だいたい こ つけ いぶ 骨折 リハビリ。 鎖骨骨折のリハビリは大変ですか?

黒柳徹子の大腿骨骨折に学ぶリハビリの方法と骨折予防

だいたい こ つけ いぶ 骨折 リハビリ

手の指の骨折は1カ月 手の指の骨折は最低でも1カ月、程度によっては2か月以上かかることも。 3週間ほどギプスをはめるので、外した後は動かしづらくなります。 手首から上は2~3カ月 手首、前腕、上腕骨骨幹下部となると、だいたい10週間から12週間、およそ2カ月以上かかります。 足指の骨折は5週間 足の指の骨折が治るのは、だいたい1~2カ月くらいです。 最初の3週間~4週間は骨をくっつけるために固定します。 足首の骨折は2~3カ月 足首やくるぶしの骨折にかかる期間は2カ月ほどです。 足首は、スポーツや歩行によっても骨折しやすい一方で、「引きずるように歩く」「むくんで足首が2倍に腫れ上がる」「激しい痛みがある」といった後遺症も残りやすいです。 なので、 しっかりリハビリする必要があります。 リハビリの目的ってなに? 骨折をすると、その部分を治療するためにギプスやボルトで患部を固定します。 そうして治療によって骨折した患部を長期間動かさないでいると、患部の周辺の筋肉が衰え、関節部分も硬直して、曲げたり伸ばしたりしづらくなります。 リハビリとは、そのような衰えた筋肉や固まってしまった関節を、もとの状態になおすために行うものです。 早期に正しくリハビリすることで、関節が固まったり筋肉が萎縮したりするのを防ぎます。 それはケガの程度や部位によっても違います! 手術をしなかった場合 部位や状態によっては手術をしないで、ギプスなどで固定して治す方法がとられます。 固定期間 骨折したらまず骨をくっつけることが必要ですが、手術をせずに副え木やギプスのようなもので、しっかりと固定して、骨がある程度くっつき、ズレたり動いたりしない状況になるまで固定を続けます。 この期間を 固定期間と呼び、およそ 1~2ヶ月間ぐらいです。 可動域訓練期間 次に、固定を外して硬くなった関節を動かしていく過程です。 骨の付き具合やズレを確認しながら可動域が回復するよう訓練します。 これを 可動域訓練期間と呼び、本格的なリハビリの開始です。 1~2カ月以上かかるでしょう。 負荷訓練期間 次に 負荷訓練期間と呼ばれるもので、例えば足であれば、自分の体重を支えられるようになるまで、手や腕の場合には重い物を持ってこの負荷に耐えられるようになるまで訓練を行います。 この期間も 1~2ヶ月くらい要します。 このようにリハビリが必要な場合には、全体としてだいたい 半年近くかかるというのが一般的です。 手術をした場合 手術によって直接器具などで、骨折した部位を正常な位置に戻して固定するので、治療後すぐにリハビリを行うことができ、 固定期間を早めて、関節や筋肉が固まったり、衰えたりするのを防いで、回復も早まります。 ええ~!どういうこと? リハビリはいつから始めるのがよい? 「負傷後数日」または「骨折の処置をした後」から リハビリは治療中からでも始められます。 もちろん、折れている患部自体を動かすことはできません。 そうではなく、患部周辺の筋肉や関節を動かすためにリハビリをします。 なぜ治療中にもかかわらず、わざわざ患部の周辺の筋肉や関節を動かす必要があるかというと、さきほど言ったように、骨折治療をしていて患部を固定したままとしていると、周辺の筋肉が衰えたり、関節が硬直してしまうからです。 本格的なリハビリを開始したとき、負傷部位以外の周りの筋肉などが劣っているとリハビリにその分時間がかかることになります。 もちろんはじめの炎症や痛みがひどいときは控えるべきですが、医師の確認をとって負傷部位の周りから動かし始めます。 リハビリの方法 リハビリは必ず医師や専門家の指導のもとに行なってください。 自力でできるリハビリのやり方 腕を骨折した場合は、手首を回したり、手をグーパーする、肩を回すなどの動作のリハビリがよいでしょう。 また、足首を骨折した際には、足の指を曲げ伸ばしする運動のリハビリがよいです。 あるいは関節を動かさないようにして、力を入れ筋肉を刺激するというやり方もよくあります。 周辺の筋肉を動かしてあげると、患部付近の血行が悪くなってむくんでいる箇所の改善にもつながります。 リハビリが辛いあなたに 骨折後には鍼灸治療が効くんですよ 鍼灸治療がリハビリに効く 鍼灸によって筋肉や関節の硬縮・硬直からの回復と予防を行います。 さらに患部周辺の痛みを和らげ、自宅でのリハビリと合わせ、より効果的に回復してくれるのです。 アキュスコープで治癒力を倍増 当院では微弱電流治療機器「アキュスコープ」を導入し、施術を行なっています。 体の中には絶えず生体電流と言われる電子の流れがあり、それが細胞に刺激を与えることで新陳代謝が起こっています。 怪我をしていると、 その体の部位の電流に乱れが生じています。 このアキュスコープは体の電流のバランスを瞬時に分析。 それを整える最適な強さの電流を与え、新陳代謝を促進し、なおりを早めることができるんです! さらにホルモンの分泌を促され、 痛みも緩和。 これまで様々なスポーツ外傷で効果をもたらしてきており、プロのスポーツ選手や団体でも導入されている機器です。 当院での事例 足の指を3本骨折された方が当院にお越しになりました。 すでに骨自体は繋がっていたのですが、違和感が残っているとのことでアキュスコープを中心とした施術を行いました。 この方の場合は 1ヶ月のうち2度の来院で完治。 骨が繋がった状態であれば、すぐに効果が出ます。 骨が折れた状態でも完治が1〜2週間ほど骨の接合が早まることがあります。 白山はりきゅうは鍼とアキュスコープを組み合わせて、あなたに合わせた最適な治療を行なっていきます。 「骨折の治りが遅い!」とお困りの方、ぜひ一度体験してみてくださいね。 まとめ 今回ご紹介したように、骨折してしまったら、関節や筋肉のためにもリハビリをしっかりと取り組む必要がある事が分かりましたね。 日常生活でいつ骨折するか分からないもの。 きちんとした対処を行うようにしましょう。 骨折の痛みが引かない時などは、鍼灸治療も試してみてください。 キャリア15年。 施術人数5000人以上。 様々なスキントラブルや体の悩みを抱えた患者様を担当する。 特に得意なのは「ニキビ」や「肌荒れ」の根本からの改善。 丁寧な施術と的確なアドバイスで肌荒れで悩む20代〜40代の女性に高い評価を頂いております。 With 15 years of experience, the Tokyo-based Acupuncturist has seen over 5,000 patients with many different problems. His specialty is 「Acne」「Skin Problems」to help treating them by identifying the roots that cause the problem. With his effective acupuncture treatments and advice, Den has gained the reputation particularly in the areas of skin problem for women ages between 20 - 40.

次の

骨折はリハビリが重要!適切なリハビリ方法と早くなおす方法

だいたい こ つけ いぶ 骨折 リハビリ

昨年夏に自損事故で右肩の肩甲骨、鎖骨、肋骨を骨折してしまいました。 当初は保存療法で手術などしないで様子観察だったのですが、昨年12月になっても鎖骨の癒着が見られないということでプレートを埋め込みました。 現在は、超音波療法というのを自宅で1日1回のペースで行っています。 10日ほど前に通院した際には、骨の繊維らしきものがでてきたということでした。 そろそろリハビリをしましょうということで、その際に肩の上がり具合を見てもらったら肩より上に上がらない状態でした。 長期間動かしていないのでこのままだと骨がくっついても肩が上がらなくなるので無理のない範囲でたまに肩を上げるように言われました。 (まだ骨が付いていないのでほどほどにと・・・) それから毎日少しづつ試していますが私的には肩を上げるのは意外と痛く感じています。 もうすぐ、検診があるのですが、その際に骨がくっつきだしたなら本格的にリハビリということになるかと思います。 そこで質問なんですが、鎖骨骨折のリハビリというのは痛いんでしょうか? またどんなことをするんでしょうか? 多分医者の先生がレクチャーしてくれ、それを自宅で実践すると思うのですが・・・・ 現在でも結構辛いのですが、やはりもっと辛いものでしょうか? >そこで質問なんですが、鎖骨骨折のリハビリというのは痛いんでしょうか? 鎖骨骨折で障害が出るのは、肩の動きと肩の筋力低下です。 ですから鎖骨ではなくて、肩のリハビリを行っていきます。 痛いです。 特に動きの悪いうちは。 逆に言えば痛みを感じるくらいまでしないと効果がないので、痛くなく行っても意味がありません。 >またどんなことをするんでしょうか? 細かくは病院や医師、リハビリ担当者によって微妙に違うでしょうが、関節可動域訓練という肩の動く範囲(可動域)を改善する訓練と、筋力回復のための筋トレがメインになると思います。 >現在でも結構辛いのですが、やはりもっと辛いものでしょうか? 何が辛いのでしょうか?リハビリそのものですか? もしリハビリをしなかったら生活がってことでしょうか? どちらにしてもリハビリはやらなきゃいけないので、あとは担当者とよくご相談されることをお勧めします。 どんなに痛くてもちゃんと行えば、一回10分ほどで終わると思いますから大丈夫だと思いますよ。 長文、乱文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。 お大事にどうぞ。 リハビリ頑張ってください。 Q 私の会社(運送業)に、鎖骨を折った社員がいます。 7月半ばに怪我をして、10月10日現在、本人曰くまだ完治の予定はないそうです。 しかし、車の運転はともかく、社内でパソコンを使う程度の仕事もできないのかと聞いてみても、「まだ手が痺れているから無理」との事です。 自分も鎖骨を折った経験はありますが、全治2ヶ月で、手の痺れなど感じませんでしたし、事務的な作業に支障が出るほどのものでもありませんでした。 もちろん怪我の程度にもよると思いますが・・・。 彼が仕事を休んでいる間は他の社員が持ち回りでカバーしたり、休日を返上して仕事を処理していますが、さすがに3ヶ月経っても完治の目処が立たないというのはちょっと長すぎる気がします。 会社としては診断書が出ている以上、どうする事もできないそうですが、会社から治療の経過を聞こうとしても電話にほとんど出ず、向こうからの連絡も月に1回程度(つまり現在まで2~3回)しかないそうです。 こんな状態で何もできない会社も情けないですが、本当にこの社員を処分する事はできないのでしょうか? また診断書の信憑性とはどれほどのものなのでしょうか? 私の会社(運送業)に、鎖骨を折った社員がいます。 7月半ばに怪我をして、10月10日現在、本人曰くまだ完治の予定はないそうです。 しかし、車の運転はともかく、社内でパソコンを使う程度の仕事もできないのかと聞いてみても、「まだ手が痺れているから無理」との事です。 自分も鎖骨を折った経験はありますが、全治2ヶ月で、手の痺れなど感じませんでしたし、事務的な作業に支障が出るほどのものでもありませんでした。 もちろん怪我の程度にもよると思いますが・・・。 彼が仕事を休んでいる間は他の社員... 業務上の理由による負傷でないならば労働基準法上には解雇を制限する規定はなく、同法第20条で定める手続きを取ることで解雇は可能です。 しかし、労働者側から見れば解雇は自己の生活の基盤を失う重大な処分なので、相当の理由がない限りは行なうべきではないでしょう。 解雇するにしても早期の職場復帰を促すにしても、療養の状況について可能な限り正確な情報を収集する必要があります。 会社に対して療養の状況を怠っている労働者にも非があるのは事実ですが、先ずは電話ではなく本人と面談して状況を報告させるのがよろしいでしょう。 この場合、#2の方が言うように抜き打ちで自宅を訪問するのが効果的です。 また、主治医と面談して療養の状況を把握するのも重要ですが、医師側は守秘義務を理由として説明を拒むものと思われます。 この場合、本人を同行させた上で、いわゆる三者面談を行なうのがよろしいと思われます。 work2. pref. hiroshima. 業務上の理由による負傷でないならば労働基準法上には解雇を制限する規定はなく、同法第20条で定める手続きを取ることで解雇は可能です。 しかし、労働者側から見れば解雇は自己の生活の基盤を失う重大な処分なので、相当の理由がない限りは行なうべきではないでしょう。 Q こんにちは。 今年の1月に右鎖骨を骨折してしまいました。 治療は、手術をしないで鎖骨バンドでの固定(保存治療)をしました。 現在、痛みは全くありませんが折れた部分が1. 5センチほど上下しその間に新しい骨が出来てきております。 その間の骨も随分固まってきつつあります。 そこで、質問があるのですが今更なのですがこんなに間が開いた状態で大丈夫なのでしょうか? 自分と同じような状態になっている方、日常生活に不便な点、後遺症等はないでしょうか? 現在、リハビリ段階にてまだ右腕を真っ直ぐ上に出来ません。 (万歳ができません。 ) 折ってから、かなり経ちますが最近になって不安になってきました。 回答よろしくお願いいたします。 Q 22歳女性です。 6月23日の自転車同士で衝突し転倒。 即入院となり25日にビン(金属)を入れて手術しました。 その後術後の経過もよく28日に退院、7月27日まで自宅療養を行なっており28日からクラビクルバンドをしたままで職場復帰しました。 (仕事は病院のクラーク(病棟事務やメッセンジャー業務)です)「職場復帰はあなた次第に任せる」と言われたので痛みも全くなく日常生活が行なえてたの戻ったですが・・ しかし、復帰4日目である31日の朝起きたら皮膚が盛り上がっており 受診したら「金属が出てしまっているから無理はしないように。 何かあったら再手術するから。 また1週間後に来てください」といわれ座薬を処方されました。 そして昨日の朝は激痛で座薬を使いながらも仕事をした結果、さらに皮膚が突き出た感じになっています。 一応抜釘手術はあと5週間後に予定しているのですが、金属が皮膚を突き破りそうで不安です。。 このような経験をされた方はいらっしゃいますか?怪我をして1ヶ月休んでからもこのような状態になることってあるのでしょうか?? Q 僕は21歳の者ですが、お尋ねします。 3日前スノーボードで転倒し左鎖骨の真ん中辺を折ってしまいました。 後日地元の市立病院で診てもらい手術、入院の手続きをしました。 そのとき納得はしましたが、帰って整形外科のホームページなどを見ていたら、「手術するケースは稀。 」とか「手術してもしなくても骨がつく確立は一緒。 」とか「保存治療が原則、偽間接ができる場合もあるが半年~1年経てば運動にも支障をきたさない。 」などの内容が多く、手術しない方が主流なのかなと思い、市立病院は担当の医師でないとわからないという事なので、地元近辺の整形外科20軒ぐらいに問い合わせたのですが、当然「診てみないとなんともいえない。 」が多く、中には「インターネットには有ること無いこと書いてあるんだよ!」と説明する態度すらみせない医師もいて、どうしたらいいか分かりません。 僕の骨折部は15mm~20mmほど離れてましたが、内出血もなく腕や手にもシビレはありません。 レントゲンを見て先生も、きれいに折れてると言っていました。 起き上がったり、力を入れたりは痛いですが、入院が必要な程ではありません。 どうでしょう?できるならば手術は避けたいのですが、保存治療でも大丈夫だという確証はどうしたらもてるでしょう?逆に100%手術が必要という事はあるのでしょうか? ご回答待ってます。。 僕は21歳の者ですが、お尋ねします。 3日前スノーボードで転倒し左鎖骨の真ん中辺を折ってしまいました。 後日地元の市立病院で診てもらい手術、入院の手続きをしました。 そのとき納得はしましたが、帰って整形外科のホームページなどを見ていたら、「手術するケースは稀。 」とか「手術してもしなくても骨がつく確立は一緒。 」とか「保存治療が原則、偽間接ができる場合もあるが半年~1年経てば運動にも支障をきたさない。 」などの内容が多く、手術しない方が主流なのかなと思い、市立病院は担当の医師でないと... A ベストアンサー 大変でしたね。 鎖骨骨折の場合、整形外科がまだ現在ほど発展していなかった時代、所謂、ほねつぎと呼ばれる術者がいました。 その頃は当然、医師ではないので手術は出来ません。 ですから保存的治療が主流でした。 もちろん完全に骨癒合するものから偽関節になるものまでありました。 整形外科の進歩と治療終了後の問題、保存的治療の限界から現在はプレートによる固定を行い骨癒合が確実に行われるようにする事が主となっております。 8字帯固定や三角巾での固定ですとどうしても腕が動いてしまい患部に刺激が入る為、骨癒合が円滑に進みませんしもしずれた時に再度合わせないといけない2度手間が掛かります。 プラモデルを作った経験がある方なら分かると思いますが接着剤でつけた部品は乾ききらない内に取れるとまた繋げるのに手間ですよね。 それと似たようなことが起こるのでずれないように、骨癒合が円滑に行われるようにプレートを入れる事が多いですね。 Q 鎖骨の骨折後 3ヶ月経過しました 60代女性です。 鎖骨の真中が斜めに折れた骨折です。 皮膚の下で 骨折部がプクッと突きでています。 肋骨も折れていたので 鎖骨と肋骨のベルトを装着して 20日間入院、退院後も2週間に1度レントゲン検査 「骨と骨の間にモヤモヤが出来ている」 「前回よりモヤモヤが濃くなった」と 次第に骨がくっついているような説明を受け安心していました。 骨折後3ヶ月経過した昨日お医者様から「ついていない」と言われました。 電磁波(帝人?)を勧められました。 はっきりしませんが治療の確率と期間は80%と9ヶ月、 ちょっと確率の低さと期間の長さが不安です。 何か他にも良い方法があれば。 そして、もし くっつかなかったら どのような障害が残るでしょうか 鎖骨骨折経験者の方、医療機関で働いている方 教えていただけると助かります。 何卒よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 鎖骨の骨折は機能的な問題はまったく出ません。 どうしてもきれいにつけたいなら手術です。 プレートや針金のようなもので固定します。 >電磁波(帝人?)を勧められました。 超音波骨折治療器ではないでしょうか。 テイジンのセーフスですね。 他のメーカーにはアクセラスというものもあります。 毎日20分の照射で治癒期間が約4割短くなるもので、難治性の骨折にも効果を示します。 過去には大リーガーの松井も使用し、最近は導入している整形外科は増えてきていますね。 個人的には非常にお勧めしますが、ただひとつ問題があります。 端子部を患部に正確に当てなくてはいけません。 装着するのは医師以外でしょうから、しっかりレントゲンの読影と触診ができるスタッフでなくてはいけません。 もしくは貸し出しなら貴方がそれをきちんとできなくてはいけません。 端子をとめにくいという場所特有の問題もあります。 医療行為全でいえますが、完璧なものはありません。 個人的には超音波骨折治療器は強くお勧めします。 長文、乱文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。 お大事にどうぞ。 Q 去年の暮れに交通事故にあい鎖骨骨折しました。 最初の手術は4時間位の手術でプレートを入れて固定しました。 その後は肩のプレートのせいなのか、肩に違和感が毎日ある生活をしてきました。 そして今年の先月の後半にプレート除去の手術を行いました。 プレートを取ってしまえば肩の違和感もなくなり事故前の肩となんら変わらないだろうと思っていました。 そしてこないだ最後の受診で大きい絆創膏みたいなのをを外してプレート除去手術の時に縫った抜糸をしてもらいました。 ですがまだ少し違和感があります。 つっぱた感じがして少し不快です。 抜糸後は仕方がないことなのでしょうか? 時がたてば違和感もなくなるのでしょうか? また受診して先生に聞けばいいのですが、忙しすぎて受診できそうにないので質問させて頂きました。 お分かりになれれる方がいらっしゃいましたら よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 手術をすると、メスが入ります。 切ったところは後でくっつきますが、傷痕なんかが残りますよね。 これは結合組織というので繋がっているからです。 結合組織は、元々そこにあった皮ふや筋肉とは違うもので、伸縮性がなかったりします。 メスで筋肉や毛細血管や細かい神経などがぶった切られているわけですから、「事故前となんら変わらない」なんてのは無理な話なのです。 ではもし手術をしなかったら?手術をしなくても骨は折れてるわ、筋肉は切れてるわ、というようなダメージがあるわけで、それも修復の過程で結合組織に変わったりします。 つまり手術するのとあまり変わらないわけ。 むしろ治るのに時間がかかるし、骨が変な形でくっついちゃったらそのひん曲がった鎖骨のまま一生を過ごさないといけないのでそれはそれで問題は起こるのです。 もし変にひん曲がった状態で骨がくっついたら「一生肩が上がらない」なんてことも起こります。 大ケガをするってのはそういうことです。 またケガによって安静にしていたので、肩周辺の筋肉は筋力が衰えています。 そのリハビリも充分にやらないとそれによる問題も起きうるというわけですね。 大ケガをするってのはそういうことです。 手術をすると、メスが入ります。 切ったところは後でくっつきますが、傷痕なんかが残りますよね。 これは結合組織というので繋がっているからです。 結合組織は、元々そこにあった皮ふや筋肉とは違うもので、伸縮性がなかったりします。 メスで筋肉や毛細血管や細かい神経などがぶった切られているわけですから、「事故前となんら変わらない」なんてのは無理な話なのです。 ではもし手術をしなかったら?手術をしなくても骨は折れてるわ、筋肉は切れてるわ、というようなダメージがあるわけで、それも修復の過程で結... Q 骨折してから、ちょうど1週間になります。 骨折箇所は足の甲の小指側です。 足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。 (うまく説明できなくてすみません。 ) 医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。 全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。 また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。 ・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。 でも、この木曜に病院に行った時医師から注意されてしまいました。 その時、動いて腱がズレて手術になることもあると言われ、ションボリ。 仕事は事務職とはいえ、仕事に支障もあるし、何よりこの窮屈なギブスにウンザリ(笑) 気になるのが、その手術というのは、手術室で行うようなものでしょうか。 また、ギブスを外した後、リハビリとかあるのでしょうか。 すぐ歩けるようになるのでしょうか。 早く治す方法ってあるのでしょうか。 質問攻めで申し訳ありませんが、骨折のご経験のある方、なくても知識のある方、ご意見をお聞かせ下さい。 骨折してから、ちょうど1週間になります。 骨折箇所は足の甲の小指側です。 足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。 (うまく説明できなくてすみません。 ) 医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。 全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。 また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。 ・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。 A ベストアンサー お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。 この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。 これがこの骨折のメカニズムです。 今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。 完全にズレてしまえば主治医の先生の仰るように手術しなければ「偽関節」という状態になります。 手術は通常腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。 方法は長さ2cm程度のスクリュー(ねじ釘のようなもの)で固定するか、1~2mm程度のワイヤーを2本平行に刺し、更に細いワイヤーで8の字に縛る方法があります。 この手術をすればギプスをする必要はありませんが、2~3週間は体重をかけることは出来ません。 次にリハビリに関してですが、現在の固定が足先からすねの中央まで固定されていれば、当然足首の動きも制限されているわけなので、ギプス除去後の「足関節・可動域訓練」というリハビリをする必要があります。 ただし、除去後すぐに可動域が良好である場合はその必要はありません。 最後に骨折全般に言えることですが、ほとんどの場合、一度骨折した骨は元の硬さに戻るには約2~3ヶ月かかると言われています。 ですが、機能的な問題がなくなるのには約1~2ヶ月程度と言われています。 早く骨癒合させるには、骨折部を出来るだけ動かさない(骨折部をグラつかせない)ことが原則になります。 「もう少しの辛抱」と思って頑張って下さい。 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。 この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。 これがこの骨折のメカニズムです。 今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。... 1です。 すみません、質問の本文をよく読んでいませんでした。 生命保険会社の医療保険でなく、「傷害保険」にご加入なのですね。 傷害保険はケガによる入院や死亡等を保障します。 骨折による手術・入院ですので、前回の入院は「災害入院」に該当して、手術給付金・入院給付金は当然支払われました。 ところが、骨折が一年前ということで、今回の手術のための入院は災害入院に該当しなくなっているのです。 「不慮の事故の日からその日を含めて180日以内に開始した入院」が災害入院給付金の支払事由であり、事故の日から180日を越えて入院または再入院した場合には「疾病入院」に該当します。 (災害入院の定義を約款でご確認ください) 「傷害保険」には「疾病入院」に対する給付はありません。 ですから、医療保険に入っていた場合には、1回目の手術・入院に対し手術給付金と入院給付金、今回の手術・入院に対し入院給付金が支払われましたが、傷害保険ということなので、今回の入院給付金は支払われません。 抜釘術が骨折の日から180日以内に行われているか、お入りになっていたのが傷害保険でなく医療保険であれば、2回目の入院給付金は出たということです。 1です。 すみません、質問の本文をよく読んでいませんでした。 生命保険会社の医療保険でなく、「傷害保険」にご加入なのですね。 傷害保険はケガによる入院や死亡等を保障します。 骨折による手術・入院ですので、前回の入院は「災害入院」に該当して、手術給付金・入院給付金は当然支払われました。 ところが、骨折が一年前ということで、今回の手術のための入院は災害入院に該当しなくなっているのです。 「不慮の事故の日からその日を含めて180... Q 昨年、鎖骨骨折しました。 私の場合は、直りが悪く、手術したうえに6か月経過してもまだ完全にくっつきません。 ですが、とりあえずCT検査の結果、不完全ではあれ、くっつきつつあるというので鎖骨バンドはしなくてもよく、安静制限も外れました。 主治医の先生にはバイクの運転やある程度重いものを持つのも許可していただいたのですが、まだ腕を動かすとコリコリした感じがするし、鎖骨部を抑えると浮き上がっているようにぐらぐらするし、つい重いものを持ってしまった時など、あとから痛くなります。 そんな感じなので、また再骨折したりくっついた部分が取れてしまうのではないかと不安です。 それでもまったく動かさないのもよくないと言うので、リハビリにと思ってジムに行くことにしました。 筋肉も衰えているので少し肩に負荷をかけて筋トレみたいな事もしようと思ったのですが、どのくらい負荷をかけても大丈夫なのかわからないし、やった後で痛くなったりするのも不安です。 今のような状態で、どのくらいまでなら負荷をかけても大丈夫なのでしょうか? こんな経験のある方や、専門の方がおられましたら、アドバイスいただけたらありがたいです。 昨年、鎖骨骨折しました。 私の場合は、直りが悪く、手術したうえに6か月経過してもまだ完全にくっつきません。 ですが、とりあえずCT検査の結果、不完全ではあれ、くっつきつつあるというので鎖骨バンドはしなくてもよく、安静制限も外れました。 主治医の先生にはバイクの運転やある程度重いものを持つのも許可していただいたのですが、まだ腕を動かすとコリコリした感じがするし、鎖骨部を抑えると浮き上がっているようにぐらぐらするし、つい重いものを持ってしまった時など、あとから痛くなります。 Q 11月14日に鎖骨を骨折し、現在、保存療法を選択しクラビクルバンドで治療しております。 年齢は60歳です。 40日経過しても骨の癒合はありません。 整形外科の医師曰く、骨がくっつきにくい場所だそうです。 (骨折の状態が) できれば手術をしたくないし、医師の先生も、保存療法を勧めておられます。 理由は、鎖骨骨折は手術するよりもしない方が癒合率がよいからだそうです ただ、医師の先生は最悪このままくっつかず、偽間接になる場合もあると言われます。 私の場合、本当にくっつきにくいような状態なのでしょうか。 心配で心配で質問させていただきました。 どのくらいの期間があれば、骨癒合が確認できるのでしょうか 何とか、骨癒合したいので、私自身気をつけることがあれば、アドバイスお願いします。 よろしくお願いします A ベストアンサー 鎖骨骨折の基本は保存療法なので、その医師の選択は間違ってはいないと思います。 まず骨がつきにくい理由ですが、鎖骨は腕を挙上(腕を上げること)するだけで、後方への回旋しながら上方へ上がったりと、複雑な動きをする為に固定が十分に行えないため、骨癒合しにくく、偽関節になりやすいと言われています。 また、軟部組織が薄く血流の状態もそれほど良くないので、栄養が行き渡りにくく骨癒合が難しい部位もあります。 (特に外側の端の方とか) 骨癒合の確認は、現段階ではまだ難しいかもしれません。 仮骨形成の初期段階は、繊維が両骨片を橋のようにつないでいるのですが、繊維であるが故にレントゲンでは確認できません。 ここに石灰が沈着してくるとレントゲンにも映るので、骨癒合が目に見えてくるでしょう。 ちなみに偽関節とは、骨癒合のサイクルが途中で止まってしまい、あたかもそこに関節ができてしまったかのようになることです。 この場合はその骨癒合を阻害している因子を取り除くことによってサイクルが復活し、骨癒合に至ります。 鎖骨骨折に対して手術を行う場合というのは、骨片が鋭利で軟部組織を傷つけてしまいそうなときや、全身状態から手術をするべきと判断した場合などが挙げられます。 鎖骨骨折が手術をしない方が癒合率が高いのは、手術をする場合は、骨に栄養を与える役割の骨膜という物を剥がして、骨に直接プレートを当てたりすることが多いからです。 Kワイヤーという針金みたいな物で固定する方法もありますが、固定力に不安が残るのでプレートを使用する医師が多いです。 質問者様の場合、60歳とのことですので、骨癒合までの期間はだいたい20週近くかかる場合がありますので、まだ様子を見ていて良いかと思います。 それでも心配な場合は、セカンドオピニオンで、他の整形外科医の意見を聞いてみると良いと思います。 鎖骨骨折の基本は保存療法なので、その医師の選択は間違ってはいないと思います。 まず骨がつきにくい理由ですが、鎖骨は腕を挙上(腕を上げること)するだけで、後方への回旋しながら上方へ上がったりと、複雑な動きをする為に固定が十分に行えないため、骨癒合しにくく、偽関節になりやすいと言われています。 また、軟部組織が薄く血流の状態もそれほど良くないので、栄養が行き渡りにくく骨癒合が難しい部位もあります。 (特に外側の端の方とか) 骨癒合の確認は、現段階ではまだ難しいかもしれません。

次の

足を骨折した時の体験談②。松葉杖とリハビリ編。

だいたい こ つけ いぶ 骨折 リハビリ

スポンサードリンク 怪我の中でも多いのが 捻挫だと思いますが、骨折をしてしまうこともありますよね。 しかし足首の捻挫と骨折の違いは 具体的には何が違うのでしょうか? またリハビリには水泳やストレッチがいいということ… 今回は足首の捻挫や骨折について 注目していきます。 足首の捻挫と骨折の違いは? 足首の捻挫 誰もが一度はしたことがあるかもしれません。 学生ならば体育をしている時とか 社会人ならばふとした拍子にとか 捻挫は割りと身近なものですよね。 しかし中には捻挫ではなく 骨折だった…なんてこともあります。 骨折というと その名の通りに骨が折れている状態ですが 度合いによっては捻挫と骨折の違いが わからない場合もあるでしょう。 なのでこの2つの違いをしっかりと見極めないと 症状によって対処が遅れてしまい 完治が遅れてしまうということもありえます。 捻挫は冷やせば治るなんていいますが 骨折となると骨同士をしっかりとくっつけなければいけないので 冷やすだけで治るわけではありませんよね。 まず捻挫とは何なのかですが 靭帯という骨同士を連結する箇所を 痛めることによって痛みや腫れが出てきてしまいます。 捻挫の中にも靭帯が完全に切れてしまった場合には 関節の安定性を失ってしまうため ブラブラとしてしまい、ギブスでの固定や 手術なども必要になってきます。 だいたいの捻挫の場合には 靭帯を傷つけたり痛めた場合になるので 完全に切れてしまうということは そうないかもしれません。 もし捻挫をしたとして 内出血が激しい場合や痛みが激しい場合 腫れもひどい場合にはすぐに医師に診てもらうことが必要になります。 さて、次に骨折ですが 捻挫をしたと思っていて、内出血や腫れがひどい場合 捻挫によって靭帯が切れてしまったというわけではなく 骨折の可能性もあるのです。 捻挫の仕組みを見てきたので 骨折との違いもわかりやすいと思いますが 骨折は文字通り骨が折れてしまっている状態のことを指します。 スポンサーリンク リハビリには水泳やストレッチ? 足首を捻挫してしまった場合 リハビリをする必要があるときもあります。 しかしリハビリというのは なかなか難しいですし やりすぎてもやらなすぎてもダメで 結構何をしたらいいかわからないことって多いですよね。 そこでオススメなのが 水泳や ストレッチ。 ストレッチに関しては 足の筋肉を鍛えるためのものが多く 例えば 足の指でモノを掴む練習をしてみたり ギブスなどで固定をしてしまうと ふくらはぎの筋肉も衰えている可能性があるので 直立して、背伸びをし、元に戻すということを繰り返す 簡単なものまであります。 ストレッチでのリハビリで大切なことは 無理をしないということも大切ですが 衰えた筋肉を元に戻す、または強化をするというのが目的なので 筋力、バランス感覚、そして捻挫の再発を防げるように ストレッチ内容を選んでいくといいでしょう。 次にオススメなのが 水泳ですが 水泳とはいっても泳ぐというわけではなく 水中歩行がリハビリとしては最適と言われています。 無理をせずに疲れない水中歩行は 意外にも体中の筋肉を使う反面で 関節や靭帯への負荷を最小限に収めることができます。 重力も感じさせなくなるために リハビリをする上では、水の中は最高の環境である というわけなのです。 さらに怪我をしていると 増えがちなのが体重。 体重が増えてしまうと、足首にかかる体重の負担も 大きくなってしまうために 程よくダイエットをすることもできるというわけですね。 捻挫というと 軽く見られがちな感じもしますが 注意をしていないと酷い捻挫の可能性や 骨折の可能性もあるのです。 たかが捻挫、とは思わずに 症状としっかりと向き合って 酷い場合には医師に相談するように気をつけましょう。

次の