うた コン 司会。 谷原章介、料理から歌番組まで…新番組『うたコン』司会に就任

うたコン

うた コン 司会

4月12日から始まったNHKの歌番組、うたコンが視聴率が2種連続10%を超えるなど好調です。 最近では歌番組で視聴率で健闘しているのはテレビ朝日のニュースステーションくらいでしたので、これは歌番組にとっては久々の快挙でもありました。 しかしながら、意外にも高視聴率とは反対に世間の感想は評価が低いことが明らかになりました。 また、再放送が逆の意味で注目されています。 今回は視聴者の感想と出演者からその理由を探っていきたいと思います。 うたコンは毎週火曜日午後7時半から放送されていますが、司会は俳優の谷原章介が務める歌番組として、また、23年間も続いた「歌謡コンサート」のリニューアルとしても注目されていました。 2回目の平均視聴率は12.2%と同時間帯ではトップとなっています。 目次(Contents)• うたコンの内容 うたコンは、谷原章介とNHKアナウンサーの橋本菜穂子の司会で進行し、毎回異なるゲストを呼ぶスタイルです。 4月12日、第1回目の放送では初回拡大版の73分の放送で、朝ドラの名曲を特集していました。 出演者と曲は ・いきものがかり 「ありがとう」 ・平原綾香 「おひさま~大切なあなたへ」 ・AKB48 「365日の紙飛行機」 ・石井達也 「浪漫飛行」「君がいるだけで」 と局を超えた選曲となっておりました。 この他にも北島三郎や布施明、坂本冬実、石川さゆりなど年配の方でも楽しめる歌手や、世界的グループのイル・デーヴォまでも出演するなど非常に豪華な顔ぶれでした。 放送を見て感じることはNHKで生放送、そしてセットの感じから紅白歌合戦のような印象を受けました。 ランキングや旬の歌手を紹介するのではなく、テーマに沿った歌手が登場することでナツメロが聞けるので、次の回がどんなものか期待してしまいます。 老若男女どの世代でも楽しめる構成で番組は作られていることが良く分かります。 視聴者の反応と感想は? しかし、高視聴率の陰で厳しい意見も多く、全体的な評価としては高評価よりも低評価の方が圧倒的に多くなっています。 カラオケ番組のようで、歌うのもワンコーラスでは誰が聞きたいのって感じ。 オリジナルの人が歌えば良いのに何でこの人に歌わせるのかって思う。 懐かしい曲は他局でも放送しているので二番煎じな感じがする。 差別化が欲しかった。 と、番組が新しいものではなくて何か寄せ集め的で、見ごたえがないといった意見が多いようです。 低評価にしているのは恐らく大半が40代より下の年齢層であるように感じます。 このほかの意見としては、出演者の歌唱力が酷いというような生放送ならではのものもありました。 特に 古内東子さんに対しての批判が多く、素人のカラオケ以下という評価やずば抜けて歌唱力が低いとかなり厳しい意見が目立ています。 中には顔が酷すぎ、と歌には関係ないコメントまで寄せられていました・・・。 ネットではこの情報がいち早く広まり、再放送でその様子を確認したために逆の意味で注目されてしまったようです。 古市さんは久々のテレビ出演でしたが意外な形で注目されるとは思ってもいなかったでしょう。 もしかしたら生歌と比較したいということでCDが売れるかもしれませんね。 番組はまだ始まったばかりですので、低評価と判断するには早すぎますが、視聴者のターゲットを上の世代としているのであれば世間の声は変わらないように思えます。 今後は玉置浩二や徳永英明など歌唱力の高い人を中心に選んでみてはどうでしょうか?高齢者の為の歌番組と形容されないようにNHKに期待します。 以上、うたコンの感想と出演者の評判が悪すぎ!再放送が逆の意味で注目!高視聴率なのは高齢者のお陰?でした。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

谷原章介

うた コン 司会

概要 [ ] 4月17日から2016年3月15日まで23年間・合計948回続いた『』の放送枠を引き継ぎ、放送時間を30分繰り上げ、さらに4月7日から2016年4月3日まで9年間放送した『』の番組内容 もこの放送枠に整理・統合して、新しい音楽番組として再出発した。 番組開始当初は、毎週火曜日19時30分から20時15分までの45分間の公開生放送(新年1回目は収録)であったが、月に1回程度は拡大版として、放送時間を20時45分まで30分延長した1時間15分バージョンで放送された。 従来の『旧・歌コン』の視聴ターゲットである60代・70代を含む全ての視聴者層をターゲットに 、出演歌手や楽曲のいわゆる若返りを図り、これまでの・に加え、も取り入れ 、番組開始当初にNHKは「日本の音楽シーンの中心」となりえるような番組を目指すとしている。 さらに、日本列島各地からの中継を織り込んで、生放送ならではの音楽番組を目指すとしている。 『歌謡コンサート』同様、通常はを会場に観客を入れた公開生放送を行う。 公開をする場合もある。 また年に2回程度、地方からの公開生放送を行うほか、毎月最終週はで公開生放送を行う。 生バンドによる演奏が行われる生放送番組であるため、朝からリハーサルがあり、毎週出演者のスケジュールを丸一日抑えておかなければならない。 開始当初はが指揮を務めた。 『』と掛け持ちでたかしまと栗田信生が音楽監督を務め、番組専属バンド・music concertoが演奏を担当。 たかしまの逝去に伴い、からは(及びメンバー)が「フラッシュ金子」名義で指揮を務める。 また、たかしまの子息であるたかしまかんた(KANTA)が編曲担当として参加している。 なお『歌謡コンサート』時代から付けられてきたは、「 あなたの歌の」に改められている。 4月2日より後座番組『』と放送枠を入れ替え、毎週火曜日19時57分から20時42分の放送に変更となった。 2019年10月改編で『』(系、金曜日)が20時台から21時台へ移動となったことにより、現在 地上波で20時台にレギュラー放送されている唯一の生放送歌謡番組となった。 放送時間 [ ] 2016 - 2018年度 [ ]• 毎週火曜日(祝日を除く)19時30分 - 20時15分(45分)• 初回を含む月1回程度は、20時43分まで1時間13分の延長放送を行っていた。 2019年度 - [ ]• 毎週火曜日(祝日を除く)19時57分 - 20時42分(45分) 司会 [ ]• たにはら・しょうすけ (2016年4月12日 - )• あかき・ののか (NHKアナウンサー、2020年3月17日 - ) 過去の司会者 [ ]• はしもと・なおこ (NHKアナウンサー、2016年4月12日 - 2017年3月14日)• こごう・ともこ (NHKアナウンサー、2017年4月4日 - 2019年10月22日)• かたやま・ちえこ (NHKアナウンサー、2019年11月5日 - 2020年3月10日) その他 [ ]• 指揮:• 放送日 会場 テーマ 制作局 備考 2016年 山梨発! 燃え上がる情熱ソング 2017年 春日部市民文化会館 酒の名曲集 ほろ酔い気分届けます 内容を若干変更し、の追悼コーナーを急遽設置した。 2017年 江南市民文化会館 みんなで歌おう! カラオケヒット 2018年 京都発! 情緒あふれる名曲集 2018年 祝100回! 秋のうた祭りin仙台 の一環で実施。 2019年 みんなで歌おう! ほっこりソング 2019年 ヨコハマ・ヨコスカ愛の歌 2019年 東広島芸術文化ホール くらら 愛のジャンボ歌謡祭 2020年 未定 2020年 未定 未定 未定 備考 [ ]• 2018年度まではエンディングで後座番組『サラメシ』の宣伝を行うことがあるほか、『サラメシ』に当日の本番組出演者が出演することもあった。 2019年度からは『サラメシ』のエンディングに本番組出演者が出演し、本番組に繋ぐ形に変更されている。 2017年は、の公示日と重なり、前座番組『』を20時43分まで拡大した上で各党による政策討論を行った関係上、当該放送分は同年(土曜日)17時15分 - 18時の収録放送に変更された。 2018年は、『NHKニュース7』をを中心とした内容で20時まで拡大した関係上、当該放送分は同日20時 - 20時45分に変更された。 の日本国内における集団感染の影響から - は観客を入れない非公開の形で放送した。 同じく『』の中止に伴い同枠(日曜12:15 - 13:00)での再放送を行った場合もあった。 その後2020年放送分は、改正・32条に基づく新型コロナウイルスがを含む7都府県で同日より発令することについての・の会見が19時頃から行われるのに伴い、前座番組『NHKニュース7』が時間を拡大して放送するため、前日()の時点で番組初となる放送中止が決まり 、からまではNHKホールでの制作を休止し、過去の傑作選をベースにしたものを放送しているが、以降は再び無観客での生放送に戻る。 脚注 [ ] []• 2016年2月2日. 2016年2月2日閲覧。 一部の内容は『・』として別途放送。 1 2016年1月20日. 2018年10月15日閲覧。 日本放送協会. 19 2016年1月20日. 2018年10月15日閲覧。 ORICON NEWS. oricon ME. 2018年10月15日閲覧。 但し、終了時のエンドクレジットはノンクレジット扱いとなる。 『うたコン選』と題して2018年 19時32分 - 20時17分(同日の『NHKニュース7』は2分拡大)にも再放送された。 サンケイスポーツ 2020年4月7日. 2020年4月7日閲覧。 スポーツニッポン 2020年6月2日. 2020年6月2日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 19:30 - 20:15枠 前番組 番組名 次番組.

次の

NHK「うたコン」無観客で生放送 司会の谷原章介「熱く熱くお届け」石井竜也ら熱唱― スポニチ Sponichi Annex 芸能

うた コン 司会

状況の好転を受けて、みなさんも合唱活動の再開を模索しているところだと思います。 感染者が全く出ていない地域では、対策を取りながら少しづつ練習をしていると聞いています。 しかし、ワクチンや薬の開発には今しばらくの時間がかかりそうですし、第2波、第3波の可能性も指摘されています。 まだまだ練習に参加することを控えたい方もいらっしゃるでしょう。 これまで「活動地域の感染状況をふまえ、感染予防に十分配慮し、練習の一時見合わせを含め活動について慎重に判断してください」とお願いをしてまいりましたが、今でも地域によって状況が異なり練習再開について一律に申しあげることはできません。 国、自治体、教育委員会、施設等の指針や方針をそれぞれで確認の上、くれぐれも無理をせず、お互いが安心して、安全に合唱活動できるよう、しっかり話し合って慎重に判断してください。 全日本合唱連盟でも今後の推移を見守りつつ、再び皆で歌い合える日を目指して協議を重ねてまいります。 全日本合唱連盟理事長 岸信介• 2版(東北医科薬科大学病院) ・業種別ガイドライン ・日本医師会 COVID-19有識者会議 合唱活動の再開に向けたガイドラインについて 2020年6月8日 全日本合唱連盟では現在、「合唱活動の再開に向けたガイドライン」を策定中です。 慎重に議論を進めておりますので、発表までしばらくお待ちください。 事務局開局時間のお知らせ 2020年6月8日更新 全日本合唱連盟事務局は6月8日より、通常通り平日9:30〜18:00開局といたします。 オンライン合唱の紹介ウェブサイト開設 2020年6月2日 オンラインでの合唱活動やセミナーを紹介するサイトを開設しました。 皆さんからの情報もお待ちしております。 第73回全日本合唱コンクール全国大会中止のお知らせ 2020年5月25日掲載 新型コロナウイルス感染拡大の防止、および出演者、お客様とスタッフの健康や安心安全を最優先に考慮し、 「第73回全日本合唱コンクール全国大会」の開催を中止いたします。 第43回全日本おかあさんコーラス大会・第33回おかあさんカンタートin徳島 中止のお知らせ 2020年4月28日掲載 新型コロナウイルス感染拡大の防止、および出演者、お客様とスタッフの健康や安心安全を最優先に考慮し、 「第43回全日本おかあさんコーラス大会」(県・支部大会および全国大会)と「第33回おかあさんカンタート in徳島」の開催を中止いたします。 第8回全日本男声合唱フェスティバルin長野 中止のお知らせ 2020年4月20日掲載 新型コロナウイルス感染拡大の防止、出演者・お客様とスタッフの健康や安心安全を最優先に考慮し、2020年7月18日(土)・19日(日)にホクト文化ホール(長野市)で予定しておりました第8回全日本男声合唱フェスティバ ルin長野の開催を中止いたします。 ハーモニーNo. あたたかい歌声と、変わらぬ若々しさを裏打ちするものは何でしょうか。 49へのアプローチ 今年もコンクールの課題曲全12曲が出揃いました。 さあ、どれを歌いますか?作曲者をはじめとする専門家陣による作品解説でサポートします。 座談会で第1回大会の成果と課題を検証します。 参加団体へのアンケートで寄せられた声もご紹介。 その他、国内外の合唱ニュース満載の108ページ。 別冊付録(朝日作曲賞佳作受賞作品楽譜)つき。 4月10日発行です。 (2020年3月30日)•

次の