タクシー 配車 アプリ 大阪。 【徹底比較】タクシー配車アプリおすすめ6選【2020年最新版】

【徹底比較】タクシー配車アプリおすすめ6選【2020年最新版】

タクシー 配車 アプリ 大阪

今回は、タクシー配車アプリ「 DiDi(ディディ)」を利用して、無料でタクシーに乗る方法を徹底解説していきます。 タクシーは目的地まで一直線で行くことができますが、どうしてもバスや電車より料金が割高になってしまいますよね。 そんなタクシーを無料で乗る方法があることをご存知でしょうか。 「DiDi(ディディ)」というアプリを使えば、地域限定ではありますが、その地域でタクシーを利用したい場合、料金を割引してもらうことができます。 クーポンを利用するのですが、そのクーポンの金額が大きいので、近場に行きたいなら実質的に無料に乗れるでしょう。 DiDi(ディディ)を活用して無料でタクシーの乗る方法について見ていきましょう。 下記で徹底解説していきます。 タクシー配車アプリ「DiDi(ディディ)」とは? まずは、タクシー配車アプリ「DiDi(ディディ)」について紹介します。 DiDi(ディディ)は、中国が開発したタクシー配車アプリで、2018年9月末に、日本にも上陸しました。 タクシー配車アプリということですので、 目的地に行きたい場合などはDiDiを利用して、近くにいるタクシーを検索して配車してもらいましょう。 ただし、注意しておきたいのは、「日本中のどこでもDiDi(ディディ)を利用できるわけではない」ということです。 どういうことかというと、2018年11月17日現在では、 DiDi(ディディ)は「大阪」でしか取り扱われていません。 大阪に住んでいる人や、観光などで大阪を訪れる際にはDiDi(ディディ)を利用してタクシーを呼ぶことができるのですが、 例えば東京や福岡などでDiDi(ディディ)を利用しても、タクシーを利用することはできません。 つまり、「 大阪限定のタクシー配車アプリ」ですので、その他の地域に住んでいる人は残念ながら利用することは現時点ではできないので注意してください。 大阪の中でも「大阪市域と泉州エリア」がDiDi(ディディ)対応地域で、以下を参考にしてください。 大阪市域 大阪市 | 豊中市 | 吹田市 | 守口市 | 門真市 | 東大阪市 | 八尾市 | 堺市• 泉州エリア 泉大津市 | 和泉市 | 高石市 | 岸和田市 | 貝塚市 | 泉佐野市 | 泉南市 | 阪南市 | 泉北郡及び泉南郡 出典: 呼んでくれるタクシー会社はDiDi(ディディ)に登録しているタクシー会社で、DiDi(ディディ)アプリによって暇なタクシーを見つけてくれるので、そのタクシーに乗車することができるようになっています。 使い方がとても簡単で、配車から下車までスムーズに終わるので、使い勝手がいいタクシー配車アプリとして名を上げています。 ただし、大阪でしか使えないこともあって、あまり多くの人には知られていません。 今回紹介する 無料クーポンや友達紹介によるクーポンゲットも、「大阪に住んでいる人限定」での利用になりますので、注意してください。 カテゴリ: 旅行 現在の価格: 無料 DiDi(ディディ)を利用して無料でタクシーを配車してもらう方法は? 早速、DiDi(ディディ)を利用してタクシーに無料で乗ってみましょう。 DiDi(ディディ)を利用して無料でタクシーに乗るには「クーポン」や「初乗りサービス」を併用させるのが主な方法となります。 そのため、手に入れることができる各種クーポンの種類や、初乗りサービスの概要について知っておきたいです。 初回登録クーポンを利用しよう DiDi(ディディ)には、新規で登録したユーザー用に「 初回登録クーポン」があります。 合計で「 2,500円分」のクーポンがあり、クーポンの内訳は 「1,000円」が2つ、「500円」が1つです。 このクーポンを利用すれば2,500円分タクシーに乗ることができますが、残念ながらクーポンの併用はできないので、例えば1,200円分タクシーに乗った場合、1,000円分のクーポンを利用することになりますが一緒に500円クーポンは利用できません。 そのため、1,200円分タクシーに乗った場合は、200円は現金で支払わなくてはいけません。 したがって、1,000円分乗らなかった場合は無料でタクシーを乗ることができることになります。 また、こちらのクーポンは従来の車内決済では利用できず、アプリで支払いされる「アプリ決済」でしか利用できないので注意してください。 また、 初回登録クーポンには「一部大阪地域で使用可」と書かれているため、DiDi(ディディ)で対応している大阪の街でしか利用できません(そもそもその他の地域はDiDi(ディディ)に対応していないためアプリ自体の利用もできません)。 アプリ自体は大阪にいなかったとしてもインストールすることができますが、大阪でないとクーポンを利用できないので注意してください。 大阪で利用する場合でも、「登録から1ヵ月後にクーポンの期限が切れる」ことを頭に入れておきたいです。 お友達紹介キャンペーンを利用しよう DiDi(ディディ)には「 お友達紹介キャンペーン」が存在します。 他のアプリでも度々見かけますが、 自分が友達にDiDi(ディディ)の利用を勧めて、実際にDiDi(ディディ)をダウンロードしてもらうことができた場合、キャンペーンでクーポンをゲットすることができます。 お友達紹介キャンペーンで入手することができるクーポンは「 1,500円分」ですので、1,500円までの距離ならタクシーに無料で乗ることができますよね。 ただし、こちらのお友達紹介キャンペーンのクーポンも「大阪限定」です。 しかも、大阪エリア外の人は友達紹介機能自体利用できないので、お友達紹介キャンペーンを利用したいなら、大阪に足を運んで紹介処理をすることが求められます。 大阪エリアでお友達紹介した場合、大阪にいない人にも友達紹介することはでき、「自分と友達」に1,500円分のクーポンが配布されます(ただし、友達は大阪に来ないとDiDi(ディディ)を利用できません)。 このお友達紹介キャンペーンによって手に入れた1,500円クーポンも、他のクーポンとは併用ができません。 そのため、例えば2,000円分タクシーに乗って、お友達紹介キャンペーンの1,500円クーポンを利用した場合、初回登録クーポンなどの500円クーポンと一緒に使えないので、500円は支払わなくてはいけません。 どうしても無料で利用したいのなら、清算が1,500円以内の乗車の際に利用してください。 「毎週金土曜日」の初乗りが無料に!? 11月にDiDi(ディディ)を利用してタクシーを配車してもらった場合、 「毎週金土曜日は初乗り料金が何度でも無料」になるサービスが実施されています。 例えば、11月17日(土曜日)にタクシーを利用した場合、初乗り料金(680円)が完全無料になりますので、680円分しか距離を移動いないような場合は、無料でタクシーに乗ることができるのです。 11月の金曜日と土曜日限定ではありますが、ちょっとでもタクシー代を節約したい人にとってはお得なキャンペーンですよね。 このキャンペーンは「11月だけ」ですが、このようなキャンペーンが定期的に開催されるということは、今後も同様のキャンペーンが開催される可能性はあります。 例えば「12月の金土曜日は初乗り無料」というキャンペーンが開催されたとしても不思議ではないですよね。 これからのキャンペーンに関しては未定ですが、 同様のキャンペーンがあることを期待してもいいかと思われます。 タクシー配車アプリ「DiDi(ディディ)」を利用してタクシーを無料で乗る方法まとめ 今回は、タクシー配車アプリ「DiDi(ディディ)」を利用してタクシーに無料で乗る方法を徹底紹介しました。 基本的にクーポンや初乗り無料サービスを利用することになりますが、クーポンや初乗りサービスの「期限(期間)」はしっかりと確認しておきましょう。 大阪に住んでいる人は今からでも利用できますし、大阪に観光や出張に訪れる際にも、DiDi(ディディ)を利用してタクシーを配車してもらってはいかがでしょうか。

次の

タクシー配車アプリMOVのメリット・デメリットは?【大阪府】

タクシー 配車 アプリ 大阪

GPSの情報を基に、MOVと提携している中で一番近くにいるタクシーを呼び出すことができます。 MOVのアプリには地図が搭載されているので、場所を指定すれば、わかりにくい場所でもピンポイントで迎えに来てくれます。 10分以上待つ場合は、タクシーをひたすら待たなくても時間を潰すことができるので便利ですね! 配車依頼後はタクシーが乗車位置に近づくにつれて到着予定時間が短くなります。 GPSでタクシーが今どの辺りを走っているのかチェックすることもできます。 何かあった時は、アプリからドライバーと連絡を取ることも可能です。 降車時に現金もクレジットカードも必要ありません。 これからエリアは拡大していくと思われます。 大阪府のMOV提携タクシー会社• 株式会社国際興業大阪• 近鉄タクシー株式会社• 新大阪タクシー株式会社 2020年1月現在では上記3社のみです。 まだ提携先が少ないので、タクシーがいつでも、どこでも、すぐにつかまるというレベルには至っていません。 今後の普及に期待しましょう! MOVを利用した感想 私は大阪市に住んでいます。 大阪は7月からMOVのサービスが開始されました。 7月下旬に実際に利用してみたので感想を述べたいと思います。 利用してわかったMOVのメリット まずはMOVを利用して良かったと感じた点についてから挙げていきます。 メリット1.地図アプリで指定した場所に来てくれる 郊外とかになると目印になる建物が無かったりするので、口頭ではピンポイントで来てほしい場所を伝えにくいものです。 しかし、MOVであれば配車依頼時にアプリ内の地図を利用して ピンポイントで乗車場所を指定できます。 配車予約が完了すると運転手にアプリを通して、付近の情報や自分たちの服装の特徴等を伝えることができます。 文字入力なのでドライバーに電話する必要はありません。 どうしても口頭で何か伝えなければいけない時は、アプリからドライバーと通話することもできます。 電話番号を知らせる必要がないので安心ですね! メリット2. 目的地を設定できる 配車予約が完了したら、待っている間にアプリ内で目的地を設定することができます。 目的地を設定したら、自動的にタクシーのナビも設定されます。 タクシーに乗車したら 目的地を伝えなくても、ナビがドライバーに目的地を案内してくれるのです。 これってすごく便利ですよね! タクシーに乗車した時って、客もドライバーも目的地までの道順がわからないことってないですか? そんな時は、乗車後ドライバーがナビを設定するのですが、その時間ってもったいないですよね? 事前に目的地とナビまで設定できるのは、かなりの時短になります。 メリット3. 財布が要らない 事前にクレジットの情報を登録して、ネット決済にしておけば現金もクレジットカードも要らないというのはかなり便利です。 私は買い物もキャッシュレス決済が中心のため普段財布を持ち歩いていません。 財布を持っているときも最低限の現金とクレジットカードくらいしか入れていません。 タクシー代って結構高いので、いざと言う時にタクシー代が払えなくなると困りますよね!? ネット決済であれば現金がなくても支払が完了します。 実際、タクシーに乗り目的地に着くと金額の確認をしてドライバーが決済の処理をしてくれます。 下車時にドライバーが処理をして、このような画面が表示されたら決済完了です。 利用客がアプリを起動して何かするという手間はかかりません。 利用してわかったMOVのデメリット MOVに関しては概ね満足していますが、デメリットがないわけではありませんでした。 デメリット1.近くにタクシーがいないと使えない 現在地の近くにMOVと提携したタクシーがいない場合、タクシーを呼ぶことができません。 実際に、私の場合タクシーを呼ぼうとしたタイミングで近くにタクシーがいませんでした。 近くにタクシーがいない状態で、配車の予約をしようとすると「 近くに車両がありません。 場所を変えて再度お試しください」と表示されます。 場所を変えてって・・・自力で場所移動できるならタクシーは要りません! ということで、タクシーが近づくまでアプリを見ながら待っていました。 予約ができないというのはストレスでしかないですね。 こんな時はMOVじゃなくて近くのタクシー会社探した方が早いです。 たとえば「」、「 」、「」あたりが有名です。 使い方はMOVとほとんど一緒なので、使いやすいと思います。 タイミングによっては初回クーポン等も発行されています。 デメリット2. まだまだ普及率が低い MOVが大阪進出して1ヶ月も経っていない状態で利用してみたわけですが、導入期ということもありMOV対応タクシーの台数が少ないです。 MOVのコンセプトは「 乗りたいときに、確かに、つかまる。 」ですが、現状乗りたくても捕まらないことがあります。 これから普及していけば、コンセプト通りになるかもしれませんね。 私がMOVアプリで捕まえたタクシードライバーはMOV経由でお客さんを乗せたのは、まだ5回程度と答えていました。 まだ認知度が低く、利用者自体も多くないようですね。 クーポン情報 2020年1月現在、MOVは導入期ということもあり、 アプリを新規インストールするだけで、500円分のクーポンが発行されます。 iPhoneのやAndroidのから無料でインストールすることができます。

次の

タクシー配車アプリ徹底比較!Uber、DiDi、MOV、JapanTaxiの使い方、長所、短所を解説

タクシー 配車 アプリ 大阪

タクシー配車アプリはとっても便利です 僕が配車アプリを初めて利用したのは出張で訪れたアメリカ・サンフランシスコでした。 サンフランシスコはUber発祥の地!海外でのタクシー利用で言葉が通じなかったり、遠回りされたり、料金をごまかされたり、運転手さんがずっと歌っていて怖かったり(笑)などなど…いろんなトラブルを経験していたためタクシー利用に抵抗があったのですが、その問題点を全部解消するのが配車アプリUberでした! 行き先を説明しなくていい、会話しなくていい、ルートが分かる、料金は明朗会計、評価が高いドライバーは安心!すごいサービスがあるものだと感心したわけです。 DiDiが2020年7月13日からアプリ使用料を徴取… DiDiから 2020年7月13日月曜日より、DiDi利用の際に乗車ごとに アプリ利用料の支払いが必要になるというメールが来ました… 以下に引用します 2020年7月13日(月)よりDiDiご利用の際、乗車ごとにアプリ利用料のお支払いが必要です。 アプリ利用料は、各地域ごとに設定されておりDiDiでのご注文前にアプリ上でご確認いただけます。 タクシー事業者により別途迎車料金がかかる可能性がございます。 もうある程度シェアを取ったので手数料取っても使ってもらえるだろうという考えなのでしょうかね… 特にお金やお得な出来事にうるさい大阪人が手数料取られてまで使うと考えているなら、 顔を洗って出直してこいと言いたいですね(笑) 一番腹が立つのは「 アプリ利用料は、各地域ごとに設定されておりDiDiでのご注文前にアプリ上でご確認いただけます」という一文… はぁっっ??百歩譲って利用料取るなら 事前に明示すべきじゃないの?? しかも、調べてみたら 東京は440円、 沖縄は250円と例示されていました。 440円なんて絶対に払わないですね(苦笑)。 むしろなぜこれで継続して利用してもらえると思ってるんでしょうか? UberEatsやアメリカなど外国でのUberは一般の方が配達や運転を請け負っており、アプリ利用の需要が多いのに供給が追い付いていない時に報酬上げて人を集めるために手数料を取られたり、料金が上がるのは利用者としてちょっと理解できます。 そもそも仕事を請け負う一般人を集めないとサービスが成り立たないわけですし…しかし、タクシー配車アプリであるDiDiが手数料を取るって理解できません。 なぜなら、別にタクシーなんてDiDiが車を提供しているわけでもなく、DiDiが関わらなくても、その辺いっぱい走ってるわけなんですよ! はっきり言って、 迎車料金がかかるかタクシーが来るまで分からない、 アプリ手数料を取られるのであればさっさと流しのタクシーやタクシー乗り場に停まっているタクシーに乗りますね(笑)万が一、流しが捕まらなかったりやタクシー乗り場にタクシーがなければ電話するか、他のアプリを使うまでです! DiDiが高額の手数料を取っても使ってもらえると思っているなら驕りとしか思えません。 というか繰り返しますがこれで継続して使ってもらえると思っているのでしょうか?アプリ手数料がかかることを知らない一部の情報弱者を食い物にして儲けようとしているのでしょうか?企業の姿勢として疑問符つきまくりです… またこんなお知らせもありました 2020年7月13日(月)より支払い方法として「現金・その他」をご利用の場合であっても、領収書はDiDiからアプリに登録したメールアドレス宛に発行され、タクシー車内での領収書の発行は終了になります。 仕事で他の病院に患者さんを転送した後に、地域によっては帰りの救急車に乗せてもらえますが、病院に戻るのに僕は基本的にタクシーを使います。 深夜に転送した場合タクシーが捕まらず、タクシー配車アプリを利用するケースが多いわけです。 一旦タクシー代を建て替えるのでDiDiでタクシーを呼んでも「現金」利用で一旦支払って領収証をもらい、事務に提出してすぐに返金してもらうわけです。 領収書がいちいちメールで送信されてプリントアウトする必要があるなら使いにくくなりますね… 2020年7月1日(水)で多くのエリアでのDiDiサービス提供が終了 2020年7月1日水曜日で一部エリアでのDiDiサービス提供が終了するというお知らせも来ました。 対象地域 北海道 富良野市、南富良野町、占冠村、美瑛町、上富良野町、中富良野町 青森県 全地域 秋田県 全地域 新潟県 全地域 群馬県 全地域 石川県 全地域 滋賀県 全地域 和歌山県 全地域 兵庫県 姫路市、赤穂市、相生市、宍粟市、たつの市、神崎郡、佐用郡、揖保郡、赤穂郡、稲美町、播磨町、淡路市、洲本市、南あわじ市 広島県 福山市、旧豊浜町・旧豊町区域を除く呉市、浦崎町 山口県 全地域 長崎県 全地域 大分県 全地域 宮崎県 全地域 沖縄県 石垣市 撤退する都道府県は10県(青森・秋田・群馬・新潟・石川・静岡・滋賀・和歌山・山口・長崎・大分・宮崎) 都道府県ベースでサービスを継続するのは13都道府県(北海道・宮城・東京・埼玉・千葉・神奈川・愛知・大阪・京都・兵庫・広島・福岡・沖縄)。 しかも、継続する道県でも郊外などでサービス中止される地区があります。 これも腹が立つのは 「一部」とは言えない多くのエリアでサービスが終了するわけです。 DiDiのメリットってタクシーがバンバン走っているわけではない地方でこそ大きいと思っていたので、地方切り捨てのこの施策も訳が分かりません… 地方は流しのタクシーがいるわけでもなく飲み会帰りにタクシー呼ぶときはお店の人にタクシーを呼んでもらう必要があります。 お店の人に頼むのも悪いし、ギリギリまで店の中で待っていたいという時にタクシー配車アプリは便利なわけです。 都会はDiDiなんて使わなくてもタクシー余るほど走ってますよ??UberやMOVなど他のアプリもありますよ?? そして、宮崎県などではDiDiがサービスを開始してまだ半年も経っていないんですよ。 2つのアプリの長所を受け継いだ「ええとこ取り」のサービスになればいいなと期待しております。

次の