぞれ特徴が異なります。 ただし、仮想通貨投資の場合は少額から可能であるのに対し、株式投資の場合は初期投資額がやや高いことが特徴的です。 このような両者の特徴を踏まえた上で、自身の投資スタイルや資産状況に合わせて、利用する投資を選択すると良いでしょう。 いずれにせよ、投資は余剰資金のなかから行うということは、仮想通貨投資においても株式投資においても大切なことです。 また、資産を分散して分散投資することも、リスクを回避するうえで必要なことです。 仮想通貨投資と株式投資のそれぞれの違いをよく理解し、メリットやデメリットなどを知ったうえで投資をしましょう。 商号:コインチェック株式会社• 暗号資産交換業の登録番号:関東財務局長第00014号• 加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会• 【暗号資産・暗号資産のお取引に関する重要事項】• 暗号資産は本邦通貨又は外国通貨と異なります。 秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われます。 暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。 暗号資産の価格は変動するため、損失が生じる場合があります。 お取引の際は、取引内容を十分に理解し、自己の責任をもって行ってください。 その他の重要事項及び取引内容等につきましては、「Coincheck 暗号資産取引説明書」「Coincheck 利用規約」「Coincheck つみたて取引説明書」「Coincheckつみたて利用規約 」等の交付書面をご確認ください。 お問い合わせ:• 手数料について:• 売買等に関する最終判断はお客様ご自身で行ってください。

次の