ウィロー博士。 #ポケモンgo X ウィロー博士

【ポケモンGO】不思議なパーツとロケットレーダーの入手方法&使い方

ウィロー博士

概要 「少年少女が大人から御三家を受け取る」「ポケモン研究者がポケモン図鑑を少年少女に託す」という共通設定の都合上、1世代に1人は必ず登場するポケモンに必須の存在。 主人公にとっては恩人と言えるし、作品によってはライバルの恩人・上司であることも。 また、ゲームプレイ時に最初に登場し、主人公の名前・姿などを決定するプロセスにたずさわる存在でもある(第8世代ではが担当。 また第2世代はが引き続き担当する形式を採用している)。 トレーナーではない、もしくは引退済みという人物も多く、かつてはバトルはしないのが定番だったが、近年はバトルもできる博士が増えてきている。 歴代の博士 図鑑や御三家をくれる博士• 『』から登場。 ポケモン研究の権威にして第一人者。 そのためポケモン博士の中でもひときわ知名度は高く、昔は凄腕のトレーナーであったらしい。 孫にナナミ、主人公のライバル ゲームなどだとグリーン、アニポケだとシゲル がいる。 『』から登場。 「ポケモンの繁殖とタマゴ」について研究している細身の博士。 をくれるが、図鑑はくれない(その役はオーキド博士が担う)。 ポケモンじいさんのお使いをすませると、彼からポケモンのタマゴを託される。 『』から登場。 「ポケモンの分布と生態」について研究している博士。 研究所にいるよりもフィールドワークをしていることが多い行動派。 主人公のお隣さんになる選ばなかったほうの主人公 ユウキ・ハルカ の父親で、主人公の父親・センリの親友である。 『』から登場。 「ポケモンが遂げる進化」について研究している。 強面な初老の博士で、オーキド博士の大学の先輩にあたる。 選ばなかったほうの主人公 コウキ・ヒカリ が彼の助手をしている。 『』から登場。 「ポケモンという生物の起源」について研究している、ゲーム初の女性博士。 アニポケでは父親も伝説のポケモンに付いての研究をしており、遺跡の調査も行っている。 『B2・W2』では主人公の幼馴染のベルが彼女の手伝いをしている。 『』から登場。 「ポケモンの現象」について研究している。 かつてはと共にナナカマド博士へ師事しており、とも旧知の関係。 ポケモン図鑑と御三家をくれる人だが、最初の町にいないため、ティエルノとトロバを通じて渡した。 『』から登場。 「ポケモンの使うわざ」について研究している。 ポケモン博士でありながらアローラ地方トップクラスのトレーナーであり、覆面レスラーとしての顔も持つ。 『』から登場。 後述のマグノリア博士の兼として登場。 はくれない(その役は彼女の幼馴染であるが担当)が、マグノリア博士の代理として図鑑はくれる。 マグノリア博士の代理として、歴代ポケモン博士の立ち位置で本格的に主人公の旅に同行する。 当初は助手だったが、作中終盤で祖母からと研究所を引き継ぎ、一介のポケモン博士として独り立ちを果たした。 シリーズで初めて、 物語を進めていく過程でポケモン博士となった研究者である。 その他ゲーム本編• 『ポケットモンスターブラック・ホワイト』から登場。 「ポケモンが見る夢」について研究している。 ゲームシンクの開発者で、アララギ博士とは大学時代からの親友。 『』から登場。 「ポケモンが秘めた潜在能力」について研究しているフリーの科学者。 研究のためなら悪に与する事も厭わないマッドサイエンティストだが、その理念自体は純粋。 バーネット博士 後述。 『ポケットモンスターサン・ムーン』から登場。 「ポケモンの」について研究している。 上記のオーキド博士にそっくりなであり、アニメではポケモンスクールの校長をしている。 『』から登場。 「ポケモンの現象」について研究している老婆の博士。 高齢のために研究活動を行うのが難しくなっており、作中で孫娘であるソニアにその座を譲った。 歴代ポケモン博士の立ち位置にいたのはこの人だが、多くの役割をソニアに委ねており、ストーリー上で主人公の旅に本格的に関わるのも孫娘の方である。 オープニングでの導入も担ってはいないが、シリーズ恒例の たいせつなものをしかるべきタイミング以外で使った時のメッセージ(第1世代なら「オーキドのことば~」)はマグノリア博士のものとなっている。 『』で登場。 過去のポケモン を純粋に研究する。 俗に言うネガティヴ履きをしている。 記事名の都合上ここに記すが、劇中でポケモン博士として認められているかは不明である。 『』に登場。 ポケモン総合研究所の所長でリライブ研究を行っている。 ゲーム本編外• 映画『』に登場。 南米のジャングルで発見したの睫毛の化石から抽出した遺伝子を元に、人造ポケモンであるを作り上げるが、ミュウツーに不信を抱かれ、研究所ごと爆破されて死亡する。 原作におけるに相当する人物。 アニメオリジナルの博士で、オレンジ諸島編にて登場。 「ポケモンの亜熱帯における変化」について研究している。 彼女に魅了されたタケシが一時的に助手になっていた。 ダウンロードソフト『』から登場。 「ポケモンと異世界の関係」について研究している。 第7世代にも登場。 スマートフォン用ゲーム『』で登場。 ・・という3人のアシスタントがいる。 オダマキ博士同様「ポケモンの分布と生態」を研究しており(互いに面識があるかは不明)、プレイヤーに協力を依頼する。 アップデートごとに新世代のポケモンが増えているのは、ゲーム中では彼の調査により新たなポケモンの生息場所が見つかったためとされている。 「」ではスペシャルリサーチの依頼人として登場。 また、ここでかつてオーキド博士の指導の下でポケモンの研究を行っていたことを明かしている。 ポケモンGOの世界では割と有名な人物らしく、のリーダー:も彼の素性をある程度知っていた。 スマートフォン用ゲーム『』で登場。 「バディーズわざとバディストーン」の関係について研究している、人工島パシオのポケモン博士。 アニメオリジナルの博士。 第7シリーズの『』にて登場。 カントー地方に研究所を構える。 アン・ローラン博士 実写映画『』に登場した女性の神経生物学者。 ポケモンの洗脳実験を行ったことが発覚して助成金をはく奪され、その後ライムシティーの名士であったハワード・クリフォードに拾われ、研究機関PCNにて密かにミュウツーの遺伝子とそれを利用したの研究を進めていた。 しかし、そのことを探偵であるハリー・グッドマンに突き止められてしまい、薬品のサンプルを持ち出された上に、自身も覚醒したミュウツーの攻撃に巻き込まれて死亡した(この展開は上記のフジ博士のオマージュとなっている)。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

ポケモン博士 (ぽけもんはかせ)とは【ピクシブ百科事典】

ウィロー博士

日付:2019年10月22日 件名:[ウィロー博士の調査レポート]ふしぎなパーツ GOロケット団によるポケストップ乗っ取りについて調査を進める中で、GOロケット団のしたっぱが奇妙な物を落としていくことに気付いた。 このレポート内では、その物体を「ふしぎなパーツ」と呼ぶことにする。 外側は何らかの合金のようで、触るとひんやりと冷たい。 ガラスでできたスクリーンは紫色に反射している。 スクリーンを触ってみたが特に反応はなく、何も起きなかった。 ポケストップを乗っ取るために、何か道具を使っていることはすでにわかっていた。 少なくとも今回の調査から分かったのは、この「ふしぎなパーツ」がポケストップの乗っ取りに何らかの形で関わっているということだけだ。 かなり先進的な技術が詰め込まれているようだが、きっと他にも用途があるに違いない。 今はチームリーダーたちと研究所で「ふしぎなパーツ」の調査を進めている。 研究が進めば、GOロケット団のしたっぱたちが隠れている場所を探し出せるかもしれない。 引き続き研究を続けよう。 「ふしぎなパーツ」を組み合わせて、ここでは「ロケットレーダー」と呼称するが、GOロケット団につながる新しいデバイスの開発を進めているが、まだ思った通りには動かない。 もし「ロケットレーダー」の試作品がきちんと動けば…GOロケット団の技術を使って、向こうのアジトを見つけ出せるはずだ。 GOロケット団のしたっぱは色の変わったポケストップに潜んでいるので簡単に探せるが、GOロケット団のロケットリーダーたちやボスのサカキがどこに潜伏しているのかは、依然としてわからないままだ。 「ロケットレーダー」の完成は、「ふしぎなパーツ」の研究がカギを握っている。 絶対にアジトを見つけ出せるはずだ。 「ロケットレーダー」の試作品のテストを進めるために、わたしはアシスタントとしてブランシェを選んだ。 GOロケット団の追跡機能をテストしてみたが、試作品は誤動作をし続け、あてもなくランダムに無関係なポケストップを示すだけだった。 ブランシェは、計画通り事が運ばないときにふと見せる苛立ちの表情を、一瞬だけ見せた。 そして、予期せぬことが起こった。 こちらがGOロケット団のロケットリーダーを探していたのに、先に向こうがわたしたちを見つけ出してしまったのだ。 モンスターボールのような形のヒゲを生やした大柄な男が、わたしたちに近付いてきた。 わたしのパソコンに仕込まれていた画像の男、GOロケット団のロケットリーダー「クリフ」そのものだった。 彼は口を開くと、まず「お前達はGOロケット団の縄張りを荒らしている」と警告してきた。 写真の通り見た目こそ恐ろしそうな風貌をしていたが、向こうに戦う気はなく、意外にも威圧感のない声でわたしたちに立ち去るように言ってきた。 しかし、それはクリフがわたしたちに見せた唯一の優しさで、もしこちらからバトルを仕掛けたら絶対に引かなかったはずだ。 わたしとブランシェは、ひとまず引き下がることにした。 まだこちらはバトルへの備えができていなかった。 研究室に戻ると、クリフと遭遇した時に、どんな行動をとればいいのか自分には判断がつかなかったとブランシェも話していた。 「ロケットレーダー」の開発進捗も悪く、珍しく目の前の状況をうまく飲み込めていないようであった。 冷静にならないとダメだ。 わたしとブランシェには、まだ仲間がいる。 彼らの力も借りることにしよう。 ブランシェは新たなモチベーションを見つけたようで、おかげで「ロケットレーダー」の開発は順調に進んでいる。 だが、チームインスティンクトのリーダー、スパークによって…予期せぬ形でテストを行うことになった。 スパークがまだ試作段階の「ロケットレーダー」を勝手に持ち出していたことが判明した。 そのことについて少し説教をしたあとに、彼の口から予期せぬ遭遇について聞かされた。 スパークは、GOロケット団がポケストップから道具を盗み出していることから、彼らがポケモンのタマゴにも手を出しているのではないかと心配していた。 タマゴからかえったポケモンが「シャドウポケモン」に変えられてしまわないよう、できるだけたくさんのタマゴを救おうとしていたのだ。 いくつかのタマゴを救い出した後、突如としてスパークの前に、わたしのパソコンに仕込まれていた画像に写っていた女性・シエラが現れ、彼の努力をあざ笑ったという。 スパークはついカッとなってそのままバトルを仕掛けようとしたが、タマゴを守ることで頭がいっぱいで、バトルに向けて何の準備もしていなかった。 シエラはスパークがモンスターボールを持っていないことに気づくと、鼻で笑い、影の中へと姿をくらませたそうだ。 スパークいわく、シエラの振る舞いは他のしたっぱたちとは一線を画すようだ。 これまでGOロケット団のしたっぱに恐れを感じたことは一度たりともなかったが、シエラの前では今までにない緊張感を覚えたという。 どうやらGOロケット団には、脅威になる人物がいるらしい。 スパークは試作段階の「ロケットレーダー」を返却した。 ブランシェは、スパークが勝手に持ち出したことを面白く思っていないのは明らかだったが、スパークが使ったことで、不具合の原因を特定するきっかけを得られたようだ。 今は2人で協力し、新たな課題に向き合っている。 チームリーダーにはそれぞれの強み(と弱み)があるが、協力することで、きっとこの壁も乗り越えられるだろう。 ブランシェとスパークは「ロケットレーダー」の改良に力を入れているのに対し、キャンデラは何も手に付かない様子だった。 意味もなく部屋の中を歩き回ったり、ため息をついたり、とにかく落ち着きがない。 わたしは彼女を呼び止めて、近くの「ポニータ」が集まる場所へ調査に行こうと誘った。 本当の目的は、彼女を研究室から一旦連れ出して、彼女の情熱を目の前の課題に向けさせる方法を探ろうとしていたのだ。 調査に向かう途中で、わたしは彼女に率直な質問を投げかけてみた。 GOロケット団のリーダーたちの画像をわたしが見せてから、明らかに彼女の様子や雰囲気が変わってしまった、と。 彼女はいつのように情熱的に、しかしせわしなく動き回りながら、事情を話してくれた。 それは脈絡のない話ぶりだったが、その中である事実が浮かび上がってきた。 GOロケット団のリーダーの1人、アルロは、かつてキャンデラの仲間だったらしい。 2人はチームヴァーラーに共に所属していたが、キャンデラがチームリーダーになると、アルロは突然姿をくらませたという。 それ以来アルロは音信不通で、あの写真を目にするまで、キャンデラも彼の姿は一度も見ていなかったらしい。 どうしてかつての仲間がチームを去ってGOロケット団のような組織に入ったのか、彼女は心底わからない様子だった。 その情熱で、今まで何度も苦しい状況を乗り切ってきた彼女だったが、今回ばかりは不安に押しつぶされそうになっているように感じた。 彼女は外に出て、とにかく何かをしたかったのだろう。 みんなの力になりたかったんだ。 わたしはキャンデラに、ブランシェとスパークの身に起こったことを話した。 ブランシェの論理的で計画的な性格は普段は強みとなるが、クリフに出会ったときには、考えすぎて即座に判断することができなかった。 スパークの大胆さとガッツは、普段はピンチをチャンスに変えてくれるが、今回はポケモンを守ることに必死になりすぎて、何の準備もないままにシエラに対面してしまった。 でも失敗しても、間違いをおかしても、それは大した問題じゃない。 それが自分たちを突き動かす原動力になって、GOロケット団に対抗する気持ちを奮い立たせてくれる。 そう彼女にも伝えた。 本当に大切なのは、自分の弱みを受け入れて、それを克服する方法を学ぶことだ。 失敗しても、きっとそばにいる誰かが助けてくれる。 目的地に到着し、わたしたちはまず周囲の様子を観察していた。 すると突然、キャンデラの表情が凍りついた。 彼女の目線をたどると、シャドウポケモンの一群と、その中に佇むアルロが立っていた。 いつものキャンデラなら、そのまますぐにバトルになだれ込むだろうと思っていたが、彼女は落ち着いた様子だったので、わたしは感心してしまった。 アルロや彼のシャドウポケモンと対峙する準備ができていなかったし、ポケモンの数もこちらが負けていた。 すぐに他のチームと合流して、対策をする必要があった。 わたしたちはアイコンタクトをし、お互いに頷くと、すぐに研究室へと引き返した。 キャンデラはすぐに他のチームリーダーと「ロケットレーダー」の開発に取りかかった。 彼女のフィードバックや提案のおかげで開発は一気に進み、「ロケットレーダー」は正常に作動するようになった。 3人が協力し合い、それぞれの強みを活かした結果、最高のバランスで開発を進めることができた。 やっぱりわたしの見込んだとおりだった。 記録のため、これを「スーパーロケットレーダー」と名付けよう。 「スーパーロケットレーダー」を試していたトレーナーからの報告は、とても悩ましいものだった。 最初のプロトタイプは、信号を発信することでGOロケット団のアジトを見つけ出すことを目指していたため、感づかれる危険性もあったのだ。 だが、改良が進み、信号を傍受することも可能になった。 これによって、彼らのアジトだけでなく、本部まで探ることができるはずだ。 「スーパーロケットレーダー」の完成にはまだまだ情報が足りない。 全世界のトレーナーたちには「スペシャルリサーチ」を通じて協力をしてもらいたい。 あれから全く変わっていないようですね。 いいですか、炎とは移ろいやすいものです。 制御できなければ、暖かさを超えて、人に火傷を負わす。 ボクから奪ったものを返せとは言いませんが、後悔はしてもらいます。 大きな何かが起こるだろう。 それが何であるかを早く見つけださなければならない。 解読できたのは一部だけだった。 以下に記載する。 どうやらメモのようだ。 今後の最新情報は、私達の公式チャンネルでお届けします。

次の

【ポケモンGO】セレブレーションチャレンジのスペシャルリサーチとボーナス

ウィロー博士

日本版リリース2日目時点で…ウィロー博士が大人気だった。 あまりにも人気でこんなイラストが描かれていた。 薄くヒゲ生えてて、胸板厚くて、それでいて落ち着いてて…みたいなおじさん大好きだからなぁ〜。 だから、ウケること自体は想像がついていた。 だが、まさかあんな風になろうとは…。 ウィロー博士のかわいさにとち狂う女性達 ウィロー博士「君は私に何をして欲しいんだい?」 女主人公「一言で言うと抱いて欲しいですね。 もう一言付け加えると愛して欲しいです。 私は愛していますので。 米「ポケモン!」 英「ポケモン!」 独「ポケモン!」 他「「「ポケモン!!」」」 日「ウィロー博士がシコい」 — つわぶき きの Negi2355 女の子がシコいとか言っちゃダメだって>< ウィロー博士に送るポケモンの名前を生活雑貨にしたら博士を養ってる感すごいと聞いて早速試してみたのですが、ネーミングセンスがなさ過ぎて語彙力のない居酒屋メニューみたいになってしまった件。 — ちら玉 chilime なぜ、(腐)女子は好きなキャラに「養ってる感」を出したがるのか(哲学) 一方で、こんな意見も ポケモンGOのウィロー博士に好意を寄せる女性陣もおられるようだが、あんな薄いチュートリアルだけで何千万人ものプレイヤーを野に放り出し、博士を名乗っておいてアメ作りに没頭し続けるアメオヤジの怠慢を許してはならない。 — 野口智弘 ngctmhr そういう適当さがモテる秘訣何じゃないかな…束縛したがる男はモテないらしいし。 ウィロー博士のイラスト・マンガまとめ ウィロー博士、ゲットだぜ!! 絶対に「ピッピカチュウ」とか合いの手を入れたくないゲットが今始まる。 私はもうBBAである。 ポケモンGOのウィロー博士描いたよー。 やっぱりこの人のことは気になりますよね。 ポケモンに名前をつけてウィロー博士とコミュニケーション!! 博士ェ…。 頑張るトレーナーの為に飴をせっせと用意するウィロー博士と博士の為にせっせと色んな物を送りつけるトレーナー。 参照: ウィロー博士に変な名前のポケモンを送りつける大喜利が流行ってるけど、ポケモンは名付け親以外は名前変えられないんだからポケセンや預け屋とかでこういう問題が起きそうでウィロー博士がかわいそうだからやめたげてよお! — 花蓮 1217karen 羞恥プレイやないか!! ポケモンに添えて — メロン型容器に入ったICEofPRISM Clearite おい、何やってんだよ!! ポケモンの名前のせいでウィロー博士がろくでなしになってしまった… — 774 う111-し85 na74 やめろよ、ヒモみたいだろ! ポケモンに「赤葦京治」って名前をつけて博士に送り続けるのがやめられねぇぜーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! — りつおくん*第一次セッター犬事変 Dogout18 2016年7月23日 そういう形で掛け算するのかよ!! ウィロー博士の正体は、もしかして… ポケモンGOは赤緑青よりかなり昔の世界なのではないか。 後のチョウジジムリーダー。 ということはあのアメは不思議なアメのプロトタイプの可能性がある。 ポケモンを送ると貰えるアメ。 マクドナルドがジムになるらしいですね。 — ゼノン xenonbot お前が戦うのかよ!! 前の絵も — ゼノン xenonbot ただただめんどくさいオッサンじゃねーか!! ゲームしてる場合じゃない ウィロー博士ずっと眺めてる こっから進まない — み さ こ. インストール(概念) SKCmisako ゲームしろよ!!.

次の