下請 法 誤 発注。 下請法で違反となる11の行為|親事業者への罰則を解説|企業法務弁護士ナビ

下請取引における電磁的記録の提供に関する留意事項:公正取引委員会

下請 法 誤 発注

下請法が適用される取引関係(物品やコンテンツなどの情報成果物、業務委託等の取引内容や資本規模によって判断されます。 )の場合、親事業者が下請事業者側の責任があるような事情がないのに、下請事業者からの受領を拒む事は下請法で禁止されています。 下請法上禁止される受領拒否とは 例えば、親事業者の取引先(親事業者が中間事業者であるような場合)の事情で、下請事業者からの納品が必要なくなった場合でも、発注した以上は発注対象物を受領して代金を支払わなければならないのです。 完全に受け取らないとする場合が典型例ですが、親事業者側で在庫が滞留してしまったので、納期を延ばして欲しいとして、予め定めた納期に受け取らない場合も受領拒否に該当する事になります。 他方で、下請事業者に責任があるような場合まで下請法で受領を義務づけられていないため、納品された製品などに瑕疵があるような場合や、納期から遅れて納品されたような場合は、原則として下請事業者側に責任があることになりますので、受領を拒否しても下請法上問題になることはありません。 勿論、このような場合でも親事業者側の判断で納品を受領し、損害賠償などの問題とする事は出来ます。 納期前の納品を拒否することは受領拒否に該当するか では、予め定められた納期前に納品があった場合に、これを拒否することは下請法上問題になるのでしょうか。 この場合、納期前の納品を受領する義務は親事業者側にはありませんので、納期前であることを理由に受領を断り、改めて納期に納品するように指示することが可能です。 親事業者側にも納品された商品のスペースや検品などのスケジュールもあるでしょうから、当然のことと言えます。 この場合でも親事業者側の判断で納期前の納品を受け取る事は可能です。 この場合に、正式な「受領」としてしまうと、受領後60日以内に下請代金を支払わなければならないというルールの60日のカウントが、本来の納期前に始まってしまうことに注意が必要です。 これに対して、納期前の受領について正式な受領とせずに「仮受領」と扱えば60日のカウントはスタートしませんが、表向き「仮受領」としたにも関わらず、納期前に、その納品物を使ったり転売したような場合には実際には「仮受領」ではなかった事になりますから、受け取った日が受領日となります。 また、こちらも支払遅延の問題になりますが、「仮受領」とした後に検査をして検査完了時点で正式な「受領」とする事は納期前であれば可能です。 納期後であれば検査前でも受領した時点で60日のカウントが始まるのが原則ですが、納期前であればこのような扱いをする事も認められるのです。 ただ、「仮受領」あと、検査が完了する前に納期が来てしまった場合には、納期の日が受領日となります。 本ブログのテーマを募集します。 本ブログで取り扱って欲しい内容がありましたらinfohassy gmail. comまでメールをお願いします。 (匿名で構いません。 ) 留意事項としては ・ご連絡頂いても取り扱うか否か、またその時期の判断はこちらで行います。 (メールしたけど、一向に取り扱ってくれないという場合でもご容赦ください。 すみません。 ) ・内容としては一般的な内容に限らせて頂きます。 具体的な事案としてメール頂いてもこちらで適当に抽象化することになりますのでご容赦ください。 以上のとおりですので、具体的で差し迫った法的問題を抱えている方は、身近な弁護士の法律相談を受けて下さい。 よろしくお願いします。

次の

親事業者の禁止行為:公正取引委員会

下請 法 誤 発注

親事業者の禁止行為 禁止事項 概要 受領拒否(第1項第1号) 注文した物品等の受領を拒むこと。 下請代金の支払遅延(第1項第2号) 下請代金を受領後60日以内に定められた支払期日までに支払わないこと。 下請代金の減額(第1項第3号) あらかじめ定めた下請代金を減額すること。 返品(第1項第4号) 受け取った物を返品すること。 買いたたき(第1項第5号) 類似品等の価格又は市価に比べて著しく低い下請代金を不当に定めること。 購入・利用強制(第1項第6号) 親事業者が指定する物・役務を強制的に購入・利用させること。 報復措置(第1項第7号) 下請事業者が親事業者の不公正な行為を公正取引委員会又は中小企業庁に知らせたことを理由としてその下請事業者に対して,取引数量の削減・取引停止等の不利益な取扱いをすること。 有償支給原材料等の対価の早期決済(第2項第1号) 有償で支給した原材料等の対価を,当該原材料等を用いた給付に係る下請代金の支払期日より早い時期に相殺したり支払わせたりすること。 割引困難な手形の交付(第2項第2号) 一般の金融機関で割引を受けることが困難であると認められる手形を交付すること。 不当な経済上の利益の提供要請(第2項第3号) 下請事業者から金銭,労務の提供等をさせること。 不当な給付内容の変更及び不当なやり直し(第2項第4号) 費用を負担せずに注文内容を変更し,又は受領後にやり直しをさせること。 1 受領拒否の禁止(第4条第1項第1号).

次の

下請法の域外適用: 弁護士植村幸也公式ブログ: みんなの独禁法。

下請 法 誤 発注

下請法において発注者が守るべき義務は? 下請法(平成29年4月1日施行)において、発注者はどのような義務を守らなければならないのでしょうか。 1.書面の交付 発注者は、発注に際して以下の12項目をすべて記載した書面を交付しなければなりません。 1.発注者・下請事業者の名称• 2.委託日• 3.下請事業者の給付内容• 4.下請事業者の給付受領期日• 5.下請事業者の給付受領場所• 6.給付内容の検査をする場合の、検査完了期日法律• 7.下請代金額あるいはその算定方法• 8.下請代金の支払期日• 9.手形の金額・満期• 10.一括決算方式で支払う場合の金融機関名など• 11.電子記録債権で支払う場合の電子記録債権の額や満期日• 12.原材料などを有償支給する際の品目や数量、決済方法など こういった発注書なしで発注してはいけません。 電子メールで送付する場合、受信者である下請事業者がそのメールを自分が使うコンピュータ上に保存すれば、発注書が交付されたと見なされます。 ただメールを下請事業者のメールボックスに送っただけでは、交付したうちに入らないため気をつけましょう。 2.支払い期日の決定 発注者の支払いが遅れると、下請事業者は大きな影響を受けることになります。 そのような事態が起きないように、支払い期日を明確に決めておきましょう。 具体的には、発注した物品を下請事業者から受領した日から起算し60日以内の範囲で支払日を決定します。 できるだけ短期間で支払うのが理想的です。 3.書類の作成・保存 取引に必要な書類を作成し、保存しなければなりません。 発注者の違反行為を抑止するためです。 また、公正取引委員会や中小企業庁による検査でも必要になります。 書類に記載する内容は給付内容や下請代金の金額などです。 保管期間は2年間と定められています。 4.遅延利息の支払い 発注者が支払い期日を守らなかった場合、遅延利息を支払わなければなりません。 具体的には、下請事業者から物品を受領して60日目から実際に支払った日までの期間に、年率14. 下請法における発注者の禁止行為は? 発注者の禁止行為として、以下の11項目が定められています。 1.発注した物品の受領拒否• 2.代金の支払い遅延• 3.代金の減額• 4.発注した物品の返品• 5.買いたたき(市場価格より不当に低い価格での下請けを求めること)• 6.指定した物品などの購入や利用の強制• 7.報復(下請事業者が公正取引委員会に違反を報告したことに対する代金減額など)• 8.有償支給原材料などの早期決済• 9.割引困難な手形の交付• 10.不当な利益の要求• 11.給付内容の不当な変更・やり直し(発注取り消しもこれに該当する) 親事業者が違法だと認識していない場合もあるので、違反行為を侵さないためにも自社でしっかりと確認を行う必要があります。 下請法に違反するとどうなる? では、下請法に違反するとどのような制裁を受けることになるのでしょうか。 書面の交付・保存義務違反:50万円以下の罰金 発注者が下請事業者に対して書面を交付しなかった場合や、書類の保存義務を怠った場合、50万円以下の罰金が科せられます。 違反した本人だけでなく、会社にも科せられるため注意しましょう。 また、以下に当てはまる場合にも罰金が科せられます。 具体的には、禁止行為を止めて現状を改善し、再発防止に努めることが求められます。 そして、勧告を受けた後は改善報告書を提出しなければなりません。 この場合の勧告はただの注意喚起ではなく法的な拘束力をもつため、素直に従いましょう。 また、勧告された後に素直に対応するかどうかに関わらず、インターネット上で企業名が公表されます。 そのため、勧告を受けてから直せばよいというものではありません。 実際に公正取引委員会のホームページに勧告を受けた企業名が公表されているため、一度確認することをおすすめします。 下請法を遵守するために発注者が取り組むべきことは? 下請法に違反することは、自社の社会的評価を著しく損ない、大きな不利益をもたらします。 このような事態を避けるためには、以下の点に注意しましょう。 4つの義務を厳守する 下請法で定められた「書面の交付」「支払い期日の決定」「書類の作成・保存」「遅延利息の支払い」を厳守する。 契約内容を確認する 契約時に書面を作成すると同時に、そこに下請法に違反した内容が含まれていないかすべて確認する。 公正取引委員会に従う 勧告を受けた際に従うのはもちろん、普段から書面調査や立入検査に従うことで違反行為を未然に防止する。 下請法を遵守し、対等な受発注関係を構築しよう! 下請法では発注者の義務として以下の4つが定められています。 1.書面の交付• 2.支払い期日の決定• 3.書類の作成・保存• 4.遅延利息の支払い 書面の交付や保存義務に違反すると罰金を科せられます。 そのほか、違反行為を行うと公正取引委員会から勧告を受けます。 下請法違反を防ぐには以下の点に注意しましょう。

次の