イオン から 徳島 駅。 イオンモール徳島線終点位置変更案内:徳島市公式ウェブサイト

揚げ天まる イオンモール徳島店

イオン から 徳島 駅

13時• 13:14 発 13:50 着• 36分• 徳島市交通局 [32]東部循環[左回り]• 14時• 14:14 発 14:50 着• 36分• 徳島市交通局 [32]東部循環[左回り]• 15時• 15:14 発 15:50 着• 36分• 徳島市交通局 [32]東部循環[左回り]• 16時• 16:14 発 16:48 着• 34分• 徳島市交通局 [32]東部循環[左回り]• 17時• 17:14 発 17:48 着• 34分• 徳島市交通局 [32]東部循環[左回り]• 18時• 18:14 発 18:48 着• 34分• 徳島市交通局 [32]東部循環[左回り]• 19時• 19:14 発 19:48 着• 34分• 徳島市交通局 [32]東部循環[左回り]• 20時• 20:07 発 20:38 着• 31分• 徳島市交通局 [32]東部循環[左回り]•

次の

イオンモール徳島

イオン から 徳島 駅

概要 [ ] 徳島県の県庁所在地でもあるの中心駅であり、(JR四国)徳島企画部、、徳島保線区が置かれている。 、、、の各列車が当駅から発着している。 度の1日平均乗車人員は8,129人であった。 これはJR四国ではのに次いで2番目に多い乗降客である。 なお、までは最終列車(高松23時20分発)の到着が日付を越えた0時30分着となっていたが、現在 は23時34分着(特急うずしお高松22時22分発)となっている。 利用可能な鉄道路線 [ ]• 四国旅客鉄道(JR四国)• - 当駅の であり、当駅が終点。 - 当駅が起点。 - 線路名称上の終点はだが、全列車が当駅を発着し一部は牟岐線に直通する。 - 線路名称上の起点はだが、ほとんどの列車が当駅を発着する。 歴史 [ ]• (32年):の駅として開業する。 (明治40年):徳島鉄道がされる。 (2年):により、当駅 - 間が開業。 同時に官設鉄道が借上げ、小松島軽便線として営業を行う。 (大正6年):小松島軽便線が国有化される。 (10年):高徳線が全通し、当駅に乗り入れを開始する。 (昭和20年):未明のにより駅舎を焼失する。 (昭和21年)2月:2代目駅舎が完成する。 (昭和26年)4月:3代目駅舎が完成する。 (昭和38年):佐古駅 - 当駅間が徳島本線と高徳本線の区間となる。 (昭和62年):により(JR四国)の駅となる。 (4年):4代目となる現駅舎が完成する。 (平成5年)5月:駅ビルが全面開業する。 改札口は2番のりばの正面に1つあるのみである。 2番のりば阿波富田寄りにはを提供する「麺家れもん」がある。 4番のりばの北側には約2. 7ヘクタールのが広がり、も併設されている。 及び(タッチパネル式・オレンジカード利用可)も設置されている。 かつては5番のりばまで存在し、当時は現在の4番のりばが5番のりば、3番のりばが4番のりば、2番のりばが3番のりばで、現在のクレメント駐車場に1番のりばと2番のりばがあり、この箇所がであった。 階段にはかつて5番のりばがあったことを示す痕跡が残っている。 にJR四国は徳島都市圏輸送改善の一環として、再度ホームを増設すると発表した。 8月5日より、県・市との連携により列車接近メロディにの代表的なお囃子である「阿波よしこの」を導入した。 メロディは阿波踊りの連より演奏者を集め、30秒前後のものを4種類製作している。 はの、及びが併設されたで、規模は地上18階・地下1階建てと、駅ビルとしては最大である。 近隣には駅ビル直結の立体もあり、クレメントプラザの南側にはJR四国グループのパン店「」徳島店がある。 出口はバスターミナルのある南側のみで、繁華街もそちらに集中している。 なお、北側へ行くには迂回して跨線橋を経由することになる。 駅弁は1990年代初めに業者が撤退し消滅したのち、2000年代より株式会社ヨシダにより発売が再開され、「阿波地鶏弁当」「徳島牛弁当」が販売されたが、これも(平成28年)8月限りで撤退したため現在は販売されていない。 なお、この販売中止・撤退により、徳島県内で駅弁を販売する駅はなくなっている。 当駅周辺ではが計画されている(後述)。 のりば [ ] 1番線から牟岐線方面へ出発する列車がない以外は、どのホームからも各方面に列車が発車するが、概ね以下の通りとなる。 2019年3月16日ダイヤ改正から、牟岐線阿南方面は9時台から19時台にかけてを導入し 、当駅と阿南駅間の普通列車を毎時2本(当駅毎時00分発・30分発)に統一、一部列車の運転見直しなどが図られた。 連続立体交差事業 [ ] 徳島駅とその周辺の高架化は、(国鉄)時代から議論がなされている。 とりわけ当該区間に位置するの花畑踏切では、かつて踏切内で車両入れ替え作業を行っていたために1日の8時間以上が通行できない状態であった。 現在は踏切内での作業は行っていないものの、それでも約4時間半は閉まっているため、徳島県内で唯一直近(度末時点)でも緊急対策を要するボトルネック踏切にから指定されている。 当初の構想では、当駅付近を付近と同時に高架化して区間内13箇所の踏切を撤去するとともに、駅舎の再開発も一体的に行う予定だった。 しかし、財政上の問題から当駅周辺の高架化施工は先送りされ佐古駅付近だけが先行して高架化されたほか、徳島駅舎についてはJR四国が主体となって再開発が行われた。 その後度に高架化事業が着工準備個所として採択され、3月には当駅に併設されている車両基地を牟岐線沿いの郊外に移設する事を発表、高架化に向けたの決定を度目標として、高架化事業を担う徳島県と街づくり事業を担う徳島市との間で調整が続けられた。 しかしに県がに備え市中心部を除いて取り急ぎからにかけての区間を優先整備し、徳島駅周辺については市の「まちづくり構想」再検討の後に進める主張をしたのに対し、市では「まちづくり構想」は決定済とし、市の中心となる徳島駅周辺を除いた形での高架先行整備へ懸念を示すなど、両者の意見の違いが事業進展への大きな障壁となっていった。 こうした事態を踏まえ、10月から県・市・JRによる3者協議が始まっており、今後は事業者間での調整が続けられる事となる。 高架化の事業費は約500億円見込で、負担内訳は国が220億円、県・市がそれぞれ115億円、JRが50億円となっており、完成時期の見込については先行区間を頃、全区間を半ばとしている。 利用状況 [ ] (平成30年)度の1日平均は 8,129人である。 JR四国の駅としてはに次ぎ2位である。 2018年9月以降JR全社のの設置がされていない駅としては最も乗車人員が多いが同規模の人口を持つ県庁所在地の代表駅であるやに比べるとやや少ない。 近年の1日平均 乗車人員は以下の通り。 年度 1日平均 乗車人員 1995年 11,916 1996年 11,565 1997年 11,127 1998年 10,773 1999年 9,897 2000年 9,588 2001年 9,507 2002年 8,975 2003年 8,784 2004年 8,592 2005年 8,535 2006年 8,523 2007年 8,438 2008年 8,328 2009年 7,868 2010年 8,153 2011年 8,328 2012年 8,219 2013年 8,338 2014年 8,067 2015年 8,158 2016年 8,187 2017年 8,112 2018年 8,129 郵便局・金融機関 [ ]• 徳島中央郵便局• 徳島店• 徳島駅前郵便局• 徳島かごや町郵便局• 徳島前川郵便局• 徳島公園前郵便局• 徳島ターミナルビル内郵便局(2014年(平成26年)4月1日廃止)• 徳島新町郵便局(2012年(平成24年)4月16日、南末広町へ移転・改称、徳島末広郵便局)• 徳島支店• 徳島支店• 徳島駅前支店• 徳島営業部• 徳島支店(2016年(平成28年)1月18日、へ移転)• 徳島支店• 徳島支店 主な宿泊施設 [ ]• 駅ビル内• (徳島駅ビル内)• 駅前広場南側• スマイルホテル徳島(旧・徳島東急REIホテル)• 阿波の国・昴宿よしの• 駅前広場東側• 徳島ステーションホテル• 徳島駅前(旧・徳島駅前第一ホテル)• ホテルアストリア• 駅前広場西側• ホテルフォーシーズン• アグネスホテル徳島• アグネスホテル・プラス• ビジネスホテルニュー浦島• ホテルありの道• 徳島駅前• 東横イン徳島駅眉山口• アルファホテル徳島• ホテルアバンティ 道路 [ ]• その他 [ ]• 徳島支店• 徳島支店• 路線バス [ ] ほとんどの乗り場は南口のに集結しており、路線バスが朝から夜まで頻繁に出入りしている。 2019年10月から各乗り場ごとに1番から番号が振られていたものが通し番号に変更され、市営バス乗り場は駅の反対側から順に1番~7番乗り場、徳島バス乗り場は11番~16番乗り場、高速バス乗り場が21・22番乗り場となっている。 一般路線バスについて、徳島市営バス、徳島バスはいずれも乗り場島に案内所を設けている。 両乗り場はそれぞれ、一列縦列よりも狭い乗り場間隔となっており、連番の乗り場から同時刻に発車する便は横並びになって乗車を行う。 高速バスは、徳島バス(及び共同運行会社)とJR四国バスは、1階に乗車券窓口を設置している。 なお2015年10月20日までは両社の窓口は別の建物であった。 海部観光は、バスターミナルから南東に200mほど離れた自社営業所隣にバス停を設け、そこで発着している。 都市間など中長距離の路線は、開通後は淡路島経由で方面への路線が多数設定され、各社の路線になっている。 他にも、四国の他都市やへ運行されるほか、行や行きの夜行バスも設定されている。 その一方で、路線バスやへのバスは利用者減により厳しい運行を強いられており、減便や再編が行われている。 1番乗り場• 上鮎喰• 中央循環(右回り)• 名東(僧都)• 天の原西(経由)(終点は前)• スマイルライナー(・・)• コトバスエクスプレス(バスタ新宿・東京駅《鍛冶橋駐車場》・東京ディズニーランド)• コトバスエクスプレス(・名古屋南《》)• 2番乗り場(徳島バス)• 不動支所前(中央病院前経由)• 不動支所前(・田宮経由)• 法花(経由便もあり)• 丈六寺南(経由便もあり)• 八多(大道経由)• 八多(55号バイパス経由)• (大道経由)• 五滝(55号バイパス経由)• 大久保• 3番乗り場(徳島バス)• 南部循環(左回り)• ・(経由)• 山城町・ふれあい健康館(55号バイパス経由)• (55号バイパス経由)• 市原(新町経由)• 市原(55号バイパス経由)• 文化の森• (終点は一宮札所前)• 天の原西(大木・経由)(終点は刑務所前)• 4番乗り場• 徳島市営バス• 万代車庫前• 徳島バス• 南部循環(右回り)• 5番乗り場(徳島バス)• 中央循環(左回り)• 島田石橋• (経由)• 6番乗り場(徳島市営バス)• 東部循環(右回り)• 東部循環(左回り)• ・前(マリンピア経由便、経由便もあり)• (終点は沖洲マリンターミナル、サテライト徳島経由便もあり)• オーシャン東九フェリー• 南末広町中・前• 7番乗り場(徳島バス)• 川内循環(右回り)• 川内循環(左回り) 徳島バス乗り場 [ ]• 11番乗り場(徳島バス)• 高速バス(〈 〉内は共同運行会社)• 〈(徳島バスからの委託運行)、〉• 〈、JR四国バス〉• 〈、〉• 橘線(橘西行)• 小松島線(津田経由前行)• 小松島線(経由行)• 丹生谷線(経由川口行)• 勝浦線(横瀬西行)• 13番乗り場(徳島バス)• 鴨島線• 鴨島線(曽我団地経由)• 石井・高原線• 神山線(経由)• 神山線(経由)• 神山線(経由)• 佐那河内線• 石井上板線• 14番乗り場• 徳島バス• 鍛冶屋原線(住吉経由)• 鍛冶屋原線(不動経由)• 鍛冶屋原線(不動・経由)• 北島藍住線• 二条・鴨島線• 竜王団地線(経由)• 竜王団地線(不動経由)• 淡路・徳島線()• 15番乗り場(徳島バス)• 川内・松茂線• グリーンタウン線• 直行便• 16番乗り場(徳島バス)• 鳴門線(・東発経由行)• 鳴門線(バイパス・東発経由・・行)• 鳴門線(バイパス・東発経由教育大・高島行)• 鳴門線(バイパス・中喜来経由行)• 鳴門線(老門・免許センター前・徳島空港・東発経由教育大・高島・ウチノ海総合公園行)• 鳴門線(老門・免許センター前・東発経由小鳴門橋行)• 鳴門線(老門・東発経由小鳴門橋行)• 立道線 高速バス乗り場 [ ]• 21・22番乗り場• (・・) 〈〉(続行便の一部は、徳島バスの路線バス乗り場より出発)• (・) 〈、、〉• ()〈、、阪神バス〉• ()〈、、徳島バス、、〉• 線(関西空港)〈南海バス、、本四海峡バス〉• JR四国バス• (・・ 〈〉)• ドリーム阿南・徳島号(バスタ新宿・東京駅・東京ディズニーランド 〈JRバス関東〉)• (・〈〉)• ここでJR東海バスとJR四国バスの乗務員交代が行われる。 (、、)• (、、)• 大阪・神戸方面のJR系バスは西日本JRバス・本四海峡バスと共同運行。 一部便はにも停車する。 (京都駅) 〈徳島バス・京阪バス、西日本JRバス〉• 北陸ドリーム四国号(・・) 〈西日本JRバス〉 八百屋町バス停留所 [ ]• 日本国有鉄道旅客局 1984 『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。 交通新聞社『JR時刻表』2020年3月号• 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年• (夢の軌跡 港と鉄道の物語) - 徳島新聞(2008年11月24日付、2011年3月5日閲覧)• 交通新聞社 : p. 1992年9月9日• 日本経済新聞2016年8月6日• 徳島新聞 2017年11月12日配信分(2018年1月14日閲覧)• JR四国公式サイト内時刻表の徳島駅発車番線より• 読売新聞 読売新聞社. 2015年2月27日• - JR四国• 2015年9月23日, at the. より 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 四国旅客鉄道•

次の

イオンモール四條畷公式ホームページ :: バスのアクセス

イオン から 徳島 駅

コンタクトレンズ専門店「中央コンタクト イオンモール徳島店」のページをご覧頂き有難うございます。 店舗情報、お買得商品情報、お得なネット限定クーポンなどをご案内しています。 当店はイオンモール徳島4階にございます。 JR徳島駅からはバスで約15分、無料駐車場も3,100台ございますのでお車でのご来店も大変便利です。 ボシュロム、クーパービジョン、アルコン、ロート製薬、メニコンなど有名メーカーの使い捨てコンタクトや ソフト・ハードレンズも幅広く取り扱っており、豊富な種類のコンタクトの中からお客様にあったコンタクト選びをご提案いたします。 コンタクトレンズで気になることがございましたら、ぜひスタッフにご相談ください。 皆さまの快適な視生活をサポートさせて頂きます。 イオンモール徳島にお越しの際には、ぜひ当店にもお立ち寄りください。 皆さまのご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております。 また、春になると気になる花粉の対策に、汚れのつきにくい素材のレンズもございます。 詳しくはお気軽に店舗スタッフまでお問い合わせください。 ご来店お待ちしています。 【 のお取り扱いブランド】 中央コンタクト・フラワーコンタクトを初めてご利用の方、継続でご利用のお客様向けのお安いWEB限定割引クーポンを発行しています 中央コンタクト イオンモール徳島店からそのほかの情報をお届けします。 【近隣店舗のご紹介】 現在徳島県内に2店舗展開しております。 最寄りの店舗にぜひご来店ください。 【人気商品ランキング】 第1位 ボシュロム つけた瞬間のうるおいをキープ。 レンズの乾きを最小限に抑える。 片眼1ヶ月(1箱30枚入) 第2位 クーパービジョン 乾きにくさも汚れにくさも あきらめない、次世代素材ワンデー 片眼1ヶ月(1箱30枚入) 第3位 ボシュロム つけた瞬間のレンズのうるおい をキープ、次世代2ウィーク 片眼3ヶ月(1箱6枚入) その他人気商品 クーパービジョン 瞳にやさしくフィットして うるおい感が続きます 片眼3ヶ月(1箱6枚入).

次の