正中線 妊婦。 お腹の真ん中に線ができた!? 正中線とは?原因は?妊娠線との違い

妊娠中の正中線はいつから出る?そしていつから消える?

正中線 妊婦

妊婦のお腹の黒ずみ正中線とは?その原因は? お風呂に入っていた時に気づいた、おヘソをまたいで縦に1本入った黒い線。 上の画像の方もうっすらですが、おへそをまたいで黒っぽい線が入っているのがわかりますか? 私にも、こんな線がいつの間にかできていたんですよね。 初めて気づいた時には「ん?こんな線あったっけ?」と驚きました。 この正中線に気づいたのは妊娠周期20週。 妊娠6ヶ月目です。 でも早い人だと、安定期に入ってすぐの妊娠5ヶ月くらいで気づく人もいるみたいですね。 お腹の正中線は妊娠前から存在していた! 実はこの正中線、妊娠したから新たにできるものではないみたいです。 正中線は、男女関係なく元々あるもの。 生まれながらにみんなが持っているものなんです。 正中線は私たちが胎児の頃、細胞分裂していた時の名残りだといわれています。 普段は全く目立たない正中線ですが、 妊娠でお腹が大きくなり皮膚が薄くなることによって目立ち始めるみたいですね。 正中線が黒ずむ原因とは? お腹の皮膚が伸びることで、妊娠中に目立ってくる正中線。 でも、少しずつ色も黒っぽくなってきている気がしてたんですよね。 調べてみると、このような黒ずみにもしっかり原因がありました。 正中線は、妊娠することによりホルモンバランスが変化し、メラニン色素が蓄積しやすくなるようです。 つまり正中線が黒ずんで浮き出てくる原因は、以下の2つ。 腹部が急に大きくなり皮膚が薄くなること• ホルモンバランスの変化によるメラニン色素の沈着 ちなみに妊婦さんの乳首が黒ずんでくる原因もこのホルモンバランスの変化によるメラニン色素の蓄積のようですね。 正中線と妊娠線の違い 正中線を発見した時には、「コレも妊娠線なのかな?」と勘違いしてました。 でも、私のイメージしていた妊娠線て以下のような特徴だったんですよね。 おへその下にできるヒビ割れのような線• おへその下に広範囲でできる• 色は黒というよりもどちらかというとピンクや白っぽい色 ということで、黒っぽく真っ直ぐにおヘソの上までラインが入る 正中線は妊娠線の仲間ではないみたい。 調べてみると、メラニン色素が原因の正中線に対して、妊娠線は単純に皮膚が裂けてしまうことで起きる現象。 急激に大きくなるお腹に付いて行けずに皮膚が裂けてしまうことで起こるのが妊娠線なのです。 正中線は消える可能性大!でも妊娠線は消えない! また妊娠線と正中線の大きな違は、一度できてしまった時に「消える」か「消えないか」という点。 正中線の場合、 産後半年〜1年ほどかけて色素が薄くなりほとんど目立たなくなるという人も多いようです。 (ただし、正中線の消え方にも個人差があり長期的に残る人もいるみたい。 ) 一方の妊娠線は、皮膚が裂けてしまっている状態なので薄くなることはあっても、完全に元に戻ることはないみたいです。 そのため妊娠線は気にする人も多く、妊娠中からクリームなどでケアする人も多いようですね。 妊婦の黒ずみをできるだけ早く消したいならクリームでケア! 妊娠による正中線が消えるタイミングには、個人差があります。 それでも多くの人は 産後半年〜1年ほどで薄くなって消えていくそうです。 そのため妊娠線のように、気にしなくてもいいのかなと思います。 でも、出産の時期によっては早く正中線を消したいという人もいますよね。 妊娠線ケア専用のクリームはたくさんあるけど、正中線ケア専用のクリームってないのかな?と探していたところ見つけましたよ! 正中線対策にメイド・バイ・マムってアイテムがあったよ。 正中線専用ケア用品として見つけたのが メイド・バイ・マムです。 お腹の黒ずみ以外にも、乳首やワキなど 妊娠中に黒ずみが気になる部分にも利用できます。 2人目や3人目を考えている人や、できるだけ体を妊娠前の状態に戻したいという人はケアしていくことをおすすめします。 妊娠中は体の変化が気になるけどケア次第で元に戻る! 妊娠は赤ちゃんが生まれてくる前の、幸せな時期ですよね。 でも妊娠中は体型が大きく変化したり、黒ずみができたりでショックな出来事も多いものです。 それでも現在ではそれぞれのお悩みに合わせたケア用品が登場しています。 しっかりケアをしてあげれば、妊娠前の状態に戻る可能性は高いわけですよね。 1年くらいで元に戻ることが多いと言われている正中線は、妊娠線ほど気にする必要はないのかもしれません。 それでも気になる人は、妊娠中からしっかりケアしていくと安心ですね。

次の

【医師監修】妊娠するとできる正中線とは?産後に消えるもの?

正中線 妊婦

もくじ• 妊娠したらできる正中線の原因 正中線は誰にでもあるもの 正中線は、おへそを中心として、縦に伸びる黒かったり茶色かったりする線ですが、実は 男女関係なく誰にでもあるものなのです。 ただ、誰にでもある正中線のもともとの色は、ほとんど分からないほど薄いです。 それが 妊娠をキッカケに、色が濃くなっていくことで目立つようになります。 正中線ができにくいとされるママの特徴として、妊娠前から日焼けをしても肌が赤くなるだけで黒くならないなどが挙げられます。 つまり、シミや黒ずみの原因となるメラニン色素が生成されにくい体質だと、正中線もできにくく濃くなりにくいというわけです。 ホルモンバランスの乱れ なぜ妊娠すると正中線が濃くなるかというと、原因はホルモンバランスの変化にあります。 正中線の他に、妊娠してから「シミが濃くなった」「乳輪が大きくなった」「脇が黒ずんだ」などもホルモンバランスの乱れによるものです。 妊娠すると、ママの体の中では、赤ちゃんを成長させるために様々なホルモンが活発化します。 その中のエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが、正中線を濃くすることと深く関係しています。 妊娠中に増え続けるエストロゲンとプロゲステロンは、メラニン色素の生成を促すメラノサイトを刺激します。 刺激されたメラノサイトがメラニン色素の生成を活発化させることで正中線が濃くなっていくのです。 正中線の原因となるエストロゲンとプロゲステロンは出産まで増え続けるので、妊娠後期になるほど正中線が濃くなる妊婦さんが多いというわけです。 正中線と妊娠線の違い 妊娠中の悩みとして「妊娠線」というものもよく耳にすると思います。 正中線と妊娠線は、名前的にも似ていますが、違いはあるのでしょうか。 妊娠中にできるお腹の線を、ひとまとめに「妊娠線」という方もいますが、妊娠線と正中線は違うものです。 正中線はおへそを中心に縦に伸びる黒っぽい線ですが、妊娠線は紫っぽかったり赤っぽい短い線で、お腹まわりにいくつかできます。 また、妊娠線はお腹だけでなく、おしりや太ももにできることもあります。 妊娠線については、こちらの記事で詳しく説明しています。 正中線はホルモンバランスの変化によって起こるシミのようなもので、妊娠線は赤ちゃんの成長と共にできる皮膚組織の裂け目ということです。 ケアの仕方も変わってくるので、正中線と妊娠線は全くの別ものと考えていいでしょう。 正中線は産後に自然に消える? 妊娠してからでき始めた正中線は、自然に消えることがほとんどです。 消える時期には個人差がありますが、だいたい産後半年から1年くらいで目立たなくなります。 なぜ出産を終えてから正中線が薄くなったり消えていくのかというと、妊娠中に増えていたホルモンの分泌が出産を機に落ち着いて、ホルモンバランスが整い始めるからです。 ホルモンバランスの分泌量やおさまり方は人によって違うので、産後早いうちに目立たなくなったり、1年以上経っても消えないなど、正中線が消え始める時期にもばらつきがあるというわけです。 正中線の予防法と改善法 妊娠中からしっかり正しいケアを行うことで、正中線を濃くしないための予防をすることができます。 ただし、予防したからといって正中線が必ずできないわけではありません。 また、妊娠中に正中線ができてしまい、産後しばらくしても消えない場合でも、しっかりケアを行うことで薄くしたり改善していくことができます。 ビタミンCの摂取 ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑えて色素沈着を予防する効果や、コラーゲンの生成を促して肌の新陳代謝を整える効果などがあります。 妊娠中や産後にビタミンCを多く含んだ食べ物を積極的に取ることで、正中線の予防と改善ができます。 ビタミンCを多く含む食べ物の例として、以下のものが挙げられます。 赤ピーマン• パセリ• 芽キャベツ• レモン• ゴーヤ また、食べ物の他に、サプリメントなどを活用するのもおすすめです。 ビタミンCだけでなく、脂肪分や糖分を控えたヘルシーな食事をとったり、食生活全体を見直すことも大切ですよ。 保湿クリームの活用 肌は保湿を行う事で新陳代謝が活発になり、肌に蓄積したメラニンを追い出してくれます。 正中線の予防や改善に、保湿は必要不可欠です。 また、妊娠中から保湿をしっかり行えば、妊娠線の予防にもなりますよ。 無香料・無着色・低刺激なのは、妊娠中や産後には必須項目です。 保湿力が高いので乾燥や正中線の対策としても使えます。 正しい生活リズム 妊娠中はつわりで、産後は夜泣きなどによって生活リズムが乱れやすいですが、正中線を薄くするためには、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す必要があります。 ストレスを溜めにくくするためにも、正しい生活リズムで生活して、しっかりと睡眠を取るように心がけましょう。 といっても、妊娠中や産後はなかなか上手くいきませんよね。 なので、寝れるときはしっかり寝るようにしてみてください。 また、適度な運動も行うと、更に効果的です。 正中線で赤ちゃんの性別がわかる? 実は、正中線で、お腹にいる赤ちゃんの性別がわかるというジンクスがあるんです。 正中線で真っ直ぐで濃いなら男の子で、曲がっていて薄いと女の子だそうです。 でも放っておいても、だんだん薄くなっていきます。 なかなか消えないと思っていても、出産から2年後くらいに、気付いたら消えていたなんてこともよくあります。 いつかは消えるもの。 と思って、あまり深く考え過ぎないように過ごしてくださいね。

次の

正中線はいつ消える?出ないのは危険?妊婦と正中線9つのポイント

正中線 妊婦

正中線とは? ともに妊娠してから腹部中心に発生するものであるため混同されてしまうこともありますが、妊娠線と正中線はまったく別のものです。 妊娠線は急激な体型の変化により皮下組織が伸びきれずにできてしまうひび割れのような線であることはよく知られていますよね。 では、正中線とは一体なんなのでしょうか? 正中線はもともと誰にでもあるもの 妊娠線は新しくできてしまうものですが、正中線は生まれたときから誰にでもあるものです。 人間だけでなく、生物は受精後にこの正中線を中心にどんどん細胞分裂を繰り返すことで体の形が作られていきます。 その名残が正中線として残っているのです。 通常はほとんどわかりませんが、人によってはうっすらと確認できる濃さで存在していることもあります。 なお、鼻の下の溝やあごの割れ目なども同じく左右対称に細胞分裂した名残りと言われています。 VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOA なぜ正中線が目立つようになる? 妊娠後、妊娠線とともに肌の悩みとして挙げられる正中線。 では、どうして妊娠後に悩まされることとなるのでしょうか? 原因はホルモンバランス 妊娠中は乳輪や鼠径部の色が濃くなったり、日焼けしやすくなったりシミができやすくなったりします。 これは胎盤がメラニン細胞刺激ホルモンを多く産生するためですが、正中線もその影響を受けてしまいます。 通常ならその存在をほとんど確認できないほど薄い正中線がメラニン色素により茶褐色に色づく上、お腹が大きくなるにつれ皮膚が薄く引き伸ばされ、より一層はっきりと確認できる状態になります。 また、同じくホルモンバランスの変化により体毛が濃くなりますが、お腹の産毛も濃くなるため正中線がさらに濃く見えることもあります。 色素により濃く色づくだけの現象であるため、皮膚組織がダメージを受けてできる妊娠線と違ってかゆみが出ることもありません。 通常はおへその上下に現れますが、人によっては上は胸下から、下は恥骨付近まで出ることがあります。 いつから目立つようになる? ホルモンの影響を受けて徐々に濃くなり、お腹が大きくなるにつれ皮膚が張るため目立つようになります。 妊娠5~6ヶ月ごろから目立ち始めるケースが多いですが、ホルモンバランスや皮膚の状態、体質など個人差が大きいため、それより早いことも遅いこともあります。 また、妊娠すると必ずしも立つようになるわけではなく、例えばもともと色白の人はメラニンの生成量が比較的少ないため目立ちにくい傾向にあるとされます。 早く濃く出ても、逆にいつまで経っても出ないようでも、どのみちおかしなことではないのです。 濃くなった正中線はいつ消える? やはり気になるのは、出現した正中線がいつ消えるかということ。 産後もそのままお腹に縦線がくっきりと出たままなのは気になりますよね。 産後はお腹の面積が小さくなるため、余計に正中線が濃くなったように見えてしまい落ち込む人もいると思います。 結論から言うと、正中線はやがて消えます。 ホルモンバランスにより色素が濃くなっているだけなので、皮膚ダメージによって出現する妊娠線と違い、ホルモンバランスがもとに戻るにつれて徐々に目立たなくなっていきます。 薄くなる時期は人により差がありますが、半年から1年ほどかけて消えていくことが多いようです。 正中線を早く消すには? いずれ消えるとわかっていても、半年、ましてや1年なんて待っていられない!という人も多いですよね。 正中線を早く改善するのに良いとされる方法をいくつか紹介しておきます。 対策1:ターンオーバーを整える メラニン色素により色づいた肌をもとに戻すには、ターンオーバーにより皮膚細胞の入れ替わりを促進させることが手っ取り早い方法です。 ターンオーバーを整えるのに有効とされる行動は下記の通り。 食事の栄養バランスに気をつける 体は食べたもので作られます。 日々の食事で栄養素を意識して摂取することで良い肌状態に近づけるのはもちろんのこと、産後の健やかな体づくりにも役立ちます。 また、栄養素はほかの栄養素と相互作用していることがほとんどです。 これらを偏って摂取するのではなく、あくまでも様々な食品をバランス良く食生活に取り入れることで、自然にまんべんなく摂取することを意識しましょう。 タンパク質 身体作りに欠かせないタンパク質はコラーゲンの材料にもなります。 肉や魚、卵、大豆製品、乳製品などが代表的な食材です。 ビタミンA レバー類やうなぎに豊富に含まれるビタミンAは紫外線から皮膚を守り、皮膚や粘膜の形成を助けてくれます。 ですが、妊娠中は摂取量が限られるので気をつけてくださいね。 ビタミンB群 ビタミンB群、特にビタミンB2とB6はターンオーバーには欠かせません。 栄養の代謝や合成、細胞の再生を促進させ、皮膚や粘膜を健康に保つ役割を持ちます。 ビタミンB2はレバー類やうなぎに多く含まれていますが、ビタミンAが非常に多く含まれている食材なので妊娠中は気をつけましょう。 牛乳や豚肉、納豆にも多く含まれています。 ビタミンB6はカツオ、マグロ、サンマ、バナナなどから摂取できます。 ビタミンC 肌のための栄養素といえばビタミンCを思い浮かぶ人も少なくないはず。 特に美肌づくりに不可欠とされるビタミンCは、メラニンの生成を抑えてコラーゲンの増加を助ける役割を持ちます。 柑橘類、いちご、赤ピーマンなどに豊富に含まれています。 ビタミンE 血行を良くし新陳代謝を促進するため、メラニンの排出を早めてくれます。 アーモンドなどのナッツ類、ひまわり油などの植物油、枝豆、鮎、ウニなどに多く含まれています。 亜鉛 肌のための栄養素といえばビタミン類ばかりに気を取られがちですが、亜鉛も重要な要素。 ビタミンCとともにコラーゲンの合成を行い、タンパク質の合成にも大きく関わるため細胞分裂を活発にする働きがあります。 牡蠣やあわび、赤身肉、豆類などに多く含まれています。 生活習慣の乱れを極力減らす 規則正しい生活もまたターンオーバーを整えるために不可欠ではありますが、産後の慌ただしい生活においてはなかなか難しいですよね。 特に産後間もなくは赤ちゃんの生活リズムは定まっていないため、まとまった睡眠を取るなんて夢のまた夢…という状態の人がほとんどでしょう。 ですが、徐々に連続して睡眠を取るようになり、昼夜の区別もつくようになってくるのでしばらくの辛抱です。 肌のためだけでなく、産後の体を回復させる意味でも睡眠はとっても大切。 昼は赤ちゃんと一緒に昼寝をする、夜はパートナーにお世話を交代するなど工夫をして疲れを少しずつ癒やしながら、赤ちゃんと一緒に生活リズムを作るつもりで過ごしましょう。 また、ストレスも肌の状態を左右する要素。 育児中はストレスが溜まりがちですが、上手にガス抜きしながらこなしましょう。 対策2:ケア用品を使う 前述のような体の中からのケアは非常に重要ですが、同時にケア用品による体の外からの働きかけをプラスすることで、さらに肌状態の向上が見込めます。 例えば、夏に日焼けをしてしまったときなどに、美白ケアに力を入れることはよくありますよね。 日焼けはメラニン色素が生成されることにより発生しますが、同じメラニン色素による正中線の出現にも同じようなケアが有効と言えます。 有効な成分を配合したケア用品選びつつ、肌状態を健やかに保つためお腹も乾燥しないよう保湿をしっかりとしましょう。 効果が期待できる成分 なお、厚生労働省により美白効果が認められている成分は約20種類ほど。 参考までに、代表的な成分を見てみましょう。 エナジーシグナルAMP ターンオーバー周期に着目した成分で、新陳代謝を活性化する効果もあるためメラニンの蓄積に効果があります。 ハイドロキノン 集中美白ケア用品によく含まれているため、聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 自然由来の成分ですが、メラニン色素自体を淡色化しつつ合成を抑えてくれます。 ビタミンC誘導体 ビタミンCを皮膚内に浸透しやすいよう改良したものがビタミンC誘導体です。 新陳代謝をアップしてメラニンの排出を促進してくれます。 ただし、敏感肌や乾燥肌の人には刺激を与えてしまうこともあるので注意しましょう。 この他にも様々な成分がありますが、迷ったときは医薬部外品を選ぶ、けちらず使えて継続しやすい価格帯のものを選ぶなど、条件を絞ると良いでしょう。 対策3:美容医療を利用する 正中線はいずれ消えるものですし、上記のケアも有効ではあるものの、すぐには消えてはくれません。 また、時間が経っても思いのほか正中線が薄くならず悩んでいる人もいます。 そんな場合は美容医療を利用するのもひとつの手。 最近では産後美容に力を入れているクリニックも多くあるので、一度カウンセリングを受けてみると良いかも知れません。 レーザー治療やケミカルピーリングといった手法での改善が見込めます。 まとめ 美容意識の高まりにより、産後の美容ケアに力を入れる人も増えてきました。 妊娠線を意識してケアに励む人は大勢いますが、正中線の存在を知らない人は意外と多くいます。 妊娠線と違いいずれ消えるものではありますが、やっぱり気になりますしなるべく早くなくなって欲しいですよね。 ホルモンに由来するものであるため妊娠線と違い予防が難しいものの、着実に薄くなるものなのでなるべく気にしすぎないようにして過ごしましょう。

次の