イラネッチケー 溶接。 NHKの受信料を解約できるかもしれない!イラネッチケー裁判勝訴!

NHKから国民を守る党

イラネッチケー 溶接

イラネッチケー裁判について イラネッチケーの新たな裁判の判決が2月との事ですが どうなると思いますか? イラネッチケー裁判 昨年の裁判の内容は 「NHKの電波だけを遮断する装置 イラネッチケー を装着したため 家ではNHKの視聴が出来ない なので、もうNHK受信料を支払わない」といった内容で 判決は棄却、理由は 「その装置を外せばNHKを視聴することが可能」 それにたいし原告は 「では、今度は溶接します」とのこと 今回の裁判では イラネッチケーを外のアンテナに装着したため取り外しは不可能 これを武器に挑んでいるそうですが 自分は正直難しいと思います そもそもイラネッチケー自体は個人が任意で装着したものなので NHK自体がイラネッチケーを認めない限り 受信料は発生すると思います。 イラネッチケーを勝手に装着して受信料を払いません つまり しょうが焼き定食を頼んだが、味噌汁とご飯を食べてないので単品分の値段しか払いません ロックフェスに行ったが 一番最初のバンドにしか興味がないので、そのバンドを見たら帰るため 一組分の値段しか払いません これとおなじだと思います。 しかし、元の判決は間違っています。 日本語としても崩壊しています。 また、今までの判決では、「簡単に戻せるものは認めない」だったものを、工事してまで直すことまで要求しています。 今回の判決は、テレビが壊れたものも認めないと等価な論理になっています。 だって壊れたものも直せるのですから。 その他、今回の判決は間違いだらけです。 この点での争いなら十分勝てる見込みはあるのですが、間違った争点で争えば間違った結果にしかなりません。 また、質問者様も分っておられないようですが、もともと法律ではNHKを受信する意思がある者のみに契約を強制しています。 テレビがある事は直接の判断材料ではありません。 総務省も認めています。 放送とは、「人」が受信するものとして放送法第二条一で定義されていますから、テレビでは受信できないんですよ。 ですから、テレビの有無で決まるはずがありませんし、実際法律もそうなっています。 過去に何度か、テレビが有るだけで契約対象とする法改正の案が出ましたが実現しませんでした。 しかし、テレビが有るだけで契約対象とするという噂だけが独り立ちして現在のような誤解を招く結果となりました。 そして、政治家や裁判官まで誤解していますが、彼らの主張は根本的な部分に矛盾があるのです。 ・放送はテレビでは受信できない ・放送と放送番組は違うもの ・受信と視聴は違うもの これら全部法律(最後を除き放送法)で定義されています。 それなのに、彼らの話はこれらが正しく表現されていません。

次の

NHK受信契約対策「イラネッチケー」ってなんだ?

イラネッチケー 溶接

概要 に発足。 において届け出た略称は N国党(エヌこくとう) で、この他報道においては N国 の略称も用いられる。 ので党首のが当選し国政に進出した。 英語表記について公式の発表はないが、や英語版は The Party to Protect the People from NHKと表記している。 なお、2016年9月号の党通信の表紙では「Gurd the national from the NHK」と記載されたことがある。 党史 結党 元(NHK)職員でインターネットテレビ「」代表取締役社長のが6月17日に「NHK受信料不払い党」の設立を届出、7月23日に現在の党名に変更した。 同年9月の議員選挙を皮切りに各種地方自治体選挙に候補者を擁立。 地方議会に進出 2015年4月に立花がに当選(保守系「研政会」に所属 )したことで議席を得た。 2015年12月には議選でもともと船橋市在住だった大橋昌信が住所を朝霞市に移して、二人目の同党所属議員として当選。 2016年4月には議選で3人目の当選者を出した。 2016年7月のでは()を支持した。 に立花が立候補 (これにより船橋市議を失職)し、で収録されたでNHKの現状を批判、「 NHKをぶっ壊す! 」と連呼し注目を呼ぶが落選した。 その後、立花は2017年1月の茨木市議選に立候補したが落選。 同年6月に尼崎市議選で4人目の当選者を出す。 その後同年7月に実施された東京都議選葛飾区選挙区からの立候補を経て、2017年11月葛飾区議選で当選。 その後、町田市、春日部市、立川市、川西市、松戸市、八千代市、西東京市、台東区で同党所属議員を当選させている。 東京や大阪など大都市圏のベッドタウンといった住民の流入や流出が激しい自治体を中心に候補者を擁立する傾向にあり、立花は新聞の取材において、NHKからの集金に困っている一人暮らしの学生や社会人が多そうな自治体や、『浮動票』の確保を目的として過去にが議席を持っていた選挙区を、立候補者擁立の指標にしていると説明している。 街頭演説の場や郵送により立花代表や候補者の携帯電話番号を記載したNHK撃退シールを頒布し、玄関先などに貼ることを奨励し、多くの候補者自らがNHK集金人対応をすることをうたい、上に立花代表がNHK集金人の撃退方法やNHK営業センターへの訪問動画や政党の活動計画などを継続的に動画を投稿し、多くの登録者数を集め活動している。 また、集合住宅を中心に受信料の不払い方法などを記載したビラをポスティングをするなどの活動を行っている。 のにおいては首都圏・関西のベッドタウンを中心として47人が立候補し、26人が当選。 そのうち特別区議会は行われた20区議会全員に候補を出し17人を当選させている。 同年の4月下旬から5月上旬にかけて、「『NHKはや人に支配されており、そのためが行われている』(杉並区議・佐々木千夏の発言)など党の政策にそぐわない偏った思想を主張するようになった」とした5名の地方議員(具体的には、・らあめん花月嵐・などのの人脈)を、「参院選への選挙資金として課せられた130万円を支払う意思がない」として、除名処分とした。 所属議員が増えたことで,問い合わせが増えたことなどを理由にNHK集金人対応などを案内する2019年5月から受信料不払いコールセンターを統一地方選後に開設をし、同年6月26日から固定電話を引いて5回線でコールセンター用の部屋を借り体制を強化している。 NHKから国民を守る党所属議員がいる議会はすべて議会内に制があり、NHKから国民を守る党所属議員は無会派及び「NHKから国民を守る党」または他の名称の一人会派を届け出て活動している事例 と、及び系の議員による会派に参加して活動している事例が見られたが、4月ので当選した地方議員から・系・元などの左派・系・リベラル系の議員、・・元・元・元などの右派・第三極系の議員、その他無党派系などの議員と会派を組む事例も出ている。 2019年6月にはに立花が出馬した(このため葛飾区議を失職)が落選した。 第25回参院選とその後の動き については2019年4月26日、でを行い党公認候補者を擁立することを発表した。 当初発表ではに立花孝志と他1名、に大橋昌信と他6名 、に1名の計10名だったが、その後公認候補者を大きく増やし、比例区4名、選挙区37名 の計41名が立候補することとなった。 比例区においてはのも立候補することで合意をしていたが、実現には至らなかった (佐野はより独自に立候補)。 立花と大橋以外の地方議会議員経験者としては、元議員のがより 、元議会議員の石川新一郎がより立候補した。 開票の結果、NHKから国民を守る党は比例区において1議席を獲得し、党代表の立花が当選した。 なお、NHKの選挙報道でも党名(略称の「N国」含む)と候補者名をテロップとアナウンスで紹介、受信料制度や放送法批判を含む演説内容もVTR放映されていた。 参院選後は、5名以上の国会議員を集めることにより国会内での活動範囲の拡大やNHK『』などのテレビ討論への出演が可能となるとして、党勢拡大に向け議員らの入党を呼びかける意向を示しており 、こうした議員に関しては「NHK問題以外は特にをかけないので自由に行動してもらってかまわない」としている。 このうちをめぐる戦争発言でをされた衆議院議員とは7月25日に会談を行い、29日に丸山から入党の意向を表明した。 また、翌30日には元・みんなの党代表の参議院議員と渡辺を代表とする参議院「みんなの党」を結成したことを発表した。 立花によると、渡辺にも入党を打診したものの断られたという。 立花は自身のにテレビを設置し、NHKと受信契約を締結した上で不払いすることを宣言した。 あえて受信契約を締結することについては、法律上NHKとの契約の義務があることや、契約後の不払いであれば5年で時効となり、申し立てにより過去の受信料は消滅する 他、時効分は裁判でも請求できないことから、立花は受信契約を締結し、インターネット等の受信料窓口から振込用紙による支払いへ変更手続きを行った上で不払いをすることを推奨しており、議員会館についても同様に契約して不払いをするという。 その後、の(日本維新の会代表)が「現職国会議員の受信料未払いをNHKが認めるなら、大阪市もやめさせてもらう」と語り、また知事の吉村洋文も「現職議員が受信料を踏み倒すというのが許されるなら府も払わない」、市長も「国会議員の受信料不払いを黙認するなら市民も払うのがばかばかしくなる」と同調した。 これに対しNHKは7月30日に「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と題し受信設備があるのに受信料を支払わないのは違法だとする警告文を公式サイトに掲載 、8月9日には受信料制度への理解を求める番組を急遽制作し、に3分間放送するなど対応に追われる事態となった。 8月10日、臨時総会を開き、幹事長に元ジャーナリストのを充てる人事を決定した。 同月13日、政党助成法に基づく届け出を総務省に行い、正式に国政政党として発足。 16日には上杉が記者会見を行い、政権交代を目指すべく、次回の選挙の289全てに候補者を擁立すると発表した。 9月4日、上杉の幹事長会見において、丸山穂高が8月15日付で副党首に就任したことを明らかにした。 8月25日に投開票が行われたには、参院選で比例区で立候補し立花に次ぐ得票を得た医師の浜田聡を党公認候補として擁立したが64,182票(得票率3. 立花はこの日会見を開き「(党の)体力がつくまでは比例ブロックに1人ずつ出す」として全小選挙区への擁立方針を撤回した。 9月2日、去る4月の議選に党公認で立候補し当選した松田美樹・議員について、新宿区は区内での居住実態がないとして、当選無効を決定した。 同月24日、松田は東京都選挙管理委員会に異議を申し立てた。 9月9日、立花が二瓶文徳・議員を脅迫した疑いでから任意での事情聴取を受けた。 二瓶は同年4月の統一地方選でNHKから国民を守る党から出馬、当選後離党した経緯から立花から繰り返し批判されており、立花は取材に対し、「街中歩けなくしてやるぞという発言はしたと記憶しています。 それが脅迫に当たるということであれば、最終的に裁判官の判断を待つしかない」とコメントした。 その後も複数回事情聴取を受けている。 10月4日、党所属で千葉県議員の宮城そういちによって、党の公式サイトであるが大規模にリニューアルされた。 10月10日、党首の立花がに立候補したことにより、参議院議員を失職。 23日、第25回参議院議員通常選挙の比例代表選挙において次点のの、立花の失職に伴うが官報において告示された。 25日、上杉が選対委員長を辞任し、立花が選対委員長を兼務するなどの人事を発表した(30日の党総会で承認後、正式就任)。 2020年1月31日、立花が4月26日投開票の衆議院補欠選挙への出馬を表明。 3月27日、立花が立候補取りやめを表明。 前理事長・に公認候補としての立候補を要請。 しかし、最終的に出馬を断念し、系野党統一候補である元の田中健と同姓同名の元のへの差し替えを表明した。 3月14日、違反との疑いで警視庁から党の事務所など数カ所の家宅捜索を受けた。 前年の9月中旬、立花がNHKの受信料集金スタッフが所持するタブレット端末の画面を撮影し、各世帯の受信契約内容などを不正取得したほか、同11月中旬、NHK放送センター前や当時のNHK会長の宅前でこれらの情報を念頭に「ネット上に拡散する」と迫り、上田への面会を求めるなどし業務を妨害した疑いが持たれている。 5月8日、立花が党名を「NHKとコロナの自粛から国民を守る党」に変更する意向を表明。 世論の反応を見極め、今月中に変更するかどうかを最終決定するとしたが 、同月15日に撤回した。 では立花が新たに政治団体を設立し、立花を含む3人がホリエモン新党公認、N国党推薦で立候補したが、立花の得票は43,912票に留まった。 この結果を受け立花は「(昨年参院選より党の)人気が下がったと認めざるを得ない」として、次期衆院選に向け「戦略を見直す」と述べた。 結党目的• NHKの制度について、多くの国民及び視聴者が真剣に考える機会を提供すること• 受信料制度に疑問や不満を感じている国民に、同制度に関する法律や条例を制定または改廃する機会を提供すること• 本会の目的を実現するため政治家を志す者に対し、その志を実現するための機会を提供すること• 本会の目的に共感し志を同じくする国民及び視聴者が協力して行動できる機会を提供すること• 強い正義感と責任感から内部告発をした者及び内部告発をしようとする者や、同じく内部告発に関わることによって精神疾患となった者が、その正義感や責任感が正当に評価され、その評価に相応しい職場環境での労働が実現するために最大限の援助をすること• 上記1ないし5の実現を目指すことにより、国政の発展と国民生活の向上を図り、あわせて会員相互の親睦を深めること 政策• を払った人だけがNHKを視聴できるようになる「NHK放送のスクランブル化」を最終的な目標とするであり、達成された際には党を解党、自身も議員を引退することを党首の立花は明言している。 NHK問題以外の政策については、インターネットを介して議題ごとに国民によるを行い賛否を決める方針を掲げている。 にについては、国会の発議と国民投票については「究極の直接民主主義」と賛意を示し野党にも賛成を促すも、条文の改定に限っては当面は反対すると動画サイトで発言している。 しかし、NHK放送のスクランブル化を条件に自民党案に賛成する方針を公言している。 また、改憲そのものへの賛否については「あえて私の思想は公表しない」と述べたほか、NHK改革をめぐり、与党の協力が得られなければ野党連携を突破口にする選択肢もあると言及した。 結党初期には受給者を施設に入れ、保護費を徴収して物資を購入し、現物支給にして生活させるという公約も掲げていた。 施設に入所させることで、バランスのとれた食事と医療や介護サービスを24時間受けさせ、体調に応じて施設内のボランティアにも参加させるといった内容であったが、現在は掲げられていない。 党のには参院選の直後まで記載が残されていたが、削除漏れであったと釈明している。 NHKの集金人が来なくなるという「NHK撃退シール」を無料で配布している(立花など党関係者の連絡先が書かれている)。 一方NHK側は、このシールについて「シールの有無にかかわらず、NHKは契約・支払をしていただくため、まだ契約をいただけていないお客様や未納となっているお客様のお宅を訪問しています」と述べている。 訴訟 党首の立花孝志及び党関係者が短期間に多数のを起こし、また関与している。 党の主張に関わる主なについて以下に記す。 帯域除去フィルタ機器「イラネッチケー」をめぐる裁判 6月1日、立花がのうちNHKだけを受信しないようにする機器「」 を千葉県船橋市の党事務所兼自宅(当時)のに取り付けた上で、NHKとの受信義務が無いことを確認するため、にを起こした。 7月20日、は「イラネッチケーを設置しても取り外せばNHKは受信できる」として、立花に対し一か月分のの支払いを命じた。 立花は「イラネッチケー」をテレビに溶接し「取り外しができない」として東京地方裁判所に提訴したが 敗訴した。 NHK受信料の徴収をめぐる裁判 8月、徴収業務の委託を受けた業者に自宅を訪問されたの人物からで相談を受けた立花(当時、船橋市議会議員)が、この人物にNHKに対して10万円の支払いを求める裁判を松戸に起こさせた。 この裁判は松戸支部に移送されるも、、敗訴。 同年、NHKは立花らが勝訴の見込みがない裁判をこの人物に起こさせたとして、立花らに費用相当額54万円のを求め提訴した。 7月19日、は立花らが「NHKの業務を妨害するために訴訟に関与しており、裁判制度を不当に利用する目的があった」と指摘。 のによるであるとしてNHKの訴えをすべて認め、立花らに54万円の支払いを命じるを言い渡した。 短期賃貸マンション入居者の受信契約をめぐる裁判 ()入居者がを不当に支払わされたと主張し返還を求めたを立花らが支援、、は「テレビを設置したのは物件のオーナーか運営会社であり、入居者には受信料の支払い義務はなかった」とする判決を言い渡した。 一審判決を受けNHKは、二審のは「受信設備を占有している人も設置者であり、入居者には支払の義務がある」と判断を下した。 原告はしたが、8月29日、は訴えを退け、 NHKが勝訴した。 ワンセグ裁判 テレビを設置しておらず機能付きのみの所有者にはNHK放送受信契約締結義務がないことの確認を求めて、・党副代表(当時)の大橋昌信が提訴()した。 NHKは、自宅のテレビに放送受信契約があれば、受信契約は世帯単位であるのでワンセグ機能付き携帯電話について新たに受信契約を結ぶ必要はないが 、ワンセグ機能付き携帯電話もにいう「協会の放送を受信することのできる受信設備」であり、ワンセグ機能付き携帯電話のみの所有者については受信契約の対象となる、と主張しており 、も同様の見解を示している。 、は、ワンセグ機能付き携帯電話を単に所持しているのみでは放送法第64条にいう「放送の受信を目的としない受信設備」に留まるものであり、 受信契約を免れる、として大橋の主張を認める判断を示した。 NHKはに。 同年3月26日、東京高裁はNHK側の主張を認め、 大橋敗訴のを言い渡した。 同年4月、大橋はにしたが 、3月12日、最高裁は大橋の上告を退け、ワンセグ機能付き携帯電話についても放送受信契約の義務がある、との判断が確定した。 ワンセグ機能付き携帯電話をめぐる確認訴訟は5件起きており(はいずれも立花及び党関係者)、うち最高裁での確定はこの裁判が初めてのことであった。 この判決により4件の訴訟でも、受信料の支払い義務が確定した。 立花がにに起こした同様の裁判では、ワンセグ機能付き携帯電話を単に所持しているのみでは放送法第64条にいう「設置」にはならず、契約をしなければならない「受信設備を設置した者」には該当しない、と主張するも、同年、 放送法第64条にいう「設置」とは受信機を所有の上管理する概念であるとして立花の訴えを退け、「ワンセグ携帯も受信契約義務あり」と判断された。 立花はにしたが、6月21日、東京高裁は一審判決を支持し控訴を棄却した。 公職選挙法をめぐる裁判 前半の選挙である議員選挙にて、選挙区で公認した原博義が、投開票日までに引き続き県内のいずれか一つの住所に3カ月以上居住していることという要件を満たしておらず 、被選挙権がないことが判明したため、投じられた2,992票が無効となった。 この候補は選挙後の同年4月12日、を相手取り、没収された60万円の返還を求めてに提訴した。 は一連の対応や判断について、「上の手続き通りに進めた」と述べている。 選挙事務関係者が選挙期日前に特定の候補者の被選挙権がないことを公表することは「その候補者の選挙運動を著しく妨害し、選挙の自由公正を害する」という11月のの(同年4月に執行された議員選挙における選挙区内(現・)の選挙事務にかかる当選無効確認請求事件)があり、選管は「投開票日前の周知は選挙妨害に当たる」と判断。 また被選挙権がないことが判明しても選管が開票時まで無効にすることができないことについては、その場合に届け出を却下ないし取り下げさせる規定がなく 、7月の(の(現・)議会議員選挙の効力に関する訴願裁決取消請求における「公職選挙法の規定によれば、選挙長は、立候補届出および推せん届出の受理に当つては、届出の文書につき形式的な審査をしなければならないが、候補者となる者が被選挙権を有するか否か等実質的な審査をする権限を有せず、被選挙権の有無は、開票に際し、開票会、選挙会において、立会人の意見を聴いて決定すべき事柄であると解するを相当とする」との(選管はの形式審査をしなければならないが、被選挙権の実質審査をする権限はなく、開票の際の選挙会で立会人の意見を聞いて決定すべきである」と判断されている)があることから、は、届け出時に被選挙権の要件を満たしていなくても立候補届を不受理にすることはできす、「選管は届け出を受理する以外にない」との見解を示している。 なお原は後半で同県議会議員選挙にも立候補し落選したが 、こちらは居住要件が満たされており有効となった。 同年4月21日投開票の統一地方選挙後半の兵庫県議会議員選挙に党公認候補として立候補させた にもとより居住実態がなく被選挙権がないとして、投じられた110票が無効となった。 増木は住所として実際には住んでいない播磨町内の所在地を届け出た。 通常の立候補者の場合、住所の確認資料の一つとして(の写し)を提出するが、に定める「届け出に必要な文書」に住民票(の写し)は含まれていないため、町選挙管理委員会の職員が住民票(の写し)の未提出を指摘に対し、増木とその立候補届け出に同行した立花は「提出義務がない。 持ってきていない」として応じず、住民票(の写し)を添付しなかった。 町選管は増木に居住実態がなく被選挙権を有していない可能性を認識したが、前述のをもとに「届け出時は形式審査のみ」として立候補を受け付けた。 町選管はその後増木の実際の住所は別の場所()にあり、被選挙権に必要な3カ月以上の町内の居住歴がないことを確認したものの、前述の判例によりこれを公表できないと判断、4月21日の開票後、選管委員長が務める選挙長や立会人らによる選挙会で増木への投票を無効と決定した。 なお、増木は掲示は無し、掲載も希望せず、選挙運動を全くしなかった。 更に同年5月19日告示の議員選挙においても、もとより足立区内に居住実態がなく、被選挙権がない在住の加陽麻里布(かよう まりの)を党公認候補として立候補させた。 加陽は一旦墨田区の現住所を届け出たが、「これは受理できない」と足立区選管に却下されそうになったため、住所として実際には住んでいない足立区内の所在地を届け出て受理された。 加陽は他の候補者同様、ポスター掲示、選挙公報掲載、街宣や演説などの選挙運動を行ったが、足立区に住民票を置いていなかったため区選管が調査。 投開票後、居住実態がなく被選挙権がないとして、加陽に投じられた5,548票 は無効となった。 選挙後、加陽は足立区に住んでいないことを認めた上で、住所要件の規定が違憲であるとして異議を申し立てたが、同年6月17日、区選管はこれを棄却する決定を行った。 加陽はこれを不服とし、同年9月26日、に提訴した。 立花は、兵庫県議会議員選挙と播磨町議会議員選挙の届け出については、候補者が居住の要件を満たしておらずがないことを立候補届出時に選管が認識しており、「被選挙権がないのに受理されるのはの不備であり、立候補は問題提起が目的」と主張している。 また足立区議会議員選挙については「選管が形式審査を通しておきながら居住の要件を満たしていないことを知ったことにより立候補届を受理しようとしなかったことは公職選挙法違反である」と主張している。 このほか同年の統一地方選挙後半において議会議員選挙に22歳の人物を党公認候補として立候補させるべく届け出たが、同市が「の年齢要件を満たしていない」としてこれを受理しなかった。 この件について同人物は、公職選挙法がの「法の下の平等」に反しているとして、国を相手取ってに提訴している。 TOKYO MXを提訴の意向 2019年7月29日、のが(TOKYO MX)の「」で、NHKから国民を守る党に対し、「ふざけて(票を)入れている人も相当数いる。 気持ち悪い」と発言。 これに対し立花は「自分や党に対する批判はいいが投票していただいた一般の有権者への侮辱は許せない」と述べ、マツコ・デラックスが「5時に夢中! 」出演する同年8月12日(月曜日)にテレビ局前で抗議活動を行い、が出動する騒動となった。 立花はさらに同番組のスポンサーであるへの不買運動にも言及したが、同月19日に再度テレビ局前で抗議活動を行った際に不買発言を撤回し、謝罪した。 一方、マツコの発言に対しては「個人的な攻撃は控える」としつつ、TOKYO MXに対し、放送の中立性に関する見解を求め、回答が得られるまでは毎週月曜日に同社への訪問を続ける意向を示した。 同月26日にもTOKYO MXを訪問したが、その後も同社から回答がないことを受け、9月2日、同社を違反の疑いで提訴する方針を明らかにした。 ただし9月13日現在までに原告募集をした動画は削除している。 フリージャーナリストとの訴訟 2019年9月19日、久保田学・議員がフリーによるサイト上の記事において「に居住実態がない」などと書かれたことについて、これをであるとしてを求めて提訴、これに対しフリージャーナリストも久保田が経済的な負担を課すことを目的に裁判を起こしたとして慰謝料を求めてした裁判の判決が松戸支部で言い渡された。 同判決は久保田の訴えを棄却した上、その提訴自体がであるとして、していたフリージャーナリスト側の弁護士費用を含む約78万5000円の賠償を久保田に命じた。 立花自身が訴訟と公言していた上、判決でも立花の関与を指摘、訴訟であることが認定された。 久保田はこれを不服としてにしたが、2020年3月4日、は一審判決を支持し、久保田にジャーナリスト側の控訴審の弁護士費用等を含む94万5600円を支払うよう命じた。 なお、立花は週刊誌の取材に対し「スラップ訴訟は日本では違法ではない」と正当性を述べている。 無所属• (2022年改選) 地方政治• 地方議員:34人• 都道府県議会:0人• 市区町村議会:34人 同一・類似名称の団体 いずれも本項目の「NHKから国民を守る党」とは 無関係の団体の候補者である。 NHKから国民を守る党 4月のでは議員選挙に「NHKから国民を守る党 」公認の新人候補が立候補し、落選。 NHKから国民を守る会渋谷代表 議員選挙に「NHKから国民を守る会渋谷代表」として元渋谷区議会議員が立候補し、落選。 脚注 [] 注釈• おそらくGuardの誤りとみられる。 党所属議員が在任する議会の中には・など一人会派結成を認めていないところもある。 東京都選挙区の改選数である6を上回る。 7人を立候補させる目的としてそれぞれの候補のポスターに「N」「H」「Kを」「ぶ」「っ」「壊」「す! 」と大きくデザインしたものを用い、連続で貼ることで1つの大きなポスターとする計画を考えていたものの、東京都選管から公選法違反の可能性があると指摘を受け取りやめ、大橋1人の立候補に切り替えている。 擁立を見送ったのは富山・石川・奈良・和歌山・山口・佐賀・宮崎・鹿児島の8県。 選挙区候補において票数が没収点を満たし供託金が返還されたものは6人区である東京都選挙区の大橋のみ。 兵庫県選管の発表では、原はに25日居住後、に住居を移し投開票の4月7日時点で2ヶ月27日居住が確認されたとしている。 立候補後、第11条に規定されている「以上の刑に処せられその執行を終わるまでの者」等になった場合は同条により選挙権及び被選挙権を喪失し、届け出を却下される。 増木が届け出た住所は「」の所在地である。 加陽が届け出た住所は「」の所在地である。 有効票の場合8位当選相当(定数45)。 地方議会選挙に立候補した同党の候補としては最も多く投じられた票数となる。 本項目の「NHKから国民を守る党」とは別に公式サイト が存在する。 同人物は2019年8月の長選挙に立候補し落選した が、無所属での出馬となっており、この党派名は称していない。 2019年2月22日 渋谷区役所 開票速報上の党派は「無所属」となっている。 この元職候補は「みんなの党渋谷代表」とも称していた。 渋谷区議会議員在職中にに所属し、同党公認候補として当選した経歴はあるものの、2019年4月現在存在しているとは無関係である。 PDF プレスリリース , , 2019年8月14日 , 2020年1月1日閲覧。 2019年7月22日. 2019年7月26日閲覧。 Koji Shiromoto 2019年8月10日. McGill International Review. 2019年12月8日閲覧. "On Sunday, about one million citizens voted for this populist party, enough to win a Senate seat. 2019年7月22日. 2019年7月22日閲覧。 総務省• 毎日新聞. 2019年6月19日. 2019年6月22日閲覧。 産経新聞. 2019年6月19日. 2019年6月22日閲覧。 毎日新聞. 2019年6月1日. 2019年6月22日閲覧。 2019年9月27日. 2019年12月8日閲覧。 2019年8月14日. 2019年12月8日閲覧。 nhkkara. NHKから国民を守る党 2016年. 2019年8月29日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 ふなばし市議会だより 223号. 船橋市議会. 4 2016年1月25日. 2018年7月16日閲覧。 2016年7月26日. 2017年11月13日閲覧。 日本語. 朝日新聞デジタル. 2018年7月24日閲覧。 「市議当選、争点一つで 若者らに照準、受信料を批判 」朝日新聞(2016年12月18日・朝刊)• 日本語. J-CASTニュース. 2019年4月22日. 2019年4月24日閲覧。 境治 2019年4月23日. 船橋市議会. 2019年4月24日閲覧。 2019年6月4日 産経新聞• 2019年6月25日、NEWSポストセブン• ユーチューブ. 2019年7月10日閲覧。 NHK選挙WEB. 2019年7月7日閲覧。 NHK選挙WEB. 2019年7月7日閲覧。 毎日新聞 2019年7月22日. 2019年7月22日閲覧。 J-CASTニュース(2019年7月9日作成). 2019年8月13日閲覧。 FNN PRIME. 2019年7月26日. 2019年7月29日閲覧。 2019年7月29日. 2019年7月29日閲覧。 参経新聞 産業経済新聞社. 2019年7月30日. 2019年7月30日閲覧。 テレ朝news. 2019年7月31日. 日本放送協会. 2019年8月11日閲覧。 2019年8月2日閲覧。 東京新聞 2019年8月1日. 2019年8月13日閲覧。 共同通信社 2019年7月30日. 2019年8月25日閲覧。 朝日新聞 2019年8月9日. 2019年8月13日閲覧。 毎日新聞. 2019年8月10日. 2019年8月10日閲覧。 毎日新聞. 2019年8月13日. 2019年8月17日閲覧。 時事ドットコム. 2019年8月16日. 2019年8月17日閲覧。 毎日新聞. 2019年9月4日閲覧。 産業経済新聞社 2019年8月25日. 2019年8月26日閲覧。 毎日新聞. 2019年8月26日. 2019年8月26日閲覧。 2019年9月2日 日本経済新聞• 共同通信. 2019年9月9日. 2019年9月9日閲覧。 TBS NEWS. 2019年9月9日. 2019年9月9日閲覧。 令和元年中央選挙会告示第27号• 日刊スポーツ. 2019年10月25日. 2019年10月26日閲覧。 時事ドットコム 時事通信社. 2020年1月31日. 2020年3月27日閲覧。 SANSPO. COM 産経新聞社. 2020年3月27日. 2020年3月27日閲覧。 産経デジタル 産経新聞社. 2020年4月1日. 2020年4月1日閲覧。 時事ドットコム. 2020年3月14日. 2020年4月4日閲覧。 毎日新聞. 2020年3月14日. 2020年4月4日閲覧。 毎日新聞. 2020年5月8日. 2020年5月9日閲覧。 産経新聞. 2020年5月15日. 2020年5月15日閲覧。 毎日新聞. 2020年7月5日. 2020年7月14日閲覧。 時事ドットコム. 2020年7月5日. 2020年7月14日閲覧。 NHKから国民を守る党 2013年7月23日. 2017年11月13日閲覧。 日本語. AbemaTIMES. 2019年4月24日. 2019年4月24日閲覧。 2019年7月24日. 2019年7月26日閲覧。 産経新聞. 2019年8月2日. 2019年8月20日閲覧。 弁護士ドットコムニュース. 2019年8月2日. 2019年8月2日閲覧。 日本放送協会• 2015年6月19日. 2015年6月14日閲覧。 2016年7月21日. 2016年7月21日閲覧。 2016年7月21日. 2016年7月21日閲覧。 ライブドア. 2019年7月4日閲覧。 2017年7月19日 日本経済新聞• 夕刊フジ. 産業経済新聞社 2016年10月28日. 2017年11月13日閲覧。 朝日新聞. 2019年3月14日閲覧。 2019年3月14日閲覧。 [よくある質問集 Q>パソコンや携帯電話(ワンセグ含む)で放送を見る場合の受信料は必要か ]NHK• 2017年6月30日 NHK• 2006年3月30日 参議院• 田邉佳介 2016年10月24日. 東洋経済オンライン. 2017年11月13日閲覧。 日本経済新聞. 2018年1月12日閲覧。 産経新聞. 2016年10月27日. 産経新聞. 2018年3月26日. , , 2019年1月12日閲覧。 朝日新聞(岡本玄). 2019年3月12日. 毎日新聞. 2019年3月12日. 弁護士ドットコムNews. 2019年3月14日. 時事通信. 2019年3月12日. 2019年3月27日閲覧。 産経新聞. 2017年12月27日. 産経新聞. 2018年6月21日. 神戸新聞社 2019年4月9日. 2019年8月9日閲覧。 朝日新聞社 2019年4月8日. 2019年4月22日閲覧。 神戸新聞社 2019年4月9日. 2019年5月19日閲覧。 神戸新聞社 2019年4月9日. 2019年4月23日閲覧。 神戸新聞社 2019年4月13日. 2019年4月23日閲覧。 6頁 2019年4月16日 播磨町• 神戸新聞社 2019年4月22日. 2019年4月22日閲覧。 神戸新聞社 2019年4月22日. 2019年5月19日閲覧。 時事通信社 2019年5月27日. 2019年5月27日閲覧。 産経新聞社 2019年5月27日. 2019年5月27日閲覧。 産経新聞. 2019年6月17日. 2019年6月17日閲覧。 神戸新聞社 2019年4月22日. 2019年4月22日閲覧。 NHKから国民を守る党公式ブログ 2019年4月19日。 私人の為タイトルの名前部分を伏せ字にしている。 日刊スポーツ. 2019年8月15日. 2019年8月20日閲覧。 産経新聞. 2019年8月19日. 2019年8月20日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年9月2日. 2019年9月2日閲覧。 弁護士ドットコム 2019年9月24日. 2019年9月24日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年9月24日. 2019年9月24日閲覧。 日本放送協会 2019年9月24日. NHK NEWS WEB. 2019年9月25日閲覧。 弁護士ドットコム 2020年3月4日. 2020年5月5日閲覧。 集英社「週刊プレイボーイ」2019年12月16日号No. 50 168頁• 2019年8月25日 中日新聞• 2019年8月19日 中日新聞• 2019年04月14日 日進市役所• 2019年2月22日 日進市選挙管理委員会• 渋谷区選挙管理委員会 [ ] 関連項目• - 一時期最高顧問に就任。 外部リンク.

次の

イラネッチケー裁判で判決結果を勝訴までを簡単にまとめてみた

イラネッチケー 溶接

Yahooニュースより引用 2018年10月、筑波大学の准教授が開発した NHKの番組を映らないようにするフィルターがついたテレビを3千円で購入し、自宅に設置した。 NHKは、フィルターや電波の増幅器を使うなどの実験をした結果、原告のテレビでは「NHKを受信できる状態に簡単に復元できる」と主張した。 だが、判決は「増幅器の出費をしなければ受信できないテレビは、NHKを受信できる設備とはいえない」と判断した。 気を付けるべき点は、そもそも、テレビにNHKが映らないフィルターがついている状態だったという点です。 テレビが3千円って、安すぎ 余談ですが、3千円という格安料金も気になりました。 それは恐らく(あくまで推測です)中古品だったんじゃないかと思います。 だからこそ、NHKを見れなくするフィルターが内部に組み込まれた状態だったんじゃないかと。 (通常、新しいテレビにNHKを見れなくするフィルターはついて売っていないと思います) スポンサーリンク 過去の判決から考えると、自宅にあるテレビにフィルターを取り付けても受信料は免除されない可能性も 自宅にあるテレビにフィルターを取り付けたら、NHKの受診料を払わなくてよくなるのか?という点について、過去の行われた裁判の判決についてみていきたいと思います。 NHKが映らないようにするフィルター関係の裁判• 2016年7月に東京地裁は、イラネッチケーを設置しても元に戻しNHKを受信できるとして、NHK受信料の支払いを命じた• その後、溶接してフィルターを取り外し出来ない状態にした場合の裁判も東京地裁にて敗訴• 今回の裁判:東京地裁は、フィルターを組み込んだテレビを購入した女性の請求を認めた。 (理由は小川裁判長は専門知識のない女性には困難であると判断) 受信料を払わなくて良いと判決が下りた大きな理由は2つ ここまで見ると、2020年6月の判決の決め手はやはり、• フィルターが組み込んであるテレビを購入した• 購入したのがフィルターの取り外しができる知識のない素人だった この2点から判断されたと思います。 つまり、自宅のテレビに後からフィルターを付けても受信料は払わないといけない可能性もある この裁判のニュースを読んで、じゃあ私もテレビでNHKが映らないフィルターを取り付ければ、受信料を払わなくていいのか?と思う人もいたと思います。 でも、Amazon当で売られているフィルター(イラネッチケー)をテレビに取り付けるのは素人でもできる簡単な作業です。 つまり、見ようと思った時に容易に取り外しができるので、裁判となった場合、受信料を払うように判決が下る可能性は残っています スポンサーリンク 自宅のテレビに内部にフィルター(イラネッチケー)を組み込んでもらった場合どうなるのか? 過去の裁判を見ると、もともと持っているテレビの内部にフィルターを組込んでもらった場合の裁判はまだありません。 家にあるテレビにNHKが映らなくするフィルターを内部に組み込んでもらった場合 外付けの取り外しが可能なフィルターは、ほぼ受信料を払うことになりそうですが、業者に頼んで、内部に取り付けてもらった場合はどうなるのか?と考えますよね。 この場合は、裁判官によるところが大きいように思います。 2020. 27現在は、まだ確実なことが言えない。 自分で取り外しが不可能と判断されれば、払わなくてもよくなる可能性はあるかもしれないという程度。 溶接して取り外しが出来ない状態にしても敗訴している人もいるくらいなので何とも言えないです。 NHKが控訴して、高裁でも正しい判決が出るかは不明 NHKがこのまま東京地裁の判決をのむとも思えず。 最高裁に判断をゆだねるということも可能性としてはあります。 そこでの判決結果がどうなるか? それによっても影響されることですので、慌ててフィルターを内部に組み込むのはやめたほうがよさそうです。 今回の裁判結果で、NHK契約拒否の可能性が広がる それでも、アンテナフィルター(イラネッチケー)をテレビにつけている状態で、NHKの受信料を払わなくても良いという判決は、確かな事です。 細かな条件など影響される可能性は残っていますが、今後取り付け方法(簡単に外せない状態にする)などによって、NHKの受信料を払わなくても良い日がくるかもしれません。 まとめ こういう裁判って本当に無駄だと思います。 半強制的にテレビがあれば受信料を払わないといけないこと自体が時代遅れです。 今後はWOWOWのように、見たいひとだけが受信料を払うシステムに代わっていくでしょう。 それがいつになるか?それが問題ですが。

次の