給与 計算 フリーウェイ。 給与計算ソフト「フリーウェイ」なら従業員が5名まで無料で使える │ 松野宗弘税理士事務所

給与計算ソフトが永久無料|給与計算ソフトはフリーウェイ

給与 計算 フリーウェイ

表計算ソフトの場合 エクセルなど 人事労務freeeの場合 クラウド型ソフト パッケージ型 ソフトの場合 一例 計算の正確さ 誤った操作で計算式を変える 恐れあり。 自動で正しく計算。 最新の法令・税制に自動で対応。 アップデート 有料の場合あり が 必要。 振込の手間・正確さ 金額の転記ミスが 発生する可能性も。 一括振込ファイルを自動作成可能。 ネットバンクでワンクリック振込。 一括振込ファイルが 作成可能な場合も。 書類作成の手間 法律の改正がある度に テンプレート修正の必要あり。 最新の書類様式に自動更新。 テンプレートを作る必要なし。 アップデート 有料の場合あり が 必要。 担当者の業務量・ 情報共有の手間 基本的に担当者のみが入力。 情報共有のためには 都度ファイルの出力・送付が必要。 従業員とのワークシェアで 業務量を削減。 税理士や社労士との データ共有もスムーズ。 基本的に担当者のみが入力。 情報共有のためには 都度ファイルの出力・送付が必要。

次の

給与計算を誰でも簡単に

給与 計算 フリーウェイ

給与計算ソフトの選び方 給与計算業務は、それ自身では収益に繋がりませんが、従業員の生活を支える非常に重要な仕事。 その給与計算業務に利用するソフトですから、しっかり検討してみてください。 クラウド給与計算ソフトで業務効率化、エクセルやフリーソフトでコスト削減など、求めるものは様々。 給与計算業務のアウトソーシングサービスをやめた方なら、簡単に使えることが条件になるでしょう。 できれば、事前に調べた上で、給与明細に入力・作成するなどして、試しに使ってみてください(賞与計算、社会保険、年末調整の機能の使い勝手も含めて)。 比較して検討する上で、まずは何か使ってみたい方には、「フリーウェイ給与計算」がオススメです。 従業員5人まで0円ですから、安心してお試しを。 有料版 初期費用 無料 月額利用料 1,980円(税抜) バージョンアップ料 無料 利用期間 1年ごとの更新 登録データ数 無制限 登録できる従業員数 無制限 年末調整・支払調書 あります 操作サポート あります(電話、メール)• 対応ブラウザは、Internet Explorer、Google Chrome、Safari、Firefox、Microsoft Edgeです。 スマートフォンではご利用いただけません。 有料版をご検討の際には、まずは無料版をお試しください。 無料版で利用したデータは、そのまま有料版でご利用いただけます。 有料版の月額利用料は、ご契約開始日(弊社から有料版ご利用開始のメールを送信した日)の翌20日までは無料です。 (9月1日がご契約開始日の場合、無料期間は9月20日までとなり、利用料金が発生するのは9月21日~10月20日利用分の10月分からです)• 追加ID 1IDに付き月額1,000円(追加IDが必要になるのは、別の会社データを複数の方で同時に利用される場合のみです。 追加IDを利用しても、同じ会社データを同時に処理はできません。 契約期間は1年単位です。 途中解約によるご返金は承っていません。 初回は年一括のお支払い(銀行振込)のみ、次年度の更新から、月々の口座振替もご利用いただけます。 給与計算とは、会社が役員や従業員に毎月支給する給与を計算する業務です。 毎月の給与計算から、特定の月にのみ処理する業務に至るまで、その業務内容は多岐に渡ります。 毎月の業務• 勤怠を確定 タイムカードや勤怠ソフトなどに記録された情報をもとに、給与計算対象期間の勤怠を集計し、勤務時間や残業時間などを確定します。 勤怠以外の情報を確定 入退社、家族、通勤手当、振込口座、標準報酬月額など、給与計算に影響がある情報のうち、前月の給与計算以降に変更があった情報を確定します。 給与の差引支給額を確定 上記1、2の情報に基づき、基本給、通勤手当、残業代などの支給金額と、給与から控除する所得税、住民税、健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料などの控除金額を計算し、差引支給額を確定します。 なお、給与計算ソフトに上記1、2を反映すれば、差引支給額を自動計算できます。 給与を支給 上記3で確定した差引支給額を、本人に現金で手渡しするか、本人の銀行口座に振込みます。 振込データを作成できる給与計算ソフトを使用すれば、作成した振込データをインターネットバンキングに送信することで、効率的に処理できます。 給与明細書を配布 給与明細書を作成し、本人に配布します。 給与明細書は、Webやメールなどで配布することもできますが、事前に従業員の同意を得る必要がありますので注意が必要です。 給与計算結果を経理へ提供 会計処理のために、上記3で計算した結果を経理に提供します。 賃金台帳を保管 上記3で計算した結果を印刷し、賃金台帳として保管します。 賃金台帳は、最低3年間保管する義務があります。 所得税及び住民税を納付 上記3で給与から控除した所得税、住民税を、翌月10日までに管轄の税務署及び各市区町村に納付します。 所得税については、「源泉所得税の納期の特例」の承認を受けている場合は、1月から6月までの分を7月10日までに、7月から12月までの分を翌年1月10日までに納付します。 社会保険料を納付 上記3で給与から控除した健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料などの社会保険料と、会社が負担する健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料などの社会保険料を合わせて、翌月の末日までに管轄の機関に納付します。 口座振替手続きをすれば、納付の手間を省くことができます。 特定の時期の業務• (1月)扶養控除等申告書の反映 当年の扶養控除等申告書において、扶養家族の人数に変更があった場合は、給与から控除する所得税の金額を変更します。 (4月)社会保険、労働保険の料率変更 健康保険料、介護保険料、雇用保険料、労災保険料などの料率が変更された場合、変更後の料率を給与計算に反映します。 給与計算ソフトを使用している場合は、料率を変更するのを忘れないように注意しましょう。 (4月)基本給などの改定 基本給や手当の金額を改定し、改定後の金額を給与計算に反映します。 改定が遅れた場合は、差額の遡及支給が必要になる場合があるので注意が必要です。 なお、改定の時期は会社により異なりますので、ご注意ください。 (5月)住民税の改定 各市区町村から通知された住民税の金額に基づき、6月以降の給与から控除する住民税の金額を改定します。 (9月)標準報酬月額の改定 定時決定に基づき改定された標準報酬月額を、給与計算に反映します。 なお、一定の条件を満たす場合には、随時改定に基づき、標準報酬月額を改定する必要があるので注意が必要です。 (11月~翌年1月)年末調整と源泉徴収票の提出 扶養控除等申告書等に基づき年末調整を行った後、給与計算にその結果を反映し、所得税の年税額を精算します。 その後、当年の給与計算結果に基づき源泉徴収票を作成し本人に交付します。 また、一定の条件を満たす者の源泉徴収票を翌年1月末までに管轄の税務署に提出します。 (翌年1月)給与支払報告書の提出 当年の給与計算結果に基づき給与支払報告書を作成し、翌年1月末までに各市区町村に提出します。

次の

税務ソフトが永久無料「フリーウェイ税務」

給与 計算 フリーウェイ

インターネットにアクセスすることで、給与計算ソフトを利用できるオンライン上の給与計算システムのこと を言います。 インターネットにアクセスして、ログインするだけで、ソフトをインストールすることなく、どこからでも、いつでも、給与計算ソフトを利用することができ、常に最新の機能に更新されるオンライン上の給与計算ソフトです。 給与計算ソフトには• オンラインで利用するクラウド型の給与計算ソフト• パソコンにインストールして利用するインストール型の給与計算ソフト の2種類がありますが、この記事では、オンラインで利用するクラウド型の給与計算ソフトについて解説します。 パソコンにインストールして利用するインストール型の給与計算ソフトはこちら クラウド給与計算ソフトの特徴• インターネットにアクセスして利用する給与計算ソフト• どこのパソコンやスマホからもアクセスして、操作が可能• 振込ファイルを自動作成し、給与振込も自動化できる• 給与明細や賃金台帳の作成ができる• オンラインのクラウドサーバー上にデータが保存されるため、データの紛失などがない• 常に最新のソフトにアップグレードされる• 常に法改正へ対応しているソフトにアップグレードされる• クラウド会計ソフトと連携可能• 年末調整やマイナンバー管理にも対応できる クラウド給与計算ソフトのメリット• 操作が可能。 場所を選ばない操作性がある• オンラインのクラウドサーバー上にデータが保存されるため、データの紛失リスクがない• 自動的に計算されるので計算ミスがなくなる• 一括振込ファイルを自動作成可能なので、振込ミスがなkじゅなる• 常に最新のソフトにアップグレードされるため、更新ごとに会計ソフトを購入する必要がない• 常に法改正・料率変更へ対応しているソフトにアップグレードされる• クレジットカードや銀行口座(ネットバンキング)の情報を自動取込が可能• 給与計算作業の時間を大幅に削減• 税理士や社労士と同じソフトを操作できるため、情報の共有が容易• 複数名で同じソフトを操作できるため、情報の共有が容易• 確定申告の電子申告へ対応している• クラウド会計ソフトを利用していると、無料で利用できるものもある クラウド給与計算ソフトのデメリット• 月額料金が発生する• 利用するユーザー数によって料金が上がる• 利用するサービスによって料金が上がる クラウド給与計算ソフトの選び方 その1.コストの安いクラウド給与計算ソフトを選ぶ クラウド給与計算ソフトは、いろいろな料金体系のソフトがあります。 例えば• クラウド会計ソフトを利用していると、クラウド給与計算ソフトは無料できるもの• 給料計算のみなら、数百円の低コストで利用できるもの• 少人数なら、完全に無料で利用できるもの• 完全に無料で利用できるが、その代わりに広告が表示されるもの などです。 できるだけ高機能なもの、利便性の高いものを選ぶのであれば クラウド会計ソフトと連携して使える、無料のクラウド給与計算ソフトを選ぶべき できるだけ費用をかけたくない小規模事業者であれば 少人数なら無料で利用できるクラウド給与計算ソフトを選ぶべき です。 料金体系の特徴を抑えて、適したクラウド会計ソフトを選ぶ必要があります。 その2.クラウド会計ソフト、クラウド勤怠管理ソフトとの連携で選ぶ 前述したようにクラウド会計ソフトと連携した、クラウド給与計算ソフトは色々な機能が利用できます。 クラウド給与ソフト単体のものと比較すると利用額が高額になるものの、連携させてこそ、より作業効率が上がるものが多いため、コスト面よりも、クラウド会計ソフト、クラウド勤怠管理ソフトとの連携を重視して、クラウド給与計算ソフトを選ぶべきです。 その3.体験版を利用しながら、使い勝手の良いものを検討する どのクラウド給与計算ソフトも、無料体験期間を設けているか、そもそも少人数なら無料というものがほとんどです。 つまり、すべてのクラウド給与計算ソフトは、無料でコストをかけずに使ってみることができるのです。 基本的な給与計算に必要な機能は、どのクラウド給与計算ソフトも大差はありません。 あるのは、前述したような他のクラウドサービスとの連携面の機能の違いです。 基本的な機能が同じであれば、操作性や細かい仕様の違いになります。 使い勝手は、利用する方にとって「何を使いやすいと感じるか」が違うので、使ってみて比較するしかないのです。 おすすめクラウド給与計算ソフトランキング 1位.マネーフォワード/クラウド給与 商品・サービス名 無料トライアル 1カ月無料 プラン名 ビジネス 月額費用(税別) 5,980円 年払い月額費用換算(税別) 4,980円 従業員追加コスト(税別) 300円 利用可能ユーザ数 最大5名まで無料 サポート 訪問サポート(有料) 電話サポート メールサポート チャットサポート 主な給与計算機能 給与計算 賞与計算 給与明細 所得税計算 社会保険料計算 雇用保険料計算 年末調整 そのほかの利用できる機能 会計業務 請求業務 経費精算 社会保険手続き 勤怠管理 マイナンバー管理 年末調整電子申告 - 連携 銀行との振込連携 勤怠ソフトとのAPI連携 勤怠ソフトとのCSV連携 労務管理ソフトとの連携 タレントマネジメントシステムとの連携 福利厚生ソフトとの連携 マネーフォワードクラウド連携 クラウド給与計算ソフト単体で見れば、割高ですが、クラウド会計、クラウド請求書、クラウド経費、クラウド勤怠、クラウドマイナンバーがセットになっての料金ですので、 かなり割安で利用できるクラウド給与計算ソフトと言えます。 注意 デメリットは、セットプランですので、他の会計ソフトを利用しているという場合に、クラウド給与計算ソフトだけを抜き取ることはできず、単体で使うとなると、かなり割高になってしまうという点です。 クラウド給与計算ソフトだけを単体で利用したいのであれば、他のクラウド給与計算ソフトをおすすめします。 2位.人事労務freee 商品・サービス名 無料トライアル 30日無料 プラン名 ベーシック 月額費用(税別) - 年払い月額費用換算(税別) 3,980円 従業員追加コスト(税別) 500円 利用可能ユーザ数 最大3名まで無料 サポート 電話サポート(プロフェッショナル) メールサポート チャットサポート 主な給与計算機能 給与計算 給与振込 社会保険料 算定基礎届 雇用保険料 労働保険 住民税 所得税 賃金台帳 年末調整 そのほかの利用できる機能 勤怠管理 従業員管理 有給休暇管理 毎年の給与事務 法定三帳簿 マイナンバー管理 入退社管理 Web勤怠 打刻 ワークフロー(プロフェッショナル) 年末調整電子申告 〇 連携 会計freee API連携 slack 比較ポイント• 月額料金:ミニマムプラン年払い月額1,980円(税別)、ベーシックプラン年払い月額3,980円(税別)、プロフェッショナルプラン年払い月額8,080円(税別)、エンタープライズプラン問い合わせ• クラウド給与計算ソフトのタイプ:クラウド会計ソフトと連携、人事労務全般の機能を持つ• 無料体験:30日 クラウド給与計算ソフトの中でおすすめする理由 人事労務freeeは 人事労務全般• 給与計算• 年末調整• 勤怠管理• マイナンバー• 会計・経費精算(会計freeeと連携)• 入退社管理• 保険手続き と、人事労務全般の機能を網羅した、クラウド給与計算ソフトです。 クラウド給与計算ソフトというよりも、「クラウド人事労務ソフトに給与計算という機能が含まれている」という表現が正しいソフトとなっています。 注意デメリットは、クラウド給与計算ソフトの中では、利用料金が割高であること、電話サポートは、ベーシックプランには含まれていない点です。 高機能がゆえにコストは高くなってしまう点に注意が必要です。 3位.弥生会計/やよいの給与明細オンライン 商品・サービス名 無料トライアル 2カ月無料 プラン名 プラン 10 月額費用(税別) 450円 年払い月額費用換算(税別) 375円 従業員追加コスト(税別) 200円 利用可能ユーザ数 最大10名まで無料 サポート 電話サポート メールサポート チャットサポート 画面共有 主な給与計算機能 給与計算 賞与計算 給与明細 賃金台帳 従業員台帳 そのほかの利用できる機能 - 年末調整電子申告 - 連携 弥生会計からのインポート 注意デメリットは、年末調整や社会保険料算定などに対応していないことです。 月額料金:完全無料• クラウド給与計算ソフトのタイプ:広告型の完全無料クラウド給与計算ソフト• 無料体験:完全無料 クラウド給与計算ソフトの中でおすすめする理由 フリーウェイ給与計算は 完全無料 という点が売りの給与計算に特化したクラウド給与計算ソフトです。 なぜ、無料でサービス提供できるのかというと・・・ なぜ、無料でこれだけのことができるのですか? 弊社の提供する無料ソフトについては、全て広告収入によって運営されています。 ソフト内の各種画面に広告が配置されており、広告がクリックされることで、広告先の企業から報酬を受け取る仕組みとなっています。 【Google】や【facebook】と同じ仕組みです。 広告で収益を上げているからです。

次の