クリスマス イヴ 12 月 24 日。 12月24日はクリスマスイヴ&12月24日の歴史

12月24日(火)クリスマスイブのイベント【2019年最新】レッツエンジョイ東京

クリスマス イヴ 12 月 24 日

における降誕祭の日付の概要。 教会暦の一日は日没から始まり日没に終わるためクリスマスは24日の日没から25日の日没までとなる。 の典礼暦はと同様に午前0時に日付が変わるが、復活祭やクリスマスなどの祭日の典礼は前日の晩の祈りから始まる。 およびそれを継承するでは、日没をもっての変り目とする。 したがって、この種の暦を採用する教会では、クリスマス・イヴの日没からクリスマスを起算するため「クリスマス・イヴ」は既にクリスマスに含まれている。 つまり、「クリスマス・イヴ」とは「クリスマスの前夜」ではなく、その言葉の通り、正に「クリスマス当日の夜」なのである(も参照)。 ただし、キリスト教国()においてもの概念を用いて「クリスマスの前夜」と説明することがある。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある。 の典礼暦の一日も、日没に始まり日没に終わる。 クリスマスをはじめとする重要な祭日や(毎週日曜日)の典礼は(一般の暦の)前日の「晩の祈り」から始まる。 この時点から(一般の暦で)日付がかわるまでが前夜(: )と位置づけられている。 24日の晩には前夜のための固有のミサが存在するが、日本などでは夜半ミサを前にずらして24日夜に行うことがほとんどで、前夜ミサが行われることは皆無に近い。 また一部教派でも、に日付が変わったときをもってクリスマスの開始とする。 では24日夜に翌日のを準備するが行われる。 ただし、を現在も使用する教会(、など)では、クリスマス・イヴはの晩に祝われ(とユリウス暦の間に現在13日のずれがあるため)、当該地域ではクリスマスも翌となる。 教会での祭 [ ] にあるの聖堂でのイヴ礼拝の模様 教会においては、クリスマス・イヴに多くの教派( ・ ・ )で晩のが行われる。 前述の通り日没を基準にしているでは12月24日(ユリウス暦使用教会では1月6日に相当)の晩は、既にクリスマス当日に入っているため、クリスマスに入って直ぐに最初のクリスマス礼拝が行われていると位置づけられる。 では12月24日は主の降誕の前日で、かつては断食をして備える日であった。 夕刻以降に主の降誕の前夜のが行われる。 ただし現代では25日の夜半のミサを繰り上げて行うことがある。 特に日本の教会では24日に行われるミサのほとんどがこの「夜半のミサ」で、本来の前夜のミサが行われることはほとんどない。 ではクリスマス・イヴにはが行われ、が翌日朝(ただし上は日付は変わっていない)に行われる。 過ごし方 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年12月) 多くの国々でははで過ごす日とされている。 イルミネーションなどで街は賑わい、数日前からクリスマス関連の商品が店頭に並ぶ。 実は中世まではドイツなど欧州でもクリスマスは馬鹿騒ぎするイベントとして根付いていたが、キリスト教の世俗化を嘆いていた者の啓蒙運動により、長い年月を経てではあるが、見直される様になっていく(但し、同じく改革側と知られるは発案者説があるなど、一律とは言えない)。 その後もアメリカにおいて、移民者の中の清教徒達が賃貸住宅大家達と共同で静かにクリスマスを過ごす様(入居者が飲酒により大騒ぎして住宅を壊したり汚したりしない様)に啓蒙運動を広めて一定の効果を得たり、1965年にクリスマスの本来の意味を説いたアニメ映画『』が話題を呼んで注目されるなど、日本と同じくクリスマスを賑やかに華やかに祝う風潮の時代が少なからず存在した事を伺わせる出来事も度々あった。 1991年に公開された映画『』では、辛口ラジオDJ(主人公)が、金に飽かせてクリスマス・イヴの夜に気取って高級料理店で食事、その後はに耽る・アベック達を式・痛烈に茶化し、半ば冗談でリスナー達に彼らの殺害を扇動する発言を行い、実際にその被害に遭い事件のトラウマで精神障害のホームレスとなってしまった大学教授の悲劇が描かれている。 日本 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年12月) 日本では「と過ごす日」と言う認識が「家族と過ごす日」とされる欧米諸国よりも多く、宗教的なものではなく、ただのイベントとしての捉え方が多い。 祝日ではない上に年末なので企業によっては仕事が増えることもあり、クリスマスやクリスマス・イヴにどうするかという決まりや風習はない。 だが日本でもイルミネーションなどで街は賑わい数日前からクリスマス、クリスマス・イヴ関連の商品が店頭に並んでいる。 また、日本の多くの府県ではこの日に小中高校の2学期の(3学期制の場合)が行われることも多いので、午後に家に集まって子供同士の間でパーティーを開くケースも多くみられる。 また、イヴをクリスマスの前日と誤認している人が多いため、クリスマスの前々日である12月23日を「イヴイヴ」と呼ぶといった、日本独自の誤った使い方も増えているが、欧米からはそういった呼称は嘲笑されている [ ]。 老若男女を対象にしたアンケートによると、32. 昭和初期 [ ] 日本のクリスマス・イヴのパーティの記録は、時代初期から残っている。 に、の自宅に日本国外の家族が集まってクリスマス・イヴを祝った。 初期から、日本のクリスマス・イヴはカップルが一緒に過ごす日でもあった。 に、当時一般紙であったがクリスマス・イヴを過ごす若者たちの風景を、下記のようにの記事で伝えている。 暦Wiki、• 、2018年12月29日• 雜賀信行、今日は何の日?、クリスチャン・プレス、2018年12月24日• BIGLOBEニュース、2018年12月21日• The American Heritage Dictionary, Second College Edition,"Christmas Eve : The evening before Christmas",p. 271,Houghton Mifflin,1982,• The Random House Dictionary of the English Language, Second Edition Unabridged, p. 368,"Christmas Eve: the evening or the day preceding Christmas 1350-1400 , 1987, Random House,• ドキュメンタリー「クリスマスの本当の話」()• 朝日新聞2012年12月24日 ローマ支局・石田博士記者(ウェブ魚拓) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

12月24日は納めの地蔵、終い愛宕、クリスマス・イヴ、インテリアの日、こどもの本の日、手巻きの日、削り節の日、等の日

クリスマス イヴ 12 月 24 日

12月24日はクリスマス・イブ 今回は 「クリスマス・イブ」について解説していきます! なぜ12月24日が「クリスマス・イヴ」なのかというと、イエス・キリストの生誕を祝う行事である 「キリスト降誕祭」の前日であることが由来となっています。 子供やカップルにとっては 一年の中で最もワクワクする日なのではないでしょうか。 ところで、皆さんはクリスマス・イヴの「イヴ」とはどのような意味かを知っていましたか? イヴについては英語で「eve」と書き、 「evening(夜)」が由来となっているため「クリスマスの夜」という意味になります。 キリスト教会暦では日没が1日の始まりであって、クリスマスは24日の日没から25日の日没までとなるので、その間の夜である24日の夜のことをクリスマス・イヴと呼んでいます。 そのため、一般的には12月24日の一日を「クリスマス・イヴ」と思っている人が多いのですが、 「イヴ」と呼べるのは夜の間だけであり、日付が変わって12月25日の0時から夜明けまでの間は「クリスマス・イヴ」となるのです。 この時期にはどこを歩いていてもクリスマスムード一色になっていて、少し外を歩いてイルミネーションを眺めているだけでも楽しい気分になりますし、今年のクリスマスも盛り上がるといいですよね。 クリスマスの雑学 今回は「クリスマス・イブ」にちなんで「 クリスマスプレゼントを靴下に入れる理由」「 サンタクロースの衣装が赤白の理由」などクリスマスにまつわる面白い雑学を紹介します。 クリスマスプレゼントを靴下に入れる理由 クリスマスプレゼントといえば何故か靴下に入れるイメージが強いですよね。 普段は防寒用であって、そもそもサイズがとても小さくてとてもプレゼントを詰め込めるようなものではないですが、 なぜクリスマスプレゼントといえば靴下に入れるものとなったのでしょうか。 実は、サンタクロースのモデルとなった人物である 「聖ニコラウス」の伝説が由来となっているのです。 聖ニコラウスは4世紀頃にトルコで司教をしていたそうなのですが、家庭が貧しいことから3人の娘たちを嫁に出してやれない不憫な家庭があると聞きつけました。 そんな三姉妹の事を可哀そうに思った聖ニコラウスは、夜中に自分だとわからないようにマントと頭巾をかぶり、こっそりとその家を訪れました。 そして、 窓からこっそりと金貨を投げて寄付したところ、なんと投げ込んだ金貨が靴下の中に入ったのです。 そのことから、サンタクロースのプレゼントは靴下の中に入れられるものとなったんですね。 サンタクロースの衣装が赤白の理由 サンタクロースといえば とても特徴的な赤と白の服を着ていますよね。 そもそもサンタクロースの由来となった三姉妹の言い伝えにもあるように、自分の存在がバレないようにプレゼントをするのがサンタなのですが、赤白ではかなり目立ってしまいますよね。 実は 昔はサンタクロースの服の色は統一されておらず、白色のサンタから紫色、青色の服を着たサンタクロースも存在していたそうなんです。 赤白の服を着たサンタクロースはカトリック教会の祭服が赤色をしていたことが由来となっていて、これがあることをきっかけにして全世界に広まっていったそうです。 実は コカコーラの宣伝に起用されたサンタクロースの服装が赤色をしていたため、世界にサンタクロース=赤色というイメージが広まっていったのです。 コーラが販売され始めたころには身体に悪いものだというイメージがあってなかなか売り上げが伸びなかったことから、女性や子供にも良いイメージのサンタクロースを宣伝として使ったのでした。 以上がクリスマスの雑学でした、いかがでしたか?.

次の

ドイツのクリスマスイヴ12月24日の過ごし方は?

クリスマス イヴ 12 月 24 日

クリスマス・イヴ 今日は サンタさんを心待ちにケーキを食べる日ではなく、 イエス・キリストの誕生を祝う日・降誕記念日「クリスマス」の前日です。 イヴは「前夜」という意味なので、クリスマス・イブは24日の日没後とされていますが、もはや24日全日をイヴとしているような気もしますね。 また、ユダヤ暦や教会暦では日没を日付の変わり目とするため、24日の日没からクリスマスとされているようです。 ご馳走でお祝いではなく断食の日? クリスマスが近づくと、24、25日に限らず大切な人とちょっと素敵なディナーなど楽しまれる方も多いのでは?しかし、カトリック教会は違いました! 24日は主が降誕した日の前日で、とても大事。 かつて24日は ご馳走どころか断食をして備える日であり、24日の日没後にはミサが行われたということです。 今では断食はされていないかもしれませんけどね。 以前、教会のクリスマス会へ友達と参加して、アイスをいただいた記憶もあるので。 ローマ教皇の憂い 子供はサンタさんからのプレゼントやご馳走、ケーキが楽しみだと思いますが、教会としては商業的な盛り上がりを懸念されています。 「無原罪の聖マリアの祭日」(12月8日)、そしてクリスマスの間の「聖なる降誕祭を準備する期間」について、第265代ローマ教皇・ベネディクト16世は次のコメントを出されています。 現代の消費社会の中で、この時期が商業主義にいわば「汚染」されているのは、残念なこと。 このような商業主義による「汚染」は、降誕祭の本来の精神を変質させてしまう恐れがある。 降誕祭の精神は、「精神の集中」と「落ち着き」と「喜び」であり、この喜びとは、内面的なもので、外面的なものではない。 — 教皇ベネディクト十六世の2005年12月11日の「お告げの祈り」のことば(カトリック中央協議会) 商業主義による「汚染」って、すごい言葉ですね。。。 別の機会にも「クリスマスには聖書を読んで学ぶべき」とおっしゃっているそうです。 宗教の自由もあるので過ごし方は個人の自由だと思いますが、キリスト教を信仰する方にとってクリスマスが聖なる日であることは、心に留めおかれてはいかがでしょう。 サンタはキリスト教の関係者なのか ところで商業的な盛り上がりの一端は、サンタも関係しているのでは!あれ、でもサンタクロースは教会の関係者じゃないの? What,サンタの立ち位置! Wikipedia先生によると、サンタの服は司祭服からきているとか。 ドイツの古い伝承では、サンタは双子で、ひとりが性格の良い聖ニコラウス(サンタのモデル!)、もう一人が性格の厳しい人。 街を練り歩いて 良い子にはプレゼントを、悪い子にはおしおきをしていたとか。 各国でさまざまな伝承があるので、現在のサンタはいろんなものが混ざった姿なんでしょう。 病気の子供のところへ、サンタがプレゼントを持ってやってきたという話も残されているようなので、その話はキリスト教の慈善活動的だなとは思います。 サンタとキリスト教は、どこかでやんわりと繋がっていたのかもしれません。 ふわっとした締めですみません。 クリスマスの過ごし方が気になる人 今日はアイドルグループ嵐のメンバー・相葉雅紀さんが誕生日です。 先日「交際5年か?」的なニュースを見まして…実際のところどうなんでしょうね。 お仕事が忙しいとは思いますが、誰とクリスマスを過ごすのか気になるところです! です。 <y> <SPONSORD LINK> ローマ教皇のコメントをのせましたが、とはいえ恋人と過ごす文化も根強いですね。。

次の