夜分に失礼します メール。 「夜分」「夜分遅くに」はメールで何時から?意味と読み方、使い方を例文付きで解説

夜分遅くに失礼しますのビジネスメールでの使い方!夜分は何時から?

夜分に失礼します メール

スポンサードリンク でも、調べた結果、実は「夜分に遅く失礼します」は間違った使い方ではないことが分かりました。 今からその理由を説明していきます。 「夜分」の意味 『夜分』に「夜遅い時間」という意味が含まれていると思っている人は多いのではないでしょうか? 若しくは、もはや 慣用句として日常的に使われているから、『夜分にもかかわらずしかも遅い時間に失礼します』が省略されて『夜分遅く失礼します』になったんだよって思っていませんか? 実は 『夜分』とは「夜、夜間」という意味しかありません。 つまり「 夜分に遅く失礼します」とは「夜遅くに失礼します」という意味なので、 遅いという言葉を重ねて使ってはいないということになります。 「夜分に失礼します」でも「夜中に失礼します」の意味がありますから使っても問題ないんですね。 私は恥ずかしい話ですが飲みの席で「同じ言葉使うのは変」だって自信満々で話した記憶があります。 夜分の時間は? 夜分の意味は夜中ですから、 23時以降から3時くらいに使うのがいいでしょう。 これは個人の感覚で使ってもらっていいと思います。 美容師の友達と話していて、22時は学校で勉強してるかなっていうと、『そんなド深夜までしてるの?』って言われてびっくりしたことがあります。 美容師は朝早いからそういう感覚なんでしょうね。 結局は個人の感覚ですが大体の人が 23時~3時4時を夜中遅く(深夜)だと考えているようなのでそのくらいの時間に使うのがいいでしょう。 (ビジネス)メールで使うのは間違い? メールは相手にいつ届いても電話のようにすぐに出る必要がないので、(いつメールを見るかは受け取り手しだいです。 )基本的には「夜分に遅くに失礼します」という文章は書く必要がありません。 だから「夜分に遅くに失礼します」をメールで使うのは間違いです。 そう思いませんか? でも、待ってください。 メールには受信時間が通知されていますよね。 これをいちいち確認するのはちょっと面倒。 しかも、何らかの事情で、相手の受信時間が遅くなることもあります。 そこで、ビジネスではもっと深く考えてみるべきです。 例えば、取引先や上司の方に重要な書類を届けるため、 『明日の午後には届きますので受け取りお願いします。 』というメールを1日の午後11時に送ったとします。 それが何らかの事情で、受信時間が2日の午前8時50分に相手に届いたとします。 この場合には相手にとっては受信時間が2日の午前8時50分なので、3日に書類が届くと思って、相手は2日は早く帰ってしまうかもしれません。 書類が早く届くならトラブルは大きくないですが、 期限制限のあるものを『明日までに提出お願いします。 』なんてのが相手に受信時間が2日の午前8時50分に届いた場合を考えてみてください。 ビジネスではとんでもないトラブルの元になるのが分かると思います。 このような間違いを起こさないためにも、 『夜分遅くに失礼します。 書類は明日までに提出お願いします。 』 としていれば、もしも、 相手の受信時間が遅くなっても、『これは、昨日の夜中に送ってきたんだな。 なら、明日は今日のことだな』と気づいてもらえるはずです。 結論 「夜分に遅く失礼します」という日本語は正しい。 しかも、メールで使えば、ビジネスのトラブル回避になるので、使った方が絶対いい。 迷わず使うほうがお得な感じがしていいですね。

次の

夜分の意味と「夜分遅く」の使い方!何時に使う?メールではどうすればいいの?

夜分に失礼します メール

「夜分遅くにすみません」とは何時から使うべきかという意見で一番多いのが【22時以降】という結果です。 給料を考えると22時以降から深夜手当(割り増し)になるので、そのことからも22時以降という意見が多いのかもしれませんね。 「夜分遅くにすみません」という言葉をビジネスメールで使うときは、明日の朝一番でメールをチェックしてほしいとき、メールを送った相手から返事が欲しいときが考えられます。 夜遅くにメールを送ることはマナー違反ではありませんが、いつも「夜分遅くに」を使うと急用性が薄れてしまうので使う場面の見極めが大切です。 2番目に多かったのが20時以降なら「夜分遅くにすみません」を入れるという意見です。 20時なら、まだ相手がメールをチェックしてくれるかもしれないという意味を込めて20時を過ぎたら使う方もいるようです。 上でも説明したとおり、夜にメールを送るのは緊急性が高い場合が多く、相手に出来るだけ早くメールを見てほしいという意味も込められているため、相手が夜にメールをチェックしてくれた時に失礼が少なくなるように20時以降なら「夜分遅くにすみません」と一言付け加えるのもいいかもしれませんね。 かなり少数派ではありますが、日付が変わったらさすがにメールを送るのは失礼だという意見から「夜分遅くにすみません」と付け加えるという意見もありました。 これは、毎日遅くまで仕事をするのが当たり前になっている方たちが24時以降を深夜時間と認識しているようです。 実際に何時以降なら使った方がいい、何時ならまだ「夜分遅く」の時間じゃないなど感じ方は人それぞれですが、より丁寧なメールを心がけたときに必要だと思ったとき入れるといいのかもしれません。 「夜分遅くに」を何時から使うかについて理解いただけたでしょうか?何時から使うか難しいところですが、入れた方がいいと思ったら常識の範囲で何時からでも付け加えた方が安心できるでしょう。 また、ビジネスマナーについて知りたい方は、以下の記事で「ビジネスマナー検定」について紹介しているので参考にしてください。 夜分遅くにビジネスメールを送る際のマナー2つ目は「内容を簡潔に」です。 普段から心がけるべき内容ではありますが、長文は避けましょう。 伝えたいこと1つを明確にする必要があります。 大げさに言えば題名を読んだだけで、何についての内容なのか相手が分かるくらい簡潔な文章を心がけましょう。 日中でもそうなのですが、朝一や夜遅くに、だらだらと長いメールを読みたい人はいません。 夜分遅くのメールには急用性が高いという特徴もあるので、相手からより早く返事がいただけるように分かりやすい内容を心がけて、簡潔にメールを作成しましょう。 他の人にチェックしてもらうのもいいかもしれませんね。 夜に送るメールは「今日」や「明日」などの表現は避けた方が良いでしょう。 もし、メールを送るのが日付をまたぐ前だからと言って「明日までに返事を下さい」と送ってしまうと、朝メールを見た相手は明日を勘違いしていますかもしれません。 同じように、明日の朝メールチェックすることを見込んで「今日までに返事を下さい」というのも相手からすると夜遅くに返事をよこせということなのかと失礼に思われてしまうかもしれません。 日にちを明確に表現しましょう。 今日(〇月〇日)、明日(〇月〇 日 )など付け加えるだけでだいぶ丁寧さの印象が変わりますよ。 初めての相手にビジネスメールを送るとき皆さんはどのようなメールを送りますか?以下では初めての挨拶メールでおすすめの書き方について紹介しています。 突然メールを送るときに使うと好印象なクッション言葉についてや何時から送っても大丈夫なのかマナーについて知ることができ参考になりますよ。 「夜分遅くに申し訳ありません」とは、夜遅くにメールを送ることをお詫びするときに使います。 夜遅くにメールすることは、相手にあまりいい印象を与えない可能性がありますので、お詫びの気持ちはしっかりと伝えた方が良いでしょう。 自分が夜遅くにメールをもらったときにどう思うかを考えれば自然と出てくる言葉でしょう。 非常識な人だと思われないためにも「夜分遅くに申し訳ありません」というお詫びの気持ちをしっかり伝えましょう。 次に会ったときや電話で話すときに「この間は夜分遅くに連絡をして申し訳ありませんでした」と伝えるとさらに良いでしょう。 ビジネスにおけるマナーとして、お詫びの言葉はしっかりと伝えることは大事です。 夜分遅くに失礼致します 「夜分遅くに失礼しました」とは、メール文の最後に一言付け加えるときに使うと効果的な言葉です。 メール文の最初で「夜分遅くに失礼致します」か「夜分遅くに申し訳ありません」のどちらかを使っていて、改めてお詫びの気持ちや申し訳ない気持ちを伝えたいときに「夜分遅くに失礼しました」を使うことをおすすめします。 メールの最後をどのように締めるかもビジネスメールにおいて難しいところです。 夜遅いメールの場合、最初と最後で「夜分遅くに」と言えるとより丁寧になります。 あまりくどい内容もよくありませんが、丁寧を考えるのであれば「夜分遅くに失礼しました」と伝えても問題ないでしょう。 夜分遅くまでメールを送ってしまい申し訳ありません 「夜分遅くまでメールを送ってしまい申し訳ありません」とは、なかなか使う場面が少ないかもしれませんが、日中も連絡を取り合っていてその連絡が深夜にまで続いてしまったときに使うと良いでしょう。 「夜分遅くまで」なのでメールの最初に何度もメールを送ってしまい申し訳ありませんという気持ちで使いましょう。 「夜分遅くまで」という言葉を使うとより仕事の緊急性が相手に伝わりやすいです。 「夜分遅くに」はよく聞きますが、「夜分遅くまで」はあまり使わないかもしれませんが、このように使い分けることによって相手への伝わり方も変わってくるのでおすすめです。 言葉一つでとらえ方が全然違うので難しいですね。 ついつい知らないうちに若者言葉を使っていることはありませんか?若者言葉には「大丈夫です」や「ら抜き言葉」があります。 話し言葉だけでなく、メールでも使いがちな若者言葉なのでより注意が必要です。 どのような言葉が若者言葉なのかについて知りたい方は以下の記事を参考にしてみてくださいね。 好印象なクッション言葉2つ目は「せっかくではございますが」です。 これは、相手にお断りの返事をしなければならないときに使うクッション言葉です。 お断りを伝える表現は難しいですよね。 一歩間違えればとても冷たい印象を相手に与えてしまうかもしれません。 それくらい慎重になるのがお断りのお返事をするときなのです。 「せっかくではございますが」以外にも「お気持ちはありがたいのですが」や「残念ですが」などのクッション言葉があります。 「お断りさせていただきたいです」に「せっかくではございますがお断りさせていただきたいです」とクッション言葉を使うだけで今後の関わり方も良い方向へと進むような気がしますね。 好印象なクッション言葉【反論】おっしゃることは理解できますが 好印象なクッション言葉3つ目は「おっしゃることは理解できますが」です。 これは、反論の気持ち、反対の気持ちを伝えるときに使うクッション言葉です。 お断りのお返事と一緒で、反論は相手の意見を否定することに繋がるので失礼のない対応が大切です。 言葉選びはより慎重に行う必要があります。 反論はどうしても冷たい印象に伝わりやすいですが「おっしゃることは理解できますが」「お言葉を返すようですが」などクッション言葉を使いつつ、柔らかい表現で相手に受け取ってもらえるように工夫をする必要があります。 反論のクッション言葉は、時には怒っていると思われがちなので気を付けて使いましょう。 適した言葉を使ってビジネスメールを送ろう いかがでしたでしょうか?今回は「夜分遅くに」「夜分遅くまで」とは、ビジネスメールにおいてどのような場面で使うのかを紹介しました。 夜にメールを送らなければならないことは出来れば避けたいですが、どうしても送らなければならない場面はあることでしょう。 「すみません」よりも「申し訳ありません」がより丁寧です。 お詫びの気持ちをしっかりと伝え、何時から「夜分遅くに」を使うべきか考えビジネスメールを作成しましょう。 「失礼致します」や「失礼しました」もお詫びの気持ちを伝えるときに活用して相手により丁寧に失礼のないようなビジネスメールを心がけてみてはいかがでしょうか。 敬語の使い方に悩むことも多いのではないでしょうか。 以下では「ご連絡させていただきました」という使い方が正しいのかについて紹介しています。 目上の人には特に気を付けて使いたい敬語なので、ぜひ参考に読んでみてください。

次の

「夜分に失礼します」は正しい?ビジネスで使える表現例|ハタラクティブ

夜分に失礼します メール

「夜分遅くに」の夜分とは?何時から? 夜分とは夜の時間帯を幅広く指す言葉 夜分とは、夜の時間帯を幅広く指す言葉です。 夜分という言葉は「夜」という漢字一文字の言葉を丁寧に言い表した言葉であり、意味合いは夜と同じです。 しかしながらこの「夜分」という言葉を使うことで、表現全体にフォーマルで丁寧なニュアンスが滲み出てきます。 ちなみに下記の関連記事は昼下がりという言葉の使い方を紹介しており、夜を示す表現と比較したおすすめの内容となっています。 こちらもこの記事と併せて参考にしてみてください。 こういった細かな表現において、人と違う改まった丁寧な表現が使えると周囲から一目置かれることとなるでしょう。 日が沈んだ時間帯から「夜分」を指すことになりますが、冬に夜6時頃には日が沈んでいたとしても、あまり夜遅い時間だという印象はないでしょう。 夜6時にすでに寝ている、といった人も滅多にいません。 22時という時間帯は様々な業界において深夜料金が発生する時間帯です。 タクシーに乗ってもレストランに行っても割り増し料金が加算される時間帯です。 そのため、この時間帯を境に「夜分遅くに」と使う説が非常に有力とされています。 20時で「夜分遅くに」というのは随分と早いと感じる人も少なくないことでしょう。 しかし、ビジネスマナーの本には「夜20時を過ぎたら夜分遅くにと添えれば間違いはない」と記載されているのです。 これは、人が寝ている可能性がある時間であるからです。 大人になると20時に寝ることは中々ないかもしれませんが、子供やお年寄りは寝ている可能性が高い時間帯となります。 そのため20時を過ぎたタイミングで「夜分遅くに」と添えておけば間違いない、というマナー本の表記は的を射ていると言えます。 「夜分遅くに失礼いたします。 明日早朝の納品時間の変更についてご連絡となります」といった形で使います。 ちなみにご連絡となります、の後に「夜分遅くに申し訳ありません」と付け足すのもOKです。 電話における使い方としては「夜分遅くに失礼いたします。 お休みのところ申し訳ありません。 明日の持ち物の確認でお電話しました」といった形になります。 「失礼いたします」「申し訳ありません」と重ねて謝罪をしています。 このように、「夜分遅くに」というフレーズを添えればそれでOKという話ではなく、例文のように本当に申し訳ないといういう気持ちを込めて相手に電話をすることが大切です。 気持ちが通じれば相手もまったく失礼だとは思わないでしょう。 訪問における使い方は「ごめんください。 夜分遅くに失礼いたします。 ご依頼の水道修理でお伺いいたしました」といった形で使います。 相手から依頼があっても、マナーとして「夜分遅くに」と添えるようにします。 もちろんアポなしで訪問する場合には、より丁寧な表現を使った方がいいでしょう。 電話の例文で紹介したような形で、謝罪の文言を重ねる方法もあります。 また、電話でアポをとってから訪問するといった配慮があってもいいかもしれません。 どんな時もマナーを守るだけでなく、相手への気遣いを忘れないようにしましょう。 基本的にメール等の文章では「申し訳ありません」を使います。 メールで「すみません」という表現を使うと相手に失礼に当たる場合があります。 一方で「申し訳ありません」はメールと会話両方で使うことが可能です。 相手に対してより丁寧に謝罪したい場合には「申し訳ありません」を使用します。 また、謝罪の言葉を添える必要はあるものの、そこまで重い話ではないと判断できる場合には「すみません」を使うようにします。 相手に対して軽すぎず、固くなり過ぎないようこの2つを使い分けることが大切です。 「夜分遅くに大変申し訳ありません。 ご相談があり、ご連絡となります」「夜分遅くにすみません。 もしよかったら今からお茶でもしませんか」といった形で使い分けることができます。 この2つの表現は、会話でもメールでも両方において使うことができますが、「失礼します」は会話において、「失礼いたします」はメールにおいてメインで使用するようにしましょう。 「失礼します」をメールで使うと丁寧さに欠ける表現だと感じる人もいますし、「失礼いたします」と常に会話で使うと、堅苦し過ぎると思われる傾向にあります。 そのためライトな表現は口頭で、そして堅いフォーマルな表現はメール等の文章で使うようにしましょう。 この使い分けはしっかり認識しておきましょう。 「夜分遅くのメール、失礼いたします」「夜分遅くに失礼します。 ちょっと近くを通ったものでして」といった形で使い分けるようにします。 前者がメールの例文で、後者が訪問した際の例文です。 「夜分遅くまで本当にお疲れ様です。 おかげ様で何とか目処が立ちそうです」といった使い方をします。 相手を労う際に使う表現であり、相手との信頼関係を深めることができます。 「夜分遅くに」という表現を使う場合には謝罪を添えるのが一般的になりますが、労いやお礼を添えることができる夜分遅くまでという表現も使いこなせると、今後良好なコミュニケーションの維持が期待できることでしょう。 「夜分遅くにすみません」「夜分遅くに失礼します」と、謝罪の言葉を添えるのは常識であり「夜分遅くのご連絡となります」などと、堂々と連絡や訪問をしたら、この言葉を使う意味がなくなります。 本来は夜分遅くに連絡をすることは失礼にあたるため、このような表現を使って失礼であることを詫びた上で本題を切り出すのが筋であると言えます。 「夜分遅くに」という表現は「申し訳ありません」「失礼いたします」と謝罪する理由を説明する添え言葉となります。 本来、夜に連絡をすることは避けるべきことなのですが、必要があるので連絡をするために「夜分遅くに失礼いたします」などと断っています。 そのため、手短に話をして早めに切り上げるなどの気遣いが非常に重要となります。 また、電話や訪問をするにしてもまずはメールをして、電話や訪問をしていいかどうか確認をしてからにするなど、相手に対してどうしたら極力迷惑にならないかを考えて対応する必要があります。 夜分には特に配慮や気遣いが必要になると認識しておきましょう。 「夜分遅くに申し訳ありません」と添えれば、夜に連絡をしてもOK、ということにはなりません。 基本的にはマナー違反だからこそ謝罪を伝えつつ連絡しているのです。 そのため、基本的にはどうしてもその日のそのタイミングで連絡しなければならない事項以外は、翌日以降に回すのがマナーです。 夜分にする連絡は、必要最小限にとどめるようにしましょう。 夜分の連絡は極力控えることが大前提になります。 その物事を堂々と伝えることがはばかられるような状況においては、「申し訳ございませんが」と前置きをして要件を伝えることで、非常に控え目で丁寧な印象を相手に与えます。 ビジネスでは多用したい表現です。 ただしことあるごとに「申し訳ございませんが」と添えていると、低姿勢過ぎて頼りなく見えることもあるため注意が必要です。 「申し訳ございませんが」という表現はここぞという時に何か大切なことを切り出す時の表現として、とっておくようにするのが無難です。 この表現は「恐れ入りますが、間もなく閉店となりますのでお帰りのご準備をお願いできますでしょうか」といった形で使うことができます。 「申し訳ございませんが」という表現と同じような形で使えます。 ただし「恐れ入りますが」の方が「申し訳ございませんが」よりも軽い表現であり、「申し訳ございませんが」よりも幅広いシーンにおいて使うことができます。 この表現は会話でもメールでも、ビジネスにおいてあらゆる場面においてよく見かける表現です。 この言葉は相手に手間やお手数をかけさせるような時に使う表現です。 相手にとっては、自分を理解してくれている、という印象を与えることができるので非常に好印象を与える表現であると言えます。 目標に対して何かをしてもらった時には「お手間を取らせて申し訳ありませんでした」となり、人や自分に対して苦労を賭けさせた場合には「お手数をおかけしました」「お手間をおかけしました」という言葉遣いをするのが一般的です。 細かい使い分けですが、覚えておきましょう。 夜分遅くにという表現をうまく使っていこう! 夜分遅くにという表現をうまく使うことで、相手に対しての気遣いや配慮を示すことができます。 それはビジネスにおいて非常に重要なことです。 ここで紹介した知識を、今日今から早速活用してもらえたらうれしいです!.

次の