アラジン 実写 映画。 アラジン実写版とアニメ版映画の違いのまとめ22個

映画『アラジン(2019年実写版)』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

アラジン 実写 映画

ディズニー、アニメーション映画『アラジン』が、ガイ・リッチー監督で実写映画化。 2019年6月7日 金 に日本で公開される。 1992年、ディズニーが製作したアニメーション映画『アラジン』。 ユーモアあふれるストーリー展開だけでなく、アカデミー歌曲賞を受賞した『ホール・ニュー・ワールド』をはじめとする音楽でも名をあげる。 そんな誰もが知る名作を、ミュージカル映画として実写化する。 この身分違いの恋を見守るジーニーもまた、宇宙で最も偉大な力を持ちながらも、ランプから自由になることを密かに願っていた。 そして脚本は、『チャーリーとチョコレート工場』や『ビッグ・フィッシュ』を手がけたジョン・オーガストが担当する。 両者がどのような新生アラジンを世界に送り出してくれるのか、今から待ちきれない。 アラジン役は新人俳優メナ・マスード、ジーニー役にウィル・スミス 主人公のアラジン役には、エジプト出身でカナダ育ちの新人俳優、メナ・マスードが抜擢された。 日本では無名に近い彼は、これまで海外ドラマや短編映画に出演。 今回のアラジン役は大抜擢となった。 アラジンと恋に落ちる王女ジャスミン役には、英歌手・女優のナオミ・スコットを起用。 そして、ランプの魔人ジーニー役はウィル・スミスが務める。 日本語吹替版キャスト アラジン役は中村倫也、ジャスミン役は木下晴香 『アラジン』では、劇中の台詞だけでなく、歌まで完全に吹替をした「プレミアム吹替版」を公開。 日本語吹替版の声優としてアラジン役を中村倫也が担当。 また、ジャスミン役には、新進気鋭のミュージカル女優・木下晴香が起用される。 主題歌MV公開 作品の主題歌であり、これまで数々の賞に輝いた名曲「ホール・ニュー・ワールド」も勿論2人が担当。 木下演じるジャスミンの伸びやかな歌声と、それを包み込むようなアラジン役・中村の甘い歌声が見事なハーモニーを生み出す、ドラマチックな仕上がりとなっている。 ジーニー役に山寺宏一 また、魔法のランプをこすると登場する、主人公アラジンの良き友人となる魔人ジーニーの声優を務めるのは、アニメーション『アラジン』でもジーニー役を務めた山寺宏一だ。 また、山寺は、『インデペンデンス・デイ』など多くの作品でウィル・スミスの吹き替えを担当したことでも知られている。

次の

映画「アラジン」実写版とアニメ版の設定の違いは?魅力や見る価値あるかどうかも

アラジン 実写 映画

アラジン 実写版 の作品情報 タイトル アラジン 原題 Aladdin 製作年 2019年 日本公開日 2019年6月7日(金) 上映時間 不明 ジャンル ファンタジー ラブストーリー 監督 ガイ・リッチー 脚本 ジョン・オーガスト ガイ・リッチー 製作 ダン・リン 製作総指揮 ケビン・デラノイ マーク・プラット キャスト ウィル・スミス メナ・マスード ナオミ・スコット マーワン・ケンザリ ナビド・ネガーバン ナシム・ペドラド ビリー・マグヌッセン 製作国 アメリカ 配給 ディズニー アラジン 実写版 の作品概要 ディズニーが制作した人気アニメーション映画を実写化した作品。 心優しくも貧しい暮らしを送っている青年・アラジン、自由を求める王女・ジャスミン、ある願いを叶えたいと思っている魔人・ジーニー、3人が出会ったことにより動き出す愛と冒険の物語が楽しめる。 アニメ版の『』で使用され有名になった楽曲『ホール・ニュー・ワールド』と共に、実写映画のために作られた新曲が物語を豪華に演出している。 若手俳優のメナ・マスードが主人公役に抜擢され、世界的な俳優ウィル・スミスがジーニー役で出演している。 アラジン 実写版 の予告動画 アラジン 実写版 の登場人物(キャスト) ジーニー(ウィル・スミス) 魔法のランプに宿る魔人。 陽気で自信家。 「人を殺すこと」「他人の気持ちを変えること」など叶えられない願いもあるが、ランプを擦った者の願いを3つまで叶えることができる。 アラジン(メナ・マスード) 天涯孤独。 貧しい暮らしを送っているが、心優しい青年。 王宮での豪華な暮らしに憧れを抱いている。 猿のアブーが相棒。 ジャスミン(ナオミ・スコット) アグラバー王国の王女。 自由への憧れが強い。 自立した女性で、自分で愛した人と結婚することを望んでいる。 民の幸せを願うなど優しい心も持っている。 アラジン 実写版 のあらすじ(ネタバレなし) アラジンは貧しい暮らしをしており、盗みを行いながら生活をしていた。 そんなある日、規則に縛られた生活に嫌気が差し、外の世界に飛び出してきたジャスミン王女に出会う。 アラジンはジャスミン王女の美しさに目を奪われ、心惹かれる。 邪悪な大臣ジャファーはジャスミン王女に釣り合うほど大金持ちになると唆し、魔法の洞窟にあるランプを取りに行くようアラジンに指示を出した。 アラジンはジャファーの言葉を信じ、洞窟に侵入してランプを見つける。 そのランプを擦ってみると、魔人・ジーニーが現れた。 ジーニーはランプを擦った人の「3つの願い」を叶えることができた。 アラジンはジーニーに助けられながら、ジャスミン王女に会いに行った。 果たして、アラジンは自分の「本当の願い」を叶えることができるのだろうか!? アラジン 実写版 の感想・評価 ディズニーの人気アニメーション作品の実写化 ディズニー制作のアニメーション映画を実写化した作品。 アニメ版はディズニー・ルネサンスと呼ばれる時期(1992年)に公開されている。 人気が高かったことから、OVA版で続編が制作されたり、ミュージカル舞台が公開されたりした。 主人公のアラジンは、オーディションを勝ち抜いて抜擢された若手俳優のメナ・マスードが務めている。 まだ無名の俳優ではあるが、身体能力の高さや美声が作品内で遺憾なく発揮されており、これからの活躍が期待される俳優である。 そして、ヒロインのジャスミン王女を演じたのは、女優だけではなく音楽活動の活躍も目覚ましいナオミ・スコットである。 物語の重要な位置にいるランプの魔人・ジーニーを演じたのは、世界的俳優ウィル・スミスである。 陽気でジョークが大好きなジーニーを見事に演じ切っている。 名曲『ホール・ニュー・ワールド』 『』の作品の中でも特に有名なのが、『ホール・ニュー・ワールド』である。 『ホール・ニュー・ワールド』はアカデミー賞だけでなく、ゴールデングローブ賞主題歌賞やグラミー賞最優秀楽曲賞を獲得しており、高く評価された楽曲である。 アラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞の楽曲で、アラジンとジャスミン王女が絨毯で世界中を旅するときに流れた。 実写版でもこの曲は使われており、アニメ版の『』を見たことがある人は懐かしく感じるはずである。 アニメ版の『』で使用された曲だけでなく、新曲も作品内で使われている。 それは、『』(16)や『』(17)の音楽を担当した、ベンジ・パセック&ジャスティン・ポールのチームが担当している。 懐かしさと新しさを感じられる作品になっている。 究極のエンターテイメント作品 心優しくも貧しい暮らしを送っていた青年・アラジンが、美しく自立した心を持つジャスミン王女に出会い運命を切り開いていく物語。 盗みのために街の中を走るアラジンの動きは疾走感があり、アニメーションとはまた違った迫力が感じられる。 そして、何よりジーニーの魔人ならではの動きと魔法は感動させられる。 監督を担当したのは、『』や『』(17)でお馴染のガイ・リッチー。 脚本はガイ・リッチーと共にジョン・オーガストが担当している。 ジョン・オーガストは『』(05)の脚本を担当したことで有名な人物である。 『』ならではの感動と、くすっと笑える楽しさがたくさん詰まった作品に仕上がっている。 アラジン 実写版 の公開前に見ておきたい映画 映画『アラジン 実写版 』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。 『アラジン 実写版 』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。 アラジン 1992年に公開されたアニメーション作品。 イスラム世界における説話集『千夜一夜物語』の中の『アラジンと魔法のランプ』を元に制作されている。 『千夜一夜物語』は別名『アラビアンナイト』と呼ばれており、こちらの名称の方が一般的に知られている。 劇中で使用された楽曲『ホール・ニュー・ワールド』は、「第65回アカデミー歌曲賞」を受賞している。 アラジンは貧しい暮らしをしながらも、心優しい青年だった。 ある日、泥棒の濡れ衣を着せられそうになっている少女を助ける。 その少女は、サルタン国王の娘であるジャスミン王女だった。 アラジンとジャスミン王女は仲良くなった。 だが、アラジンは王女を誘拐しようとしたとして誤解を受け、投獄されてしまう。 詳細 スーサイド・スクワッド ウィル・スミスの代表作の1つ。 アメリカの漫画出版社「DCコミックス」が発売している漫画を元に制作されている。 ちなみに、「DCコミックス」は「マーベル・コミック」と並び称される、有名なアメリカンコミックス出版社の1つである。 スーパーマンの死から数か月後が物語の舞台になっており、ウィル・スミスは優秀な狙撃手デッドショットを演じている。 アメリカ政府はメタヒューマンと呼ばれる特別な力を持った人物達への対抗策として、刑務所に収監されている悪人で構成された特殊部隊「スーサイド・スクワッド」を結成した。 メンバーには、殺し屋のデッドショット、元精神科医のハーレイ・クインなどがいた。 もし任務に失敗したり脱走すれば、首に移植された爆弾が爆発する仕組みになっていた。 「スーサイド・スクワッド」達の運命は!? 詳細 シャーロック・ホームズ ガイ・リッチーの代表作で、監督を務めている作品。 ロバート・ダウニー・Jrがシャーロック・ホームズを演じ、ジュード・ロウがシャーロックの相棒であるジョン・ワトソンを演じた。 アクション要素も含んでおり、今までにない斬新な「シャーロック・ホームズ」が見られると当時大きな話題を集めた作品。 2011年には続編となる『』が公開されている。 1890年、ロンドン。 若い女性が次々と殺される事件が起きた。 探偵のシャーロック・ホームズと相棒のジョン・ワトソンは調査を勧め、犯人であるブラックウッド卿を追い詰めた。 ブラックウッド卿は警察に逮捕され、事件は一件落着かと思われた。 しかし、死刑宣告を受けたブラックウッド卿が、面会に来たシャーロック・ホームズに奇妙な言葉を残した。 音楽も20000点。 ウィル・スミスのジーニーは100000点。 というかウィルスミスが主役。 陽気な魔人・ジーニーをハリウッドで活躍する俳優のウィル・スミスが演じている。 絨毯で空を飛ぶワクワク感や魔法が使われるドキドキ感は、実写だからこそよりリアリティがありアニメ版よりも興奮できる作品になっていることは間違いない。 アニメ版の『』のファンにとっても満足できる作品に仕上がっている。

次の

アラジン実写版映画のストーリーの内容・結末もネタバレ!最後どうなったのかについても

アラジン 実写 映画

では、映画「アラジン」の実写版とアニメ版での設定やストーリーの違いについてみていきましょう。 商人ペドラーの役割がジーニーに変わっている アニメ映画「アラジン」の冒頭に登場して、アグラバーの町や魔法のランプについて紹介をしてくれる怪しげな商人の「ペドラー」。 映画のナレーション・語り手の役割をしています。 映画のナレーションを担当する商人「ペドラー」の役割がランプの精ジーニーに変わっています。 ちなみにこのときのジーニーは人間の姿をしています。 実写映画「アラジン」の始まりはジーニーが妻と2人の子供たちと一緒に海に行くシーンです。 ジャスミンの父親・王様サルタンがカリスマイケメンに アニメ映画「アラジン」では、王様サルタンは幼く幼稚な振る舞いが目立ちます。 実写映画「アラジン」でのジャスミンの父親・王様サルタンは統治者として有能でアグレッシブなリーダーとして描かれています。 ジャファーのキャラクターが若返る アニメ映画「アラジン」に登場する国務大臣のジャファーは老人として描かれており、若いジャスミンに魅惑の呪文をかけるようジーニーに要求します。 実写映画「アラジン」のジャファーはアニメ映画「アラジン」よりもかなり若い人物に変更されていて、過去の経歴としてアラジンのように浮浪者だったことが伝えられています。 アラブの国々では、年配の男性が若い女性を嫁に迎え入れることは自然なことですが、今の時代に合わせてあまり受け入れられないという判断がされています。 アラジンやジャスミンの両親の説明が追加 アニメ映画「アラジン」では、ジャスミンの母親についてあまり多く語られませんでした。 実写映画「アラジン」では、ジャスミンの母親がシェレパード王国からやってきた人物であり、殺害されたということが明らかにされています。 アラジンの両親についても実写映画「アラジン」では、アラジンが小さいときに両親を亡くしていることが語られています。 追加・改名されたキャラクターが多い 実写映画「アラジン」では、多くのキャラクターが新たに追加されたり、解明をさせられています。 ジャスミンの女中ダリアというキャラクターが追加されており、ジーニーがエデンの代わりに恋をする女性として描かれています。 ジャスミンに会いに来るアクメッド王子も「アンダース王子」に解明されており、性格も残酷な意地悪キャラから優しいが根暗なキャラクターへと変更され、国籍も変えられています。 ジャファーが魔法のランプを手に入れる方法 アニメ映画「アラジン」では、王様サルタンに魔法で催眠術をかけて宝石を盗み出して洞窟に入れる人物を特定します。 そして老人に変装したジャファーがアラジンの元に行き、ランプを取ってくるよう交渉します。 実写映画「アラジン」では、王様サルタンの宝石ではなく、イアーゴがアラジンの活躍を見てジャファーに報告することで魔法のランプを取りに行く人間としてアラジンが選ばれます。 また、ジャファーは王様サルタンに戦争を開始するように仕向けるために催眠術を使っています。 アラジンが捕まる流れの違い アニメ映画「アラジン」では、アラジンはジーニーの魔法でアリ王子になるまで宮殿に行ったことがありませんでした。 アラジンが警備兵に捕まるのは、ジャファーがアラジンの寝ぐらを襲撃したためです。 実写版映画「アラジン」では、アラジンは宮殿に侵入してアブーガジャスミンから盗んだブレスレットを返しに来ています。 この際に、アラジンが警備兵に捕まります。 また、このときにジャスミンはアラジンが捕まったことを知らずにいました。 ジャスミンの正体をアラジンが気づく流れ アニメ映画「アラジン」では、ジャスミンがプリンセスで宮殿から逃げ出した立場だということが明らかにされています。 実写版映画「アラジン」では、プリンセスだということは最初明らかにされていません。 また、孤児にパンを与えて宮殿の警備兵から逃げているときにアクションシーンが追加されています。 アニメ映画「アラジン」では、ジャスミンがアラジンと出会ったときにはプリンセスだということをアラジンは知らず、警備兵に捕まってしまったときにアラジンを守るために身分を明かします。 実写映画「アラジン」では、アラジンはジャスミンのことを女中だと思っており、警備兵に捕まった後にジャファーと対面して、ジャスミンがプリンセスだったことを聞かされます。 アニメ映画「アラジン」では、リンゴを勝手に与えたジャスミンの手を切られそうになるシーンがあります。 実写映画「アラジン」ではリンゴを勝手に与えたジャスミンのブレスレットを取ろうとします。 全体的に暴力表現などが少なくなっています。 動物たちの役割の量 実写映画「アラジン」では、アブーやラジャ、イアーゴたち動物の役割が少なくなっています。 このあたりは、アニメではなく実際の動物を使っているため仕方のないところもあります。 ジャスミンのソロ曲が追加されている 実写映画「アラジン」には、ジャスミンの「Speechless」というソロ曲が追加されています。 実写映画「アラジン」では、ジーニーはジャスミンの女中ダリアに恋をしており、ダリアをジーニーが散歩に誘うことでアラジンがジャスミンの部屋に行くことができるように手伝ったりしています。 「アリ王子のお通り」の曲中描写が減っている 「アリ王子のお通り」というアラジンがジーニーの魔法で王に変装してジャスミンの宮殿へと向かうシーンでの描写が異なっています。 アニメ映画「アラジン」に登場したジーニーがジャーナリストに変装して金色のラクダや紫の孔雀の前でレポートをするシーンが実写映画「アラジン」ではカットされています。 また、アニメ映画「アラジン」にあった「彼は奴隷と召使いたちを飼っている」という歌詞があります。 実写映画「アラジン」では「彼には1万人の召使いたちがいる」に差し替えられています。 「ホール・ニュー・ワールド」の曲中の描写の違い アニメ映画「アラジン」では、ホール・ニュー・ワールドの曲中に宮殿のあるアグラバー、エジプト、ギリシャに中国まで一晩で飛んでいることになっています。 実写映画「アラジン」では、これが現実的なものになりアグラバー、砂漠、海の上を飛んでいるだけになってしまいました。 また、ジャファーに捕まったアラジンが海に突き落とされるときに、実写映画「アラジン」では、ジャファーに尋問されるシーンが追加されており、アラジンはランプを持って海に落ちなかったため、アブーが魔法の絨毯を使ってランプを海の底のアラジンのところまで運んできています。 ジャファーの投獄シーンや設定の違い アニメ映画「アラジン」では、王様サルタンはジャファーを牢獄へと送ろうとするも、魔法の薬で逃げられてしまいます。 実写映画「アラジン」では、ジャファーは牢獄に入ってしまいますが、イアーゴが鍵を盗み、逃亡を助けてくれます。 アニメ映画「アラジン」では、アリ王子が魔法のランプを持っていることに気づき、アリ王子が身分を偽ったアラジンだと気づきます。 実写映画「アラジン」では、イアーゴによってアリ王子がアラジンであると聞かされます。 アニメ映画「アラジン」ではイアーゴにアラジンが持っていた魔法のランプを盗ませます。 実写映画「アラジン」ではジャファー自ら魔法のランプを盗んでいます。 またクライマックスでジャファーがジャスミンに結婚を迫るシーンが実写映画「アラジン」には追加されています。 ジャファーのジャスミンとのキスシーンの違い アニメ映画「アラジン」では魔法のランプを取り戻そうとするアラジンを手伝うために、ジャスミンがジャファーの気をそらすためにキスをするシーンがあります。 実写映画「アラジン」ではジャスミンとジャファーのキスシーンはなくなっています。 ジャスミンがジャファーに恋に落ちることを望む代わりに、ジャファーとの結婚を迫っています。 解放されたジーニーの姿の違い アニメ映画「アラジン」では、アラジンの最後の願いでジーニーは自由の身になりますが、魔法の力は保持されています。 実写映画「アラジン」では、完全に人間の姿に変化しており、魔法の力を失っています。 また、願いは具体的でなくてはならず、願いを叶えてもらうためには、ランプをこすり続けなければならないというルールが追加されています。 ラストシーンの違い アニメ映画「アラジン」では、ジャファーの3つ目の願いを聞き入れることをジーニーは渋ります。 実写映画「アラジン」では、ジャファーの3つ目の願いがアラジンにとって有利に働くことをすでに理解しており、喜んで3つ目の願いを聞き入れます。 アニメ映画「アラジン」では、サルタンはジャスミンがアラジンと結婚できるように法律を変えます。 実写映画「アラジン」では、ジャスミンが王位を継承した後に、自ら法律を変えてアラジンと結婚しています。 しかし、愛を優先した女性ではなくアグラバーに栄光を取り戻せる国の統治者になるという強い意志を持った女王として描かれています。 実写版映画「アラジン」の魅力や見る価値ある? ディズニーアニメ映画の名作の一つである「アラジン」ですが、ミュージカル作品の実写化ということで、すでに公開されている「美女と野獣」や「シンデレラ」と同じようになっているのかが気になります。 ミュージカル要素も完璧に排しているのではなく、ジャファーの曲を減らした分だけジャスミンの曲が増えていたりするので、その点も評価されています。 まとめ ・映画「アラジン」実写版とアニメ版の設定の違いは?• 商人ペドラーの役割がジーニーに変わっている• ジャスミンの父親・王様サルタンがカリスマイケメンに• ジャファーのキャラクターが若返る• アラジンやジャスミンの両親の説明が追加• 追加・改名されたキャラクターが多い• ジャファーが魔法のランプを手に入れる方法• アラジンが捕まる流れの違い• ジャスミンの正体をアラジンが気づく流れ• 動物たちの役割の量• ジャスミンのソロ曲が追加されている• 「アリ王子のお通り」の曲中描写が減っている• 「ホール・ニュー・ワールド」の曲中の描写の違い• ジャファーの投獄シーンや設定の違い• ジャファーのジャスミンとのキスシーンの違い• 解放されたジーニーの姿の違い• ラストシーンの違い ・実写版映画「アラジン」の魅力や見る価値ある? ミュージカル要素も完璧に排しているのではなく、ジャファーの曲を減らした分だけジャスミンの曲が増えていたりするので、その点も評価されています。 いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の