パッタイ 警察 用語。 警察用語、警察の業界用語を全て一覧掲載(タタキ・謳う) 警察用語を完全理解できます。【職業データベース】

知っておくと便利な簡単なタイ語会話の勉強をしましょう。タイ旅行で人気のバンコク情報満載internal.artstor.org!

パッタイ 警察 用語

ホテルやデパートなど、もちろん英語も通じる場所もありますが、あいさつなど少しのタイ語を話しかけるだけでも現地の人とコミュニケーションが取れ、さらに旅行が楽しくなるのではないでしょうか? より楽しく過ごすためにも簡単なタイ語を覚えて、タイ人に話しかけてみましょう。 発音について タイ語には日本語にない発音が多く、カタカナで正確に表現するのは不可能ですが、カタカナ発音でも、現地で実際に話してみる価値はあります。 タイ人は気さくな人種なので、通じないからといって無視されることはありません。 ぜひタイ語で話しかけてみてください。 タイ人が話すと、ほとんど聞こえないくらいです。 他の部分は、はっきり発音するように心がけてください。 矢印の記号がある場合、その方向に従って発音してください。 声調を間違えると、通じなかったり、違う意味になったりします。 敬語について タイ語にも「~です」「~ます」にあたる丁寧語があり、語尾に付けるところは日本語と同じです。 目上の方や、初対面の相手には使う方がいいでしょう。 男性の場合と女性の場合は違うので、注意しましょう。 大丈夫。 (結構です。 バンコクの道はそれぞれ「ソイ(道)24」など、数字で表されているので覚えておくと便利です。

次の

警察用語、警察の業界用語を全て一覧掲載(タタキ・謳う) 警察用語を完全理解できます。【職業データベース】

パッタイ 警察 用語

さ 三機(さんき) 一応集めましたって感じのロートル部隊。 警視庁の第三機動隊とはまったく異なる。 参集(さんしゅう) 召集されるのを待たずに自分から出署すること。 し 志願兵(しがんへい) 自ら望んで刑務所に入ろうとする人々。 万引きをした後わざと捕まるなど。 寒くなると増える。 警察にとっては大迷惑。 事故捜(じこそう) 交通事故捜査係のこと。 実況見分(じっきょうけんぶん) いわゆる「現場検証」のこと。 任意で行うが令状を取って同様のことをする場合は「検証」(現場検証とは決して言わない)。 シャブ関(しゃぶかん) 覚せい剤愛好家のこと。 シャンプーハット 制帽の上に雨よけでかぶせる雨覆いのこと。 形的にはどうみてもシャワーキャップに近いがなぜかシャンプーハットと呼ばれることが多い。 拾得(しゅうとく) 物を拾うこと。 (対義語:遺失) 受監(じゅかん) 監察を受けること。 針のむしろと同義。 術科(じゅつか) 柔剣道,逮捕術,けん銃,点検教練など体を動かす系の科目。 受令機(じゅれいき) 県内系を受信できる携帯ラジオ。 お巡りさんがつけているイヤホンがそれ。 巡連(じゅんれん) 巡回連絡のこと。 召集(しょうしゅう) =呼出し 召集訓練(しょうしゅうくんれん) 幹部が優しいと伝達訓練ですむが,厳しいと実際に署まで出頭する召集訓練になる。 さらに幹部がアレになると夜中に実施したりするので迷惑この上ない。 少年(しょうねん) 20歳未満の人。 女でも少女とは言わず少年。 少年簡易(しょうねんかんい) 少年を立件する際に使う書式。 成人でいう微罪処分のようなもの。 署活系(しょかつけい) 制服警察官が身につけている無線機。 自分の警察署や他の署員と通話できる。 職員(しょくいん) 警察職員のこと。 職質(しょくしつ) 職務質問のこと。 所属(しょぞく) 署や本部の課や隊などのこと。 初任科(しょにんか) 警察官に採用されて最初に警察学校でいろいろと仕込まれる課程。 大卒6か月高卒10か月の 監禁全寮生活。 初任補修科(しょにんほしゅうか) 初任科を卒業後,交番等で実習を積んで再度警察学校に入校して勉強すること。 昔の初任総合科,もっと昔は現任補修科。 初捜(しょそう) 初動捜査のこと。 刑事当直のことを初捜と呼ぶことも。 初動捜査(しょどうそうさ) 事件が発生したときにとりあえずすぐにやらなければならない捜査。 自ら(じら) 自動車警ら隊のこと。 「みずから」ではない。 身上照会。 身上調書。 人定(じんてい) 人を特定するための事項。 住居,職業,氏名,生年月日,連絡先など。 (例:(現場で相勤者に対して)「あの目撃者の人定取っておいて。 」) す 随監(ずいかん) 随時監察のこと。 悪魔の使者。 スーパー巡査長(すーぱーじゅんさちょう) 巡査(長)なのに著しく実務能力の高い人のこと。 せ 生安(せいあん) 生活安全のこと。 専務(せんむ) 刑事や交通,生活安全など一つの分野を専門にやっている部署のこと。 内勤ともいう。 前夜(ぜんや) 三交替勤務の当番日に,21時~2時に仕事をして2時~7時に寝る勤務。 遅く寝るから遅寝とも言う。 (対義語:後夜) そ 捜索(そうさく) 捜索令状による捜索のこと。 家屋を捜索しても「家宅捜索」とは決して言わない。 なお人を探したりする意味での捜索については,警察では検索ということが多い。 捜査用車(そうさようしゃ) 捜査部門が使っている車両。 一般人がイメージする覆面パトカーにかなりカブる。 ちなみに警察官がイメージする覆面パトカーは,交通取締用などのパトライトが屋根からパカッと出てくるタイプの車両。 送致(そうち) 検察庁に送ること。 いわゆる「送検」。 逮捕して被疑者ごと送致する場合は「身柄付送致(みがらつきそうち)」,任意捜査で書類だけ送致する場合は「書類送致」(書類送検とは言わない)。 側乗(そくじょう) 警察車両で助手席に乗っている人のこと。 事故を起こしたときは運転者だけではなく側乗も責任を問われることが多いので,安全確認や後方誘導をサボってはいけない。 足跡(そくせき) 「あしあと」とは言わない。 器具こんや手袋こんなどと合わせて足こん跡(そっこんせき)ともいう。

次の

「容疑者」と呼ぶのはメディアだけ〔再掲〕|警察用語の基礎知識|古野まほろ

パッタイ 警察 用語

やくざ用語「あ行」 垢(あか) 博徒での収入 足を洗う(あしをあらう) 暴力団から抜け、一般人へと転じること。 「堅気になる」ともいう。 姐さん(あねさん) 組長や目上の女房のこと。 アネサン。 アヤ(あや) 文句や因縁をつけたりすること。 一本独鈷(いっぽんどっこ) 大組織に所属せず独立を維持している組のこと。 イモを引く(いもをひく) 恐れて物事から手を引くこと。 唄う・歌う(うたう) 自白すること。 ええとこ付き(ええとこづき) 親分を乗り換えること。 絵(え) 策略や作戦や計画のこと。 絵図を画く(えずをかく) 策略や作戦や計画を企むこと。 侠気(おとこぎ) 義侠心・正義感など任侠の精神のこと。 おとしまえ 失敗の後始末のこと。 小父御(おじご) 親分の兄弟分のこと。 おじさん。 小父貴(おじき) 小父御よりもやや格上の人のこと。 おちょくる からかうこと。 オメコ 女性器のこと。 関西及び西日本で使われる方言 親父(おやじ) 親分のこと。 親分(おやぶん) 暴力団組織の代表者。 肩書きは組長・会長・総長・総裁などがある やくざ用語「か行」 稼業(かぎょう) テキヤの商売。 ガサ(がさ) 捜査すること意味する警察隠語。 ガサ入れ(がさいれ) 家宅捜索のこと。 回状(かいじょう) 回し文のこと。 カスリ(かすり) ピンハネのこと。 兄弟(きょうだい) やくざ社会における血縁関係の一種。 「五分の兄弟(ごぶのきょうだい)」「五厘下りの兄弟(ごりんくだりのきょうだい)」「四分六の兄弟(しぶろくのきょうだい)」「七三の兄弟(しちさんのきょうだい)」「二分八の兄弟(にぶはちのきょうだい)」などがある。 おとこぎ 金筋(きんすじ) 筋金入りの極道ということ。 愚連隊(ぐれんたい) 戦後に威勢を誇ったテキヤでも博徒でもない不良集団のこと。 ケツをかく(けつをかく) そそのかすこと。 ケツを割る(けつをわる) 逃亡・逃げること。 若い衆・若者。 シケ張り(しけばり) 見張りのこと。 島(しま) 一家の縄張りのこと。 地回り(じまわり) 島を巡回したり、カスリを取り立てること 舎弟(しゃてい) 兄弟盃をした間柄における弟分のこと。 舎弟頭(しゃていがしら) 組長の弟分たちの代表となる実力者のこと。 娑婆(しゃば) 刑務所の外のこと。 シャブ(しゃぶ) 覚せい剤のこと。 ションベン刑(しょんべんけい) 短期刑・微罪のこと。 筋者(すじもの) 暴力団員・やくざを指す言葉。 墨(すみ) 刺青のこと。 彫り物・タトゥー 政治結社(せいじけっしゃ) 政治団体。 主に右翼の事をさす。 絶縁(ぜつえん) やくざ社会の処分のひとつ。 最も処分が重く暴力団を引退し堅気にならなければ、絶縁状が各組織に送られやくざ社会で生きていけなくなる。 外(そと) 刑務所の外のこと。 やくざ用語「た行」 タマ(たま) 相手の命のこと。 垂れ込む(たれこむ) 他人に頼ること。 警察に走り込むこと。 チラシ(ちらし) 回状のこと。 襲名披露・結縁式・放免祝い・冠婚葬祭などの案内状 チャカ(ちゃか) 拳銃のこと。 チンコロ(ちんころ) 警察に密告すること。 チンピラ(ちんぴら) かけ出しのやくざのこと。 下っ端やくざ 勤め(つとめ) 刑務所へ入ること。 出入(でいり) 組同士の抗争のこと。 手打ち(てうち) 和解が成立すること。 的屋(てきや) 露天商・大道商人・香具師のこと。 テキ屋 鉄砲玉(てっぽうだま) 敵対組織へのヒットマンを意味すること。 行ったきりで戻ってこない人間。 取持人(とりもちにん) 親子・兄弟・跡目相続の杯を取持つ役柄の人 トル(とる) 殺すこと。 やくざ用語「な行」 殴り込み(なぐりこみ) 喧嘩のこと。 野良をつく(のらをつく) やくざになること。 やくざ用語「は行」 媒酌人(ばいしゃくにん) 取持人・仲介人の補佐を行う役柄の人。 博徒(ばくと) 博打うち。 賭博で生計を立てているやくざのこと。 パクられる(ぱくられる) 警察に逮捕されること。 ハジキ(はじき) 拳銃のこと。 破門(はもん) やくざ社会の処分のひとつ。 組織からの追放。 全国の組織に破門状が送付され、他の組織がその人間に関わった場合、破門した組織への敵対行為と見なされる。 赤字破門は永久絶縁処分。 黒字破門は復帰可能な破門を意味する。 ポン(ぽん) 覚せい剤のこと ポン中(ぽんちゅう) 覚せい剤中毒者のこと。 やくざ用語「ま行」 見届人(みとどけにん) 式の次第を見届ける役。 やくざ用語「や行」 ヤクザ(やくざ) 暴力団のこと。 ヤッパ(やっぱ) 刀などの刃物のこと。 寄せ場(よせば) 刑務所こと。 やくざ用語「ら行」 やくざ用語「わ行」 若頭(わかがしら) 組長候補。 組織のNo. 2に相当する役職 若頭補佐(わかがしらほさ) 若頭の補佐役。 若衆(わかしゅう) 親分から盃を貰った子分。 カテゴリー• 405• 400• 359• 392•

次の