声優 オーディション おすすめ。 宅録の機材のおすすめは?声優・ナレーション用をプロが厳選

2020年おすすめ声優オーディションを時系列でまとめました

声優 オーディション おすすめ

理由は 「声優になった時のイメージが湧きやすいから」 声優は、清楚感が命の職業です。 髪ボサボサ・ 服はヨレヨレ・ ノーメイクで不潔な人を声優にしたいとは思えません。 「この人と会ってみたい」 「なんだかおもしろそうなキャラクターしているな」 マネージャーからそう思ってもらえたらこちらの勝ち! ただ可愛い・カッコいいではなく、 声優として売り出しやすそうな宣材写真を撮ることがポイントになります。 声優オーディションの宣材写真で準備するもの4選 声優オーディションの宣材写真で準備すべきものを4つご紹介します! 宣材写真用の服装 まず、 宣材写真用の服装は買っておいた方が良いです。 普段着をそのまま宣材写真に使うのは、 気合いが入っていないように見られるためおすすめしません。 服の使用感で、 普段から着回しているのが写真越しでもバレてしまうんですよね…。 ブランド物の高い服を買う必要はありませんが、せめて 買ったばかりのきれいな服を着るようにしましょう。 靴 宣材写真の中でも、服装と同じくらい気を遣いたいのが 靴です。 どんなに服装をばっちり決めていても、靴が汚れていたり服装に見合っていなければダサくなってしまいます。 ヘアメイクの道具 オーディションにヘアメイクは鉄則です。 「人生の中でメイクしたことない」 「ワックスなんてつけたことない」 中にはこのような人もいるとは思いますが、 ノーメイクで宣材写真を撮るなんてご法度! 多少修正が効くからって、ノーメイクから修正はさすがにキレイになりませんよ。 USB・CD-R フォトスタジオで撮影する時、撮影したデータは その場で持ち帰るか、 後日メールで送られてくるかのどちらかになります。 その場で持ち帰る場合、CD-Rに移して渡してくれる親切なスタジオもありますが、大体は 自前でUSBなど持ってきて移してもらうことが多いです。 次のページは 「声優オーディションの宣材写真でやるべき対策6つ」です!.

次の

声優養成所のオーディション内容は?評判や特待生になる方法

声優 オーディション おすすめ

名乗り• 自己PR• 台本をもらって、セリフを読む の3つ、ということになります。 というわけで、 まずは、 最も重要な セリフに関しての声優オーディション対策から説明していきますね。 セリフに関する、初心者向け声優オーディション対策 セリフに関しては その場で台本を渡されて、演じることが多いです。 演じる役については、 自分で選べることもありますが 基本的には、審査員から指定されるものと思ってください。 ただ、 いきなり、全然知らない作品のものを演じる、という事はなく どんな作品なのかは、事前に教えてもらえます。 なので、 どんな役を指定されても演じられるように、その作品を研究しておく というのは、 初心者に限らず、大事な準備・対策でしょう。 また、性別が違うキャラクターの特徴や ストーリーもちゃんと覚えておくと 他の声優さんと一緒に演じることになっても ある程度、対応できますね。 で、初心者が声優オーディションで演技する時のポイントは とにかく大きく演じる ということです。 というのも、オーディション初心者は 失敗したらどうしようか、などと余計なことを考えて 演技が小さくなってしまう ことが多いんですね。 そうなると、感情を込めて演じることや キャラクターを表現することよりも 小手先の技術だけで、演技をしてしまいがちになります。 それでは、審査員には好印象を与えられないし あなたのことを、何ひとつ覚えてもらえないでしょう。 なので、プロとして 声優オーディションを受けに来ているけれど 「初心者なんだから、失敗なんて当たり前だ!」という気持ちで 開き直って演じると、うまく演じられたりします。 また、失敗したとしても 大きく演じることで、 審査員に好印象を与えることにも、つながりやすいので 初心者なら初心者らしく、思いっきり演じるのがおすすめですよ。 名乗りに関する、初心者向け声優オーディション対策 名乗りって何?って思う人もいるでしょうが これは、ただ自分の名前を言うだけです。 よろしくお願いします。 」 くらいのものですね。 で、 初心者は、この名乗りを対策せずに 声優オーディションに挑んでしまい、失敗することが良くあります。 というのも、声優オーディションは 予想以上のプレッシャーがかかるもので、 新人声優のような、オーディション初心者はもちろん、 ベテラン声優であっても、手や足が震えてしまうものなんですね。 また、ここでうまく名乗れなかったせいで その失敗を引きずって セリフや自己PRに、悪い影響が出ることもあります。 なので、 どんな名乗りをするか、を事前に対策しておくのがおすすめですね。 で、その対策というのは 明るくはっきりとした口調で、元気良く名乗る練習をする ことです。 これは、 明るくハキハキした人の方が、好印象を与えやすい のと この声優さんと一緒に仕事をしたいと、思ってもらえるようにするため ですね。 まあ、明るく名乗った方が 悪い印象にはならないのは確実ですからね。 そのため、初心者は ちょっとかっこつけて名乗って、審査員に印象付けよう!などと思わず まずは、明るく名乗る、ということを 徹底的に練習して対策しましょう。 自己PRに関する、初心者向け声優オーディション対策 この 自己PRは、 だいたい 30秒から1分程度で、自分の 特技を披露する というものですね。 まあ、自己PRの時間が 決められていることは少ないのですが 審査員が見たいのは、特技ではなく演技です。 なので、 どんなに長くても 1分で終わらせるのがいいでしょう。 とはいえ、短い時間であっても何の準備もしなかったら 棒立ちになってしまうので、初心者はこれも対策が必要です。 というか、声優オーディションを受ける人は 初心者でなくとも、 全員が、どんな自己PRをするかしっかり準備・対策していますね。 では、試しに 30秒間で、何か特技をやってみてください。 特技がない場合は、自己紹介でも構いません。 やってみると、30秒は意外と長く 時間が余ってしまう、と思う人が多いのではないでしょうか。 モノマネ• ナレーション• 自分の話(失敗談など) といった感じで、基本的には自由なものの 何かしらの特技を披露する人がほとんどです。 ただ、何でもありと言えば、ありなのですが 審査員の興味を引くことをやる というのが、 絶対の条件だということを忘れてはいけないですね。 そのため、 他の人と同じことをすると 興味を持ってもらえないことが多いので、 いくつか用意しておいて、他の声優さんの自己PRを見てから 何をするかその場で決めるのもいいでしょう。 また、自分の話をする場合は ただ普通に、声優を目指したきっかけなどを語るのではなく うまく笑いをとるなど、好印象で話を終える工夫 が必要ですね。 で、 自己PR対策の最後の注意点として 初心者が忘れがちなポイントですが 自己PRは、声優としての自分を売り込むためにするものです。 なので、あまりに謙虚な態度などではなく 「自分という素晴らしい声優」を紹介する という気持ちで、しっかり自己PRするようにしましょう。 ただし、 傲慢な態度になれ、という事ではもちろんないので そこは間違わない様にしましょう。 自分という声優の良さをしっかりアピールする、 という事が大事、という事ですね。 清潔感のある服を選ぶ• 目立つ色の服を選ぶ• スタイルのよく見える服を選ぶ の3つで、これらを気にして服を選ぶのがいいでしょう。 というのも、特に男性に多いのですが、 声優なんだから声だけが重要なんだ、と 普段着に近い格好でオーディションを受けに行ってしまう 人が、結構います。 声優であっても、オーディションである以上は 声や演技だけではない、 声優としての総合的な力・魅力が試されている わけですから、 服装を適当なままオーディションに行くのは 明らかに間違いですね。 まあ、本人的にバッチリ決めてきたつもりだった場合は、 申し訳ないのですが。 なので、ここの説明を読んで 声優オーディションに備えましょう。 清潔感のある服を選ぶ これは、 オーディションというより社会人としての常識ですね。 清潔感のない人とは、一緒に働きたくないというのが どんな業界でも常識でしょう。 声優の業界でも、これは当然ですね。 で、大事なのは 清潔「感」、つまり 毎日洗濯しているけど、首回りがだるだるになったシャツよりも あまり洗濯していないけど、シワひとつないパリッとしたシャツの方が 清潔感がある、ということですね。 清潔にすることは大事ですが、 清潔に「見えること」も、同じくらい大事なのです。 目立つ色の服を選ぶ これは、 男性と女性で どの色が目立つのかが、変わってきます。 というのも、自己PRと同じく 他の人と違う色の服を着ている方が、審査員の印象に残りやすい というのが、関係しているんですね。 で、 男性の場合でよく見かける色は 白・黒・灰色・紺・水色・ベージュ あたりです。 特に、ジーンズや 黒やベージュ系のパンツは多く見かけますね。 それから、 女性の場合、よく見かけるのは 白・黒・赤・オレンジ・ベージュ・ピンク あたりです。 で、 オーディション初心者の人や、服に迷った場合は トップスに上記以外の色の服を選ぶと 他の人と色がかぶったりすることが、少なくなるでしょう。 まあ、女性の場合は 色彩豊かな服をうまく組み合わせて、センス良く見せられる人が多いので 色がかぶるのを、それほど気にする必要はないですね。 ただ、何も考えずに 流行りの色の組み合わせを着ていくと 色の合わせ方がかぶるので、 自分で考えて、色を組み合わせるのが無難です。 それから、 自分の好きな色があって、 その色の服を着るとやる気が出る場合や、 自分に似合う色を知っている場合は、 そちらを優先した方が、良いですね。 あとは、オーディション初心者の男女におすすめなのは どこかに赤を入れる というものです。 例を挙げると、ジャケットを着ている場合は、 胸ポケットに、赤いポケットチーフを入れておく、的な感じですね。 この理由は、赤という色が 印象に残りやすい色なのと同時に、 熱意のある人だと思わせる色でもあるからですね。 でも、全身赤色はやり過ぎですから どこかワンポイントに赤を使うというのが、初心者におすすめです。 アクセサリー、時計のベルト、靴、ポケットチーフなどなら 赤を使いやすいでしょう。 スタイルのよく見える服を選ぶ スタイルのよく見える服、というのは 自分の体にしっかりフィットしている服のことですね。 スタイルに自信のない人がよくやるのが ダボっとした大きめの服で、 体のラインを隠しがちなのですが、これはあまり良くなくて 体にフィットした服の方が、好印象を与えやすいです。 というのも、 フィットしているものを着た方が スタイルが良く見えるんですね。 まあ、体にしっかりフィットしているからといって、 サイズが小さすぎて あまりにもピッチピチになるものは、さすがに避けた方がいいですが。 なので、初心者は 体のラインが、バッチリわかるほどでなくとも なるべく隠さず、しっかり出していくことを意識しましょう。 監修・ライター 名前:中原ヒロ 年齢:アラサー 現在ナレーター活動も行っており、声の仕事のプロとして活動中。 自分も学生時代は業界の事などわからない事が多かったので、学校選びや、声優の技術・業界の事などわからなくて困っている人の為に、このサイトで解説・監修を担当。 サイト内では、声優になりたい2人(1人と1匹)の学生に、わかりやすく教える先生役で登場。 進路として声優の養成所に進みたいが、どこの養成所が良いか迷い中。 明るく活発で、意外としっかりもしており、声優になる夢を真剣に叶えようと決心している。 ただ基本的に少しぬけているので、たまに暴走して周りを振り回す。 好きな漫画・アニメは、「坂本ですが?」。 漫画やアニメが大好きで、声優になる事を目標にしており、本当に自分は声優になれると心底信じている。 猫だけど。 皆を和ませるキャラクターで、漫画やアニメと同じくらいマタタビが好き。 しかし、アゴ・のどをなでられると、ゴロゴロ言って眠ってしまうという弱点がある。

次の

声優養成所のオーディション内容は?評判や特待生になる方法

声優 オーディション おすすめ

- 2018年 9月月27日午前7時30分PDT 声優のオーディションで評価されるのは、声質や演技、自己PRの文章、志望動機などだけではありません。 オーディションは審査員が一緒に働く人を探す場なので、第一印象も大切です。 そのため、適切な服装や髪型でなければ、実力があってもオーディションに合格できない可能性があります。 声質や技術などの条件が同程度であれば、第一印象や見た目が良い人が採用されるでしょう。 声優のオーディションに適した服装は? - 2019年 7月月18日午後9時35分PDT 基本的に、声優のオーディションは就職活動の面接などとは違いスーツを着る必要はありません。 ただし、清楚感のない服装は第一印象を悪くするため、シミやシワの付いた服は避けましょう。 また、ダメージデニムなどのカジュアルすぎる服装も着ない方が無難です。 音を気にせずに声をアピールできる服装を選ぶと、熱意を伝えられます。 しっかりと魅力を伝えられるように動きやすい服を着用しましょう。 役柄に特別なイメージがない場合は、自分に似合う服装がおすすめです。 声優のオーディションに適したメイクや髪型は?.

次の